FC2ブログ
 
  

ロータス・カルテット:驚きのアンコール@鶴見サルビアホール 2018.2.13

一昨日、ロータス・カルテットのコンサートでベートーヴェンの後期弦楽四重奏曲の2大傑作、Op.131とOp.132を聴いたところですが、今日はある意味、ぐっと軽く、ハイドン、シューマン、メンデルスゾーンのプログラムでした。ところがやはり、ロータス・カルテットは考えていることが違います。なんとアンコール曲にベートーヴェンの後期弦楽四重奏曲のもうひとつの傑作、Op.130という超弩級の作品を持ってきます。それもとりわけ美しいカヴァティーナです。もちろん、素晴らしい演奏でした。これで昨年のベートーヴェン・チクルスのうち、主要な後期作品を復習した感じです。

前半のハイドンは古典的な雰囲気を残しつつも深みのある演奏で惹き込まれました。続くシューマンは厚い和声をたっぷりと味わわせてくれて、ロマン派の醍醐味を楽しみました。ここまでが助走です。

後半のメンデルスゾーンは素晴らしく美しい演奏です。こんな美しい音楽があっていいのかと思わせるような見事な演奏を聴かせてくれました。とても18歳の青年が作曲したとは思えない完成度の高い作品です。しかし、そんなsaraiの思いを覆してくれたのがアンコールのベートーヴェンです。真に美しい音楽とは何かをロータス・カルテットは語りたかったのでしょうか。カヴァティーナは美しさの極致の音楽ですが、それ以上に深い思いがこめられた最高の音楽です。ベートーヴェンの後期弦楽四重奏曲の中でも最も美しい音楽と言っても間違いないでしょう。ロータス・カルテットの演奏は深くて美しい表現の響きでホールの空間を満たしてくれました。結局、このアンコール曲を聴くために本編の3曲を聴いていたような感じです。頭に残ったのはカヴァティーナの美しい旋律だけです。そういうわけで、本編の演奏は頭から一掃されたので、本編の感想はほとんど書けませんでした。悪しからず・・・。

今日のプログラムは以下です。

  ロータス・カルテット
    小林幸子vn  マティアス・ノインドルフvn
    山碕智子va  斎藤千尋vc

   ハイドン:弦楽四重奏曲第34(27)番 ニ長調 Op.20-4 Hob.III:34
   シューマン:弦楽四重奏曲 第2番 ヘ長調 Op.41-2

   《休憩》

  メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲 第2番 イ短調 Op.13

   《アンコール》
    ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第13番 変ロ長調 Op.130より、第5楽章 カヴァティーナ Adagio molto espressivo


最後に予習について触れておきます。
1曲目のハイドンの弦楽四重奏曲第34(27)番 ニ長調 Op.20-4 Hob.III:34は以下のCDを聴きました。

 エンジェルス四重奏団

古典の作品を宮廷音楽風に美しく演奏していましたが、少し残響が多過ぎる録音だったのが気になりました。

2曲目のシューマンの弦楽四重奏曲 第2番 ヘ長調 Op.41-2は以下の2枚のCDを聴きました。

 メロス四重奏団
 グリンゴルツ四重奏団

意外にメロス四重奏団の演奏は重くて、もう一つ。グリンゴルツ四重奏団はシューマンのロマンが感じられる美しい演奏でした。とりわけ、第4楽章が見事です。

3曲目のメンデルスゾーンの弦楽四重奏曲 第2番 イ短調 Op.13は以下の2枚のCDを聴きました。

 エマーソン・カルテット
 エベーヌ・カルテット

エマーソン・カルテットはさすがにとっても美しい演奏です。エベーヌ・カルテットはぎょっとするくらい個性的な演奏ですが、とても惹き込まれてしまいました。素晴らしい演奏です。エベーヌ・カルテットのほかのCDも聴いてみたくなりました。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ロータス・カルテット,  

ロータス・カルテット:ベートーヴェン後期弦楽四重奏曲の2大名作を聴く@鵠沼サロンコンサート 2018.3.13

昨年のロータス・カルテット ベートーヴェン・サイクル 2017の最終コンサートと同じプログラムの公演です。あのコンサートは本当に凄かった!生涯に数回というレベルのコンサートでした。今日のコンサートはさすがにあのコンサートの再現とはなりませんでしたが、素晴らしく、美しいアンサンブルに聴き入りました。多分、昨年との違いは昨年はベートーヴェン・サイクルの最終日の演奏の高揚だったということと昨年は極上の響きの鶴見サルビアホールだったことに対して、今回は小さなレストランのサロンコンサート会場だということでしょう。今回は落ち着いた響きが聴けて、それはそれでよかったんですが、感動的な思いには至りませんでした。そんなものですね。

前半の弦楽四重奏曲 第15番 イ短調 Op.132は5楽章から成るアーチ型の構造の作品ですが、真ん中の第3楽章の祈りにも思える音楽も心に響きましたが、それ以上に第5楽章の物悲しい調べが心に沁みました。圧倒的な美しさが耳から離れませんでした。

後半の弦楽四重奏曲 第14番 嬰ハ長調 Op.131はベートーヴェンが作り出した最高の音楽です。第1楽章から哀しみに満ちた音楽が続きます。圧巻だったのは最後の第7楽章です。第7楽章の終盤は人間ベートーヴェンが力を振り絞って前に向かって進んでいく姿が表現されます。力強い人間の歩みではありますが、そこには哀しさも強く滲んでいます。なぜか共感できるものがあります。人は苦しみや哀しみを背負っていても常に前に向かって進んでいかないといけません。これは人の運命であり、ミッションとも言えます。その先に何が待ち受けていたとしてもただひたすら進み続けるしかありません。そこに大きな哀しみがあふれ出します。ベートーヴェンが到達した最後の境地です。その究極の音楽がサロンの空間に流れます。素晴らしい音楽に感銘を受けます。そして、突然のフィナーレです。ロータス・カルテットの4人はいつも素晴らしい音楽を聴かせてくれます。

今日のプログラムは以下のとおりでした。

  ロータス・カルテット
    小林幸子vn  マティアス・ノインドルフvn
    山碕智子va  斎藤千尋vc

  ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第15番 イ短調 Op.132

   《休憩》

  ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第14番 嬰ハ長調 Op.131


アンコールはなしです。この2曲を演奏した後にアンコールで弾ける曲はないそうです。それはそうですね。十分、聴かせてもらいました。また、2日後にはまた、鶴見サルビアホールでロータス・カルテットの演奏を聴かせてもらいますから、それを楽しみにしましょう。

最後に予習について触れておきます。
ベートーヴェンの弦楽四重奏曲 第14番と第15番は以下の3つのセットを聴きました。

 ブッシュ弦楽四重奏団 1936年(第14番) 1937年(第15番) ロンドン、アビーロード
 リンゼイ弦楽四重奏団(リンゼイズ) 1回目(1980年代) ロンドン
 グァルネリ弦楽四重奏団 1987年~1991年、ニューヨーク、アメリカ文芸アカデミー

ブッシュ弦楽四重奏団は最高の演奏。リンゼイ弦楽四重奏団はそれに迫る演奏です。グァルネリ弦楽四重奏団も素晴らしいですが、前者ほどではありません。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ロータス・カルテット,  

圧倒的な感動! ロータス・カルテット:ベートーヴェン・サイクル第5回@鶴見サルビアホール 2017.6.14

いやあ、ただただ、参りました。物凄い演奏でした。こんなコンサートは生涯に何度、経験したことがあったでしょうか。今回のベートーヴェンの全弦楽四重奏曲のチクルスの4回目までも素晴らしい演奏が続きましたが、今日のコンサートは異次元のレベルでした。前半の弦楽四重奏曲 第15番 イ短調 Op.132は、自分が如何にこの曲を理解していなかったのかを思い知らされるような、聴いたこともないような演奏でした。5楽章から成るアーチ型の構造の作品ですが、真ん中の第3楽章の慈愛、感謝、慰撫に満ちた深い味わいの音楽を中心に両端の第1楽章と第5楽章の物悲しい調べがしみじみと心に語りかけてきます。この曲だけはこれまでCDのブダペスト四重奏団の演奏が自分にとっての至高の演奏でしたが、今日からはこのロータス・カルテットが忘れられない最高の演奏になりました。前半で圧倒的な感動に浸り、後半はぬけがらのようになってしまって、音楽を聴く集中力を欠いてしまうのではないかと危惧しましたが、それは杞憂に終わります。ロータス・カルテットの冒頭の響きだけでぐっと音楽に引き寄せられます。弦楽四重奏曲 第14番 嬰ハ長調 Op.131はベートーヴェンが作り出した究極の音楽です。(最後のピアノ・ソナタのOp.111とはいい勝負かも・・・) ロータス・カルテットはあり得ないような音楽を次から次へと提示します。ただ、茫然として聴き入るのみです。演奏はヒートアップし、最後の第7楽章は聴いたこともないような極上の世界に突入します。愛と哀しみ、力強さと寂しさ、希望と諦念、人生のあらゆる感情がないまぜになったような究極の音楽がホールの空間に満たされていきます。天国的な音楽ではなくて、現世を生きる人間が味わうことのできる最高の何かがそこにあります。ああ、生きてきて本当によかった・・・人生最高のものを与えられた喜びで深く、しみじみとした感動で頭が真っ白になります。感動の頂点でフィナーレです。こういう音楽を聴かせてくれたロータス・カルテットの4人に感謝するのみです。

今日のプログラムは以下のとおりでした。

  ロータス・カルテット ベートーヴェン・サイクル 2017

  ロータス・カルテット
    小林幸子vn  マティアス・ノインドルフvn
    山碕智子va  斎藤千尋vc

  弦楽四重奏曲 第15番 イ短調 Op.132

   《休憩》

  弦楽四重奏曲 第14番 嬰ハ長調 Op.131


音楽に感動するとともに、己の無知も恥じないといけません。正直、今回のチクルスを聴く前は、ある意味、ロータス・カルテットをなめていました。日本人演奏家、それも巷でそれほど高名でないグループであることで、それほどは評価していなかったんです。今日の演奏だって、チクルスの4回の素晴らしい演奏を聴いてきたからこそ、ちゃんと受けとめることができたと思います。ロータス・カルテットは少なくとも、ベートーヴェンを演奏させれば、歴史に名を刻むカルテットであると思います。まだ、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲の全曲CDが出ていないことが不思議なほどです。世間の評判はともかく、自分がこういうカルテットに出会えた幸運をただただ、喜びつつ、また、来年も日本でその演奏を聴けることを楽しみにしながら、本稿を閉じたいと思います。 いやあ、本当に凄かった!!



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ロータス・カルテット,  

Es muss sein! ロータス・カルテット:ベートーヴェン・サイクル第4回@鶴見サルビアホール 2017.6.13

何とも凄い演奏でした。批評家でもない一介の音楽愛好家としては情緒的で主観的な感想が許されるのが嬉しいところです。これまでに自分が聴いてきた室内楽のコンサートで最高のものでした。前半の弦楽四重奏曲 第16番 Op.135は第3楽章がかって聴いたことがないほどの美しい演奏で心を慰撫される思いになりました。そして、第4楽章もMuss es sein?(そうでなければならないのか?)と書き込まれた導入部の充実した響きに続いて、ポジティブで確信に満ちた主部が演奏されました。まさにEs muss sein!(そうでなければならない!)という感じです。この第3楽章から第4楽章への構成は交響曲第9番と同じですね。圧巻のフィナーレで一瞬、このチクルスもこれで完了という充実感に至りました。しかし、まだ、第4回目のコンサートの前半が終わっただけです。その高揚感のまま、後半の弦楽四重奏曲 第13番 変ロ長調 Op.130を聴きます。この第13番が第1楽章から最高に素晴らしい演奏です。まさにEs muss sein!を実感させるような演奏です。第4楽章まで高い緊張感を保ったまま、美しい響きに耳を傾けます。そして、第5楽章のカヴァティーナの最初の響きを聴いたとき、もろくもsaraiの心は崩壊します。心の奥襞に沁み込んでくるような美しい音楽が心に突き刺さり、感動の涙が止まりません。その後は放心状態。最後の大フーガも素晴らしい演奏でしたが、アドレナリン不足の状態なので遠くで音楽が響いているような感じでした。それでも壮大なフィナーレには深い感銘を受けました。
音楽って、何て、素晴らしい!!

今日のプログラムは以下のとおりでした。

  ロータス・カルテット ベートーヴェン・サイクル 2017

  ロータス・カルテット
    小林幸子vn  マティアス・ノインドルフvn
    山碕智子va  斎藤千尋vc

  弦楽四重奏曲 第16番 ヘ長調 Op.135

   《休憩》

  弦楽四重奏曲 第13番 変ロ長調 Op.130

   《休憩》

  大フーガ 変ロ長調 Op.133

個々の曲に細かい感想はありますが、このブログは音楽批評ブログではないので、こんなに感動したコンサートの些細な話は省略させてください。
それにしても、音楽に国境はないということは分かっていますが、日本人演奏家がヨーロッパ文化の最も深い(とsaraiが勝手に思っている)ベートーヴェンの後期の弦楽四重奏曲をこんなにパーフェクトに演奏するのは驚愕以外の何物でもありません。ヨーロッパ在住の日本人が里帰り公演でこんな素晴らしい、それも多分、ヨーロッパでもそんなには聴けないような演奏をするんだったら、有り難がって、わざわざヨーロッパ遠征をして音楽を聴いているsaraiは何をやっているのか、ばかばかしい感じもします。時代が変わったんでしょうか。

明日は、いよいよ最終日。第15番と第14番という超ド級のプログラムです。このまま、さらにステップアップするんでしょうか。ロータス・カルテット、恐るべし!!

因みに関係ない話で恐縮ですが、Muss es sein? Es muss sein!で思い出しました。比較的、最近、読んだチェコ出身の作家ミラン・クンデラの小説《存在の耐えられない軽さ》で、小説のメインモティーフになっていたのが、この弦楽四重奏曲 第16番のMuss es sein? Es muss sein!です。政治状況の悪かったチェコを出て、スイスの病院に勤務していた主人公の外科医トマーシュは一緒に暮らしていた恋人のテレザの突然のチェコへの帰国を受けて、このEs muss sein!(そうでなければならない!)の言葉を発して、あえて、苦しい決断をして、彼女のあとを追って、チェコに帰国します。そもそも彼にベートーヴェンの弦楽四重奏曲 第16番を聴くことを勧めたのは誰あろう、テレザだったんです。第4楽章に書かれている表題はDer schwer gefaßte Entschluß(苦しい決断の末)です。トマーシュもまた、ベートーヴェンの音楽に魅入られたように苦しい決断をして、表面的には転落の人生に落ち込んでいきます。でも、何が人の幸福なのか・・・それも人生、あれも人生ですね。この小説がハッピーエンドなのか、そうでないのか、それは読んだ人の人生の価値観に依るでしょう。ベートーヴェンだって、苦しい状態で後期の弦楽四重奏曲を書いたのがよかったか、悪かったか・・・そんなことは問題ではないでしょう。人生はすべからく、Es muss sein!ですからね。念のためですが、saraiはこの小説はハッピーエンドと信じて、感動しました。saraiも人生は Es muss sein! と信じて疑わない人間です。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ロータス・カルテット,  

ロータス・カルテット:ベートーヴェン・サイクル第3回@鶴見サルビアホール 2017.6.12

ロータス・カルテットのベートーヴェン・サイクルは初日は作品8の全6曲、そして、2日目の中期と後期をはさんで、今日は中期の傑作、作品59《ラズモフスキー》全3曲とボリュームのある内容が続きます。今日の演奏はまた初日と同様、美しいアンサンブルの響きで小さなホールが満たされました。初日よりもリッチな響きで中期の傑作を堪能しました。2日目は力感あふれる演奏でしたが、ロータス・カルテットは曲によって、ずい分、響きや表現スタイルを変えています。こういうのもベートーヴェン全曲チクルスの醍醐味ですね。

今日のプログラムは以下のとおりでした。

  ロータス・カルテット ベートーヴェン・サイクル 2017

  ロータス・カルテット
    小林幸子vn  マティアス・ノインドルフvn
    山碕智子va  斎藤千尋vc

  弦楽四重奏曲 第7番 Op.59-1「ラズモフスキー第1番」
  弦楽四重奏曲 第8番 Op.59-2「ラズモフスキー第2番」

   《休憩》

  弦楽四重奏曲 第9番 Op.59-3「ラズモフスキー第3番」

今回のラズモフスキーは3曲通して、豊かな響き、おおらかな音楽表現という感じで一貫性のある演奏でした。その上で、とりわけ、弦楽四重奏曲 第7番 Op.59-1「ラズモフスキー第1番」の演奏が素晴らしく感じられました。中でも第3楽章の美しい音楽には身がとろけそうになりました。特別、メローな表現だったわけではありませんが、ロータス・カルテットの精度の高い演奏がsaraiの心に響いたんです。この第3楽章が聴けただけでも、今回のベートーヴェン・チクルスに足を運んだ甲斐がありました。もっとも、白状すると、saraiはこの「ラズモフスキー第1番」の第3楽章が好きなんです。その好きな曲が素晴らしい演奏だったので、特別な満足感がありました。ところで、ロータス・カルテットの演奏はどの作品も緩徐楽章の演奏が目立って素晴らしいです。今日の「ラズモフスキー第2番」も第2楽章が素晴らしい演奏でした。
全体的にレベルの高い演奏でしたが、「ラズモフスキー第1番」が最も出来が良く、次いで「ラズモフスキー第2番」がよかったように思えます。こういう素晴らしい弦楽四重奏曲を聴くと、交響曲を聴いたとき以上の満足感があります。弦4本で織りなすピュアーな響きは最高に心に響きます。フルトヴェングラーは20歳頃、指揮の勉強をしているときにいつもベートーヴェンの弦楽四重奏曲のスコアを持ち歩いていたそうです。フルトヴェングラーのベートーヴェンの交響曲指揮の原点は弦楽四重奏曲のスコア読みにあったのではないかとひそかに想像しています。でなければ、交響曲第9番の第3楽章の透徹したような演奏はできなかったのではないかと勝手に思っています。

明日からは、いよいよ後期の第13番以降の4曲と大フーガです。どの曲をとってみてもベートーヴェンの最高傑作ばかりです。心して、集中力を高めて、ロータス・カルテットの渾身の演奏と対峙しましょう。明日はまず、第16番と第13番、そして、大フーガです。第13番のカヴァティーナと大フーガが一番、楽しみです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ロータス・カルテット,
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico

kicoさん、初めまして。saraiです。

心配ですね。私はそのまま、沈静化するのを待っています。シュターツオーパーのチケットも購入しました。何としても行こうとは思って

03/09 22:12 sarai

はじめまして。私も同じ時期にウィーン滞在の計画をしており、楽友協会でのベルリンフィルのチケットを購入しました。が、新型コロナの件で、そもそも旅行に出られるのかど

03/09 16:59 kico

お役に立てて、なによりです。我が家では今でもメインのCDプレーヤーとして活躍しています。ただ、最近はCDはいったんリッピングしてHDDに格納し、USBオーディオでオーディ

01/18 15:18 sarai

父からアンプとセットで譲り受けたもののトレイが動かず困っていましたが、
ブログを見て自分で購入・修理することができました。
利益目的でもなくまた素人でも分かる記事

01/18 13:50 hisa

のりしんさん

saraiです。コメントお寄せいただき、ありがとうございました。
同じ追っかけ仲間、今後ともよろしくお願いいたします。
彼女の声は素晴らしいですね。

12/01 12:07 sarai

私も中村さんの追っかけやっております。昨日の演奏も圧倒的でしたね。中村さんの歌を聴いていると、なぜか涙腺が緩んで来ます。

12/01 09:39 のりしん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR