FC2ブログ
 
  

ジュネーヴからブレゲンツに鉄道でGO!

2016年7月26日火曜日@ジュネーヴ~ブレゲンツ/8回目

ジュネーブGenèveの街の散策を終え、ホテルで預かってもらった荷物を引っ張って、ジュネーヴ中央駅(通称コルナヴァン駅La Gare de Cornavin)に向かいます。次の目的地、ブレゲンツBregenzに向かう電車での移動は約5時間の長旅です。旅のお供を仕入れていきましょう。駅のスーパーでめぼしいものをチェックします。

2017051001.jpg



“おにぎり”が豊富に並んでいます。これは意外です。しかも表記は日本語です。まさか日本人向け?

2017051002.jpg



その横にある海藻サラダも日本語表記。これは一体どういうことなんでしょう。

2017051003.jpg



でも、結局、お寿司をゲットします。本当にお寿司は簡単に手に入りますし、そんなに間違いありません。

ホームに出て、電車を待ちますが、どうしてもファーストクラスのある場所が分かりません。

2017051004.jpg



出入りする電車を眺めて研究して、見当をつけます。

2017051005.jpg



見当をつけた場所でスタンバイ。

2017051006.jpg



発車時刻5分前です。電車の到着を待ちます。

2017051007.jpg



電車がホームに滑り込んできます。チューリッヒZurich行のインターシティICです。

2017051008.jpg



予想は上手くいきました。ちょうど、ファーストクラスの車両が目の前に停車します。電車に乗りこみます。座席をばっちり確保。スイス国鉄は基本的に指定席はなく、すべて、自由席なんです。インターシティは定刻通り、発車して、ホームを離れていきます。

2017051009.jpg



ジュネーヴ中央駅の入り組んだ線路を縫うように走り出します。

2017051010.jpg



これが購入済のチケットです。ジュネーヴ~ブレゲンツ間のファーストクラスです。チューリッヒでユーロシティECに乗り換えます。

2017051011.jpg



この鉄道旅ではチューリッヒを通り、ボーデン湖のほとりのブレゲンツまで、一気にスイスを走り抜けます。ブレゲンツはオーストリアの町です。
出発して5分ほどで右手の車窓にレマン湖Lac Lémanが見えてきます。

2017051012.jpg



ワイン畑越しに見えるレマン湖は美しいですね。

2017051013.jpg



発車後、15分くらいで早速、車掌さんの検札です。スイス国鉄はフランス国鉄よりも厳格です。

2017051014.jpg



レマン湖が見えなくなり、平原と青空と雲が車窓から見えます。

2017051015.jpg



これは小麦畑かな?

2017051016.jpg



水浸しの畑の向こうに黄色いものが見えます。

2017051017.jpg



何と何と、ひまわりが真っ盛り。なんだかスイスにひまわりは意外です。でも、見事なひまわりに感激です。

2017051018.jpg



続いて、ワイン畑が美しいです。

2017051019.jpg



20分ほど車窓の景色を楽しみました。次は、腹ごしらえです。駅構内のスーパーでゲットしたお寿司を広げます。

2017051020.jpg



にぎりと巻物を美味しく頂きます。

2017051021.jpg



ランチに舌鼓を打ちました。まだ、鉄道旅は始まったばかり。スイス横断はさらに4時間続きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

チューリッヒに向け、湖畔の鉄路を往く。

2016年7月26日火曜日@ジュネーヴ~ブレゲンツ/9回目

ジュネーブGenèveからブレゲンツBregenzへの約5時間の鉄道旅を続けているところです。ランチを食べているうちに1番目の停車駅モルジュMorgesを通り過ぎました。モルジュを過ぎると、インターシティはレマン湖Lac Lémanを離れていきます。ランチを食べた後は車窓を楽しみます。山々を背景に、美しい緑の草原が続きます。

2017051101.jpg



スイスというと山という感じがしますが、大きな平原があるんですね。

2017051102.jpg



麦畑の中をインターシティは走り抜けていきます。

2017051103.jpg



と、突如、ひまわり畑が現れます。

2017051104.jpg



一面に広がる黄色いヒマワリに配偶者は歓声を上げています。

2017051105.jpg



こんなひまわり畑はあのスペインのアンダルシアでも見ることができなかったものです。何せヒマワリの花がこちらを向いていますしね。

2017051106.jpg



2番目の停車駅、イヴェルドン・レ・バンYverdon-les-Bainsに到着。定刻通りです。ここはスイス・フランス語圏を代表する温泉地だそうです。

2017051107.jpg



イヴェルドン・レ・バンを過ぎると、車窓には大きな湖が見えてきます。ヌーシャテル湖Lac de Neuchâtelです。

2017051108.jpg



ヌーシャテル湖は右側の車窓に見えていますが、左側の車窓には黄色いヒマワリ畑が見えています。

2017051109.jpg



車窓は全面にヌーシャテル湖の美しい湖面が見えます。

2017051110.jpg



どこまでもヌーシャテル湖が続きます。

2017051111.jpg



湖の斜面にワイン畑が現れます。ここはスイスワインの産地のひとつのようです。

2017051112.jpg



しばらくワイン畑が続きます。

2017051113.jpg



湖畔に可愛い家々が点在しています。

2017051114.jpg



ヌーシャテル湖の湖畔をインターシティは疾走します。

2017051115.jpg



やがて、3番目の停車駅、ヌーシャテル Neuchâtelに到着。スイス最大規模を誇るヌーシャテル湖の北端にある大きな町です。

2017051116.jpg



ヌーシャテルを過ぎると、ここでヌーシャテル湖にお別れです。

2017051117.jpg



次に現れるのは、ビール湖 Bielerseeです。スイスは湖が多いですね。

2017051118.jpg



4番目の停車駅、ビール Bielを過ぎると、インターシティは平原の中を走ります。

2017051119.jpg



ここまでの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。

2017051120.jpg



チューリッヒまではあと1時間ほどです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

チューリッヒを過ぎ、一路、ブレゲンツへ

2016年7月26日火曜日@ジュネーヴ~ブレゲンツ/10回目

ジュネーブGenèveからブレゲンツBregenzへの約5時間の鉄道旅を続けているところです。4番目の停車駅、ビール Bielを出たインターシティは平原の中を走り抜け、5番目の停車駅、ゾロトゥルン Solothurnを通り過ぎ、やがて、アーレ川Aareを渡ります。

2017051201.jpg



アーレ川と言うと、ベルンを思い出します。そのアーレ川沿いを進みます。

2017051202.jpg



すぐに6番目の停車駅、オルテンOltenに到着。

2017051203.jpg



オルテンを出たインターシティはしばらく走って、7番目の停車駅、アーラウ Aarauに到着します。

2017051204.jpg



アーレ河畔にある古都アーラウは美しい町並みで知られているそうです。ちょっと眺めてみたかったところです。

2017051205.jpg



やがて、チューリッヒに近づき、インターシティはリマト川Limmat沿いに走ります。

2017051206.jpg



このリマト川がチューリッヒ湖に注ぐところがチューリッヒの町です。

2017051207.jpg



やがて、チューリッヒ Zürichに到着します。ここまで、沿線には、ずっと町が続いていました。どの町も綺麗で立派な建物ばかりが並んでいました。やはりスイスは富める国ですね。
このチューリッヒ中央駅Zürich HBで乗り換えです。大きな駅なので、素早い乗り換えが必要です。

2017051208.jpg



チューリッヒからブレゲンツまではスイス、オーストリア、ドイツを走る国際列車ユーロシティECです。ファーストクラスの指定席チケットを購入済です。

2017051209.jpg



ユーロシティの指定席の車両は、列車編成が長くてかなり歩かされます。乗り込むとすぐに発車です。我ながら、よく間違えずに乗り換えられたもんです。
チューリッヒ中央駅を定刻通り出発したユーロシティはすぐにほかの線路を跨いで、大きく右に曲がっていきます。

2017051210.jpg



ここからブレゲンツまで、約1時間40分の鉄道旅になります。東の方向に走ります。なお、最終目的地ザルツブルクSalzburgはさらにずっと東のほうです。

2017051211.jpg



緑の多いチューリッヒの町を見下ろしながら、進んでいきます。

2017051212.jpg



リマト川を渡る鉄橋を走ります。これでリマト川も見納めです。

2017051213.jpg



1番目の停車駅、チューリッヒ空港駅Zürich Flughafenを通り過ぎると、厳格なスイス国鉄らしく、すぐに車掌さんが検札に周ってきます。

2017051214.jpg



やがて、2番目の停車駅、ヴィンタートゥールWinterthurに到着。以前の旅で訪れた町です。懐かしい・・・。

2017051215.jpg



ヴィンタートゥールを出ると、美しい景色の中を走ります。牛たちが牧草を食べています。

2017051216.jpg



やがて、3番目の停車駅、ヴィル駅Bahnhof Wilを通り過ぎ、美しい野原、点在する町の中を走ります。

2017051217.jpg



山間の鄙びた風景が続きます。

2017051218.jpg



車窓の美しい風景に見入っています。

2017051219.jpg



ここまでの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。

2017051220.jpg



ブレゲンツまではあと45分ほどになりました。約5時間の鉄道旅ももう終盤にはいりました。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ボーデン湖、そして、上ライン川

2016年7月26日火曜日@ジュネーヴ~ブレゲンツ/11回目

ジュネーブGenèveからブレゲンツBregenzへの約5時間の鉄道旅を続けているところです。チューリッヒ中央駅Zürich HBでユーロシティECに乗り換えて、3番目の停車駅、ヴィル駅Bahnhof Wilを通り過ぎ、美しい野原、点在する町の中を走ります。

2017051301.jpg



なだらかな起伏の美しい自然が広がっています。

2017051302.jpg



何とも表現のできない、美し過ぎる牧草地の中を走っていきます。

2017051303.jpg



車窓の風景に見入るだけです。

2017051304.jpg



やがて、ゴッサウ Gossauの町に入っていきます。

2017051305.jpg



4番目の停車駅、ゴッサウ SG駅Gossau SGを通り過ぎると、また、車掌さんがまわってきます。

2017051306.jpg



ゴッサウを過ぎると、また、美しい風景が車窓に広がります。

2017051307.jpg



谷あいには高い自動車橋が架かっています。

2017051308.jpg



やがて、大きな町が見えてきます。

2017051309.jpg



堂々とした建物も見えます。

2017051310.jpg



5番目の停車駅、ザンクト・ガレンSt. Gallenに到着。大きな屋根のホームです。

2017051311.jpg



ザンクト・ガレンを過ぎて、山間を抜けると、平坦な風景が現れます。ボーデン湖Bodenseeはすぐそこです。

2017051312.jpg



湖畔の家々が見えてきます。

2017051313.jpg



湖畔沿いの道に並行してユーロシティは走ります。

2017051314.jpg



ボーデン湖を少し離れて、美しい緑の野原を走ります。

2017051315.jpg



6番目の停車駅、ザンクト・マルグレーテン St. Margrethenに到着。次の停車駅はもうブレゲンツです。

2017051316.jpg



駅前には綺麗な建物があります。

2017051317.jpg



ザンクト・マルグレーテンを過ぎるとちょっと緊張します。上ライン川を見逃したくありませんからね。すぐに上ライン川にさしかかります。

2017051318.jpg



上ライン川はさもない川でしたが、見ることが出来、ホッとします。ラインを遡る4年前の旅が完結できたような気がします。

2017051319.jpg



ここまでの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。

2017051320.jpg



ブレゲンツも間近に迫っています。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ブレゲンツ音楽祭の会場は大賑わい・・・夕食はどうなる?

2016年7月26日火曜日@ジュネーヴ~ブレゲンツ/12回目

ジュネーブGenèveからブレゲンツBregenzへの約5時間の鉄道旅を続けているところです。チューリッヒ中央駅Zürich HBからの最後の停車駅、ザンクト・マルグレーテン St. Margrethenを過ぎ、上ライン川の畔に差し掛かりました。あの大河ライン川と比べると、実に小さな川ですが、この上ライン川がボーデン湖Bodenseeに注ぎ込み、そのボーデン湖からライン川が発することを考えると、どうしてもライン川の雄大な流れに思いを向けてしまいます。

2017051401.jpg



上ライン川を過ぎると、家々が立ち並び、ブレゲンツの町が近づいてきます。

2017051402.jpg



ようやくブレゲンツに到着です。

2017051403.jpg



降り立ったホームから跨線橋に上がります。ホームの先にブレゲンツ中央駅Bregenz Hauptbahnhofの駅舎が見えています。

2017051404.jpg



跨線橋から線路を見下ろします。

2017051405.jpg



跨線橋の通路を駅舎とは反対方向に進みます。ブレゲンツ音楽祭Bregenzer Festspieleの会場とこれから泊まるホテルがこっちにあります。真っ正面には今日見るオペラ《トゥーランドット》の看板が見えます。いやがうえにも気持ちが高まります。

2017051406.jpg



ホテルは駅前すぐのところです。ホテルの中に入ると、レストランが大賑わいです。彼らもオペラを見るのかな?

2017051407.jpg



ホテルの外のテラス席も大変なことになっています。saraiもまだ夕食をいただいていませんが、ホテルで夕食をいただくのは無理なようです。

2017051408.jpg



さて、早速、レセプションでチェックインします。音楽祭の影響でとっても高い法外な料金で予約しました。ホテルはメルキュール ブレゲンツ シティMercure Bregenz Cityです。

2017051409.jpg



部屋に入ります。ちゃんとした部屋ですが、払った料金に見合うほどではありません。

2017051410.jpg



調度品はすっきり、モダンです。

2017051411.jpg



まあ、深夜に終わるオペラの後、ゆっくりと休めそうです。

2017051412.jpg



水回りはちゃんとバスタブ付きです。

2017051413.jpg



部屋のバルコニーから外を見下ろします。もう夜の8時過ぎですが、まだまだ陽が高いです。ぞろぞろと音楽祭会場に向かう人たちが見えます。我々も急いで身支度しましょう。

2017051414.jpg



カジュアルな服装からフォーマルな服装に着替えて、すぐに出かけます。やはり、ホテルのレストランは食事を楽しむ人でいっぱいです。

2017051415.jpg



歩いて30秒で音楽祭会場に到着。会場も、飲み物を楽しむ人でいっぱいです。

2017051416.jpg



ともかく、食事が出来るところを探しましょう。オペラの開演まで1時間弱です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ブレゲンツ音楽祭:美味しいディナー、しかし、オペラ上演は暗雲!!

2016年7月26日火曜日@ジュネーヴ~ブレゲンツ/13回目

ブレゲンツ音楽祭Bregenzer Festspieleの会場に到着しました。何とか短時間で夕食をいただきたいものです。ともかく会場は人でごった返しています。

2017051501.jpg



テラス席で食事している人たちがいますね。

2017051502.jpg



ビュッフェのような特設レストランはありますが、よくしくみが分かりません。

2017051503.jpg



何か美味しそうなものが並んでいます。ここで何か食べることにしましょう。

2017051504.jpg



ビュッフェのスタッフのお姉さんにお伺いをたてると、彼女がテーブルに案内してくれます。案内されるままに従っているとテーブルについたところでこのビュッフェのシステムの説明があります。それによると・・・テーブルについて、そこで食べたいものをスタッフに伝えると、そのコースのチケットがもらえ(もちろん、購入するんです)、そのチケットを持って、料理を提供してくれるビュッフェコーナーに行けばよいとのことです。案内されたテーブルのまわりはこんなにお客さんでいっぱいです。何とか空いているテーブルがあってラッキーでした。

2017051505.jpg



なんとか食事をゲットできました。もちろん、よく冷えた白ワインもゲット。

2017051506.jpg



saraiはビーフを選び、付け合わせをお皿に乗っけていただきます。

2017051507.jpg



配偶者はお魚を選び、saraiと同様に付け合わせをお皿に乗っけていただきます。

2017051508.jpg



ボーデン湖を眺めながら、美味しいディナーをいただきます。

2017051509.jpg



単なるビュッフェの料理ではありますが、料金はかなりお高めです。食材は高級でとても美味しいです。ワインも美味しいです。食事をしているうちにだんだんと湖の景色が暮れていきます。

2017051510.jpg



そろそろ、開演の時間です。ディナーを急いで終えて、観客席のほうに向かいます。横から見ると、観客席やステージは湖の中に突き出しています。

2017051511.jpg



観客席の入り口はこちらのほうですね。

2017051512.jpg



ところが入り口でスタッフに入場を阻止されます。一体、どういうこと? 既に観客席に入っている人もたくさん、いるのにね。

2017051513.jpg



何かの理由で開演が遅れていて、現在は入場できないようです。オペラが行われるかどうかも分かりません。風が強いことは確かですが、オペラを上演できないほどのことはないような気がします。以前も野外オペラが途中で雨のために中止になったことがあるので、不安感が頭をよぎります。折角、ここまで来たので、是非、オペラを上演してほしいと祈るのみです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ブレゲンツ音楽祭:オペラは上演されるの・・・??

2016年7月26日火曜日@ジュネーヴ~ブレゲンツ/14回目

ブレゲンツ音楽祭Bregenzer Festspieleの会場で夕食はいただきましたが、その後、オペラ公演を行うかどうか、音楽祭運営者が検討中の模様です。会場でごった返す人たちも不安そうに状況を見守っています。

2017051601.jpg



仕方がないので、会場をぶらぶらしながら、オペラの開演を待つことにします。これが今日のオペラ《トゥーランドット》のポスターです。なかなか、派手な演出のようです。是非とも見たいですね。

2017051602.jpg



ここは会場の外れです。音楽祭に来た人たちは皆、入り口付近に固まっています。

2017051603.jpg



ホテルのあたりは閑散としています。落ち着き払って、椅子に腰かけている人がいます。まあ、あせっても仕方がないので、ゆったりと待つのが正解ですね。

2017051604.jpg



とは言え、何となく落ち着きません。また、会場の入り口付近で様子を窺います。

2017051605.jpg



しかし、なかなか結論が出ないようです。本来なら、あと5分で開演ですが、この様子では開演が遅れるのは必至です。だんだんと日が暮れてきます。もう、夜の9時過ぎですからね。

2017051606.jpg



ゆったりと特設レストランで寛いでいる人たちも多いです。saraiも慌てて、夕食を終える必要はありませんでした。

2017051607.jpg



もう、開演時刻を15分過ぎました。まだ、アナウンスがありません。皆、手持ちぶたそうにしています。

2017051608.jpg



ずいぶん待たされて、気をもみましたが、ようやく、開演決定のアナウンスがあります。ほっとします。待っている人たちからも大きな拍手が巻き起こります。今度こそ、チケットを提示して観客席に入場します。

2017051609.jpg



席は右手の前から6列目。思ったよりも見やすい位置です。まだ、観客は席を探して、うろうろしています。

2017051610.jpg



舞台セットは北京の紫禁城を模したもののようです。水中には、兵馬俑のような人形が見えています。プッチーニのオペラ《トゥーランドット》ですから、すべてが中国の雰囲気になっています。

2017051611.jpg



観客席全体はこんな感じです。満席の人気です。

2017051612.jpg



ステージに出演者が現れます。いよいよ始まります。結局、30分遅れで開始。遅れた明確な理由は分かりません。

2017051613.jpg



ステージ手前には、何故か、ベッドが置いてあります。やはり、有名なアリア《誰も寝てはならぬ》を意識した演出なのでしょうか。

2017051614.jpg



その後始まったオペラはなかなか楽しめました。久しぶりのプッチーニでしたが、やはり、メロディアスでいいですね。オペラの詳細はここにアップ済です。

オペラが終了したら、すぐそこがホテルというのが配偶者にとっては最高ということです。最後はハラハラドキドキの長い1日でした。高額ホテルでゆっくりと休みます。
明日からはチロルの旅の開始です。天気に恵まれることを願いましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR