FC2ブログ
 
  

新年は・・・金沢七福神巡り

大晦日は横浜みなとみらいホールでのジルヴェスターコンサートを娘夫婦と4人で楽しみ、娘夫婦は我が家でお正月。
娘が日頃の運動不足解消に新年はたっぷりと歩きたいと言い出します。まあ、それもそうですね。早目にお節料理をいただいて、お屠蘇代わりのシャンパンのほろ酔い気分を軽く、お昼寝で解消。
さあ、金沢七福神巡りに出かけることにしましょう。一昨年にも配偶者と二人で巡ったルートを思い出しつつ、出発です。

出発点となる京浜急行の金沢文庫駅に降り立ち、駅の階段を下りるところから、金沢七福神巡りはスタートです。

2016010101.jpg



駅の外に出ると新春の陽光が燦々と降り注ぎます。絶好の散策日和です。

2016010102.jpg



まず金沢七福神の1番目は正法院です。駅前の横浜銀行の前を通って、まっすぐに進みます。

2016010103.jpg



通りを進んでいくと、金沢七福神の赤い幟がでています。

2016010104.jpg



やがて、曲がり角に正法院の案内が出ています。ここで右に曲がります。ところで正法院は福禄寿のお寺のようです。

2016010105.jpg



すぐに正法院が見えてきます。正法院まで駅から歩いて7分です。

2016010106.jpg



早速、お参りします。お賽銭を上げて、今年もブログが続けられることをお願いします。

2016010107.jpg



お寺の境内には、福禄寿がいます。なかなか可愛いですね。

2016010108.jpg



境内から出ようとすると、ちょっと人だかりがしています。日本には珍しい摩尼車があります。これもご利益がありそうですから、家族4人で回していきましょう。

2016010109.jpg



ここからは隣駅の金沢八景駅近くの瀬戸神社まで歩きます。国道16号線を歩いていくと25分ほどで瀬戸神社に到着です。
まずはお参りと思いますが、ここにはお参りのための長蛇の列ができています。

2016010110.jpg



仕方なく、ここでのお参りは断念します。
この神社は弁財天を祀っているようなので、それだけでも見ていきましょう。本殿の右手に祠があります。

2016010111.jpg



この祠に弁財天の写真が飾ってあってあるので、それで我慢することにします。

2016010112.jpg



神社を出ると、大きな道路の向かい側に小さな鳥居が見えます。今やこの国道16号線で分断されていますが、本当は参道がつながっていたようです。そちらにもまわってみましょう。
道路を横断すると、鳥居の前に出ます。

2016010113.jpg



後ろを振り返ってみると、道路の向かいに瀬戸神社の本殿が見えています。国道で分断するとは何とも情けないものです。

2016010114.jpg



鳥居をくぐって奥に進みましょう。

2016010115.jpg



すると鳥居の先の左手に何と弁財天の像があります。なーんだ。こんなところにあったんだ!

2016010116.jpg



赤い欄干の小さな橋の先に小さな島、琵琶島があります。ここにもお社がありますが、柵が閉じられていて、お参りはできません。どうもこの神社とはご縁がないようです。

2016010117.jpg



この島からの海の眺めは格別です。海沿いにモノレールが走り、正面には野島が見えます。なかなかの絶景です。古くから金沢八景として知られている景勝の地です。

2016010118.jpg



次のお寺に向かいます。七福神の3番目の龍華寺です。7分ほど歩くと到着です。
とても大きなお寺の甍が見えます。

2016010119.jpg


本堂への参道を進むと、参道右手に大黒天のお堂があります。地蔵堂です。

2016010120.jpg



地蔵堂の前には休憩所ができています。

2016010121.jpg



ここでは美味しい甘酒をいただきます。本格的な甘酒です。お砂糖が入っていないというのに、とっても甘い! 口直しにお茶もいただきます。
ところで大黒天は?
地蔵堂の中に小さな大黒天が鎮座しています。

2016010122.jpg



しかし、これまでの七福神の像とはいかにも不釣り合いです。よくよく探してみると、地蔵堂の門の横に大黒天の像を発見して、満足。

2016010123.jpg



七福神の4番目に向かいます。うっかりすると通り過ぎてしまうような通りの横に案内板があります。

2016010124.jpg



路地の奥まった一角にようやく4番目の伝心寺を発見。

2016010125.jpg



お参りしますが、七福神にしては、ちょっと寂しいお寺です。

2016010126.jpg



ここは毘沙門天を祀っています。境内の隅に毘沙門天の像があります。

2016010127.jpg



本堂の中にも小さな毘沙門天が祀られています。

2016010128.jpg



次は七福神の5番目に向かいます。5番目は宝蔵院です。宝蔵院は有名な称名寺の先にあります。まずは称名寺に向かいます。
途中、神社にぶつかります。八幡神社です。この八幡神社は七福神ではありません。

2016010129.jpg



この八幡神社のY字路で右手の道を進むと称名寺に行けるようです。まっすぐ進んでいくと、称名寺の手前にも、立派なお寺があります。薬王寺です。

2016010130.jpg



その先に称名寺の門が見えてきます。伝心寺からここまで12分ほどです。

2016010131.jpg



門の先の参道を覗くと、初詣での人で賑わっています。しかし、ここは七福神ではありません。saraiはちょっとここにも初詣と思いますが、皆の反対で却下されます。

2016010132.jpg



称名寺をパスして、門の前の通りを右のほうに進みます。坂道を上り、ややこしい道を進み、柴隧道を抜けると、宝蔵院の案内板があります。

2016010133.jpg



その先の柴の町内会館で右に折れると、宝蔵院の横の駐車場に出ます。称名寺から20分ほど歩きました。

2016010134.jpg



この宝蔵院が5番目の七福神です。まず、本堂にお参りします。

2016010135.jpg



境内には、寿老人の像があります。

2016010136.jpg


本堂の壁には、金沢七福神めぐりのポスターが貼ってあります。

2016010137.jpg



残す2つの七福神はちょっと離れています。
歩けば1時間程の距離のようですが、もうずいぶん歩き回ったし、日も傾いてきたので、無理をするのは止めましょう。近くを走っているモノレールのシーサイドラインを利用します。
海の公園柴口駅から、シーサイドラインのモノレールに乗車。並木北駅で下車します。
6番目の長昌寺に向かいます。やがて、七福神の幟が見えてきます。

2016010138.jpg



15分ほど歩いて、6番目の長昌寺に到着です。

2016010139.jpg



門のすぐ脇に布袋尊の像があります。

2016010140.jpg



本堂は既に閉じられており、お参りは叶わず。

2016010141.jpg



いよいよ最終コースです。最後の7番目は富岡八幡宮です。
ここは物凄い初詣での行列ができています。

2016010142.jpg



saraiは初詣でが目的ではないので、行列の横をすり抜けて、石段を駆け上がります。

2016010143.jpg



富岡八幡宮の境内に蛭子尊を発見。

2016010144.jpg


無事に七福神を巡ることが出来ました。

お礼の気持ちを込めて、八幡様の本殿に向かって、遠くから参拝します。

2016010145.jpg



今年は新年最初の日からよい運動ができました。ふーっ、疲れた!!


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR