FC2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:ウィーン最後の朝

2012年4月22日日曜日@ウィーン/1回目

旅の17日目です。今日は帰国の日です。

既に荷物のパッキングは昨夜配偶者がやってくれていて、朝はさっとホテルをチェックアウトします。


t82FzCu3169f6f.jpg



5つ星ホテルの朝のロビーはゆったりとして、混み合うことはありません。


BEYDzMMQCb394c.jpg



ロビーのガラス天井から見上げる空は、綺麗な青空!


xnLlwvc3F8f3aa.jpg



荷物を引っ張って、ホテルの前のトラムの停留所ヴァイブルガッセWeihburggasseに出ます。リンク通りRingstrasseとも、しばしのお別れです。


bxsCnoF2cp4151.jpg



すぐに2番のトラムがやってきます。大荷物を持って乗り込みます。


yl_ZFm_tro50bd.jpg



地下鉄に乗り継ぎ、ウィーン・ミッテ駅Wien Mitteへ移動です。既に偵察済みなので、迷わずに工事現場を通り抜けてCATの入口に到着。


7VJ_LiTf_3d12b.jpg



そこにあるシティ・チェックイン・カウンターで午後1番の帰国便のチェックイン。荷物を預け、ボーディングパスを受け取ります。大きいスーツケースは22.5キロで、小さいほうは16キロで無事、合格。


GkMpOQJJTpaaa4.jpg



このカウンターはがらがらでチェックインも楽々です。初めての利用ですが、今後は利用することが増えそうです。

身軽になって、地下鉄で聖シュテファン大聖堂Stephansdomに向かいます。ウィーン最後のお楽しみは、日曜ミサでのモーツァルトのミサ曲(K.192の小クレド・ミサ)です。
お友達のSteppkeさんに教えていただいた情報なんです。
少し早めに着いたので、近くのマックで早業で朝食を済ませましょう。なんだか外国に来てまでマックに入るのはつまらないので(もっとも日本でもあまり利用しませんけど・・・)、今まで利用したことがありませんでした。お店の形式は日本と同じです。


a1xxu4Upva0551.jpg



注文を済ませると、早速奥で調理が始まります。


SjtWIsWBzJ3c8f.jpg



大観光地にあるマックなので、観光客向けにチケット販売しているお兄さんたちも朝マックです。


1llAmjK6tG492b.jpg



これが注文したハンバーガーです。


hoEJnaFdKM308f.jpg



パンがバーガーではなくて、オーストリアでは一番定番のカイザーゼンメルです。形や大きさがバーガーと同じくらいなので、代用というところでしょうか。やはりオーストリアですね。

ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2013031601.jpg



朝マックの後は聖シュテファン大聖堂です。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ウィーンで音楽三昧:聖シュテファン大聖堂で聴くモーツァルトのミサ曲・・・最後まで音楽三昧!

2012年4月22日日曜日@ウィーン/2回目

マックで朝食を終えて、聖シュテファン大聖堂Stephansdomに向かいます。この伝統ある聖堂は青空を背に堂々たる姿で迎えてくれます。


mek4Zx0S0e2043.jpg



中に入りましょう。内部も重厚そのものです。


m9P4nUDyMN7f62.jpg



聖シュテファン大聖堂の信者席につきます(信者じゃないけど・・・)。


QGqCnvpkWG5128.jpg



ドームに響く小編成オーケストラと合唱をしみじみと聴かせてもらいます。モーツァルトの葬儀はこの教会でとりおこなわれました。その教会で聴くモーツァルトのミサ曲ヘ長調『ミサ・ブレヴィス』(K.192の小クレド・ミサ)です。作曲したのはザルツブルグでしたけどね。
配られた楽譜の聖歌を一緒に歌い、近くの方と握手して、おしまい。ウィーンの旅を閉じるのにふさわしいですね。
日曜ミサのプログラムが張り出されています。


CNOSPm4w0a9170.jpg



さあ、急いで空港に向かいましょう。Steppkeさんも偶然同じ便なので、合流して、初めて体験する高速列車CATに乗ります。清潔な車内です。


yUvFV2LALZ827d.jpg



空港に列車が向かっているうちに、曇り空になってきます。ウィーンを去る寂しい気分にぴったりと合い過ぎです。


eCzrhZLUA189e5.jpg



CATは快調に走り、シュヴェヒャート空港Flughafen Wien-Schwechatに余裕で到着です。CATは市内のミッテ駅Wien Mitteと空港をたった16分で結んでいます。空港に着きますが、既にチェックインしているので何もすることはありません。免税店で記念に小さなゼクト(スパークリング・ワイン)を2本だけ買って、出発ロビーに入ります。


GfqcW9rtSk8675.jpg



いつも通り、ここはもう日本そのものですね。日本人ばかりです。


IWs4LjMlj72c0c.jpg



さて、搭乗です。いつもの2人席を予約しておいたのですが、機種が変更になり指定した席は3人掛けです。誰か来るかなと心配しますが結局は2人のままで、ちょっと楽なフライトになりそうです。
と、窓に雨粒が・・・。この旅も雨に降られることがなく、よかったです。


TlkaUrui9t796a.jpg



間もなく離陸です。長かった旅もいよいよグランド・フィナーレです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ウィーンで音楽三昧:グランド・フィナーレ!

2012年4月22日日曜日@ウィーン~成田/3回目

定刻通りに成田行きの直行便のオーストリア航空機は飛び立ちます。地上は緑と黄色の田園が綺麗です。


0_ruLv87wN3c44.jpg



安定飛行に移ると、スナックが配られます。


c_kPyqMnIa9434.jpg



白ワインをいただいて、スナックをつまみます。


V3uBzvQ1y210a2.jpg



しばらくすると下界は雲も切れ、ヨーロッパの大地が見渡せるようになります。このヨーロッパともしばらくのお別れになります。


OguTNHLQw7aa8b.jpg



離陸後1時間ほどで食事が配られます。


vhAz9dz0qKc6b8.jpg



もう一つ別の献立をいただいて、配偶者とシェアして楽しみます。


8mFcjYxdDzc3b1.jpg



ウィーンからの直行便で成田に向かう間、saraiはまだ書けていなかったティーレマン+ウィーン・フィルの2回分のシューマン・コンサートのブログ記事に没頭していて、ほとんど一睡もできません。一方配偶者は、白ワインがきいたのか、はたまた座席のサウンドシステムが壊れていて映画が見られないためか、ぐっすりと寝込んでいます。飛行機は夜の闇を飛び越して、空の青が明るくなってきます。とても美しいですね。


CM55Pnmsgyae78.jpg



日本海に出る頃に見る日の出のそれは美しいこと、感動的です。


RZuOGNGlqsc179.jpg



到着が近くなり、朝食です。


IPoJKJVUaN396c.jpg



早朝に成田に到着。ボーディングブリッジを通って、空港ビルに入ります。久し振りの日本です。ビルの窓から、到着したオーストリア航空機が見えます。ご苦労さまでした。


aGOss9apFH0bee.jpg



東京は雨です。どんなに暖かいかと楽しみにしていたのに、寒い!
雨の中を荷物をもって歩くのも嫌だし、通勤ラッシュの中を大きな荷物を持って乗り込むのも迷惑なので、荷物は宅配便にお願いしましょう。夕方には配達してくれるので、なにも問題ありませんね。
電車に揺られながら配偶者がアチコチに帰国メールをするうちに、横浜の自宅の最寄り駅に到着。まだ11時ですがお昼を済ませていこうと思ったら、まだまだお店は開いていません。お蕎麦が食べたかった配偶者はガッカリ。仕方なく、帰国最初の食事はオリジン弁当になってしまいます。どんだけ、田舎の駅なんだあ!

お弁当を持って自宅に到着。自宅は出かけたときのままでシ~ンと平穏そのもの。ベランダの花たちだけが大きく成長し咲き誇っています。出発の頃には芽吹かずに心配していたジャカランタにも、小さな可愛い新芽が出ています。荷物が届くのは夜なので、とりあえずPCでネットしていると、さすがに睡魔が襲ってきてどうにもなりません。昼寝するしかありません。saraiが爆睡している間、配偶者は郵便物の整理や御無沙汰の友人にメールをしていたようです。そりゃ、元気一杯でしょう。飛行機でぐっすり眠り英気を養っていましたからね。

saraiは、夕食の時間には昼寝から無理やり抜けだしますが、頭はぼ~っとしています。その頃には宅配便で荷物が届き、配偶者はせっせと洗濯や中身の整理。そして、あっという間に就寝。もうすっかり日本のペースになっているようです。saraiも追っかけるように就寝し、またまた爆睡です。寝ていると、夢の中で何か声が聞えてきます。どうやら配偶者のようです。「おトイレはどこにあるのーー!!」って、切迫した声です。「何言ってるんだ・・・ここは家だぞ」とsaraiが言うと、「あ、そーか」って納得した様子でトイレの方に向かいます。ホテルと思い、トイレを探して部屋の中を一周したけど見つからなかったとのこと。結局、配偶者もボケているようです!

saraiは10時間ぐっすり寝ましたが、それでも次の日はまだまだ眠くて1日中ぼ~っとしていました。配偶者は、お土産を孫達に送り、せっせと片付け、旅の気配は跡形もなく片付いてしまいました。

ということで、今回の旅の報告はオシマイです。ほとんど1年にわたって書き続けましたが、何とか最後まで書き終えました。

いつもながら、長文にお付き合い頂きありがとうございました。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR