FC2ブログ
 
  

美しきヴィニツカヤの飛翔・・・リットン&東京都交響楽団@東京文化会館大ホール 2019.5.28

難曲のプロコフィエフのピアノ協奏曲第2番を完璧に弾きこなすヴィニツカヤにとって、ピアノ協奏曲第3番を弾くのはたやすそうにさえ見えてしまいます。切れのよさ、響きの美しさ、ダイナミクス、どれをとっても、そのピアニズムは見事としか言えません。そして、何と彼女は笑みを浮かべて、実に楽しそうに弾いています。超絶的なフレーズを弾いている間中、ずっとそうです。第1楽章の冒頭の早く細かいフレーズの見事な指さばき、そして、中盤以降で低音部をがんがん叩くときの爆発的な推進力、このあたりは他のピアニストでも魅せられるところではありますが、ヴィニツカヤの場合は他のピアニストとは次元が違うとしか言いようがありません。アルゲリッチやユジャ・ワンと比べてもそのレベルの高さは歴然としています。恐るべきピアニズムです。それにピアノを弾いている彼女の横顔の美しいこと! 音楽とは直接は関係ありませんが、美しくて悪いわけありませんね。第2楽章にはいると、抒情的というか、幻想的というか、何とも心に沁みてくるメロディーが流れ始めますが、ここでも彼女は音楽性の高さを示します。彼女は単なる超絶技巧の持ち主に留まらず、深い音楽性も持っています。ピアノのタッチが深く、スケール感のあるピアノも聴かせてくれます。第3楽章は圧巻の盛り上がり。それにオーケストラのトゥッティの上にピアノで旋律を重ねる部分では驚異的に美しい音楽も奏でてくれました。うーん、大満足!

後半のプログラムのチャイコフスキーはなかなか微妙なところ。問題は第1楽章。久しぶりに聴く都響のアンサンブルは以前にも増して、素晴らしい響きです。今日の都響は2枚看板のコンサートマスターの四方恭子と矢部達哉のダブルコンマスですからね。弦が素晴らしいのは当然として、今日は金管が絶好調で鳴り響いています。日本のオーケストラでこれほどの金管の響きを聴いた覚えがないほどです。じゃあ、素晴らしい音楽だったかと言うと、そこが問題。チャイコフスキーの音楽のロシアの憂愁、すなわち、やるせなさが感じられません。それにこの曲ではマーラー的な複数声部が有機的に絡み合った重層的な構造の音楽が聴きたいところですが、各声部は美しくても有機的な結合はあまり感じられません。これって、予習で聴いた天下の大名演とも言えるバーンスタイン指揮の演奏が凄過ぎて、それが耳に残っているせいかもしれませんけどね。それにしても、今日の演奏を聴いて、それは違うだろうと頭のどこかがささやき続けています。繰り返して言いますが、今日の演奏はとても美しかったんです。その上で何かが違うんです。ところが、第2楽章にはいり、楽章の後半になると、音楽が頭にすっとはいってくるようになります。うーん、心に感じるものがあります。なかなか素晴らしいのではないかと感じ方が変わってきます。第3楽章は文句なしに弦のピチカートが素晴らしくて、ますます、音楽的な調和に満ちてきます。第4楽章、これは素晴らしい。冒頭の爆発的な祝祭音楽が響き渡り、なかなかの高揚感です。素晴らしい演奏に聴き入っているうちに、やがて、コーダに突入します。凄い突進力です。アンサンブルも見事で最高の響きです。コーダの最後でぐっと一段テンポを上げて、白熱のフィナーレ。凄い高揚感ですが、やはり、第1楽章のことが頭から離れず、微妙な満足感。終わりよければ、すべて良しの気分には正直なれませんでした。それでも久しぶりに聴いた都響の素晴らしい合奏力には脱帽です。指揮者次第ではやはり、日本最強のオーケストラかもしれませんね。アンドリュー・リットンの指揮もよかったのですが、あのバーンスタインのスコアの深い読み方と比べてしまうと、厳しいところがあります。


今日のプログラムは以下です。

  指揮:アンドリュー・リットン
  ピアノ:アンナ・ヴィニツカヤ
  管弦楽:東京都交響楽団  コンサートマスター:四方恭子

  バーバー:管弦楽のためのエッセイ第2番 Op.17
  プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番 ハ長調 Op.26
《アンコール》 チャイコフスキー: 「四季」より、3月 ひばりの歌 アンダンティーノ・エスプレッシーヴォ ト短調

   《休憩》

  チャイコフスキー:交響曲第4番 ヘ短調 Op.36


最後に予習について、まとめておきます。

1曲目のバーバーの管弦楽のためのエッセイ第2番を予習したCDは以下です。

 マリン・オールソップ指揮ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団 2004年
 
女性指揮者のマリン・オールソップの演奏は初めて聴きましたが、バーバーのあまり演奏されない曲を集めたCDアルバムは貴重であるばかりでなく、美しい演奏を聴かせてくれます。


2曲目のプロコフィエフのピアノ協奏曲第3番を予習したCDは以下です。

 ミハイル・プレトニョフ、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団 2002年9月 モスクワ、国立音楽院大ホール

プレトニョフにとって、ドイツ・グラモフォンへの初めての協奏曲録音となったアルバムですが、プレトニョフは落ち着いた演奏で実に知的なアプローチをしています。このスリリングな曲にしては、ちょっと物足りないところもあります。


3曲目のチャイコフスキーの交響曲第4番を予習したDVDは以下です。

 レナード・バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィル 1975年4月22~24日、エイヴリー・フィッシャー・ホール(リンカーン・センター) ライヴ収録 DVD

バーンスタインはチャイコフスキーを若い頃から得意としていて、晩年の録音もあります。このDVDを見ると、まだ若々しいバーンスタインの姿で、実に熱い指揮です。まるでマーラーを振っているような感じです。演奏はこれがチャイコフスキーの交響曲第4番の真の姿と思わせるような深い解釈のもと、ニューヨーク・フィルを鼓舞しながら、最高の演奏を聴かせてくれます。これこそ、天下の大名演と言えるでしょう。saraiは子供の頃からバーンスタインのファンでしたが、またまた、バーンスタインに魅了されました。これから、バーンスタインの演奏をまた聴いてみたくなりました。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ヴィニツカヤ,  

ただただ感動!アンナ・ヴィニツカヤ ピアノ・リサイタル@サントリーホール 2018.2.2

美貌のピアニスト、アンナ・ヴィニツカヤのピアノ・リサイタルは期待を大きく上回る素晴らしい演奏で魂を揺さぶられる思いでした。前半のプロコフィエフ、ドビュッシーも素晴らしかったのですが、後半のショパンの前奏曲はこれまで聴いたことのないような新鮮さに満ちた演奏・・・その上、魂の込められた音楽性の高い究極の演奏でした。美しくはあってもどうしてもサロン風のお洒落な音楽と感じることの多いショパン・・・それがこんなに芸術性の高い音楽であると初めて感じました。ショパンの独奏ピアノ曲を聴いて、初めて強く感動しました。24番のフィナーレでは頭が真っ白になりました。

ショパンの前奏曲24曲すべてが粒よりの演奏で終始、感じ入って聴きました。第1番のハ長調は祝祭的な開始でぐっと惹きつけられます。第2番のイ短調は暗い雰囲気に沈み込みます。第3番のト長調は明るく晴れやかな気分になります。第4番のホ短調はしみじみと哀調のある音楽が素晴らしく響きます。このあたりから、ぐっと音楽が盛り上がっていきます。第5番のニ長調は再び、明るく華麗な響きです。第6番のロ短調は美しい響きにうっとりさせられます。第7番のイ長調はテレビCMでも有名な調べですが、ヴィニツカヤの奏でる音楽は実に格調高く響きます。第8番の嬰ヘ短調は堂々たる響きで圧倒的です。このあたりから、単なる長調と短調の弾き分けではなく、もっと高次元の演奏領域に入っていきます。これがヴィニツカヤの24曲全体の構成感なのでしょうか。第9番のホ長調は哀しみも感じさせるような長調の調べが奏でられます。まるで上質のモーツァルトの長調を連想します。第10番の嬰ハ短調は逆に暗さをあまり感じさせない短調です。第11番から先はもう長調とか短調とかではなく、ショパンの魂の音楽があるだけです。ヴィニツカヤの音楽への凄まじい集中力も高まっていきます。第14番までぐっと魅了されていきます。そして、第15番の変ニ長調は《雨だれ》です。これほどの演奏を聴いたことはありません。あの有名で耳馴染んだメロディが聴こえてきますが、今まで聴いたことのないような憧れに満ちた音楽です。中間部の熱く奏でられるところでは憧れから苦悩の表情に変わります。その先は哀しみに沈み、最後は慰撫されるように終わります。こんな魂のドラマのような演奏を聴き、深く心を打たれます。第16番の変ロ長調は一転して、激しく燃え上がります。ヴィニツカヤの凄まじい気力とテクニックに圧倒されます。第17番の変イ長調は優しく心を癒されるような思いになります。以降、音楽はどんどん高揚していき、第23番のヘ長調でいったん、クールダウンした後、最後の第24番のニ短調が始まります。ヴィニツカヤのピアノは激しく、熱く燃え上がります。ショパンの魂と一体化したような高揚感にsaraiも深い感動を覚えます。ショパンの独奏曲で初めて感動しました。ヴィニツカヤの演奏スタイルはヴィルトゥオーゾ的な強いタッチで超絶技巧的を駆使したものですが、真に感動できるところはそういう部分ではなく、音楽への強いシンパシーを根っことした熱い魂の叫びが聴衆の心に伝わってくるところです。素晴らしいショパンを聴かせてもらって、深い充足感を味わわせてもらいました。

前半のプログラムにも軽く触れておきましょう。

プロコフィエフのピアノ・ソナタ第4番はユニークな演奏でしたが、高次元の演奏でもありました。第1楽章は暗い情念に満ちた演奏ですが、左手で弾かれる低音部のエネルギー感に満ちた響きが支配的です。第2楽章は驚くほど速い入りですが、そのままのペースで弾き切ります。抒情感がないかと言えば、中間部以降の美しいメロディーはしっかりと聴かせてくれるのが不思議です。逞しく生命感に満ちた演奏とも思えます。実にユニークです。もっと驚いたのが第3楽章です。圧倒的な高速演奏です。猛烈な速度でぐんぐん走っていき、息をもつがせぬ凄さです。この楽章は中途半端に弾けば、軽い新古典的な音楽に陥りますが、そういう演奏とは程遠いところにあります。フィナーレではさすがにミスタッチも目立ちますが、それは計算の上の演奏なのでしょう。爆演です。若いころのリヒテルならば、こういう演奏もあったでしょう。リヒテルが残した録音は最晩年のものですから、爆演ではありません。ある意味、なかなか聴けない凄い演奏を聴かせてもらいました。また、10年後くらいに聴かせてもらいたいところです。

ドビュッシーの前奏曲集からの5曲は静かな佇まいを感じさせる3曲(「雪の上の足跡」、「亜麻色の髪の乙女」、「月の光が降り注ぐテラス」)と爆演の2曲(「西風の見たもの」、「花火」)でその対比を楽しませてもらいました。最後の《喜びの島》も爆演かな。見事な爆演でした。ドビュッシーを弾かせたら、この人の右に出るものはいないと思えるワルター・ギーゼキングの歴史的録音で聴く爆演を彷彿とするものでした。静かな雰囲気の演奏も見事でしたよ。

美貌は相変わらずですが、こういう演奏と美貌はなにか釣り合わない感じも否めません。演奏後の凄い拍手にこたえるはにかんだような笑みをどう感じたらいいのか、悩ましいところです。ヴィルトゥオーゾと美女のギャップを不思議に思いながらも大満足の演奏に嬉しくなってのお開きでした。

今日のプログラムは以下のとおりでした。

  ピアノ:アンナ・ヴィニツカヤ

  プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第4番 ハ短調 Op.29
  ドビュッシー:前奏曲集から「雪の上の足跡」、「西風の見たもの」、「亜麻色の髪の乙女」、「月の光が降り注ぐテラス」、「花火」
  ドビュッシー:喜びの島

   《休憩》

  ショパン:24の前奏曲 Op.28

   《アンコール》

  ショパン:12の練習曲 Op.10より 第1番 ハ長調
  ショスタコーヴィチ:『人形の踊り』より 第2曲「ガヴォット」
  ショスタコーヴィチ:『人形の踊り』より 第3曲「ロマンス」


予習についてまとめておきます。

まず、プロコフィエフのピアノ・ソナタ第4番は以下の代表的とも思える4枚のCDでしっかり予習しました。

 マッティ・ラエカリオ(ソナタ全集より) 1990年
 ボリス・ベルマン(ソナタ全集より) 1990, 1991年
 スヴィヤトスラフ・リヒテル 1989年 ロンドン ライブ録音
 イェフィム・ブロンフマン(ソナタ全集より) 1991年

なぜか、これらはすべて1990年頃に録音されたことに驚きます。その頃に流行ったんでしょうか。演奏の精度が一番高いのはラエカリオです。でも、やはり、リヒテルの演奏は聴き逃がせません。まあ、いずれの演奏もすさまじく上手いです。超絶技巧では、今日のヴィニツカヤがその上を行ったんですから、恐ろしい!

次はドビュッシーの前奏曲集ですが、これも定番の3枚を聴きました。

 ワルター・ギーゼキング 1953, 1954年
 アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ (第1巻)1978年 ハンブルク (第2巻)1988年8月 ビーレフェルト
 モニク・アース (第1巻)1962年 (第2巻)1963年 ベルリン、イエス・キリスト教会

前述した通り、ギーゼキングは爆演を織り交ぜた演奏で実に先鋭的です。ミケランジェリはシャープで素晴らしい響き。モニク・アースの「亜麻色の髪の乙女」はうっとりするような美しい演奏。3者3様の名演です。どれを聴いても満足させられます。

最後にショパンの24の前奏曲です。これは今更、予習でもありませんが、鑑賞がてら、次の2枚を聴きました。

 グリゴリー・ソコロフ 2008年 ザルツブルク音楽祭 ライブ録音
 ユリアンナ・アヴデーエワ 2014年

アヴデーエワはショパンが手の内に入ったような魅惑的な演奏。ソコロフはヴィルトゥオーゾらしい圧巻の演奏と感じましたが、今日のヴィニツカヤは優るとも劣らない演奏でした。天下のソコロフと対等以上の演奏をしたヴィニツカヤの将来はどうなるんでしょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ヴィニツカヤ,  

ヴィニツカヤは美貌だけじゃなかった!!衝撃のプロコフィエフ・・・インバル&東京都交響楽団@東京文化会館 2016.9.15

今回はインバルの80歳記念&都響デビュー25年記念のアニバーサリーコンサートの2回目です。既に東京芸術劇場で素晴らしいシューベルトを聴きました。この東京文化会館ではバルトークが聴けるので期待して出かけました。

まずはグリンカの歌劇『ルスランとリュドミラ』序曲です。これって、ムラヴィンスキー&レニングラード・フィルのお得意の曲ですね。予習で聴きましたが、引き締まって、猛スピードの演奏に大変な感銘を受けました。世の中にパーフェクトというものがあるとしたら、こういう演奏のことだと確信させられました。そういう最高レベルの音楽を聴いた上で今日の演奏を聴きました。正直、驚愕しました。これって、ムラヴィンスキー&レニングラード・フィルと甲乙つけがたい演奏じゃないですか。猛スピードでの突進、そして、素晴らしいアンサンブル。引き締まった上に弦の美しさも聴かせてくれます。インバルがこういう指揮をするとはびっくりですが、もちろん、ムラヴィンスキーのことは意識してやっているんでしょう。その指揮に応えた都響のアンサンブル力のレベルの高さには唖然としました。相当にリハーサルを重ねたと見えます。2週間で全く演目の違う3回ものコンサートをこなすのに、よく、こんな高いレベルまで持っていけたものだと舌を巻きます。どんな練習を重ねたのか知りたいものです。たった10分ほどの短い音楽ですが、凄い演奏に絶句しました。

次はプロコフィエフのピアノ協奏曲 第2番です。音楽もさることながら、パンフレットで見るピアニストのアンナ・ヴィニツカヤの凄い美貌に魅了され、本当にそんな美人が登場して、難曲のプロコフィエフを演奏できるのかと興味津々です。やがて、写真通りの美人、それもグラマーな女優のようなピアニストが登場。これは凄いですね。冒頭のピアノ演奏はなんだかぶっきらぼうな感じ、よく言えば無機的な演奏です。でもそれは最初だけの印象でした。第1楽章の実に長大なカデンツァ(カデンツァというよりもピアノ独奏曲?)に入り、そのダイナミックな超絶技巧の大迫力に圧倒されてしまいます。予習したのは超絶技巧では誰にも負けないキーシンの演奏でしたが、実演の迫力あるピアノを聴くとまったく別物に感じられます。オーケストラとも丁々発止で、ピアノとオーケストラが合っているかどうかも俄かに判断できません。それほど両者は思い切った演奏をしています。スリリングを通り越して、未知の領地にはいっているみたい。このプロコフィエフのピアノ協奏曲 第2番がこんなに凄い曲だとはいうことは初めて知った思いです。有名な第3番よりも凄いかも知れませんが、演奏が超難しそうです。ずっと度肝を抜かれて聴いていましたが、第4楽章の抒情を湛えた美しいピアノには、それまでとの落差が大きくて、一気に天上に上り詰める思いを抱かされます。この一筋縄ではいかないような抒情的なメロディーが難しい技巧で繰り返されるたびに音楽の深淵を感じさせられます、やがて、感動的なフィナーレ、いやあ、凄い演奏を聴いてしまったなあ。美貌は期待していましたが、こんな超ど級の音楽を聴くことになるとは想像していませんでした。恐るべし、アンナ・ヴィニツカヤ。翌日の横浜みなとみらいホールでのリサイタルにもかけつけようと決心しましたが、既に遅し。既に後方席しか残っていなかったので、それは断念しました、また、いつか機会があれば、聴かせてもらいましょう。アンコールはチャイコフスキーでした。憧れに満ちた夢見るような演奏に心が和みました。

休憩後、バルトークの管弦楽のための協奏曲です。これは腕に自信のないオーケストラには弾けない曲ですね。バルトークが白血病で病床にいながら、最後の気力を奮って、心血を注いだ最晩年の大傑作です。とても病床にあったとは思えないエネルギーに満ちた音楽・・・生きていく人たちに生きる力をバルトークはプレゼントしてくれました。インバル&都響は実に見事にこの難曲を演奏してくれました。低弦の分厚いハーモニー、そして、高弦の切れのある響きは特に格別でした。インバルが暗譜でオーケストラを自在にドライブしていたのも見事。saraiが青春時代、繰り返しレコードが擦り切れるほど聴いた大好きな曲ですが、心底、堪能しました。日本のオーケストラがここまで演奏してくれて、感無量です。完璧とまではいきませんでしたが、これは名演と言えるでしょう。インバル&都響に感謝したい思いです。

今日のプログラムは以下のとおりでした。

  指揮:エリアフ・インバル
  ピアノ:アンナ・ヴィニツカヤ
  管弦楽:東京都交響楽団

  グリンカ:歌劇『ルスランとリュドミラ』序曲
  プロコフィエフ:ピアノ協奏曲 第2番 ト短調 Op.16
  《アンコール》 チャイコフスキー:四季 Op.37bより4月《松雪草》

   《休憩》

  バルトーク:管弦楽のための協奏曲 Sz.116

今日も、インバルが振るときの都響は素晴らしく充実した演奏を聴かせてくれました。来週のショスタコーヴィチの名曲(交響曲第8番)も楽しみです。デュメイのモーツァルトも期待できそうです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ヴィニツカヤ,
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

お役に立てて、なによりです。我が家では今でもメインのCDプレーヤーとして活躍しています。ただ、最近はCDはいったんリッピングしてHDDに格納し、USBオーディオでオーディ

01/18 15:18 sarai

父からアンプとセットで譲り受けたもののトレイが動かず困っていましたが、
ブログを見て自分で購入・修理することができました。
利益目的でもなくまた素人でも分かる記事

01/18 13:50 hisa

のりしんさん

saraiです。コメントお寄せいただき、ありがとうございました。
同じ追っかけ仲間、今後ともよろしくお願いいたします。
彼女の声は素晴らしいですね。

12/01 12:07 sarai

私も中村さんの追っかけやっております。昨日の演奏も圧倒的でしたね。中村さんの歌を聴いていると、なぜか涙腺が緩んで来ます。

12/01 09:39 のりしん

Steppkeさん

saraiです。ティーレマン信奉者にとって、《あまり好きでない》=《嫌い》に思えてしまうのです。まあ、夜道でうんぬんはいかにティーレマン信奉者でもやりま

11/15 10:39 sarai

sarai さん。
そんな..Thielemann が「嫌い」などと、夜道で後ろから刺されるようなことは言わないで下さい。
別に「嫌い」ということはないですよ。
今年は既に4回も聴

11/15 09:39 Steppke

Steppkeさん

saraiです。最前列で聴いたので、ほとんど弦セクションの音が響きました。それが狙いなので、満足しました。本文にも書きましたが、ウィーン・フィルのブルッ

11/14 13:15 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR