FC2ブログ
 
  

エル・エスコリアル修道院を訪問:またまた、バスターミナルが分からずにウロウロ・・・

2014年5月28日水曜日@マドリッド/1回目

旅の3日目、マドリッド滞在2日目です。今日はエル・エスコリアルに出掛けます。

エル・エスコリアルには立派な修道院があるのですが、目的は修道院付属の美術館にあるエル・グレコの「聖マウリシオの殉教」を観ることです。午後は雨になるとの予報なので、早く行ってきましょう。ホテルは朝食なしのプランなので、身支度をしてさっさとホテルを出ます。まだ8時を少し過ぎたところ。いつものsaraiにしては早い行動です。


IMjFrGKlBk99c5.jpg



ホテルの最寄り駅カリャオCallaoから、地下鉄3号線でバスターミナルのある駅モンクロアMoncloaに向かいます。ルートを地下鉄マップで確認しておきましょう。


qqDKDaJVA779cf.jpg



モンクロア駅に着き、バスターミナルを探します。昨日もバスターミナルを探すのに苦労しましたが、確かにバスターミナルは見付けにくいです。いったん地下の駅から地上に出て探しますが、バスターミナルがあるような感じがしません。駅に戻って案内表示を探しますが、表示もありません。おかしいですね。駅員さんに聞きますが、ここにはバスターミナルはないとのこと。英語を話せる人も少ないので、話の内容がよく分かりません。もう一度構内に入り駅を確認しますが、saraiは間違いないと確信するだけです。再び地上に出てバスターミナルを探しますが、やはり同じことで見つかりません。新聞などを売っているお店のおばさんに聞くと、ずっとまっすぐ進んだ先の地下にあるとのこと。駅からそんなに歩かされるのも変ですが指示通りに進むと、それらしいところに出ました。なんとここは昨日セゴビアからのバスが最初に着いたターミナルでした。大きな特徴的な建物があったので、一体どこどこだろうと思っていたところでした。ここはモンクロア広場で、建物は空軍司令部でした。広場には凱旋門も見えています。


m2CKN_T4Y_10ec.jpg



地下への入り口もありました!


HE9PJjdZ2f5f93.jpg



地下に下りてびっくりです。ものすごく大きなバスターミナルです。


YoopBIMFeg16f5.jpg



エル・エスコリアルへの乗り場を探しましょう。


EQ_cktvQou30bc.jpg



ようやくエル・エスコリアルへの乗り場を見つけました。3番乗り場です。


ExMXBGSRK85d86.jpg



発車時間を確認します。発車までにまだ20分ほど時間があるので、朝御飯を食べましょう。近くにパン屋さんがありました。


htTQCCsmtk1655.jpg



総菜パンが色々あります。中身が分からないのが困りますが、形で決めます。


qtYhdFxlVfe2a4.jpg



温めてくれるようなので、コーヒーと一緒にお願いします。コーヒーはもちろんミルクコーヒーです。美味しいので構いませんが、コーヒーはどうもこれしかないようです。これが今日の朝食です。


hs95icVGpgb350.jpg



パンの中身が分からず不安ですが、思いきって食べてみると、美味しい! 1つはミートソース、もう1つはホワイトソースのポテトサラダのようなものです。ずっしりと詰まっていて食べごたえもあります。



oYVeK9CbrF9021.jpg



大満足の朝御飯になりました。急いで乗り場に戻ると、長い行列が出来ていました。一番最後に並んでいた美人のお姉さんに確認すると、このバスがエル・エスコリアルに間違いなく行くようです。saraiはご機嫌な気持ちになりました。実は、意外にスペインは美人が少ないと不満だったのです。ようやく美人のお姉さんとお話が出来ました。

664番のバスに乗り込み出発です。チケットは運転手から購入します。チケットといっても、単なるレシートです。どうやらスペインのバスのチケットは、ペラペラの領収書の紙っぺらのようです。でも、エル・エスコリアルまで1人4.2ユーロです。


VxsqCybTBA0a24.jpg



バスは地下のターミナルを出て、地上の大通りに出ました。


iNDf4M81CYed8a.jpg



数分で高速道路近くに出ます。


Ixih3WyCnk73bd.jpg



高速道路を走り出し、昨日と同様にどこまでも続く広野を進みます。


OqiyGqhJ6Eb5df.jpg



バスはエル・エスコリアルに向けて、順調に走っていきます。この後は次回で。






↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



 

エル・エスコリアル修道院を訪問:ええっ・・・エル・グレコが見られない!

2014年5月28日水曜日@マドリッド/2回目

マドリッドの地下鉄モンクロア駅の地下バスターミナルから、エル・エスコリアルに向かいます。地図を見るとよく分かりますが、昨日行ったセゴヴィアと同じ方向です。


vwEyv2T3WYdfd8.jpg



したがって、バスが走る高速道路沿いの風景は昨日見た風景と似通っています。大平原が広がっています。


YPMBb6H0Yv4d26.jpg



どこまで走っても同じ風景が続きます。厚い雲が広がる空に少し青空も見えてきました。天気が良くなるといいな。


Q2mBKlNMbvf5ce.jpg



エル・エスコリアルまで高速を走り続け、40分ほどでエル・エスコリアルの街に入ります。


3ZweE6OF544564.jpg



50分ほどでエル・エスコリアルの小さなターミナルに到着です。別荘地のような住宅街です。通りをまっすぐ進むとエル・エスコリアル修道院の筈です。


CSFRATLJKW3ba4.jpg



綺麗な並木道を進むと、木々の緑の先に尖塔が見えてきました。エル・エスコリアル修道院でしょう。


kZ2mNucgj19e6d.jpg



修道院が見えていても、すぐにはたどり着きません。道も広く建物も大きいので、意外に遠いんです。


A_8cXRoQ7k7e4b.jpg



やがて、ものすごく大きな建物の前に出ました。この巨大な建物は修道院などというものではありませんね。写真にも全貌は収まりきりません。


ZCFBbZLMyXd723.jpg



広い前庭には大勢の子供や年寄りの団体が並んでいます。私達がたどり着くと、ちょうど10時の開門でした。


Qrj0ujdrsq7632.jpg



団体客をかき分けて前に進み、中に入ります。個人客用の窓口でチケットを購入。1人10ユーロです。


CUcdHOoFxx5ae7.jpg



団体客を脇目に見て、どんどん案内表示にしたがって進みます。


Ow8OfqP6By52e0.jpg



立派な部屋が続きますが、修道院と言ってもこのあたりは美術館になっていて、古い絵画が並んでいます。お目当てのエル・グレコの1枚を探してどんどん進みます。が、見つからないうちに美術館を出てしまいました。これはいけません。係りの人に尋ねると、向こうから年配の職員が答えてくれます。エル・グレコの作品は修復中! エエエエ・・・訪問の目的はエル・グレコの最高傑作のひとつである《聖マウリツィウスの殉教》を見ることなのに、何と展示されていないとはショック! やっと出掛けてきたのに・・・・。そんな大切な情報は流してほしいですね。
これが、見られる筈だった《聖マウリツィウスの殉教》です。以前、大塚国際美術館で見て感銘を受けた陶板画です。この陶板画は、実際にこのエル・エスコリアル修道院の本物を写真に撮って陶板に焼き付けたものですから、本物同様の筈です。


QNbl01lc_22e21.jpg



ガッカリして元気のないまま、何の興味もない王家の霊廟や図書館の中を進みます。とは言え折角ですから、地下の王家の霊廟は見ておきましょう。薄暗い空間に壮麗な棺が並んでいます。


chIgNPTmTp2c35.jpg



天井は豪華なドームになっていて、金色に輝いています。


hqHunScth0210c.jpg



これが有名な歴代の国王達の棺です。上から、カルロス5世(カール5世):神聖ローマ帝国皇帝(この人だけはスペイン王ではなく、皇帝と書かれています。スペイン国王としてはカルロス1世ですね。)、フェリペ2世(カルロス5世の息子で、スペイン国王と書かれています。)、フェリペ3世、フェリペ4世です。有名画家たちのパトロンだった人達です。カルロス5世とフェリペ2世はティツィアーノ、フェリペ4世はベラスケスですね。


erzMTfPzLE0b0a.jpg



これは、上から、カルロス2世、ルイス1世、カルロス3世、カルロス4世。カルロス3世とカルロス4世はゴヤゆかりの国王ですね。


Krg8DDIQqB7f3d.jpg



これは、一番上がフェルナンド7世。カルロス4世の息子でゴヤは宮廷画家として仕えました。


lhQ6LYPpgS206a.jpg



王家の霊廟を抜けて先に進みますが、広くてなかなか出口に到達できません。迷路のような修道院の中を、出口に向けてまっしぐらですが、この後は次回で。






↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



 

エル・エスコリアル修道院を訪問:エル・グレコは空振りでマドリッドへの帰路に

2014年5月28日水曜日@マドリッド/3回目

エル・エスコリアル修道院ではエル・グレコを見られず、落胆しながら迷路のような内部空間をひたすら進み、ようやく建物の外に出ることが出来ました。建物を出ると、そこは修道院の美しい中庭です。


AK5FACmPOt18f3.jpg



このパティオのような中庭は《王の中庭》と呼ばれており、正面にはバシリカの建物が建っています。


Hx0mqyvU52f7a8.jpg



中庭から出るアーチから見た中庭とバシリカです。


mBjp1v9tj92b2c.jpg



中庭を抜けると、大勢の子供たちが紙飛行機を飛ばしている裏庭に出ました。


XzoeUW9VQZeb95.jpg



子供達の間を抜けて建物に戻ろうとしたら、そこに立っていた男の人が、ここは学校だよと教えてくれました。学校まであるんだ。


6hMV4Ud2IQ6e98.jpg



ぐるりと学校を避けて回り込んで、修道院の表側に向かいます。


dP1y5oCaWg8e97.jpg



ようやく出口にたどり着きました。エル・エスコリアル修道院を訪問するものの空振りになり、くたびれただけで残念です。さっさとマドリッドに戻りましょう。バスターミナルに向かって、サン・ロレンソ・デル・エスコリアルの街の中の道を歩きます。美しい道が続きます。


0f9dMJ0QlJ3e55.jpg



綺麗な広場もあります。


iSG8Lg4DuU00fd.jpg



街の中からも、まだエル・エスコリアル修道院のバシリカの鐘楼が見えています。


EMlPfIGPJg9aeb.jpg



街は静けさに包まれて、綺麗な建物も並んでいます。


UKUcVVfOOA6feb.jpg



バスターミナルに到着。ここからマドリッド行のバスに乗ります。チケットは来た時と同様にバスのドライバーから購入。1人4.2ユーロです。


9YHAhDRQtpfa84.jpg



乗り込んだマドリッド行のバスは661番のバスで、来たときとは違う経路で街中を走ります。来たときの664番のバスとは異なり、高速道路を走りません。車窓から見える家々の庭のバラが綺麗です。行きよりは少々時間がかかりますが、それでもたかだか10分程度の違いで異なる景色を眺めることができ、楽しいです。
大きな湖の前に出ました。自然の湖ではなく、バルマヨル貯水池Embalse de Valmayorのようです。


_dI_L8DDdw92e4.jpg



鏡のような湖面が綺麗です。


Dyqspsjdsi0653.jpg



貯水池を過ぎると、牧場で牛たちが草を食べています。長閑です。


vDN8TEYCQBb7de.jpg



その先は木々が生い茂る荒野が続きます。


6H7YxOzFe26830.jpg



661番のバスは664番のバスのようにマドリッドまで直行ではなく、あちこちバス停に停まって走ります。それでも、もうすぐマドリッドです。


xmYgIkx9F5fe71.jpg



バスの中でゆっくりと昼食の検討会も出来ました。今日もバルに立ち寄って、ランチをすることにしるす。プエルタ・デル・ソル近くのバルに行きましょう。そうこうするうちにモンクロアのバスターミナルに到着。この後は次回で。





↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR