FC2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:ウィーン・フィルのコンサート後、ウィーン料理店でランチ

2015年6月21日日曜日@ウィーン/1回目

旅の3日目です。

9時頃にはお目覚め。シャワーを浴びて、コーヒーを淹れ、お出かけの準備をします。今日もコンサート・オペラのダブルヘッダーで、1つ目は朝11時からなんです。
お天気はうす曇で今ひとつはっきりしませんが、雨が降りそうな気はしません。
まずは、楽友協会です。ホテル最寄りのトラム停留所へ。

2016011201.jpg



3分程待つと、71番のトラムがやってきます。

2016011202.jpg



すぐに楽友協会に到着。

2016011203.jpg



今日はよい席がゲットできず、初めての2階席(バルコン・ロジェ)です。これが今日のチケット。

2016011204.jpg



これが座席表。

2016011205.jpg



この2階席へは70段程の階段を上らないといけません。でも、お友達からエレベータがあることを教えてもらいました。それも、メインのエレベータは混み合うということで、奥まった所にある隠れエレベータです。もちろん常連さんは知っているようですが、待つことなく乗れ、楽チンです。

2016011206.jpg



座席からの眺めです。ステージ上のオーケストラを斜め後ろから見下ろす感じです。

2016011207.jpg



2階席はこんな感じでホールをぐるりと取り囲んでいます。

2016011208.jpg



これはステージ真上のオルガン・バルコン席。今日はここにウィーン少年合唱団が立ちます。

2016011209.jpg



美しい装飾パネルの天井も間近に見えます。

2016011210.jpg



天井から吊り下げられているシャンデリアが印象的です。

2016011211.jpg


今日のコンサートは昨日と同じプログラム。ヤンソンス&ウィーン・フィルの演奏でマーラーの交響曲第3番です。かなり条件の悪いと思われる席での鑑賞でしたが、予想外の素晴らしい音響に驚かされます。今日も感動の演奏でした。詳細はここです。

演奏会後は美味しい昼食を頂きに行きましょう。ウィーン料理店のミューラーバイスルMüllerbeislに向かいます。予約を入れておきましたが、不要でした。地下もある大きなお店です。店内は、歴史を感じる装飾で、落ち着いた感じのよいお店です。

2016011212.jpg



壁には多くの肖像ポスターが並んでいます。多分、有名人達なんでしょう。

2016011213.jpg



ウェイターはsaraiに日本人かと確認して、日本語のメニューを持ってきてくれます。これはありがたいですね。シュパーゲルの料理を見つけ、迷わず1品はこれに決まりです。

2016011214.jpg



お鍋にスープとともに入れられたターフェルシュピッツの写真を発見。これはスープが期待できそうなので、もう1品はこれに決まりです。

2016011215.jpg



まずは注文した白ワインが運ばれてきます。

2016011216.jpg



続いて、パン。

2016011217.jpg



最初の料理はいのししの生ハムとメロンの前菜です。いのしし・・・と思いましたが、普通の生ハムと全く変わりなく美味しいです。量もたっぷりあり2人で分け合います。

2016011218.jpg



次は、ウィーン風コンソメスープ。定番ですから、美味しくない筈はありません。

2016011219.jpg



そろそろ、メインが出てくる頃です。楽しみです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ウィーンで音楽三昧:ミューラーバイスルの美味しいランチ、その後はスイス庭園を散策

2015年6月21日日曜日@ウィーン/2回目

ウィーン料理店のミューラーバイスルMüllerbeislでランチをいただいています。いよいよ、メインです。お鍋に入ったターフェルシュピッツが出てきて、ウェイターが2人のお皿に取り分けてくれます。それはありがたいですが、それではスープは持っていかれちゃいます。慌てて、スープも飲みたいというと、お鍋を置いていってくれます。あ~、よかった。美味しいスープも飲めて大満足です。

2016011301.jpg



肝心の肉も付け合せのポテトとともに美味しく頂きます。

2016011302.jpg



シュパーゲルも2人に取り分けてくれます。なかなか気の利いたサービスです。

2016011303.jpg



最後にターフェルシュピッツのスープを鍋から飲み干して、言うことなしです。

2016011304.jpg



落ち着いたところで、壁の飾り物を眺めます。ウィーンの古い料理店らしい雰囲気が漂っています。

2016011305.jpg



最後にコーヒーを頂いて終了。チップも多めにはずみます。

2016011306.jpg



ランチを終え、ミューラーバイスルを出ます。今日は、ベルヴェデーレ宮殿の隣のスイス庭園Schweizergartenを散歩してみましょう。トラムでベルヴェデーレ宮殿の上宮の先の停留所クヴァルティア・ベルヴェデーレQuartier Belvedereまで行って、散策開始です。この辺りはウィーン中央駅関連の開発が進む一角です。昨日もこの辺りを歩きました。

2016011307.jpg



スイス庭園は緑豊かな公園です。大きな木々の間に散策路が巡らせてあります。

2016011308.jpg



散策路の中にはベンチが配置され、ウィーン市民がゆっくりと寛いでいます。

2016011309.jpg



大きな池があり、その畔に何だか人の顔の形をした大きなオブジェがあります。ショパンの顔みたいですね。

2016011310.jpg



このオブジェはKrzysztof M.Bednarskiというポーランドの知られた彫刻家が創ったもので、ショパン生誕200年記念の年の2010年に序幕されました。ポーランド共和国政府から寄贈されたそうです。 ショパンは、1829年~1831年の間に2回、計9ヶ月間ウィーンに滞在しましたが、ウィーンで活躍の場を見いだせないままにパリに移り、その才能を開花させることになります。
このショパンのオブジェの先には池の真ん中の噴水が見えます。

2016011311.jpg


美しい池の周りを歩きます。噴水が綺麗ですね。

2016011312.jpg



樹木の美しさがとても印象的です。

2016011313.jpg



このスイス庭園はともかく広いです。広い散策路がまっすぐに伸びています。

2016011314.jpg



ベンチもたくさんあり、多くの人がのんびり過ごしています。日曜日だからでしょうね。サッカーに興じる子供たちの集団、ランニングをする人、散歩をする人、さまざまです。

2016011315.jpg



散策路にはたくさんのベンチがあり、こういう空いたベンチも多いんです。

2016011316.jpg



ベンチで話に興じる熟年の人たちも多いようです。

2016011317.jpg



スイス庭園のはずれの方まで歩いてきます。子供の遊具もありますが、あまり人は見えません。

2016011318.jpg



ドッグランもあります。思い思いに過ごす市民の憩いの森という感じです。

2016011319.jpg



が、あまりにも広い。周りに住宅があるわけでもないし・・・。公園のはずれに、立派な宮殿のような建物があります。何かしら? どうやら、ウィーン軍事史博物館Heeresgeschichtliches Museumのようですね。とりわけ、第1次世界大戦の引き金になったサラエヴォ事件に関する展示が有名です。

2016011320.jpg



遠くにタワーが見えます。高いところ大好きなsaraiが、中央駅の展望タワーだから上ってみようと提案。それもよいでしょと信じた配偶者。

2016011321.jpg



ところがこれは大きな間違い。それが分かるのはこの後の展開です。

ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2016011322.jpg





↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ウィーンで音楽三昧:アーセナルの中にあったタワーは? オペラはアデスの《テンペスト》

2015年6月21日日曜日@ウィーン/3回目

スイス庭園Schweizergartenのはずれから見えた中央駅の展望塔と思しきタワーに向かって進んでいきます。タワー目指して歩いていくと、レンガ作りの立派な建物が続きます。

2016011401.jpg



緑に囲まれ、次から次へと大きな建物があります。案内板によると、これらはアーセナルArsenalという31棟からなる複合的なレンガ造りの建物で、19世紀の半ばに軍事用に建設されたようです。現在は住居や研究施設などに利用されているようです。建物はオブジェクト1、オブジェクト2、・・・という番号で区別されています。

2016011402.jpg



アーセナルの中は公園のような緑の空間になっています。

2016011403.jpg



やがて、緑の木々の間からタワーが姿を現します。

2016011404.jpg



遂にタワーの下に到着。たどり着いて見ると、それは中央駅の展望塔ではなくて、オーストリア・テレコムの単なる電波塔でした。saraiのうそつき!って、配偶者が叫びます。ごめんなさい・・・。

2016011405.jpg



がっかりして帰ろうとすると、アーセナルの建物群の中の立派な建物に驚くものを発見。どうやらウィーン国立歌劇場Wiener Staatsoper関係の施設のようです。リハーサル用の舞台でもあるのでしょうか。

2016011406.jpg



今度は並木の先に大きな運搬車が停まっているのが何故か気になります。何でしょうね。

2016011407.jpg



近づいてみると、これはブルク劇場Burgtheaterの運搬車です。ブルク劇場の倉庫か施設もここにあるようです。

2016011408.jpg



してみると、ここにはウィーン劇場連盟Bundestheaterの一大施設があるようです。《ART for ART》という組織が運営しているようです。

2016011409.jpg



オブジェクト19がこのウィーン劇場連盟のために利用されているようですね。

2016011410.jpg



ヘ~、ウィーン国立歌劇場やブルク劇場のバックヤード的な建物がこんなところにあるんだねって感じです。
この一角には可愛いお人形の配置されているお庭もあります。人々の営みを感じます。

2016011411.jpg



スイス公園とアーセナルの中をずいぶん歩きました。そろそろホテルに戻りましょう。ラントシュトラサー・ギュルテルLandstraßer Gürtelの大通りに出て、ファサンガッセFasangasseの停留所で18番のトラムに乗って帰ります。

2016011412.jpg



ホテルで一服して、オペラに出かける準備です。配偶者は気合を入れて着物を着ます。
さて、出発です。例によって、ホテルの最寄りの停留所で71番のトラムを待っていると、タクシーが乗っていけばと目の前で停まり声をかけてきますが、お断り。通りすがりの車の中から、グッドのサインをしてくれる奇特な人もいます。ありがとうございます。今日はトラムも待つこともなく、ちゃんとやってきて、無事にウィーン国立歌劇場に到着です。
今日のオペラは新進気鋭の作曲家トーマス・アデスの《テンペスト》です。チケットはこれ。4列目の中央の席です。

2016011413.jpg



舞台はミラノ・スカラ座を模したものです。中央には巨大なシャンデリアが吊り下げられています。

2016011414.jpg



冒頭、このシャンデリアの上でアクロバティックな演技が行われ、肝をつぶします。シルク・ドゥ・ソレイユの演出家らしいド派手なサーカス風の見せ場です。

2016011415.jpg



原作はシェークスピアの同名の《テンペスト》。主役のプロスペローを演じるエレードは素肌に奇怪な模様を描き、指輪のウォータンもどきの杖をもって、渾身の演技。

2016011416.jpg



圧巻だったのは、アリエル役のオードリー・ルーナ。異様な動作と金切声で舞台を駆け巡ります。

2016011417.jpg



舞台全体の音楽をまとめたのは、作曲家アデス自身。彼が指揮までやりましたから、音楽面は万全。

2016011418.jpg



とても面白いオペラでした。客席には、珍しく、日本人らしき人を見かけませんでした。このオペラの詳細はここです。

焼きそばを買って帰り、それをおつまみにデュルンシュタインで求めたヴァッハウ産の白ワインを飲みながら、ブログ書きに熱中。

2016011419.jpg



今日は充実した1日でした。明日も引き続き、ウィーン国立歌劇場でヒンデミットのオペラ《カルディヤック》を見ます。ウィーンで音楽三昧は続きます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



f-8">

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR