FC2ブログ
 
  

中世の街ローテンブルク:ローテンブルク駅のコインロッカーって・・・

2011年4月18日月曜日@ニュルンベルク~ローテンブルク~ヴュルツブルク/7回目

ニュルンベルク中央駅Nürnberg HBFはなかなか大きく立派ですね。

今日はバイエルンチケットを購入します。バイエルンチケットは実に便利なチケットで2等席なら、バイエルンの中を1日乗り放題。しかも1枚のバイエルンチケットで2人とも乗ることができます。今日はこの格安チケットでローテンブルクRothenburg ob der Tauberを経てヴュルツブルクWürzburgまで行きます。ローテンブルク、ヴュルツブルクと言えば、ドイツ・ロマンチック街道を代表する街ですね。


6xXUtX5yoT2df1.jpg



これが購入したバイエルンチケット。29ユーロです。


2011092601.jpg



エレベーターは各ホームの一番端っこに設置されているので、少し歩かされますが、エレベーターがあるだけでも有り難いです。楽して22番線のホームに出られます。


jM3uCq6_Hv4ec1.jpg



定刻に13時21分発のアンスバッハANSBACH行きの列車が入ってきます。ローテンブルクへは2回乗り換えして行くことになります。バイエルンチケットですから2等車にしか乗れませんが、そもそもローカル線なので1等車は付いていません。もうすっかり見慣れたバイエルンの景色の中を50分ほど走り、乗換駅アンスバッハに到着。


sLHnTyvBjwe3a6.jpg



乗り換え時間は7分。到着したホームの反対側に電車がいますが、saraiの情報では乗り換えホームは隣のホームのはずですからこの電車ではありません。急いで移動しなければいけません。もちろんエレベーターなどはありません。荷物をガッと持ち上げて階段を降りようとすると、なんと階段横に小さな荷物運搬用のベルトコンベアーが付いているではありませんか! これこれ、これですよ。どこでもこれを付けてくれるといいのにね。saraiはさっさと楽ちんで降りて行きます。配偶者もこのベルトコンベアーに荷物を乗せようとしていると若い駅員さんが通りかかり乗せてくれます。しかし、このベルトコンベアーが結構速いんです。配偶者がキャーと可愛い声を出すと、若い駅員さんが下まで運んでくれます。感謝です! ところが、悲しいことに隣のホームへ上がるベルトコンベアーは壊れています。結局ヒーヒー言いながら持って上がります。なんとか無事ホームに到着しホッとしていると、おばさんの駅員さんが、どこに行くの?と聞いてきます。次の乗換駅シュタイナッハSteinachを告げると、その電車はあれよ!と、さっき着いたホームの反対側に停まっていた電車を指さします。エェェェ! 配偶者がsaraiに勘弁してよって言いますが、それはsaraiとて同じです。またまた、元のホームに移動します。いつ出発してしまうか分からない(こちらはベルもアナウンスもないですからね)ので、必死で荷物を持って階段を下りて上って、無事乗車します。まもなく列車は出発です。すぐに車掌さんが検札に来ます。お互い顔を見るなり、大爆笑です。その車掌さんは、さっき配偶者の荷物をベルトコンベアーで運んでくれた人です。


An7R9Gl2sIe641.jpg



20分ほどで次の乗り換えです。ここの乗り換え時間は4分。同じ失敗は許されません。いよいよ、乗換駅シュタイナッハに到着です。


37zb2cbfnx7fc1.jpg



乗換駅シュタイナッハに着くと、同じ乗り換えの人がそれなりにいて心配するほどのことはありません。ここは、上りも下りもベルトコンベアーは動いていません・・・(あるのに!)。
この電車でようやくローテンブルクに向かえます。途中の沿線では、やたらソーラーパネルの家や倉庫?が目立ちます。日照時間が長いのでしょうか。


FovT0U1JPx8140.jpg



結果的には無事に2回の乗り換えをこなし、トータル1時間半ほどでローテンブルクに到着です。

ニュルンベルクからローテンブルクまでの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。


2011092602.jpg



荷物をコインロッカーに預けて、街をうろつきましょう。
コインロッカーは降りた電車の目の前にあり、そこそこ空いています。狭いロッカーに何とか荷物を押し込もうとしていると、親切なおばさんからそのロッカーは使えないよというアドバイス。使えるのはここだよと指差しているのは最上段のロッカーです。そんなところにはとても荷物を持ち上げられないし、どうしてそこしか使えないのかがよく分かりません。怪訝な顔をしていると、おばさんは英語のしゃべれる人を連れてきて説明してくれます。それでも状況はよく分かりません。おばさんがいなくなったのを見計らって、隣のロッカーに移動して空いている所に荷物を押し込み、コインを入れてロックしようとしましたが、入れたコインがそのまま出てきてしまいます。ああ、こういうことだったのね。故障しているロッカーのことをおばさんは知っているのでしょう。ことここに至り、観念しておばさんが教えてくれた最上段のロッカーに、2人力を合わせて荷物を押し上げます。


Mdda5tv9ge674a.jpg



ところが、今度はコインを入れても、どう回してもキーが回らず、キーが抜けません。


v0NnsHWdpdb546.jpg



そこへ、またまたおばさん登場。おばさんが、がちゃがちゃとやった挙句にロッカーをど~んと叩くと、なんとコインが落ちる音が・・・。コインが投入口の中で詰まっていたんですね。そして、おばさんはおもむろに抜いたキーを渡してくれます。このおばさんのお蔭で、故障だらけのコインロッカーを何とか利用することができたんです。でも、このおばさんは一体何者なんでしょう。

さあ、街に出かけましょう。ローテンブルクの旧市街地は駅から歩いて10分もかかりません。まず、駅前のバーンホフ通りBahnhofstraßeを左の方に進みます。


JfhCIPYy2U7ada.jpg



その後、右折して、アンスバッハー通りAnsbacher Straßeをまっすぐに歩くと、えらく古びた小さな城門が見えてきます。


FqRbhWyFG25239.jpg



これがレーダー門Rödertorです。


aV4Lcs4rOq5eda.jpg



なんと情けない門なのだろうと思っていると、それは外側の城門で内側には立派なレーダー門とそれに続く城壁があります。


QG73ZeAky611c7.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2011092603.jpg



さあ、この城門をくぐって、ローテンブルクの旧市街地にはいりましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

中世の街ローテンブルク:旧市街の街並み

2011年4月18日月曜日@ニュルンベルク~ローテンブルク~ヴュルツブルク/8回目

いよいよ城門を通って、ローテンブルクRothenburgの旧市街地にはいります。
レーダー門Rödertorは車道とは別に両脇に歩道があります。右側の歩道のアーチをくぐります。


qsSypiFfhm4a13.jpg



すると、城壁を抜ける歩道のアーチが正面に見えます。


PIYBRaZb0m596b.jpg



城壁の前には緑地が広がり、街の人たちの憩いの公園になっているようです。


tQtzypF5mj4eab.jpg



城壁のアーチに近づきます。いよいよローテンブルクの旧市街にはいります。


np6tQVOQlS1360.jpg



旧市街の街並みです。このレーダーガッセRödergasseの通りをまっすぐ進んでみましょう。


3Vhp_M6PJb8024.jpg



通りの先にレーダーアーチRöderbogen/マルクス塔Markusturmが見えてきます。


LWIpwoe43g6695.jpg



旧市街地の色とりどりの家々が印象的です。
レーダーアーチとマルクス塔の間近までやってきます。


eB_wAuB6Vdd922.jpg



レーダーアーチを抜けて振り返りますが、表も裏もほとんど同じです。


czfdwvvpumb9d1.jpg



この先の通りはオープンテラスのカフェが並ぶ賑やかな通りです。これでこそ、ロマンチック街道を代表する観光地ですね。


4tjQHKViqU7648.jpg



街の中心のマルクト広場Marktplatzに到着。正面にルネサンス様式の立派な市庁舎Rothenburg Rathausが目にはいります。


g3IvQweeJ79872.jpg



これが広場の全景です。この広場を囲む建物もカラフルです。


rTFiuxhLtx44b5.jpg



特に右側に並ぶ三角形の建物の色合いが鮮やかです。


GyW_iqvjcq1334.jpg



一番奥の正面の建物が市議宴会館Ratstrinkstubeです。この3階にある仕掛け時計も有名だそうですが、この手のものは苦手なのでパスします。大きな杯でワインを飲み干す「マイスタートゥルンクMeistertrunk」という人形が出てくるそうです。


q0bRc_dddL78e3.jpg



以上がマルクト広場の全貌です。

ここまでの散策のルートを地図で確認しておきましょう。


2011092604.jpg



ところで、このマルクト広場に来る途中のマルクス搭やレーダーアーチがこの街の一番の売りだそうですが、今一つピンときません。昨日と今朝見て回ったニュルンベルクのほうが、規模も雰囲気もすべて立派に思えます。

それはそれとして、このマルクト広場はなかなか立派でようやくローテンブルクに来たという実感です。この広場をひとしきり眺めて、市議宴会館の1階にあるツーリスト・インフォメーションで市内マップをゲットです。さすがに日本人観光客に人気のある街だけあって、日本語版マップがあります。


hxUmPIhBB9cb5f.jpg



このマップも参考にここからローテンブルク散策を楽しみます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

中世の街ローテンブルク:ブルク公園とタウバー渓谷の眺め

2011年4月18日月曜日@ニュルンベルク~ローテンブルク~ヴュルツブルク/9回目

ローテンブルクRothenburgの散策を、再びマルクト広場Marktplatzから開始します。

この広場からヘレンガッセHerrngasseをまっすぐ進み、街の反対側の城門ブルク門Burgtorに到着。門というより、塔ですね。


Rm2tD2alok066d.jpg



この門のアーチを抜けると、城壁の外に出られます。旧市街に入ってきたレーダー門のちょうど反対側の城壁です。


7CKKfna9Pdb907.jpg



そこは緑豊かなブルク公園Burggartenです。ここは昔の城跡だそうです。ここからは眺めがよく、湾曲した城壁に囲まれたローテンブルクの街とその街の築かれた丘のずっと下の方のタウバー渓谷Taubertalが見えます。ここで眺めを楽しみながら、ゆっくりしましょう。


hCxYoWxiqk5318.jpg



タウバー渓谷は緑に覆われ、民家が点在しており、大変魅力的です。谷まで下りていきたいところですが、ずい分下まで下りないといけないようなので、無理ですね。


JDZ4090Mn_b06f.jpg



このブルク公園自体が美しい公園なので、これで十分でしょう。


MD14qIYfm40c80.jpg



元気の出たところで、城壁の端の城門シュピタール門Spitalbasteiを目指して歩きます。城壁に沿ったブルクガッセBurggasseを歩き、タウバー渓谷の景観も楽しみます。


dg2E01F2FC468e.jpg



素晴しい景観が続きます。


_jpWuQyy4ba7da.jpg



やがて道は城壁沿いから離れ、街中に入っていきます。見えてきた建物は中世犯罪博物館Mittelalterliches Kriminal museumです。中世の拷問道具を展示しているそうですが、ウィーンでも見せられましたが好みではありません。素通りしましょう。


Ft04EuSgSLc648.jpg



シュミードガッセSchmiedgasseの通りにぶつかったところで右に曲がってシュピタール門のほうに向かいます。
途中のお菓子屋さんで、配偶者がここの名物のお菓子シュネーバルを購入し、食べながら歩きます。なかなか美味しいお菓子です。


CdAw5EFDUkb426.jpg



通りの正面にはジーバーの塔Siebersturmが見えてきます。このジーバーの塔は城門のひとつで1385年頃に建設されたとても古いものです。この先にシュピタール門があります。


ug3x6BHktaa43c.jpg



ジーバーの塔が近くなってきます。ここでシュミードガッセの通りは2つに分かれています。ここはプレーンラインPlönleinと呼ばれています。右はタウバー渓谷に向かうコロボルツェラー門Kobolzeller Torに続いています。分かれ道に小さな可愛い3角形の広場がありますが、これがプレーンライン(ラテン語で「小さな場所」)の名前の由来だそうです。
saraiは別れ道を左に進み、ジーバーの塔に向かいます。


b1DLPTql21c7ea.jpg



ジーバーの塔Siebersturmに到着。この塔の先は南の郊外に達します。


06DzBYRznpf2c9.jpg



塔の先に続くシュピタール通りSpitalgasseを進むとシュピタール門があります。シュピタール門Spitalbasteiは正確に言うと、2つの空濠と7つの門を持つ城塞です。本当はそこまで歩くつもりだったんですが、ここから城壁に上って、引き返すことにしました。何故かと言うと、まあ、疲れてはいましたし、そんなに時間もなかったんですが、実はsaraiがジーバーの塔のことをシュピタール門と誤認してしまったからなんです。反省!! そんなに城門がいくつもあるなんて、聞いていませんでしたから・・・。

ここまでの散策のルートを地図で確認しておきましょう。


2011092701.jpg



この後、城壁の上にあがろうとして苦労することになるんです。それもシュピタール門を誤認したせいかも・・・。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

中世の街ローテンブルク:城壁の上を散策

2011年4月18日月曜日@ニュルンベルク~ローテンブルク~ヴュルツブルク/10回目

ジーバーの塔Siebersturmの辺りで城壁の上に上ろうとしますが、なかなか上り口が見つかりません。城壁の上を歩いている人の行く先を見定め、上がり口を推察します。その結果ようやく、ジーバーの塔からの城壁が左に続く辺りに城壁を抜ける切り通しを発見。


EwnfgPy0kyb689.jpg



その切り通しの先に、城壁の間の通路が続きます。


yYwrhIFQQ7117f.jpg



その先でいったん城壁の外側に出ます。


Fjh9M9K2537241.jpg



ここで抜けてきた切り通しを覗くと、城壁内から上ってきた坂道が見えています。


HhH8CSNIl_4a88.jpg



城壁の外側に、遂に城壁の上に上る石段を発見。よかった!


WlBvYCNzRice3e.jpg



城壁の上に上ると、城壁の内側に木組みの板の通路が続いています。苦労して城壁に上ったので、街を高みから見ながら散策しましょう。


63Gz5_Cn0ke48f.jpg



城壁のところどころには壁眼があり、城壁外の草原が見えます。ここから攻めてくる敵の動静を探り、応戦したのでしょう。


2B4yyakulX7108.jpg



城壁の上からは旧市街の家並みが見渡せます。


IMNokiJsPpb74b.jpg



城壁の壁面には、この城壁の改修に寄付した人達の名前が刻まれています。このあたりの城壁は1945年3月31日の壊滅的な空襲で破壊されたそうです。再建には20年の年月を要したそうです。

寄付銘板に日本人の名前が多いことに驚きます。日本との結び付きが強いんですね。こういう日本の企業の名前もありました。


FpLe6a6OB4989e.jpg



城壁の上をレーダー門Rödertorの方に向かいます。相変わらず、家々の屋根の眺めも美しいです。


kC6YniB5Cm30a7.jpg



もう、レーダー門も近くなりました。城壁はその先も延々と続きますが、この辺りで下に下りましょう。


nLXyO1VL9R640a.jpg



この石段を下ります。


lGokqKo8ddf8d7.jpg



これが今下りてきた石段です。


P3_VlXUJpY03b2.jpg



城壁から下りてきたところは、街に入ってきたレーダー門辺りです。
レーダー門からいったん城壁の外に出てみましょう。


Rxl6HYNW596553.jpg



城壁の外は綺麗な緑の公園なので、その辺りで一服します。


p5wzpx6Kccf7bb.jpg



ここまでの散策のルートを地図で確認しておきましょう。


2011092801.jpg



電車の時間まではもう少しあるので、再び城壁の中に入って、お店のショーウィンドウでも眺めてみましょう。
これはおもちゃ屋さんのショーウィンドウです。


WU0UkChwq73922.jpg



レーダーアーチRöderbogenの辺りまで行きましたが、お土産屋さん以外に面白そうなお店もないので、引き返すことに・・・。
途中で、saraiの大好きなアイスクリーム屋さんを発見。とっても美味しそうなので、配偶者に買ってもらい食べながら駅に向かいます。


p5iOOqKC52312f.jpg



来た時の道をそのまま戻り、ローテンブルク・オプ・デア・タウバー駅Rothenburg ob der Tauber Hbfに到着。


ve5nXqRPNye99b.jpg



例のコインロッカーからは、何事もなかったようにさっと荷物を取り出すことができます。


QPhslGERJc3503.jpg



大きな荷物を持ってプラットホームに上りますが、この駅の荷物用のベルトコンベアは正常に稼働しており助かります。


SWd9aZgmQsd572.jpg



また、バイエルンチケットを利用して、ヴュルツブルクWürzburgに向かいましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR