fc2ブログ
 
  

庄司紗矢香、文句なし!・・・ウルバンスキ&NDRエルプフィル@オーチャードホール 2017.3.7

今日は久々に(と言っても4カ月ぶりですが(笑い))庄司紗矢香を聴き、心底、満足しました。彼女のお得意のプロコフィエフですから、素晴らしくても当たり前です。冒頭のゆったりとした演奏では、とても美しくて繊細な響きが耳に心地よく入ってきます。途中、テンポを速めたところでのリズミカルで迫力のある演奏には心躍らされます。このプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第1番の一番よいところは終始、ヴァイオリンのソロが響き続けることです。庄司紗矢香のヴァイオリンの響きをすっかり、堪能しました。指揮者のウルバンスキも心得たもので、オーケストラを伴奏として、控えめに鳴らし、庄司紗矢香のヴァイオリンを引き立てていました。それにうまく合わせていましたし、指揮は申し分ありませんでした。

ところで、今日のプログラムは伝統あるドイツのオーケストラにしては、前半はロシアもの、後半はドヴォルザーク、すなわち、チェコものとは、ある意味、驚きです。ブラームスとかベートーヴェンとかドイツものを何故やらないんでしょう。ヴァントの指揮でブルックナー、ベートーヴェン、ブラームス、シューベルトなどの名演をCDに残してくれていますし、古くはシュミット・イッセルシュテットのブラームスやフルトヴェングラーのブラームスの伝説の名演は忘れられません。そうそう、テンシュテットとのマーラーというのもありましたね。実は2005年の来日演奏では、アラン・ギルバートの指揮で庄司紗矢香とのブラームスのヴァイオリン協奏曲も取り上げています(NHKで放映されたので、saraiの秘蔵映像になっています)。まあ、ドイツもの以外もやるよってことでしょうか。でも、saraiの気のせいか、このオーケストラの持ち味だった渋いドイツ風の響きも聴けなかったような感じもあります。

ということで、後半のドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」ですが、なかなか美しい演奏で気持ちよくは聴けましたが、今一つ、お腹に響いてくるような迫力とか、渋みがありません。これが先ほどから書いているドイツ風の重心の低い響きが不足しているということにつながります。北ドイツ放送交響楽団という看板がなければ、素晴らしい演奏と褒め称えたいところですが、やはり、伝統の力に期待してしまいますからね。今度はドイツものでsaraiの懸念を払拭してもらいましょう。

とは言っても、今日のお目当ては庄司紗矢香のヴァイオリンを聴くことですから、十分に満足しました。コンサート自体、2月は1回も聴かなかったので、実演に触れて、音楽の楽しさを再認識しました。また、ぼちぼち、コンサートに通いましょう。

今日のプログラムは以下です。

  指揮:クシシュトフ・ウルバンスキ
  ヴァイオリン:庄司紗矢香
  管弦楽:NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団(ハンブルク北ドイツ放送交響楽団)


  グリンカ:歌劇『ルスランとリュドミラ』 序曲
  プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ニ長調 Op.19
       《アンコール》バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番イ短調 BWV1003より、第3楽章《アンダンテ》かな?

   《休憩》

  ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 Op.95 「新世界より」

   《アンコール》

  ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第1集 Op.46より、第8番ト短調

庄司紗矢香がアンコールで弾いたバッハの無伴奏ソナタですが、やはり心のこもった素晴らしい演奏でした。このところ、彼女はバッハに取りつかれているようです。また、昨年のような無伴奏のリサイタルを期待しています。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       庄司紗矢香,  

庄司紗矢香、意欲的なデュティユー・・・東京都交響楽団@サントリーホール 2016.11.19

今日の大野和士の音楽への取り組みは評価できるポイントとそうでないポイントのいずれもがあった印象です。まず、評価できたポイントは今日のこのプログラムの素晴らしさです。《ペレアスとメリザンド》にかかわる2つの作品でデュティユーのヴァイオリン協奏曲をはさみこむという離れ業のようなプログラムは大野和士の知的な音楽センスなしには考えられません。さらなるポイントは演奏面での知的なアプローチです。よく考え抜かれた作品解釈であるという印象でした。その解釈に基づいたオーケストラの統率力も見事なものでした。しかし、その結果とした生み出された音楽の内容にはsaraiはいささか納得できません。フォーレの組曲《ペレアスとメリザンド》の出だしは抑えた見事な表現でおっと驚かされましたが、その後のフォルテがいけません。鳴らせ過ぎで音が濁り、うるさい感じ。どうして、ここまで鳴らす必要があるのか、不思議です。ただ、それを除くととても上品な音楽表現で全体としては素晴らしい音楽でした。次のデュティユーのヴァイオリン協奏曲については後にして、最後のシェーンベルクの交響詩《ペレアスとメリザンド》について触れましょう。これは一言で言えば、ただただ力み過ぎとしか言えません。大野和士によれば、この曲は明らかにワーグナーの《トリスタンとイゾルテ》に影響を受けているとのこと。そのせいか、どうにもうるさく鳴らせ過ぎとしか思えません。もっと静かに後期ロマン派の美しい響きを聴かせてほしかったところです。実際、予習で聴いたブーレーズ&グスターフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団は素晴らしい演奏でした。もっとも同じブーレーズが指揮したシカゴ交響楽団はもう一つの演奏でしたから、この曲はなかなかの難曲ではありますね。

で、いよいよ本題のデュティユーのヴァイオリン協奏曲です。演奏のよしあしは別にして、とても惹き付けられて聴き入った演奏ではありました。まず、この曲の素晴らしさ・・・無調をベースにして、熱情の込められた音楽です。というと、まるでベルクの音楽を連想してしまいます。新ウィーン楽派の流れを継ぐ音楽にフランス音楽のエッセンスを加えたという具合に感じられます。この曲を充実著しい庄司紗矢香がどう演奏するかが期待されました。で、結果ですが、彼女の真っ正面からの真摯な取り組みは新鮮な音楽となって、とても魅了されました。が、一方、彼女ならば、もっと踏み込んで、熱い演奏ができたのではないかという残念さも残りました。少し、この曲の取り組みが足りなかったようです。是非、もう一度チャレンジしてほしいと感じました。もうひとつ感じたのはもっと自由奔放に弾きまくってほしかったという思いです。指揮の大野和士のアンサンブルに取り込まれ過ぎていた印象があるんです。たしかにオーケストラとのアンサンブルはよかったのですが、そうではなくて、ヴァイオリニストの庄司紗矢香が感じるままに弾き、それを大野和士と都響がサポートするという音楽が聴きたかったんです。明らかにこの演奏を支配していたのは指揮者でした。そういう音楽もあるのでしょうが、やはり、ソリストと指揮者、オーケストラの真剣勝負が聴きたいんです。特に庄司紗矢香はそういうことを期待するレベルの音楽家ですからね。満足と不満足がミックスされた演奏でした。アドレナリンが出まくった演奏ではあったんです。ものすごく集中して聴いたという意味では素晴らしい音楽ではありました。

今日のプログラムは以下のとおりでした。

  指揮:大野和士
  ヴァイオリン:庄司紗矢香
  管弦楽:東京都交響楽団

  フォーレ:組曲《ペレアスとメリザンド》 Op.80
  デュティユー:ヴァイオリン協奏曲《夢の樹》

   《休憩》

  シェーンベルク:交響詩《ペレアスとメリザンド》Op.5

予習したデュティユーのヴァイオリン協奏曲《夢の樹》は以下のものです。

 ルノー・カプソン、チョン・ミュンフン、フランス国立放送局管弦楽団
 アモイヤル、デュトワ、フランス国立管弦楽団

特にアモイヤルとデュトワのCDが素晴らしい演奏を聴かせてくれました。庄司紗矢香もこのレベルで聴きたいものです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       庄司紗矢香,  

気迫の演奏!!庄司紗矢香:無伴奏ヴァイオリン・リサイタル@紀尾井ホール 2016.6.7

庄司紗矢香の無伴奏ヴァイオリン・リサイタルを今日もまた聴きます。saraiが聴くのは2回目ですが、今日の公演は国内ツアーの8回目にして、最終公演です。最後が東京公演で締めということで、庄司紗矢香も気合の入れ方が尋常ではありません。それは彼女の表情からも窺い知れます。終始、しかめっ面での演奏です。いつもはふんわりとした柔らかい表情での演奏が多いのですが、よほどの気持ちの入れ方なんでしょう。そのため、実に気迫のこもった演奏が続きます。ただ、少し、肩に力が入り過ぎなのか、前回聴いたときよりもヴァイオリンの響きがもうひとつに感じます。音色のピュアーさも欠ける印象です。
最初の曲、バッハの《幻想曲とフーガ》は前回のような朗々とした響きはありませんが、厳しい演奏で、それはそれで素晴らしいです。
次のバルトークの無伴奏ヴァイオリン・ソナタは第1楽章の冒頭は音程に安定感がありません。心配して聴いていると、徐々に安定感を増して、第3楽章は弱音の美しい音色に聴き惚れます。第4楽章も素晴らしい演奏。ただ、響きも含めた全体の演奏は明らかに前回が素晴らしい演奏でした。

休憩後、後半は見事な演奏でした。細川俊夫の新作は前回聴いた曲と同じ曲とは思えないほどの気迫の演奏。鬼気迫るものがあります。作曲家自身はシャーマニズムを念頭に置いて、庄司紗矢香をシャーマン(巫女)に見立てたとのことですが、前回と異なり、まさに庄司紗矢香は巫女が乗り移ったかのごとき演奏です。現代日本の天才音楽家二人が見事な音楽を作り上げてくれました。大変な感銘を受けました。
最後のバッハの無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番は前回同様、素晴らしい演奏。聴き惚れました。ただ、気迫が優り過ぎて、少し前のめりの感はあります。前回聴いたときのような愉悦感は欠けたかもしれません。まあ、それは贅沢過ぎる感想でしょう。十分に素晴らしい演奏でした。

今日のプログラムは以下です。

  J.S.バッハ:幻想曲とフーガ ト短調 BWV542(ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ編)
  バルトーク:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ Sz.117

   《休憩》

  細川俊夫:ヴァイオリン独奏のための「エクスタシス」・・・新作(2016)《庄司紗矢香委嘱作品・日本初演》
  J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番 ニ短調 BWV1004

前回、川口リリアホールで聴いたときと感想記事はここです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       庄司紗矢香,  

尖がったバルトーク、最高!!庄司紗矢香@川口リリアホール 2016.5.27

庄司紗矢香の初の無伴奏ヴァイオリン・リサイタルです。そして、期待を裏切ることのない素晴らしいリサイタルにsaraiは嬉しいばかりでした。バッハとバルトーク、200年以上の隔たりはありますが、無伴奏ヴァイオリンの頂上に君臨する名作です。それが敬愛する庄司紗矢香のヴァイオリンで聴けるのですから、1年間期待して待ち続けてきたリサイタルです。さらに庄司紗矢香のために書かれた細川俊夫の新作まで聴けるのですから、期待するなというのが無理です。ただ、心配だったのは、これほどの作品を彼女が弾き切るだけの体力があるのかということです。バッハもバルトークも緊張感を持続して演奏することを演奏家に強いる作品です。そう言えば、バルトークの無伴奏ヴァイオリン・ソナタが初演された1944年のユーディ・メニューヒンのリサイタルでもバッハが弾かれたそうです。もちろん、そのことを意識した庄司紗矢香のプログラムなんでしょう。さらに細川俊夫の新作の初演まで絡めるとは実にチャレンジャブルなプログラムではありませんか。

今日のプログラムは以下です。

  J.S.バッハ:幻想曲とフーガ ト短調 BWV542(ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ編)
  バルトーク:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ Sz.117

   《休憩》

  細川俊夫:ヴァイオリン独奏のための「エクスタシス」・・・新作(2016)《庄司紗矢香委嘱作品・世界初演》
  J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番 ニ短調 BWV1004

会場は初遠征の川口リリアホール。川口駅のすぐ駅前にありました。横浜からは東京・上野ラインで赤羽まで直通で行け、京浜東北線でその赤羽の隣の駅が川口です。
今日のチケットは早々に完売したそうです。少し小ぶりな音楽ホールはもちろん満席です。saraiはこの日のチケットを入手するために川口リリアホールの会員になり、優先販売のチケットを入手しました。

開演時刻になり、静まり返るホールのステージに庄司紗矢香が登場。新しい赤い水玉のスカートのドレスで気合十分なようです。

最初はバッハの幻想曲とフーガ。原曲はオルガン独奏曲。バッハの傑作のひとつです。この曲ほどオルガンの特性が活かされた曲もないと感じるので、ヴァイオリン独奏ではスケール感が出ないだろうと危惧していましたが、さにあらず。庄司紗矢香の朗々と響き渡るヴォリューム感のあるヴァイオリンの演奏は見事の一言。前半の幻想曲は自在な演奏でありながら、どっしりと安定感もあります。これって、ヴァイオリン独奏のために書かれた曲なのかと錯覚するような演奏です。後半のフーガはさらに素晴らしい演奏。フーガの様式感を完全に手の内に収めた見事な演奏です。ともかく庄司紗矢香の美しいヴァイオリンの音色に唖然としました。とてもよく響きました。

次はいよいよ、バルトークの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ。saraiの予想では、バルトークを古典のようにリリックに演奏するのではないかと思っていました。しかし、最初の1小節でそれは間違いだと思い知らされます。72年前の作曲された時点に遡ったような前衛的で攻撃的な演奏です。尖がった演奏で丸まったところは微塵もありません。素晴らしい音色とテクニックでバルトークの音楽の本質を突いてきます。そうです・・・バルトークはこうでなくっちゃね。この作品はバルトークがナチスの手から逃れてアメリカで亡命生活を強いられ、白血病で闘っていた頃、大ヴァイオリニストのユーディ・メニューヒンが委嘱したものです。当初はヴァイオリン協奏曲を委嘱したかったようですが、バルトークの病状を見て、もう少し軽い作品ということで無伴奏ソナタを委嘱したようです。軽い・・・とんでもないです。バルトークは不屈の魂で燃えるような作品を作り上げました。バルトークは病にも逆境にも負けずに最後まで前衛的な作曲家でありつづけました。そういう作曲経緯を知っていれば、この無伴奏ヴァイオリン・ソナタを古典的な演奏で流すことなどはできる筈がありません。庄司紗矢香の芸術家魂を改めて感じました。外面は美しく、そして内面は燃えるような素晴らしい演奏でした。72年の時を超えてつながった二人の芸術家の心にsaraiの心も熱くなりました。
予習は以下の5枚のCDを聴きました。

 ユーディ・メニューヒン3枚 1947年、1957年、1974年
 イザベル・ファウスト
 ヴィクトリア・ムローヴァ

ファウストは彼女のデビュー盤です。古典的とも思える演奏でなかなか聴き応えがあります。庄司紗矢香もこの路線かと思いましたが、違いましたね。メニューヒンは魂の演奏とでも言いましょうか、とても突っ込んだ演奏です。聴くほうも辛くなるような演奏です。それでも年を経るうちに少しずつ角がとれてきて、最後の1974年が一番聴きやすい感じです。ムローヴァは基本的にはメニューヒン路線ですが、かなり、マイルドではあります。正統派のムローヴァか、古典演奏路線のファウストか、どちらかが良さそうに思いました。しかし、庄司紗矢香の演奏はメニューヒンの最初の1947年が一番近い感じです。きっと、1944年の初演の演奏を目指したんじゃないでしょうか。今日の庄司紗矢香の演奏を聴いて、saraiは猛烈に反省しました。芸術家への敬意に欠けていたようです。もっとメニューヒンの本質的な演奏に耳を傾けてみましょう。

休憩後は細川俊夫の新作です。おろそかに感想は書けません。なかなかの力作で美しさと力を兼ね備えた作品で庄司紗矢香の演奏も見事です。作曲家自身はシャーマニズムを念頭に置いて、庄司紗矢香をシャーマン(巫女)に見立てたとのことですが、庄司紗矢香の演奏は巫女のような演奏ではなく、現代に生きる音楽家そのものに思えます。そのギャップをどう埋めていくか、庄司紗矢香の演奏はまだ発展途上のようです。saraiは再度、聴く予定があるので、そのときにもう一度、この作品と演奏について考えてみたいと思います。

最後はバッハの無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番です。名曲中の名曲。庄司紗矢香のヴァイオリンは愉悦に満ちたバッハの世界を美しく演奏していきます。何も言うことのない演奏。ただただ、満足して、うっとりと聴き入ります。庄司紗矢香がこういうバッハを演奏してくれることにsaraiは嬉しく思うばかりです。最後のシャコンヌでsaraiの意識は宇宙に飛ばされた感じ。あまりの満足感でふーっと意識が朧げになっただけですが、それも致し方ないような美しい演奏です。バッハと庄司紗矢香でsaraiは幸福感でいっぱいになって、それがすべて。今度はバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータの全曲演奏会を是非、実現させてください→庄司紗矢香様!

10日後にもう一度、同じプログラムを聴く予定です。楽しみです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       庄司紗矢香,  

庄司紗矢香のパーフェクトな響き《ブリテン:ヴァイオリン協奏曲》・・・インキネン&日本フィル@サントリーホール 2016.4.22

今日はあまりよい席が取れず、1階席の後方席でステージが遠くて、庄司紗矢香の繊細なヴァイオリンの響きが聴き取れるか、不安でしたが、それは危惧に終わりました。素晴らしい響きが強音はもちろん弱音まで空間に沁み渡ります。特に超高音(ハーモニクスでしょうか)の素晴らしいこと。もちろん、ブリテンの音楽の表現も実に繊細極まりないものでしたが、ヴァイオリンという楽器の持つ響きの美しさだけ取っても、今日の庄司紗矢香の演奏はパーフェクトです。このところ、彼女の演奏でまったくはずれがないのに驚かされます。何という芸術的な高みに達したのでしょう。

ブリテンのヴァイオリン協奏曲って、このコンサートのチラシを見るまでは存在すら知りませんでした。このコンサートに向けて、以下の2枚のCDで予習しました。

 ヴェンゲロフ、ロストロポーヴィチ指揮ロンドン交響楽団
 ツィマーマン、ホーネック指揮スウェーデン放送交響楽団

何故、もっと演奏されないのか、不思議に思うほど、素晴らしい音楽です。ブリテンが若干25歳でこんなに成熟した音楽を作っていたとは驚きです。CDはいずれもよい演奏です。ヴェンゲロフは完璧と思えるような素晴らしい響きの演奏。一方、ツィマーマンは音楽表現の素晴らしさに魅了されます。特に第3楽章のパッサカリアの瑞々しく、哀感に満ちた音楽にはとても惹きつけられます。

今日の庄司紗矢香は楽譜を置いての演奏だったので、彼女自身もそれほど弾き込んだ曲ではなさそうですが、とてもライブとは思えない完成度の高い演奏です。第1楽章の美しい響きの主題でぐっと心惹かれてしまいます。日本フィルとの駆け合いも見事なものです。圧巻だったのは第2楽章のカデンツァ。響きも音楽表現も最高です。そして、第3楽章のパッサカリア。庄司紗矢香の高いレベルの演奏に呼応するようにインキネンの指揮する日本フィルも美しい響きを聴かせてくれます。この長い楽章は次第に心が高揚していきます。ショスタコーヴィチの音楽に似たようで似ていないブリテンのクールな哀愁の音楽を心に焼き付けてくれるような素晴らしい音楽が展開され、しみじみとした哀感のなか、音楽が消えていきます。しばしの静寂に包まれた後、大きな拍手で我に返りました。また、聴いてみたい音楽です。ブリテンの作品も最近は取り上げられることも多くなったような気がします。saraiも少し、ブリテンの音楽を聴いてみようと思わせられました。庄司紗矢香は素敵な音楽をプレゼントしてくれたようです。

庄司紗矢香のアンコール曲は哀愁を帯びたハンガリーの音楽のように思えましたが、実際はスペイン内戦時の軍歌だったようです。本当に庄司紗矢香のアンコールは凝っていて、いつも楽しませてくれます。彼女もアンコール曲の発掘で楽しんでいるんでしょう。一体、どこから探してくるんでしょうね。

休憩後、ホルストの組曲『惑星』です。ポピュラーな名曲ですが、実はsaraiは全曲を生で聴くのは多分、初めてです。以下のCDで予習しました。

 マリナー指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
 ガーディナー指揮フィルハーモニア管弦楽団

いずれも素晴らしい演奏ですが、特にガーディナーのCDは本命盤と言われているほど、完成度の高い演奏。

今日のインキネン指揮の演奏はダイナミックで強烈な演奏。やはり、第4曲の木星の中間部は美しいですね。平原綾香が歌いたくなったのも分かります。これこそブリティッシュ音楽の真髄という感じです。最後の海王星は女声合唱の姿が見えないのが不思議でしたが、バックステージで歌うものなんでしょうか。確かにちょうどよい音量で合唱が聴こえていたので、そういうものなんですね。満足の演奏ではありました。

今日のプログラムは以下のとおりでした。

  指揮:ピエタリ・インキネン
  ヴァイオリン:庄司紗矢香
  管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団

  ブリテン:ヴァイオリン協奏曲
   《アンコール》スペイン内戦時軍歌:アヴィレスへの道

   《休憩》

  ホルスト:組曲『惑星』

庄司紗矢香は次に5月末に無伴奏のリサイタルを聴く予定です。きっと素晴らしい演奏を聴かせてくれるでしょう。確信しています。とても楽しみです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       庄司紗矢香,
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR