FC2ブログ
 
  

ウィーン温泉探訪へGO

2015年6月22日月曜日@ウィーン/1回目

旅の4日目です。

今日の予定は、夜の8時からのオペラだけです。お昼はちょっとどこかへ出かけましょう。お天気は曇り空ですっきりしないので、オーストリア最大級の温泉施設テルメ・ウィーンTherme Wienがよいでしょう。2011年には、ヨーロッパ・ヘルス&スパ・アワードの優良温泉部門で1位を獲得したらしいです。どんなところか楽しみです。

いつもののんびりした朝の行動を終え、遅めの出発です。テルメ・ウィーンに向かう前に、劇場連盟Bundestheaterのチケットセンターで予約したオペラのチケットを受け取っていきましょう。国立オペラ劇場Wiener Staatsoper前でトラムを降りて、チケットセンターに向かいます。

2016011501.jpg



ウィーンの美しい街路を抜けていきます。

2016011502.jpg



国立オペラ劇場の横を歩くと、オペラの衣装をトラックから降ろしています。

2016011503.jpg



椿姫とかドン・ジョヴァンニとかいろんな演目の衣装です。昨日見かけたアーセナルArsenalのアートセンターから運んできたのでしょうか。ご苦労様です。

2016011504.jpg



問題なく、チケット受け取り完了。劇場連盟の会員カードのポイントが貯まっているはずなので、飲み物券と交換できるか聞くと、OKよと発券してくれます。今夜は無料でワインがいただけそうです。

2016011505.jpg



さて、テルメに向かいましょう。ホテルの大きなバスタオルを無断でお借りしています。というわけで、今日は部屋のお掃除は不要の札を下げて出かけてきました。テルメに水着は必須です。レンタルもありますし売っているお店もありますが、もちろん持参しています。ビーチサンダルもあるといいです。床が濡れているとすべるところがあるからです。実は、ホテルの室内履き用と兼ねて持ち歩いているのですが、今日は持ってくるのを忘れました。サンダルはなくても構いませんが、気をつけて歩きましょう。

テルメ・ウィーンへは地下鉄とバスを乗り継いでいきます。まずは地下鉄U1でカールスプラッツKarlsplatzからロイマンプラッツReumannplatzまで移動。2017年には、テルメ・ウィーンまで地下鉄が延伸するそうですが、現在はそのための工事で、トラムが廃線になりバスが代行運転されているようです。ロイマンプラッツの駅前でうろうろしながらバス停を探します。なんとかバス停を発見。68Bのバスがテルメ・ウィーン行です。

2016011506.jpg



時刻表を確認すると、すぐに11時33分のバスがやってくるようようです。

2016011507.jpg



予定通り、バスがやってきて、乗車します。バスは市街地を抜けていきます。

2016011508.jpg



やがてオーバーラーOberlaaの森の中にバスが入っていき、バスターミナルが近づいてきます。

2016011509.jpg



1時間ほどでテルメ・ウィーンに到着です。バスを降りると、廃線になったトラムの線路が見えます。

2016011510.jpg



目の前にはテルメ・ウィーンの新しい巨大な建物の姿が見えます。

2016011511.jpg



テルメ・ウィーンから早くも帰ってくる人たちがいます。

2016011512.jpg



テルメ・ウィーンの大きな建物の手前には、有名なお菓子屋さんのカフェ・コンディトライ・オーバーラーCafé Konditorei Oberlaaがあります。もともとここにカフェ・コンディトライ・オーバーラーの本店があったそうです。お店の名前は、ここの地名オーバーラーOberlaaだったのですね。もうお昼ですから、このカフェで昼食を済ませてから、テルメに行きましょう。

2016011513.jpg



テラス席があります。気持ちのよいテラス席でランチをいただくことにします。

2016011514.jpg



テラス席からはテルメ・ウィーンの建物が見えています。

2016011515.jpg


メニューをチェックした結果、本日のランチを頂くことにします。大きな肉団子の入ったスープ、しっかりボリュームのあるサラダ、大きなウィーナー・シュニッツェルで10ユーロです。かなりお得感があります。
まずはスープとサラダ。

2016011516.jpg



紅茶もいただきます。

2016011517.jpg



ウィーナー・シュニッツェル。からっと揚がっていて、美味しいです。

2016011518.jpg



何といっても、最後に、お店からのサービスよといってケーキが出てくるのが嬉しいです。大きくはありませんが、何といってもオーバーラーのケーキですからね。美味しく頂きます。

2016011519.jpg



それなりにお客さんが多くて、なかなかお勘定の順番がまわってきません。ヨーロッパでは急いでお勘定してもらおうなんて思ってはいけませけどね。

2016011520.jpg



待っている間に、若い女の子の集団がテルメから帰っていきます。午前中は、いろんな教室もやっているようなので、一般客は混み合わない午後がよいらしいです。
さて、テルメに行ってみましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ウィーン温泉探訪:テルメ・ウィーン

2015年6月22日月曜日@ウィーン/2回目

オーバーラーOberlaaの森の中のオーストリア最大級の温泉施設テルメ・ウィーンTherme Wienの近くにあるカフェ・コンディトライ・オーバーラーCafé Konditorei Oberlaaで美味しいランチをいただきました。では、テルメに向かいましょう。テルメ用品のショップの前を通り過ぎます。

2016011601.jpg



ガラス張りの壁にテルメの入口が見えます。テルメの建物に入りましょう。

2016011602.jpg



テルメ・ウィーンの綺麗なロビーです。カフェも併設しています。

2016011603.jpg



ビューティー・サロンもありますね。

2016011604.jpg



テルメの受付に行きます。

2016011605.jpg



受付で、入場の手続きをします。支払いはテルメ利用後です。テルメ内での利用内容のチェック用の腕輪をもらいます。テルメの入場は1人17ユーロ。着替えのためにはロッカーのみの使用でも構いません(1ユーロ)。キャビンを借りると(3ユーロ)。キャビンは2㎡位の広さがありベンチもあるのでゆったり着替えられるし、荷物もそこに置いておけるので便利です。更衣室に男女の別はありません。子供連れの家族には便利かもね。荷物を置くためにロッカーのみを利用し、人目をはばからずその辺りで着替えている人も多いです。男性も女性もいるのに・・・。これはsaraiの借りた642番のキャビンです。キャビンは腕輪のキーで開けることができます。

2016011606.jpg



sarai達は2人でキャビンで水着に着替え、温泉エリアに向かいます。ここから先の写真撮影はご法度です。ここから先はパンフレットの写真を流用します。これがテルメ・ウィーンのパンフレットです。

2016011607.jpg



テルメ・ウィーンの全体の配置を見取り図で確認しておきましょう。テルメ・ウィーンは驚くほど広く、室内と屋外に9つほどのプールがあります。レストランもあります。もちろん、サウナ・ゾーンもあります。

2016011608.jpg



室内・外のプールはジャグジー付の温水プールです。皆さんはのんびりと過ごしていますが、特に珍しい風景でもありません。

2016011609.jpg



順にいろいろのプールに入って楽しみます。湯量が多く、いわゆる源泉賭け流し状態でとっても気持ちがいいです。ジャグジーがとっても快適で、ぬるめのお湯で体を温めます。

2016011610.jpg



驚くのは、デッキチェアーの多さです。プールの周りは幾重にもびっしりと並べられ、屋外の芝生の上は見渡す限りデッキチェアー。パラソルも並んでいます。要は、水の中にいるより、のんびり寝たり日光浴を楽しむ人が多いということなのでしょう。子供の喜びそうなエリアも充実しています。いろんな滑り台や飛び込み台もあります。

2016011611.jpg



反対に、大人用には静かに過ごす暗い洞窟のようなプール(グロットプール)もあります。一応、大人用はすべてを体験。

2016011612.jpg



いざ、サウナに行きます。サウナですから、子供の入場は駄目で、スッポンポンが条件です。たいていはどこの施設でも2階にありますが、このテルメも2階にあります。2階に上がり、別料金なので腕輪をかざしてサウナ・ゾーンの入り口を入ります。このテルメのサウナは、男性専用、女性専用、混浴に分かれています。もちろん賑わっているのは混浴のようです。今までに何度もヨーロッパでサウナ体験をしているので、混浴に躊躇なく入れます。ためらわずに水着をさっと脱いで、フックにかけます。バスタオルで体を包みましょう。もちろん、さっぱりとスッポンポンで大腕を振って歩いても構いませんよ。
まずは、いろんな温度のサウナがあるので、キョロキョロと様子を伺います。と、係りの人が(制服を着てます)、ドアから出て外の方に回れと言います。言われた通りにしようとドアの方に行くと、これは大変、ハードル高過ぎ! 外は、アダムとイブの世界です。青々とした芝生と木立の中に、プールとデッキチェアーが並び、大勢の男女がスッポンポンでのんびり過ごしています。さすがに躊躇して戻ろうとすると、行きなよという感じで外にある90度の高温サウナの方を指差します。覚悟を決めて行ってみると、そのサウナの前にはスッポンポンの男女が十数人にいます。その仲間に加わると、塩の入ったお猪口のような器を手渡されます。この塩を全身に摺りこむようです。そうしてから、サウナに入り、ひな壇にバスタオルをひいて座ります。と、お兄さんが登場(さすがに腰にはタオルを巻いている)。熱く燃えた炭の上に水をかけ蒸気を立たせます。そして、まずタオルを横に振り皆の方に熱い蒸気がいきわたる様にします。次に、皆の天井の方に溜まった熱い蒸気が下に下りるよう、広げたタオルを上下にパンパンと振り下ろします。すると、ふぁっと熱気が舞い降りてきて体を包みます。最後に、タオルをねじりブンブン振り回して、皆のところに熱風がいきわたるようにしてくれます。なかなか美しいパフォーマンスです、一通り終わると、みな拍手して讃えます。さすがの熱風で、汗が吹き出てきます。途中で、カキ氷のような氷の入ったバケツが回ってきます。それを手に取り、顔などにこすり付けて熱を冷まします。こんなふうにサウナには氷が常備されています。

2016011613.jpg



みんな汗だくだくなんです。このパフォーマンスを何回か繰り返して終了。外に出て、シャワーで汗を流します。あっという間の出来事ですが、なかなか気持ちのよいものです。このサウナ体験のときは、周りの人は皆友達という感じですね。このパフォーマンスは実施時間が決まっているようで、ちょうどその時間にぶつかったので、係の人が勧めてくれたのですね。面白いサウナ体験ができましたが、青々とした芝生と木立のアダムとイブの世界に踏み込むことはできず、室内に戻り他のサウナを見に行きます。45度とか60度とか温度が違うサウナがいろいろありますが、自由に静かに出入りして汗をかけばよいようです。でも、それぞれに作法はあるようなので、見習います。

2016011614.jpg



先ほどとは別の90度のサウナがあったので入ろうとすると、入り口のランプが黄色のときはドアを開けては駄目とのこと。緑のときに入って待つようです。しばらくすると、緑のランプが点いていたので入っていると、少しずつ人が集まりドアが閉められます。ここにはプロのパフォーマーはいません。と、経験のありそうな人がその役を引き受けてくれて、蒸気を立たせタオルを振り回してくれます。拍手で讃えて終了です。もう、癖になる楽しさです。だんだん慣れてきて大胆になってきた頃には時間切れ。そろそろ帰らないと、夜のオペラに間に合いません。まだまだここのサウナもすべてを制覇していないし、男性専用、女性専用のサウナにも行っていません。それに、別料金ですが、塩の世界というエリアもあります。また来るしかありませんね。残りは次回の楽しみとしましょう。
ところで、テルメに滞在中、saraiと配偶者以外に日本人はおろか、東洋人らしき人の姿は見ませんでした。みなさんも楽しいですから、是非、体験をお勧めします。もちろん、スッポンポンのサウナもね。
慌しく、ジュースを1杯だけ飲んで、着替えて外に出ます。出るときに、飲み物代金もすべて精算できます。結局3時間半もいました。基本の3時間を過ぎていましたが、追加料金は発生していませんでした。ここは1日過ごすつもりでこないといけませんね。帰りには、オーバーラーでお茶する予定だったのに・・・。バスと地下鉄とトラムを乗り継いで、ホテルに戻ります。
テルメ・ウィーンへのアクセスを地図で確認しておきましょう。

2016011615.jpg



一服して着替え、オペラに行きます。今日のオペラは国立歌劇場でのヒンデミットのオペラ《カルディヤック》です。これがチケット。

2016011616.jpg



ヒンデミットの前衛的かつ美しい音楽に心を奪われました。デノケの素晴らしい歌唱も堪能。演出はちょっと違和感がありましたが、美しい舞台ではありました。

2016011617.jpg



このオペラの詳細はここです。

オペラが終わり外に出ると、まだちょっと雨がぱらついています。土砂降りだったことを想像させる水溜りも残っています。運良く、大雨を回避できてよかったです。
今日も楽しい一日でした。明日はヤンソンス指揮ウィーン・フィルのマーラーの交響曲第3番。同じプログラムの3回目です。これまでの2回は素晴らしい演奏だったので、とても期待できそうです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR