FC2ブログ
 
  

フランソワ=グザヴィエ・ロト・・・鮮やかな手腕で趣味のよさが光る天才的な指揮 東京都交響楽団@東京文化会館大ホール 2020.2.3

都響の東京文化会館定期演奏会は次々と超一流の指揮者が登場。アラン・ギルバートも素晴らしかったですが、今回のフランソワ=グザヴィエ・ロトはその天才ぶりが光ります。都響には2回目の出演ですが、前回の初登場では、ポスト・ピリオド時代の旗手として、強烈な印象を残してくれました。ある意味、クルレンツィスと共にsaraiが最も注目している指揮者です。手兵のレ・シエクルを引き連れてきた来日公演でのストラヴィンスキーのバレエ音楽《春の祭典》は凄まじい迫力の音楽でした。で、今回のコンサートですが、saraiの期待を裏切らない素晴らしい演奏でした。前半のフレンチ・バロックの精度の高い音楽、そして、圧倒的だったのは後半のラヴェルの《ダフニスとクロエ》です。1時間近い全曲を高い緊張感を保ちつつ、ラヴェルらしいピュアーな音色で魅了してくれました。saraiは初めて、この曲の魅力が分かりました。普通はこういう曲は寝落ちしますが、その演奏の魅力に惹き込まれて、集中して聴くことができました。都響もノンビブラートの美しいアンサンブルでパーフェクトに思える演奏でしたし、何より、彼ら自身が楽しんで演奏していることが伝わってきました。弦楽セクションと木管セクションの演奏は見事でした。フルートの柳原祐介の演奏には痺れました。聴きどころは満載で、書き切れませんが、《ダフニスとクロエ》第3部の何とも美しい演奏には感動しました。もちろん、終結部のまるでダッタン人の踊りを思わせる部分の大迫力は誰もが感銘を受けたことでしょう。合唱の栗友会合唱団の健闘も称えたいと思います。いやはや、素晴らしかった!!

フランソワ=グザヴィエ・ロトはこれで3回聴いたことになりますが、今年は4月末のウィーンでも聴く予定です。ウィーン交響楽団に客演して、ウェーベルン/ベルク/シェーンベルクを聴かせてくれます。絶対に素晴らしい演奏になることを確信しています。


今日のプログラムは以下です。

  指揮:フランソワ=グザヴィエ・ロト
  合唱:栗友会合唱団
  管弦楽:東京都交響楽団  コンサートマスター:矢部達哉

  ラモー:オペラ=バレ『優雅なインドの国々』組曲
   第1曲 ヘーベーとその一行の登場
   第2曲 第1&第2リゴードン
   第3曲 第1&第2タンブーラン
   第4曲 未開人たちの踊り
   第5曲 シャコンヌ

  ルベル:バレエ音楽《四大元素》
   第1曲 カオス         
   第2曲 第1ルール「土と水」   
   第3曲 シャコンヌ「火」    
   第4曲 さえずり「空気」    
   第5曲 夜うぐいす       
   第6曲 第2ルール「狩り」
   第7曲 第1&第2タンブーラン
   第8曲 シシリエンヌ
   第9曲 ロンド―「愛の妖精のための歌」
   第10曲 カプリス


   《休憩》

  ラヴェル:バレエ音楽《ダフニスとクロエ》(全曲:第1部、第2部、第3部)


1曲目のラモーの『優雅なインドの国々』組曲を予習したCDは以下です。

 フィリップ・ヘレヴェッヘ指揮ラ・シャペル・ロワイヤル  1983年6月 セッション録音

素晴らしいとまでは言えませんが、水準以上の演奏です。

 
2曲目のルベルのバレエ音楽《四大元素》を予習したCDは以下です。

 ジョルディ・サヴァール指揮ル・コンセール・デ・ナシオン 2015年7月19日、ナルボンヌ(フランス)、フォントフロイド修道院 ライブ録音
 
これは素晴らしい演奏です。


3曲目のラヴェルのバレエ音楽《ダフニスとクロエ》(全曲)を予習したCDは以下です。

 フランソワ=グザヴィエ・ロト指揮ル・シエクル、アンサンブル・エデス(合唱) 2016年録音
 ピエール・モントゥー指揮ロンドン交響楽団 1959年録音

ロト指揮ル・シエクルのCDはこの曲の世界初のピリオド楽器録音ですが、あまり、そういうことは感じさせない演奏で素晴らしい音楽を展開しています。モントゥーはこの曲の初演を行った指揮者ですが、さすがに手の内にはいった演奏は素晴らしいです。初演後、47年後の録音でオーケストラも異なりますが、新鮮な演奏で深くスコアを読み込んだことが感じられます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ロト,  

何という《春の祭典》・・・ロト、レ・シエクル@東京オペラシティ コンサートホール 2018.6.12

前半のドビュッシー、ラヴェルも素晴らしかったんですが、後半のストラヴィンスキーのバレエ音楽《春の祭典》を聴くと、このコンビ、指揮者のフランソワ=グザヴィエ・ロトと管弦楽のレ・シエクルはこの曲を演奏するためだけに存在するのかと思ってしまいます。

ちょっと、話は飛びますが、今日のロト&レ・シエクル、来年のクルレンツィス&ムジカ・エテルナ、これは日本の音楽ファンは決して聴き逃がせませんね。それにこの2つが聴けるのは何という喜びなんでしょう。誤解のないように言っておきますが、saraiは決してピリオド奏法の信奉者ではありません。ピリオドとかモダンとか、そういうことではなくて、ただただ、よい音楽が聴きたいだけなんです。指揮者ではティーレマン、ハイティンク、ラトルなど、オーケストラではウィーン・フィル、コンセルトヘボウ、シュターツカペレ・ドレスデンなど旧世代の精度の高いアンサンブルも大好きで聴き逃がせません。しかし、旬と言えば、ロト&レ・シエクル、クルレンツィス&ムジカ・エテルナはまさに今、聴きたいんです。saraiの年齢ではぎりぎりセーフで聴けたって感じです。

さて、今日の肝心の演奏についてですが、後半のストラヴィンスキーのバレエ音楽《春の祭典》は前半の演奏から一段も二段もギアを上げたということで、アンサンブルも音楽の中身も別次元のものでした。ですから、あえて、《春の祭典》に絞って、感想を書かせてもらいます。もちろん、ロト&レ・シエクルの話題になったCDはずっと前に購入済でしたが、これまで実はまだ聴いていませんでした。あえて、今回のコンサートの直前まで聴くのを控えていました。聴いてみると意外におとなしい演奏で拍子抜け。もっともsaraiはあまりストラヴィンスキーのよい聴き手ではありません。中学・高校を過ごした地方都市で唯一のクラシックレコード屋さんのお馴染みになった店員のお兄さんからはいつもsarai君はストラヴィンスキーよりもショスタコーヴィチだよねってからかわれるくらい、20世紀の音楽ではショスタコーヴィチに入れ込んでいました。思い出すと、地方都市では20世紀のモダンな作品って言えば、当時はストラヴィンスキーかショスタコーヴィチだったんですね。まだ、マーラーやR.シュトラウスは視野に入っていませんでした。saraiがようやくバルトークに入れ込み始めたのは大都市の大学に進学した後のことだし、マーラー、ブルックナー、R.シュトラウスはずっと後です。で、今でもそんなにストラヴィンスキーには入れ込んでいないのが実情です。ですから、《春の祭典》にあれこれ言う資格はないにも等しいのですが、今日の《春の祭典》は凄かったです。最初は初演当時の楽器だとか、スコアということに気を取られていましたが、そんなことよりも耳に聴こえてくる音楽がどうかということが重要でしょう。オーケストラのアンサンブルの精度で言えば、もっとうまいオーケストラはあるでしょう。もしかしたら、日本のトップオケならば、よりよいアンサンブルで演奏するかもしれません。でも、心に迫ってくる緊張感や迫力は大変なものでした。これが初演に近い演奏かどうかはsaraiには知る由もありませんが、ともかく、凄まじい迫力の音楽でした。ありきたりかもしれませんが、変拍子のリズム感、間の取り方、弱音と強音のダイナミズム、それらを複合したバーバリズムの迫力と緊張は最高でした。どこかCDの録音のおとなしく感じた印象とは様変わりです。CDの聴き方を誤ったのかな。今日の演奏はパーフェクトの上に、いまだコンテンポラリーの音楽でありつづけるという緊張感がみなぎっていました。まさに期待を裏切らなくて、ライヴならでは一発勝負の演奏を聴かせてもらって感謝です。

これからはロトとクルレンツィス、それにミンコフスキの時代なのかな。

今日のプログラムは以下です。

  指揮:フランソワ=グザヴィエ・ロト
  管弦楽:レ・シエクル

  
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
    ドビュッシー:バレエ音楽《遊戯》
    ラヴェル:ラ・ヴァルス

     《休憩》

    ストラヴィンスキー:バレエ音楽《春の祭典》

     《アンコール》
       ビゼー:「アルルの女」第1組曲 より アダージェット

最後に予習について触れておきます。
1/2曲目のドビュッシーの牧神の午後への前奏曲、バレエ音楽《遊戯》は以下のCDを聴きました。

 ピエール・ブーレーズ指揮ニューフィルハーモニア管 1966、68年録音
 ピエール・ブーレーズ指揮クリーヴランド管弦楽団 1991年録音

ブーレーズの新旧録音です。当時はブーレーズがロトのような立場の新鋭だった筈ですね。とりわけ、1960年代は尖った演奏を聴かせてくれていました。しかし、今回、新旧を合わせて聴くと、音質はもちろん、1991年の新録音の完璧さが強く感じられました。今日のロトと比べると、クリーヴランド管弦楽団のアンサンブル力の見事さが際立っています。ロト&レ・シエクルも万全の準備をすれば、もっと素晴らしい演奏が可能でしょう。

3曲目のラヴェルのラ・ヴァルスは以下のCDを聴きました。

 ピエール・ブーレーズ指揮ニューヨーク・フィル 1973,74年録音
 ピエール・ブーレーズ指揮ベルリン・フィル 1993年3月録音 ベルリン、イエス・キリスト教会

これもブーレーズの新旧録音です。1970年代のニューヨーク・フィルとの油ののった演奏も素晴らしいです。しかし、新旧を合わせて聴くと、音質はもちろん、ベルリン・フィルとの1993年の新録音が高いレベルです。ラ・ヴァルスのモダンさが最高に表現されています。今日のロトはウィーンへの哀感よりもグロテスクさを前面に打ち出した個性的な演奏で、それに対する評価は分かれるかもしれません。ラヴェルの真意はどこにあったのでしょうか。saraiはウィーンへの思いをパリ風にオシャレに表現しながら、ハプスブルク帝国の栄光の挽歌にするというスタンスが思い描きやすいのですが、果たしていかがでしょう。

4曲目のストラヴィンスキーのバレエ音楽《春の祭典》は以下のCDを聴きました。

 ピエール・ブーレーズ指揮クリーヴランド管弦楽団 1969年録音
 ピエール・ブーレーズ指揮クリーヴランド管弦楽団 1991年録音
 フランソワ=グザヴィエ・ロト指揮レ・シエクル 2013年
 テオドール・クルレンツィス指揮ムジカエテルナ 2013年 スタジオ録音 ドイツ、ケルン

ブーレーズの新旧録音はドビュッシー、ラヴェルの場合とそう感覚が違いませんが、ただ、旧録音はLPレコード、新録音はハイレゾで聴いたという違いはあります。どちらも素晴らしい演奏です。ロトとクルレンツィスは1913年の初演の100年後ということでの録音です。ロトは資料的価値はありますが、saraiはあまりピンとこない録音です。今日の演奏をCDにしてもらったほうがよい感じ。そうすると、クルレンツィスのCDといい勝負になります。クルレンツィスの演奏は一聴の価値のある凄まじさです。弱音パートの緊張感ある演奏も魅了されました。ストラヴィンスキーご本人指揮のCDとイーゴリ・マルケヴィチのCDも合わせて聴くべきでした。すると、saraiもストラヴィンスキーについて、もう少し、語れるかな・・・。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ロト,  

新時代の幕開けか・・・ロト&東京都交響楽団@サントリーホール 2016.4.7

今日は都響B定期(サントリーホール定期)の新シーズンの幕開け。と共にポスト・ピリオド時代の旗手フランソワ=グザヴィエ・ロトの指揮した都響の清新な演奏は新時代の幕開けを予感させるものでもありました。昨年12月のミンコフスキ指揮のコンサートでも都響は新しい響きを聴かせてくれていましたから、今日のような演奏は本当は驚くことはないのかもしれません。しかし、今日の演奏は色んなこと、そして、今後の可能性を考えさせてくれたんです。ベースにあるのはピリオド奏法の熟成です。それはノントナール、無調音楽の熟成を思い起こさせます。現代音楽では、ノントナール音楽は金科玉条のように守り通すものではなく、音楽表現のひとつとして、トナール音楽と使い分ける、あるいは組み合わせるようになっています(saraiの勝手な妄想かもしれませんが)。同様にピリオド奏法も音楽表現のひとつとして、普通の奏法と使い分け、組み合わせるものとなってきたようです。これがポスト・ピリオド時代です。今日のロトの音楽創造は実に変幻自在。彼は自己の音楽表現を実現させるために、驚くほどに様々な奏法を使いこなしていきます。それも高いレベルでの実現です。

まず、最初はウェーベルンが編曲したシューベルトのドイツ舞曲。予習したブーレーズのCDでは、ウェーベルンにしては平凡とも思える編曲だなと感じました。シューベルトのオリジナルのピアノ独奏版をアンドラーシュ・シフの演奏で聴きましたが、やっぱり、オリジナルがよっぽどいいと感じました。ところが今日のロト&都響を聴いて、印象は一変。シューベルトの音楽には違いありませんが、表現はウェーベルン。音楽の二重性を綱渡りのような巧みさで実現しています。ロトはあのブーレーズを超える才能なのかと驚嘆します。ポスト・ピリオド時代の音楽表現はその音楽が創られた時代の空気感を再生させることなのかもしれません。そういう意味では、ロトならではの音楽がこのウェーベルン編曲のシューベルトなのかもしれません。1930年代のウェーベルンが100年前のウィーンの先輩作曲家の音楽を再創造した頃の時代の空気感を見事に描き出したということです。まあ、2度と聴けないような素晴らしい音楽でした。

次はR.シュトラウスのメタモルフォーゼン。これはR.シュトラウスの晩年、すなわち、1945年頃の時代を直球勝負で描き出した演奏。通常の意味でのピリオド奏法ではなく、ある意味、普通の音楽表現です。しかし、表層的な意味で言うピリオド奏法ではないにしても、その時代を表現するという意味では真のピリオド奏法と言えるだろうし、室内楽的な明瞭さの演奏で本質にアプローチするところはまさにピリオド奏法の真骨頂といえるかもしれません。まあ、そういうことは抜きにしても、心にしみじみと語りかけてくる素晴らしい演奏だったんです。都響を長く聴いてきましたが、ついにここまで来たかという感慨にひたりました。都響のメンバーもこういう演奏を目指してやってきたんでしょう。一つの到達点に達しましたね。それにしてもR.シュトラウスの晩年の音楽は素晴らしいです。管弦楽曲では、この《メタモルフォーゼン》。声楽曲では《4つの最後の歌》。オペラでは、《カプリッチョ》。いずれも内面の深いところにしみじみとしたものを残してくれる傑作です。つらい時代の中、高齢で創造した珠玉の作品群です。芸術にすべてを捧げ尽くした天才が我々に残してくれた遺産です。そういうものをプログラムの中心にすえたロトの意図は明確でしょう。彼はこのR.シュトラウスの音楽を愛しており、それを我々聴衆と共有したかったんでしょう。十分にそういう気持ちが伝わってくる名演でした。

休憩後、ベートーヴェンの交響曲第3番《英雄》です。まあ、これはロトのやりたい放題の演奏。第1楽章はいかにもピリオド奏法の典型のような演奏スタイル。早めのテンポで強いアクセント。きびきびとした切れのいい演奏。これは挨拶代わりのようなものでしょう。軽めの表現に違和感は覚えますが、シューベルトのドイツ舞曲と同様にふわっとした飛翔感のある演奏には好感も感じます。重量感のある《英雄》を期待していると肩透かしに合います。ところが第2楽章にはいると一転します。ゆったりしたテンポでオーケストラの繊細な響きでしみじみとした演奏を繰り広げます。この楽章はある意味、メタモルフォーゼンの表現と連続性を持たせて、《英雄》の音楽的中心に据えたようです。第1楽章の軽み(かろみ)もそのための布石だったようです。ロマンティックな表現にも思えるほどの熱演に引き込まれてしまいました。それでもピリオド奏法を裏切らないのは、響きが濁らずにピュアーなことです。都響の素晴らしさもありますが、この純粋な響きの演奏は驚異的とも思えます。第3楽章はスケルツォですから、早めのテンポに戻りますが、他の指揮者と比べて、特に早いテンポには思えません。それほどピリオドっぽくは感じません。響きの純粋さは相変わらずです。この短い楽章が終わり、それなりに間を置いて、第4楽章に入ります。これはピリオドとかそういうことではなく、独自性にあふれる素晴らしい演奏です。いきいきと活力に満ちて、響きの純粋さに耳を奪われます。ここぞというところで踊るような動作でオーケストラを鼓舞すると、これまで聴いたことのないような強いアクセントで新鮮な響きが生まれます。ロトは己の生み出したい音楽表現がきっちりと頭の中にできていて、それを体の動作でオーケストラに伝えて、その通りの音楽が実現されるんです。これって、できそうでなかなかできないことです。ロトの音楽表現にすっかりと引き込まれてしまいました。滅多にできない音楽体験になりました。

今日のプログラムは以下のとおりでした。

  指揮:フランソワ=グザヴィエ・ロト
  管弦楽:東京都交響楽団

  シューベルト(ウェーベルン編曲):ドイツ舞曲 D820
  R.シュトラウス:メタモルフォーゼン~23の独奏弦楽器のための習作

   《休憩》

  ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調 op.55《英雄》

インバルは今後も都響の音楽の軸ですが、今日のロト、そして、ミンコフスキがこれからの都響の将来を左右しそうな予感がします。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ロト,
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico

kicoさん、初めまして。saraiです。

心配ですね。私はそのまま、沈静化するのを待っています。シュターツオーパーのチケットも購入しました。何としても行こうとは思って

03/09 22:12 sarai

はじめまして。私も同じ時期にウィーン滞在の計画をしており、楽友協会でのベルリンフィルのチケットを購入しました。が、新型コロナの件で、そもそも旅行に出られるのかど

03/09 16:59 kico

お役に立てて、なによりです。我が家では今でもメインのCDプレーヤーとして活躍しています。ただ、最近はCDはいったんリッピングしてHDDに格納し、USBオーディオでオーディ

01/18 15:18 sarai

父からアンプとセットで譲り受けたもののトレイが動かず困っていましたが、
ブログを見て自分で購入・修理することができました。
利益目的でもなくまた素人でも分かる記事

01/18 13:50 hisa

のりしんさん

saraiです。コメントお寄せいただき、ありがとうございました。
同じ追っかけ仲間、今後ともよろしくお願いいたします。
彼女の声は素晴らしいですね。

12/01 12:07 sarai

私も中村さんの追っかけやっております。昨日の演奏も圧倒的でしたね。中村さんの歌を聴いていると、なぜか涙腺が緩んで来ます。

12/01 09:39 のりしん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR