ベリンツォーナのお城:カステルグランデの美しい中庭

2017年7月23日土曜日@ベリンツォーナ~ルツェルン/3回目

ベリンツォーナBellinzonaの世界遺産のお城、カステルグランデCastelgrandeへのエレベーターを探し出すことができて、楽ちんで一気に岩山の上まで上ります。エレベーターから降りて、横の通気口から下をのぞき込みます。底なしの井戸のようにとても底が深く見えます。底には下のトンネル通路が明るく輝いています。エレベーターでずい分、高くまで上ってきたものです。

2018021701.jpg



エレベーターの出口からは城壁の上の通路が続いています。

2018021702.jpg



城壁のエレベーターの出口の前には通気口の穴が見えています。

2018021703.jpg



城壁の隙間からはベリンツォーナの町が見下ろせます。

2018021704.jpg



無理やり、隙間にカメラを突っ込んで、町の景色を撮影。綺麗ですね。向かい合う丘の上には、モンテベッロ城Castello di Montebelloとサッソ・コルバロ城Castello Sasso Corbaroが見えます。山の間にある交通の要所であるベリンツォーナを3つの堅固な城が守っていることが見て取れます。

2018021705.jpg



城壁の通路を抜けると、いきなり、お城の広場に出ます。思わず歓声を上げてしまうほどの景色が広がっています。その美しさったら、表現する言葉を失います。しかも、我々以外には誰もいないという贅沢さです。広場の先には北側の高い城壁と塔が屹立しています。

2018021706.jpg



これは広場(実は城の南の中庭)の前に建つ城館です。

2018021707.jpg



広場は高台になっており、城壁越しに向かい合う丘の上のモンテベッロ城Cとサッソ・コルバロ城が見渡せます。

2018021708.jpg



美しいベリンツォーナの町も見下ろすことができます。

2018021709.jpg



こちらはベリンツォーナの駅の方向(北方向)の眺めです。町の向こうにはアルプス越えの峠が続いています。

2018021710.jpg



南の中庭を北の端から眺めた景色です。城館の全体が見渡せます。左側半分が城館の南ウィングで右側半分が武器庫です。

2018021711.jpg



その武器庫の右側にある出口を抜けると、西の中庭に出ます。ここにも芝生の広場と西側の城壁があります。どこまでも美しい広場が続きます。

2018021712.jpg



西の中庭の北方向の眺めです。周りは険しい山に囲まれています。まさにこのカステルグランデは自然の要害になっています。

2018021713.jpg



この西の中庭を抜けて、さらに北の中庭に出ます。複雑な構造の城壁の間の広場が続いています。見えている城壁の裏側が先ほどまでいた南の中庭です。

2018021714.jpg



北の中庭(中庭というよりも外庭といった感じです)の北側にはもはや城壁はなく、ベリンツォーナの町の景色が望めます。町の北側の山で左右に渓谷が分かれ、左手に進むとゴッタルド峠Sankt Gotthardを経て、ルツェルンに至り、右手に進むとチューリッヒやボーデン湖のほうに至ります。ベリンツォーナの町はイタリア側からスイスの主要地方に至る交通の要です。

2018021715.jpg



しばらく、お城の中庭を巡りながら、夢中になって、美しい景色の写真を撮りまくります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

リンク
Comment Balloon

quietplaceさん、初めまして。saraiです。

ヴィニツカヤは都響の定期でプロコフィエフの2番を聴いて、その凄い演奏に驚き、曲目未定の状態で今回のリサイタルのチケット

02/03 21:15 sarai

こんばんは。quietplaceといいます。ヴィニツカヤ聴かれたのですね。その演奏会は気になっていたのですが、ついに行けず。
プロコフィエフのソナタの第3楽章は難曲のようで

02/03 20:18 quietplace

えりちゃさん、ご無沙汰しています。
何かと忙しくて、風邪をひいている暇はありません。
とあるボランティア活動とコンサート通い(予習含む)です。

ええーっ、ザルツブ

12/21 02:24 sarai

saraiさ~ん、
寒いですが、お元気ですか?
すっかり、ザルツブルクの常連になりつつあるではないですか!
クルレンツィス、ムジカエテルナについての詳細は後日書き

12/20 22:30 えりちゃ

コメントでトナーリティは一般的にトーナリティと表記する旨の指摘をいただきました。同様にノントナールもノントーナルと表記するのが一般的のようです。Toneはトーンと表

12/15 15:54 sarai

トナーリティは、調性という意味です。つまり、無調ではないということです。

12/14 19:04 sarai

トナーリティとはどういう意味ですか?

12/14 09:22 こんにちわ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR