fc2ブログ
 
  

ハイドンの最高傑作《天地創造》、完璧とも思える演奏に深く感動! バッハ・コレギウム・ジャパン@東京オペラシティコンサートホール 2022.7.16

今日は2つの素晴らしいコンサートを聴きました。まず、このバッハ・コレギウム・ジャパン(以下、BCJ)のハイドンの最高傑作、オラトリオ《天地創造》です。その次に聴いたジョナサン・ノット指揮東京交響楽団のベルクとマーラーは別稿でアップします。

このハイドンのオラトリオ《天地創造》は最近はオリジナル楽器による演奏が多くなってきましたが、その中でこのBCJの演奏は最も期待できるものです。今日も粒よりのメンバーがBCJとしては大編成で演奏します。そして、何と言っても、BCJの合唱の素晴らしいこと! ハイドンがその人生の終わりに書いた素晴らしいフーガを圧倒的な迫力で歌い上げます。
3人の独唱者も見事な歌唱を聴かせてくれました。とりわけ、ソプラノのジョアン・ラン。彼女はいつもは若干、表現過多の場合もありますが、この作品の場合はそれがいいほうに作用して、実に祝典的な雰囲気を醸し出します。第3部のイヴ役での天国的とも思える歌唱の見事さには、ただただ魅了されるのみでした。バスのクリスティアン・イムラーも安定した歌唱を美声で聴かせてくれました。これまた、第3部のアダム役の歌唱は素晴らしいものでした。テノールの櫻田 亮はいつもの美しい声を聴かせてくれて、しっかりと声楽アンサンブルの基盤を支えていました。
そして、何と言っても、鈴木優人の指揮の素晴らしかったこと。バッハの指揮のとき以上の見事さです。ハイドンの何たるかを理解し尽くした素晴らしい音楽作りで、ステージを支配していました。

演奏も以上のように素晴らしかったのですが、やはり、ハイドンのこの作品の素晴らしさに触れておいたほうがいいでしょう。天地創造という素晴らしい事象をハイドンらしい明るく明快な音楽で描き尽くしています。そして、彼の書いたフーガの見事さは筆舌に尽くし難いものです。晩年に至って、その瑞々しい感性の作品を生み出したのはハイドンが天才以外の何ものでもなかったことを証明するものです。モーツァルト、ベートーヴェンはハイドンなくして、あの高みに達することはなかったと実感しました。今日の演奏でも感じましたが、第2部の最終コーラス、ハレルヤから、第3部のアダムとイヴの誕生と最終コーラス、アーメンの素晴らしさはただただ、感動するのみです。最後に、アーメン、アーメンと合唱が締め括ると、深い感動を覚えました。


今日のプログラムは以下です。

  指揮:鈴木優人
  ソプラノ:ジョアン・ラン
  テノール:櫻田 亮
  バス:クリスティアン・イムラー
  合唱・管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン


  ハイドン:オラトリオ《天地創造》Hob.XXI-2

  《休憩》 2部と3部の間


最後に予習について、まとめておきます。

以下のCDを聴きました。

 ジョン・エリオット・ガーディナー指揮イングリッシュ・バロック・ソロイスツ 1995年2月、ロンドン セッション録音
  シルヴィア・マクネアー(ソプラノ、ガブリエル)、ドナ・ブラウン(ソプラノ、エヴァ)、ミヒャエル・シャーデ(テノール、ウリエル)
  ジェラルド・フィンレイ(バス、ラファエル)、ロドニー・ジルフリー(バス、アダム)、モンテヴェルディ合唱団

素晴らしい演奏です。特にソプラノの二人、シルヴィア・マクネアーとドナ・ブラウンが傑出した出来です。録音も美しいです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       バッハ・コレギウム・ジャパン,  

素晴らしい昇天祭オラトリオ:バッハ・コレギウム・ジャパン@東京オペラシティコンサートホール 2022.5.22

15日連続コンサートの3日目です。まだまだ始まったばかりです。

今日もバッハ・コレギウム・ジャパンは見事なバッハを堪能させてくれました。カンタータ全集の録音という金字塔を打ち立てた彼らのカンタータ演奏の一端を味わわせてもらいました。さすがのレベルの高さ。今日はコロナ禍とは無関係に全員、日本人のメンバーですが、みな実力があります。まったく隙のない演奏でカンタータの経験の少ないsaraiにもその演奏の素晴らしさが分かります。前半は比較的短いカンタータ第37番《信じて洗礼(バプテスマ)を受ける者》とカンタータ第87番《今までは、あなたがたは私の名によっては何も願わなかった》も、合唱、独唱、重唱、すべてが素晴らしいです。もちろん、名人揃いの管弦楽も素晴らしいです。若松夏美のオブリガートヴァイオリンの見事さにも魅了されます。なお、この独奏ヴァイオリンの譜面は失われているそうで、鈴木優人の復元譜による演奏だとのこと。ほかでは聴けない貴重な演奏ですが、まるでバッハが書いたかの如きオブリガートヴァイオリンでした(BWV37の第2曲)。 ソプラノの松井亜希とアルトの久保法之の2重唱はまことに美しい歌唱でうっとりしました(BWV37の第3曲)。合唱ではいつものように素晴らしいコラールに心が洗われる思いになりました。

後半は今日の一番の聴きもの、昇天祭オラトリオ《神を讃えよ、その諸々の国において》BWV 11です。現在残っているバッハのオラトリオは3曲のみで、今日の昇天祭オラトリオ以外は、クリスマスオラトリオ、復活祭オラトリオだけだそうです。全部で9つの楽章からなります。まず、冒頭合唱はトランペット3本とティンパニが加わる華やかなもので、BCJの合唱と管弦楽の素晴らしさを満喫します。第2曲では、テノールの櫻田 亮が福音史家として、最高の歌唱を聴かせてくれます。第3曲はバスの加耒 徹がフラウト・トラヴェルソ(菅きよみ、前田りり子)の美しい伴奏で見事な歌唱を聴かせてくれます。第4曲はヴァイオリン群の演奏とアルトの久保法之が有名な旋律を奏でます。このオラトリオの一番の聴きものです。後に《ミサ曲ロ短調》BWV232のアニュスデイに転用された音楽です。ヴァイオリンの美しい演奏、そして、アルトの久保法之が最高の歌唱で魅了してくれました。第5曲はまた、福音史家。第6曲はとても美しいコラールで心が癒されます。第7曲は3つのレシタティーボ。第8曲はソプラノの松井亜希が器楽伴奏で美しいアリアを歌います。第9曲はコラール合唱。再び、トランペット、ティンパニが加わり、圧巻の終曲です。

指揮の鈴木雅明が見事であったことは言うまでもありません。また、冒頭では、豪快なオルガン独奏、プレリュードとフーガ イ短調 BWV 543も聴かせてくれました。このホールのパイプオルガンは実によく響き、感銘を覚えます。鈴木雅明のバッハのオルガンコンサートを聴いてみたいものです。
BCJの次の公演はハイドンの天地創造。楽しみですね。


今日のプログラムは以下です。

  初夏のカンタータ〜昇天祭オラトリオ〜

  指揮:鈴木雅明
  ソプラノ:松井亜希
  アルト:久保法之
  テノール:櫻田 亮
  バス:加耒 徹
  オルガン:鈴木雅明*
  合唱・管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン


  J. S. バッハ:
  プレリュードとフーガ イ短調 BWV 543
  カンタータ第37番《信じて洗礼(バプテスマ)を受ける者》BWV 37
  カンタータ第87番《今までは、あなたがたは私の名によっては何も願わなかった》BWV 87

 《休憩》

  昇天祭オラトリオ《神を讃えよ、その諸々の国において》BWV 11


最後に予習について、まとめておきます。

1曲目のプレリュードとフーガ イ短調 BWV 543は以下のCDを聴きました。

 トン・コープマン 1986年2月、マーススライスの大教会、オランダ セッション録音

曲の性格もあるかもしれませんが、実に豪快な演奏です。


2曲目のカンタータ第37番は以下のCDを聴きました。

 鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパン 2001年6月、7月 セッション録音
  野々下由香里(ソプラノ)
  ロビン・ブレイズ(カウンターテノール)
  櫻田 亮(テノール)
  ステファン・マクラウド(バス)

我が国の団体による貴重なカンタータ全集の一枚です。


3曲目のカンタータ第87番は以下のCDを聴きました。

 鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパン 2006年 セッション録音
  野々下由香里(ソプラノ)
  ロビン・ブレイズ(カウンターテノール)
  櫻田 亮(テノール)
  ペーター・コーイ(バス)

同じく、我が国の団体による貴重なカンタータ全集の一枚です。


4曲目の昇天祭オラトリオは以下のCDを聴きました。

 鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパン 2004年5月、神戸松蔭女子学院大学チャペル セッション録音
  野々下由香里 (ソプラノ)
  パトリック・ファン・フーテム(カウンター・テナー)
  ヤン・コボウ(テノール)
  浦野智行(バス)

これは素晴らしい演奏です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       バッハ・コレギウム・ジャパン,  

バッハの誕生日の〆は平和への希求 バッハ・コレギウム・ジャパン@東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル 2022.3.21

チェンバロが舞台に3台並ぶと壮観です。演奏者も鈴木親子となれば、素晴らしい演奏に決まっています。本来は4台のチェンバロのための協奏曲も演奏する予定でしたが、昨今の事情では仕方がありません。いずれ聴かせてくれるでしょうが、今日のような豪華で珍しいコンサートはなかなか聴けませんね。バッハのお誕生日のお祝いとして、よいものでした。演奏は耳慣れた2台のチェンバロのための協奏曲 ハ短調 BWV 1060が楽しいですね。ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲としても知られています。最後の2台のチェンバロのための協奏曲 ハ短調 BWV 1060が素晴らしい演奏で、第2楽章のリリックな音楽に魅了され、第3楽章の素晴らしいフーガに心洗われる思いでした。

休憩後、鈴木優人の弾くオルガン独奏曲、プレリュードとフーガ ト短調 BWV 535は出色の出来栄え。CDで聴いた父親の雅明氏の演奏を超えたものです。それにしてもオペラシティのオルガンの響きにも魅了されました。
最後はバッハ・コレギウム・ジャパン総出演の趣きでカンタータ 第30番《喜べ、贖われた者たちの群れよ》BWV 30。名人たちの管弦楽をバックに合唱隊が素晴らしい合唱を聴かせてくれました。冒頭と終曲の合唱は圧倒的でしたし、途中のコラールの美しいこと。ソプラノの松井亜希は今日も好調。貫禄さえも感じられます。少しだけの歌唱のテノールの櫻田 亮はもったいないくらいです。健闘したのはバスの加藤宏隆。アジリタが見事に決まっていました。菅きよみのフラウト・トラヴェルソのまるで独奏のような演奏が聴けたのも嬉しいところ。三宮正満のオーボエも相変わらず、見事です。
アンコールで名曲のコラール《主よ、人の望みの喜びよ》が聴けたのもとっても嬉しいですね。平和を希求しての演奏だそうです。

今日もまた、鈴木ファミリーとバッハ・コレギウム・ジャパンの素晴らしい演奏を聴いて、満足です。お隣の新国立劇場では《椿姫》のラスト公演中で心引かれるものもありましたが、やはり、今日はこのバッハ・コレギウム・ジャパンを聴いて正解だったでしょう。次は4月のマタイ受難曲です。楽しみです。


今日のプログラムは以下です。


  指揮:鈴木雅明
  チェンバロ:鈴木雅明、鈴木優人、大塚直哉
  ソプラノ:松井亜希  
  アルト:久保法之
  テノール:櫻田 亮 
  バス:加藤宏隆
  オルガン:鈴木優人*
  三宮正満(オーボエ/オーボエ・ダモーレ)
  菅きよみ(フラウト・トラヴェルソ)
  若松 夏美(コンサートマスター)

  合唱・管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン


  J. S. バッハ
   3 台のチェンバロのための協奏曲 第1番 ニ短調 BWV 1063
   2 台のチェンバロのための協奏曲 ハ短調 BWV 1060
   3 台のチェンバロのための協奏曲 第2番 ハ長調 BWV 1064

   《休憩》

   プレリュードとフーガ ト短調 BWV 535*
   カンタータ 第30番《喜べ、贖われた者たちの群れよ》BWV 30

   《アンコール》
     カンタータ第147番《心と口と行いと生活》BWV 147 より
      終曲コラール[合唱]:イエスは変わらざる私の喜び(主よ、人の望みの喜びよ)


最後に予習について、まとめておきます。

1~3曲目のバッハの2/3台のチェンバロのための協奏曲を予習したCDは以下です。

 ピーター・ゼルキン、ブルーノ・カニーノ、アンドラーシュ・シフ(ピアノ&指揮)カメラータ・ベルン 1989~93年 セッション録音

アンドラーシュ・シフの演奏が聴きたくて、あえて、チェンバロではなく、ピアノによる演奏を聴きました。楽器は違えど、音楽の喜びが湧き起る演奏です。


4曲目のバッハのプレリュードとフーガを予習したCDは以下です。

 鈴木雅明(オルガン/シュニットガー制作オルガンa'= 465 Hz) 2014年7月 フローニンゲン、マルティン教会(オランダ) セッション録音

いやあ、予想以上の名演奏にびっくり。見事なものです。オルガンもオランダの素晴らしいものを演奏しています。


5曲目のバッハのカンタータ 第30番《喜べ、贖われた者たちの群れよ》を予習したCDは以下です。

 鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパン 2013年2月 兵庫県、神戸松蔭女子学院大学チャペル セッション録音
  ハナ・ブラシコヴァ(ソプラノ)
  ロビン・ブレイズ(カウンターテノール)
  ゲルト・テュルク(テノール)
  ペーター・コーイ(バス)
  三宮正満(オーボエ/オーボエ・ダモーレ)
  菅きよみ(フラウト・トラヴェルソ)
  寺神戸 亮(コンサートマスター)

バッハ・コレギウム・ジャパンによるバッハのカンタータ全曲集の完結となる第55集に含まれる演奏です。演奏メンバーも現在とほぼ同じメンバーで独唱だけが外国人です。BCJの記念すべき演奏として素晴らしい仕上がりです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       バッハ・コレギウム・ジャパン,  

クリスマスにはメサイアを・・・バッハ・コレギウム・ジャパン@サントリーホール 2021.12.24

サントリーホールでのクリスマスシーズンのヘンデルのメサイアの公演は今年が21回目。saraiが聴くのは2回目です。ヘンデルのメサイアはイエスの生涯を描いたものなので、当然、誕生から受難、復活までが描かれていますが、その明るく明瞭な音楽はクリスマスにふさわしい雰囲気がありますね。

ヘンデルのメサイアと言えば、シュテファン・ツヴァイクの《人類の星の時間》の中の1章「ゲオルク・フリードリッヒ・ヘンデルの復活」で脳溢血の後遺症から立ち直った53歳のヘンデルが、24日間、不眠不休でメサイアを書き続けて完成させる劇的なシーンが描かれています。書き上げた途端、ヘンデルは17時間爆睡し、爆睡から目覚めたヘンデルは物凄い食欲で食べまくり、飲みまくったそうです。このメサイアはそういう特別な作品で、ヘンデルの最高傑作、記念碑的な作品です。

メサイアには、ヘンデルの特徴であるメロディアスな美しさ、骨組みのがっちりした力強さはもちろんですが、天上の音楽のような無私の精神性が貫かれています。今日の演奏は正直言って、第1部はもうひとつ物足りませんでしたが、第2部、第3部で独唱陣がようやくエンジンがかかり、鈴木雅明率いるバッハ・コレギウム・ジャパンの合唱と管弦楽の素晴らしく安定した、高いレベルの演奏と絡み合って、最後には圧倒的な演奏になりました。終わりよければ、すべてよしです。最後のアーメンコーラスのアーメン、アー~メン!!は身震いするほどの高潮感に浸りました。

目立ったところでは、第3部の第43曲のバリトンのアリア、《トランペットが鳴り響くと・・・》が大西宇宙の素晴らしい歌唱と斎藤秀範の見事なトランペットでヘンデルの音楽の真髄を聴かせてくれ、満足しました。何と森麻季がこの曲で曲に乗って、体を揺らしていたのも印象的でした。第2部の第20曲のアルトのアリア、《彼は蔑まれ、人々に見捨てられ・・・》で湯川亜也子が見事な歌唱で魅了してくれたのも印象的でした。まあ、本当に素晴らしかったのがBCJの合唱の美しさだったんですけどね。どの合唱曲も美しく歌い上げられました。

ところで、今日のコンサートが今年、saraiが聴いた120回目のコンサート。月に10回もコンサートに通ったことになります。まだ、今日が聴き納めではなく、サントリーホールでのジョナサン・ノット&東響の《第九》とミューザ川崎の東響のジルヴェスターコンサートが残っています。最後の最後まで音楽を楽しみ尽くします。


今日のプログラムは以下です。

  指揮:鈴木雅明
  合唱・管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン
  ソプラノ:森麻季(松井亜希と当日変更、元々はレイチェル・ニコルズの予定)
  アルト(メゾ・ソプラノ):湯川亜也子
  テノール:西村悟
  バス(バリトン):大西宇宙(元々はベンジャミン・ベヴァンの予定)

  ヘンデル:オラトリオ『メサイア』 HWV 56

   1部と2部の間に《休憩》

   《アンコール》
    トラディショナル(鈴木優人編):いけるものすべて

なお、予習したCDは以下です。

 カール・リヒター指揮ミュンヘン・バッハ管弦楽団・合唱団
   グンドゥラ・ヤノヴィッツ(S)、マルガ・ヘフゲン(A)、エルンスト・ヘフリガー(T)、フランツ・クラス(B) 1964年録音 ドイツ語による歌唱

 鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパン
   鈴木美登里(S)、米良美一(CT)、ジョン・エルウィス(T)、デイヴィッド・トーマス(B) 1996年12月録音

リヒターはドイツ語歌唱のハンディはあるものの彼らしい明瞭な表現で感銘のある演奏を聴かせてくれます。何故か、第3部後半の数曲のカットがあるのが残念です。
鈴木雅明はオリジナル楽器の素朴さを前面に出した美しい演奏です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!









テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       バッハ・コレギウム・ジャパン,
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR