FC2ブログ
 
  

ウィーンで音楽・美術三昧:プラハ本駅・・・ウィーンに向かってGO

2013年6月19日水曜日@プラハ~ウィーン/1回目

旅の20日目です。プラハ滞在5日目ですが、プラハPrahaを発ってウィーンWienに向かいます。10日ぶりにウィーンに戻ることになります。

昨夜はひどく暑い夜でした。saraiは、効かないエアコンより窓を開けた方がましと思い、たまりかねて窓を開けて寝ます。配偶者が明け方に目覚めたときにはエアコンは切れて窓が開いてます。その時点では気温も上がってきており、エアコンの方がましと思った配偶者は窓を閉めてエアコンを入れて、また寝たそうです。それで、またまた暑くなったsaraiは寝てられずに、珍しく配偶者より先に起きてしまいます。結局、窓を開けようが、エアコンを入れようが、暑いものは暑いっていうことです。やってられませんね。

荷物は昨夜のうちに出来ています。さっさと出掛けましょう。歩いて最寄り駅のムゼウム駅Muzeumに行きます。エレベーターの場所は確認してありますが、エレベーターを利用するために回り込んで長い距離を歩くより、エイッ!と荷物を持って階段を降りた方が楽だろうということで、階段を降りることにします。まずはプラハ本駅Praha hlavní nádražíまでのチケットが必要です。自動販売機で購入しようとしますが、それを横で見ていた配偶者が大変なことを発見します。なんとシニアチケットがあるのです。大人料金の半額です。


ClWqumwpzW73da.jpg



これまでどれだけ無駄な出費をしてしまったことでしょう。プラハはシニアに優しい街ですね。今後、また機会があったら利用させてもらいましょう。これがシニア用の半額チケット。16コルナです。


c0f33Y2zpm0231.jpg



ただ、このシニア用のチケットを利用してよいのかは明確には分かりません。いたずらに危険は冒せませんね。ところで、一回券で大きな旅行かばんを持って列車に乗るときには、荷物券が必要なのです。その荷物券をあくまでも自動販売機で購入しようとするsarai。チャッチャと駅員さんを見つけてお願いしようとする配偶者。結局、自動販売機では購入できずに、駅の窓口で購入します。窓口は改札口を抜けた先です。


P1bu1HGpekb722.jpg



地下鉄で一駅移動して、プラハ本駅Praha hlavní nádražíに到着。4日前にこの駅に到着したときには、遅延している列車が多く、構内が旅行客でごった返していました。それに、saraiの耳元で「ユーロからチェンジするよ」と何度も囁かれました。というわけでかなり緊張しましたが、結果的には治安も良く、安全で楽しい街でした。5年前に来たときより、ずっと経済的にも安定し活気があるように感じました。若い人が多く、特に美女が多いのにsaraiは感激しました。また遊びにきましょう。

まだ乗車予定の時間まで30分近くあり、列車が入線するホームがどれなのか表示されていません。


IysVDxZVbkbb8a.jpg



荷物を配偶者に預けて、プラハ本駅を偵察してきます。歴史のある駅なので古い駅かと思っていたら、最近改装したそうで、近代的な駅舎になっています。


N10Rdw7S6beb90.jpg



2階の通路に上がるエレベーター用の総ガラス張りの建物が印象的です。


IppFtgBpjDa729.jpg



古い歴史的な駅舎を期待したのに、あれっという感じでさっさと駅構内に戻ります。立派な構内です。


JBVijLcBIE8445.jpg



列車の入線ホームが表示されたので、ホームに向かいます。大屋根に覆われたホームです。列車はまだ入線していません。


uDcDeCb_9gb3b9.jpg



10時39分発のウィーン・ノイシュタットWiener Neustadt行きの列車が表示板に表示されています。


IUZQ9ir0dV69e4.jpg



乗り込み準備が完了したので、saraiが朝食を調達にいきます。saraiが出掛けたとたんに列車が入ってきたそうです。配偶者はみんながゾロゾロと移動して乗り込むのを見送っていたそうです。


1ufkPRn_ime504.jpg



でも、今日はセカンドクラスながら指定席をとってあるので、慌てる必要はありません。これがネットで購入済のチケットです。


TURccfsw5S42b8.jpg



ところで、saraiはちゃんと時間を見ながら買い物をしていたのですが、発車数分前にしか戻らなかったので、配偶者は少々焦ったようです。

急いで列車に乗り込むと、列車は定刻に出発します。空調が効いていて、快適な列車の旅になりそうです。早速、調達してきた朝食をいただきます。


ko3noq_Lqg7b38.jpg



プラハは驚くほど立派な大きな街ですが、プラハの郊外に出ると、森と麦畑が続くだけです。


CvNpTS3Ybtd229.jpg



時折、駅を通過するだけで、街らしい街はほとんどありません。


Mo2xAtnPk41568.jpg



駅を通り過ぎると、また草原が広がります。


t2YgQ2uc7we192.jpg



小川の近くを走るだけでも気分転換になります。それほど、何もないんです。


DeVAkUvTJZ4453.jpg



ようやく、少し大きな駅を通過。


ELVKosQH_A8c92.jpg



草原の中にまばらな家々が見えますが、これも珍しいくらいです。


nMpQws2dtD88d6.jpg



この集落には牧場もあり、馬が放牧されています。


w9U654oiS3175f.jpg



延々と緑の中を列車が黙々と走っていきます。まだまだ、ウィーンは遠いです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ウィーンで音楽・美術三昧:チェコはブルノ以外は無人の草原?

2013年6月19日水曜日@プラハ~ウィーン/2回目

プラハPrahaからウィーンWienに鉄道で向かっています。これまで町らしい町はありませんでしたが、ようやく家並みが見えてきます。


t61C4tVEnV7a17.jpg



プラハから3時間近く走って、やっと大きな街のブルノBrnoに着きます。ブルノ本駅Brno hlavní nádražíです。


tHyuWTACyz079f.jpg



この駅で若干の乗り降りがあります。


1DePIGhEUbb128.jpg



駅からは街の風景も見えます。教会も見えます。聖ペテロ聖パウロ大聖堂Katedrala sv. Petra a Pavlaです。


ia2aTOjlgM5625.jpg



列車が駅を出て、教会もだんだん遠ざかっていきます。


xzYe1tFiyW84be.jpg



川を渡ると、ブルノの新市街です。


P_H5FEl9JV5429.jpg



ビルが立ち並びます。さすが、ブルノはチェコ第2の都市です。


ElMhSF4_oa4bcd.jpg



凄い現代的なビルもあります。ビルの内部はどうなっているんでしょう。


pV4YSczVmV275c.jpg



それでも、数分後には、また緑の草原になります。


Xzo0CxZ_Lg5269.jpg



草原には白い花が見渡す限り咲いています。綺麗ですね。でも、この辺りだけです。


j66jqa8e4160dc.jpg



小さな街すらない草原を列車が走っていきます。


OfAnBC50Rte513.jpg



しばらくすると、小さな街に停車。ブジェツラフBřeclavという街です。


t3cytsfmh81e9e.jpg



ずい分停車時間が長いので変だなと思っていたら、この街を出るとオーストリア国鉄側(だと思う)の検札があり(プラハを出るとすぐにチェコ国鉄の検札がありました)、オーストリアに入ったのではと推測されます。もっとも緑の草原が続くだけで国境らしきものは見当たりません。


Wra3jpnO1Z3f9f.jpg



オーストリアだと思うと、景色もなんだか豊かになったような気がするのは変でしょうか。


1XBwvaEcMQf2b8.jpg



草原のなかに家々も増えてきたような気もします。


B12xkQxfT_79a8.jpg



小さな教会のある村も見えます。


2014092401.jpg



小さな川に沿って走りますが、この川も水量が多いようです。


xt_jWox047340b.jpg



オーストリアにはいると、特に風力発電が目につきます。そういえば、チェコでは見かけませんでしたね。


7vdjkxAgC53b56.jpg



5時間近く走りました。そろそろウィーンも近いようです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ウィーンで音楽・美術三昧:ドナウ川を渡って、10日ぶりのウィーンに到着

2013年6月19日水曜日@プラハ~ウィーン/3回目

プラハPrahaからウィーンWienへの鉄道の長旅もようやく終盤を迎えます。
ドームのような大きな建物も見えてきます。いよいよ、ウィーンの郊外です。


l_H23DgKdsa4af.jpg



ドナウ川Donauに差し掛かります。これはドナウ川の運河、新ドナウ川Neue Donauですね。川の上流には、ビルが林立しています。ドナウシティDonau Cityです。


KILMk1h8XN53ac.jpg



新ドナウ川を渡りきり、中洲部分に入ります。川縁では男性と犬が川遊びに興じています。


BBvnblFtI77be7.jpg



中洲からドナウ川の本流に差し掛かります。


pZyzalAO678f2f.jpg



さすがにドナウ川は大きいですね。


krJWr55OIv0bc6.jpg



ドナウ川を渡ると、もうウィーンの市街です。
5時間弱でようやく、ジンメリング駅Simmeringに到着。当初はこの次のマイドリング駅Meidlingまで行くつもりでしたが、急遽この駅で下車することにします。そのほうがホテルまで早く着けそうです。
これがプラハから乗ってきた列車です。


6rUkyGIjRffada.jpg



この列車はユーロシティ(EC)という国際列車です。


Jyxs9nPjjW27e9.jpg



まだ停車している列車を横目に見ながら、プラットホームを出口に向かいます。


NTQfNgE_Rm6b48.jpg



これはプラットホームの駅名の名票です。


qAJelY2jc1d46b.jpg



プラハからウィーンまでの鉄道移動を地図で確認しておきます。ほとんどはチェコ国内の移動で、国境を越えると、ウィーンはすぐなんです。

プラハ本駅Praha hlavní nádraží → パルドゥビツェ本駅Pardubice hlavní nádraží → チェスカートシェボウァーČeská Třebová
        → ブルノ本駅Brno hlavní nádraží → ブジェツラフBřeclav → ウィーン・ジンメリングWien Simmering


lRpC7REcGeaf2f.jpg



ウィーンに着いてやることは、公共交通機関の1週間乗り放題チケットを購入することです。1週間乗り放題チケットは月曜日から日曜日までの1週間と決まっています。今日は既に水曜日ですが、ウィーンを離れるのは日曜日なので構いません。結局はこれが一番安いチケットなんです。一人15ユーロです。


q12zAPVl5A11fa.jpg



トラムに乗って、ホテルに向かいます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ウィーンで音楽・美術三昧:ウィーンに戻って、早速、フォルクスオーパーでオペレッタ

2013年6月19日水曜日@プラハ~ウィーン/4回目

5時間の鉄道旅を終えて、プラハPrahaからウィーンWienに到着しました。
ウィーンのジンメリング駅Simmeringの駅前に出ると、そこはトラム乗り場になっています。ここから、乗り慣れた71番のトラムに乗ります。


yABY6InfRK83b1.jpg



駅前には豊富な野菜と果物の露店が開かれています。


LITBp0dljg0889.jpg



ウィーンもプラハ同様、ものすごい暑さです。71番のトラムでレンヴェーグRennwegまで行き、O番のトラムに乗り継いで、ホテルの最寄りのコルンブスプラッツColumbusplatzに到着です。定宿のホテルのAustria Trend Hotel FAVORITAにチェックインします。さあ、ホテルのお部屋で、ガンガンに冷やして休憩しましょう。部屋に入って、エアコンのスイッチを探して見つけたものは、これです。


LxjUX57xsi40be.jpg



ウィーンはエアコンのないホテルも多いと聞いてはいたのですが・・・ガックリです。4泊2人で216ユーロですから贅沢は言えませんね。いいんですよ。石造りの建物ですから、効かないエアコンより扇風機の方がずっとましです。
部屋自体は4つ星のホテルらしく立派なもので、寝心地のよさそうなベッドです。


f1rVQuJ0a24753.jpg



デスクもきちんとしていて、使いやすいです。


hFbaiP8_fFdd53.jpg



今夜はフォルクスオーパーVolksoperでオペレッタです。暑さにもめげずに出掛けます。ただし、ネクタイは持っていって、ホール近くでしめましょう。
フォルクスオーパーに着き、オペレッタの開演前に、フォルクスオーパー前のカフェCafe Volksoperで夕食をいただきます。
これはメインの付け合わせのポテト。


ugKSTMBRlg50ab.jpg



メインはウィーナー・シュニッツェル。


eQQmae7O9M3ca2.jpg



もう一品のメインは魚のフライ。


G_V8CLkrUVae61.jpg



食事を終えてフォルクスオーパーに入ります。これが今日のチケット。


uw7Fu98A980047.jpg



オペレッタは新演出の《ルーナ夫人》。ショーアップされていて、楽しいオペレッタです。詳細はここにアップ済です。
終演後、まだ空に明るさの残るフォルクスオーパーの建物です。《ルーナ夫人》Frau Lunaの看板が明々と照らされています。


H1Mi_tIzTP0dc5.jpg



明日は楽しみにしていたR・シュトラウス最後のオペラ《カプリッチョ》をウィーン国立歌劇場で聴きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR