FC2ブログ
 
  

ガルミッシュ=パルテンキルヒェンの朝、ツークシュピッツェへ

2017年8月1日火曜日@ガルミッシュ=パルテンキルヒェン~ツークシュピッツェ~ザルツブルク/1回目

旅の13日目、ガルミッシュ・パルテンキルヒェンGarmisch-Partenkirchenの2日目です。

ザルツブルク音楽祭Salzburger Festspieleを1日離れて、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンGarmisch-Partenkirchenに来ています。今日はドイツ最高峰、ツークシュピッツェZugspitzeに登ります。と言っても、登山鉄道とロープウェイを乗り継ぐだけのことですから、日本の富士山登山とは一線を画します。今日は絶好の晴天。先日のアルプスの悪天候とは大違いです。混み合いそうですから、朝一番の行動を取ります。いつものsaraiには似合わず、朝の7時前に起床です。

まずは、朝食を頂きます。美しい庭へのドアが開け放たれ、清々しいです。

2018101601.jpg



テラス席はまだ準備中なので、外で朝食がいただけないのが残念です。saraiが珍しく早起きしたのが凶と出ました。

2018101602.jpg



テラス席の間を恨めしそうに歩きながら、室内に戻ります。

2018101603.jpg



お庭の見渡せる位置に席を決めます。

2018101604.jpg



おばあさんが飲み物を何にするか訊いてくれます。以前はこれが普通のことだったのですが、どのホテルにもエスプレッソマシンが導入され、セルフサービスが当たり前になっています。運ばれたコーヒーにお砂糖を入れようとしますが、砂糖が固まっていて出てきません。と、おばあさんが、「グッドモーニング」と言いながら、入れ物を振ってくれます。こちらのおまじないの掛け声なのでしょうか、お茶目なおばあさんなのでしょうか。お陰で美味しいコーヒーがいただけます。これが朝食ルームの様子です。清潔な室内です。

2018101605.jpg



食事の内容はごく普通ですが、ゆったりと朝食を楽しみます。

2018101606.jpg



朝食を終え、急いで、荷物を持って、宿泊した部屋を出ます。レセプションでチェックアウトします。ロビーも美しいです。

2018101607.jpg



ホテルの外に出ると、綺麗な朝の庭が見えます。ホテルの窓辺も綺麗ですね。

2018101608.jpg



青空の下に大きな岩山が見えています。ツークシュピッツェです。

2018101609.jpg



ツークシュピッツェ鉄道Bayerische Zugspitzbahn Bergbahnの駅に向かって歩き出すと、ツークシュピッツェの姿がよく見えます。

2018101610.jpg



歩道に目を落とすと、チョークで何か書いてあります。子供の仕業ですね。世界共通の遊びのようです。

2018101611.jpg



ドイツ国鉄(DB)のガルミッシュ=パルテンキルヒェン駅に近づき、その手前で線路をくぐって、駅裏に周り込みます。

2018101612.jpg



線路をくぐると、目の前にツークシュピッツェが大きく見えてきます。ここから、道路を横断して、線路に並行して進み、ツークシュピッツェ鉄道の駅に向かいます。

2018101613.jpg



すぐに駅に到着。まだ、8時前です。8時15分のガルミッシュ=パルテンキルヒェン発のツークシュピッツェ鉄道の1番電車に乗るつもりなんです。

2018101614.jpg



駅に着くと、駐車場もガラガラだし、のんびりした雰囲気が漂っています。が、駅のチケット売り場に来ると、20人ほどが並んでいて、ギョッとします。そうですよね、みんな気持ちは同じですよね。こんな絶好の山日和には早く出かけるにこしたことはありません。

2018101615.jpg



とりあえず、行列の後ろに並びます。まあ、始発駅ですから、これで座れないということはないでしょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ツークシュピッツェ鉄道のガルミッシュ=パルテンキルヒェン駅

2017年8月1日火曜日@ガルミッシュ=パルテンキルヒェン~ツークシュピッツェ~ザルツブルク/2回目

ザルツブルク音楽祭Salzburger Festspieleを1日離れて、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンGarmisch-Partenkirchenに来ています。ドイツ最高峰のツークシュピッツェZugspitzeに登るべく、ツークシュピッツェ鉄道Bayerische Zugspitzbahn Bergbahnのガルミッシュ=パルテンキルヒェン駅にやってきたところです。チケットの窓口には行列ができていましたが、ようやく、saraiが6~7番目になります。

2018101701.jpg



さほど時間がかからずにsaraiの順番になります。

2018101702.jpg



ツークシュピッツェの山頂駅までの往復チケットを購入します。登山電車、ロープウェイ、すべてに乗れるチケットです。一人53ユーロです。

2018101703.jpg



何と日本語のパンフレットも置いてあります。

2018101704.jpg



さて、プラットホームに向かいましょう。そちらも改札口の前で少し行列ができています。

2018101705.jpg



ホームには登山電車が停まっています。先頭車両まで行き、ツークシュピッツェ鉄道の登山電車の姿を写真に収めます。

2018101706.jpg



ホームの端からはこれから向かうツークシュピッツェの姿が遠望できます。

2018101707.jpg



まだ、出発までに時間がありますから、ホームをうろうろします。電車は3両編成です。今、2両目のあたりを後ろに戻っています。

2018101708.jpg



車両の最後尾の先には駅舎が見えています。その向こうには岩山が見えています。昨日、R.シュトラウスのお墓詣りに行ったガルミッシュ墓地があの岩山の麓にあります。

2018101709.jpg



駅舎の改札口からはまだ乗客が続々とやってきます。

2018101710.jpg



ホームの金網の外は駐車場になっています。車でやってくる観光客には便利ですね。

2018101711.jpg



電車の発車時間までにまだ10分ほどありますが、ホームはがらんとしています。やってきた乗客はさっさと電車に乗り込んでいます。うろうろしているのはsaraiだけです(笑い)。

2018101712.jpg



ホームに電車の出発時刻を案内する電子掲示板があります。よく見ると、ドイツ国鉄(DB)のガルミッシュ=パルテンキルヒェン駅の時刻表です。なかなか親切ですね。

2018101713.jpg



さて、いつまでもホームをうろうろしていても仕方がないので、そろそろ電車に乗り込みましょう。

2018101714.jpg



配偶者はとっくに電車に乗り込んで、席を確保していてくれています。車窓からsaraiを見て、ニコニコしています。

2018101715.jpg



あと10分ほどで電車が出発して、ツークシュピッツェの山頂には遅くとも10時前には到着できる筈です。1時間半ほどの鉄道とロープウェイの旅の始まりです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ツークシュピッツェの岩山の異様な風貌

2017年8月1日火曜日@ガルミッシュ=パルテンキルヒェン~ツークシュピッツェ~ザルツブルク/3回目

ザルツブルク音楽祭Salzburger Festspieleを1日離れて、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンGarmisch-Partenkirchenに来ています。ドイツ最高峰のツークシュピッツェZugspitzeに登るべく、ツークシュピッツェ鉄道Bayerische Zugspitzbahn Bergbahnの登山電車に乗り込みます。既に先に電車に乗って、席を確保していた配偶者は車両の端にいます。

2018101901.jpg



席に座って、電車の出発を待ちます。あと5分ほどで出発です。窓からホームを眺めると、駅のスタッフがデッキチェアを並べています。もう乗ってくる乗客はいませんから、これから出発する電車のための準備なのでしょう。

2018101902.jpg



デッキチェアも並べ終わり、ホームには人影がありません。出発まで1分ほどです。

2018101903.jpg



やがて、電車がごっとんとゆっくり動き始めます。

2018101904.jpg



樹木の奥に電車らしきものが見えてきます。ドイツ国鉄(DB)の電車のようです。

2018101905.jpg



樹木が切れると、ドイツ国鉄のガルミッシュ=パルテンキルヒェン駅が見えてきます。樹木を隔てて、隣り合っていたんです。電車の向こうに駅舎も見えています。

2018101906.jpg



ここから、ツークシュピッツェの山頂へのルートを地図で確認しておきましょう。ガルミッシュ=パルテンキルヒェン駅からアイプ湖Eibseeを経由して、山頂近くのツークシュピッツプラット駅Stn.Zugspitzplattまで登山電車で行き、そこから山頂まではグレッチャーバーン・ケーブルカーGletscherbahn Cable Carというロープウェイで登ります。なお、アイプ湖と山頂を直接結ぶロープウェイ、アイプゼー・ザイルバーンEibsee-Seilbahnは新しいロープウェイを作っているところなので、今年2017年の12月までは休止中です。本来は上りと下りで別のルートを楽しむつもりでしたが、それは断念せざるを得ません。

2018101907.jpg



ガルミッシュ=パルテンキルヒェン駅を出た登山電車は2分ほどで次のハウスベルクHausberg駅に停車します。

2018101908.jpg



ハウスベルク駅を出ると、電車は山麓の樹木の間を走り抜けていきます。

2018101909.jpg



やがて、10分足らずで次のクロイツエックバーン/アルプシュピッツバーンKreuzeck-/Alpspitzbahnに到着します。ここからはクロイツエックに登るクロイツエックバーンKreuzeckbahnというロープウェイとアルプシュピッツに登るアルプシュピッツバーンAlpspitzbahnというロープウェイの2つに乗ることができます。時間さえあれば、ここらあたりの山をすべて制覇することができます。ここで降りていく人もいます。

2018101910.jpg



クロイツエックバーン/アルプシュピッツバーンを出ると、行く手にツークシュピッツェの切り立った岩山の姿がはっきりと見えてみます。

2018101911.jpg



青空の中にその異様な風貌の岩山が見えており、saraiと配偶者の視線を捉えて離しません。

2018101912.jpg



岩山の手前にロッヂ風の建物が建ち並ぶ集落が近づいてきます。

2018101913.jpg



ハンメルスバッハHammersbachに到着です。

2018101914.jpg



ハンメルスバッハを出ると、ますます、ツークシュピッツェの岩山が迫ってきます。見るからにこの登山電車があの岩山の山頂近くまで登るというのが不思議に思えます。普通考えると、無理でしょう。

2018101915.jpg



ツークシュピッツェの異様な風貌に魅了されながら、登山電車はその山麓を走っていきます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ツークシュピッツェの麓のアイプゼーに到着

2017年8月1日火曜日@ガルミッシュ=パルテンキルヒェン~ツークシュピッツェ~ザルツブルク/4回目

ザルツブルク音楽祭Salzburger Festspieleを1日離れて、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンGarmisch-Partenkirchenに来ています。ドイツ最高峰のツークシュピッツェZugspitzeに向かって、ツークシュピッツェ鉄道Bayerische Zugspitzbahn Bergbahnの登山電車に乗っています。今、ツークシュピッツェの山容を眺めながら、山麓を走っています。

2018102201.jpg



ハンメルスバッハHammersbachからグライナウGrainauに走っているところですが、このあたりの沿線には結構建物が並んでいます。建物の軒先をかすめながら、電車は走っていきます。ツークシュピッツェの姿はずっと見えています。

2018102202.jpg



少しノロノロ運転になりますが、ツークシュピッツェの姿を楽しめているので、そんなに気になりません。

2018102203.jpg



ここで電車はちょっと停止してしまいます。しかし、じきに動き始めます。
やがて、グライナウの村に入ると、聖ヨハネ巡礼教会St. Johannes der Täuferの優美な姿が見えてきます。

2018102205.jpg



教会とツークシュピッツェの姿の組み合わせがよく似合いますね。

2018102206.jpg



教会を過ぎると、グライナウの駅が近づいてきます。

2018102207.jpg



駅のホームに入っていきます。ホームの向かい側にはガルミッシュ=パルテンキルヒェン行きの電車が停車しています。この鉄道は単線なので、この電車と行き交うために先ほどスピードダウンしていた模様です。

2018102208.jpg



グライナウの駅に停車します。数分遅れです。ここから乗り込む乗客も少しいますね。

2018102209.jpg



グライナウの駅を出て、再び、ツークシュピッツェの姿を眺めながら、山麓を走っていきます。

2018102210.jpg



10分ほど走って、アイプゼーEibseeの駅に入っていきます。

2018102211.jpg



この駅では多くの乗客が乗り込んできます。最初はそれほどの混みようではありませんでしたが、途中の駅から乗客が少しずつ乗り込んできて、遂にここからは多くの人たちがこの電車に乗ろうとしています。ここから山頂までのロープウェイが休業中であることも一因なのでしょう。

2018102212.jpg



次々と乗客が乗り込んできて、最終的には満席になり、座れない人までいます。
しばらく、この駅で停車します。ホームからはツークシュピッツェの岩山が間近に見えています。

2018102213.jpg



やがて、ホームの向かいに電車が入ってきます。この電車の到着を待っての出発だったようです。繰り返しますが、単線の鉄道です。

2018102214.jpg



ようやく、アイプゼーの駅を発車。駅前には大きな駐車場があります。ここまでは車でやってくる人が多いようです。ロープウェイ乗り場も見えています。

2018102215.jpg



ここからは一気にツークシュピッツェの岩山を登っていく筈です。楽しみです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

山腹から眺めるアイプ湖の絶景

2017年8月1日火曜日@ガルミッシュ=パルテンキルヒェン~ツークシュピッツェ~ザルツブルク/5回目

ザルツブルク音楽祭Salzburger Festspieleを1日離れて、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンGarmisch-Partenkirchenに来ています。ドイツ最高峰のツークシュピッツェZugspitzeに向かって、ツークシュピッツェ鉄道Bayerische Zugspitzbahn Bergbahnの登山電車に乗っています。アイプゼーEibseeの駅を出発し、いよいよツークシュピッツェの岩山を登っていきます。まずは山間の樹木の中に分け入ります。

2018102301.jpg



この樹木の中を岩山に向かって走り続けます。

2018102302.jpg



樹木の中をいったん抜けると、眼前に真っ白な岩山が迫ってきます。もしかしたら、山頂は雪に覆われているのかもしれませんね。

2018102303.jpg



高い木々の先に岩山が聳えたっています。ツークシュピッツェは異様な雰囲気の岩山です。近づくにつれ、こんな切り立った山に登山電車が登れるか、疑問に思えます。

2018102304.jpg



登山電車はトンネルに入ります。トンネルの中を抜けて、岩山を登るのでしょうか。

2018102305.jpg



ところが想像に反して、すぐにトンネルを抜けます。そして、右手の車窓から、アイプ湖Eibseeが急に顔を出します。かなり下方に見えています。

2018102306.jpg



アイプ湖を眺めながら、登山電車は急角度で山を登っていきます。

2018102307.jpg



アイプ湖の上に位置する小さなフリーレン湖Frillenseeが見えてきます。そのフリーレン湖の向こうにも岩山が見えますが、はるか眼下です。

2018102308.jpg



また、アイプ湖が見えてきます。アイプ湖を眺める絶景の中、登山電車はさらに登っていきます。乗客の視線はみなアイプ湖の美しい湖面に釘付けです。

2018102309.jpg



乗客のみなさんと一緒に、しばし、この風景を楽しみます。

2018102310.jpg



これが結果的に最後に見たアイプ湖の風景です。

2018102311.jpg



岩と草の風景に変わり、アイプ湖は見えなくなります。

2018102312.jpg



高い樹林の先にツークシュピッツェの岩山が迫ってきます。

2018102313.jpg



頭上にはロープウェイの鋼線らしきものが見えています。樹木も少なくなってきます。岩山がすぐそこです。

2018102314.jpg



山の中腹にあるリッフェルリス駅Riffelriß(標高1640m)に到着します。アイプゼー駅は標高1008mだったので、ここまで一気に600m以上も登ってきたことになります。

2018102315.jpg



この先は鉄道の終点、ツークシュピッツプラット駅Zugspitzplatt(標高2588m)まで1000m近くを登っていくことになります。登山電車もいよいよ最後のあえぎで頑張ってくれるでしょう。その先にどんな光景が待ち受けているか、楽しみです。スイスアルプスのユングフラウヨッホの悪天候と違って、今日は絶好の晴天です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ツークシュピッツェ山頂直下のツークシュピッツプラット駅に到着

2017年8月1日火曜日@ガルミッシュ=パルテンキルヒェン~ツークシュピッツェ~ザルツブルク/6回目

ザルツブルク音楽祭Salzburger Festspieleを1日離れて、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンGarmisch-Partenkirchenに来ています。ツークシュピッツェ鉄道Bayerische Zugspitzbahn Bergbahnの登山電車に乗り、ドイツ最高峰のツークシュピッツェZugspitzeの岩山を登っているところです。山の中腹にあるリッフェルリス駅Riffelriß(標高1640m)に到着し、眼前にツークシュピッツェの岩山が迫ります。

2018102401.jpg



この駅で降りて、トレッキングに向かう猛者たちがいます。

2018102402.jpg



いよいよ、このリッフェルリス駅を出発し、最後の山登りが始まります。

2018102403.jpg



すぐにトンネルに突入し、外は真っ暗な闇になります。

2018102404.jpg



登山電車はトンネルの中をゆっくりと登っていきます。

2018102405.jpg



登山電車は岩山の中のトンネルを既に15分ほど進みました。先はまだまだ長いようです。トンネルの中を山頂に向かうのはユングフラウヨッホと同じ方式ですね。

2018102406.jpg



やがて、登山電車は長いトンネルと抜けて、山頂のすぐ下のツークシュピッツプラット駅Zugspitzplatt(標高2588m)に到着。ここからはロープウェイで一気に山頂に登ります。ここまでの登山電車のルートを地図で確認しておきましょう。

2018102407.jpg



ツークシュピッツプラットからは山頂への登山道も続いています。雪渓も残っています。気温はぐっと低くなっています。

2018102408.jpg



視線を右に移すと、ツークシュピッツェの山頂が青空を背景にくっきりと見えます。山頂はすぐ近くです。

2018102409.jpg



ここツークシュピッツプラットは荒涼とした土と石ころだらけの土地です。雪渓がところどころに残っています。周りには低い岩山が続いています。

2018102410.jpg



一角には高いポールが立っています。ポールには旗が下げられています。

2018102411.jpg



ガラスで覆われた温室のようなレストハウスがあります。しかし、ここは単なる通過点。休んでいないで、山頂に向かいましょう。

2018102412.jpg



ロープウェイ乗り場の建物から、周りの岩山の風景を眺めます。ドイツアルプスの峰々が続いています。

2018102413.jpg



先ほど見た山頂への登山道を見下ろします。登山道を登っていく人がいます。そのまま山頂を目指すのでしょうか。

2018102414.jpg



ロープウェイ乗り場の建物からツークシュピッツプラットを見下ろすと、多くの観光客がうろうろしています。何をしているのかな。

2018102415.jpg



さあ、ロープウェイ乗り場に向かいましょう。チケットは登山電車とのセット券を購入済です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ツークシュピッツェ山頂へロープウェイでGO!

2017年8月1日火曜日@ガルミッシュ=パルテンキルヒェン~ツークシュピッツェ~ザルツブルク/7回目

ザルツブルク音楽祭Salzburger Festspieleを1日離れて、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンGarmisch-Partenkirchenに来ています。ツークシュピッツェ鉄道Bayerische Zugspitzbahn Bergbahnの登山電車に乗り、ドイツ最高峰のツークシュピッツェZugspitzeの岩山に登ってきました。山頂が目前のツークシュピッツプラットZugspitzplatt(標高2588m)から、ロープウェイで楽して登頂を目指します。さあ、ロープウェイ乗り場にスタンバイします。

2018102501.jpg



多くの登山客がロープウェイのゴンドラの到着を待っています。

2018102502.jpg



ゴンドラが到着。大型なので、すぐ乗れそうです。

2018102503.jpg



さあ、ゴンドラに乗り込みます。大型のゴンドラもたちまち混み合います。吊革がありますね。まるで東京の満員電車に乗っている感覚です。

2018102504.jpg



やがて、ゴンドラがツークシュピッツプラット駅を離れて、上昇を開始します。

2018102505.jpg



たちまち、周りの視界が開けてきます。

2018102506.jpg



ゴンドラがぐんぐん上昇していきます。

2018102507.jpg



ツークシュピッツプラットの全景が視界に収められます。雪渓が点在しています。登山道の入り口付近の礼拝堂も見えています。

2018102508.jpg



青空に岩山の稜線が映えています。稜線の手前はドイツ。稜線の向こうはオーストリアです。

2018102509.jpg



ツークシュピッツェはドイツの最高峰ですが、実はドイツとオーストリアの国境線上に位置しています。それではオーストリアでも最高峰はこのツークシュピッツェかと言うと、そうではなく、オーストリアにはグロースグロックナーGroßglocknerと言う最高峰があります。ツークシュピッツェは諸説ありますが2,962mと言うのが一般的になっている標高です。驚くべきことにドイツには3000mを超える山はないんですね。因みにオーストリアのグロースグロックナーの標高は3,798mです。我が国の最高峰、富士山よりもちょっぴり高いです。参考にヨーロッパアルプスの最高峰はフランスとイタリアの国境にあるモンブランMont Blancです。標高は4810.9mです。モンブランはヨーロッパの最高峰でもあります。8日前に登ったユングフラウヨッホJungfraujochは標高3454mでしたから、これから登るツークシュピッツェよりも高かったんですね。

ともあれ、ゴンドラはさらに上昇していきます。このロープウェイで一気に400mほど昇ります。

2018102510.jpg



山の斜面に大規模な施設が見えてきます。環境と気候上の多様な研究を行っているセンター、Umweltforschungsstation/Schneefernerhausです。

2018102511.jpg



下っていくゴンドラと高速ですれ違います。ここが中間地点です。

2018102512.jpg



あっという間に下りのゴンドラはその姿が小さくなっていきます。ドイツとオーストリアにまたがるアルプスの峰々が眺められるようになってきます。

2018102513.jpg



ドイツ側のアルプスはこんな感じに見えています。

2018102514.jpg



ドイツ最高峰のツークシュピッツェに近づくとともに周りの山々が下方に見えるようになります。

2018102515.jpg



もうすぐ、ツークシュピッツェの山頂駅に到着します。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ツークシュピッツェ山頂!

2017年8月1日火曜日@ガルミッシュ=パルテンキルヒェン~ツークシュピッツェ~ザルツブルク/8回目

ザルツブルク音楽祭Salzburger Festspieleを1日離れて、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンGarmisch-Partenkirchenに来ています。ツークシュピッツェ鉄道Bayerische Zugspitzbahn Bergbahnの終点駅のツークシュピッツプラットZugspitzplatt(標高2588m)から、ロープウェイのゴンドラに乗り込んでツークシュピッツェZugspitzeの山頂に向かっているところです。ゴンドラからはドイツアルプスの峰々が見渡せます。雄大な風景です。ここで急にこのツークシュピッツェがR.シュトラウスのアルプス交響曲の舞台であることを思い出しました。登頂中にPCでこのアルプス交響曲を聴くつもりだったのにすっかり失念していました。盗難にあったIPODには準備してあったのに・・・。

2018110401.jpg



遥か下方にロープウェイのツークシュピッツプラット駅が見えています。とてもちっぽけに見えます。

2018110402.jpg



どんどんツークシュピッツプラット駅が遠ざかっていきます。

2018110403.jpg



右手にはドイツとオーストリアの国境線となる稜線が見下ろせています。

2018110404.jpg



山頂駅に到着、間近です。

2018110405.jpg



山頂駅近くから見下ろしたツークシュピッツプラットの風景です。

2018110406.jpg



左側にはドイツアルプスの絶景が眺められます。

2018110407.jpg



山頂駅のプラットホームに到着です。ドイツの最高峰にあっさりと来てしまいました。

2018110408.jpg



ゴンドラを降りました。

2018110409.jpg



ロープの巻き上げ装置です。

2018110410.jpg



山頂駅のプラットホームから、眼下にアイプ湖Eibseeの美しい姿が見えています。

2018110411.jpg



ちょっと場所を変えると、アイプ湖の全景が見えます。アルプスの峰々の間に抱かれるようにアイプ湖は青々とした水を湛えています。

2018110412.jpg



アイプ湖の右手、東端にはツークシュピッツェ鉄道のアイプゼー駅Eibsee付近の建物密集地があります。

2018110413.jpg



おや、黄色いくちばしの黒い鳥が近くにいます。通称、ブラックバード、すなわち、クロウタドリでしょうか。スイスアルプスでも見かけた鳥です。

2018110414.jpg



ホームから出ると、山頂駅の屋上です。売店を覗いてみましょう。

2018110415.jpg



しばらく、山頂からの絶景を楽しみましょう。絶好の好天で眺めも最高です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ツークシュピッツェ山頂からの絶景

2017年8月1日火曜日@ガルミッシュ=パルテンキルヒェン~ツークシュピッツェ~ザルツブルク/9回目

ザルツブルク音楽祭Salzburger Festspieleを1日離れて、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンGarmisch-Partenkirchenに来ています。ツークシュピッツェ鉄道Bayerische Zugspitzbahn Bergbahn、ロープウェイを乗り継いで、ツークシュピッツェZugspitzeの山頂に登り詰めました。
山頂駅の屋上のショップに絵葉書が並んでいます。配偶者は孫たちに送る絵葉書を選んでいます。

2018110601.jpg



山頂には4階建てほどの大きな施設がドイツとオーストリアにまたがって作られています。向かいに見えている屋上展望台はオーストリア側にあります。オーストリアから登ってくるロープウェイのゴンドラも見えています。後で行ってみましょう。

2018110602.jpg



オーストリア側の展望台の向こうにはチロルの山々が望めます。

2018110603.jpg



これはオーストリア側の施設への通路の入り口です。チロルにようこそと書いてあります。まだ、チロル側に移動します。

2018110604.jpg



山々の眺めの案内板があります。これを参考に山々を眺めます。


2018110605.jpg



チロル内の施設の案内板があります。あとでレストランも覗いてみましょう。

2018110606.jpg



チロル側にはツークシュピッツェの山頂を示す記念碑があります。ここの標高は2950mです。本当の山頂からは12mほど下に位置していますね。

2018110607.jpg



切り立つ岩山の稜線が見下ろせます。この稜線の左側にはアイプ湖Eibseeも見えています。稜線の左側も右側もドイツです。今いるところはオーストリアです。

2018110608.jpg



これが今いるオーストリア側、すなわちチロルの屋上展望台です。真夏なのに雪も残っています。

2018110609.jpg



今度は配偶者が岩山の稜線を見入っています。この切り立った岩はまさにアルプスですね。氷河が切り取ったものです。

2018110610.jpg



ドイツアルプスの峰々が遠くまで見渡せます。

2018110611.jpg



オーストリアのチロル側からのロープウェイが見えます。

2018110612.jpg



岩山の真下にはチロルの緑の村々が見えています。

2018110613.jpg



チロルの山々の眺めの案内板と実際の山々の景色が見事に重なります。

2018110614.jpg



チロルのロープウェイの先には緑の村々、その先にはチロルの峰々が連なっています。

2018110615.jpg



チロルの雄大な景色です。この向こうにスイスアルプスが続いているのですね。まさにヨーロッパの尾根の連なりです。

2018110616.jpg



ドイツの最高峰、とは言え、今はチロルにいます。ツークシュピッツェからの絶景は見飽きることがありません。なおも絶景狩りを続けます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ツークシュピッツェの本当の山頂は?

2017年8月1日火曜日@ガルミッシュ=パルテンキルヒェン~ツークシュピッツェ~ザルツブルク/10回目

ザルツブルク音楽祭Salzburger Festspieleを1日離れて、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンGarmisch-Partenkirchenに来ています。今はツークシュピッツェZugspitzeの山頂からの絶景を眺めているところです。快晴の中、360度の大パノラマを楽しみます。
山頂は風は強いですが、そんなに寒くはありません。風よけを羽織る程度でOKです。山頂駅の屋上展望台を歩き回ります。
これはオーストリアのチロルの村々を見下ろす風景です。

2018110701.jpg



目を左に転じると、岩山が見えます。先ほどまでいたツークシュピッツェ鉄道Bayerische Zugspitzbahn Bergbahnの終点のツークシュピッツプラットZugspitzplatt(標高2588m)です。そこからロープウェイであっと言う間に標高差ほぼ400mの高さの山頂に登ってきましたが、稜線を自分の足で登ってくる登山客の姿も見えます。やりますね。

2018110702.jpg



これがドイツとオーストリアを隔てる、切り立った岩山の稜線の先端です。ここから岸壁が一気にチロルの緑の平原まで下り落ちています。ちなみにこの山頂駅内にも国境線がありますが、往来は自由です。

2018110703.jpg



これがチロル側の屋上展望台です。工事中のクレーンはドイツ側で進められているアイプ湖Eibseeからの長距離ロープウェイのためのものです。今年中には開通する予定です。(その後、予定通り、2017年12月に開通しました。)

2018110704.jpg



saraiは屋上に残っている真夏の雪を踏みしめてみます。さすがにアルプスですね。

2018110705.jpg



山頂駅の下には大きな複合アンテナがあります。そこにツークシュピッツプラットからの登山客が登ってきています。

2018110706.jpg



山頂駅の屋上レストランでは多くの観光客が休んでいます。絶好の天気で大勢の人たちがこのツークシュピッツェの山頂にやってきたようです。

2018110707.jpg



ここにもまた、通称、ブラックバード、すなわち、クロウタドリらしき鳥が羽を休めています。

2018110708.jpg



saraiがチロル側の山頂駅のトイレに行き、その帰りにショップを覗いてみます。登頂記念にチロル側のショップでキャップ(野球帽)を買います。チロル側ですから、帽子にはドイツではなく、チロルのツークシュピッツェと書かれています。そのまま、その帽子を被って、配偶者の前に姿を現すと、配偶者からは年寄りじみて見えるって、揶揄されます。まあ、実際、年寄りなんだから仕方がありません。意地になって、そのまま、ずっと野球帽を被っています。(日本に帰ってもその帽子を被る習慣になりましたが、翌年のヨーロッパ遠征の際にバイロイトでその帽子を置き忘れました。残念ですが、ツークシュピッツェの帽子をドイツに置き忘れても不自然ではありませんね。もちろん、その後、代わりの帽子をハイデルベルク大学のショップでゲットして、今でも日本で被っています。)

山頂駅は、相変わらず大勢の人で大賑わいです。が、本当の山頂(標高2962m)は、あと10メートルほど上で、すぐ近くに見えていますが、そこへは自力でよじ登らなければいけません。

2018110709.jpg



このあたりからはドイツアルプス、チロルの山々の連なりが素晴らしい景観を作っています。この景観を本当の山頂から眺めてみたいなあ・・・。

2018110710.jpg



山頂へは続々と登っていく人たちがいます。それなりのお年の方もチャレンジしています。岩壁の梯子を登らないといけないようです。

2018110711.jpg



チロルの帽子を被ったsaraiは羨まし気にその風景を写真に収めています。

2018110712.jpg



これが山頂駅から山頂に向かう通路です。

2018110713.jpg



山頂へはこちらという標識が我々を誘っています。

2018110714.jpg



しかし、無念ではありますが、体力のない我々は自重しましょう。転落事故でも起こしたら、とんでもない迷惑をかけますものね。その写真だけいただいて満足します。

2018110715.jpg



山頂駅はどんどん混み合ってきます。こんな眺望を楽しめる日はそんなに多くはないでしょうからね。どっと人が押しかけてきているようです。あまり、人で混み合ってしまう前に下山しましょう。十分に絶景は堪能しました。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ツークシュピッツェの山頂からツークシュピッツプラットへ下山

2017年8月1日火曜日@ガルミッシュ=パルテンキルヒェン~ツークシュピッツェ~ザルツブルク/11回目

ザルツブルク音楽祭Salzburger Festspieleを1日離れて、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンGarmisch-Partenkirchenに来ています。ツークシュピッツェZugspitzeの山頂の絶景を楽しみ終えて、撤収しようとしています。
山頂駅からツークシュピッツプラット駅Zugspitzplattに下りるロープウェイのゴンドラに乗り込みます。まだ、朝の10時半です。ゴンドラは結構、混み合っています。みなさんも朝早い行動だったようですね。

2018110801.jpg



ゴンドラが山頂駅を離れます。

2018110802.jpg



綺麗な青空をバックにした山頂駅の全容が見えてきます。とても大きな建物です。

2018110803.jpg



山頂駅がどんどん離れていきます。

2018110804.jpg



凄い切り立った岩壁の上に山頂駅が建っています。

2018110805.jpg



青空と岩壁、素晴らしい景色に圧倒されます。3000mには欠ける高さですが、ツークシュピッツェはやはり、れっきとしたアルプスであることを実感します。

2018110806.jpg



遠ざかっていくツークシュピッツェの景色にじっと見入っています。

2018110807.jpg



山頂駅の右手には、本当のツークシュピッツェの山頂も見えています。

2018110808.jpg



山頂駅がずい分離れたところで、登ってくるゴンドラとすれ違います。ここが中間点ということですね。

2018110809.jpg



山頂駅がちっぽけになってきます。そろそろツークシュピッツプラットへの到着が間近いようです。

2018110810.jpg



ツークシュピッツプラットの平地の上までやってきました。到着です。

2018110811.jpg



ツークシュピッツプラット駅のホームにゴンドラが入ります。このあたりはロープウェイの施設以外は荒涼とした風景です。

2018110812.jpg



ツークシュピッツプラットには雪渓が残っていて、そこで雪遊びができるようです。ここも標高2588mの高地ですし、ドイツは日本よりも緯度が高いですから、夏でもこんな楽しみがあります。

2018110813.jpg



saraiは南国育ちですから、雪の上を歩くのも珍しい体験です。あえて、雪の上を慎重に歩いてみます。頭には山頂でゲットした帽子をしっかりと被っていますよ。

2018110814.jpg



配偶者は雪国育ちですから、慣れた足取りです。この夏はユングフラウヨッホに続いて、2度目の雪歩きです。違うのはここはドイツ晴れの絶好の晴天だということです。

2018110815.jpg



人が集まっている場所があります。近寄ってみましょう。

2018110816.jpg



子供たちがそり滑りを楽しんでいます。

2018110817.jpg



親たちはもっぱら子供たちの滑り終わったそりを坂の下からせっせと運び上げています。ご苦労様。それにしてもドイツの女性は逞しいですね。

2018110818.jpg



雪見物も終わったので、そろそろ、登山電車の駅に向かいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アイプ湖は人、人、人で大混雑・・・危うく電車に乗り遅れそうに!!! 救世主は配偶者

2017年8月1日火曜日@ガルミッシュ=パルテンキルヒェン~ツークシュピッツェ~ザルツブルク/12回目

ザルツブルク音楽祭Salzburger Festspieleを1日離れて、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンGarmisch-Partenkirchenに来ています。ツークシュピッツェZugspitzeの山頂から下界に向かって下りているところです。ロープウェイでツークシュピッツプラット駅Zugspitzplattまで下りてきました。ちょっと雪見物をした後、登山電車の駅に向かいます。レストハウスの前までやってきました。

2018111001.jpg



レストハウスのテラス席は意外にガラガラです。まだ、昼時でもないし、途中駅でゆったりしている人はいませんね。

2018111002.jpg



このテラス席からの眺めはなかなかよさそうです。しかし、我々もここでゆったりしているわけにはいかないので、駅に向かいます。

2018111003.jpg



登山電車の駅に着きました。大きな白い犬を連れた女性がいます。ヨーロッパでは犬を連れての行動が普通ですね。

2018111004.jpg



次の電車はガルミッシュ=パルテンキルヒェン行きではなくて、アイプゼーEibseeの駅までしか行きません。ガルミッシュ=パルテンキルヒェン行きはその30分後です。途中のアイプゼーまで行って、30分間、アイプ湖Eibseeの湖畔でも散策することにしましょう。下りの電車はガラガラですが、すれ違う登りの電車はとっても込み合っています。早めの行動でよかったです。

2018111005.jpg



登山電車はツークシュピッツェの岩山の中の長いトンネルを走り続けます。アイプゼーが近づき、ようやく、トンネルを抜けて、林の中を走っていきます。

2018111006.jpg



アイプゼーの駅に到着します。駅前の大駐車場は車がびっしりと駐車しています。大変な混雑です。

2018111007.jpg



駅のホームを出ると、登山電車待ちの人が大行列。その行列の長さに、唖然とします。数時間は待たないと電車に乗れないでしょう。

2018111008.jpg



駅前からはツークシュピッツェが青空を背景にくっきりと見えています。アイプゼー駅は標高1008mなので、標高2962mのツークシュピッツェの山頂は2000mほどの高さです。

2018111009.jpg



駅からアイプ湖に向かう途中の広大な駐車場は車で満杯です。駐車場待ちの車も路上でウロウロしています。下界は大変なことになっていたのですね。アイプ湖まで下ってみますが、湖畔はカフェが陣取り、湖畔に近寄れません。ここも大勢の人で騒々しいです。何とか、カフェの横からアイプ湖をチラ見します。美しい湖面が夏の陽光に輝いています。

2018111010.jpg



湖畔のカフェは観光客でいっぱいです。とてもゆっくりできそうにありません。

2018111011.jpg



アイプ湖のボート遊びにも心惹かれますが、ボートも待ち行列ができているようです。

2018111012.jpg



ともかく、アイプ湖を間近に見たので、それで満足して、駅に戻ります。いずれにせよ、30分ほどしか時間がなかったのですけどね。急いで、駅までの坂道を上ります。
さて、ここからが大問題です。登りの電車のものすごい行列の中を、どうして下りの電車に乗れば良いのでしょう。下りの電車に乗る人のための通路はありません。

2018111013.jpg



saraiが、その旨(下りの電車に乗りたい・・・)を整理に当たっている駅員に説明しますが、当然、チケットを持って行列に並べと言われ、仕方なくスゴスゴと行列に並ぼうとします。

2018111014.jpg



その様子を見ていた配偶者はハ~!と一息ついて、行動に移ろうとします。こういうときは配偶者の出番です。saraiはからっきし、意気地がありません。
配偶者が駅員の前に行って、(山の上を指さし)・・・・ウィ、フィニッシュ!・・・(山の下を指さし)・・・ウイ、ウォントゥゴウ。
駅員は、オ~、(山の上を指さし)ユウ、フィニッシュ!と言い、だったら、ここを抜け改札を通ってホームに出てくれよと道を開けてくれます。長い行列の近くの人たちも、ユウ、フィニッシュ!かとニコニコしています。
これで1件落着です。(トリノで体得した実践英会話術が炸裂しました。こういうことでは配偶者は逞しい!)

配偶者の押しで駅のスタッフを説き伏せて、行列を迂回して、下りのホームに出ます。危ない、危ない・・・。ホームには数人しかいません。

2018111015.jpg



登りのホームは人であふれています。でも、ホームに入れた人は幸運なんです。駅の外にはホームに入れずに大行列している人たちがいますからね。

2018111016.jpg



登りの電車も下りの電車もあと数分で到着する筈です。何とか配偶者のお蔭で予定通りのガルミッシュ=パルテンキルヒェン行きの電車に乗れそうです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アイプ湖からガルミッシュ=パルテンキルヒェンへ

2017年8月1日火曜日@ガルミッシュ=パルテンキルヒェン~ツークシュピッツェ~ザルツブルク/13回目

ザルツブルク音楽祭Salzburger Festspieleを1日離れて、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンGarmisch-Partenkirchenに来ています。ツークシュピッツェZugspitzeの山頂からアイプ湖Eibseeに下りて、また、アイプゼーEibseeの駅から登山電車に乗るところです。大混雑を抜けて、ホームにたどり着くことが大変でしたが、予定通り、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンに戻る電車の到着を待っています。
先に隣のホームに山登りの電車が到着します。大変な混み合いようです。

2018111101.jpg



入ってきた山登りの電車にホームの人を乗せ、中の込み具合を見て、さらに行列の人を乗せるという調整をしています。ここから先は急な上り坂で1時間ほどかかります。もちろん立ちっぱなしです。ご苦労様!

2018111102.jpg



今度は下りの電車がホームに入ってきます。

2018111103.jpg



我々が乗るガルミッシュ=パルテンキルヒェン行きの電車です。

2018111104.jpg



無事に我々は楽々と空いた電車に乗り込みます。車窓から隣のホームに停まっている山登り電車を見ると、満員の電車の中でへたり込んでいる人たちが見えます。大変そうですね。

2018111105.jpg



順調にガルミッシュ=パルテンキルヒェン行きの電車は走り出しますが、15分ほど走って、最初の駅、グライナウGrainauに着くと意外な展開になります。何と乗客は全員、この途中の駅で降ろされます。

2018111106.jpg



最初は意味が分からずウロウロします。どうやら、この駅で、上りと下りの電車がそれぞれ折り返し運転しているようです。

2018111107.jpg



折り返しの電車はまだ、乗り継いでくる電車が来ていないので、車内はガラガラです。

2018111108.jpg



やがて、到着した折り返しの電車に乗り換えて、無事にガルミッシュ=パルテンキルヒェンに向かって、再び、走り出します。車窓にはツークシュピッツェの麓の美しい緑の村が目に入ります。

2018111109.jpg



村の向こうにはツークシュピッツェの姿が見えています。

2018111110.jpg



さきほど登ってきたばかりですが、ツークシュピッツェの姿からは目が離せません。

2018111111.jpg



沿線にはテラスに花を飾った綺麗な建物があります。いかにもバイエルンらしい建物です。

2018111112.jpg



青空と山と緑の平原・・・気持ちがいいですね。

2018111113.jpg



いつまでもツークシュピッツェの姿が見えています。

2018111114.jpg



ハンメルスバッハHammersbachの駅に到着します。ここでは電車から降ろされません。ほっとします。

2018111115.jpg



あと15分ほどでガルミッシュ=パルテンキルヒェンです。ザルツブルクへの電車に乗る前にまだ、町をぶらぶらする時間があるようです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

さらば、ツークシュピッツェ

2017年8月1日火曜日@ガルミッシュ=パルテンキルヒェン~ツークシュピッツェ~ザルツブルク/14回目

ザルツブルク音楽祭Salzburger Festspieleを1日離れて、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンGarmisch-Partenkirchenに来ています。ツークシュピッツェZugspitzeの山頂に登った後、また、ツークシュピッツェ鉄道Bayerische Zugspitzbahn Bergbahnの登山電車に乗って、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンに戻っている途中です。
ハンメルスバッハHammersbachの駅のホームからはツークシュピッツェの姿を眺めることができます。

2018111301.jpg



ホームからは沿線の綺麗な家も見えます。

2018111302.jpg



山を背景にした家もとても綺麗です。美しい村ですね。

2018111303.jpg



ハンメルスバッハを出発した電車は美しい緑の野原の中を走っていきます。

2018111304.jpg



山の麓に広がる草原の中をガルミッシュ=パルテンキルヒェンに向かっていきます。

2018111305.jpg



次の駅、クロイツエックバーン/アルプシュピッツバーンKreuzeck-/Alpspitzbahnに到着します。駅前の駐車場は車で一杯です。

2018111306.jpg



ここからもツークシュピッツェの姿を望むことができます。素晴らしい風景です。

2018111307.jpg



クロイツエックバーンの駅を出ると、また、美しい風景の中を走ります。

2018111308.jpg



遠くに見えているツークシュピッツェの姿をズームアップして撮影します。異様で近寄りがたい山に見えます。先ほど登った山とは思えません。

2018111309.jpg



山から、だんだんと遠ざかっていきます。

2018111310.jpg



電車は牧草地の中を順調に走ります。

2018111311.jpg



ガルミッシュ=パルテンキルヒェンの一つ手前の駅、ハウスベルクHausberg駅に停車します。駅前の牧草地には牛が草を食む姿も見えます。

2018111312.jpg



青空、山、草原、素晴らしい風景です。

2018111313.jpg



その草原では牛たちが黙々と草を食んでいます。長閑な風景です。

2018111314.jpg



ツークシュピッツェの姿も遠い彼方です。

2018111315.jpg



ガルミッシュ=パルテンキルヒェンはもうすぐです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ガルミッシュ=パルテンキルヒェンに帰着・・・R.シュトラウス研究所は空振り

2017年8月1日火曜日@ガルミッシュ=パルテンキルヒェン~ツークシュピッツェ~ザルツブルク/15回目

ザルツブルク音楽祭Salzburger Festspieleを1日離れて、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンGarmisch-Partenkirchenに来ています。ツークシュピッツェZugspitzeからツークシュピッツェ鉄道Bayerische Zugspitzbahn Bergbahnの登山電車でガルミッシュ=パルテンキルヒェンに戻ってきました。
ガルミッシュ=パルテンキルヒェンの駅に着くと、ここでもチケット窓口に大行列ができています。電車を降りた人たちは、顔を見合わせて、ほっと安堵の表情です。

2018111401.jpg



朝はガラガラだった駐車場も満車。今日はどこも1日中大混乱でしょう。早起きは三文以上のお得でした。その行列を横目に見ながら、ドイツ国鉄DBの駅のほうに向かいます。

2018111402.jpg



この後、ミュンヘン経由でザルツブルクに戻ります。駅の出発時刻表には、一番下に我々が乗る予定のムルナウMurnau経由ミュンヘン・パージングMünchen-Pasing行きの2時7分発の電車が表示されています。

2018111403.jpg



まだ、1時間20分ほどあります。この乗り換え時間を使って、ガルミッシュ・パルテンキルヒェンにあるR.シュトラウス研究所にちょっとだけ寄っていきます。駅前にそのR.シュトラウス研究所Richard-Strauss-Institutの位置を示す案内板があり、びっくり。そんなにメジャーな施設なのでしょうか。

2018111404.jpg



配偶者は相変わらず、駅前にあった花屋さんの店先を眺めています。

2018111405.jpg



と、店先の一角にエーデルワイスの鉢植えがあるのを発見して大喜び。これが日本なら、即、お買い上げでしょうが、ここから日本に連れて帰るわけにはいきません。残念でした。

2018111406.jpg



駅前からまっすぐに伸びるバーンホフ通りBahnhofstraßeを歩いていきます。すぐにパートナッハ川Partnachを渡ります。この川は清冽な流れです。

2018111407.jpg



バーンホフ通りを進んでいくと、やがて、R.シュトラウス研究所は右に曲がれという案内板があります。この先の交差点で右折するようです。

2018111408.jpg



だだっ広い通りで右に曲がります。ハウプト通りHauptstraßeです。

2018111409.jpg



ここでちょっとR.シュトラウス研究所の場所が分からなくなりますが、ハウプト通りを渡って、左手に少し入ったところにR.シュトラウス研究所を発見します。無駄にした時間は5分ほどです。

2018111410.jpg



R.シュトラウス研究所の前は美しい公園になっています。

2018111411.jpg



R.シュトラウス研究所に入りましょう。ところが研究所の扉は固く閉じられています。張り紙があります。何と今日は臨時の休館のようです。

2018111412.jpg



そんなあ・・・何とか時間を作ってきたのにね。残念ですが仕方がありません。扉の隙間から、中をうかがうと、何やらシュトラウスらしき彫像も見えます。

2018111413.jpg



なおも中をうかがい続けますが、それ以上は見えません。

2018111414.jpg



研究所の周りの公園、クアパーク・パルテンキルヒェンKurpark Partenkirchenにはとってもきれいな花壇があります。

2018111415.jpg



公園をブラブラしてから、駅に戻りましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ガルミッシュ=パルテンキルヒェン:R.シュトラウス研究所前の公園から駅へ

2017年8月1日火曜日@ガルミッシュ=パルテンキルヒェン~ツークシュピッツェ~ザルツブルク/16回目

ザルツブルク音楽祭Salzburger Festspieleを1日離れて、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンGarmisch-Partenkirchenに来ています。ツークシュピッツェZugspitzeからガルミッシュ=パルテンキルヒェンに戻った後、ザルツブルクへの電車への1時間ほどの乗り継ぎ時間を利用して、R.シュトラウス研究所Richard-Strauss-Institutを訪れましたが、臨時の閉館のため、残念ながら、入館できません。駅に戻る前に研究所の周りの公園、クアパーク・パルテンキルヒェンKurpark Partenkirchenをブラブラします。
研究所の建物沿いも綺麗な花壇になっています。

2018111601.jpg



おや、公園の一角ではうら若き乙女たちがランチ中です。何か、しみじみとしたお話をしているようです。

2018111602.jpg



花壇と樹木の茂る綺麗な公園を一巡りしました。そのためにここに来たわけじゃありませんけどね。

2018111603.jpg



再び、通りに出て、駅のほうに向かいます。

2018111604.jpg



駅に向かうバーンホフ通りBahnhofstraßeには、壁にフレスコ画が描かれた古いバイエルンの建物が並んでいます。

2018111605.jpg



黄色い壁の大きな建物にも、ちょっとだけ、フレスコ画の絵が描かれています。

2018111606.jpg



その建物の隣は大きな広場になっていて、ベンチで寛ぐ人もいます。暑い夏の日中です。日本人ならば、みな、日差しを避けるところですが、ヨーロッパは短い夏の太陽を大事にします。

2018111607.jpg



こちらのベンチでも何をするでもなく、陽光を浴びる人がいます。

2018111608.jpg



駅前に戻ったところで、まだ、電車の時間に早いので、カフェらしきところのテラス席で休みます。もちろん、日本人の我々は日陰の席を選びます。

2018111609.jpg



バッファローの頭の絵が描かれた妙なウェスタン・カフェ・バーです。

2018111610.jpg



暑いので、冷たい飲み物があるかと訊いたら、アイスクリーム入りのコーヒーを勧められます。ドイツでは定番ですね。アイスクリームを溶かし込むと何とか冷たくなります。

2018111611.jpg



駅前にはどーんと大きな建物があります。郵便局です。

2018111612.jpg



その建物の前にある駅舎を抜けて、プラットホームに出ます。まだ、電車の出発時刻までは10分以上ありますが、どうせ暇ですからね。

2018111613.jpg



ホームの表示板には、ミュンヘン・パージングMünchen-Pasing行きの2時7分発の電車が表示されています。

2018111614.jpg



やがて、出発時刻の10分少々前に電車がホームに入線してきます。

2018111615.jpg



いよいよ、2日間の短いガルミッシュ=パルテンキルヒェン滞在を終えるときがきました。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ガルミッシュ=パルテンキルヒェンからミュンヘンを経て、ザルツブルクへ

2017年8月1日火曜日@ガルミッシュ=パルテンキルヒェン~ツークシュピッツェ~ザルツブルク/17回目

ザルツブルク音楽祭Salzburger Festspieleを1日離れて、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンGarmisch-Partenkirchenに来ています。ツークシュピッツェZugspitzeに登った後、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンに戻り、ミュンヘン経由でザルツブルクに帰ろうとしているところです。
ホームの向かいには国境を越えて、チロルに向かう電車が停車しています。これに乗って、インスブルック経由でザルツブルクに戻ることもできますが、ミュンヘン経由のほうが少し到着時間が早いんです。

2018111901.jpg



ミュンヘン・パージングMünchen-Pasing行きの2時7分発の電車が入線しましたが、ホームの端のほうに停まりました。待っていた人たちと一緒にぞろぞろと移動して、乗り込みます。

2018111902.jpg



電車のチケットは昨日と同じく、ネットで購入したバイエルンチケットです。もちろん、セカンドクラスの格安チケットです。

2018111903.jpg



ミュンヘン・パージング行きの電車は定刻に発車。車窓にはドイツアルプスの峰々が見えています。

2018111904.jpg



駅の構内を出て、緑の草原の中に出ます。アルプスの岩山がくっきりと見えています。

2018111905.jpg



バイエルンの綺麗な野原の中をミュンヘンに向かって走っていきます。

2018111906.jpg



今日は午前中、慌ただしく過ぎてしまい、まだ、昼食も食べていません。ガルミッシュ=パルテンキルヒェンの駅舎の中にあったバーガーキングのお店で調達したワッパーとコーラで遅いランチをいただきます。

2018111907.jpg



ムルナウMurnauを過ぎ、ヴァイハイムWeilheimを出たところです。林を抜けて、綺麗な野原に出てきます。

2018111908.jpg



トゥッツィングTutzingを過ぎると、シュタルンベルク湖Starnbergseeの湖面が車窓に広がります。

2018111909.jpg



シュタルンベルク湖の北端のシュタルンベルクStarnbergの船着き場です。

2018111910.jpg



湖畔の野原では、残り少ない夏の陽光を浴びる人たちが水着姿で日光浴を楽しんでいます。

2018111911.jpg



シュタルンベルク湖がよく見えます。対岸まで見通せます。対岸にあるベルク城はルードヴィヒ2世が非業の死を遂げた舞台です。時間をやりくりして、その現場を見に行こうと配偶者に提案してみましたが、却下されました。配偶者はルードヴィヒのファンなのにね。

2018111912.jpg



やがて、シュタルンベルク湖から線路は離れていきます。これでシュタルンベルク湖を見ることもないかもしれません。

2018111913.jpg



ミュンヘン・パージング駅でSバーンの電車を乗り継ぎ、ミュンヘン・オスト駅München Ostでザルツブルク中央駅Salzburg Hbf 行きの電車に無事、乗り換え完了。
やがて、遠くにキーム湖Chiemseeが見えてきます。来るときにも見たのですが、あれが昨日のことだったとは思えないほど、色んなことがありました。

2018111914.jpg



すぐにキーム湖の姿は見えなくなり、畑が広がります。キーム湖はこの先にある筈ですが、樹木に遮られて、その姿を見ることはできません。

2018111915.jpg



ザルツブルクまで、もう1時間足らずです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ガルミッシュ=パルテンキルヒェンからザルツブルクに帰着・・・早速、ソコロフのピアノを聴く

2017年8月1日火曜日@ガルミッシュ=パルテンキルヒェン~ツークシュピッツェ~ザルツブルク/18回目

ザルツブルク音楽祭Salzburger Festspieleを1日離れてのガルミッシュ=パルテンキルヒェンGarmisch-Partenkirchenへの小旅行を終えて、ザルツブルクに帰ろうとしているところです。既にミュンヘンを過ぎて、電車はキーム湖Chiemsee近くを走っています。キーム湖と言えば、ルードヴィヒ2世が建設した3つのお城のひとつ、ヘレンキームゼー城Schloss Herrenchiemseeが湖の中央に浮かぶヘレン・インゼルHerreninsel(男島)にあることで有名です。先ほども彼が非業の死を遂げたシュタルンベルク湖Starnbergseeを通り過ぎてきたばかりですが、バイエルン州にはルードヴィヒに関係する史跡が多く残っています。ちなみにノイシュヴァンシュタイン城、リンダーホーフ城もルードヴィヒが建設したお城です。
実は以前、ルードヴィヒのファンである配偶者と意見が一致して、10年に渡る旅でルードヴィヒの3つのお城を訪れたことがります。最後に訪れたのがヘレンキームゼー城でした。2010年のことです。滞在していたザルツブルクから電車でプリン・アム・キームーゼー駅Prien am Chiemseeまで行き、SLとクルーズ船に乗って、お城のあるヘレン・インゼルを訪れた思い出があります。
ちょうど、今、そのプリン・アム・キームーゼー駅に到着。目の前にSLのキームゼー鉄道Chiemsee-Bahnのプリン駅の駅舎が見えます。

2018112001.jpg



その駅舎の左に視線を移すと、まさにSLが出発するところです。saraiの乗っている電車の到着時刻に合わせているのかもしれません。

2018112002.jpg



観光客がそのSLを取り巻いています。

2018112003.jpg



キームゼー鉄道のプリン駅の建物の端の方は樹木の繁る中に埋もれるような感じです。自然と共生しています。

2018112004.jpg



懐かしいキームゼー鉄道に別れを告げます。

2018112005.jpg



プリン・アム・キームーゼーを出て、緑の平原の中を走ります。平原の先にはキーム湖がある筈ですが、まったく見えませんね。

2018112006.jpg



野原の中の道を気持ちよさそうにサイクリングしている女性がいます。

2018112007.jpg



平原の彼方にちらっとキーム湖の湖面が光ります。

2018112008.jpg



すぐにキーム湖は姿を隠します。

2018112009.jpg



次の停車駅、ベルナウ・アム・キームゼーBernau a Chiemseeに到着。駅の看板にはキーム湖Chiemseeでのレジャー風景が宣伝されています。

2018112010.jpg



キーム湖を過ぎて、美しい緑の野原の中、電車は一路、ザルツブルクに向かいます。

2018112011.jpg



無事、ザルツブルクに戻ります。バイエルン・チケットを使った格安の運賃での鉄道旅でした。
ザルツブルク中央駅の構内にあるスーパーで、お持ち帰りのお寿司をゲットして、ホテルに向かいます。
昨日の朝チェックアウトしたホテルに再度、チェックインして、部屋で一休み。今夜から、また、ザルツブルク音楽祭で音楽三昧です。

2018112012.jpg



今夜は9時から、祝祭大劇場でグリゴリー・ソコロフのピアノ・リサイタルです。彼は2000年以降は来日していない、日本人にとっては幻のピアニストとなっています。saraiは初聴きなんです。ホテルからは岩山のトンネを抜けると、すぐに祝祭大劇場です。開演30分ほど前には、また、正装して出かけます。早めにスタンバイして、習慣化しているカフェ・トマッセリのアイスクリームをいただきます。

2018112013.jpg



遂に実演でソコロフの演奏を聴きました。流石の演奏で会場は大盛り上がり。ヨーロッパでは破格の人気のピアニストなんですね。後半のプログラムのベートーヴェンのソナタは素晴らしい演奏でした。
このコンサートの詳細な記事はここに既にアップ済みです。


明日はガルミッシュ=パルテンキルヒェンへの小旅行の疲れをとる日にしましょう。また、夜はシフの3回目のピアノ・リサイタルを楽しみます。きっと素晴らしい演奏を聴かせてくれるでしょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR