FC2ブログ
 
  

アルプス:いざ、早朝出発

2017年7月24日土曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/1回目

旅の5日目、ルツェルンLuzernの2日目です。

今日は旅の前半のハイライト。初めてのアルプス訪問です。
早起きして、ユングフラウヨッホJungfraujochの登頂を目指します。と言っても登山電車に乗るだけの楽ちん登山です。そして、今日はメンリッヒェンMännlichenの山の上の山荘に1泊します。1泊2日のアルプスの旅です。大きな荷物はこのルツェルンのホテルに預けて、最低限の荷物だけを持って、ホテルを出発します。

いつものsaraiにはありえないような時間に早起きして、5時半過ぎに出発。ホテルのご厚意でデラックスな朝食ボックスを用意してもらいます。夜番のスタッフもレセプション前で待機してくれていて、荷物を預かってくれます。感謝です。外に出るとあたりは薄暗く、お天気がどうなのかは分かりません。雨は降っていません。こんな時間に既に道を歩いている人がいるのが驚きです。

2018040701.jpg



パン屋さんの中は明るい光に満ちています。こんな早朝に営業開始しているようです。

2018040702.jpg



大通りはさすがに車の往来もなく、閑散としています。

2018040703.jpg



ロイス川Reussの前に出ます。まだ、街灯が明るく輝いています。暗い空を背景に旧市庁舎Altes Luzerner Rathausの塔の姿が浮かび上がっています。

2018040704.jpg



ロイス川の水面に街灯の灯りが映り込んでいて、とっても綺麗です。

2018040705.jpg



カペル橋Kapellbrückeの姿も見えてきます。

2018040706.jpg



暗い水面を鴨が泳いでいます。

2018040707.jpg



ラートハウスシュテークRathausstegの先に旧市庁舎がはっきりと見えてきます。少し明るくなってきたかな。

2018040708.jpg



いやはや、早朝のロイス川の水面は美しいですね。

2018040709.jpg



カペル橋が明るく輝いています。ロイス川の水面にその灯が映り込んでいます。早朝ならでは風景です。

2018040710.jpg



ルツェルン駅の前に到着です。まだ、早朝6時前です。

2018040711.jpg



駅の中に入ります。

2018040712.jpg



駅の中の出発時刻掲示板には早朝の電車の時刻が並んでいます。我々は10分ほど後に出発する6時5分の急行電車IRに乗ります。出発ホームは12番BCとなっています。

2018040713.jpg



早速、そのホームに移動しましょう。

2018040714.jpg



ホームに到着。電車は停車していますね。

2018040715.jpg



さあ、乗り込みましょう。アルプス訪問の旅の開始です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:車窓に見えるスイスの美しい湖の風景

2017年7月24日土曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/2回目

ルツェルンLuzern駅で、アルプスに向けての旅を始めるために早朝の電車に乗り込もうとしているところです。

身軽な山スタイルで6時5分、ルツェルン駅発の急行電車IRに乗って、インターラーケン・オスト駅Interlaken Ostに向かいます。電車のチケットは往復のファーストクラスをスイス半額カードSwiss Half Fare Cardを併用することで、事前にネットで半額の106.8スイスフランで購入済です。日本円で1万3千円ほどです。チケットはルツェルンからインターラーケン・オストを経由して、クライネ・シャイデックKleine Scheideggまでのものです。スイス国鉄と私鉄を乗り継ぎますが通しのチケットが買えます。クライネ・シャイデックからユングフラウヨッホJungfraujochまでは高額料金の登山鉄道、ユングフラウ鉄道なので、別のチケットになります。

2018040801.jpg



ファーストクラスの車両を探しながら、ホームを歩いていきます。

2018040802.jpg



ファーストクラスの車両を見つけて乗り込みます。ファーストクラスの車両は我々だけで独占です。すぐに朝食ボックスをいただきます。これがホテルのご厚意で用意していただいた朝食ボックスです。

2018040803.jpg



朝食ボックスの中身を取り出します。朝食の定番メニューはほとんど揃っています。ないのは温かいコーヒーくらいです。

2018040804.jpg



あれれ、果物がありますが、プラスチックナイフしかありません。これで皮を剥くのかな・・・。

2018040805.jpg



定刻の6時5分に電車はルツェルン駅のホームをゆっくりと滑り出していきます。まだ明けやらぬ早朝の駅風景です。

2018040806.jpg



車窓にはルツェルンの町の風景が流れていきます。いよいよアルプスの旅の始まりです。

2018040807.jpg



空き空きのファーストクラスの車両なので、すぐに車掌さんの検札が始まります。半額で購入したチケットと共に4枚のスイス半額カードをテーブルに並べます。車掌さんからはサンキューの一言をいただきます。

2018040808.jpg



やがて、建物の間から湖が見えてきます。

2018040809.jpg



すぐに車窓いっぱいに湖が姿を現します。”4つの森の州の湖”という意味を持つフィアヴァルトシュテッテ湖 Vierwaldstatterseeですが、通称のルツェルン湖Lake Lucerneのほうが分かりやすいですね。スイスで5番目に大きな湖です。早朝の幻想的な風景です。

2018040810.jpg



車内に設置された液晶パネルにはこれから停車する駅名と到着時刻が表示されています。間もなく最初の停車駅ザルネンSarnenに到着します。その後は5分から10分くらいの間隔で頻繁に停車していくようです。ローカル電車の旅になりますね。

2018040811.jpg



ザルネンを過ぎると、神秘的な雰囲気の湖が見えてきます。ザルナー湖Sarnerseeです。

2018040812.jpg



湖畔の町ザクセルンSachselnに停車すると、対岸のヴィーレン (ザルネン) Wilen (Sarnen)のメルヘンのような風景もよく見えます。ザルナー湖はとっても小さな湖ですね。

2018040813.jpg



美しいザルナー湖もあっという間に通り過ぎてしまいます。

2018040814.jpg



ギスヴィルGiswilの町を過ぎて、しばらくすると特徴のある形の山が見えてきます。三角形の岩山です。これもアルプスならではの山なのでしょう。いかにも氷河が削り取ったような感じです。ただし、小さな山です。

2018040815.jpg



インターラーケン・オスト駅への2時間弱もかかる長い鉄道旅のうち、まだ、3分の1ほどが過ぎたところです。スイスらしい景色が堪能できそうです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:ゴールデン・パス・ラインの風光明媚なポイントを往く

2017年7月24日土曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/3回目

アルプスに向かって、ルツェルンLuzern駅からインターラーケン・オスト駅Interlaken Ostまで鉄道の旅をしているところです。

行程の3分の1ほどが過ぎ、標高484メートルのギスヴィル駅Giswilから、標高697メートルのカイザーシュトゥール駅Kaiserstuhl OWへ電車は徐々に登っていきます。周辺の村の美しい風景が眼下に広がります。

2018040901.jpg



村に点在する家々がだんだんと下に見下ろすようになっていきます。

2018040902.jpg



電車はさらに標高を上げていきます。

2018040903.jpg



やがて、ギズヴィルの村の箱庭のような風景が高みから眺められます。夢のような絶景です。小さな教会、こじんまりしたホテル、小さな家々・・・どのような人々の営みがあるのでしょう。溜息をつくような美しさです。

2018040904.jpg



おや、並行するブリューニッヒ通りBrünigstrasse沿いにスバルの自動車販売店が見えます。スイスではスバルの四駆が人気なのかな。

2018040905.jpg



急こう配を登り切るとカイザーシュトゥール駅です。

2018040906.jpg



カイザーシュトゥール駅を出ると、また小さな湖があります。ルンゲラー湖Lungerer Seeです。

2018040907.jpg



あれっ、湖畔の道路、ブリューニッヒ通りは雨で濡れています。なんと雨模様です。この先のアルプスのお天気はとても心配です。

2018040908.jpg



車内の液晶パネルの表示に目をやります。インターラーケン・オスト駅まで1時間あまりですね。ほぼ10分間隔で途中駅に停まっていきます。

2018040909.jpg



電車はルンゲラー湖の美しい湖面を眺めながら走っていきます。

2018040910.jpg



曲がりくねった湖岸は湖の美しい風景を作っています。

2018040911.jpg



電車はルンゲラー湖を見下ろす丘の上をゆったりと走っていきます。

2018040912.jpg



ルンゲラー湖のまわりの緩やかな緑の丘の先にはルンゲルンLungernの村が見えてきます。

2018040913.jpg



ルンゲルンの村が近づいてきます。エメラルドグリーンの美しい湖、ルンゲラー湖の南端の村です。湖岸近くには可愛い教会も見えています。

2018040914.jpg



電車は大きく右に回り込みながらルンゲルン駅に進入していきます。車窓には大きく雨粒が付くほど、雨脚が強くなってきます。

2018040915.jpg



今乗っている電車の区間はスイスの観光路線の一つ、ゴールデン・パス・ラインGoldenPass Lineの一部のルツェルン~インターラーケン・オストの区間です。この路線は現在はスイス国鉄ではなくて、私鉄のツェントラル鉄道Zentralbahn(ZB)の路線です。ちょうど、この路線の半分ほど走ったところです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:ブリューニック峠を超えて、ホームズ終焉の地マイリンゲンへ

2017年7月24日土曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/4回目

アルプスに向かって、ルツェルンLuzern駅からインターラーケン・オスト駅Interlaken Ostまで鉄道の旅をしているところです。

ルンゲラー湖Lungerer Seeに沿って走っています。エメラルド・グリーンの湖面が美しく輝いています。

2018041001.jpg



湖岸にはマッチ箱のような家々が並んでいます。

2018041002.jpg



ルンゲラー湖の南端の町ルンゲルンLungern駅に到着します。

2018041003.jpg



乗っている車両は天井の一部が窓になっているパノラマカーです。生憎のお天気なのが残念ですけどね。

2018041004.jpg



ルンゲルンを過ぎると、早起きしたせいでsaraiは深い眠りに入ります。ここからは配偶者一人が車窓を眺めます。
標高751mのルンゲルン駅からはまた急こう配を上って、ブリューニック峠Brünigに向かっていきます。まわりには緑の草原が広がっています。

2018041005.jpg



やがて、ブリューニック・ハスリベルク駅Brünig-Haslibergに到着します。この区間の最高地点です。標高1001.9メートルもあります。

2018041006.jpg



saraiは深い、深い眠りの中に落ち込んでいます。どんなところを走っているのかは知る由もありません。その代わり、帰りも同じ路線を通るのでそのときに挽回しましょう。

2018041007.jpg



ここからは急速に坂を下っていきます。沿線には三角屋根の山小屋風の建物があります。

2018041008.jpg



ぐんぐん下って、森を抜けて、広い草原の中に出ます。

2018041009.jpg



畑の向こうに見える岩山は靄に包まれて霞んでいます。大変なお天気になってしまいました。

2018041010.jpg



大きな駅の構内に入っていきます。ツェントラル鉄道Zentralbahn(ZB)の大きな建物が見えます。ツェントラル鉄道の車両基地があるようです。

2018041011.jpg



赤と白の模様の電車が停まっています。この紅白模様はツェントラル鉄道の車体カラーです。鮮やかですね。

2018041012.jpg



標高595mのマイリンゲン駅Meiringenに到着です。

2018041013.jpg



このマイリンゲン駅で電車はスイッチバックして進行方向を変えます。機関車を付け替えるために5分ほど停車します。

2018041014.jpg



ところでこのマイリンゲンは推理小説マニアには有名な町です。シャーロック・ホームズ終焉の地であるライヒェンバッハ滝Reichenbachfallへはここからケーブルカーが走っているんです。町の古い教会堂は「シャーロック・ホームズ博物館」になっています。もっとも『最後の事件』で宿敵モリアーティ教授と相打ちの形で死んだ筈のホームズは、作者のコナン・ドイルがファンだけでなく母親からも猛烈な攻撃を受けたために耐えかねて、『空き家の冒険』で復活させざるを得なくなります。ですから、ここは正確にはホームズ終焉の地ではなく、ホームズが起死回生した場所ということになりますね。ともかく、時間があれば、落差250メートル、幅90メートル(300フィート)のライヒェンバッハ滝も見たかったところです。アルプスで最も高いところにある滝の一つでもありますしね。

やがて、大粒の雨の中、スイッチバックした電車(正確には電気機関車に牽引された列車)は走り出します。

2018041015.jpg



インターラーケン・オストまではあと30分ほどです。眠り込んでしまったsaraiは電車がスイッチバックしたことを知らないので、あとで進行方向が逆になっているので頭が混乱してしまうことになります(笑い)。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:ブリエンツ湖に到着

2017年7月24日土曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/5回目

アルプスに向かって、ルツェルンLuzern駅からインターラーケン・オスト駅Interlaken Ostまで鉄道の旅をしているところです。

マイリンゲン駅Meiringenで電車がスイッチバックして進行方向を変えて、走り出したところです。
再び、さっき通り過ぎたツェントラル鉄道Zentralbahn(ZB)の大きな建物に戻ってきました。

2018041101.jpg



すぐに線路はこれまでの線路とは分かれて、やがて、アーレ川Aare沿いにインターラーケンに向かいます。左手の車窓にはアーレ川と岩山が見えています。

2018041102.jpg



アーレ川は清冽な流れです。大きくはありませんが豊かな水が流れています。この川はこの先、ブリエンツ湖、トゥーン湖を経て、首都ベルンに向かいます。最終的にはコブレンツでライン川に流れ込みます。

2018041103.jpg



電車はしばらく、アーレ川に沿って、走り続けます。

2018041104.jpg



平坦地に出た電車はスピードアップします。周囲の岩山の上は靄がかかっています。

2018041105.jpg



かたわらを高架道路が走ります。その向こうは険しい岩山です。

2018041106.jpg



やがて、アーレ川から離れていきます。すぐに左手に湖面が見えてきます。ブリエンツ湖Brienzerseeのようです。

2018041107.jpg



ブリエンツ湖の湖畔に出ます。キャンピングカーやバンガローが湖畔に並んでいます。

2018041108.jpg



湖畔のキャンプ場にテントが張られていますね。

2018041109.jpg



ブリエンツ湖の対岸は靄に包まれて、神秘的な雰囲気です。

2018041110.jpg



ブリエンツ湖岸を走っていきます。

2018041111.jpg



ブリエンツ湖はこの東端から西のほうに続いています。

2018041112.jpg



ブリエンツ湖の西のほうは真っ白でほとんど見えません。

2018041113.jpg



やがて、湖畔の駅、ブリエンツ駅Brienzに停車します。

2018041114.jpg



駅は湖船の埠頭にも直結しています。

2018041115.jpg



ブリエンツ駅を出て、ブリエンツ湖に沿って電車は走っていきます。

2018041116.jpg



saraiもようやく目をこすりながら起き出します。ふっと車窓に目をやると湖面が見えます。配偶者にもしかしたらブリエンツ湖じゃないのって訊くと、さっきブリエンツ駅を通り過ぎたことを告げられます。ブリエンツ湖に出るとインターラーケン・オスト駅もすぐのはずです。で、電車が逆方向に走っていることに気付きます。配偶者に訊くとマイニンゲン駅でスイッチバックしたことを聞き、びっくりです。そろそろ、電車を降りる準備をしましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:インターラーケン・オストで登山鉄道に乗車

2017年7月24日土曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/6回目

アルプスに向かって、ルツェルンLuzern駅からインターラーケン・オスト駅Interlaken Ostまで鉄道の旅をしているところです。

ブリエンツ湖Brienzersee沿いに走っています。湖岸には周遊道路が走っており、鉄道の線路は高台から湖を見下ろしています。

2018041301.jpg



湖岸には緑の野原が広がっています。

2018041302.jpg



ブリエンツ湖は靄がかかり、暗く沈んでいます。

2018041303.jpg



オーベルリート・アム・ブリエンツァーゼーOberried am Brienzersee駅に到着です。次の駅はもうインターラーケン・オスト駅になります。

2018041304.jpg



湖の対岸には岩山が見えています。

2018041305.jpg



急に湖の靄が晴れてきて、美しい湖面が見えてきます。

2018041306.jpg



ブリエンツ湖の西端が見えてきます。もうすぐインターラーケン・オスト駅です。

2018041307.jpg



やがて、インターラーケン・オスト駅の構内に入っていきます。

2018041308.jpg



降車口の前で停車を待ちます。乗り換え時間が短かいので急ぐ必要があります。車掌さんも待機中です。

2018041309.jpg



インターラーケン・オスト駅に到着です。2時間弱もかかる長い鉄道旅が終わりました。でもすぐに次のベルナーオーバーラント鉄道Berner Oberland Bahn(略してBOB鉄道)に乗り換えです。既に入線していた電車には多くの乗客が群がっています。こんなこともあろうかと、ファーストクラスのチケットを買っておいたのが功を奏し、楽々、シートを確保できます。ゆっくりと座った席からは駅の周りの豊かな緑が見えます。

2018041310.jpg



観光列車らしく、席の横にはインターラーケン・オストからユングフラウヨッホJungfraujochまでの綺麗な沿線マップが表示されています。これからのルートが分かりやすくイラストされています。

2018041311.jpg



駅のホーム上では鉄道スタッフのかたが運搬車で作業中です。

2018041312.jpg



定刻に電車はラウターブルンネンLauterbrunnenに向けて発車します。わずか10分での乗り換えでしたが無事に完了です。

2018041313.jpg



しばらくすると周りには美しい緑が広がります。何とか雨も上がったようです。草原では牛が草を食べています。いかにもアルプスの風景です。

2018041314.jpg



ここからのユングフラウヨッホまでのルートを地図で確認しておきましょう。なお、この地図は上側が南になっています。

2018041315.jpg



いよいよアルプス登山鉄道の旅が始まります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:BOB鉄道・・・インターラーケン・オスト~ツヴァイリューチネン

2017年7月24日土曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/7回目

アルプスに向かって、インターラーケン・オスト駅Interlaken Ostから登山鉄道の旅をしているところです。

ベルナーオーバーラント鉄道Berner Oberland Bahn(略してBOB鉄道)に乗って、乗り換え駅のラウターブルンネンLauterbrunnenに向かっています。周囲には美しい緑の草原が広がっています。お天気も落ち着いてきて、至って、長閑です。

2018041501.jpg



なだらかな草原の中をBOB鉄道の電車は緩やかな弧を描きながら走っていきます。

2018041502.jpg



ほんの5分ほどで最初の停車駅、ヴィルダースヴィル Wilderswilに到着します。

2018041503.jpg



小さな集落があるだけの村です。ただし、観光の拠点にもなっており、多くのホテルがあります。

2018041504.jpg



このヴィルダースヴィルからシーニゲプラッテSchynige Platteの展望台を結ぶラック式登山鉄道のシーニゲプラッテ鉄道Schynige Platte-Bahnも出ています。また、シーニゲプラッテ駅付近には、約600種類の高山植物が栽培されているスイス有数のアルプス高山植物園Alpengartenがあります。

2018041505.jpg



グリンデルワルト Grindelwaldからロープウェイで登るフィルストFirst展望台の看板も立っています。観光客向けの宣伝活動ですね。お天気がよければ、明日にでも登ってみましょう。

2018041506.jpg



こちらはシーニゲプラッテ展望台の宣伝の看板です。こちらは今回は行く予定はありません。悪しからず。

2018041507.jpg



山小屋の屋根の向こうに白い雪の山が聳え立っています。シーニゲプラッテ展望台の先にあるアルプスの峰のようですね。

2018041508.jpg



これはシーニゲプラッテ鉄道の宣伝の看板です。今年(2017年)は5月27日から10月22日まで登山電車が運行しているようです。

2018041509.jpg



ヴィルダースヴィルを出ると狭い谷あいの線路を少しずつ登っていきます。

2018041510.jpg



線路の周囲の少しばかりの草原の向こうは高い山の森になっています。

2018041511.jpg



だんだんと険しい谷に分け入っていきます。車窓に見えているのはラウターブルンネン方面です。

2018041512.jpg



それでも線路の反対側には狭い平坦地があり、数軒の家も見えています。

2018041513.jpg



2番目の停車駅、ツヴァイリューチネン駅Zweilütschinenに到着です。BOB鉄道はここで2つに分岐し、ラウターブルンネン方面とグリンデルワルト方面になります。車窓に見えているのはグリンデルワルト方面です。

2018041514.jpg



ここまでの登山鉄道のルートを地図で確認しておきましょう。

2018041515.jpg



このツヴァイリューチネン駅で我々の乗っている電車は2つに分離されます。saraiの乗っている車両はラウターブルンネンに向かいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:BOB鉄道・・・ツヴァイリューチネン~ラウターブルンネン

2017年7月24日土曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/8回目

アルプスに向かって、インターラーケン・オスト駅Interlaken Ostから登山鉄道の旅をしているところです。

ベルナーオーバーラント鉄道Berner Oberland Bahn(略してBOB鉄道)に乗って、乗り換え駅のラウターブルンネンLauterbrunnenに向かっています。2番目の停車駅、ツヴァイリューチネン駅Zweilütschinenでラウターブルンネンに向かう車両とグリンデルワルトGrindelwaldに向かう車両を切り離しているところです。車窓に見えているのはグリンデルワルト方面です。

2018041601.jpg



切り離し作業がほぼ完了して、我々の乗った車両はラウターブルンネンに向かいます。

2018041602.jpg



ツヴァイリューチネンの車両基地の横を通って、駅を出ていきます。

2018041603.jpg



しばらくすると、アルプスの清流に出会います。ゾウス川Sousです。白濁するほどの勢いの流れです。ずい分、雨が降ったようですね。

2018041604.jpg



このゾウス川に沿って、電車は進んでいきます。行く手にはアルプスの白銀の峰々が見えてきます。

2018041605.jpg



清流とアルプスの山々の風景にみんな興奮の様子です。車窓の風景から目が離せません。

2018041606.jpg



しかし、姿を現し出したアルプスの山はその頂点が雲にすっぽりと包まれていますね。これは残念です。

2018041607.jpg



じっと睨みつけますが、山から雲が晴れるわけはありません。

2018041608.jpg



傍らを流れるゾウス川の流れの勢いは凄いです。水平に流れる滝みたいなものです。

2018041609.jpg



ラウターブルンネンが近づくと、山小屋も見えてきます。その向こうの岩壁は雲というか、霧で煙っています。

2018041610.jpg



定刻にラウターブルンネンに到着します。ここまで乗ってきたBOB鉄道の電車です。ピカピカの美しい車体です。

2018041611.jpg



ラウターブルンネンで今度はヴェンゲルンアルプ鉄道Wengernalpbahn(略してWAB鉄道)に乗り換えて、クライネシャイデックKleine Scheideggに向かいます。WAB鉄道はセカンドクラスのみの登山鉄道ですが、ここでも混み合うグリンデルワルトを回避した戦略のせいか、楽にシートを確保できます。ここでは乗り換え時間がたっぷりあるので、いったん、電車を降りて、WAB鉄道のローカル色豊かな登山電車を撮影します。

2018041612.jpg



saraiはさっさとWAB鉄道の登山電車に乗り込んでシートを確保しましたが、まだまだ、電車に乗り込もうとしている人たちがいます。

2018041613.jpg



WAB鉄道の電車と同じホームの向かい合わせに先ほどまで乗ってきたBOB鉄道の電車は停まっています。乗り換えが便利ですね。

2018041614.jpg



ここまでの登山鉄道のルートを地図で確認しておきましょう。

2018041615.jpg



ベルナーオーバーラントBerner Oberlandの4000m級のアルプスも間近に迫ってきました。ユングフラウヨッホJungfraujochへ登るユングフラウ鉄道Jungfraubahnの始発駅クライネシャイデックへはあと40分ほどです。ここまでは順調ですね。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:WAB鉄道・・・ラウターブルンネンを出発

2017年7月24日土曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/9回目

アルプスに向かって、インターラーケン・オスト駅Interlaken Ostから登山鉄道の旅をしているところです。

乗り換え駅のラウターブルンネンLauterbrunnenでBOB鉄道からWAB鉄道の登山電車に乗り換えました。WAB鉄道の登山電車の車窓には同じホームの向かい合わせに先ほどまで乗ってきたBOB鉄道の電車が見えています。

2018041701.jpg



車内の表示板には、これからのWAB鉄道の停車駅が表示されています。目的のクライネシャイデックKleine Scheideggまで、ヴェンゲンWengenなど4つの駅に停車し、40分ほどの鉄道の旅です。

2018041702.jpg



これが車内の様子。天井部まで窓が広がったパノラマカーはとっても明るいですね。セカンドクラスですが、なかなかよい雰囲気です。それにまだ、車内は少し空席があります。

2018041703.jpg



WAB鉄道の線路は急こう配を登る登山鉄道ですから、ラック式になっています。2本のレールの中央に歯型のレール(歯軌条、ラックレール)が見えます。

2018041704.jpg



ラウターブルンネンの駅の構内にはWAB鉄道の車両基地もありますね。

2018041705.jpg



電車が出発するとすぐに周りに美しい風景が広がります。想像以上の美しさです。

2018041706.jpg



イケメンの車掌さんもすぐにまわってきて、検札です。ルツェルンからクライネシャイデックまで通しの往復チケットを慌てて取り出します。

2018041707.jpg



山は・・・雲で煙って、あまり、見えませんね。

2018041708.jpg



緑の草原には山羊が草を食み、山の斜面には可愛い家々が建ち並びます。美しい風景です。

2018041709.jpg



山の天気は相変わらず悪いですね。うーん・・・

2018041710.jpg



それでも麓の草原は思いっ切り、美しいです。

2018041711.jpg



車内の乗車客はみんな窓外の絶景に視線がくぎ付けです。

2018041712.jpg



あれっ、麓の草原にまで雲が降りてきつつあります。いやですね。

2018041713.jpg



やがて、電車は森の中に入り、急な坂をノロノロと登っていきます。

2018041714.jpg



山の斜面を細い水の流れが滝として落ちてきます。

2018041715.jpg



まだ、WAB鉄道の登山電車は走り出したばかりです。クライネシャイデックまでの車窓は楽しめそうです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:WAB鉄道・・・ヴェンゲンに到着

2017年7月24日月曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/10回目

アルプスに向かって、インターラーケン・オスト駅Interlaken Ostから登山鉄道の旅をしているところです。

ラウターブルンネンLauterbrunnenからWAB鉄道の登山電車でクライネシャイデックKleine Scheideggに向かっています。お天気は悪いですが、緑の山々の姿は見えています。

2018041801.jpg



かなり高い山の上の草原まで登ってきました。

2018041802.jpg



気持ちのよい草原の中を登山電車は走っていきます。

2018041803.jpg



雪山が迫ってくると、乗客全員立ち上がって、カメラを向けます。真夏のこんな雪山を間近に見たのは人生で初めてです。これぞアルプスです!

2018041804.jpg



おおっ、谷間は霧で覆い尽されています。いやいや、霧といういうよりも雲ですよね。

2018041805.jpg



雄大なアルプスの風景にみなさん、夢中です。

2018041806.jpg



雲で埋もれた谷間の手前には美しい草原が広がっています。

2018041807.jpg



草原の彼方には氷河のようなものを抱えた雄々しい山が聳えています。

2018041808.jpg



美しい草原を見下ろしながら登山電車はゆっくりと登っていきます。

2018041809.jpg



素晴らしい景色にじっと見入るのみです。

2018041810.jpg



やがて、途中駅の構内で電車は速度を落とします。

2018041811.jpg



駅に停車しようとします。

2018041812.jpg



駅からの美しい眺めです。

2018041813.jpg



ヴェンゲンWengen駅のホームに滑り込んでいきます。

2018041814.jpg



ヴェンゲン駅に到着。多くの観光客がホームで待っています。

2018041815.jpg



クライネシャイデックまでは、あと30分です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:WAB鉄道・・・ヴェンゲン~アルメント

2017年7月24日月曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/11回目

アルプスに向かって、インターラーケン・オスト駅Interlaken Ostから登山鉄道の旅をしているところです。

ラウターブルンネンLauterbrunnenからWAB鉄道の登山電車でクライネシャイデックKleine Scheideggに向かっています。2番目の停車駅、ヴェンゲンWengen駅に着いたところです。駅前には観光客向けの大きなホテルの建物が並びます。

2018042401.jpg



駅前を観光客が歩いていますが、傘をさしていませんね。路面は濡れていますが、雨は上がったようです。

2018042402.jpg



このヴェンゲンからは今日宿泊するメンリッヒェンMännlichenの山の上までロープウェイが登っています。しかし、まだ今は朝です。これからユングフラウヨッホJungfraujochへ登った後、反対側のグリンデルワルトGrindelwaldからのロープウェイで夕刻にメンリッヒェンの山に登るつもりです。WAB鉄道の登山電車はヴェンゲンを出発します。また、雪山を車窓に見ながらの鉄道の旅が続きます。

2018042403.jpg



ヴェンゲンの線路沿いの道を大きな荷物を押した観光客が歩いていきます。ヴェンゲン駅に向かっているようです。

2018042404.jpg



ヴェンゲンの町を見下ろしながら、登山電車はゆっくりと走っていきます。

2018042405.jpg



遠くの雪山が雲間に見えています。

2018042406.jpg



アルプスの美しい風景が続きます。

2018042407.jpg



ヴェンゲンから乗り込んできた日本人旅行者の男性と相席になり、いろいろな情報を教えてもらいます。驚いたことにほんの15分前までは、この辺りは土砂降りだったそうです。今も曇り空ですが、雨は降っていません。これは運がいいですね。また、クライネシャイデックで乗り換えるユングフラウ鉄道もそんなに混んでいないとのことです。

2018042408.jpg



おや、車窓に放牧中の牛が見えます。アルプスらしい風景です。

2018042409.jpg



これがアルプスの牛さんです。

2018042410.jpg



線路際にも牛たちが群れています。

2018042411.jpg



美しい高原の風景です。

2018042412.jpg



草原の先に通り過ぎたヴェンゲンの町が見えています。

2018042413.jpg



やがて、次の停車駅、アルメントAllmendに着きます。

2018042414.jpg



ここまでの登山鉄道のルートを地図で確認しておきましょう。

2018042415.jpg



クライネシャイデックまでは20分ほどです。登山電車は順調に走っています。どうやら、予定よりも早い時間のユングフラウ鉄道の登山電車に乗ることができそうです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:WAB鉄道・・・アルメント~ヴェンゲルンアルプ

2017年7月24日月曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/12回目

アルプスに向かって、インターラーケン・オスト駅Interlaken Ostから登山鉄道の旅をしているところです。

ラウターブルンネンLauterbrunnenからWAB鉄道の登山電車でクライネシャイデックKleine Scheideggに向かっています。3番目の停車駅、アルメントAllmend駅に停車中です。車内は賑わっています。

2018042501.jpg



この高原の駅からはヴェンゲンWengen、そして、インターラーケンInterlakenのほうが見渡せます。素晴らしい景色です。

2018042502.jpg



アルメントの向かい側にはアルプスの峰々が続いています。

2018042503.jpg



アルメントを出発したWAB鉄道の登山電車は森の中を抜けていきます。

2018042504.jpg



やがて、行く手に高くそびえる峰が見えてきます。頂は雲に隠れていますが、あれはユングフラウJungfrauに連なる峰々でしょう。

2018042505.jpg



再び、車掌さんが検札にまわってきます。これが最後の検札でしょう。

2018042506.jpg



高く聳える岩山の麓に出ます。邪魔な雲さえなければユングフラウが見えるのにね。

2018042507.jpg



この岩山の裾に沿って、登山電車はクライネシャイデックのほうに向かって走ります。

2018042508.jpg



ヴェンゲルンアルプWengernalp駅に到着です。

2018042509.jpg



駅前にはヴェンゲンからクライネシャイデックに続くハイキング道があります。アルプスの中にはこのようなハイキングコースがよく整備されているようです。

2018042510.jpg



ヴェンゲルンアルプ駅からは正面にユングフラウが雲に包まれた姿で見えています。

2018042511.jpg



駅前の草原には小さなアルプスの花々が咲き誇っています。

2018042512.jpg



正面のユングフラウの左は厚い雲で覆われています。メンヒMönchやアイガーEigerの名峰がある筈なんですけどね。ユングフラウとメンヒの間にあるユングフラウヨッホJungfraujochも微妙に雲がかかっているようです。何とかならないかなあ・・・。

2018042513.jpg



ユングフラウの岩山の下方にある岩肌の割れ目には細い滝が流れ落ちています。

2018042514.jpg



ここまでの登山鉄道のルートを地図で確認しておきましょう。

2018042515.jpg



このヴェンゲルンアルプ駅を出ると、次はいよいよ、ユングフラウ鉄道Jungfraubahnの始発駅クライネシャイデックです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:WAB鉄道・・・クライネシャイデックに到着

2017年7月24日月曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/13回目

アルプスに向かって、インターラーケン・オスト駅Interlaken Ostから登山鉄道の旅をしているところです。

ラウターブルンネンLauterbrunnenからWAB鉄道の登山電車でクライネシャイデックKleine Scheideggに向かっています。4番目の停車駅、ヴェンゲルンアルプWengernalp駅を出たところです。目の前にはユングフラウJungfrauが聳えており、岩山の中腹には真夏だというのに雪が積もっています。

2018042601.jpg



垂直に切り立った岩壁が存在感を示しています。

2018042602.jpg



その大きな岩壁の手前には対照的になだらかな草原が広がっています。どちらもアルプスを代表する風景です。

2018042603.jpg



草原には山小屋風の建物が見えます。牧畜用の小屋でしょうか。

2018042604.jpg



すると、やはり、近くに牛の群れがいます。アルプスには牛が似合います。

2018042605.jpg



おおっ、凄い数の牛の群れです。

2018042606.jpg



岩壁の上には雪、下には緑の草原です。これがアルプスの風景です。

2018042607.jpg



やがて、草原の中に登山鉄道の線路が見えてきます。あれはユングフラウ鉄道Jungfraubahnでしょう。

2018042608.jpg



saraiを始め、登山電車の乗客たちは近づいてきたユングフラウ鉄道に視線が釘付けになります。

2018042609.jpg



すると、草原の中をユングフラウ鉄道の登山電車の赤い車両が走るのが見えます。

2018042610.jpg



別の車両も見えます。クライネシャイデックも近いようです。

2018042611.jpg



ユングフラウ鉄道の車両とともにクライネシャイデックの駅に入っていきます。

2018042612.jpg



クライネシャイデックの駅のホームに到着です。

2018042613.jpg



WAB鉄道の登山電車を降りて、ユングフラウ鉄道のホームに向かいます。

2018042614.jpg



WAB鉄道の登山電車は時刻表通りに順調に走ったので、予定よりも30分早いユングフラウ鉄道の登山電車に乗ることにします。折角買った指定券が無駄になりますが、時間の方が大事です。ネットで購入済のチケットを取り出して、乗車口に急ぎます。

2018042615.jpg



さあ、いよいよ楽しみにしていたユングフラウヨッホJungfraujochに向かいます。ユングフラウヨッホはトップ・オブ・ヨーロッパと呼ばれるヨーロッパの鉄道駅の中で最高地点にある駅です。その標高は3454mと軽く3000mを超えています。ただ、今日の状況では良い天気ではなさそうです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:ユングフラウ鉄道・・・クライネシャイデックを出発

2017年7月24日月曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/14回目

アルプスに向かって、インターラーケン・オスト駅Interlaken Ostから登山鉄道の旅をしているところです。

BOB鉄道とWAB鉄道の登山電車を乗り継いでクライネシャイデックKleine Scheideggに着きました。いよいよ最後のユングフラウ鉄道Jungfraubahnの登山鉄道に乗って、トップ・オブ・ヨーロッパと呼ばれるヨーロッパの鉄道駅の中で最高地点にある駅、ユングフラウヨッホJungfraujochに向かいます。クライネシャイデック駅のユングフラウ鉄道の乗車口に立ちます。

2018042901.jpg



もうすぐ、ユングフラウ鉄道の乗車が始まります。

2018042902.jpg



これがユングフラウ鉄道の登山電車です。アルプスの高いところに登っていくという精悍な感じがありますね。

2018042903.jpg



これが乗車口です。チケットのQRコードをかざして通り抜けました。ホームの向かいにはWAB鉄道の電車が見えています。

2018042904.jpg



これがネットで購入しておいた往復チケットです。

2018042905.jpg



ちなみに指定席チケットも買ってありましたが、念のため、ひとつ後の電車にしておいたので無駄にはなりました。一人当たり5スイスフランの損失です。これがその10時発の電車の指定席チケットです。しかし、シート番号はありません。不思議ですね。この謎は帰りの電車で指定席チケットを使ったときに明らかになります。

2018042906.jpg



指定席チケットは使えませんが、さっと空いた席を確保できます。4人掛けのボックス席です。ラッキー! 無事、予定よりも30分早い電車に乗車できました。乗車した車両は最後尾の車両です。窓からは車庫の建物がすぐそこに見えています。

2018042907.jpg



車窓からは上部が雲に包まれているアイガー北壁が見えています。一番左に見えているのがアイガー北壁です。

2018042908.jpg



座席を確保しているので、ちょっと電車を降りて、電車の様子を取材します。既にホームには人はいません。みなさん、乗車済ですね。

2018042909.jpg



この観光シーズンにガラーンとしたホームというのも不思議な感じです。もっとも電車の中は賑わっています。超満員ではありません。比較的、早い時間だからでしょう。

2018042910.jpg



車内に戻ります。車窓からはかなり雲に覆われてはいますがアイガーEigerがかろうじて見えています。絶景です。

2018042911.jpg



アイガーの右側にある筈のメンヒMönchは雲に包まれていますね。その右側のユングフラウJungfrauも同様に雲に包まれています。ユングフラウヨッホにこれから行くのに、アレアレです・・・。

2018042912.jpg



しばらくすると、雪に覆われたメンヒがうっすらと見えてきます。

2018042913.jpg



さて、定刻の9時30分になり、ユングフラウ鉄道の登山電車はゆっくりと山の麓の草原の中を進み始めます。電車の先にはアイガーグレッチャーEigergletscherの氷河が見えています。

2018042914.jpg



ここまでの登山鉄道のルートを地図で確認しておきましょう。

2018042915.jpg



登山電車は一路、ユングフラウヨッホに向かいます。これからがアルプス観光の本番です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:ユングフラウ鉄道・・・草原の中を進む

2017年7月24日月曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/15回目

トップ・オブ・ヨーロッパと呼ばれるヨーロッパの鉄道駅の中で最高地点にある駅、ユングフラウヨッホJungfraujochに向かって、クライネシャイデックKleine Scheideggからユングフラウ鉄道Jungfraubahnの登山電車に乗っています。クライネシャイデックを出ると、まずはアルプスの峰々の麓の草原の中を走っていきます。線路沿いにはハイキング道が続いています。草原の先には雪と岩の風景が眺められます。

2018043001.jpg



ユングフラウ鉄道の登山電車は草原の中を蛇行しながらアルプスの岩塊に向かっていきます。アイガーグレッチャーEigergletscherの氷河が凄いですね。

2018043002.jpg



線路の周りには美しい草原が広がっています。クライネシャイデック駅も見えています。

2018043003.jpg



草原の先には切り立った岩山が連なっています。

2018043004.jpg



草原の向こうに登山電車が走っているのが見えます。あれはWAB鉄道の電車ですね。

2018043005.jpg



草原に目を凝らすと、小さな花々が一面に咲き誇っています。

2018043006.jpg



美しい草原の中を登山電車はゆっくりと登っていきます。

2018043007.jpg



行く手の草原の中に半オープン型(半地下型)のトンネルが見えてきます。アルプスやチロルに特有の形式のトンネルですね。

2018043008.jpg



線路が曲がりくねりながらトンネルにつながっているようです。

2018043009.jpg



登山電車がその蛇行する線路に入っていきます。

2018043010.jpg



目の前にトンネルの全景が現れます。

2018043011.jpg



登山電車が大きな弧を描きながら、トンネルに向かっていきます。

2018043012.jpg



トンネルが間近に迫ります。

2018043013.jpg



トンネルに入っていきます。

2018043014.jpg



先頭車両はトンネルに入り、最後尾の我々の車両ももうすぐトンネルに入ります。

2018043015.jpg



草原の中を斜めに走りながら、徐々に高度を上げていき、岩山に向かっていきます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:ユングフラウ鉄道・・・アイガーグレッチャー駅に途中停車

2017年7月24日月曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/16回目

トップ・オブ・ヨーロッパと呼ばれるヨーロッパの鉄道駅の中で最高地点にある駅、ユングフラウヨッホJungfraujochに向かって、クライネシャイデックKleine Scheideggからユングフラウ鉄道Jungfraubahnの登山電車に乗っています。クライネシャイデックを出て、草原の中の半オープン型(半地下型)のトンネルを走っています。片側は完全オープンなので、美しい草原の景色は眺められます。綺麗な花々がトンネル沿いに咲いています。

2018050101.jpg



草原の彼方には荒涼としたアルプスの岩山風景が続いています。

2018050102.jpg



トンネルの端っこあたりから眺めた草原の風景です。谷の向かい側の草原の丘の中腹あたりにはWAB鉄道の線路があります。

2018050103.jpg



右手にアイガーグレッチャーEigergletscherの氷河が迫ってきます。

2018050104.jpg



アイガーグレッチャーの手前の岩場に沿って、ユングフラウ鉄道の登山電車はゆっくりと進んでいきます。

2018050105.jpg



岩場と線路の間の狭いスペースの草原には高山植物の花が咲いています。

2018050106.jpg



真夏のこの季節には一時期に花々が一斉に咲き出すようですね。

2018050107.jpg



線路脇の花々の向こうには草原の家が見えます。牧畜を営む人の作業小屋でしょうか。この夏のひと時に牛や羊に草を食ませるのでしょう。

2018050108.jpg



のどかな牧草地帯と雪と岩の険しい風景が好対照です。

2018050109.jpg



雪と岩山の風景の上は雲で見えなくなっています。岩山の頂はユングフラウJungfrau3山の中央の峰、メンヒMönchあたりでしょうか。

2018050110.jpg



牧畜の作業小屋は岩場の縁近くに建っています。ぎりぎりの環境でアルプスの牧畜が営まれていることが実感できます。

2018050111.jpg



ユングフラウ鉄道の最初の停車駅、アイガーグレッチャーEigergletscherに着きます。駅名は氷河の名前と同じです。

2018050112.jpg



駅のホームからは目の前にアイガーグレッチャーの氷河が望めます。

2018050113.jpg



メンヒだけでなく、ユングフラウも雲に包まれて全くその姿を見ることができません。

2018050114.jpg



ここまで次々と目の前に迫りくる山々の絶景に歓声を上げながら、写真を撮りまくります。ヴェンゲンWengenから乗り込んできた日本人旅行者の男性は、今日はこの辺りをトレッキングするということでこのアイガーグレッチャー駅で降りていきます。彼の泊まっているヴェンゲンの宿の女将は今日は天気は持つと言ったとのことです。嬉しいですね。

ここまでの登山鉄道のルートを地図で確認しておきましょう。

2018050115.jpg



いよいよ、この後、登山電車はアルプスの岩塊の中をくりぬいたトンネルの中を鉄道駅の中で最高地点にある駅、ユングフラウヨッホに登っていきます。アルプス登山も最終段階です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:ユングフラウ鉄道・・・ユングフラウヨッホに到着

2017年7月24日月曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/17回目

トップ・オブ・ヨーロッパと呼ばれるヨーロッパの鉄道駅の中で最高地点にある駅、ユングフラウヨッホJungfraujochに向かって、クライネシャイデックKleine Scheideggからユングフラウ鉄道Jungfraubahnの登山電車に乗っています。現在、ユングフラウ鉄道の最初の停車駅、アイガーグレッチャーEigergletscherに停まっています。眼前には岩壁とアイガーグレッチャーの氷河が見えています。大迫力です。

2018050201.jpg



駅の前にある草原では牛が放牧されています。まさか観光用のデモンストレーションではないでしょうね。

2018050202.jpg



駅前にはトレッキングコースが見えます。ユングフラウヨッホからの帰りにはこの駅で降りて、クライネシャイデックまでトレッキングする予定です。

2018050203.jpg



それにしても長閑なアルプスの放牧風景です。

2018050204.jpg



登山電車はアイガーグレッチャー駅を出て、アルプスの大岩塊に迫っていきます。

2018050205.jpg



やがて、アイガーからメンヒの下を抜けるユングフラウ鉄道トンネルに入ります。ここから先はずっと地下トンネルを通ってユングフラウヨッホを目指します。岩盤をくりぬいたトンネルの中を登山電車は進みます。ビューポイントで5分間の停車があります。アイガーヴァント駅Eigerwandです。脱兎のごとく、岩壁をくりぬいた展望窓に走ります。

2018050206.jpg



しかし、展望窓から見えるのは雲と霧だけです。天候だけが心配でしたが、その心配の通りになったようです。

2018050207.jpg



すごすごと展望窓から撤退するしかありません。

2018050208.jpg



saraiはもうとっくに状況をわきまえて、電車の中に戻っています。

2018050209.jpg



登山電車はこの地下駅にもう少し停車します。写真では分かりづらいですが、ホームはかなり傾斜しています。登山電車はトンネルの中をかなりの角度で登っていくんです。

2018050210.jpg



アイガーヴァント駅を出ると、停まる筈のもうひとつの途中駅のアイスメーア駅Eismeerには停まりません。展望が悪いからでしょうか。そのまま、最終目的地のユングフラウヨッホに到着です。さあ、張り切って降りましょう。

2018050211.jpg



乗客のみなさんも続々と降りてきます。

2018050212.jpg



登山電車には荷物車両もつながれていました。

2018050213.jpg



鉄道のホームから地下通路に進んでいきます。

2018050214.jpg



ユングフラウヨッホまでの登山電車のルートを地図で確認しておきましょう。

2018050215.jpg



さて、まずは楽しみにしていたスフィンクス展望台に向かいましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:ユングフラウヨッホは霧の中、五里霧中とはこのことか!!

2017年7月24日月曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/18回目

トップ・オブ・ヨーロッパと呼ばれるヨーロッパの鉄道駅の中で最高地点にある駅、ユングフラウヨッホJungfraujochに向かって、クライネシャイデックKleine Scheideggからユングフラウ鉄道Jungfraubahnの登山電車に乗っていました。遂にそのユングフラウヨッホに到着しました。
鉄道ホームから地下通路を歩いています。外部を眺める窓があります。相変わらず、霧と雲でほとんど景色は望めません。

2018050401.jpg



地下通路をスフィンクス展望台に向かって歩いていきます。何故かみな無言で歩いていきます。期待と不安がないまぜになっているんでしょう。saraiとて、思いは同じです。

2018050402.jpg



アルプスの岩塊の地下に穿かれた長いトンネル通路です。

2018050403.jpg



通路の壁にアルプスの山の風景が描かれた壁画は続いています。これは360度の3Dシアタールーム「ユングフラウ・パノラマ」です。

2018050404.jpg



3Dシアタールームにはアルプスの山の色んな様子が描かれています。

2018050405.jpg


これは雲海の風景でしょうか。

2018050406.jpg



さて、いよいよ高速エレベーターに乗って、ヨーロッパ最高地点にあるスフィンクス展望台を目指します。

2018050407.jpg



1996年に完成したガラス張りのスフィンクス展望台Sphinx Terraceには高速エレベーターでたったの25秒で到達します。駅標高よりさらに108メートル高地にあるこの展望台は何と標高3571メートルです。富士山よりも少し低いくらいですが、何と言っても、まったく体力を使うことなく、登山電車とエレベーターを乗り継ぐだけの気楽さで訪れることができます。

2018050408.jpg



しかし、ご自慢の大きなガラス窓からの眺めですが、霧と雲に阻まれて何にも見えません。本当はユングフラウ、メンヒが間近に望まれる筈ですが、霧と雲に隠れて見えず、残念。

2018050409.jpg



風速と気温の気象情報が表示されていますが、曇っていてはこれらの情報は何も役に立ちません。

2018050410.jpg



こちらの壁からはすぐ近くの雪と氷の壁が見えます。何も見えないよりもましかかな・・・。

2018050411.jpg



こちらには展望景色の説明表示板があります。本来ならば、アレッチ氷河Grosser Aletschgletscherが見えるようですが、何か虚しいね。

2018050412.jpg



展望台から周りを見渡そうとしている人たちも何を見ればよいか、戸惑っているようです。それはsaraiとて同じです。

2018050413.jpg



崖の先に張り出した展望台の凄さは分かりますが、それも何か虚しい・・・。

2018050414.jpg



展望台の下に見えるユングフラウヨッホのごとごつした岩肌のみが何とか見えています。

2018050415.jpg



今は展望台の外に出て、自然の猛威を感じています。強風と寒さがアルプスに来ていることを実感させてくれています。絶景だけがアルプスではないと配偶者と二人、強がっています。それにしても変わりやすい山の天気・・・もう少し粘れば好転するかな?



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:ユングフラウヨッホのスフィンクス展望台から地下世界へ

2017年7月24日月曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/19回目

トップ・オブ・ヨーロッパと呼ばれるヨーロッパの鉄道駅の中で最高地点にある駅、ユングフラウヨッホJungfraujochに到着。その一番高いところにあるスフィンクス展望台Sphinx Terraceで周りの雲と霧に包まれた茫洋とした大気の中にいます。強風と寒気にさらされて、アルプスの自然の厳しさに茫然とするのみです。配偶者は寒さに震えあがっています。

2018050801.jpg



こちらには展望景色の説明表示板があります。北東方向には、晴れていれば、本来ならば、ヴェンゲンWengen、ラウターブルンネンLauterbrunnenの向こうにトゥーン湖Thunerseeが見える筈ですが、そもそも説明表示板自体が雪に埋もれて、よく見えません。

2018050802.jpg



展望台のバルコニーは崖の先に張り出しています。足元のグリッドメタルの下を見ると、雪山の崖がずっと下のほうに続いています。恐ろしや!

2018050803.jpg



霧の向こうにうっすらと岩山が見えています。視界は極めて限られています。

2018050804.jpg



スフィンクス展望台の露天の屋上のバルコニーでは大勢の人たちが寒さに凍えながら、記念のひと時を過ごしています。

2018050805.jpg



遂に寒さと強風に耐えかねて、スフィンクス展望台の内部に入ります。ここには安全で平和な人工的な居心地のよさがあります。

2018050806.jpg





これ以上、視界ゼロの展望台にいても仕方がないので、アレッチ氷河Grosser Aletschgletscherの地下にあるアイスパレスなどの天候に左右されない施設で楽しむことにします。こういう天候不良に備えて、優しいスイス人が慰めのような施設を作ってくれています。地下の洞窟の壁には雪の結晶をイメージした光が投影されています。

2018050807.jpg




幻想的な雰囲気です。

2018050808.jpg




ユングフラウヨッホをイメージしたジオラマです。

2018050809.jpg



何やら風景が壁に描かれた地下トンネルにさしかかります。

2018050810.jpg




登山家がアレッチ氷河を眺めている風景です。実際の風景は見られませんでしたが、こんな雰囲気なのね。トホッ。

2018050811.jpg



これが次の風景。ファンタスティックです。

2018050812.jpg



これが次の風景。メンヒとユングフラウでしょうか。

2018050813.jpg



次の風景は山の頂からアルプスの風景を見渡しているものです。

2018050814.jpg



次は実写の写真が2枚。左はユングフラウトンネルの掘削している様子でしょうか。

2018050815.jpg



地下トンネルを歩きながら、氷の宮殿:アイスパレスに向かっていきます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:ユングフラウヨッホのアイスパレスからプラトーへ

2017年7月24日月曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/20回目

トップ・オブ・ヨーロッパと呼ばれるヨーロッパの鉄道駅の中で最高地点にある駅、ユングフラウヨッホJungfraujochでその地下施設内を巡っているところです。アイスパレスEispalastに向かう地下トンネルを進みます。

2018050901.jpg



ようやく、アイスパレスの入り口に着きます。アイスパレスはアレッチ氷河Grosser Aletschgletscherの地下の氷をくり抜いたトンネルです。自然の氷河の下を歩くのは初体験です。

2018050902.jpg



つるつるの氷のトンネルの中をこわごわと歩きます。

2018050903.jpg



みなさんも自然に歩みがのろくなります。何か不思議な感じです。

2018050904.jpg



トンネルが広くなっている場所もあります。氷河の中でこんなに大きな穴を開けても危険はないんでしょうか。氷河は少しずつ移動するはずですが、トンネルが崩壊することはないんでしょうか。

2018050905.jpg



まるで鍾乳洞のようになっているところもあります。氷柱が成長しているんでしょうか。

2018050906.jpg



氷の板にトップ・オブ・ヨーロッパという標語が刻んであります。

2018050907.jpg



広い氷のトンネルが続きます。床面がピカピカです。これは氷ではなさそうな感じです。氷だったら絶対に滑りますものね。でも氷なのかなあ?

2018050908.jpg



氷の彫刻があります。動物たちですね。

2018050909.jpg



これは白クマ? アルプスにはいませんよね。だとすると単なる熊でしょうか。

2018050910.jpg



ペンギンもいます。アルプスとは関係なく、氷に関係する動物たちですね。

2018050911.jpg



氷の動物彫刻ギャラリーが終わります。

2018050912.jpg



氷の大きなブロックのなかに植物が埋め込まれています。薔薇の花でしょうか。アルプスだからアルペン・ローズ?

2018050913.jpg



アイスパレスを抜けると、プラトー・テラスPlateau Terraceがガラス越しに見えます。

2018050914.jpg



屋外に出ます。プラトーは自然の雪原です。真夏ですが、真冬のようなアルプスの雪原です。標高3454mのアルプスの高山の雪を自分の足で踏みしめるという稀有な体験に嬉しくなってしまいます。

2018050915.jpg



雪には不慣れなsaraiですが、しばらく、この貴重な体験を楽しみましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:ユングフラウヨッホのプラトーで雪原歩きに挑戦

2017年7月24日月曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/21回目

トップ・オブ・ヨーロッパと呼ばれるヨーロッパの鉄道駅の中で最高地点にある駅、ユングフラウヨッホJungfraujochでその施設内を巡っているところです。プラトー・テラスPlateau Terraceでアルプスの高所の雪原に足を踏み入れました。このプラトーはヨーロッパの分水嶺になっています。ここに降った雪は溶けると北斜面からは北海へ、南斜面からは地中海に流れ落ちていきます。雪原は霧で煙っています。

2018051001.jpg



まだ、出てきたトーチカのような頑強な建物のすぐ近くにいます。雪原の中に踏み出していく自信がありません。

2018051002.jpg



思い切ってロープ沿いに少し雪原を歩いてみます。建物の出入り口からは少し離れました。

2018051003.jpg



少しずつ雪原を歩いていきます。

2018051004.jpg



プラトーの雪原を恐る恐る歩きながら、ようやく雪原の端まで歩いてきました。ここからはユングフラウやメンヒが見える筈ですが霧で何も見えません。

2018051005.jpg



出入り口のほうを見ると、そのさきに岩峰が見えます。この岩峰の頂上にスフィンクス展望台Sphinx Terraceがある筈ですが、霧で隠れています。

2018051006.jpg



出入り口の右下にはアレッチ氷河Grosser Aletschgletscherがある筈ですが、これもまったく見えませんね。

2018051007.jpg



プラトーの雪原を端まで歩けたので、それでよしとしましょう。雪原を歩くだけでも滑りそうで怖かったんです。saraiは九州の南国育ちですからね。
また、安全で心地よい屋内に避難します。

2018051008.jpg



最後に安全な屋内の窓からプラトーを眺めます。アルプスの厳しい自然の様子が広がっています。

2018051009.jpg



ユングフラウヨッホの広大な施設の案内図があります。現在、アイスパレス、プラトーの近くにいます。

2018051010.jpg



ユングフラウヨッホでやるべきことはもう何もないので、ランチでもいただくことにしましょう。レストランエリアはすぐ近くです。
セルフサービスのレストランでランチをいただくことにします。限られたメニューですが、贅沢は言えません。

2018051011.jpg



アルプスの高山にしてはまあまあの食事です。

2018051012.jpg



カレーライスなんてものもあります。ただ、ずいぶん、高額な食事になりました。有り得ないような高額とも言えますが、ユングフラウヨッホの記念と思えば、納得もできます。

2018051013.jpg



料金的に超豪華なランチをいただきました。まだ、予約したユングフラウ鉄道の登山電車にはたっぷり時間があるので、ぶらぶらとお土産屋をのぞき、孫たちに、野球帽を買い求めます。ヨーロッパ最高峰のユングフラウヨッホの銘が入っています。
さて、帰りの電車の時間が近づきます。今度は指定席チケットを買ってある電車に乗車します。これが指定席チケットです。12時43分発です。

2018051014.jpg



指定席と言っても座席番号が指定されていません。どういう仕組みなのかが分かりません。とにかくユングフラウ鉄道のホームに行ってみます。すると、乗車口が指定席とそれ以外で分かれています。saraiは指定席乗車口の先頭に立ちます。発車時間の15分ほど前です。

2018051015.jpg



どうやら、1列車限定48枚の指定席チケットを持った乗客は電車に先に乗車して、好きに座席が選べるようです。指定席チケットというよりも優先乗車チケットのようです。始発駅に限定したサービスなんですね。この指定席チケットは一人5スイスフランですが、上りと下りの両方の電車の指定席チケットをセットで購入することが義務付けられています。saraiは上りでは使わなかったので、結局は下りの指定席チケットを10スイスフランで買ったのと同じことになりました。乗車口が開くのを待ちます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:ユングフラウヨッホからグリンデルワルトへ

2017年7月24日月曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/22回目

トップ・オブ・ヨーロッパと呼ばれるヨーロッパの鉄道駅の中で最高地点にある駅、ユングフラウヨッホJungfraujochでの滞在を終え、ユングフラウ鉄道Jungfraubahnの登山電車に乗り込もうとしています。駅のホームからは先ほどまでのユングフラウヨッホ施設内の喧騒が遠くに見えています。

2018051201.jpg



指定席チケットを持っているので、指定席乗車口の先頭で待っています。まだ乗車時間まで少しあるせいか、ほかには誰もこの指定席乗車口にはいません。

2018051202.jpg



指定席チケットなしの乗車口には大勢の人が並んでいます。

2018051203.jpg



時間になり、指定席乗車口から優先乗車し、好きな座席を確保します。電車はクライネシャイデックKleine Scheideggに向かって発車します。途中の停車駅、アイガーグレッチャーEigergletscherで下車して、そこからハイキングする予定です。乗車後、車掌さんが検札に周ってきて、何故か、記念にチョコレートを1枚ずつ配ってくれます。ダンケ・シェーン。

2018051204.jpg



ほかの乗客もむしゃむしゃとチョコレートを食べています。我々もいただきましょう。

2018051205.jpg



やがて、下車予定のアイガーグレッチャー駅に着きますが、ひどく雨が降っています。とてもハイキングできる状態ではありません。それに霧で眺望も悪いです。残念ながら、ハイキングは断念して、このまま電車に乗って、クライネシャイデックまで行きます。

2018051206.jpg



強く雨が降る中、クライネシャイデックが近づいてきます。

2018051207.jpg



雨粒の付いた車窓からはクライネシャイデックもはっきりと見えないくらいです。朝来たときには雨がすっかり上がっていたのにね。

2018051208.jpg



クライネシャイデックに到着。早速、ヴェンゲルンアルプ鉄道Wengernalpbahn(略してWAB鉄道)に乗り換えましょう。

2018051209.jpg



グリンデルワルトGrindelwald行きのWAB鉄道の登山電車に乗り込みました。グリンデルワルトまで行って、街散策でもしようかなと思いますが、こんな天気のままでは仕方がありませんね。ホームには傘の花が咲いています。

2018051210.jpg



WAB鉄道の電車が発車。雨ですが、車窓から見える緑の斜面には綺麗な花々が咲いています。

2018051211.jpg



美しい緑の斜面に沿って、電車はゆっくりと走り出します。

2018051212.jpg



空を見上げると、雲間に少しだけ青空も見えています。何とかお天気が回復することを祈る気分です。

2018051213.jpg



車窓にはまだ雨粒が付いていますが、周辺の緑の野原はとても綺麗です。

2018051214.jpg



緑の草原の中をグリンデルワルトに向かって走っていきます。丘の上のほうは霧で煙っていますね。天気が大いに心配です。

2018051215.jpg



グリンデルワルトまではあと30分ほどです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:クライネシャイデック~グリンデルワルト・グルント

2017年7月24日月曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/23回目

ユングフラウヨッホJungfraujochから下りてきましたが、悪天候のため、ハイキングを断念し、クライネシャイデックKleine Scheidegg経由でWAB鉄道の登山電車に乗って、グリンデルワルトGrindelwaldに向かっているところです。すぐに車掌さんが検札にまわってきます。ルツェルンからクライネシャイデックまでの往復チケットを提示すると、それでOK。既にクライネシャイデックからの復路区間に入っています。

2018051401.jpg



美しい緑の草原の中を電車は走っていきます。

2018051402.jpg



草原には小さな花々が咲いていて綺麗です。

2018051403.jpg



やがて、最初の停車駅、アルピグレンAlpiglenに到着。

2018051404.jpg



アルピグレンを出ると、また、花々が咲き乱れる草原が広がります。

2018051405.jpg



色んな花が咲いています。

2018051406.jpg



次の停車駅のブランデックBrandeggを過ぎると、サイクリングをしている人たちが見えます。ハイキングコースがあるようです。

2018051407.jpg



線路の傍らにはスイス風の山小屋があります。

2018051408.jpg



美しい草原の向こうには霧に煙る林が見えます。素晴らしい景色なのですが、天気が悪いのが困ります。

2018051409.jpg



やがて、行く手の下ったところに大きな村が見えてきます。グリンデルワルトのようです。

2018051410.jpg



しかし、ますます、雨足が強くなってきます。こんな天気でグリンデルワルトを散策しても面白くありません。直接、今夜のホテルに向かうことにします。今夜のホテルはメンリッヒェンMännlichenの山の上の山荘です。グリンデルワルトの一つ手前の駅、グリンデルワルト・グルントGrindelwald Grundから、ロープウェイで登った先にあります。まだ、2時過ぎで早いのですが、ロープウェイの最終時刻は5時なので、乗り遅れる心配をするのも嫌ですから、天気も悪いので、早く行って休みましょう。今日は朝早い行動だったので、ゆっくりするのもいいでしょう。グルント駅に着き、電車を降りました。駅前の道路は雨で濡れています。はて、ロープウェイ乗り場はどこでしょう。ここで方向を見定めます。

2018051411.jpg



川にかかる橋の手前に道標を見つけます。ゴンドラの絵とメンリッヒェンMännlichenという文字が書かれています。道路を右のほうに歩くようです。川には白濁した水が轟轟と流れています。グレッチャーシュルフトという氷河からの雪融け水です。

2018051412.jpg



凄い流れなので、橋の上から眺めてみましょう。こちらは上流です。

2018051413.jpg



こちらは下流。凄まじい勢いで流れています。

2018051414.jpg



しばらく橋の上で川の流れを見ていましたが、そろそろロープウェイ乗り場に向かいましょう。橋のたもとにロープウェイ乗り場への道標があります。道路の先の大きな建物はグルント駅です。

2018051415.jpg



ここまでの登山鉄道のルートを地図で確認しておきましょう。

2018051416.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:グルントからヨーロッパ最長のロープウェイのゴンドラに乗る

2017年7月24日月曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/24回目

アルプスの高み、ユングフラウヨッホJungfraujochから登山電車で下りてきましたが、悪天候が続き、グリンデルワルトGrindelwaldでの街歩きはあきらめて、手前の駅、グリンデルワルト・グルントGrindelwald GrundでWAB鉄道の電車を降りて、そこからロープウェイで今日宿泊するメンリッヒェンMännlichenの山の上の山荘に向かうことにします。
グルント駅から川沿いをロープウェイ乗り場に向かって歩いていきます。

2018051501.jpg



やがて、左に折れる道へ誘導する道標あります。ロープウェイ乗り場は結構遠いですね。

2018051502.jpg



だだっ広い駐車場に出ます。こんなに車が押しかけることがあるんでしょうか。今日は駐車している車はちらほらです。

2018051503.jpg



駐車場の奥にロープウェイ乗り場があります。メンリッヒェン・ロープウェイMännlichenbahnと大きく書かれています。

2018051504.jpg



ロープウェイ乗り場に近付きます。山小屋風の建物です。

2018051505.jpg



ようやくロープウェイ乗り場に到着。風も強いので、ゴンドラの運行の方も心配です。

2018051506.jpg



チケット売り場もガラーンとしています。こんな天気なので、ロープウェイに乗る人もいないようです。

2018051507.jpg



とりあえず、窓口でチケットを購入しましょう。特に何も言われずにチケットが買えます。どうやら、ゴンドラは運行しているようです。

2018051508.jpg



ここのゴンドラ券は大変高額です。30スイスフランもします。しかし、ここで効力を発揮するのはスイス半額カードSwiss Half Fare Cardです。このゴンドラ券も半額の15スイスフランで購入できました。もっとも、このロープウェイはヨーロッパ最長のロープウェイでグルント駅から山頂駅のメンリッヒェンまで標高差1295m、距離にして6.2㎞もあり、延々30分もかかりますから、決して高くはないのかもしれません。これが半額で購入したゴンドラ券です。

2018051509.jpg



これがロープウェイのパンフレットにあったルートマップです。左端のグルント駅からホーレンシュタインHolensteinを経由して、山頂駅のメンリッヒェンまで行きます。

2018051510.jpg



さて、ゴンドラ乗り場のほうに向かいます。

2018051511.jpg



乗り場の入り口です。

2018051512.jpg



乗り場に入ると、小さなゴンドラが次々とやってきます。

2018051513.jpg



空いているので、どれでも乗り放題です。姉たちとは分かれて、配偶者と2人で1台のゴンドラを占領することにします。

2018051514.jpg



このゴンドラに乗り込みます。

2018051515.jpg



ゴンドラが何とか運行していて、とっても空いていたのはラッキーです。ところがこの後、とんでもない恐怖体験を味わうことになります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:揺れるゴンドラに乗って、メンリッヒェンの山頂に到着

2017年7月24日月曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/25回目

アルプスの高み、ユングフラウヨッホJungfraujochからユングフラウ鉄道Jungfraubahn、WAB鉄道を乗り継いで、グリンデルワルト・グルントGrindelwald Grundで下車。そこからロープウェイで今日宿泊するメンリッヒェンMännlichenの山の上の山荘に向かいます。グルントのロープウェイ乗り場でゴンドラに乗り込んだところです。

2018051701.jpg



まだ、ゴンドラのドアが閉まらずにホーム内をゴットンゴットンと動いています。

2018051702.jpg



後続のゴンドラに姉と姪も首尾よく乗り込みました。

2018051703.jpg



ゴンドラが乗り場の建物から外に出ました。ゴンドラのガラスが雨粒に濡れています。

2018051704.jpg



大変な風雨の中をゴンドラはゆっくりと進んでいきます。

2018051705.jpg



パノラマ風景が見える筈ですが、雨のためにとても視界が悪いです。

2018051706.jpg



緑の草原らしきところを進みます。本来ならば、綺麗な景色なんでしょう。

2018051707.jpg



グルントの村の家々がおぼろげに見えています。

2018051708.jpg



ゴンドラに乗って、15分ほどです。行程の半分くらい進みました。風雨はますます激しさを増し、ゴンドラが揺れに揺れます。とりわけ、鉄塔を過ぎる際は鉄塔にぶつかるのではないかと怖い思いをするほど揺れます。まるで遊園地の絶叫マシンです。

2018051709.jpg



ゴンドラの下には草原が広がり、ハイキング道も見えますが、風景を楽しむ気分ではありません。

2018051710.jpg



草原で草を食む家畜が見えます。アルプスの牧場ですね。羊か牛か判別も難しい感じです。

2018051711.jpg



メンリッヒェンに近くなったとき、横に見える看板の中に日本語(快適なドライブを)を見つけて、ほっこりします。

2018051712.jpg



ようやく、メンリッヒェンの山頂駅に到着。大変な恐怖体験でした。こんなに揺れるゴンドラに乗ったのは人生で初めてです。ゴンドラから降りて、後続のゴンドラを待ちます。

2018051713.jpg



後続のゴンドラはホームでガクンとスピードが落ちます。

2018051714.jpg



ゴンドラのドアが開き、姉たちが顔を見せます。

2018051715.jpg



悪天候で失意のまま、グリンデルワルト・グルントから30分もゴンドラに揺られましたが、とりあえず、全員無事に今日の目的地に到着できて、ほっとします。さあ、山荘ホテルに向かいましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:霧に包まれたメンリッヒェンの山荘ホテル

2017年7月24日月曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/26回目

グリンデルワルト・グルントGrindelwald Grundからロープウェイで今日宿泊するメンリッヒェンMännlichenの山頂に到着したところです。メンリッヒェンの山荘ホテル、ベルクハウス・メンリッヒェンBerghaus Männlichenに赴くと、あたり一帯は霧に包まれて、小雨も降っています。見えるはずのユングフラウ、メンヒ、アイガーの3山はおろか、周りの風景すら何も見えません。山の天気はどうしようもありませんね。ホテルのウッドデッキにエーデルワイスの可憐な花が咲いています。アルプスらしくて、いいですね。

2018051901.jpg



山荘ホテルのチェックインはレストラン内です。山のホテルらしいですね。

2018051902.jpg



こんな天候の日はレストランも客がほとんどいません。大きな窓ガラスからは霧に煙る景色が見えています。

2018051903.jpg



早速、今日宿泊する部屋に行きます。三角屋根の下の部屋ですが、ベッドは清潔感にあふれています。

2018051904.jpg



部屋の窓からの景色も真っ白です。

2018051905.jpg



三角屋根の下の部屋はトイレのドアも変形ドアです(笑い)。

2018051906.jpg



こんなに外が天気が悪くては、山荘ホテルの部屋で寛ぐしかありません。4人でおかきを食べながら、ゆったりします。

2018051907.jpg



ところが神は我を見捨てません。配偶者が急にあっと叫び声を上げます。いつの間にか霧が晴れ始めて、山荘ホテルの周辺の草原が姿を現します。

2018051908.jpg



だんだん、霧が晴れていき、あたりの風景が見えてきます。

2018051909.jpg



山荘ホテルの外に出てみましょう。周りの山並みが霧の中から浮かび上がっています。でも、肝心のアルプスの名峰3山は厚い雲に覆われています。

2018051910.jpg



草原には小さな花々が咲いています。綺麗ですね。

2018051911.jpg



色んな花が咲いています。

2018051912.jpg



山の麓の村も見えています。ヴェンゲンWengenでしょうか。

2018051913.jpg



麓はさらに霧が晴れていきます。遠くに湖も見えてきます。トゥーン湖Thunerseeでしょうか。

2018051914.jpg



近くの景色はばっちり見えています。三角屋根で高いアンテナの立っている建物はヴェンゲンからのロープウェイの山頂駅ですね。

2018051915.jpg



しばらく、山荘ホテルの周りを散策しましょう。まだ、夕方の5時頃です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:メンリッヒェンの山荘ホテルからの山の景色の変化

2017年7月24日月曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/27回目

メンリッヒェンMännlichenの山頂にある山荘ホテル、ベルクハウス・メンリッヒェンBerghaus Männlichenに着いたとき、あたり一帯は霧に包まれて、景色は一切見えない状態でした。ユングフラウJungfrau、メンヒMönch、アイガーEigerの3山はもちろん見える筈はありません。しかし、到着後、数時間で急に霧が晴れてきて、まわりの景色が見えてきました。依然として、ユングフラウ3山は望めませんが、とりあえず、山荘ホテルの近辺を散策することにします。
これが山荘ホテル、ベルクハウス・メンリッヒェンの全景です。大きなガラス窓はレストランの窓ですね。メンリッヒェン山頂近くの草原の中に佇む素晴らしいホテルです。

2018052101.jpg



こちらは先ほど、グリンデルワルト・グルントGrindelwald Grundから登ってきたロープウェイの山頂駅です。登ってきたときには霧で見えませんでした。山頂駅の前には変な木製の巨大な牛があります。

2018052102.jpg



こちらは山荘ホテルを正面から眺めた全景です。犬を連れた人の木彫像が立っています。アルプスでは何でも木製ですね。

2018052103.jpg



こちらはメンリッヒェンの山頂でしょうか。まだ霧で全景は見えません。

2018052104.jpg



こちらはグリンデルワルトGrindelwaldの方向です。グリンデルワルトの先にある山々はまだ霧で煙っています。しかし、光も差してきています。

2018052105.jpg



これ以上、霧が晴れそうにもないので、いったん、部屋に撤退します。
部屋の窓から、外の様子をときどき観察します。グリンデルワルトの左手の先の方の山の頂が雲の中から頭を出しています。この調子で眺望が開けるといいのですが。

2018052106.jpg



ズームアップしてみると、アルプスらしい切り立った岩山が見えています。

2018052107.jpg



岩山の間にはなだらかな緑の斜面が広がっています。美しい景色です。

2018052108.jpg



さらに左のほうまで見えてきます。美しい高山の緑の草原が広がっています。時々刻々と眺めが変わっていきます。

2018052109.jpg



ラウターブルンネンLauterbrunnenの方角に目をやると、湖らしきものが見えています。トゥーン湖Thunerseeのようですね。

2018052110.jpg



山荘ホテルの屋根の先にヴェンゲンWengenの向こう側の山の景色も見えてきます。

2018052111.jpg



ただ、その左手の方のユングフラウ方向はまだまだ厚い雲に覆われています。

2018052112.jpg



それからしばらくして、部屋のバルコニーに出て、グリンデルワルト方面を眺めると、結構、山々が見渡せます。

2018052113.jpg



ふと、名峰3山の方に目をやると、なんとアイガーの岩壁が雲間から姿を現しています。おおーっ、さっきまで霧で真っ白だったのに・・・感動です。

2018052114.jpg



アイガーの山頂は雲に覆われていますが、ほぼ見えかけていますね。あの邪魔な雲をふーっと吹き飛ばしたい欲求にかられます。

2018052115.jpg



しばらく、霧が晴れていくことを期待しながら、山の景色を眺めていましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:メンリッヒェンからのアイガー、メンヒの眺め?

2017年7月24日月曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/28回目

メンリッヒェンMännlichenの山頂にある山荘ホテル、ベルクハウス・メンリッヒェンBerghaus Männlichenに着いたときの霧に包まれた状況が好転し、次第に霧が晴れてきました。アイガーEigerの岩壁がはっきりと見えてきました。山頂が見えないのは残念ですが、先ほどの絶望的な状況とは大違いです。
何と眼下にグリンデルワルトGrindelwaldもはっきりと見えています。

2018052501.jpg



アイガーは岸壁のほとんどは見えていますが、山頂だけは雲に隠れています。

2018052502.jpg



アイガーをずっと眺めています。すると、次第に山頂の雲が動き、期待感が高まります。

2018052503.jpg



アイガーばかり眺めていても面白くないので、再び、グリンデルワルトを眺めます。相変わらず、綺麗に見渡せています。

2018052504.jpg



視線をさらに左方に動かすと、グリンデルワルトの北側の山々はすっかり霧が晴れています。

2018052505.jpg



さっきから10分ほど経ちました。アイガーの状況は少しだけ好転しましたが、どうしても山頂だけは見えません。

2018052506.jpg



おっ、もう少しで見えそうです。

2018052507.jpg



アイガーのほうをズームアップします。おーっ、今度はアイガーの右手のほうにメンヒMönchもうっすらと顔を出してきます。

2018052508.jpg



今度はむしろメンヒのほうが気になってきます。そちらに目が釘付けになります。

2018052509.jpg



ほー、ほぼ、メンヒの山頂が見えますね。

2018052510.jpg



一進一退で状況が刻々と変わっていきます。

2018052511.jpg



アイガーの山頂もほぼ見えています。すっきりと見えないのが残念ではあります。

2018052512.jpg



雰囲気としては、アイガーとメンヒの山の形がはっきりと分るようにはなってきました。

2018052513.jpg



メンヒの右側にユングフラウJungfrauもうっすらと見えてきます。

2018052514.jpg



アイガーとメンヒはすっきりと雲が晴れませんが、ほぼ見えてはいます。

2018052515.jpg



そろそろ、また、山荘ホテルから外に出撃しましょう。いつ名峰三山が顔を現わしても不思議ではない状況です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:精一杯のアイガー、メンヒ、ユングフラウの眺め

2017年7月24日月曜日@ルツェルン~ユングフラウヨッホ~メンリッヒェン/29回目

メンリッヒェンMännlichenの山頂にある山荘ホテル、ベルクハウス・メンリッヒェンBerghaus Männlichenで次第に霧が晴れてきた風景を眺めているところです。名峰三山のうち、アイガーEigerとメンヒMönchがほとんど見えてきました。山頂だけははっきりと見えませんが、先ほどまでの霧に包まれた状況とは大違いです。再び、山荘ホテルの部屋を出て、屋外での景色を楽しむことにします。
ホテルの前に出ると、名峰三山の案内板があります。本来、ユングフラウJungfrau、メンヒ、アイガーの3山がここから見える筈なんです。

2018052801.jpg



すぐ手前にはチュッゲンTschuggenの岩と緑の山頂が立ち、その向こうに左にアイガーとメンヒ、右にユングフラウの名峰三山が山頂こそ見えませんが、姿を現しています。

2018052802.jpg



ユングフラウの峰は厚い雲で覆われていますが、何となく、山の形は分かります。

2018052803.jpg



こちらはユングフラウの右手、すなわち、西側のほうの山々です。結構、見渡せています。

2018052804.jpg



こちらはヴェンゲンWengenの方向です。ヴェンゲンの向こうの山がはっきりと見えています。

2018052805.jpg



グリンデルワルト・グルントGrindelwald Grundからのロープウェイの山頂駅の前にある大きな木製の牛の上が見晴台になっています。その上に上って、景色を眺めましょう。左に山荘ホテル、目の前に山頂駅が見えています。

2018052806.jpg



山頂駅の右手にはアイガーの左の稜線が見えています。

2018052807.jpg



見えたりかくれたり激しく変化する山々をきゃっきゃ言いながら楽しみます。
これはユングフラウです。巨大な氷河が凄い迫力です。

2018052808.jpg



これはメンヒです。4000m級の山の迫力十分です。

2018052809.jpg



これはアイガーです。北壁の切り立った岩盤がこれほどのものとは生で見るまでは分かりませんでした。圧倒的な存在感で自然の偉大さを見せつけます。
山頂が雲に覆われてはいましたが、何も見えないところから、よくぞ姿を現してくれました。自然へ感謝するのみです。

2018052810.jpg



大きな牛の形の見晴台を下りて、雄大なユングフラウを眺めます。もう少し、霧が晴れてくれればよかったのにね。

2018052811.jpg



これが木製の牛の見晴台です。グルリと360度の景色が楽しむことができる優れものです。その左の建物がロープウェイの山頂駅です。再び、名峰三山は雲がかかってきました。もう、ホテルに戻りましょう。

2018052812.jpg



ホテルのレストランで夕食をいただきます。ここからは名峰三山が見える筈でした。ちなみにメンリッヒェン山荘ホテルからの名峰3山の眺望はこんな感じだそうです。左から、アイガー、メンヒ、ユングフラウです。手前の山はチュッゲンの山頂です。青空を背景に見たかったものです。

2018052813.jpg



夕食はスープから始まります。

2018052814.jpg



メインはそれぞれの好みで選びます。
saraiはステーキです。アルプスと言えば、やはり、牛ですからね。

2018052815.jpg



配偶者はハンバーグです。これももちろん、牛です。

2018052816.jpg



名峰三山はすっきりとは見えませんでしたが、不思議なことに、くっきりと湖が見えています。このホテルでお知り合いになった日本人の宿泊客がインターラーケンだと教えてくれます。多分、トゥーン湖Thunerseeですね。

2018052817.jpg



夕食の後、その日本人のご夫婦と楽しくおしゃべりをしました。彼らは一週間、この辺りに滞在し、山々を楽しむそうです。
部屋に戻っても山の中ですから何もすることがありません。外を眺めると、グリンデルワルトGrindelwaldの明かりだけが見えています。

2018052818.jpg



明日はハイキングできるほどのお天気ならいいのですが・・・。さあ、今日は早く休みましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

お役に立てて、なによりです。我が家では今でもメインのCDプレーヤーとして活躍しています。ただ、最近はCDはいったんリッピングしてHDDに格納し、USBオーディオでオーディ

01/18 15:18 sarai

父からアンプとセットで譲り受けたもののトレイが動かず困っていましたが、
ブログを見て自分で購入・修理することができました。
利益目的でもなくまた素人でも分かる記事

01/18 13:50 hisa

のりしんさん

saraiです。コメントお寄せいただき、ありがとうございました。
同じ追っかけ仲間、今後ともよろしくお願いいたします。
彼女の声は素晴らしいですね。

12/01 12:07 sarai

私も中村さんの追っかけやっております。昨日の演奏も圧倒的でしたね。中村さんの歌を聴いていると、なぜか涙腺が緩んで来ます。

12/01 09:39 のりしん

Steppkeさん

saraiです。ティーレマン信奉者にとって、《あまり好きでない》=《嫌い》に思えてしまうのです。まあ、夜道でうんぬんはいかにティーレマン信奉者でもやりま

11/15 10:39 sarai

sarai さん。
そんな..Thielemann が「嫌い」などと、夜道で後ろから刺されるようなことは言わないで下さい。
別に「嫌い」ということはないですよ。
今年は既に4回も聴

11/15 09:39 Steppke

Steppkeさん

saraiです。最前列で聴いたので、ほとんど弦セクションの音が響きました。それが狙いなので、満足しました。本文にも書きましたが、ウィーン・フィルのブルッ

11/14 13:15 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR