FC2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:アルマ・マーラーの娘マノンのお墓の前でベルクのヴァイオリン協奏曲

2013年6月8日土曜日@ウィーン/1回目

旅の9日目です。

今日はウィーンWienの7日目になります。

今日は朝から見事に気持ちよく晴れています。晴れたのはいいのですが、快晴で暑いくらいの日差しです。

今日はオペラ仲間、すなわちクラオタ(クラシックオタク)が日本からウィーンに集結しているので、皆でランチをしようということになっています。集合場所のオーストリア料理レストランがマーラーのお墓のあるグリンツィング墓地に近いので、お墓参りをしてからそのレストランに向かうことにします。もっとも今回はマーラーのお墓というよりも、マーラーの妻アルマの娘マノン(マーラーの娘ではなく、マーラーの死後、アルマが再婚したグロピウス(ドイツの大建築家)の子供)のお墓参りが目的です。マノンは作曲家アルバン・ベルクに可愛がられていましたが、若くして亡くなりました。ベルクの遺作のヴァイオリン協奏曲は、マノンの死を悼んで捧げられたものです。マノンのお墓の前でその曲を聴くために愛用のIPODを持参しています。

ホテルからトラムを乗り継いで、最後は38系統のトラムに乗り最寄りの停留所アン・デン・ランゲン・リュッセンAn den langen Lüssenまで行きます。停留所でトラムを降りると、すぐにグリンツィング墓地Friedhof Grinzingの道案内の道標が目にはいります。


jhwWTspLGD63f5.jpg



大通りから左手の道に入ると、墓地までの緩やかな登り坂が続いています。


l6QTXHab51dc46.jpg



ランチの後はそのままコンサートに行くので、配偶者はヒールを履いています。昨日の体調不良から回復したばかりでもあるので、お墓参りは行かないとのこと。住宅街の中の公園で読書をしながら、saraiを待つそうです。マーラーのお墓参りにはつい最近行ったばかりなので、まあ2度も行かないでもいいでしょう。

この辺りはとっても閑静な高級住宅街です。静かな道を墓地に向かって進みます。


n0aTuaih6oc922.jpg



長閑ではありますが、今日はとっても日差しが強くて暑い!


MQX6hfdgrZ5bd8.jpg



道の傍らには、赤い薔薇がかぼそく咲いています。


NYdZFrNyD_760c.jpg



5分ほど歩くと、グリンツィング墓地の門が近づいてきます。


Ttvw2DC9kb70a1.jpg



門を抜けます。


UZ2pGWGVh6345c.jpg



墓地に入って、マーラーのお墓に向かいます。場所はきっちり頭に記憶しています。


jwBudoAFDrd29d.jpg



墓地の中の通路を進んでいきます。


KXq46KqHBJd352.jpg



これがマーラーのお墓。


ghCqWmSD4C01ff.jpg



すぐ近くにアルマ・マーラーのお墓があります。そのお墓の地面に置かれている白い3角形の石がマノン・グロピウスのお墓です。なにか、はかなげな印象です。


egIHACCDuyc5ef.jpg



このお墓の前で、マノンに捧げられたベルクのヴァイオリン協奏曲にじっと聴き入ります。青空のもと、静かな感動に浸りました。

アルマ・マーラーのお墓が正面の黒い石、その手前が娘マノンのお墓です。


o6ZHF0H2038e1b.jpg



アルマの墓標です。


iRHZM49Yol882b.jpg



マノンのお墓にかがみこんで、ベルクのヴァイオリン協奏曲の第1楽章まで聴きました。


WjExomKQkgc495.jpg



第1楽章が終わったところで腰を上げて、マノンに別れを告げます。全曲聴きたいところですが、配偶者を待たせていますからね。

再度、マーラーのお墓に戻ります。


2OBWPjBgQOd94f.jpg



マーラーのお墓の近くではありますが、アルマのお墓は背中を見せています。あんなに愛したアルマだったのに・・・。


eTSxUYzpzh9248.jpg



墓地の出口に戻ってきました。さあ、帰りましょう。


TfTwXtoe6i702b.jpg



ところで門のところには、墓地の地図が掲示されています。しかし、特にマーラーのお墓の場所の案内はありません。お墓参りに行かれる方は事前に国際マーラー協会のサイトで場所をチェックしておきましょう。


YAu8ouc3qq23d2.jpg



緩やかな下り坂を歩いて、配偶者が待つ公園に向かいます。


3KfVuK2vgR4315.jpg



美しい青空の下、気持ちのよいお墓参りでした。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ウィーンで音楽三昧:ウィーンのお友達とオーストリア料理の楽しい昼食会

2013年6月8日土曜日@ウィーン/2回目

マノンのお墓参りから戻ります。グリンツィング墓地Friedhof Grinzingからの緩やかな下り道をトラムの停留所の方に向かいます。途中、お花屋さんがあります。ここでお墓に供える花が買えますね。


4yGvRDSChvd287.jpg



配偶者が待つ公園に着きます。公園には誰かの彫像。その彫像には上着、靴などが置かれていますが、これって演出?


c6fDipyc93ce44.jpg



彫像の主の名前の銘板です。Hubert Wilfanというオーストリアの彫刻家で、これは彼自身が自分の顔を彫ったものです。2007年11月、85年の生涯をウィーンで終え、現在はグリンツィング墓地に葬られています。レナード・バーンスタインの胸像は彼の作品だったんですね。


N1k_m5WCY92c79.jpg



saraiが公園の中で配偶者を探すと、配偶者は公園のベンチで寛いで読書中です。お待ち遠様!
本当は、カフェで待ちたかったようですが、住宅街ということで残念ながらカフェはなかったんです。


q6mATovX354003.jpg



寛いでいたので元気な配偶者と一緒にレストランに向かいます。地図を片手にすぐに発見。ここは秘密のレストランなので、名前も場所もヒミツ・・・悪しからず。


Ne3ps4E4rJ3edf.jpg



綺麗なレストランですね。


rPLaeAfHbB5032.jpg



まだ、他のメンバーは来ていません。sarai達が一番の到着です。壁にこの辺りで書かれたような絵が飾ってあります。


MXi_uTh7pt44e3.jpg



ここは地元の人で賑わう素敵なオーストリア料理のレストランです。静かな雰囲気ですね。


LpS6SPyktn6e79.jpg



中庭のテラス席も気持ちよさそうです。


ec9Xb3YBWB1af2.jpg



ほどなく次々と3人のメンバーが集まり、楽しいランチとなりました。クラオタの昼食会はとても楽しく、時の過ぎるのを忘れます。美味しいシュパーゲルが食べられると思ったのですが、残念ながら、シュパーゲルはないとのこと。今年は本当に天候が不順なのですね。シュパーゲルは食べられませんでしたが、食事はいずれも美味しかったですよ。

これは肉のグリル。


STLq2BryCO93e2.jpg



これは魚のフリット。


TuzMYabSxn0204.jpg



これも魚のフリット。


Zt8THsMzxZd527.jpg



これはパラチンケン?


Dsa6rJbbLhd2e3.jpg



楽しく食事を終えて、仕事に戻るというHさんと別れ、残りのメンバーは近くのホイリゲでさらにおしゃべりは続けることに。ホイリゲへの散策の途中、ちょっとした公園があります。


ttHqLFSAl29eb9.jpg



ヨハン・シュトラウスに先だってウィンナーワルツを手がけた作曲家ヨーゼフ・ランナーの石碑が立っています。


S37EEjNWLKe41f.jpg



そして、その横に立つのはヨハン・シュトラウスの石碑。


wdC5tMwL9b66aa.jpg



この緑豊かな公園を抜けて散策します。


kb4JZfDNok8dc2.jpg



ホイリゲでは、もちろん美味しい地元の白ワイン。


7lIcjKGWpPe202.jpg



ホイリゲでも話題は尽きませんが、そろそろコンサートの時間ということで、一旦お別れです。このメンバーのFeriさんとSteppkeさんとは4日後にドレスデンでまたまたお会いするんです。もちろん、事前に申し合わせたんではありません。あくまでも偶然のことです。もっとも音楽好きにとっては必然とも言えますけどね(何せティーレマンの指揮でガランチャがオクタヴィアンを歌う《薔薇の騎士》がありますから、音楽好きとしては何としても聴かなくてはね)。配偶者に言わせれば、呆れかえるばかりとのことです。

夜はコンツェルトハウスでウィーン交響楽団のコンサートを聴き、ウィーンでの日程を終了。


y0TDQCTfhN8eb6.jpg



珍しいツェムリンスキーの交響詩《人魚姫》を聴きました。ジェームズ・コンロンが指揮する筈でしたが、残念ながらキャンセル。それでも好演でした。コンサートの詳細はここにアップ済みです。

明日はミュンヘンMünchenに移動します。鉄道が大雨の影響を受けているので、心配です。一応、迂回ルートでミュンヘンに行くことはできそうですが・・・。




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ミュンヘン~レーゲンスブルク~バンベルク~ドレスデン:ウィーン西駅発レールジェット、暗雲たなびく出発

2013年6月9日日曜日@ウィーン/1回目

旅の10日目です。

今日はウィーンの8日目になります。

今日はウィーンWienからミュンヘンMünchenへの移動日です。移動日とは言え、ミュンヘンでは《青騎士の館》レンバッハハウス美術館Städtische Galerie im Lenbachhausに寄って、夜はバイエルン国立歌劇場Bayerische Staatsoperでオペラの予定です。

今日もウィーンは絶好の好天気です。ホテルをチェックアウトして、トラムと地下鉄を乗り継いでウィーン西駅Wien Westbahnhofに向かいます。そこからミュンヘンに鉄道で移動しますが、ザルツブルクSalzburgとミュンヘンの間が大雨の影響で、いまだに復旧が遅れ不通のままです。お友達からの情報では、パッサウPassauの方を迂回してミュンヘンには行けるようですが、大幅に到着時間が遅れるとのこと。ミュンヘンでは、夜、オペラを見る予定ですが、その前に予定しているレンバッハハウス美術館訪問はあきらめないといけないかもしれないですね。

ウィーン西駅に着いて、真っ先にツーリストインフォメーションで乗る予定のレールジェットの情報を聞くと、遅れているので列車状況表示板を見てねとのこと。列車状況表示板を見ると、ウィーン発の時点で30分の遅れです。これでは後発の列車の方が早そうなので、チケット窓口に行って、より早い列車のチケットに交換してもらいましょう。チケット窓口は長い行列ができていますが、まだ時間があるのでゆっくり並びましょう。


8ulyycoSKn5a04.jpg



ようやく順番が回ってきます。


k9Uy9Qp1Dfed22.jpg



窓口の男性によれば、今持っているチケットの列車が一番早いそうです。
これはネットで購入済みのチケット。


ydznDME6r_7916.jpg



仕方がないので、一応、指定席だけ購入。ファーストクラスだったので指定席を購入していませんでしたが、列車の状況が不安定なら混みあっているかもしれませんからね。これで落ち着いて待つしかありません。

朝ごはんを食べていないので、軽食でも食べながらゆっくりしましょう。いつものお寿司の店は、まだお寿司が出来ていないので、他のお店にまわります。サンドイッチも美味しそうですね。


k48nHUgxPGa144.jpg



検討の結果、海鮮のお店ノルドゼ―にします。


6lpTiD_YNNef4d.jpg



白身魚フライのパンと小海老とポテトのフライをゲットして、イートインコーナーでゆっくりします。


7O1QfFoDC571dc.jpg



途中、念のため列車の状況をチェックしてみると、遅れは相変わらずです。


A3tMNEa3Qp819c.jpg



ふと先ほど購入した指定席券をチェックすると、なんとセカンドクラスだということに気が付きます。持っている鉄道チケットはファーストクラスですから、これでは意味がありません。急いで先ほどの窓口に行き、ちょっと列に割り込ませてもらい、指定席券を交換してもらいます。窓口の男性はゴメンとのこと。いいですよ、こっちもちゃんと確認しなかったからね。
これが交換してもらったファーストクラスの指定席券。


h8dLrj0zvIa326.jpg



そろそろ時間なのでホームに行くと、多くの人が待っています。


Z2IUycMlA_a326.jpg



もうレールジェットも入線しています。


i2BqE_DiOaba83.jpg



でも、これはザルツブルク行き。ミュンヘン行きは、ブダペストBudapestから到着したら、この入線している列車と連結するようです。ミュンヘンに行くにはザルツブルクのずっと手前でパッサウ方面に分かれるので、ザルツブルク行きの列車と分離する必要があります。 

やがて、ミュンヘン行きのレールジェットもブダペストから30分遅れで到着。


W3Rb5tg87Df9b6.jpg



指定席の車両に乗り込みます。


ZauEpPtAOBa05b.jpg



席に座りますが、なかなか電車は出発しません。


khQdpEYou_5366.jpg



結局、45分遅れで列車が出発。これは車内の情報掲示板です。


n1BM5j7CO75d62.jpg



出発すると、ファーストクラスですからスナック菓子が配られます。呑気なものですが、こちらは電車の今後の動向が気になって落ち着きません。


koSDFwHJqzbcb9.jpg



レールジェットは出発後は順調に走り、ザンクトペルテンSankt Pöltenに向かいます。


vt3IObwUdj908b.jpg



トップスピード222キロでレールジェットは高速運行。


oL0_oHjeKFa549.jpg



ザンクトペルテン中央駅Sankt Pölten Hbfに順調に到着。この調子では遅れを取り戻してくれるのではという淡い望みがわいてきます。


dgilvKaMf0fadc.jpg



お天気は快晴の日曜日。美しい草原が広がります。


jVq8F9YpWB793d.jpg



沿線の湖の湖畔では水遊びをする人で賑わっています。一戸建ての庭では、家族がプールで楽しんでいます。あまりにも長閑な風景で、この先で川の氾濫が心配されているとは想像も出来ません。
レールジェットは美しい青空の下、リンツLinzに向かってひた走ります。


aDc_mDGNNt59fb.jpg



ここまでの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。


2014062601.jpg



この先の展開は想像もできず、不安感に満ちた鉄道の旅です。この後はどうなるでしょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ミュンヘン~レーゲンスブルク~バンベルク~ドレスデン:レールジェットは水位の高い危険な川辺を走行

2013年6月9日日曜日@ウィーン~ミュンヘン/2回目

大雨の影響でウィーン西駅Wien Westbahnhofからの出発が遅れ、ミュンヘンMünchenへの到着も予測がつかない不安な鉄道旅が続きます。
とは言え、リンツLinzまでは青空の広がる美しい草原をレールジェットはその不安をはらいのけるように快走します。


Qcl4hfteI6077d.jpg



リンツ中央駅Linz HBFまでは順調です。もっともウィーン出発時点での45分の遅れを取り戻すことはできません。


pkcErriladbae3.jpg



リンツの先でヴェルスWelsに臨時停車し、ザルツブルグSalzburg行きの車両とミュンヘン行きの車両が切り離され、我々の乗ったミュンヘン行はパッサウPassauに向かいます。


kwGUKEOpAMb4f1.jpg



やがて満々と水を湛えた川が見えてきます。これは今回の大雨で被害の多かったイン川Innです。


hizB18OOddfdf6.jpg



段々、山あいに入って行くと、川が濁った水で溢れそうです。これはひどい。


ehlLyYQWBLaa5a.jpg



いったんは落ち着いてはいますが、まだまだ、洪水の危険がありそうな感じです。


cjFG6SweTCddc4.jpg



一触即発の雰囲気で水かさが増えて、流域が広がっています。


wgR7ecXzV175b5.jpg



畑のあちこちに大きな水溜まりが残っています。しかし、天気自体はとても良く、この大水が不思議な感じです。


XRwo7FSRvS0dc2.jpg



混濁した水が勢いよく流れている光景は凄まじいものです。


4WdSzCe7M0267e.jpg



レールジェットはイン川にかかる鉄橋を渡っていきます。鉄橋までは水位はまだ余裕があるものの、水かさの高さは異常レベルです。


DvpAS0mVDH88ca.jpg



鉄橋を渡ると、レールジェットはパッサウの街にはいっていきます。


QQK69OhpSne070.jpg



パッサウの駅には無事到着。とりあえず、一山越したような感じです。


In0uMAyMbu3618.jpg



パッサウを過ぎると、ドナウ川Donauが見えてきましたが、この大河も水かさを増しています。


C4yyUSXHWV8540.jpg



青空に白い雲。のどかな光景ですが、波乱含みのドナウ川です。


TJFKe785Z_2b46.jpg



レールジェットは何とか無事に走行します。窓にはRAILJETの文字の裏側が見えています。


hgmTZK8UQ9a051.jpg



ドナウ川を離れて緑の平原をレールジェットは走ります。


yVHsQd4wlU4de2.jpg



しばらくすると、列車がミュンヘン方面に曲がります。その先はイーザル川Isarが見えてきましたが、橋の寸前まで水位が上昇して、ひどい状況です。これが一番、悪い状況に思えます。


n0duPWUipQ5573.jpg



川岸の木々も根元は完全に水に浸かっています。


KgMbqTFH_2e6a2.jpg



このあたりは公園だったのか、よく分かりませんが、水のプールになっています。


RtPGDqclMhcf41.jpg



ここまでの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。


2014062701.jpg



状況は相当に深刻のようです。何とか無事にミュンヘンに着くことを祈るばかりです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ミュンヘン~レーゲンスブルク~バンベルク~ドレスデン:大きく遅れるも、無事にミュンヘンに到着

2013年6月9日日曜日@ウィーン~ミュンヘン/3回目

水位の高くなったイン川Inn、ドナウ川Donau、イーザル川Isarを見ながら、はらはらの鉄道旅です。
窓の外を心配しながら見ているうちに、とっくにお昼も過ぎています。軽くお昼を頂いておきましょう。レールジェットの食堂車に行くと、皆さんも心配そうに窓の外を見ています。


69oWiKUctWaac2.jpg



レールジェットは、時々もたもたしますが、プラットリング駅Plattlingを通過。少しずつミュンヘンMünchenに近づいていきます。


7Tbp9PxVe923ec.jpg




食堂車では、スープを頂きます。暖かい食べ物が頂けるのはありがたいですね。


R7E2fP4TKc6101.jpg



窓の外は長閑な牧場が見えます。何だかほっとした気分になります。


625tySPrXR65c4.jpg



と、また森の中にあふれた水たまりが見えます。やはり大変な状況です。


jgwjV01PEIa5ab.jpg



食堂車から席に戻ると、ほどなくミュンヘンに到着です。とりあえずはほっとしました。


GyFQfxVq1jd42c.jpg



ここまでの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。


2014062801.jpg



約1時間遅れですから予定通りの遅れとは言えますが、当初の予定からは大幅な遅れですね。急いでレールジェットを下りて、駅のプラットホームを歩きます。


5lWzwfelkY1010.jpg



歩きなれたミュンヘン中央駅München HBFの構内を抜けていきます。


9xPT17Ydbv1b02.jpg



駅の外に出ます。


pUFw2EAHvn9224.jpg



今日のホテルは、ミュンヘン中央駅のすぐ近くのEurostars Bookというホテル。泊まるのは初めてなので、地図を見ながら歩いていきましょう。


PVV69eRlxs0478.jpg



ミュンヘンに大幅に遅れて到着した結果として、レンバッハハウス美術館は省略。次の機会にします。明日は月曜日で休館なんです。
さほどにホテルに急ぐ必要もありませんが、オペラの開演時間にもそんなに余裕があるわけではありません。

ホテルは駅からすぐですが、ちょっと探してしまいます。チェックインの折、バスタブは付いているかと聞くと、スイートならばといわれ、丁重にお断りします。


6KpTVqh4u7d06d.jpg



ホテルのロビーは明るくて綺麗です。なかなかお洒落なホテルですね。


hZGJ2ge5aQ12c4.jpg



ホテルの美しいレセプションの前には我々のスーツケースが2つ、ぽつんと並んでいます。


weeUpM1t0x6615.jpg



レセプションのカウンターには美味しそうな林檎が置いてあります。これは頂かなくてはね。


YXlBskvllV1dc1.jpg



美しくデザインされた廊下を歩いて、部屋に向かいます。


QiEShZHM5M67d6.jpg



大雨の影響で列車の大幅な遅れはありましたが、なんとかホテルに落ち着けそうです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ミュンヘン~レーゲンスブルク~バンベルク~ドレスデン:バイエルン国立歌劇場で無事、オペラ鑑賞

2013年6月9日日曜日@ミュンヘン/4回目

ミュンヘンMünchenのホテル、Eurostars Bookにチェックイン。急いで部屋に入ります。
部屋は綺麗にデザインされています。嬉しいですね。


4LzYDlvCcB87da.jpg



明るい窓辺には、寛ぎやすそうなソファとガラステーブル。


vMW3w7KyQt16ef.jpg



壁には液晶テレビ。


ceXZYLuP_Pd581.jpg



浴室はもちろん、シャワーのみ。


rLEAR9YgQd0efc.jpg



洗面台もとても綺麗。


E5ujGO65yv4d37.jpg



熱いお茶が飲めるのも嬉しいです。


w1WaGCJy7Da17a.jpg



とても綺麗な部屋で満足です。


pnr9l9eCFx.jpg



こうして部屋に落ち着き今日のオペラの時間をチェックすると、今日は日曜日だからでしょうか、夕方6時の開演です。もう、急いで準備する時間です。配偶者は着物でもよいかなと思っていたようですが、そんな時間はありませんね、残念です。それにゴロゴロ雷も鳴っています。ザアーと来そうです。用意をしてホテルを出ると、やはり雨が降ってます。

ミュンヘン中央駅前からトラムに乗ります。トラムのチケットはバイエルン国立歌劇場のチケットがあれば不要ですが、今日と明日も乗り物に乗るので、ここでチケットを買っておきましょう。自動販売機でチケットを購入します。何と日本語モードがあります。


ZWtPr17dcFbcd9.jpg



無駄ではありますが、価格的に有利な複数人で使える3日間チケットを購入。24.6ユーロです。これで明日までの滞在は乗り放題です。


xYdvfGjTWxbbe8.jpg



バイエルン国立歌劇場Bayerische Staatsoperはトラムで10分程です。傘1本でアイアイ傘で会場に飛び込みます。
オペラ公演の開演30分前には到着。ほっとしていると、見知らぬ日本人女性から「sarai さんでしょうか・・・」と声をかけられビックリです。いつもブログを愛読してくださっているそうで、saraiのスケジュールを知っていて、会えるのではないかと気にかけていて下さったようです。ブログには後ろ姿ならば分からないだろうとsaraiの後ろ姿の写真をアップしていますが、その写真だけでsaraiのことがしっかり分かってしまったようです。嬉しいやら恥ずかしいやら・・・いや、そこまで愛読していただき、ありがとうございます。こういう経験は初めてです。読者の方でsaraiを見かけた方は、遠慮なく声を掛けてくださいね。といっても、顔を公開していないので、海外のように日本人が少ない場合でないと見つけるのは難しいかもしれませんが・・・。開演まで、楽しくお話しさせて頂きます。
今日のオペラはハンガリー国立歌劇場に引き続き、ヴェルディの《シモン・ボッカネグラ》。これがネットで購入したチケットです。


0yNY_PzbcD1c9d.jpg



今日もオペラを楽しみ、幸せなsaraiです。ブログを愛読してくださっているご夫妻と、駅までご一緒におしゃべりしながら帰ります。このご夫妻も、ドレスデンDresdenの《薔薇の騎士》に合流するということです。オペラの後のクラシックオタクの集まりにもお誘いします。またまた楽しい会になることでしょう。

オペラ自体はまあまあの出来。演目はヴェルディの《シモン・ボッカネグラ》です。辛口の感想をここにアップ済です。

今日はしっかり食事をすることができていません。幸いにも、このホテルにはルームサービスがあります。贅沢に、美味しいルームサービスでアフターオペラのディナーを楽しみます。
これはハムの目玉焼きのせ。


JHlfNjA_gRc835.jpg



これはコンソメスープ。


2H2zeAZOsH3306.jpg



パンも付いてきます。


6pos6xJ0Rx3615.jpg



これはポークのグリル。


t2MB2Wcvm1abcc.jpg



結構、立派なディナーになります。


Bm3xPskk203b81.jpg



明日は水かさの増しているドナウ川河畔の街、レーゲンスブルクRegensburgを訪問します。大丈夫でしょうか?


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR