FC2ブログ
 
  

ザルツブルク大聖堂に寄って、ホーエンザルツブルグ城へ

2016年8月6日土曜日@ザルツブルク/1回目

旅の18日目、ザルツブルクSalzburgの8日目です。実質、旅の最終日です。

今日は昨日の雨も上がって曇り空ながら、まあまあのお天気です。でも、気温は低めと思ったら、なんと暖房が入ってます! とても夏には思えませんね。高原の爽やかさです。
ところで滞在中のホテルはカプツィナー山Kapuzinerbergの麓に位置しています。ホテルの裏はすぐにカプツィナー山の斜面につながっています。部屋からはすぐにホテルの裏庭に出られます。赤い花が目に鮮やかです。山の斜面の緑も綺麗です。

2017101001.jpg



庭の地面は石が敷き詰められています。変なプラスティックの蓋のようなものがあります。実はこの裏庭はホテルの建物の屋上なんです。プラスティックの蓋の正体は我々の部屋の天窓だったんです。

2017101002.jpg



裏庭の先に続くカプツィナー山の斜面を見上げると、急峻な岩の断崖になっています。

2017101003.jpg



庭先にはテーブルとイスも置かれていて、寛げるようになっています。ここでお茶してもよかったですね。

2017101004.jpg



裏庭から山の斜面には石段も続いています。直接、カプツィナー山に登れるのかもしれません。しかし、石段の入り口には張り紙があります。落石注意!で石段は閉鎖ということです。

2017101005.jpg



裏庭から見たホテルの建物です。こういう風に山にへばりついているので、山の冷気が直接、建物に伝わるので、夏でもホテルの部屋は涼しいんです。天然冷房ですね。

2017101006.jpg



ホテルの裏庭の偵察を終え、ホテルを出発します。
昨日は雨のため、予定していたメンヒスベルクMönchsberg~リヒター高台Richterhöhe~ホーエンザルツブルグ城Festung Hohensalzburgの散策をキャンセルしたので、今日はそれをリカバリしましょう。
まずはケーブルカーで楽ちんにホーエンザルツブルグ城に登り、久々にお城を見学することにします。ケーブルカー乗り場に向かいます。途中、ザルツブルグ大聖堂Dom zu Salzburgの前を通ります。昨日、ここの内部を2階の回廊から見物したので、今日は普通に内部見学しておきましょう。内部は美しいバロック空間が広がっています。

2017101007.jpg



主祭壇のほうに向かいます。

2017101008.jpg



主祭壇の横には小さなパイプオルガンがあります。これもモーツァルトが弾いたのかな。

2017101009.jpg



内陣の前に立ちます。主祭壇と一対のパイプオルガンで構成される豪華なバロックの美です。

2017101010.jpg



これが主祭壇です。祭壇画は「イエスの復活」を主題としています。

2017101011.jpg



内陣から後ろを振り返ると、華麗なバロックの空間が見渡せます。後方正面の上部には壮麗な大パイプオルガンが見えます。

2017101012.jpg



こちらは大聖堂博物館の入り口ですね。

2017101013.jpg



大聖堂を出ると、スタンドと舞台が仮設されている大聖堂広場Domplatzがあります。昨日、レジデンツResidenzから散々眺めた広場です。

2017101014.jpg



大聖堂の先のカピテルプラッツKapitelplatzに出ると、正面にホーエンザルツブルグ城が聳えています。丘の斜面に設置されているケーブルカーの線路も見えますね。

2017101015.jpg



さあ、ケーブルカー乗り場に向かいましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ホーエンザルツブルグ城からのザルツブルクの町の絶景

2016年8月6日土曜日@ザルツブルク/2回目

今日は旅の最終日。やり残していたメンヒスベルクMönchsberg~リヒター高台Richterhöhe~ホーエンザルツブルグ城Festung Hohensalzburgの散策をします。まずはホーエンザルツブルグ城に登るケーブルカーの乗り場に向かっています。ザンクト・ペーター・ベツィルクSankt-Peter-Bezirkの路地に入ると、正面にケーブルカー乗り場の建物が見えてきます。

2017101101.jpg



ケーブルカー乗り場に着き、早速、チケットを購入。往復で一人15.2ユーロです。まあまあかな。

2017101102.jpg



すぐにケーブルカーに乗車。発車するとどんどん上り始め、眼下にザルツブルグ大聖堂Dom zu Salzburgが見えます。

2017101103.jpg



ホーエンザルツブルグ城もどんどん近づいてきます。

2017101104.jpg



3分ほどで丘の上に到着し、ケーブルカーを降車。

2017101105.jpg



駅を出ると、お城の地図があります。この案内に従って、お城に向かいましょう。

2017101106.jpg



右手にはテラス席のレストランが見えます。ランチにはよさそうですね。

2017101107.jpg



左手には城壁が続いています。そちらに町を見下ろす見晴台がある筈ですから、まずは景色を楽しんでみましょう。

2017101108.jpg



下に見えているのはメンヒスベルクの丘です。美しい緑が広がっています。

2017101109.jpg



先に進むと、今度はザルツブルクの町が視界に入ります。やはり、この風景はヨーロッパを代表する絶景の一つですね。

2017101110.jpg



ここに詰めかけた観光客もみな、この素晴らしい風景に見入っています。

2017101111.jpg



絶景を見下ろしながら、テラス席についている幸せな人たちもいますね。

2017101112.jpg



再び、ザルツブルクの町とザルツァッハ川の流れの風景を眺めます。見飽きることのない風景です。

2017101113.jpg



ザルツァッハ川を挟んで、対岸にはカプツィナー山Kapuzinerbergが見えます。

2017101114.jpg



ホーエンザルツブルグ城の入り口に向かって、お城の石段を上っていきます。見晴台よりもずっと高いところから、再び、ザルツブルクの町を見渡します。さらなる絶景ですね。素晴らしい!!

2017101115.jpg



では、久しぶりにホーエンザルツブルグ城の内部を見学しましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ホーエンザルツブルグ城を見学

2016年8月6日土曜日@ザルツブルク/3回目

今日はメンヒスベルクMönchsberg~リヒター高台Richterhöhe~ホーエンザルツブルグ城Festung Hohensalzburgを散策します。まずはホーエンザルツブルグ城の丘にケーブルカーで登りました。ホーエンザルツブルク城の内部を見学するために入口に向かいます。途中、井戸があります。山の上の砦には籠城のときに備えて、水の確保が重要です。古いものなのかな。

2017101201.jpg



ホーエンザルツブルグ城はザルツブルグで一番の観光地ですから、さすがに観光客が大勢来ています。城内観光には行列が出来ています。我々も行列の最後尾につきます。

2017101202.jpg



15分ほど並んで、ようやく中に入れます。ちなみに入館チケットはケーブルカーのチケットに含まれていました。とすると、一人15.2ユーロは安かったかな。
まずはお城からの眺めを楽しみます。お城の別棟越しに雄大な風景が広がっています。

2017101203.jpg



しかし、あいにく山には雲がかかっていて、ウンタースベルクUntersbergは見えませんね。

2017101204.jpg



空は一面雲に覆われています。雨にはならないので、まあいいですけどね。

2017101205.jpg



おや、入った大広間にはステージができていて、小編成のアンサンブルの演奏の準備ができています。コンサートが開かれるようです。

2017101206.jpg



この大広間は黄金の広間と呼ばれています。金メッキの鋲をちりばめた蒼い天井はまるで星空のように見えます。

2017101207.jpg



黄金の小部屋へ移動します。黄金の広間と同じような豪華な天井が続いています。ここにはタイル張りの豪華な暖炉があります。これは富裕さも示していますが、冬はよほど寒いのでしょう。

2017101208.jpg



黄金を豊富に使った装飾です。この黄金の小部屋は実に豪華です。

2017101209.jpg



この豪華な部屋からザルツブルクの町を見下ろす気分は如何ほどのものだったでしょう。大司教の権勢がうかがい知れます。

2017101210.jpg



これは・・・トイレですね。まさにボットン便所です。

2017101211.jpg



黄金の小部屋から、さきほどの黄金の広間に戻ります。

2017101212.jpg



コンサートが催されるステージを恨めしく眺めます。雰囲気いいんでしょうね。昔は大司教がここで祝宴を催したそうです。往時が偲ばれます。

2017101213.jpg



ここからは外部の景色を楽しみます。まずは真正面に見えるのはザルツァッハ川とカプツィナー山Kapuzinerbergです。

2017101214.jpg



すぐ下には大聖堂Dom zu Salzburgと大聖堂広場Domplatzが見えます。

2017101215.jpg



とても見晴らしがよく、ザルツブルクの町の隅々まで見ることができます。しばらくは町を高見から見物しましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ホーエンザルツブルグ城の内外を散策

2016年8月6日土曜日@ザルツブルク/4回目

今日はメンヒスベルクMönchsberg~リヒター高台Richterhöhe~ホーエンザルツブルグ城Festung Hohensalzburgを散策します。まずはホーエンザルツブルグ城を随分、久しぶりに見学しているところです。でも、お城の内部を見るのをほったらしにして、外の風景を眺めるのに夢中になっています。何と言ってもザルツブルクの旧市街が間近に見下ろせるのが魅力です。
ザルツブルク音楽祭Salzburger Festspieleのメイン会場である祝祭大劇場Großes Festspielhausやモーツァルト劇場Haus für Mozart (ehemaliges Kleines Festspielhaus)の入っている大きな建物が見えます。メンヒスベルクの丘の岸壁にへばりついている手前の部分がフェルゼンライトシューレFelsenreitschuleでしょうか。

2017101301.jpg



丘の中腹にケーブルカーの線路の上を跨ぐ通路が見えます。

2017101302.jpg



これがケーブルカー乗り場のあたりです。中央左に見えている緑地はザンクト・ペーター教会墓地Petersfriedhofです。綺麗な墓地ですね。

2017101303.jpg



墓地の先にはザンクト・ペーター教会Stiftskirche Sankt Peter Salzburgが見えています。その奥には、昨日ランチをいただいたシュティフツケラー・ザンクト・ペーターSt. Peter Stiftskulinariumの建物も見えています。

2017101304.jpg



ホーエンザルツブルグ城からは緑豊かなメンヒスベルクの丘が続いています。後でそこを散策しましょう。

2017101305.jpg



さて、外の景色は十分に楽しんだので、お城の内部の見学を続けましょう。城塞博物館とライナー博物館を見学します。城塞博物館には歴史的な家具や武器などが展示されているだけでそんなに興味を惹くものはありません。ライナー博物館には第一次世界大戦中に活躍した「ライナー大公連隊」の武器などが展示されています。これは旧式の機関銃ですね。

2017101306.jpg



これくらいで見学は終了です。お城の内部には大したものはありませんね。最後に立派な紋章に目を引かれました。双頭の鷲と言えば、ハプスブルク家の紋章ですが・・・。

2017101307.jpg



お城の外に出ます。ちょっとお城の周りを散策しましょう。

2017101308.jpg



これはゲオルク教会です。この教会は聖ゲオルクを守護聖人として後期ゴシック様式で15世紀に建てられました。外壁にあるレリーフはこの教会を建てさせた大司教コイチャッハの像です。

2017101309.jpg



城内には美しい内庭が続きます。

2017101310.jpg



広場の中央にあるのは井戸ではなくて、地下貯水槽なんだそうです。左手に見える綺麗な建物は武器庫だったものですが、現在はお土産ショップになっています。

2017101311.jpg



再び、見晴台に出ます。美しいザルツブルクの町が見えます。

2017101312.jpg



お城の堅固な塔があります。ちなみにこの城塞はいちども敵に占拠されたことがないそうです。

2017101313.jpg



おおっ、テレビ塔のあるガイスベルクGaisbergの山が見えています。なんだか懐かしい。

2017101314.jpg



ザルツァッハ川もよく見えます。まあ、当然ですけどね。

2017101315.jpg



結局、城内散策といいながら、まわりの景色を楽しんでいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ホーエンザルツブルグ城からウンタースベルクも見えた!!

2016年8月6日土曜日@ザルツブルク/5回目

今日はメンヒスベルクMönchsberg~リヒター高台Richterhöhe~ホーエンザルツブルグ城Festung Hohensalzburgを散策します。まずはホーエンザルツブルグ城を見学しているところです。
今、城壁の外のキューエンブルク稜堡にいます。稜堡というのは外敵を城壁の外から撃退するための設備ですが、現代は格好の見晴台になっています。実に頑強そうな城壁が続いています。城壁の上からはゲオルク教会の尖塔が顔を覗かせています。

2017101401.jpg



お城の反対側に廻り込むと何と先ほどまでは雲で隠れていたウンタースベルクUntersbwrgが顔を覗かせています。ウンテルスベルク好きのsaraiは大喜びです。

2017101402.jpg



周りの山々も雲が晴れて、すっきりと見えるようになってきました。美しい眺めに満足です。

2017101403.jpg



お城のあちこちから素晴らしい眺めが楽しめます。初めてザルツブルクに来たときはこの眺めに感動したなという記憶が戻ってきます。悪い意味でザルツブルグの風景を見慣れてしまった自分がいます。反省しましょう。

お城からメンヒスベルク方面への道を探しますが、お城から抜け出す道を見つけられずに結局、お城を一周してしまいました。ケーブルカー乗り場に戻ってきます。

2017101404.jpg



いったんケーブルカーで下に下りることにします。
ところでこれがお城の見取り図です。後でチェックすると、メンヒスベルクの丘の方向で出口を探したのが間違っていたようです。いったん、反対側の(見取り図では一番左側)出口から出て、ケーブルカーの下をくぐる通路を進めばよかったようです。

2017101405.jpg



ともあれこの時点では地理が分かっていなかったので、ケーブルカーに乗って、下に降ります。せめて、ケーブルカーの一番前に陣取って、景色を楽しみます。

2017101406.jpg



ケーブルカーが発車すると、すぐに駅のトンネルを抜け出します。

2017101407.jpg



すると目の前にザルツブルクの町の風景が広がります。

2017101408.jpg



軌道を跨ぐ通路が見えてきます。あの通路は通れないようですが、その手前に軌道の下をくぐる通路があります。本当はその通路を歩けばよかったんですね。

2017101409.jpg



ここで上ってくるケーブルカーとすれ違います。

2017101410.jpg



もうすぐ下の駅です。目の前にはザルツブルク大聖堂が見えています。

2017101411.jpg



左手にはザンクト・ペーター教会Stiftskirche Sankt Peter Salzburgも見えてきます。

2017101412.jpg



さあ、駅に到着です。

20171014113.jpg



これでふりだしに戻ったみたいですが、気を取り直して歩き始めます。メンヒスベルク方面への道を探しながら岩山沿いにメンヒスベルクのほうに歩いていくと、祝祭大劇場・モーツァルト劇場の大きな建物の手前に岩山に上る石段を発見。上っていく人たちも見えます。

20171014114.jpg



この石段を上っていくと段々眺めがよくなります。

20171014115.jpg



石段を登り切るとメンヒスベルクの丘の上の道に出ます。道標には左に行くとホーエンザルツブルク城、右に行くとメンヒスベルクの丘と書かれています。これで間違いないようです。

20171014116.jpg



この見晴らしのよい道から眺めた旧市街です。フランツィスカーナー教会Franziskanerkirche、ザルツブルク大聖堂、ザンクト・ペーター教会が並んで見えます。

20171014117.jpg



これでようやく、今日の目的のメンヒスベルクの丘の上のハイキングができそうです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

メンヒスベルクの丘をハイキング

2016年8月6日土曜日@ザルツブルク/6回目

メンヒスベルクMönchsberg~リヒター高台Richterhöhe~ホーエンザルツブルグ城Festung Hohensalzburgの散策を始めます。現在、祝祭大劇場・モーツァルト劇場の大きな建物の横の石段を上って、メンヒスベルクの丘の上の道に出たところです。見晴台のようなところからザルツブルク大聖堂Dom zu Salzburgを眺めています。

2017101501.jpg



フランツィスカーナー教会Franziskanerkircheの先にはカプツィナー山Kapuzinerbergの中腹にカプツィナー修道院Kapuzinerklosterが見えています。

2017101502.jpg



これがメンヒスベルクの丘の上の道です。正面に見えている建物はシュテファン・ツヴァイク・センターStefan Zweig Centreです(このときは建物が何なのかは知りませんでした。翌年、訪問することになりますが、それはこの時点では知る由もありせん。)。

2017101503.jpg



メンヒスベルクの丘の上にある現代美術館Museum der Moderne Monchsbergへの案内図があります。

2017101504.jpg



道の横に大きな天窓が見えます。フェルゼンライトシューレFelsenreitschuleの建物の天窓ですね。

2017101505.jpg



その天窓のあるフェルゼンライトシューレの屋根の向こうにはコレギエン(大学)教会Kollegienkircheが見えます。名前の通り隣接するザルツブルク大学付属の教会です。先日、この教会でヴァイオリン・リサイタルを聴いたばかりです。

2017101506.jpg



フェルゼンライトシューレの屋根に沿って、この丘の上の小道を歩いていきます。

2017101507.jpg



小道の先は石段になっています。この石段を上って、メンヒスベルクの丘の上の高みに上がります。

2017101508.jpg



樹木の間からは旧市街の建物の屋根の連なりが見えます。

2017101509.jpg



急な石段をフーフー言いながら上っていきますが、樹木の間からの眺めが慰めになります。

2017101510.jpg



ようやく石段を上り終えます。丘の上には道標があります。ここで丘の上の景色のよいハイキングコースに合流します。

2017101511.jpg



ここから下を見下ろすと、ちょうどヘルベルト・フォン・カラヤン・プラッツHerbert-von-Karajan-Platzが見えます。祝祭大劇場も見えています。ずっと先にはザルツァッハ川、そして、カプツィナー山も見渡せます。

2017101512.jpg



視線を上げると、美しい眺めが広がっています。

2017101513.jpg



視線を右に移すと、コレギエン教会の建物が先ほどとは別の角度で見えます。

2017101514.jpg



少し移動して、視線をさらに右に移すと、何とホーエンザルツブルク城が見えます。ザルツブルク大聖堂も見えています。

2017101515.jpg



そろそろお腹も空いてきましたね。丘の上のランチといきましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

メンヒスベルクの丘の上の絶景レストラン、シュタットアルム

2016年8月6日土曜日@ザルツブルク/7回目

メンヒスベルクMönchsberg~リヒター高台Richterhöhe~ホーエンザルツブルグ城Festung Hohensalzburgの散策をしているところです。メンヒスベルクの丘の上の景色のよいハイキングコースを歩いています。ここから見下ろすザルツブルクの町の景色はまったく素晴らしいものです。

2017101601.jpg



ところで、ちょうどお昼時でお腹が空いてきました。シュタットアルムStadtalmの展望台には美味しそうなレストランがあります。ここでザルツブルグの町を見下ろしながらのランチにしましょう。驚くほど大勢の人がいるのですが、なんとか席を確保。向かい側の山の上にはさっきまでいたホーエンザルツブルグ城が見えます。

2017101602.jpg



その手前には祝祭大劇場が見えます。今日もこの祝祭大劇場でコンサートを聴く予定です。

2017101603.jpg



ザルツァッハ川の流れも綺麗です。

2017101604.jpg



まずは飲み物で乾いた喉を潤します。

2017101605.jpg



美味しそうな料理が運ばれてきます。

2017101606.jpg



これはオムレツ。

2017101607.jpg



これは豚肉のソテーです。

2017101608.jpg



食事をしていると、若者の4人組が席を探してうろうろしています。その中に、日本人と思われる美男子がいます。彼も我々が日本人と分かったのか、椅子をお借りしていいですかと、我々のテーブルの椅子を指さします。以下、配偶者と彼の軽妙な会話。
『高いわよ~』『出世払いということで・・・』『何を目指してるの』『政治家かな』『未来の日本を頼むね』
という会話の後、椅子を貸します。彼は夏休みを利用してボランティアで来てるみたいです。青年よ荒野を目指せ!

食事後、再び、景色を楽しみます。

2017101609.jpg



カプツィナー山Kapuzinerbergのカプツィナー修道院Kapuzinerklosterがよく見えます。(その左手には樹木の間からシュテファン・ツヴァイクの旧居の屋根が見えていますが、この時はまだそれが分かっていませんでした。翌年のザルツブルク訪問でシュテファン・ツヴァイクの旧居であることが分かることになります。)

2017101610.jpg



すぐ近くには丘の上の城壁が聳えています。その城壁の向こうに廻って、シュタットアルムのレストランを覗きます。レストランのテラス席は丘の上の縁に沿っています。眺めがいいのも当然です。

2017101611.jpg



ここからは祝祭大劇場、ザルツブルク大聖堂、ホーエンザルツブルク城がよく見えます。

2017101612.jpg



ザルツブルクで一番の繁華街のゲトライデガッセGetreidegasseが一直線に見えます。まるでこの通りでザルツブルクの町が切り裂かれているようです。

2017101613.jpg



ゲトライデガッセ、ザルツァッハ川、カプツィナー山が3点セットのように眺められます。

2017101614.jpg



ここでゆっくりとしていたら、そろそろ5時からの演劇《イェーダーマン》の時間も迫ってきます。城壁Bürgerwehr Mönchsbergの穴をくぐって、現代美術館からエレベーターで下に降りましょう。

2017101615.jpg



城壁の穴をくぐると立派な城壁がずっと続いています。まだ少し時間があるので、ちょっと城壁を見物していきます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

メンヒスベルクの丘の上の巨大な城壁

2016年8月6日土曜日@ザルツブルク/8回目

メンヒスベルクMönchsberg~リヒター高台Richterhöhe~ホーエンザルツブルグ城Festung Hohensalzburgの散策をしているところです。現在、メンヒスベルクの城壁Bürgerwehr Mönchsbergの前を歩いています。ザルツブルクの旧市街とは反対方向に向かっています。堅固な城壁ですね。

2017101701.jpg



城壁の端が見えてきます。広場になっているようです。あそこまで歩いてみましょう。

2017101702.jpg



城壁の端までやってきました。城壁を通り抜ける通路があります。

2017101703.jpg



ここはメンヒスベルクの丘の西の端にもなっていて、ここから遠くの山々の連なりが見渡せます。

2017101704.jpg



城壁の塔の先にウンタースベルクUntersbergも見えています。頂上に少し雲がかかっています。

2017101705.jpg



メンヒスベルクの丘の麓にも町並みがあります。旧市街とは反対側なので、旧市街に出るには交通が不便そうですね。

2017101706.jpg



もう一度、ウンタースベルクを眺めます。今回の旅ではこれが見納めになるかもしれません。

2017101707.jpg



これが今まで歩いてきた城壁です。丘の上にこんなに巨大な城壁が築かれていたとは驚きです。

2017101708.jpg



城壁の通路の先が気になりますね。ハイカーたちも歩いています。我々もちょっと覗いてきましょう。

2017101709.jpg



通路を抜けると、気持ちのよさそうなハイキングコースが続いています。このまま進むと元の場所に戻ってしまうので、ここで引き返します。

2017101710.jpg



城壁の通路を戻ると、城壁に沿った道が2つに分かれています。左側の道を進むと多分、現代美術館Museum der Moderne Monchsbergのほうに出られる筈です。

2017101711.jpg



トンネルをくぐって進みます。

2017101712.jpg



綺麗なハイキングコースを歩いて行きます。

2017101713.jpg



道標があります。やはり間違いありませんでした。あと150mで現代美術館に到着です。

2017101714.jpg



現代美術館の前に出ました。

2017101715.jpg



ここからは旧市街に下りるエレベーターがありますから、それを利用しましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

メンヒスベルクの散策を終えて、演劇会場へ直行

2016年8月6日土曜日@ザルツブルク/9回目

メンヒスベルクMönchsberg~リヒター高台Richterhöhe~ホーエンザルツブルグ城Festung Hohensalzburgの散策をしているところです。現在、メンヒスベルクの丘の上の現代美術館Museum der Moderne Monchsbergの前にやってきました。現代美術館に隣接した、眺めのいいレストランのM32のテラス席が賑わっています。以前、ここで食事をいただいたことがあります。このレストランは眺めだけでなく、料理も美味しいレストランです。

2017101801.jpg



ここからの眺めです。向かい側の丘の上に立つホーエンザルツブルグ城がよく見えます。

2017101802.jpg



ザルツブルクの旧市街もよく見えます。

2017101803.jpg



さて、ここからエレベーターで下の旧市街に降りましょう。現代美術館の建物の中にあるエレベーターの料金を見ると、上りも降りも一人2.3ユーロ。これは馬鹿馬鹿しいですね。エレベーターを利用しないことをケチなsaraiは即座に決断。元来た道を戻ることにします。途中、メンヒスベルクの丘に巡らせてある巨大な城壁をくぐり抜けます。

2017101804.jpg



城壁を抜けて、ハイキング道を歩いていきます。

2017101805.jpg



先ほど上ってきた石段を今度は下っていきます。下りるのは楽ですね。

2017101806.jpg



祝祭劇場の建物の横の石段の上に出ます。

2017101807.jpg



石段の上にある建物の扉を見ると、ザルツブルク音楽祭のオフィスがあります。こんなところにね・・・。

2017101808.jpg



祝祭劇場の建物の横に下りて、そこから演劇の会場の大聖堂広場Domplatzに向かいます。正面に見えている尖塔はフランツィスカーナー教会Franziskanerkircheです。

2017101809.jpg



途中の道に大聖堂は封鎖されているというメッセージとブロックの板があります。演劇の公演の準備が進んでいるようです。

2017101810.jpg



大聖堂広場の前に到着すると、広場は演劇の公演のために完全にクローズされています。

2017101811.jpg



ここにも大聖堂は《イェーダーマン》の公演のために封鎖されているというメッセージの張り紙があります。

2017101812.jpg



大聖堂広場の会場はまだ開場にならないようです。この裏側の入口からも入れるようですが、まだ時間があるので、大聖堂の前に周って、そこから入場することにします。ザンクト・ペーター教会Stiftskirche Sankt Peter Salzburgのほうから廻り込みます。

2017101813.jpg



ザンクト・ペーター教会の横の道は大勢の人でごった返しています。大聖堂広場が封鎖されているからでしょう。

2017101814.jpg



ザンクト・ペーター教会墓地Petersfriedhofの中を抜けていきます。墓地は綺麗な花で飾られていますね。

2017101815.jpg



もう少しで大聖堂広場の正面に着きます。開演前30分です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

1日2つの公演でザルツブルク音楽祭も終了

2016年8月6日土曜日@ザルツブルク/10回目

メンヒスベルクMönchsbergの丘の散策を終えて、《イェーダーマン》の公演が行われる大聖堂広場Domplatzにやってきました。広場の裏口から正面入口に廻り込んでいるところです。ザンクト・ペーター教会墓地Petersfriedhofの中を抜けて、カピテル広場(カピテルプラッツ)Kapitelplatzに出ます。丘の上には先ほど訪れたホーエンザルツブルグ城Festung Hohensalzburgが見えています。

2017101901.jpg



正面口に着き、しばらくすると開門して、中に入れます。大聖堂広場には仮設のスタンドができていて、そこから演劇を鑑賞します。仮設スタンドの後方には聖母マリア像が見えています。

2017101902.jpg



これが《イェーダーマン》のチケットです。席は9列目です。

2017101903.jpg



その木製の席に着きます。仮設の木製の舞台の向こうには大聖堂のファサードが見えています。なかなか見易い席です。

2017101904.jpg



野外公演なので、お天気が心配でしたが青空も見えてきます。

2017101905.jpg



開演20分前を切って、観客がぞろぞろ入ってきます。

2017101906.jpg



正面には大聖堂のファサードが聳え立っています。素晴らしい野外劇場ですね。

2017101907.jpg



もうすぐ開演です。楽しみです。

2017101908.jpg



やがて、《イェーダーマン》が開演。1時間ほどの公演のつもりでしたが、2時間もある長い公演になりました。《イェーダーマン》という題名は英語で言えばeveryman。つまり、どこにでもいる誰かがこの演劇の主人公です。その主人公の金持ちの男が神(小さな男の子が神の役。なかなかの名演でした)の使いの《死神》から自分の突然の死を告げられて、あたふたとしますが、最後は信仰心にも目覚め、これまでの生き方を悔いて、清々しい死を迎えるという、ある意味、ありきたりの話です。しかし、天才劇作家ホフマンスタールの筆にかかると感動的なストーリーに変身します。ドイツ語の分からないsaraiですら、最後に死を弔う大聖堂の鐘の音が響くと静かな感動に至ります。この演劇はザルツブルク音楽祭が始まった頃からずっと演じられている由緒のあるものなんです。演出は、いろいろ考えられ変更されているようですね。アウトラインは同じですが、下調べしたストーリーとは違う場面が多く(イェーダーマンの婚約とか・・・)、出演者の役柄も様々で、ちょっと戸惑いましたが、意外に楽しめました。この《イェーダーマン》の詳細な記事はここに既にアップ済みです。

公演が終わって、既に舞台には誰もいません。観客は皆、会場を出て、帰途につこうとしています。

2017101909.jpg



saraiも今日2回目の公演に向けてホテルにとって返します。途中、屋台の店が目に付きます。

2017101910.jpg



ここでカリーヴルストのようなものを見かけ、夜食用にゲットします。

2017101911.jpg



ホテルで今度はタキシードに着替え、今回のザルツブルク音楽祭で最後に鑑賞する公演となるウィーン・フィルの演奏会に臨みます。ホテルを出ると、何と軽く雨が降っています。大聖堂広場で催された野外演劇の最中に雨にならなくてよかったとほっと胸を撫でおろします。
ウィーン・フィルの演奏会は祝祭大劇場で行われます。これがそのチケットです。前から2列目というsarai好みの席で聴けます。

2017101912.jpg



開演20分前に席に着きます。オーケストラはすぐ目の前です。

2017101913.jpg



ウィーン・フィル演奏会は素晴らしいマーラー(亡き子をしのぶ歌)に感動。最後に素晴らしい音楽が待っていました。このコンサートの詳細な記事はここに既にアップ済みです。

これでザルツブルク音楽祭の予定はすべて終了。この時点では、もう2度とザルツブルク音楽祭に来ることはあるまいと思い、一抹の寂しさを覚えていました。まさか、翌年もザルツブルク音楽祭を訪れることになるとはね・・・。人生と旅は予測のつかないことだらけです。

さあ、明日はウィーン経由で帰国します。長いようであっという間に終わってしまった今回の旅でした。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR