FC2ブログ
 
  

20年ぶりのベルリン:ポツダムのブランデンブルグ門からサンスーシ宮殿へ

2012年4月10日火曜日@ベルリン/8回目

ポツダムPotsdamのブランデンブルグ通りBrandenburger Straßeの端っこにあったレストランBABETTEで美味しいシュパーゲル三昧のランチをいただきましたが、何故か店内はがらーんとしていました。おかしいなと思いながらお店を出ると、お店の前のテラス席には人が一杯です。


8oe8R7977F8770.jpg



ちょうどブランデルブルグ門Brandenburger Torの前の眺めのいいテラス席だったんです。


D8wKzWTjDO9e39.jpg



負け惜しみを言うと、このテラス席もいいですが、店内の内装もとても綺麗でしたから、saraiは後悔していませんよ。
ブランデルブルク門の前に立ちます。ベルリンに戻って見に行く予定のブランデルブルク門に比べると随分小さいでしょうが、この建造物もなかなか立派です。


zd7J4s4saff7d1.jpg



ブランデルブルク門の奥のルイーゼン広場Luisenplatzには綺麗な噴水が上がっています。


aCKceldta6edda.jpg



噴水の向こうに回り込んで、噴水を前景としたブランデルブルク門を眺めます。門の向こうには大勢の観光客であふれるブランデルブルク通りも見通せます。ブランデルブルク門の左手の建物がレストランBABETTEです。シュパーゲルのシーズン、4月から6月はこのレストランはお勧めです。


yKu29CQqXo2f4e.jpg



さて、この広場から伸びる通り、アレー・ナッハ・サンスーシAllee nach Sanssouciを進みます。


kjDavDsj0g15a9.jpg



サンスーシ宮殿Schloss Sanssouciの庭園の入口はすぐです。綺麗なデザインの鉄柵の門です。


TmxKAwOBiaf4ea.jpg



門からはまっすぐの並木道、アム・グリューネン・ギッターAm Grünen Gitterが続いています。


sluSFnX25n5b76.jpg



この綺麗な並木道を散策したくなりますが、宮殿は右手の方でしょう。右手の方に建物が続いています。


HJVlhUqGS12389.jpg



宮殿の庭園内の案内図を見つけて、saraiがチェックします。


ZYij9EpgFpe1e5.jpg



やはり宮殿は右手にあるようなので、右に折れて歩きます。右側に古い建物があります。修道院か教会のようです。フリーデン教会Friedenskircheでしょうか。


QKdI8cu8w3f206.jpg



ちょっと寄っていきましょう。中庭の周りには美しい列柱の立った回廊が巡らせてあります。


cWMW0pOr_v11d8.jpg



中庭の真ん中には印象的な彫像も建っています。


g52ec604Sb82d2.jpg



ここまでの散策のルートを地図で確認しておきましょう。


2012081001.jpg



さらに庭園を散策しながらサンスーシ宮殿の本館を目指します。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

20年ぶりのベルリン:庭園を巡ってサンスーシ宮殿の美しいパノラマの眺め

2012年4月10日火曜日@ベルリン/9回目

ポツダムPotsdamのサンスーシ宮Schloss Sanssouciの庭園の散策を続けます。庭園内の教会からの小路を辿ります。


qNUntfFXB2de0d.jpg



さらに進むと、美しい池フリーデンシュタイヒFriedensteichに出ます。


SDeDeoENZDc696.jpg



池からは小川(お堀?)が続いています。この小川を渡って、小川沿いに進みます。


DAjQBdRfOlbc9f.jpg



小川の前には低い垣を巡らせた庭園が広がっています。


eyxpcX194tca71.jpg



小川の周りには樹木も繁り、美しい風景になっています。


ftsg_NPL2R347e.jpg



小川に沿って進むと、右手に宮殿が見えてきます。絵画館Bildergalerieです。


qfJ7X7nzz2520b.jpg



さらに進むと異様にも思える段々畑が見えてきます。


3JFci3djGh7e04.jpg



この段々畑の上の高台にお城が見えてきます。サンスーシ宮殿Schloss Sanssouciです。


HaD2COTMDv0dad.jpg



庭園の泉(噴水もあがるようですが)から段々畑の先のサンスーシ宮殿を眺めます。素晴らしい大パノラマです。


KfbO524xVvdec2.jpg



泉を周りながら、この大パノラマを角度を変えて眺めます。


80kqI7QTDrf51a.jpg



段々畑の前に出ます。高台のサンスーシ宮殿への斜面の段々畑ヴァインベルクテラッセンWeinbergterrassenはワインを作るためのブドウ園です。宮殿とブドウ園の取り合わせって、変な感じですが、それだけ、皆さん、ワインを飲むっていうことでしょうね。


sdRyQSX9rx6125.jpg



段々畑の中央にある階段を上っていきます。


sjdszznBqMc208.jpg



段々畑は近くから見ると巧みにブドウの木が植えられています。


cIpZ2EUWbY3eb9.jpg



何と段々畑を仕切る鉄の鎖にもブドウの木が絡みつけられています。


CjPItekXQB5e7f.jpg



ここまでの散策のルートを地図で確認しておきましょう。


2012081101.jpg



段々畑の階段を上って、サンスーシ宮殿の建物に向かいます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

20年ぶりのベルリン:サンスーシ宮殿の入館は1時間待ち!・・・そして、カラヴァッジョ発見!

2012年4月10日火曜日@ベルリン/10回目

サンスーシ宮殿Schloss Sanssouciを作ったのは、プロイセンの国王で有名なフリードリッヒ大王です。宮殿の中も見学できるようですから、ブドウ園の間の石段を上って宮殿に向かいましょう。


dQymsRITRUd554.jpg



この辺りから石段下の方を眺めると、庭園の美しい眺めが広がっています。


QcYqy7ZTOva56a.jpg



ようやく石段を上りきってサンスーシ宮殿の建物の前に出ます。特徴のある凝ったデザインの建物です。


UYNm4jfGQBe398.jpg



宮殿前の高台からの庭園の眺めはすこぶる綺麗です。


fJLaJCMKXw2536.jpg



宮殿内見学のチケット売り場は庭園側とは反対側にあるので、宮殿を回り込んで正面に出ます。途中の美しいパヴィリオンに見とれます。


_LkgJJTwCG6c76.jpg



さあ、チケット売り場に急ぎましょう。チケット売り場では、1時間後の見学チケットしかないと言われ、しぶしぶその時間指定のチケットを購入。3時20分のチケットです。


SpHYufXB8h3a43.jpg



その時間までは庭園でも見ながら過ごしましょう。チケット売り場を出るとサンスーシ宮殿の北側の広場です。広場からは緑の森の眺めが美しいです。


FRBzL64NvB2018.jpg



森の間に庭園がずっと奥の方まで続いています。


IOcZIEt7e_496d.jpg



広場を囲む回廊と宮殿の建物がとても美しいです。綺麗な半円形の広場です。


uGWqdhQqRa5599.jpg



逆サイドはこんな感じです。宮殿は南側の段々畑と庭園も美しいですが、北側の広場も美しい意匠です。


UqM9TFfWEdba0a.jpg



広場から、チケット売り場の横にあるミュージアムショップにはいってみます。ぶらぶらとお土産物をチェックしていると、近くで絵葉書を見ている配偶者が叫び声を上げます。1枚の絵ハガキを手にして「これはカラヴァッジョでしょ!」って言っています。確かにそのようにも見えますが、こんなところにカラヴァッジョはないでしょう。そう思いながらも絵葉書の裏面を見ると、確かにこの宮殿の絵画館にカラヴァッジョがあるようです。


d5nBUNYCUodc9f.jpg



ちょっと奇妙な絵ですが、カラヴァッジョと聞いて見逃すわけにはいきません。急いで絵画館に向かいます。絵画館はサンスーシ宮殿の東側にあります。


_zMGqlKSD31793.jpg



絵画館に着いてドアを開けようとしますが、固く閉じられています。変だなと思いながら、横にある表示を読むと、何と5月から10月の間だけ公開ということです。それって何?


5vEWqbfIEx6855.jpg



残念ですが、すごすごと退散するしかありませんね。恨めしく絵画館の入口を一瞥します。


6ilefHmAB492a3.jpg



ここまでの散策のルートを地図で確認しておきましょう。


2012081201.jpg



入館時間まではまだまだです。それまでサンスーシ庭園の散策を続けましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

20年ぶりのベルリン:フリードリッヒ大王のお墓とじゃがいもと犬達のお墓

2012年4月10日火曜日@ベルリン/11回目

サンスーシ宮殿Schloss Sanssouciの前で、フリードリッヒ大王のお墓を探します。ガイドブックの写真を手掛かりにそれらしいところを探すと、我々が立っていた場所のすぐそばに何気ない感じのお墓があります。


ULtSwt_QSi8479.jpg



お墓には目印のようにジャガイモが数個置いてあります。大王はジャガイモ振興で知られています。この大王のお蔭で、配偶者も美味しいドイツのジャガイモが食べられるんです。お墓の向こうにはサンスーシ宮殿が見えています。お墓は宮殿の東端にあります。


zob7ouwr2V7c96.jpg



大王のお墓の横には、彼が可愛がっていた犬達のお墓も並んでいます。変わったお墓ですね。


gDgFGGye04f24b.jpg



まだ時間があるので庭園内の散策を続けます。サンスーシ宮殿の外れで宮廷人の服装をした人がフルートを吹いています。あまり近寄らないように遠くを歩いているのにも関わらず、吹いている曲が急に変わり、「荒城の月」を吹き始めます。なかなか目ざといですね。こちらは気がつかなかったふりをして通り過ぎます。
広々とした庭園の中を気持のよい散策を続けます。


I3IfpyNOnr4a6d.jpg



大きな風車Historische Mühleの前に出ます。宮殿と農家風の佇まいの共存があるのがいかにもサンスーシ宮殿らしいところなのでしょう。


S5GQeeI5tKae83.jpg



この先にはオランジュリーOrangerieschlossと新宮殿Neues Palaisがあるようです。時間の許す限り歩いてみましょう。


UJh6w_XiH23fb4.jpg



少し歩くと、オランジュリーの巨大な建物のアーチです。


eSeiiraJz7816c.jpg



アーチをくぐると、オランジュリーの本館が見えてきます。


W_8FyXSTyr4f36.jpg



いやはや、このオランジュリーも凄く立派な建物です。


0_Oi_C__ok1433.jpg



オランジュリー前は広大な広場になっています。


hdZyZqM_Ya071f.jpg



中央には印象的な彫像が立っています。


ZAkBUdtkbR5f40.jpg



この広場は高台に広がっています。高台に絵画館Bildergalerie、サンスーシ宮殿Schloss Sanssouci、オランジュリーOrangerieschlossが点々と建っています。


YtT5iDcg1P2b50.jpg



オランジュリーの建物に近づいてみると、温室のようになっていて、中にはオレンジの木の鉢が並んでいます。オランジュリーはオレンジ栽培の温室のようなところなんですね。


7c6uzEYH5Wb510.jpg



オランジュリーは温室といっても外観は宮殿の建物そのものです。

オランジュリーを見て歩いているうちに見学の時間が迫り、急いで戻らないといけなくなります。が、配偶者は悠々と高台からの庭園の風景を撮りに行きます。
高台から見た下の庭園です。鬱蒼とした森の中に庭園は囲まれています。


sEun437wevb8dc.jpg



配偶者が戻ってくるのを確かめながら、サンスーシ宮殿に向かいます。急ぎましょう。

ここまでの散策のルートを地図で確認しておきましょう。


2012081301.jpg





↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

20年ぶりのベルリン:ポツダムを切り上げ、クーダムでゲットしたカリーヴルストを堪能

2012年4月10日火曜日@ベルリン/12回目

予約した見学の時間までに、サンスーシ宮殿Schloss Sanssouciに戻ってきました。
宮殿の傍には、まだフルート吹きがいます。我々を見かけて、今度は「花」(春のうららの隅田川♪)を吹きますが、今度も無視して通り過ぎます。それにしてもよく我々を日本人と確信できるものですね。

サンスーシ宮殿の入口では、まだ指定時刻まで10分ほどありますが、人が入っていきます。我々も続いて入ろうとすると、チケット係が我々のチケットを見て、少し待ってくれと入場制止。仕方ありませんね、指定時刻まで待ちましょう。時間になってようやく入場。中に入ると、各国語のオーディオガイドのマシンが並んでいて、配偶者がジャパニーズと言うとオーディオガイドを日本語にセットしてくれます。どの機械も同じもので、各国語にセットできるようです。日本語での丁寧な説明を聞きながら、宮殿を回ります。3ユーロ払えば写真も撮ってよいそうですが、絵葉書を買って済ませます。これは絢爛豪華なコンサートルームです。ドイツのロココ建築を代表するものです。


mOkZaKvbBB79d8.jpg



宮殿内で特に印象深いのは、音楽好きだったフリードリッヒ大王が実際に使っていたフルート(木製)が置いてあることです。フリードリッヒ大王が吹くこのフルートのメロディを聴いて、バッハがあの名曲《音楽の捧げもの》を作曲したんでしょうか。
宮殿を見学した感想は、豪華なヨーロッパの数々の宮殿と比較して、この宮殿はとても質素に感じられるということです。やはり、質実剛健なドイツ文化ということでしょうか。

今日は早起きしたせいもあるのか、見学後かなり疲れてしまい、ポツダムの他の宮殿(ポツダム会談のあったツェツィーリエンホーフ宮殿Schloss Cecilienhofなど)はパスして、早々にベルリンのホテルに戻ることにします。宮殿を出て、またまたフルート吹きの前を通ります。さてまだ持ち曲はあるかな・・・と配偶者が指揮者の手振りでスタートの合図をすると、彼はすかさず「椰子の実」を演奏し始めます。ここまで頑張られると仕方がないですね。根負けした配偶者は近寄って、フルートにあわせて歌を口づさみます。saraiは財布を取り出し、お金を箱に入れます。ケチな我々は、通常こういう形でのお金の提供はしないことにしているのですが例外です。すると、フルート吹きは大サービス?で「さくら、さくら」を吹いてくれます。


zYoLthu5INb4f8.jpg



彼に別れを告げて、バス停に向かいます。宮殿の丘から下ると北側の庭園が間近に見えます。


2QWyy8AnNVe723.jpg



丘を見上げると、宮殿前の半円形の広場を囲む円柱回廊が見えます。サンスーシ宮殿の建物もちらっと見えています。


2mb6YlQ3OTf07e.jpg



バス停に向かって歩いて行くとだんだんと視界が変わっていきます。どこから見ても円柱回廊は美しいです。


FLsoJr0HSl4f21.jpg



バス停に着くと、ほどなく少し遅れ気味のバスが到着。えらく混んでいます。それでもポツダム中央駅Potsdam Hbfのかなり手前では座ることができます。ふーっ・・・
駅にあるショップでは、配偶者の目がまた花屋さんの店先に吸い寄せられます。好きですね!


95kCaIhmg871d6.jpg



ポツダム中央駅からSバーンの電車に乗って、ホテルの最寄駅のツォー駅Zooに戻ります。30分ほどです。ここからホテルまで歩いてもいいのですが、今後のバス利用の偵察のために109番のバスに乗ってクーダムKu-damに向かいます。クーダムのバス停の位置が確認できます。
夕食代わりにベルリン名物のカリーヴルスト(カレー味のパウダーをまぶした焼きソーセージ)とフライドポテトを買って、ホテルに戻ります。


tr9ITxdEgjbc14.jpg



快適なホテルでゆったりと休養です。まだ温かいカリーヴルストを食べて、昨日からのブログを書きましょう。カリーヴルストはとても辛いのですが、癖になりそうな美味しさです。ベルリン滞在中にもう一度は食べようっと。


_XdciVwrDV43ec.jpg



なお、2種類のカリーヴルストがあります。使われるソーセージに皮つき(ミット・ダルムmit Darm)と皮なし(オーネ・ダルムohne Darm)のソーセージが選べるんです。人によって好みは違うでしょうが、saraiは皮つきが好みでした。一般的には皮なしが人気のようです。配偶者も皮なしが美味しかったそうです。皮なしはベルリンならではのようです。

今日はずい分歩き回りました。歩数は16206歩でした。疲れました!

明日は鉄道でアイゼナハEisenach、ヴァイマールWeimarに1泊のミニ旅行に出かけます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR