FC2ブログ
 
  

事前収録映像のノットが指揮した東響、ベートーヴェンも会心の演奏@サントリーホール 2020.7.25

事前収録した映像版のジョナサン・ノットが再び、登場。今回はベートーヴェンの交響曲、「英雄」です。映像の間近に陣取って、しっかりと聴かせてもらいました。もう、前回のような緊張感はありませんが、その代わり、自然に聴くことができました。

第1楽章は幾分早いテンポのせいか、少し演奏が固い感じですが、それでも高揚感にあふれる演奏です。終盤の盛り上がりに感銘を覚えます。第2楽章に入る前に異例のチューニング。オーケストラのメンバーも気合を入れ直すようです。
第2楽章の冒頭の葬送行進曲の主題は何というか、弦楽パートの魂の入った弱音の美しい響きがまさに悲愴な雰囲気を醸し出して、心に響きます。オーボエは少し響かせ過ぎの印象はありますが、美しいソロではあります。深い精神性に満ちた演奏が続き、ノットとベートーヴェンが一体化したような音楽にただただ聴き入ってしまいます。圧巻の演奏に魅了されました。
第3楽章はとても切れのある演奏。あのホルンのパートもパーフェクトです。あっという間に次の終楽章に突入。
第4楽章は最高の演奏。ノットの指揮は満を持していたかの如く、微妙にテンポを揺らしながら、オーケストラをインスパイアします。リズムの乗りも素晴らしく、saraiも浮遊感を覚えます。行進曲での推進力は素晴らしく、高揚感に浸ります。対位法パートでの弦楽セクションの素晴らしい響きにも魅了されます。いったん、沈静化した音楽が最後に爆発し、輝きに満ちたコーダの高潮は最高でした。

素晴らしいベートーヴェンでした。ただ、これが生のノットの指揮なら、さらなる感動があったでしょう。10月の来日はなんとしても実現してほしいものです。生のノットで最高の《トリスタンとイゾルテ》を聴きたい!


今日のプログラムは以下です。

  指揮:ジョナサン・ノット(ベートーヴェンに映像にて出演)
  管弦楽:東京交響楽団  コンサートマスター:グレブ・ニキティン

  ストラヴィンスキー:ハ調の交響曲

   《休憩》

  ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調op.55 「英雄」


最後に予習について、まとめておきます。

1曲目のストラヴィンスキーのハ調の交響曲は以下のCDを聴きました。

 サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィル 2007年9月20-22日 フィルハーモニー、ベルリン ライヴ録音

いかにもラトルらしい切れのある演奏。ベルリン・フィルの流石の実力です。


2曲目のベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」は以下のCDを聴きました。

 レナード・バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィル 1964年1月27日 ニューヨーク、マンハッタン・センター セッション録音
 
最近、あまり、世評にのぼることがないCDですが、saraiにとっては思い入れのある演奏です。子供のころ、あまり、お小遣いがなく、初めて、この曲のLPを買うに当たって、カラヤン&ベルリン・フィルを買うか、バーンスタイン&ニューヨーク・フィルを買うか、レコード屋さんのお兄さんにお願いして、比較試聴をさせてもらい、選んだのが、カラヤン盤。痛恨の選択でした。あのとき、買っておくべきはバーンスタイン盤でした。お陰でこの曲の何たるかがずっと分からずにいました。今回、久しぶりにこの演奏を聴き、あのカッコいいバーンスタインの若さにあふれる突っ込んだ演奏の素晴らしさに感動しました。もう子供時代には戻れませんが、その頃の気持ちでこの演奏を聴くと、甘酸っぱい思い出に浸れます。もっともこの曲はフルトヴェングラーの残した12の録音に優る演奏は何もありませんけどね。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ジョナサン・ノット,  

事前収録映像のノットが指揮した東響、感動のドヴォルザーク@東京オペラシティコンサートホール 2020.7.18

コロナのお陰で実現した凄いコンサートでした。事前に収録したジョナサン・ノットの映像が指揮する東響は、リアルなジョナサン・ノットが指揮する東響と遜色ない豊かな響きと音楽性の高い表現で聴衆を感動の渦に引き込みました。間違いなく今年聴いたコンサートの中で最高のコンサートでした。映像で指揮するノットは暗譜で見事な指揮。彼の頭の中で東響のサウンドが鳴っていたんでしょう。その映像を見ながら演奏した東響も見事でした。ある意味、ひとつ間違えたら破綻するというハラハラドキドキ感でその演奏に聴き入りました。終楽章のコーダの盛り上がりは極上の出来で、ドヴォルザークのこの曲でこんなに感動したことはありません。最後は感動の涙でした。映像で挨拶を送るノットに最高の拍手を送りました。本当はスタンディングオベーションすべきでしたが、コロナ禍の中のコンサートなので、自粛しました。すると、映像が事前収録したものから、オンラインでスイスにいるジョナサン・ノットの画像に切り替わります。彼もこの演奏をオンラインで聴いていたようです。我々が耳にした演奏を数秒遅れで聴いていたんでしょう。まるで奇跡のようなコミュニケーションです。ノットもきっと満足の演奏だったでしょう。また、彼のオンライン映像に大いに拍手を送りました。
今日の貴重な体験で音楽とは何かということを深く考えさせられました。きっちりした演奏技術が必須であることは大前提ですが、その上でいつも音楽性とか、精神性ということだけを重視してきました。しかし、本当に重要なのはそういうことではなく、“愛と信念”が音楽を至上のものに引き上げるということが初めて分かりました。“愛と信念”を指揮者、オーケストラ、聴衆が共有することこそ、音楽の奥義であると実感しました。コロナのために音楽を聴く機会は不自由になりましたが、音楽に対する“愛と信念”を持って、諦めずに遠いヨーロッパから映像出演という信じられないような形でのアプローチをしたノット、そのノットの心意気に反応して、“愛と信念”の演奏を聴かせてくれた東響のメンバー、そして、“愛と信念”でこの場に集まった聴衆、3者の“愛と信念”が一体化したことでありえないような素晴らしいコンサートが実現しました。

今日の素晴らしい演奏について、細部への言及は不要でしょう。ただ、熱い感動がありました。

来週のサントリーホールでの演奏、ベートーヴェンの交響曲第3番《英雄》はこれ以上の歴史に残るようなものになるかもしれません。お昼と夜の2回公演ですが、最初の昼の部のほうがより“愛と信念”を感じられるような気がします。東響のメンバーが最初の演奏で燃え尽きるかもしれませんからね。ちなみにsaraiが聴くのは夜の部。うーん、間違えたかな・・・。


今日のプログラムは以下です。

  指揮:ジョナサン・ノット(ドヴォルザークに映像にて出演)
  管弦楽:東京交響楽団  コンサートマスター:水谷晃

  ブリテン:フランク・ブリッジの主題による変奏曲 Op.10 (指揮無し)

   《休憩》

  ドヴォルザーク:交響曲第8番 ト長調 Op.88


最後に予習について、まとめておきます。

1曲目のブリテンの《フランク・ブリッジの主題による変奏曲》は以下のCDを聴きました。

 ベンジャミン・ブリテン指揮イギリス室内管弦楽団 1966年12月 ロンドン、キングスウェイホール セッション録音

作曲家自身の指揮による美しい演奏です。


2曲目のドヴォルザークの交響曲第8番は以下のCDを聴きました。

 ラファエル・クーベリック指揮ベルリン・フィル 1966年 ベルリン、イエス・キリスト教会 セッション録音
 
期待以上の素晴らしい演奏。ベルリン・フィルの美質を引き出したクーベリックの指揮が光ります。チェコ・フィルの演奏に並び立つレベルの演奏です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ジョナサン・ノット,  

ジョナサン・ノット&東京交響楽団の第九は始まったばかり@サントリーホール 2019.12.28

ジョナサン・ノットの快調なベートーヴェンの交響曲も今日は遂に第9番です。これは期待するしかありませんね。
しかし、さすがのノットも第3楽章までは乗り切れていませんでした。が、ようやく第4楽章の中盤で爆発します。テノールのサイモン・オニールの高潮した独唱の後、弦楽合奏の対位法的な展開の演奏が凄まじく気合いの入った音楽に昇華していきます。一気にsaraiのテンションも跳ね上がります。この第4楽章の後半は合唱の盛り上がりを軸に人間の生を謳歌する、祝典的な音楽が高らかに歌い上げられます。終盤の独唱陣の4重唱も高揚します。ソプラノのルイーズ・オルダーの若くて、少し粗削りながらも勢いのある歌唱にも魅せられます。そして、コーダはフルトヴェングラーの如く、激しく突進して、感動のフィナーレです。ノットとしては大いに課題を残した演奏ではありましたが、ちゃんと最後では辻褄を合わせた形です。きっと、明日の演奏ではさらに熟成した音楽を聴かせてくれるでしょう。残念ながら、saraiは明日の演奏を聴きません。来年も聴かせてくれるだろうジョナサン・ノット&東京交響楽団の第九を楽しみにしましょう。ジョナサン・ノット&東京交響楽団の第九は始まったばかりです。

今日のコンサートをもって、今年のsaraiの音楽は〆にします。サントリーホールはこれで今年、22回目のコンサートでした。まさにsaraiのホームグラウンドです。また、来年も素晴らしい音楽を聴かせてもらいましょう。

おっと、今年のシメはまだ、大晦日のジルヴェスターコンサートが残っていました・・・。


今日のプログラムは以下です。

  指揮:ジョナサン・ノット
  ソプラノ:ルイーズ・オルダー
  メゾソプラノ:ステファニー・イラーニ
  テノール:サイモン・オニール
  バスバリトン:シェンヤン
  合唱:東響コーラス
  合唱指揮:冨平恭平
  管弦楽:東京交響楽団

  ベートーヴェン:交響曲 第9番 ニ短調 Op.125

  《アンコール》 蛍の光 東京交響楽団と東響コーラス


演奏後の会場の盛り上がりは凄く、もう習慣となってしまった、オーケストラ退席後のお馴染みの指揮者コールです。ジョナサン・ノットをコールするのは、これで今年、10回目です。ノットとコアなファンの気持ちが通じ合う大切な時間でもあります。また、来年も素晴らしい音楽を聴かせてもらいましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ジョナサン・ノット,  

さらに精度を上げたR.シュトラウス、モーツァルトの極美の響き・・・ノット&東京交響楽団:モーツァルト・マチネ 第38回@ミューザ川崎シンフォニーホール 2019.11.24

今日はコンサートを2回聴きます(ミューザ川崎、東京オペラシティ)。1回目は朝11時からのミューザ川崎でのモーツァルト・マチネ。ほぼ、昨日聴いた東響のオペラシティ定期と同じプログラムです。本来、オペラシティ定期とモーツァルト・マチネは関係ありませんが、ノット&東響とモーツァルトつながりで同じようなプログラムになったのでしょう。今日のプログラムでは、昨日の素晴らしかったリゲティを除いて、R.シュトラウスのオーボエ協奏曲とモーツァルトの交響曲第41番《ジュピター》が演奏されます。

まず、R.シュトラウスのオーボエ協奏曲です。おっ、第1楽章から、荒 絵理子のオーボエの響きは柔らかいです。昨日に比べて、リラックスして演奏できているようです。昨日はちょっと肩に力が入り過ぎていたのかもしれません。気のせいか、表情も柔和な感じです。第2楽章に入ると、彼女のオーボエの響きと表情はさらに冴え渡り、まるでゾーンに入ったような素晴らしさ。前日以上にシュトラウスのオペラのアリアを聴いている感じになります。陰影に富み、誠実で人生をしみじみと振り返るような音楽に感銘を受けます。そして、第3楽章への経過部にはいります。昨日はここから少し演奏に固さと乱れがありましたが、今日の彼女の演奏は万全です。第3楽章の前半を素晴らしい演奏で乗り切り、そのまま、終盤に向かっていきます。圧巻のフィナーレを吹き切ってくれました。やはり、ホームグラウンドのミューザ川崎で心が安定したんでしょうか。ノット指揮の東響とのアンサンブルも素晴らしいものでした。素晴らしいR.シュトラウスの晩年の作品を聴けて、saraiも万感の思いです。

さて、次はモーツァルトの交響曲 第41番「ジュピター」です。昨日と同様、終始、万全の演奏でした。ノットが指揮台上で大きく動き回りながら、オーケストラを鼓舞します。東響は素晴らしく響き渡るトゥッティと冴え冴えとした弦楽アンサンブルで耳を楽しませてくれます。終楽章に入ると、音楽はますます熱気をはらんでいきます。リズムに乗って、東響のアンサンブルが前へ前へと走り抜けていきます。その颯爽とした音楽に聴く者の心が高潮するのみです。そして、圧巻のフィナーレ。いやはや、ノットのモーツァルトには参りました。

これで今日の1回目のコンサートは大いなる満足感のうちに終了。では、2回目のコンサート会場に移動します。2回目のコンサートはバッハ・コレギウム・ジャパンのバッハ、ブランデルブルク協奏曲全曲です。このコンサートの記事はここです。

  指揮:ジョナサン・ノット
  オーボエ:荒 絵理子(東京交響楽団首席奏者)
  管弦楽:東京交響楽団 コンサートマスター:グレブ・ニキティン

  R.シュトラウス:オーボエ協奏曲 ニ長調
  モーツァルト:交響曲 第41番 ハ長調 K.551 「ジュピター」

   休憩なし


最後に予習について、まとめておきます。(内容は昨日の記事と同じです。悪しからず。)

1曲目のR.シュトラウスのオーボエ協奏曲を予習したCDは以下です。

 ローター・コッホ、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1969年9月、ベルリン、イエス・キリスト教会 セッション録音

ローター・コッホの安定した演奏とその表現力が見事です。R.シュトラウスを得意とするカラヤンも晩年のシュトラウスの穏やかな諦念を美しく表現します。素晴らしい演奏です。この曲でここまでの演奏は初めて聴きました。名曲ですね。もっと、これからよい演奏が現れることを念願します。


2曲目のモーツァルトの交響曲 第41番「ジュピター」を予習したCDは以下です。

 ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団 1963年10月11日&25日、クリーヴランド、セヴェランス・ホール セッション録音
 ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団 1985年5月10日、ミュンヘン、ヘラクレスザール ライヴ録音
 ブルーノ・ワルター指揮ニューヨーク・フィル 1956年3月5日 ニューヨーク、30th Street Studio モノラル、セッション録音

セルの引き締まった素晴らしい響きの演奏はまさに決定盤。クーベリックは意外にゆったりした正攻法の演奏で味わい深いものがあえいます。しかし、モーツァルトと言えば、ワルター。saraiが子供の頃から聴いてきたのはコロンビア交響曲とのステレオ録音。これは耳に焼き付いていますから、予習の必要はありません。ニューヨーク・フィルとの演奏はもっときびきびしています。演奏時間も短い筈です。第2楽章だけはこのニューヨーク・フィルともテンポを落とし、音量も小さくして、極めて美しい演奏をしています。これは誰にも真似できないワルターの至芸です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ジョナサン・ノット,  

リゲティ、R.シュトラウス、モーツァルトの極美の響き・・・ノット&東京交響楽団@東京オペラシティコンサートホール 2019.11.23

今日のノット&東響もウーンと唸らされる最高の演奏。そもそも、リゲティ、R.シュトラウス、モーツァルトと並べたプログラムが素晴らしいので、成功は最初から約束されていたようなものです。

どれも素晴らしかったのですが、特にリゲティはスペシャリストのノットならではの極上の演奏。《メロディーエン》はあたかも漆黒の闇を光の粒が飛び舞う様を思い浮かべるような未体験のオーケストラの響きに魅了されます。冒頭から、その光の粒はキラキラと飛び交い、いったん、上昇して、天頂に留まります。その後、地上に降り立って、魅惑の動きをした後、閃光がほとばしって、また、天頂に上り詰め、次第に消え去っていきます。リゲティ、畢生の名作をノットと東響は至高の演奏で魅惑してくれました。わずか13分ほどの曲ですが、美しい響きがぎゅっと凝縮されたような傑作の名演でした。

R.シュトラウスのオーボエ協奏曲は晩年の名作です。最後のオペラ《ダナエの愛》、《カプリッチョ》の残影のような誠実さと諦観に満ちた隠れた名曲です。今日の演奏は東響の誇るオーボエ奏者の荒 絵理子の見事な演奏、美しい響きがすべてです。とりわけ、第2楽章はまるで歌詞のないオペラのアリアを聴いているような気になりました。《ダナエの愛》の終盤のダナエのモノローグのようなアリア、《カプリッチョ》の終幕の伯爵令嬢のモノローグのアリアの世界です。きっと荒 絵理子も意識して演奏していたんでしょう。最高のR.シュトラウスを堪能しました。もちろん、ノット指揮の東響の伴奏も完璧でした。

後半のモーツァルトの交響曲 第41番「ジュピター」は前半と一転して、古典の音塊(字の誤りではありませんよ)がバンバン鳴り響きます。小気味よい演奏が心地よく感じられます。特に両端楽章が素晴らしい演奏で、これぞ現代のモーツァルト演奏の規範という感じでした。中間の2つの楽章は美しい響きにかえって集中力がそがれて、夢見心地・・・。終楽章の素晴らしいフーガに心奪われながら、ノットのモーツァルトを満喫しました。聴きようによっては、モーツァルトのオペラに通じるところもあるような演奏スタイルでしたし、ノットの指揮の姿の華麗さも見ものでした。特に指揮棒を持っていない左手の動きが素晴らしく、見事にオーケストラを操っていました。

ちなみに明日もR.シュトラウス、モーツァルトの2曲を聴きます。明日はさらにダブルヘッダーでバッハ・コレギウム・ジャパンの名人たちのブランデルブルク協奏曲全曲も聴きます。毎日、音楽三昧でこんなに人生が楽しくてよいものか・・・。

  指揮:ジョナサン・ノット
  オーボエ:荒 絵理子(東京交響楽団首席奏者)
  管弦楽:東京交響楽団 コンサートマスター:グレブ・ニキティン

  リゲティ:管弦楽のためのメロディーエン
  R.シュトラウス:オーボエ協奏曲 ニ長調

   《休憩》

  モーツァルト:交響曲 第41番 ハ長調 K.551 「ジュピター」


最後に予習について、まとめておきます。

1曲目のリゲティの管弦楽のためのメロディーエンを予習したCDは以下です。

 ジョナサン・ノット指揮スイス・ロマンド管弦楽団 2018年6月 ジュネーヴ、ヴィクトリア・ホール セッション録音
 
これは同曲の決定盤でしょう。リゲティの譜面を精緻に読み込んだノットの指揮が光ります。これを上回る演奏があるとすれば、ノット&東響の演奏のみ。


2曲目のR.シュトラウスのオーボエ協奏曲を予習したCDは以下です。

 ローター・コッホ、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1969年9月、ベルリン、イエス・キリスト教会 セッション録音

ローター・コッホの安定した演奏とその表現力が見事です。R.シュトラウスを得意とするカラヤンも晩年のシュトラウスの穏やかな諦念を美しく表現します。素晴らしい演奏です。この曲でここまでの演奏は初めて聴きました。名曲ですね。もっと、これからよい演奏が現れることを念願します。


3曲目のモーツァルトの交響曲 第41番「ジュピター」を予習したCDは以下です。

 ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団 1963年10月11日&25日、クリーヴランド、セヴェランス・ホール
 ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団 1985年5月10日、ヘラクレスザール ライヴ
 ブルーノ・ワルター指揮ニューヨーク・フィル 1956年3月5日 ニューヨーク、30th Street Studio モノラルのセッション録音

セルの引き締まった素晴らしい響きの演奏はまさに決定盤。クーベリックは意外にゆったりした正攻法の演奏で味わい深いものがあえいます。しかし、モーツァルトと言えば、ワルター。saraiが子供の頃から聴いてきたのはコロンビア交響曲とのステレオ録音。これは耳に焼き付いていますから、予習の必要はありません。ニューヨーク・フィルとの演奏はもっときびきびしています。演奏時間も短い筈です。第2楽章だけはこのニューヨーク・フィルともテンポを落とし、音量も小さくして、極めて美しい演奏をしています。これは誰にも真似できないワルターの至芸です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ジョナサン・ノット,
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR