FC2ブログ
 
  

ジュネーヴ散策:レマン湖畔をベルグ橋へ

2016年7月26日火曜日@ジュネーヴ~ブレゲンツ/1回目

旅の7日目、ジュネーブGenèveの2日目です。

ジュネーブの朝は抜けるような青空です。今日はボーデン湖畔のブレゲンツBregenzに移動するのは3時過ぎの電車なので、ゆったりした朝です。それでも8時過ぎには起きて荷物をまとめ、チェックアウトします。レセプションで切手はないかと聞くと、あるよとのこと。おまけに出しておいてあげるよと絵葉書を受け取ってくれました。宿泊料金は高くなってしまいましたが、さすがに高級ホテルは違いますね。これがそのノボテル・ジュネーブ・サントルNovotel Genève Centre hotelです。

2017042901.jpg



気分よくレマン湖Lac Lémanを目指します。途中、綺麗な噴水の広場があります。ナヴィガシオン広場Place de la Navigationです。

2017042902.jpg



青空市場もありますね。

2017042903.jpg



レマン湖はすぐそこです。歩いて10分ほどでした。湖畔に出ると、ランドマークの大噴水Jet d'Eauがすぐに目に入ります。

2017042904.jpg



湖畔はヨットハーバーになっています。

2017042905.jpg



湖畔は綺麗なフラワーポッドで飾られています。

2017042906.jpg



凄い勢いで、高く吹き上がる大噴水は、絵になりますね。でもそれ以外なにもない・・・。ぶらりと散策してみましょう。

2017042907.jpg



湖岸にはクルーズ船が停泊しています。あとでレマン湖を周遊するクルーズ船に乗る予定ですが、この船ではないようです。

2017042908.jpg



ブランズウィック公記念碑Monument Brunswickの前に出ます。ブランズウィック公はジュネーヴを愛した北ドイツの小国の君主です。彼はこの公園の北隣りのボーリバジュホテルBeau-Rivageで1783年に亡くなりました。この霊廟には彼の石棺が安置してあります。

2017042909.jpg



この先には、クルーズ船乗り場が見えます。クルーズ船の状況をチェックしてみましょう。

2017042910.jpg



13時発の1時間の周遊クルーズのチケットを購入します。それまでの3時間弱、街を散策します。

おおっ、湖畔で白鳥が遊んでいます。絵になりますね。

2017042911.jpg



すぐにレマン湖とローヌ川の境の橋です。レマン湖とローヌ川の水の色が違うとのことですが、あまりよく分かりません。分かれ目の橋、モン=ブラン橋Pont du Mont-Blancは、車の交通が激しいので、この橋を渡るのはやめましょう。もう一つ横の歩行者用の橋、ベルグ橋Pont des Berguesを渡ります。これは通り過ぎたモン=ブラン橋です。車でいっぱいですね。

2017042912.jpg



これが歩行者用のベルグ橋です。

2017042913.jpg



橋の上には花が美しく植えられています。花のアーチの下を歩きます。

2017042914.jpg



花で飾られた橋からローヌ川を眺めます。

2017042915.jpg



橋の上から、ローヌ川の次の橋、歴史的なマシーヌ橋(機械橋)Pont de la Machineの方を眺めます。マシーヌ橋も歩行者用の橋です。橋の真ん中に見える大きな建物はシテ・デュ・タンCité du Tempsという「スウォッチ・グループ」の展示・イベントセンターです。スウォッチの全モデルをみることができるスウォッチミュージアムもあります。

2017042916.jpg



ほぼベルグ橋を渡り終えます。後ろを振り返ると、途中で湾曲した美しい橋の全景が見渡せます。とても花が綺麗に咲いています。

2017042917.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2017042918.jpg



ローヌ川の対岸に渡って、散策を続けます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ジュネーヴ散策:レマン湖畔で美味しい朝食

2016年7月26日火曜日@ジュネーヴ~ブレゲンツ/2回目

ジュネーブGenèveの街を散策しています。

歩行者用の橋、ベルグ橋Pont des Berguesを渡って、ローヌ川の対岸に渡りました。また、レマン湖Lac Lémanのほうに向かいます。モン=ブラン橋Pont du Mont-Blancから続く大通り、ジェネラル・ギザン通りQuai du Général-Guisanの前に出ます。通りの向かいには大きな公園が見えます。イギリス公園Jardin Anglaisです。

2017050101.jpg



ジェネラル・ギザン通りを渡って、公園の前に出ると、大きな花時計があります。この花時計L'Horloge Fleurieはイギリス公園の名物のようです。なかなか綺麗ですね。

2017050102.jpg



公園に入って、レマン湖畔に向かいます。ここにもクルーズ船乗り場があります。イギリス公園港Genève-Jardin-Anglaisです。先ほどの対岸のモン=ブラン港CGN Genève-Mont-Blancの次に寄港するCGN社の乗り場です。

2017050103.jpg



この湖畔からはまた、ランドマークの大噴水Jet d'Eauが見えます。そっちのほうに歩いていきましょう。

2017050104.jpg



イギリス公園は樹木の多い緑濃い公園です。ですが、特にどうということはありませんね。

2017050105.jpg



結局、また、視線は大噴水に吸い寄せられます。

2017050106.jpg



湖畔の花と大噴水、なんだかんだ言っても、絵になります。

2017050107.jpg



湖畔には、やはりクルーザー乗り場があります。レマン湖でクルーザーを走らせるのはさぞ気持ちがよいでしょう。

2017050108.jpg



大噴水の眺められる湖畔カフェで朝ごはんにしましょう。

2017050109.jpg



さもないカフェですが、湖畔という立地でなかなか気持ちがいいんです。

2017050110.jpg



まずは飲み物。配偶者は例によってチョコレート。美味しいそうです。saraiはシュヴェップスのレモン・スカッシュ。結構、好物です。

2017050111.jpg



食べ物はトーストサンドイッチとホットドッグにします。ホットドッグはパンはやはりフランスパンなんですね。いずれもなかなか美味しいです。

2017050112.jpg



トーストサンドイッチはハムとチーズ。とろりとしたチーズが美味しいです。

2017050113.jpg



湖からの風がとっても気持ちよく、いい気分ですっかりのんびりしてしまいます。小鳥が寄ってきますが、餌はあげませんよ。もう全部食べてしまいましたからね。

2017050114.jpg



さて、ずっと眺めている大噴水に近づいてみましょう。大噴水の近くまで堤防が伸びています。これは行くしかありません。

2017050115.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2017050116.jpg



大噴水、楽しみです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ジュネーヴ散策:大噴水に大接近

2016年7月26日火曜日@ジュネーヴ~ブレゲンツ/3回目

ジュネーブGenèveの街を散策しています。

レマン湖Lac Lémanの大噴水Jet d'Eauを間近に見るために、オー・ヴィーヴ防波堤Jetée des Eaux-Vivesに上ります。

2017050201.jpg



途中からは防波堤に沿って設置されている木製デッキに下りて歩いていきます。

2017050202.jpg



どんどん、大噴水が近づいてきます。

2017050203.jpg



近くで見ると、大噴水は大きく風にあおられています。

2017050204.jpg



風にあおられて水しぶきが飛んできますが、それほど濡れることはありません。

2017050205.jpg



大噴水の前に出ました。さすがにすぐ近くへは侵入禁止です。

2017050206.jpg



大噴水を過ぎて、さらに防波堤の突端を目指します。対岸のパキ防波堤Jetée des Pâquisの灯台も見えています。

2017050207.jpg



防波堤の上から眺めるレマン湖の景色は美しいですね。正面に見えているのはモン=ブラン橋Pont du Mont-Blancです。その先はローヌ川です。

2017050208.jpg



その右手の景色です。さきほど、ホテルからレマン湖畔に出た辺りの景色です。左手にはクルーズ船がモン=ブラン港に停泊しています。

2017050209.jpg



突端までいけました。小さな灯台があります。向かい側の灯台との間がレマン湖の航路のようです。

2017050210.jpg



突端から大噴水を眺めます。素晴らしい眺めです。

2017050211.jpg



また、大噴水のほうに戻ります。

2017050212.jpg



大噴水の吹き出し口もよく見えます。それにしても、噴水の吹き出し口もそっけなくていささか、がっかりです。

2017050213.jpg



大噴水の横を抜けて、防波堤を歩いていきます。

2017050214.jpg



また、水しぶきが少しかかりそうです。さっと通り過ぎましょう。

2017050215.jpg



オー・ヴィーヴ防波堤の位置を地図で確認しておきましょう。

2017050216.jpg



次はサン・ピエール大聖堂Cathédrale Saint-Pierre Genèveに向かいます。これが大変なことに・・・



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ジュネーヴ散策:丘の上のサン・ピエール大聖堂

2016年7月26日火曜日@ジュネーヴ~ブレゲンツ/4回目

ジュネーブGenèveの街を散策しています。オー・ヴィーヴ防波堤Jetée des Eaux-Vivesでレマン湖Lac Lémanの大噴水Jet d'Eauを間近に見て、今度はサン・ピエール大聖堂Cathédrale Saint-Pierre Genèveに向かいます。湖畔に並行したグスターヴ・アドール通りQuai Gustave-Adorを歩きます。

2017050401.jpg



例によって、ヨーロッパの街では必ず、お寿司屋さんを見かけます。

2017050402.jpg



グスターヴ・アドール通りと並行する隣のオー・ヴィーヴ通りRue des Eaux-Vivesに移動して、歩きます。

2017050403.jpg



ピクテ=ド=ロシュモン通りAvenue Pictet-de-Rochemontと交差する十字路に出ます。はて、この先はどう行けばいいか、よく分かりません。

2017050404.jpg



ともかく先に進み、トラムの走るテラシエール通りRue de la Terrassièreに出ます。

2017050405.jpg



テラシエール通りの先のリヴ通りRue de Riveに進み、その裏通りのヴュー=コレージュ通りRue du Vieux-Collègeに入るとマドレーヌ寺院Temple de la Madeleineがあります。この裏手の丘にサン・ピエール大聖堂がある筈です。

2017050406.jpg



マドレーヌ寺院の前から、見上げると、丘の上にサン・ピエール大聖堂が見えます。ここまで、saraiが道を間違えたというか、方向を見誤ったというか。かなり遠回りをしてしまいました。

2017050407.jpg



マドレーヌ寺院の横の坂道、フォンテーヌ通りRue de la Fontaineを上っていきます。立派な石造りの建物があります。裁判所のようですね。

2017050408.jpg



ブール=ド=フール広場Place du Bourg-de-Fourに出ます。可愛い泉があります。

2017050409.jpg



オテル=ド=ヴィーユ通りRue de l'Hôtel-de-Villeにまわり込みます。少し進むと、右手にタコヌリー広場Place de la Taconnerieがあります。その先にサン・ピエール大聖堂が見えます。

2017050410.jpg



サン・ピエール大聖堂の正面に出ます。ギリシャ神殿を思わせる造りです。

2017050411.jpg



少し、このファサードを鑑賞します。

2017050412.jpg



大聖堂の内部に入ります。堂々としたゴシック空間です。

2017050413.jpg



大きなパイプオルガンが見えます。

2017050414.jpg



内陣近くに行きます。プロテスタントの教会らしく、簡素な佇まいです。

2017050415.jpg



この大聖堂はカルヴァンがプロテスタントの活動を行った宗教改革の拠点として、歴史的価値は高いのですが、教会の建物自体はそれほど見るべきものはありませんでした。
ただ、ちょっと小高い丘にあるので見晴らしはなかなかです。

2017050416.jpg



結局。大聖堂は大したことなく、疲れただけになってしまいました。
大聖堂までの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2017050417.jpg



観光船が出る時間が迫っています。急いで乗り場に移動しましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ジュネーヴ散策:レマン湖クルーズ、START!

2016年7月26日火曜日@ジュネーヴ~ブレゲンツ/5回目

ジュネーブGenèveの街を散策しています。サン・ピエール大聖堂Cathédrale Saint-Pierre Genèveの見学を終えて、レマン湖Lac Lémanのクルーズのために観光船乗り場のモン=ブラン港CGN Genève-Mont-Blancに急いで向かいます。今度は迷うことなく最短経路を歩いて、レマン湖畔に出ます。モン=ブラン橋Pont du Mont-Blancを渡った先がモン=ブラン港です。

2017050501.jpg



レマン湖の大噴水Jet d'Eauがよく見えます。

2017050502.jpg



モン=ブラン橋をどんどん歩いていきます。

2017050503.jpg



モン=ブラン港に停泊している観光船の姿が大きくなってきます。

2017050504.jpg



やはり、どうしても気になって、視線は大噴水に向いてしまいます。

2017050505.jpg



ようやく観光船乗り場に到着し、13時発の観光船のチケットを購入します。

2017050506.jpg



これが購入したチケットです。一人16スイスフランです。

2017050507.jpg



もう出航10分前ですが、まだ乗船は始まっていません。

2017050508.jpg



乗船時間を示す看板が立っています。右側がsaraiが乗る1時間クルーズです。間違いなく、13時出航です。

2017050509.jpg



出航数分前に乗船が始まります。なんと一番に乗船でき、デッキの日覆のある席をゲット。

2017050510.jpg



すぐに出航です。

2017050511.jpg



岩壁を離れて、船首をターンしていきます。

2017050512.jpg



大噴水を遠くに見ながら、イギリス公園港Genève-Jardin-Anglaisに向かいます。

2017050513.jpg



すぐにイギリス公園港に近づきます。

2017050514.jpg



イギリス公園港に着岸。対岸のモン=ブラン港が遠くに見えています。

2017050515.jpg



観光船は意外に乗客が少ないなと思ったのですが、このメインのイギリス公園港では行列が出来ていて、ぞろぞろ乗り込んできて、デッキは人でいっぱいになってしまいました。早くに乗っていてよかったです。

2017050516.jpg



いよいよ、イギリス公園港を出航します。

2017050517.jpg



これから、1時間かけてレマン湖をめぐります。クルーズのルートを確認しておきましょう。

2017050518.jpg



レマン湖の南の一部を巡るだけですが、貴重な体験になりそうです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ジュネーヴ散策:レマン湖クルーズ・・・湖上の絶景

2016年7月26日火曜日@ジュネーヴ~ブレゲンツ/6回目

ジュネーブGenèveの街を散策しています。今はレマン湖Lac Lémanをクルーズ中です。対岸のモン=ブラン港CGN Genève-Mont-Blancやモン=ブラン橋Pont du Mont-Blancを見ながら、レマン湖を北上します。

2017050701.jpg



すぐにレマン湖の大噴水Jet d'Eauの前を通過。湖上から見る大噴水もいいですね。

2017050702.jpg



パキ防波堤Jetée des Pâquisが近づいてきます。

2017050703.jpg



パキ防波堤の灯台の横を通り過ぎます。

2017050704.jpg



やがて、オー・ヴィーヴ防波堤Jetée des Eaux-Vivesと大噴水が船尾に見えます。

2017050705.jpg



湖岸のビーチで湖水浴の人たちがいます。暑いですからね。

2017050706.jpg



湖畔には瀟洒なホテルが見えます。レストラン・オテル・ドゥ・パルク・ド・オー・ヴィーヴRestaurant Hôtel du Parc des Eaux-Vivesです。

2017050707.jpg



もう、大噴水もずい分、遠くに見えるようになってきます。

2017050708.jpg



観光船はぐんぐんスピードを上げて、北上を続けます。

2017050709.jpg



湖畔の緑が美しいです。遠くの山並みも見えています。

2017050710.jpg



湖上ではサーフボードで遊んでいる人たちがいます。

2017050711.jpg



後方にはレマン湖の広い湖面が広がります。かろうじて大噴水も見えています。

2017050712.jpg



湖畔の緑の中に綺麗な邸宅が点在しています。

2017050713.jpg



遠くに国際連合ジュネーブ事務局L'Office des Nations Unies à Genèveが見えています。国際都市ジュネーヴの顔が垣間見えます。

2017050714.jpg



レマン湖は北の方にずっと広がっています。この先にはローザンヌやモントルー、そして、我が愛するピアニスト、クララ・ハスキルが後半生を送ったヴヴェイの町もありますが、そんな遠くは望むべくもありません。この観光船はそろそろターンして、レマン湖周遊の帰途に着きます。

2017050715.jpg



舵を切った観光船の側面からはクルーズの出発点が遥か彼方に見えています。大噴水は極めて小さく見えています。

2017050716.jpg



ここまでのクルーズ航路を地図で確認しておきましょう。

2017050717.jpg



後、残り半分のクルーズをたっぷりと楽しみます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ジュネーヴ散策:レマン湖クルーズ・・・突堤で泳ぐ人々

2016年7月26日火曜日@ジュネーヴ~ブレゲンツ/7回目

ジュネーブGenèveの街を散策しています。今はレマン湖Lac Lémanをクルーズ中です。観光船はベルビュー Bellevueあたりで折り返して、出発したモン=ブラン港CGN Genève-Mont-Blancのほうに戻っていきます。半分ほど戻ったところで右舷に自然史博物館Musée d'Histoire des Sciencesの瀟洒な建物が見えます。

2017050901.jpg



続いて、右舷にパレ・ウィルソンPalais Wilsonの堂々たる建物が見えてきます。現在、ここには、 国連人権高等弁務官オフィスOffice Of The United Nations High Commissioner For Human Rights (OHCHR)があります。その昔、1920年から1936年までは最初の国際連盟本部が置かれていました。アメリカ大統領ウッドロー・ウィルソンが国際連盟の創設を提唱したことから、この建物の名前にウィルソンの名前が冠されました。

2017050902.jpg



おや、驚きますね。レマン湖に突き出した突堤で泳ぐ人がいっぱいです。

2017050903.jpg



これはパキ防波堤Jetée des Pâquisです。

2017050904.jpg



何やら大賑わいです。

2017050905.jpg



飛び込み台のようなものもあります。よく見ると、壁がボルダリング用になっていて、フリークライミングしている人もいます。落ちても湖面なので安全ですね。

2017050906.jpg



次々とボルダリングに挑戦している人がいます。ビーチも大騒ぎですね。

2017050907.jpg



湖水浴で賑わうパキ防波堤の横を通り過ぎます。

2017050908.jpg



左舷には、勢いよく水を噴出している大噴水Jet d'Eauがあります。

2017050909.jpg



大噴水の横を通過していきます。凄い水しぶきです。かなり、風が強いです。

2017050910.jpg



1時間の航海を終えて、モン=ブラン港に着岸。
ここまでのクルーズ航路を地図で確認しておきましょう。

2017050911.jpg



特に何か見るべきものがあるわけではなかったですが、風が涼しく気持ちがいいクルーズでした。ビーチで水泳を楽しんでいる人、ボートやヨットを楽しむ人もいました。レマン湖の楽しみ方は、観光ではないのですね。

船を降りて、ホテルに戻ります。港の前には、ブランズウィック公記念碑Monument Brunswickがあります。ブランズウィック公はジュネーヴを愛した北ドイツの小国の君主です。これは先ほども眺めましたが、今度は目の前でゆっくりと鑑賞。

2017050912.jpg



ホテルへの道の途中、鄙びた教会があります。エマニュエル教会Emmanuel Churchです。この小さな石造りのアメリカン・チャーチでは日本人カップルもよく挙式するようです。

2017050913.jpg



昨夜、美味しいスイス料理をいただいたレストラン、オーベルジュ ドゥ サヴィエーズAuberge de Savièseの前を過ぎます。

2017050914.jpg



すぐにホテルに到着。ノボテル・ジュネーブ・サントルNovotel Genève Centre hotelのロビーは立派です。

2017050915.jpg



ロビーで飲み物をいただいて、一服します。

2017050916.jpg



電車の時間が近づいたので、荷物を受け取り、ジュネーヴ中央駅(通称コルナヴァン駅La Gare de Cornavin)に向かいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico

kicoさん、初めまして。saraiです。

心配ですね。私はそのまま、沈静化するのを待っています。シュターツオーパーのチケットも購入しました。何としても行こうとは思って

03/09 22:12 sarai

はじめまして。私も同じ時期にウィーン滞在の計画をしており、楽友協会でのベルリンフィルのチケットを購入しました。が、新型コロナの件で、そもそも旅行に出られるのかど

03/09 16:59 kico

お役に立てて、なによりです。我が家では今でもメインのCDプレーヤーとして活躍しています。ただ、最近はCDはいったんリッピングしてHDDに格納し、USBオーディオでオーディ

01/18 15:18 sarai

父からアンプとセットで譲り受けたもののトレイが動かず困っていましたが、
ブログを見て自分で購入・修理することができました。
利益目的でもなくまた素人でも分かる記事

01/18 13:50 hisa

のりしんさん

saraiです。コメントお寄せいただき、ありがとうございました。
同じ追っかけ仲間、今後ともよろしくお願いいたします。
彼女の声は素晴らしいですね。

12/01 12:07 sarai

私も中村さんの追っかけやっております。昨日の演奏も圧倒的でしたね。中村さんの歌を聴いていると、なぜか涙腺が緩んで来ます。

12/01 09:39 のりしん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR