FC2ブログ
 
  

アルプス:メンリッヒェンの朝は霧の中

2017年7月25日月曜日@メンリッヒェン~クライネシャイデック~グリンデルワルト~ルツェルン/1回目

旅の6日目、メンリッヒェンMännlichenの2日目です。

昨日から初めてのアルプス訪問中です。残念ながら、悪天候にたたられましたが、それでも何とか霧に包まれながらもユングフラウJungfrau、メンヒMönch、アイガーEigerの名峰3山のおぼろげな姿は拝ませてもらいました。

今日はアルプスのメンリッヒェンの山荘ホテルで朝を迎えます。一人早起きした配偶者は、ブログの原稿を書きながら天候をチェックします。今朝も雲は出ていますが、まあまあの眺めです。

2018052901.jpg



さて、問題のアイガーですが、下のほうの岩肌はなんとか見えていますね。

2018052902.jpg



グリンデルワルトは雲がかかっています。

2018052903.jpg



すぐ近くのチュッゲンTschuggenの山頂はよく見えています。アイガー、メンヒの山肌は霧の向こうにうっすらと見えています。頂上は雲の中ですが、空には雲間に青い部分も見えるような気がします。一瞬、日も差したような気がします。

2018052904.jpg



が、saraiが起きだすころには、残念ながら、霧と小雨でまわりの景色が霞んでいます。

2018052905.jpg



次第に深い霧の中に風景は沈んでいきます。

2018052906.jpg



とりあえず、ゆっくり、アルプスの朝食を頂きます。

2018052907.jpg



ハイキングに出かけられるように、雨が止み、霧が晴れるタイミングを待ちます。部屋で様子を見ていると、雨の止み間に何組かが出発していきます。我々も出かけましょう。しっかり服装を整えてチェックアウトするころには、またまた雨が降り出しました。先ほど出かけなくてよかったと思いながら、食堂で待機です。この間に孫たちに絵葉書を出します。切手も販売しており、食堂にあるポストに投函しておけばよいようです。それっ、投函!

2018052908.jpg



手袋までは不要と旅に出かける直前の荷物チェックで、手袋を持つことはあきらめたのですが(なぜならいつものオペラの服装に加え、ハイキングの準備も必要で、カバンのスペースに余裕がない)、この天気では手袋は必要のようです。食堂のおばさんのアドバイスを受けながら手袋を購入します。

2018052909.jpg



ひたすら、食堂で待機です。

2018052910.jpg



少し霧が晴れてきました。もう少しで出発できるかな。

2018052911.jpg



とりあえず、ちょっと外に出てみましょう。霧に包まれたユングフラウを背景に記念撮影です。

2018052912.jpg



今度は山荘ホテル、ベルクハウス・メンリッヒェンBerghaus Männlichenを背景に記念撮影です。

2018052913.jpg



メンリッヒェンの草原には夏の花々が咲いて美しいこと、この上ありません。

2018052914.jpg



美しい草原を眺めながら、出発の時を待ちます。

2018052915.jpg



そろそろ出発しようと思っていたら、とんでもない天候に見舞われることになります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:メンリッヒェンからクライネシャイデックへのハイキングに出発

2017年7月25日月曜日@メンリッヒェン~クライネシャイデック~グリンデルワルト~ルツェルン/2回目

滞在中のアルプスのメンリッヒェンMännlichenの山荘ホテルからクライネシャイデックKleine Scheideggへのハイキングに出かけようとしているところです。先ほどまでの霧と小雨が収まりつつある状況です。しかし、そこからなかなか天候が好転しません。その後、雨の上がるどころか、雪まで降り出します。真夏の雪って、人生で初体験です。アルプスって凄いなあと驚くばかりです。

2018053101.jpg



ウッドデッキの上に小雪の粒が落ちています。しかし、積もるほどにはなりません。

2018053102.jpg



草原にも雪の粒がまばらに落ちています。

2018053103.jpg



ウッドデッキの上の雪はこれくらいで落ち着きます。

2018053104.jpg



空は雪雲でどんよりしています。

2018053105.jpg



雪が草原の上に舞い落ちています。

2018053106.jpg



雪は大したことはなく、すぐにやみます。しかし、こんな天気ではハイキングのためにはポンチョも必要ですね。ポンチョは山荘ホテルの売店に簡易なものがあったので購入します。霧で何も見えないのは危ないし楽しみもないのでジッと我慢して待ちます。結局、出かけたのは11時過ぎです。もう1時間待っても出かけるタイミングがなければ、ハイキングは断念しようと思っていました。
メンリッヒェンからクライネ・シャイデックへの初心者コースのハイキングの開始です。山荘ホテルで買い込んだポンチョと手袋を装着して、いざ、出発。

2018053107.jpg



これがハイキングコースを紹介しているガイドブックの内容です。6か国語で簡単な説明があります。日本語もあるのが嬉しいですね。1時間20分の下り坂のコースです。

2018053108.jpg



ハイキングコースにはしっかりと道標が立っています。安心ですね。

2018053109.jpg



グリンデルワルトGrindelwaldへと続くロープウェイのゴンドラの下をくぐって歩いていきます。

2018053110.jpg



歩いていく方向のすぐ先にあるチュッゲンTschuggenの山頂は霧で煙っています。悪天候がまだ心配です。

2018053111.jpg



グリンデルワルト方面も霧で煙っています。すぐ近くの草原が見えているのが救いです。

2018053112.jpg



チュッゲンの山の麓に差し掛かります。近づくと岩でごつごつしています。とても夏とは思えない風景です。

2018053113.jpg



左手のグリンデルワルト方面の草原が美しいのが嬉しいですね。綺麗な花々も咲き誇っています。

2018053114.jpg



美しい草原を眺めながら、ポンチョを身にまとってのハイキングを楽しみます。

2018053115.jpg



天気はともかく、夏とは思えない涼しい空気の中のハイキングは体力的には楽です。さあ、クライネシャイデック目指して歩きましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:花を愛でるハイキング

2017年7月25日月曜日@メンリッヒェン~クライネシャイデック~グリンデルワルト~ルツェルン/3回目

アルプスのメンリッヒェンMännlichenからクライネシャイデックKleine Scheideggへのハイキングに出発したところです。先ほどまでは霧と小雨、さらには雪によって、出発が大幅に遅れ、既に11時を過ぎています。何とかハイキングの間、お天気が持ってくれればと願うばかりです。

ハイキングコースはよく整備されていて、道標を確認しながら、クライネシャイデックに向かって、ゆっくりと進んでいきます。

2018060201.jpg



まだ、お天気は不気味な感じですが、何とかもってくれています。チュッゲンTschuggenの麓の道を進みます。

2018060202.jpg



配偶者や姉は草原の花々を夢中になって眺めています。

2018060203.jpg



道端に咲く小花はとても可愛いです。

2018060204.jpg



お馴染みのアルプス・アザミもありますね。

2018060205.jpg



アザミのまわりにも小花が咲いています。

2018060206.jpg



紫のホタルブクロ、黄色いキンポウゲも咲いています。

2018060207.jpg



草原の中に可愛い池もあります。

2018060208.jpg



普通のマーガレットも咲いています。

2018060209.jpg



雨に濡れたホタルブクロが綺麗です。

2018060210.jpg



これはムシャリンドウかな。

2018060211.jpg



何となく、霧も少し晴れてきたような気もします。この調子だね。

2018060212.jpg



ピンク色の小さな花はミヤマナデシコでしょうか。

2018060213.jpg



名前の分からない花もアルプスでは風情がありますね。

2018060214.jpg



草原の花を愛でながら、チュッゲンの麓の道をぶらぶらと歩いていきます。

2018060215.jpg



天候ははっきりしないままですが、夏とは思えない涼しさのアルプスの高原の道を楽しみます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:花を楽しむお散歩気分

2017年7月25日月曜日@メンリッヒェン~クライネシャイデック~グリンデルワルト~ルツェルン/4回目

アルプスのメンリッヒェンMännlichenからクライネシャイデックKleine Scheideggへハイキングをしているところです。斜面の上に見える岩山は霧で霞んでいます。まあ、これでもずいぶん、先ほどよりもましな天候です。

2018060301.jpg



ハイキングの楽しみは路傍の花々です。真っ赤な可憐な花が咲いています。

2018060302.jpg



周りの霧が晴れて、美しい草原が見渡せます。

2018060303.jpg



初めて見るアルプスの花々に見入ってしまい、なかなか先に進みません。それも仕方ないかな。

2018060304.jpg



ピンク色の花が綺麗です。

2018060305.jpg



ルンルン気分で草原の道を歩きます。

2018060306.jpg



道の横から急に上っている斜面にもびっしりと花が咲いています。夏のアルプスは短い期間の花のシーズンです。

2018060307.jpg



草原には、花だけでなく、雪の花も残っています。さっきはずいぶん雪が降りましたからね。

2018060308.jpg



大きな岩の下には、まだ、こんなに雪が残っています。

2018060309.jpg



その雪と黄色い花のコントラストが何とも言えません。

2018060310.jpg



岩の間から色んな花が顔を出しています。

2018060311.jpg



斜面の上のほうにはさらに様々な夏の花が咲き乱れています。

2018060312.jpg



こちらは雪の白とピンクの花が美しい模様を作っています。

2018060313.jpg



緑の斜面の上には霧に霞んだ岩山が幻想的な風景を作っています。

2018060314.jpg



これは黄色いマーガレットかな。

2018060315.jpg



アルプスのハイキングは花を見ることが一番の楽しみのようです。っていうか、アルプスの山が見渡せないからですけどね。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:美しいお花畑に歩が進まず

2017年7月25日月曜日@メンリッヒェン~クライネシャイデック~グリンデルワルト~ルツェルン/5回目

アルプスのメンリッヒェンMännlichenからクライネシャイデックKleine Scheideggへハイキングをしているところです。岩の間から草花が顔を出しています。紫色のホタルブクロも見えますね。

2018060501.jpg



これもピンク色のホタルブクロですね。

2018060502.jpg



斜面に広がる草原の美しい花々に魅了されるのみです。

2018060503.jpg



これはあまり見ない花ですね。

2018060504.jpg



実に様々な花が咲いています。

2018060505.jpg



アルプスの花の咲く草原ですっかりと足が止まっています。

2018060506.jpg



このアルプスの草原の前で30分近い時間を過ごしています。

2018060507.jpg



小石の間から頭を出している草花も可憐です。

2018060508.jpg



ハイキング道の下に広がる草原もすっかりと霧が晴れて、美しい姿を見せています。

2018060509.jpg



しかし、相変わらず、グリンデルワルトGrindelwaldは雲と霧の海の中に沈んでいます。

2018060510.jpg



ハイキング道の向かう先のクライネシャイデックのほうにはアイガー北壁が見える筈ですが、霧で真っ白です。まあ、正確に言うと、アイガー北壁の裾野の岩壁は少しだけ見えています。

2018060511.jpg



また、近くの草原の花に視線を戻します。小さな白い花が咲いています。

2018060512.jpg



これはクイーンアンズレースですね。

2018060513.jpg



花びらの落ちたガクに雪が氷となって張り付いて、氷の花になっています。

2018060514.jpg



氷の花の近くには黄色い花が突き出しています。

2018060515.jpg



アルプスの花に見とれて、一向に歩みが進んでいませんでしたが、ようやく、順調に歩き始めます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:正面にアイガー北壁を見ながらのハイキング 2017年7月25日月曜日@メンリッヒェン~クライネシャイデック~グリンデルワルト~ルツェルン/6回目

アルプスのメンリッヒェンMännlichenからクライネシャイデックKleine Scheideggへハイキングをしているところです。雪が氷となって草花に彩を与えています。紫色のホタルブクロも見えます。

2018060601.jpg



ハイキング道の行く手には下から雲が沸き起こり、上には厚い雲が垂れ込めたアイガー北壁が部分的に見えています。

2018060602.jpg



やがて、ハイキング道の先は柵で閉じられています。動物止めですね。

2018060603.jpg



周辺の草原にはピンク色の花が咲いています。

2018060604.jpg



柵を開けて、また、しっかりと閉じておきます。山のルールですね。saraiは山荘ホテルの売店で求めた透明なポンチョを身にまとっています。これで雨対策はほぼ十分です。

2018060605.jpg



これはムシャリンドウですね。

2018060606.jpg



斜面には白い小花が咲き乱れています。

2018060607.jpg



アイガー北壁の岩肌が少しはっきりと見えてきます。この調子で霧が晴れてくれることを願います。

2018060608.jpg



道の傍らには花が咲き、周りは美しい草原が広がります。アルプスのハイキングを満喫します。

2018060609.jpg



正面に見えるアイガー北壁です。霧がかかる岩壁も美しいねって、強がりながらのハイキングです。

2018060610.jpg



様々な色の花が美しい模様になっています。

2018060611.jpg



先ほどまでの雨で濡れているハイキング道をアイガー北壁に向かって、ひたすら歩きます。平坦な道で、気候も夏とは思えない涼しさなので、楽なハイキングです。

2018060612.jpg



ハイキング道の周りの霧はすっかり晴れました。雲海の下にはグリンデルワルトGrindelwaldがある筈です。

2018060613.jpg



花を見ながら、ゆったり気分のハイキングです。

2018060614.jpg



アイガー北壁を眺めながらのハイキングは続きます。

2018060615.jpg



歩くペースがゆっくりなので、目的地のクライネシャイデックはまだまだ先です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:草原の中のハイキングは続く

2017年7月25日月曜日@メンリッヒェン~クライネシャイデック~グリンデルワルト~ルツェルン/7回目

アルプスのメンリッヒェンMännlichenからクライネシャイデックKleine Scheideggへハイキングをしているところです。草花が美しく生い茂る草原の中を歩いていきます。

2018060701.jpg



道沿いの斜面の岩の間からは綺麗な花が顔を出しています。

2018060702.jpg



ピンク色の花も咲いています。

2018060703.jpg



アルプスの広大な自然を満喫しながらのハイキングです。

2018060704.jpg



砂利交じりの上り坂に差し掛かります。ここまではずっと平坦な道でした。

2018060705.jpg



おっと、大きな岩がゴロゴロしています。

2018060706.jpg



植生は相変わらず美しいです。

2018060707.jpg



アルプスの高原にはなだらかな草原がどこまでも広がっています。

2018060708.jpg



少し起伏のある道を進んでいきます。正面に見えるアイガー北壁にかかる霧が濃くなってきます。なかなかすっきりした天気になりません。

2018060709.jpg



やがて、また、道はがれ場に差し掛かります。

2018060710.jpg



そのがれ場にも草花は生命力を発揮しています。

2018060711.jpg



がれ場の周りの斜面にも草原が広がっています。

2018060712.jpg



がれ場に咲く黄色い花です。

2018060713.jpg



花だけでなく、豆の鞘も実っています。

2018060714.jpg



だんだんとお天気が怪しくなってきますが、行く手に建物が見えてきます。ハイキング道で初めて遭遇する建物です。

2018060715.jpg



とりあえず、あの建物までは急いで歩きましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:花や鳥を楽しむゆったりしたハイキング

2017年7月25日月曜日@メンリッヒェン~クライネシャイデック~グリンデルワルト~ルツェルン/8回目

アルプスのメンリッヒェンMännlichenからクライネシャイデックKleine Scheideggへハイキングをしているところです。雪の名残の露をまとったホタルブクロが美しい姿を見せています。

2018060801.jpg



色とりどりの花が目を楽しませてくれます。

2018060802.jpg



道の傍らの岩の間からも草花が咲いています。

2018060803.jpg



ハイキング道にまた動物止めの柵が設置されています。その先に建物が見えています。

2018060804.jpg



また、草原に霧が這い上がってきます。天候も悪化してきます。

2018060805.jpg



丘の斜面の上のがれ場にはまだ霧は出ていないのが救いです。そうそう、写真は撮れませんでしたが、先ほどは崖の上を歩くアルプスの珍獣にも出会いました。アルプスアイベックスだったようです。

2018060806.jpg



また、マーガレットの花です。

2018060807.jpg



これも黄色いマーガレットですね。

2018060808.jpg



おや、黄色いくちばしの黒い鳥が近くに寄ってきます。通称、ブラックバード、すなわち、クロウタドリでしょうか。

2018060809.jpg



我々の前を悠々と歩いていきます。

2018060810.jpg



ブラックバードらしき鳥は小屋の前に歩いていきます。この小屋はハイカー用の休息所です。小さなトイレも付属しています。我々もここでしばし休息します。

2018060811.jpg



さあ、天気もまあまあになったところで出発です。少し休んだので元気いっぱいです。アイガーはすっかり雲の中で残念ではあります。

2018060812.jpg



ただ、アイガーの麓は霧の中から少しだけ見えています。雪と岩の厳しい風景です。

2018060813.jpg



一転して、近くの草原にはキンポウゲの花が咲き乱れています。美しいアルプスの風景です。

2018060814.jpg



霧がかかってきた草原の中を歩いていきます。

2018060815.jpg



もうハイキングを始めて1時間半ほどです。本来なら、クライネシャイデックに着いていていい時間ですが、花を楽しみながらのゆったりしたハイキングなので、こんなものでしょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:ハイキングも終盤へ

2017年7月25日月曜日@メンリッヒェン~クライネシャイデック~グリンデルワルト~ルツェルン/9回目

アルプスのメンリッヒェンMännlichenからクライネシャイデックKleine Scheideggへハイキングをしているところです。ハイキング道の周りにはアルプスの花がよく咲いています。これはクイーンアンズレースですね。

2018060901.jpg



正面にはアイガー北壁の麓の雪が見えています。

2018060902.jpg



後ろを振り返ると、メンリッヒェンが遠くに高く聳えています。ずい分、歩いてきましたね。もう1時間半以上も歩きました。

2018060903.jpg



再び、クイーンアンズレースの群落が見えます。

2018060904.jpg



ハイキング道の横に珍しくベンチがあります。その向こうにはメンリッヒェンの山が見えます。

2018060905.jpg



アイガーらしき姿を正面に見ながらのハイキングが続きます。

2018060906.jpg



メンリッヒェンの姿がだんだんと遠ざかっていきます。

2018060907.jpg



ちょっとした沢を越していきます。アルプスの水が少しだけ流れています。

2018060908.jpg



また、お馴染みの紫色のホタルブクロが咲いています。

2018060909.jpg



メンリッヒェンの山がなだらかな緑の斜面の向こうに消えようとしています。

2018060910.jpg



美しい緑の丘に沿って歩き続けます。

2018060911.jpg



その緑の丘にアルプスの花々が彩を添えています。

2018060912.jpg



ピンク色の花が綺麗です。

2018060913.jpg



ハイキング道に注意の標識が立っています。この先のがれ場の落石注意ですね。気を付けて歩きましょう。

2018060914.jpg



ここでふとメンリッヒェンのほうに視線を向けると、既にメンリッヒェンの山は雲に覆われて見えなくなっています。

2018060915.jpg



もうクライネシャイデックも近いはずです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:クライネシャイデックに到着するも再び深い霧

2017年7月25日月曜日@メンリッヒェン~クライネシャイデック~グリンデルワルト~ルツェルン/10回目

アルプスのメンリッヒェンMännlichenからクライネシャイデックKleine Scheideggへハイキングをしているところです。ハイキング道の周りにクイーンアンズレースの大群落があります。

2018061101.jpg



クイーンアンズレースがとてもよく咲いていますね。

2018061102.jpg



道標があります。これがクライネシャイデックに着く前の最後の道標でしょうか。

2018061103.jpg



近くにもう一つ案内板があります。クライネシャイデックの駅まで、あと10分と表示されています。メンリッヒェンの山頂駅までのロープウェイの最終出発時刻も表示されています。グリンデルワルトGrindelwaldからもヴェンゲンWengenからも17時半が最終便だと表示されています。一方、ここからメンリッヒェンまでは歩いて1時間15分と表示されています。なかなか情報が豊かです。

2018061104.jpg



やがて、山荘レストランの前に出ます。いかにもクライネシャイデックに近づいたということですね。

2018061105.jpg



鉢植えのマーガレットの綺麗なポットが店先に置いてあります。

2018061106.jpg



カウベルが飾ってあります。そう言えば、ハイキングしている間、草原から盛んにカウベルの音も聞こえて、のどかなアルプスを感じていました。

2018061107.jpg



レストランの横には遊具も設置してあります。砂場もあって、ちょっとした子供向けの公園です。ファミリーで楽しむアルプスのハイキングですね。

2018061108.jpg



またまた、クイーンアンズレースの群落です。

2018061109.jpg



ピンク色の綺麗な花も咲いています。

2018061110.jpg



アルプスの花園のようなところを過ぎていきます。

2018061111.jpg



草原に少し霧が出てきます。

2018061112.jpg



小雨まで降ってきます。どうやらクライネシャイデック付近に着いたようで、団体ツアーの観光客が集まっています。

2018061113.jpg



レストランの庭には牛さんの等身大の置物があります。観光用なんでしょうね。

2018061114.jpg



どうやら、ここはアイガー北壁Eiger Nordwandの展望スペースのようです。アイガーの眺めの説明板だけがむなしく立っています。急に霧が深くなってきて、アイガーはまったく見えません。

2018061115.jpg



それでも、ここまではいったん霧が晴れていたので、正面にアイガー北壁を眺めながらの楽しいハイキングでした。時折、小雨に見舞われましたが、路傍の可愛い草花を楽しみながら、充実した時間を持てました。コースはだらだら下りの楽なコースです。肌寒いくらいの温度で汗もかかずにスイスイ歩けました。周りのなだらかな草原も美しく眺められました。ガイドブックでは1時間20分の行程となっていましたが、結局、この目的地のクライネ・シャイデックに着いたときには予定を1時間もオーバーしていました。あまりにもたくさんの草花が咲き乱れているので、写真を撮るために立ち止まることが多かったからです。
さて、ここからどうしましょう。こんなに霧が深くてはどうしようもありませんね。ところがここで奇跡が起こるんです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:アイガー北壁の麓が霧の中から出現

2017年7月25日月曜日@メンリッヒェン~クライネシャイデック~グリンデルワルト~ルツェルン/11回目

アルプスのメンリッヒェンMännlichenからクライネシャイデックKleine Scheideggへハイキングをしているところです。ようやく、2時間以上もかけて、クライネシャイデックに到着しました。到着したクライネシャイデックは霧に包まれています。ここがクライネシャイデックであることを示す道標が立っています。標高が2070mと表示されています。ここからメンリッヒェンまで1時間半かかることが表示されています。

2018061301.jpg



霧の先にクライネシャイデックの駅が見えます。

2018061302.jpg



その駅舎の向こうの山は霧に覆われています。案内板によると、天気が良ければ、すぐそばにアイガー北壁が見える筈なんですけどね。

2018061303.jpg



クライネ・シャイデックは霧に煙っていて、アイガーの麓の雪と岩の一部だけが見えます。まわりの風景は何も見えません。

2018061304.jpg



恨めしく霧を眺めるだけです。

2018061305.jpg



しかし、心なしか、少し、周りが明るくなってきたような気もします。希望的観測なんでしょうか。

2018061306.jpg



まだ、小雨が降り続いていますが、このあたりを少し、ぶらついてみましょう。

2018061307.jpg



山の麓だけははっきりと見えるようになってきます。

2018061308.jpg



周りの牧草地で草を食む牛たちが見えます。

2018061309.jpg



近くの丘の上の展望台に登って、風景を眺めます。おっ、少し霧が晴れてきたかな。

2018061310.jpg



丘の斜面の草原には花々が咲いています。

2018061311.jpg



ところがです。急に霧が晴れてきます。

2018061312.jpg



山頂こそ見えませんがアイガーの麓の岩壁が目の前に聳え立ちます。昨日、ここでユングフラウ鉄道に乗り換えたときには気が付きませんでしたが、クライネ・シャイデックはアイガー北壁の麓の駅だったんですね。

2018061313.jpg



展望台の丘の周りの風景はこんな感じです。

2018061314.jpg



丘の下にはクライネシャイデックの駅前の山荘がぽつぽつと建っています。

2018061315.jpg



そろそろ、登山電車に乗って、グリンデルワルトGrindelwaldに向かいましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:WAB鉄道でグリンデルワルトへ

2017年7月25日月曜日@メンリッヒェン~クライネシャイデック~グリンデルワルト~ルツェルン/12回目

メンリッヒェンMännlichenからクライネシャイデックKleine Scheideggへハイキングをして、到着したクライネシャイデックでちょっとぶらついています。クライネシャイデックは少しだけ霧が晴れたので、saraiは丘の上から、アイガー北壁の麓の岩壁を眺めています。

2018061401.jpg



あまりアイガー北壁全体は見えていませんが、先ほどはこの景色すら霧で真っ白で何も見えなかったんです。

2018061402.jpg



ひとしきり、アイガーの雄姿を仰いでいました。見えると見えないでは大違い。見えないと、どんな風に見えるのか想像もできませんが、目の前に迫るアイガーの雄姿は凄いです。が、一瞬にして、また霧に包まれて、何もなかったごとく消えてしまいます。
クライネシャイデックでは、登山電車の乗り換えの時間を利用して、ツアー観光客が大勢歩いています。彼らの多くは何も見ずに立ち去っていきました。彼らを呼び戻してあげたいところです。それほど瞬時にアイガーは見え隠れするのです。

さあ、次はクライネシャイデックを後にして、WAB鉄道でグリンデルワルトGrindelwaldに向かいます。昨日もここから同じ区間、登山電車に乗りました。ルツェルンからクライネシャイデックまでの往復チケットはその区間を利用済なので、もう一度、この区間の乗車券を駅の窓口で購入します。もちろん、スイス半額カードSwiss Half Fare Cardを提示して、半額で購入します。購入した乗車券はこれです。半額でも15.5スイスフランですから、このあたりの乗車券は高額です。

2018061403.jpg



さあ、WAB鉄道のグリンデルワルト方面の登山電車に乗りましょう。これはユングフラウ鉄道の登山電車ですね。こんな悪天候でまたユングフラウヨッホに行っても仕方ありません。

2018061404.jpg



WAB鉄道のホームに行くと、既に電車が待っています。

2018061405.jpg



早速、乗り込みます。車窓からは小雨で霧に包まれた風景が見えます。

2018061406.jpg



車内はまあ空いています。このお天気ですからね。

2018061407.jpg



電車は雨の降りしきるクライネシャイデックの駅を出ていきます。

2018061408.jpg



車窓の風景は霧に包まれています。

2018061409.jpg



少し走ると、緑の草原が見えてきます。アイガーの反対側は霧が晴れていますね。

2018061410.jpg



草原には放牧している牛が見えます。

2018061411.jpg



ところで、この辺りの車窓から見える、放牧してある牛さんたちについて、同行者たちと妙な議論になります。同行者はあの牛の集団の中で本物は数匹だという意見なんです。そんなことはないだろうと反論しますが、よ~く見ると、確かに変です。もともと、そんなに動き回るわけではなく、草を食べているだけなのですが、それにしてもジッと動かない牛が多いです。置物のようです。アルプスの雰囲気を演出しているのでしょうか。もし、そうなら、有難いような、だまされたような・・・。

車窓には、小雨の中、ハイキングしている大勢の観光客が見えます。ご苦労様・・・っていうか、我々もついさっきまでハイキングしていましたね。

2018061412.jpg



また、進行方向の先は霧が濃くなってきます。今日はずっとこんな天気が続くようです。たまりませんね。

2018061413.jpg



深い霧の中に置物のような牛さんがぼんやりと見えています。本物の牛さんかしらね。

2018061414.jpg



深い霧の中をWAB鉄道の登山電車はのろのろと走っていきます。

2018061415.jpg



これではまったく気勢が上がりません。ひたすら、グリンデルワルトを目指すのみです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:グリンデルワルトで遂にアイガーが見えた!

2017年7月25日月曜日@メンリッヒェン~クライネシャイデック~グリンデルワルト~ルツェルン/13回目

ハイキングで到着したクライネシャイデックKleine ScheideggからWAB鉄道でグリンデルワルトGrindelwaldに向かっているところです。先ほどまでは真っ白な霧の中でしたが、その先は霧の晴れた緑の草原が広がっています。ただし、雨粒のかかった車窓ごしの風景です。

2018061501.jpg



草原の中にマッチ箱のような可愛い家が点在しています。

2018061502.jpg



さらに車窓の風景がくっきりと見えてきます。アルプスの美しい風景です。

2018061503.jpg



だんだん、グリンデルワルトが近づいてきて、家々が増えてきます。

2018061504.jpg



やがて、昨日、降車したグリンデルワルト・グルントGrindelwald Grundの駅に到着。線路を見ると、リッゲンバッハ式 (Riggenbach)のラックレールの歯車が見えます。スイスはラックレールの本場です。

2018061505.jpg



雨もほぼ止んだようようです。

2018061506.jpg



グルントの駅前広場には大型バスがずらりと駐車しています。

2018061507.jpg



おおっ、大きな山が見えています。アイガーEigerかな。ちょとだけ雲がかかっていますが、よく見えています。

2018061508.jpg



やがて、グリンデルワルトの駅に到着。まだ、少し雨が残っています。

2018061509.jpg



これが今まで乗ってきたWAB鉄道の登山電車です。WAB鉄道はここが終点です。

2018061510.jpg



ホームの向かいにはベルナーオーバーラント鉄道Berner Oberland Bahn(略してBOB鉄道)の登山電車が停車しています。インターラーケン・オスト駅Interlaken Ost行きですね。

2018061511.jpg



ホームの先には大きな岩山が聳えています。メッテンベルクMättenbergでしょうか。

2018061512.jpg



グリンデルワルトの駅前に出ます。駅前の通りにはホテルやお土産物屋さんなどが並んでいます。

2018061513.jpg



町は切り立ったアルプスの山々に囲まれています。本来はここからフィルスト展望台までロープウェイで上って、そこで2時間のハイキングを楽しむ予定でしたが、時間的にも、眺望の悪さからも、さらには天候もよくないために計画は断念します。代わりにグリンデルワルトの街並みをちょっと拝見しましょう。駅前からは賑やかな町並みが続いています。バス乗り場の場所を示す案内板には日本語の表記があります。びっくりです。

2018061514.jpg



駅前のドルフ通りDorfstrasseを少し進むと、大きなバスターミナルに出ます。そこから一挙に視界が開けます。すると、おおーっ!!! 昨日から見えそうで見えなかったアイガーの全景が丸見えです。何と何と山頂まで見えています。

2018061515.jpg



最後の最後でアルプスはその姿を見せてくれました。感動の絶景に大はしゃぎです。しばらく、この絶景を眺めていましょう。(しかし、この後にさらなるサプライズ。素晴らしい絶景が見られるんです!))



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:アイガーの絶景

2017年7月25日月曜日@メンリッヒェン~クライネシャイデック~グリンデルワルト~ルツェルン/14回目

グリンデルワルトGrindelwaldでアイガーEigerの雄姿を望むことができて、感動しているところです。アイガーの左側にはメッテンベルクMättenbergが見えています。アイガーとメッテンベルクの間にはクライン・フィッシャーホルンKlein Fiescherhornが雲の中にうっすらと見えています。

2018061601.jpg



すぐ近くに日本語観光案内所があります。そのスタッフのかたと一言二言、言葉を交わします。あの山がアイガーであることを確認して、安心します。

2018061602.jpg



再び、アイガーの姿を眺めます。正確には左側がミッテルレギmittellegiでその稜線の先の右側の峰がアイガーです。残念ながら、アイガーの山頂はちょっとだけ雲がかかっていますね。

2018061603.jpg



今いる広場はアイガーを背景に記念撮影するスポットのようです。アイガーEigerと記された岩が鎮座しています。観光地なんですね。

2018061604.jpg



この広場には日本とスイスの記念碑が立っています。旧安曇村、現松本市とグリンデルワルトが姉妹提携している記念碑で永遠の友情と刻まれています。日本とスイスは山国同士の交流が盛んなんですね。

2018061605.jpg



相変わらず、右側の峰、アイガーの山頂は雲に隠れています。

2018061606.jpg



メッテンベルクを背景にグリンデルワルトの町並みが続いています。メッテンベルクの左側の雲がかかった山はヴェッターホルンWetterhornのようです。

2018061607.jpg



このあたりのショップをしばらく覗いて、再び、アイガーに目をやると、何と雲間からアイガーの山頂が見えています。ヤッタネ!

2018061608.jpg



しばらく、この状態が続いています。何と青空も見えてきます。

2018061609.jpg



街並みも見たし、そろそろ帰ろうかと思っていましたが、アイガーが見えているので、今は帰れませんね。

2018061610.jpg



アイガーとメッテンベルクの間もかなり見渡せます。ウンタラーグレッチャーUnterer Gletscher(グリンデルワルト下氷河)が見えています。

2018061611.jpg



アイガーの右側には青空が広がってきます。

2018061612.jpg



青空がだんだんアイガーのほうに迫ってきます。期待感が高まります。

2018061613.jpg



おおっ、もう少しです。

2018061614.jpg



ほぼ青空を背景にアイガーの山頂が綺麗に見えています。満足の気持ちでいっぱいです。

2018061615.jpg



この奇跡のような絶景が見られるとは・・・しばらく、この絶景を眺めます。予定していた電車の時間が迫りますが、それどころではありません。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:青空の中、陽光を浴びるアイガーを満喫

2017年7月25日月曜日@メンリッヒェン~クライネシャイデック~グリンデルワルト~ルツェルン/15回目

グリンデルワルトGrindelwaldで青空を背景にアイガーEigerが眺められそうな状況になってきました。一番右端に見えている峰がアイガーの山頂ですが、既にその右側は青空になっています。

2018061701.jpg



さらに山頂の上も青空が広がってきます。

2018061702.jpg



山頂はほぼ青空で覆われました。これで十分でしょう。

2018061703.jpg



山頂をズームアップします。峰の右側が北壁です。大きくえぐれた垂直な壁です。

2018061704.jpg



急に太陽が顔を出し、広がった青空です。みるみるうちにアイガーにかかっていた雲が流れていき、青空を背景にアイガーの山全体がくっきりと見えています。

2018061705.jpg



アイガーの美しい絶景に息を呑みます。

2018061706.jpg



岩肌や麓の緑まで、陽光を浴びて、美しく輝いています。

2018061707.jpg



まだ、青空に映えているアイガーですが、右側の空から雲が迫ってきます。

2018061708.jpg



これが青空を背景にしたアイガーの最後の姿です。

2018061709.jpg



遂に右側の稜線に雲がかかってきます。

2018061710.jpg



アイガー山頂のまわりの青空はあっという間に雲に覆われました。山の天気は急変します。

2018061711.jpg



アイガーの左後方には山の頂がくっきりと見えています。クライン・フィッシャーホルンKlein Fiescherhornでしょうか。

2018061712.jpg



そのクライン・フィッシャーホルンの手前にはウンタラーグレッチャーUnterer Gletscher(グリンデルワルト下氷河)が見えています。

2018061713.jpg



ぐっと視線を左側に移すと、ヴェッターホルンWetterhornも雲間から顔を出しています。

2018061714.jpg



ヴェッターホルンとアイガーの間にはメッテンベルクMättenbergがくっきりと見えています。

2018061715.jpg



最後の最後にアルプスの山々の雄姿を望めて満足です。これで気持ちよく帰れます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:グリンデルワルトを後にインターラーケンへ

2017年7月25日月曜日@メンリッヒェン~クライネシャイデック~グリンデルワルト~ルツェルン/16回目

ようやくグリンデルワルトGrindelwaldで青空の中のアイガーEigerの絶景を眺めることができました。再び、ヴェッターホルンWetterhornに目をやると、これも山頂を眺めることができます。

2018061801.jpg



アイガーの山頂はちょうど雲に隠れたところです。青空の中にくっきりと山頂が望めたのは一瞬のことでした。今思えば、あれは幻だったのかと疑うほどです。

2018061802.jpg



クライン・フィッシャーホルンKlein Fiescherhornもまさに雲に隠れようとしています。

2018061803.jpg



近くにそびえるメッテンベルクMättenbergだけはいつまでもくっきりと見えています。

2018061804.jpg



アイガーは山全体が雲に覆われようとしています。

2018061805.jpg



ヴェッターホルンも雲がかかってきました。

2018061806.jpg



予定していた電車を1本遅らせて、絶景を楽しむことができましたが、そろそろ、頃合です。お暇しましょう。最後の最後に青空のアルプスを眺めることができたのは僥倖でした。これで心おきなく、ルツェルンに戻れます。それにしても、山の天気は一瞬一瞬、変わるものなんですね。青空のアイガーを眺められたのもほんの15分ほどだったでしょうか。
ドルフ通りDorfstrasseを少し進むと、すぐにグリンデルワルトの駅前に到着です。

2018061807.jpg



駅前には綺麗なアルプスの花々が飾ってあります。嬉しい配慮ですね。

2018061808.jpg



ホームに出て、インターラーケン・オスト駅Interlaken Ost行きのBOB鉄道の登山電車の到着を待ちます。

2018061809.jpg



ホームから後ろを振り返ると、くっきりとしたメッテンベルクと雲に覆われたヴェッターホルンが見えます。アイガーは駅舎の陰に隠れています。

2018061810.jpg



やがて、BOB鉄道の登山電車がホームに入ってきます。

2018061811.jpg



ここからはルツェルン‐クライネシャイデック間の往復チケットの復路分を使って帰ります。電車に乗車して、すぐに車窓は霧の風景になります。本当にグリンデルワルトの青空は奇跡のようなものでした。

2018061812.jpg



グリンデルワルトの次の駅、シュヴェンディSchwendi bei Grindelwaldです。駅の周りは霧で真っ白です。

2018061813.jpg



我々のチケットの検札をしている車掌さんは空いたファーストクラスのシートにどっかりと腰掛けています。

2018061814.jpg



グリンデルワルトから30分ほどでインターラーケン・オスト駅に到着です。せっかくですから、インターラーケンの町を少しぶらついて、レストランで夕食でもいただきましょう。その前に駅の窓口でルツェルン行きの電車の時刻表をもらっておきます。無駄な待ち合わせ時間はなしにしたいですからね。これがその時刻表です。もらっておいて正解です。ルツェルン行は1時間に1本だけです。

2018061815.jpg



さあ、インターラーケンの町に繰り出しましょう。初めての町ですから、興味津々です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:インターラーケン散策は収穫なし

2017年7月25日月曜日@メンリッヒェン~クライネシャイデック~グリンデルワルト~ルツェルン/17回目

グリンデルワルトGrindelwaldからインターラーケン・オスト駅に帰ってきました。インターラーケンの町をちょっと歩きます。駅を出ると、ヘーエ通りHöhewegの美しい緑の並木が続いています。

2018062001.jpg



夕食に適したレストランを探しながらヘーエ通りを歩きます。通りに面して堂々としたホテルがあります。5つ星のリンドナー グランド ホテル ボー リヴァージュLindner Grand Hotel Beau Rivageです。こんな立派なところで夕食を食べる気にはなれません。

2018062002.jpg



さらに通りを進むと、左手に何と日本庭園があります。友好の庭(日本庭園インターラーケン)Japaniscer Garten Interlakenです。

2018062003.jpg



案内板を見ると、日本の大津市とインターラーケンが姉妹都市になっていて、その記念に1995年にこの庭園が造られたそうです。もちろん、日本の作庭家が派遣されたそうです。

2018062004.jpg



日本庭園の向こうにカトリック教会の尖塔が見えるのはやはり、ヨーロッパの風景です。

2018062005.jpg



日本庭園の向かいには4つ星ホテルのホテル ロイヤル サン ジョルジュ インターラーケンHotel Royal St Georges Interlakenの瀟洒な佇まいが見えます。

2018062006.jpg



近くに寄ってみると、壮大な建築物です。

2018062007.jpg



このホテルのレストランもなんだか敷居が高そうです。通りの先にも立派な建物が続きますが、リーズナブルなレストランは見当たりません。

2018062008.jpg



手前ににチャイニーズレストランがありますが、ここまで来て中華料理を食べる気にもなれません。その隣には先ほどの5つ星のリンドナー グランド ホテル ボー リヴァージュが見えます。これはさらに敷居が高いですね。

2018062009.jpg



このあたりでレストランを探すのをあきらめて、駅のほうに戻り始めます。インターラーケンは町並み散策だけにとどめて、ディナーはルツェルンでいただくことにします。やがて、アーレ川を渡る橋、ボリヴァーゲ橋Beaurivage-Brückeがあります。橋を渡った先にはケーブルカーも見えます。時間があれば、そっちにも行きたいところです。

2018062010.jpg



橋の前には綺麗な花壇があります。

2018062011.jpg



イギリス公園沿いに駅のほうに向かいます。右手に見えている並木の通りはウンターレ・ベーニッヒ通りUntere Bönigstrasseです。駅前の通りです。

2018062012.jpg



そのウンターレ・ベーニッヒ通りに入って、駅に向かいます。

2018062013.jpg



インターラーケン・オスト駅の前に出ます。ルツェルン行きの電車の発車時刻の10分ほど前です。

2018062014.jpg



ホームに出ます。BOB鉄道の登山電車が見えます。

2018062015.jpg



ルツェルンLuzern行きのツェントラルバーンZentralbahnの展望列車は既に入線中です。

2018062016.jpg



早速、電車に乗り込んで、また、ゴールデン・パス・ラインのルートを楽しみます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:美しきブリエンツ湖

2017年7月25日月曜日@メンリッヒェン~クライネシャイデック~グリンデルワルト~ルツェルン/18回目

インターラーケンInterlakenの町でのレストラン探しは不調に終わり、早めにルツェルンLuzern行きのツェントラルバーンZentralbahnの電車に乗ります。電車は定刻通りに出発し、アルプスの山々に別れを告げます。

2018062101.jpg



電車はすぐに湖畔に出ます。美しい緑の湖面を見せているのはブリエンツ湖Brienzerseeです。

2018062102.jpg



電車はブリエンツ湖に沿って走っていきます。

2018062103.jpg



対岸のイゼルトヴァルトIseltwaldの町が見えています。

2018062104.jpg



アルプスの湖の多くと同じく、ブリエンツ湖は細長く伸びています。ですから、しばらくは湖畔を走ります。

2018062105.jpg



湖畔には可愛い家々が並んでいます。

2018062106.jpg



電車は湖畔の丘の上を走ります。

2018062107.jpg



どこまでも湖の美しい景色は続きます。

2018062108.jpg



やがて、湖の東端のブリエンツ駅Brienzに停車。隣接するフェリーターミナルには湖船が停泊中です。この湖船でブリエンツ湖をクルーズするというプランもありましたが、時間的に無理をしないために断念しました。

2018062109.jpg



ブリエンツを出ても、少しだけはまだ湖畔を走ります。ブリエンツ湖は西の方に長く伸びています。雲越しの夕日が湖面にきらきらと輝いています。

2018062110.jpg



外は小雨模様になってきます。

2018062111.jpg



車窓からは雲海の上に高い山が聳える姿が見えます。

2018062112.jpg



アーレ川の向こうに草原が広がっています。

2018062113.jpg



草原の先の山の崖の上からは勢いよく滝が流れ落ちています。これもアルプスらしい風景です。

2018062114.jpg



電車はアーレ川沿いにマイリンゲンMeiringenに向かっていきます。

2018062115.jpg



ここは昨日もルツェルンから早朝に走ったあたりですが、そのときは爆睡中でまったく景色を見ていなかったんです。しばらく、快適なファーストクラスの車窓の夕景を楽しみましょう。ここはゴールデン・パス・ラインを構成するインターラーケン~ルツェルン間の区間です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:マイリンゲン~ルンゲラー湖

2017年7月25日月曜日@メンリッヒェン~クライネシャイデック~グリンデルワルト~ルツェルン/19回目

インターラーケンInterlakenからツェントラルバーンZentralbahnの電車に乗って、ルツェルンLuzernに向かっているところです。電車は美しい草原の中、マイリンゲンMeiringenに近づいていきます。

2018062401.jpg



インターラーケン・オスト駅からルツェルン中央駅の鉄道の旅はファーストクラスで快適な移動です。車両の上部にはパノラマ窓もあり、展望が素晴らしい列車です。

2018062402.jpg



やがて、標高595mのマイリンゲンの駅に到着。

2018062403.jpg



このマイリンゲンの駅で電車は進行方向が反転します。駅を出た電車はマイリンゲンの車両基地の前を通過していきます。

2018062404.jpg



また、美しい草原の中を電車は走っていきます。草原の中に見えている線路は先ほどまで走ってきた線路です。現在、あの線路とは逆方向に走っています。

2018062405.jpg



電車は丘の上を走りながら、だんだんと標高を上げていきます。

2018062406.jpg



やがて、ブリューニック・ハスリベルク駅Brünig-Haslibergに到着します。この区間の最高地点です。標高1001.9メートルもあります。ここを過ぎると、今度は急こう配を下っていきます。上空は青空と黒い雲が混在しています。

2018062407.jpg



森の樹木の中を抜けると、不意に美しい湖が見えてきます。ルンゲラー湖Lungerer Seeです。

2018062408.jpg



森の中を湖に向かって、どんどんと下っていきます。

2018062409.jpg



森の先にはルンゲラー湖が見えています。

2018062410.jpg



ルンゲラー湖の南端付近まで下りてきました。ルンゲルンのカトリック巡礼教会Pfarrkirche Lungernが見えています。

2018062411.jpg



その教会を眺めながら、美しい草原の丘の上を走っていきます。

2018062412.jpg



湖の向こうには山の上から流れ落ちる滝が見えています。ドゥンデルバッハ滝Dundelbachfallですね。2段になって流れ落ちています。その水はルンゲラー湖に流れ込んでいます。

2018062413.jpg



やがて、電車はルンゲラー湖の南端の町ルンゲルンLungern駅に到着。ルンゲルン駅は標高751mですから、ブリューニック峠Brünigから250mほど下ってきたことになります。駅前からルンゲラー湖のほうにルンゲルンの町並みが続いていて、可愛い家々が立ち並んでいます。

2018062414.jpg



駅のホームからは先ほどのドゥンデルバッハ滝がよく見えています。

2018062415.jpg



ズームアップして眺めてみましょう。

2018062416.jpg



ここまでがルツェルンまでの区間の半分ほどです。この先、電車はルンゲラー湖に沿って、北上していきます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アルプス:ルンゲラー湖の美しい眺め

2017年7月25日月曜日@メンリッヒェン~クライネシャイデック~グリンデルワルト~ルツェルン/20回目

インターラーケンInterlakenからツェントラルバーンZentralbahnの電車に乗って、ルツェルンLuzernに向かっているところです。電車はルンゲラー湖Lungerer Seeの南端の町ルンゲルンLungern駅を出て、湖畔の丘を走ります。

2018062501.jpg



ルンゲラー湖のエメラルドグリーンの湖面が美しいですね。

2018062502.jpg



ルンゲラー湖はそう大きな湖ではありませんが、南北に細長く伸びています。その湖畔を北上していきます。

2018062503.jpg



夕日が西の山に落ちていきます。強烈な日差しが眩しく感じられます。

2018062504.jpg



ルンゲラー湖の美しい眺めに見入ってしまいます。

2018062505.jpg



ルンゲラー湖の素晴らしい景観を眺めながら、湖畔の線路を進んでいきます。

2018062506.jpg



やがて、ルンゲラー湖の北端に達します。

2018062507.jpg



ここで電車はルンゲラー湖の最後の姿を見ながら、速度を落とします。

2018062508.jpg



カイザーシュトゥール駅Kaiserstuhl OWに到着。この駅は標高697メートルです。先ほどのルンゲルン駅から50mほど標高を落として、下ってきました。

2018062509.jpg



カイザーシュトゥール駅はルンゲラー湖の北端に位置し、既にルンゲラー湖の姿は視界から消えています。遠くにアルプスの峰々が眺められます。

2018062510.jpg



カイザーシュトゥール駅を出た電車は美しい草原を見下ろしながら、丘の上を走っていきます。

2018062511.jpg



やがて、草原の先にギスヴィルGiswilの村の家並みが見えてきます。

2018062512.jpg



後方を振り返ると、綺麗な山並みが見えています。アルプスの高い峰々はもう視界からは外れました。

2018062513.jpg



どんどんギスヴィルの村が近づいてきます。

2018062514.jpg



やがて、標高484メートルのギスヴィル駅Giswilに到着します。カイザーシュトゥール駅から200mほど下ってきました。

2018062515.jpg



ルツェルンまで、残りは3分の1ほどです。この後もザルナー湖Sarnerseeやフィアヴァルトシュテッテ湖 Vierwaldstattersee、通称ルツェルン湖Lake Lucerneの美しい景観が眺められますが、既に昨日、車窓からの眺めを楽しんだばかりなので、ルツェルン到着まで、しばしの休息に入ります。今日も1日、フル活動しましたから、疲れました。
それでも、車窓からは次々と美しい景色が見えて、アルプスの旅の最高の総仕上げとなりました。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ルツェルンでスイス料理の美味しいディナー

2017年7月25日月曜日@メンリッヒェン~クライネシャイデック~グリンデルワルト~ルツェルン/21回目

インターラーケンInterlakenからツェントラルバーンZentralbahnの電車に乗って、ルツェルンLuzernに戻ってきました。アルプス遠征に出かけたのが、つい1日前だったとは信じられない思いです。残念ながら順調な旅ではありませんでしたが、それなりに印象深いアルプス体験にはなりました。
ルツェルンに戻ると、そこは快晴で涼しい気候に変わっていました。ルツェルン駅を出て、ロイス川Reuss沿いにホテルに向かいます。昨日チェックアウトしたばかりのホテルに再びチェックインするためです。荷物も預けてあります。ロイス川には、もう見慣れた風景があります。カペル橋Kapellbrückeです。

2018062701.jpg



カペル橋は夕陽を浴びて、美しく輝いています。昨日見たときとはまったく異なる風景です。昨日は早朝の薄暗闇の中で明かりがロイス川の水面に映り込んでいました。

2018062702.jpg



昨日まで宿泊していたホテル、ガルニ ホテル ドライ ケーニゲGarni Hotel Drei Königeにすぐ到着します。再度、チェックインします。とりあえず、預けていた荷物に無事再会し、それを持って、今日から宿泊する部屋に移動します。前回とほぼ同じような明るい部屋です。

2018062703.jpg



エアコンはなく、扇風機があります。この涼しさでは必要なさそうです。

2018062704.jpg



さて、夕食に出かけましょう。結局、インターラーケンでは適当なレストランを見つけられなかったですからね。ホテルのレセプションのお姉さんにレコメンドしてもらっていたレストランに出かけます。ヴィルツハオス・タオベWirtshaus Taubeというスイス料理のレストランです。ロイス川近くにあります。

2018062705.jpg



入口はそんなに広くないのに、お店は奥の方に広がっていて、地元客でいっぱいです。人気店なのでしょうね。予約なしでしたが、運よくテーブルを確保できました。

2018062706.jpg



まずはイタリアのヴェネト産の白ワインをいただきます。よく冷えていて、とても美味しいです。最高です。地元スイス産がないのは残念でしたけどね。まあ、イタリアのヴェネトも近いので、それも地元みたいなものです。

2018062707.jpg



テーブルはこんな風に壁で仕切られて、プライバシーが守られています。

2018062708.jpg



料理に先立って、パンとバターが出てきます。ワインのおつまみにしましょう。

2018062709.jpg



やがて、料理が運ばれてきます。
これはビーフをスモークベーコンで巻いた料理です。

2018062710.jpg



これは生ハムとチーズの盛り合わせです。

2018062711.jpg



ほかにチロル風のハッシュドポテトの上に目玉焼きののったフライパンの料理など、美味しい料理をたくさんいただきます。今日はお昼抜きでしたからね。
最後はシメにデザートをいたたきます。シャーベットです。

2018062712.jpg



明日は標高2100mのピラトゥス山Pilatusに登る予定ですが、あまり天気がよくないようです。予報通り天気が悪ければ、計画変更して、ルツェルンの街歩きでもしましょうか。お昼過ぎにはルツェルンから電車に乗って、夜遅くには、いよいよ最終目的地のザルツブルクに到着予定です。ザルツブルク音楽祭での音楽三昧が始まります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR