アブデル・ラーマン・エル=バシャ ピアノ・リサイタル@横浜上大岡ひまわりの郷ホール 2017.5.28

エル=バシャのこだわりのプログラムによるピアノ・リサイタル、大変、堪能しました。レパートリーが広く、何でも弾けそうなエル=バシャが前半に持ってきた曲がグラナドスの組曲「ゴィエスカス」です。1時間ほどの6曲の組曲です。グラナドスと言えば、スペイン舞曲くらいしか聴いたことがありません。今日の組曲「ゴィエスカス」は正直、曲名も初耳です。スペインのピアノ曲と言えば、やはり、アリシャ・デ・ラローチャで予習するのが一番でしょう。アリシャ・デ・ラローチャの演奏は後半がなかなかの聴きものでした。で、今日の演奏ですが、前半の3曲はベヒシュタインの豊かな響きでスペインっぽい音楽が流れます。立派な演奏ですが、この前半はあまり、saraiの好みではありません。4曲目でがらっと曲想が変わります。一気に惹きつけられます。何というか、密やかなリリシズムに満ちた音楽です。それをエル=バシャは繊細さの極致のような見事な演奏で弾き切ります。何と香り高い音楽なのでしょう。続く5曲目も素晴らしい音楽です。この熱情に満ちた曲をエル=バシャは高い芸術性で演奏します。アリシャ・デ・ラローチャの演奏もよかったのですが、エル=バシャはそれを上回る最高の演奏です。長大な曲ですが、その長さを感じさせない魅惑に満ちた演奏でした。6曲目はエピソードのような変わった音楽。組曲「ゴィエスカス」の華は4曲目と5曲目ですね。素晴らしい演奏でした。エル=バシャのこだわりがよく理解できました。

後半のプログラムのショパンはまあ、お楽しみのようなものです。バラードは素晴らしいし、スケルツォも見事。でも、エル=バシャのこだわりはここにはありませんでした。

この日のプログラムは以下の内容です。

 ピアノ:アブデル・ラーマン・エル=バシャ

 グラナドス:組曲「ゴィエスカス」

  《休憩》

 ショパン:バラード 第1番 Op.23
 ショパン:2つの夜想曲 Op.27
 ショパン:スケルツォ 第2番 Op.31

  《アンコール》

    グラナドス:スペイン舞曲五番「アンダルーサ」 ホ短調

明日からもピアノを聴きます。いよいよ、アンジェラ・ヒューイットの大プロジェクトが開幕します。全12回にわたって、バッハの独奏鍵盤音楽のすべてを聴かせてくれます。4年かかるそうです。saraiの音楽人生でも一つのエポックになるでしょう。とりあえずは明後日のフランス組曲全曲が楽しみです。アンジェラ・ヒューイットのCDで予習しましたが、最高の演奏でした。アンドラーシュ・シフの素晴らしいCDに拮抗するレベルの演奏です。
そして、いつ聴けるのでしょうか。頂点になるのはやはり、ゴールドベルク変奏曲でしょう。それまでは元気に生きていたいものです。


↓ 音楽の好きなかたはポチっとクリックしてね

 いいね!



最近、妙なCM目的と思われるコメントが集中攻撃してきているので、コメントの内容を確認後、公開するようにしています。ですから、コメントの公開が遅れることもあるのでご承知置きくださいね。申し訳ありません。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

リンク
Comment Balloon

Nさん、saraiです。コメントありがとうございます。

わが人生で「ばらの騎士」は8回聴きましたが、このドレスデンでのガランチャの「ばらの騎士」が最後のものです。今

04/14 23:00 sarai

僕もElina Garancaは大好きです。2017年のメトの「ばらの騎士」はもうご覧になりましたか?僕は5月にライブビューイングで観る予定です。あなたの「ばらの騎士」に関する

04/14 20:42 N

コメントありがとうございます。
本当に素晴らしい演奏でしたね。23日はさらに素晴らしい演奏でした。

03/25 22:33 sarai

「最高のシューベルトとしか、形容のしようがありません。フィナーレに入るころには心がずたずたです」
本当にそんな感じでした。こんなに素晴らしい演奏会、人生でそう何

03/22 02:40 

dezireさん、初めまして。saraiです。

コメントありがとうございました。
クラナッハは大好きなんですが、今回、日本初の大規模なクラナッハ展は少々肩透かしでした。

01/14 01:38 sarai

こんにちは、
私は東京の上野の森美術館で「クラナッハ展」を見てきましたが、ミュンのアルテ・ピナコテークのクラナッハ展は、レベルが違いますね。クラナッハの大作、傑

01/13 14:21 dezire

タイタンさん、saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。

第3楽章の中間部については力尽きて、書き漏らしました。ハープの音に続いて、ヴァイオリンが

11/22 11:35 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR