FC2ブログ
 
  

プラハで音楽・美術三昧:ミュシャ作品展の後、市民会館を見学。ところでシニア料金でびっくり!

2013年6月18日火曜日@プラハ/4回目

ミュシャのポスター完全コレクションを駆け足ではあるものの鑑賞でき、とても満足です。展示会場の前にはミュージアムショップがあります。今回の展示会のカタログでも買おうかと物色しますが、価格も高い上、分厚くて重そうなのでやめます。ショップには大型プリンターが置いてあります。希望するポスターを、その場で印刷するようです。今はそういう時代です。在庫はゼロで、また在庫切れもありません。いっそのこと、デジタルデータを販売してほしいくらいです。ブルーレイディスクならば、相当、高精度のポスターが格納できるでしょう。


lCmJc0eULt95ab.jpg



市民会館Obecní důmの赤絨毯の階段を下ります。


KMOIgcP5Jsee70.jpg



もう一度スメタナホールSmetanova síňを覗き見します。3階席の正面からの眺めを楽しめます。


GDVA53nUSg8bec.jpg



これは、2階席脇の方からの眺めです。リサイタルの真っ最中なので、そっと外に出ます。


Qn6f3L7fiz1a5e.jpg



再び、階段を下りていきます。


GQiUb89L2x0281.jpg



壁には今回のミュシャの展示会のポスターが張り出されています。イワン・レンドル:アルフォンス・ミュシャ展IVAN LENDL:ALFONS MUCHAと書かれています。


DPG4kzvAuta6a8.jpg



これは別のポスター。ちょっと横長ですが、同じ絵柄です。


qQemYDJWQ7626c.jpg



市民会館の内装は美しく、しばしば足が止まります。アール・ヌーヴォー様式が至るところに見られます。


RutTjfI1HF08a1.jpg



入り口正面の大階段も美しいですね。


beYpTtKz7zed3b.jpg



入り口上部はステンドグラス風のデザイン。これもアール・ヌーヴォー様式かな。


zhpQIX95a3adec.jpg



エントランスホールからは市民会館内のレストランへの入り口があります。市民会館内のレストランには、高額な料金に懲りて近づけません。


YgRXCwMdclffdf.jpg



外に出ると、市民会館のカフェのテラス席が並んでいますが、暑い日中には誰も座っていませんね。


TMM5TcZ5NA8798.jpg



外壁にもミュシャの展示会のポスターが張り出されています。料金も明記されています。子供、学生、そして、シニアは半額です。あれれっ・・・シニアって65歳以上って書いてあります! むむっ。じゃあ、saraiはまだシニアじゃありません。配偶者が年相応に見えるって言いましたが、実際の年齢よりも高齢に見られたんじゃないですか! 料金が安くなったことよりも、年寄りに見られたことが悔しい・・・。


l68jD36ACWd1f1.jpg



次は、この市民会館前からスタートするヴルタヴァ川クルーズですが、集合時間までに30分ほど時間があります。広場では市が開かれ、賑やかに食べ物も売っています。


YRh6dyJXL05238.jpg



チェコらしい食べ物でもちょっとつまみながら時間調整をしましょう。お店を物色して歩きます。


8V_sIKrPJy4bb0.jpg



ソーセージとチジミのようなものをゲット。なかなか美味しいのですが、暑くてうんざりです。


lPPzGVa0_l0dc3.jpg



観光客の皆さんもあまりの暑さにお疲れ模様です。


jyuZElDf1_a440.jpg



簡単な食事をしながら、共和国広場Náměstí Republikyのまわりに建つ美しい建物を眺めます。


gPmfOmp566bd3c.jpg



なかでも市民会館は美しい建物です。プラハを代表する華麗な建物です。


EoCNco2jEU8fb3.jpg



とりわけファサードがとても美しいです。正面のモザイク画はカレル・シュピラー作の「プラハに感謝」という作品で、長閑な景色が描かれています。緑のドームもお洒落です。


m4amS9l_Sxc5df.jpg



そろそろヴルタヴァ川クルーズの出発の時間です。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

プラハで音楽・美術三昧:ヴルタヴァ川クルーズを開始

2013年6月18日火曜日@プラハ/5回目

次はいよいよヴルタヴァ川クルーズです。
集合時間になり、共和国広場Náměstí Republikyの集合場所には参加者が集まってきますが、あまりの暑さにたまりかねて、みんな日陰を求めて待機します。プラハではsaraiと配偶者はずっと2人だけで行動していましたが、久しぶりの集団行動です。20人ちょっとのツアーです。案内人は、それなりの年齢のおじさんですが、ドイツ語と英語とを使い分けて凄まじい勢いでガイドしてくれます。暑いのにご苦労様です。まず市内をバスで観光しながら、船着き場に向かいます。船着き場はカレル橋Karlův mostから2つ隣にあるイラーセク橋Jiráskův mostの近くです。すぐに乗船。それほど大きな船ではなく、船の両弦にテーブルが並んでいます。ほかのグループも合流したので、テーブルは満席です。テーブルのひとつに相席で座りました。一緒に座ったカップルはアラブ首長国連邦から観光にやってきたそうです。


yYYMxlZAwj00cb.jpg



対岸です。船は方向を下流に向けて、ぐるっと回り込みます。


yAyWyXJHWMc730.jpg



アプフェルシュトゥルーデルと飲み物を頂きながらのクルーズです。船は昨日もキュビズム建築を見るためにやってきた鉄道橋のジェレズニチュニー橋Železniční mostの辺りにさしかかります。


M0feXemfj_c8a0.jpg



ジェレズニチュニー橋をくぐり抜けると、キュビズム建築のリブシナ通りLibušina uliciの邸宅が木々の裏に見えます。船からの眺めは陸からの眺めとは違って見え、面白いですね。


edHhAsG9YW2da0.jpg



その右隣の家はキュビズム建築ではありませんが、なんとなく雰囲気が似ていることに気が付きます。船からは視界が広く、川岸の建物がよく見えます。


s6w666Hv7ub051.jpg



今度はヴィシェフラドVyšehradの丘の教会が見えてきます。聖ペテロ聖パウロ教会Chrám sv. Petra a Pavlaです。船上からはよく見えます。


Bs_Dg3fVt0049f.jpg



丘の麓には、ヴルタヴァ河岸の3世帯住宅が見えます。この建物も昨日見たキュビズム建築です。


j75StBDinSf259.jpg



ヴィシェフラドの丘の対岸は市街地を外れ、緑の木々に覆われています。


Z8hTx8JxJf6b26.jpg



川岸にビーチが見えてきます。大勢の人たちが日光浴を楽しんでいます。海のないプラハはビーチは川岸なんですね。


1C6wohEX5s04ca.jpg



パラソルを広げ、シートの上に寝そべって太陽の光を浴びていますが、暑そうですね。


UsI25DcPdC286c.jpg



街はずれは緑ばかりで、何もありません。


OsCAwGj4a1488d.jpg



下流方向はずっと緑が続き、だんだん山がちになります。ヴルタヴァ川Vltavaはこの先ドレスデンDresdenの方に流れて、エルベ川Elbeになります。


x8kEOMu1q8049c.jpg



流石にこれ以上はもう面白いものはなさそうで、船は上流方向に向きを変えていきます。


piRDkc7Bny78c3.jpg



川は岩山に差し掛かったところです。


WM4wiQsV4db952.jpg



これから、船はもときた上流方向に戻っていきます。


aAvrGl7QcIc11b.jpg



ヴルタヴァ川クルーズは続きます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

プラハで音楽・美術三昧:ヴルタヴァ川クルーズを完了。待望のカレル橋見物は・・・

2013年6月18日火曜日@プラハ/6回目

ヴルタヴァ川クルーズも下流方向から折り返し、上流方向に戻ります。まだ、この辺りは街はずれで緑に覆われた岸辺です。


QAA2me3AdF615d.jpg



また、川辺のビーチが見えてきます。


QL5QdlEksN92d1.jpg



水着の男女が岸辺に寝そべっています。ビーチと言っても川岸なので、泳いでいる人は見当たりません。日光浴ですね。


43fEha6Rkr92fc.jpg



優雅にボート遊びをしているカップルもいます。


9KeIULHhqr6f8e.jpg



短い夏に急いで太陽の光を吸収したいのでしょう。暑い日中、ひたすら寝そべったり座り込んだり、ご苦労なことです。


91IKyXoN0ve369.jpg



岸辺に綺麗なクルーズ船が見えます。これは結構長い距離を走りそうです。


Avk54qsFStf585.jpg



市街地に近づいてきます。


5p9hYzFq9_fab3.jpg



ヴィシェフラドVyšehradの丘です。聖ペテロ聖パウロ教会Chrám sv. Petra a Pavlaの2本の尖塔が見えてきます。


hYyEWr0sqCd07c.jpg



ヴィシェフラドの丘を通過していきます。丘の麓には、ヴルタヴァ河岸の3世帯住宅が見えます。


pll0ed3TXjb1e5.jpg



鉄道橋のジェレズニチュニー橋Železniční mostにさしかかります。キュビズム建築のリブシナ通りの邸宅も見えています。


I9Xbhz1szG7c0f.jpg



ジェレズニチュニー橋をくぐり抜けます。船の横では、白鳥がゆったりと川面に浮かんでいます。


hGsdloB41829d3.jpg



ジェレズニチュニー橋の向こうには、まだ、ヴィシェフラドの丘の教会が見えています。


jTLzoZPS5X3654.jpg



パラツキー橋Palackého mostをくぐり抜けます。残り2本の橋を抜ければ、カレル橋Karlův mostです。


yNslyx47sb00fb.jpg



次の橋のイラーセク橋Jiráskův mostが近づいてきます。橋の向こうにプラハ城Pražský hradも見えてきます。


jxS6pORaL18703.jpg



ガーン! 残念なことにイラーセク橋の手前でクルーズ船は着岸。


7DpF2y428b4221.jpg



期待しましたが、ヴルタヴァ川はカレル橋付近は川の段差がありクルーズ船は航行不可能で、カレル橋はおろか王宮も遠目にしか見えません。結局、見えたのは、昨日行ったキュビズム建築の2軒だったのは皮肉な結果。しかも、下りと上りでご丁寧に同じ景色を2度も・・・残念。これも、このところの大水の影響のようです。いつもはカレル橋近くまで行くとガイドブックには書いてあります。この船着き場からは何とかプラハ城だけは見えています。


OZmiG1WhsP4fd1.jpg



クルーズ中に川風も期待しましたが、それほども吹かず、このクルーズは完全に空振りでした。まあ、そんなこともあるでしょう・・・。
クルーズ船下船後、またバスで街の中を走ります。ヴルタヴァ川沿いの通りを走るのは、クルーズが中途半端だったことの代償なんでしょうか。


JJUYTHQWI458d8.jpg



バスの中からカレル橋を見せるんでしょうか。でも、陸からはもう十分に見物済みなんですけどね。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

プラハで音楽・美術三昧:ツアーの終点は旧市街広場

2013年6月18日火曜日@プラハ/7回目

ちょっと不満足だったヴルタヴァ川クルーズを終えて、ツアーの最終コースはバスでの市内巡り。
ヴルタヴァ川沿いのスメタノヴォ通り(スメタノヴォ・ナーブジェジー)Smetanovo nábřežíをバスは走ります。すぐにチェコ軍団橋Most legiíに差し掛かります。国民劇場Národní divadloの前です。プラハ城Pražský hradはまだ遠いですね。


a_ESKQFBCqd4a7.jpg



チェコ軍団橋を過ぎて、スメタノヴォ通りからカレル橋Karlův mostが見えてきます。


T9DHSNcSRH74c2.jpg



カレル橋の向こうにはプラハ城もよく見えます。できれば、船の上から見たかった景色です。


Z90ByeTUAg5f88.jpg



カレル橋の袂に差し掛かり、旧市街橋塔Staroměstská mostecká věžの真ん前で徐行。


HIBI0w1Yaifca2.jpg



カレル橋を過ぎて最初の交差点で右折し、プラトネールシスカー通りPlatnéřskáを走ってウ・ラドニツェ通りU Radniceにぶつかり、左折して少し進んだところでバスは停まります。ここは聖ミクラーシュ教会Chrám Svatého Mikulášeの裏手の辺りで、ちょっとした広場もあり、カフカの生家も広場の角にあります。ここでバスから降ろされます。


9L9MYGoMqraba3.jpg



ここからは徒歩での案内に変わります。カフカの生家の前は、現在フランツ·カフカ広場náměstí Franze Kafkyと呼ばれています。カフカの生家と聖ミクラーシュ教会の間はオープンカフェになっていて、カフェ・カフカというお店です。若い頃にカフカの不条理文学に熱中していたことが思い出されます。


AWCgK1TiVDc110.jpg



フランツ·カフカ広場を抜けると、すぐに旧市街広場Staroměstské náměstíです。連日のようにこの広場に通っています。向かいにはティーン教会Chrám Matky Boží před Týnemが見えています。


aC_xLDfIXT9cfb.jpg



右手には旧市庁舎Staroměstská radniceが見えます。これももうお馴染みです。


ngs_TxyS2Ca651.jpg



広場には小さなお土産物屋さんも並んでいます。


ZpEj7afItW9062.jpg



広場は暑くてたまりません。観光客もなるべく日陰を求めて広場の中央には人もまばらです。ツアーの案内人のおじさんが広場をガイドしていますが、こちらは毎日のように来ているので、あまり気持ちが乗りません。


OmOdA2feV69e6a.jpg



ツアーの仕上げは旧市庁舎の天文時計Orlojです。


glLDNeDaNa6152.jpg



天文時計の説明を聞いて、ツアーは終了です。案内人のおじさん、達者なおしゃべり、ご苦労さま。


jTJDwDZgls8108.jpg



いやー、暑くてたまりません。ツアー解散とともに、一目散にアイスクリーム屋さんで冷たいものをゲット。あー、冷たくて美味しい!


c_yDDbGNbo3cb5.jpg



旧市街広場からは今夜オペラを観る予定のエステート劇場(スタヴォフスケー劇場)を偵察しに行ってみます。ジェレズナー通りŽeleznáを南東方向に散策しながら、そちらに向かいます。


4z0kXELZTu955a.jpg



優美な佇まいのエステート劇場(スタヴォフスケー劇場)Estates Theatre(Stavovské divadlo)に到着。エステート劇場は英語読みで、チェコ語ではスタヴォフスケー劇場です。以前からエステート劇場で馴染んでいるので、当ブログではこの表記で通します。


J66nwfBY0P9716.jpg



この劇場はモーツァルトのオペラ《ドン・ジョヴァンニ》が初演されたことで有名ですが、映画《アマデウス》のオペラシーンもここで撮影されたそうです。正面から劇場を眺めます。美しいですね。


gtJXxg6yhfdc98.jpg



今夜のモーツァルトのオペラの案内が出ています。モーツァルトの顔がポスターの全面を飾っています。今夜の公演が楽しみです。


ifyqUxT2MU6640.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきます。

 ①イラーセク橋付近の船着き場から、ツアーのバスでヴルタヴァ川沿いの道、スメタノヴォ通りを通り、カレル橋を通過。
 ②カレル橋の先で右折し、プラトネールシスカー通り、ウ・ラドニツェ通りを経由し、フランツ·カフカ広場で下車。
 ③フランツ·カフカ広場から徒歩で旧市街広場を案内され、旧市庁舎の天文時計前でツアー解散
 ④旧市街広場からジェレズナー通りを歩いて、エステート劇場へ


I1A_7VOUqr0a56.jpg



エステート劇場の偵察を終え、もう少しこの辺りを散策します。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

プラハで音楽・美術三昧:プラハ観光の仕上げは2つのキュビズム建築

2013年6月18日火曜日@プラハ/8回目

エステート劇場(スタヴォフスケー劇場)Estates Theatre(Stavovské divadlo)の偵察を終えました。ここから少し散策します。
エステート劇場の左隣には、路地を隔ててカロリヌムKarolinumの建物があります。


FHKT5wURAEbfc6.jpg



これがカロリヌムの建物です。建物の南側の中央にある出窓が特徴的です。カロリヌムはカレル大学の本部の建物。カレル大学は名前の通り、カレル橋と同様にカレル4世の名前によるものです。カレル4世が1348年に創設した歴史ある大学です。建物自体はバロック様式に改修されていますが、重厚な出窓は当初のゴシック様式のままです。設計したのはカレル橋、聖ヴィート大聖堂も設計した偉大な建築家ペトル・パルレーシュです。


QHwR5QBAvL3608.jpg



エステート劇場から北東に伸びる広いオヴォツニー・トル通りOvocný trhを歩きます。ここにもプラハらしい出窓の綺麗な建物があります。壁の装飾も綺麗ですね。


ZZRHzITkSU1f7f.jpg



オヴォツニー・トル通りがツェレトゥナー通りCeletnáにぶつかると、角にある建物が《黒い聖母の家》です。


xog908SDMka793.jpg



今日の散策の仕上げに、キュビズム建築で見逃していた《黒い聖母の家》Dům U Černé Matky Božíを見てみましょう。何度も横を通り過ぎていましたが、意識して見ていなかったんです。よくよく見ると、2階の窓枠のあたりの3角形とか、1階の窓などのガラス部分の多角形の装飾がキュビズム建築なんでしょうか。これがキュビズム建築なの?って感じです。ヨゼフ・ゴチャールJosef Gocarの設計による代表的なキュビズム建築と言われているそうです。この建物には、チェコ・キュビズム博物館Muzeum českého kubismuやグランドカフェ・オリエントGrand Café Orientがはいっています。


k6Z1DQ0Slp34ee.jpg



2階の角に黒い聖母像が飾られているので、この《黒い聖母の家》という呼び名になったそうです。


0SP8HVR9S0e667.jpg



再びエステート劇場の前を通り、ムステク駅Můstek近くのユングマン広場Jungmannovo námestíにある《雪の聖母教会》Kostel Panny Marie Sněžnéの前に立つ街灯を見に行きます。これも有名なキュビズム様式の街灯だそうです。


0IYUL0Clxe0c2a.jpg



驚いたことに、一昨日、美味しいピルスナービールを飲んだピヴニッツェ&ホスポダの元祖ウ・ピンカスーU Pinkasůのすぐ前でした。気付かずに通り過ぎてしまうような街灯ですが、意識して見ると、なるほどキュビズム様式かも・・・。


KmtJNhufun400e.jpg



これで今日の観光は終了。ホテルに歩いて戻ります。
今回のルートを地図で確認します。

 ①エステート劇場からオヴォツニー・トル通りを歩いて、ツェレトゥナー通りの角にある《黒い聖母の家》へ
 ②《黒い聖母の家》から、オヴォツニー・トル通りを戻って、ユングマン広場にある《雪の聖母教会》へ
 ③ホテルに歩いて戻る


btnA3UuFq94c30.jpg



ホテルに戻り、シャワーを浴びて休憩です。少しも涼しくないので休んだ気もしません。それでもちょっと落ち着いたところで、プラハ最後のお楽しみに出掛けましょう。エステート劇場でモーツァルトのオペラ《フィガロの結婚》を観ます。もちろん、エステート劇場までは歩いていきます。
エステート劇場横のオヴォツニー・トル通りに面したイタリアンのレストランで、軽く夕食です。ヨーロッパはイタリアン全盛ですね。ドイツでもこのプラハでもイタリアンのお店がとても多いんです。夕方になっても暑いので、テラス席につきます。


YWJjecDvppd05b.jpg



料理の前にまずはパン。美味しそうなフランスパンです。


zsSoP0utkp911d.jpg



続いてミネストローネ。


fRpJuLjz205bc9.jpg



ジェノヴァ風パスタです。バジリコがよく効いています。


W1Mh5t9090e3e6.jpg



ミラノ風リゾットです。


Mwut5nbySaf9cb.jpg



目の前がエステート劇場なので、ぎりぎりの時間まで大丈夫です。


Ykl8eAkPB4f6a2.jpg



近くのテーブルでイタリア語で声高にしゃべっている人がいます。イタリア人まで来るのなら、ここのイタリアンはかなり本格的なんだろうと思っていたら、それほどの味でもありません。何のことはない。このお店のオーナーがイタリア人だったようです。帰りに挨拶されました。
いよいよエステート劇場でプラハで最後のオペラ鑑賞です。これでプラハの大きなオペラ劇場3つを経験することになります。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

プラハで音楽・美術三昧:エステート劇場で感動のオペラ《フィガロの結婚》

2013年6月18日火曜日@プラハ/9回目

エステート劇場横のイタリアンのレストランで、軽く夕食を食べていると、いつの間にか、開演30分前を切っていました。すぐ目の前にエステート劇場が見えているので、落ち着き過ぎでした。
急いで、劇場にはいります。エステート劇場(スタヴォフスケー劇場)Estates Theatre(Stavovské divadlo)はとても古い新古典主義の建物です。このエステート劇場はモーツァルトのオペラ《ドン・ジョヴァンニ》が初演されたことで有名です。
また、この劇場では実際にモーツァルト自身の指揮で《フィガロの結婚》が演奏されたそうです。1787年1月ですから、226年も昔のことです。ここでモーツァルトが指揮したのかと思うと、感慨しきりです。
そして、これから聴くのは、その《フィガロの結婚》です。
チケットはネットで購入済ですが、平土間の良い席がとれず、珍しく、ロジェ・バルコンで聴くことになりました。


WaTFOl0yvpf1e2.jpg



時間も迫っているので、そのロジェ・バルコンの席に直行します。席に到着すると、ホール内部の姿が目に飛び込んできます。とても美しい内装に目が奪われます。


CTAWuatp7162e0.jpg



かなり小さなホールですが、美しさはプラハで一番です。


JD4ckZa3Ep176f.jpg



こちらはオーケストラピット。まだ、楽員ははいっていません。この席からは舞台はかなりななめ横から見ることになりますね。


236S_Nj7tzc2b1.jpg



これが我々のロジェ・バルコンのボックスです。我々だけの専用ボックスです。


sBx2gXF8nG84e0.jpg



2階のロジェ・バルコンから見た後ろの様子です。ロジェ・バルコンのボックスが綺麗に並んでいます。


6kwMGzfzKqf498.jpg



こちらが舞台側のロジェ・バルコンの様子です。我々のロジェ・バルコンは前から3番目のボックスです。ちょうど見易い位置ですね。


nJuKmzbnW1b842.jpg



ロジェ・バルコンには鏡も設置されています。滅多にロジェ・バルコンには座らないので、何かと物珍しく感じます。


plM2_614Wa0462.jpg



ホールの天井です。見事な装飾です。天井桟敷の席もずい分、高いところにあります。


6pv5Fp4T3_c494.jpg



開演間近になりました。オーケストラメンバーも揃い、いよいよです。胸が高鳴ります。


8PZSLo9KTra0ce.jpg



指揮者が登場し、開演です。ワクワク感の高まる《フィガロの結婚》序曲が始まります。

オーケストラが特に上手いわけではなく、歌手も国際的には無名の人たちですが、どんどんモーツァルトの最高の音楽に引きこまれていきます。第4幕の終盤では、感動の涙でした。3日間、チェコの音楽を聴きましたが、チェコの音楽家のテクニックを超えた音楽の本質への訴求の素晴らしさに脱帽の思いでした。この素晴らしかった《フィガロの結婚》の詳細はここにアップ済です。

オペラ終演後、エステート劇場は明るい照明で闇に浮かびあがり、とても綺麗です。それに清々しい感動も胸に残っています。


QnmhqoF0nT44b7.jpg



明日はまた、音楽の総本山のようなウィーンに戻り、音楽三昧の総仕上げです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR