FC2ブログ
 
  

チューリッヒ湖畔を薔薇の街ラッパーズヴィルへ

2010年7月8日木曜日@チューリッヒ

旅も4日目に入り、順調です。

で、今日も快晴。今日はチューリッヒZürichの観光です。明日はウィーンWienに移動しますからね。
まず、朝は薔薇の街ラッパーズヴィルRapperswilへ行き、お昼にはチューリッヒの街に戻り、街歩きを楽しみます。

さて、お気に入りの朝食をたっぷり頂きます。気持ちのよいテラス席にします。

2010092701.jpg



定番のチーズやベーコンも美味しいです。

2010092702.jpg



朝食を終えて、元気にお出かけです。
もうすっかり慣れた駅までの通りをさっさと歩いていきます。トラムが駅に向かっているところです。

2010092703.jpg



シュタデルハーフェン駅Zürich Stadelhofenに到着。

2010092704.jpg



まずは、チューリッヒ湖Zürichseeの湖畔のラッパーズヴィルに出かけるためのチケットの購入です。saraiは昨夜遅くまでネットで購入方法を調べたので、自販機でチャレンジします。が、どうも思うようにいきません。難渋していると、後ろに待っている人がいるので、彼女(現地の方)にチケット購入方法を尋ねると、向こうに駅員の窓口があることを教えてくれます。こちらの駅は改札もなく、通りから直接ホームなので、つい駅員がいることを忘れていました。言われてその方向を見ると、立派な駅舎があります。その中にスイス国鉄SBBの立派なチケット販売オフィスがあります。

2010092705.jpg



その窓口で今日の目的地のラッパーズヴィルへの往復チケットを購入します。

2010092706.jpg




もちろん、ネットで調べたチケットと同じ、チューリッヒ一帯どこでも行ける1日券です。
早速、プラットホームでラッパーズヴィル行きのSバーンの電車を待ちます。

2010092707.jpg



10分ほど待つと、Sバーンの電車が到着。

2010092708.jpg



早速、乗り込んで、出発。2階建て電車の2階席に陣取ります。すこぶる展望は良し。

2010092709.jpg



ラッパーズヴィルへは湖岸沿いの線路を行くSバーンと山沿いを行くSバーンの2系統がありますが、今朝の電車S7は湖岸沿いでチューリッヒ湖の景色が楽しめます。市街地を抜けると、チューリッヒ湖が見えてきます。

2010092710.jpg



やがて、ぐっと湖岸に近づきます。湖岸にはワイン畑が続きます。

2010092711.jpg



美しい湖岸に沿って走っていきます。小さな教会も見えます。
行く手のほうに湖の遊覧船が見えて来ます。これから向かうラッパーズヴィルはSバーンでなく、この遊覧船でも行けるので、心惹かれるものもありますが、如何せん、船は遅過ぎて、スケジュールに組み込めません。

2010092712.jpg



湖岸に近づいたり、離れたりしながら走ります。

2010092713.jpg



20分ほど、湖岸に沿って走ってきました。チューリッヒ湖は細長い湖なので、すぐ向こうには対岸が見えていますが、すごく長い大きな湖です。


2010092714.jpg



30分ほど走ると、行く手に町の姿が見えてきます。あれがラッパーズヴィルでしょうか。

2010092715.jpg



ズームアップしてみると、やはり、大きな町のようです。ラッパーズヴィルでしょう。

2010092716.jpg



やがて、ラッパーズヴィルのひとつ前の駅、ケンプラーテンKempratenに停車します。ラッパーズヴィルまではあと4分です。

2010092717.jpg



チューリッヒ湖畔沿いに電車はひた走り、40分でラッパーズヴィルに到着。

2010092718.jpg



ラッパーズヴィルはバラの街として知られており、今日もそれが目的です。ただ、情報が少なく、駅に到着したのはいいのですが、そこからどうすればいいのか分かりません。まだ、朝早く、ツーリストインフォメーションもクローズしています。とりあえず、そのあたりに立っていた地図案内板を見て、丘の上に見えているお城のほうに向かうことにします。

2010092719.jpg



きれいな散歩道、フィッシュマルクト通りFischmarktstrasseが続きます。ただ、バラ園らしきものは見当たらず。周りの建物の窓辺は綺麗な花で飾られています。

2010092720.jpg



石畳の静かな道を歩いていきます。

2010092721.jpg



フィッシュマルクト通り沿いの建物の壁にはフレスコ画が描かれています。スイスらしい風景です。

2010092722.jpg



すぐに街の中心のハウプト広場Hauptplatzに突き当たります。

2010092723.jpg



ハウプト広場にはいると、突き当りの丘の上にお城Schloss Rapperswilが見えてきます。

2010092724.jpg



この広場の一角には、市庁舎Rathaus Rapperswilもあります。

2010092725.jpg



ハウプト広場は美しい建物に囲まれた広場になっています。

2010092726.jpg



この広場の突き当たりには美しい石段が丘の上に続いています。

2010092727.jpg



この石段を上って、丘に向かいましょう。

2010092728.jpg



美しいお城を目指して、石段を登っていきます。

2010092729.jpg



石段を登りきって、背後のハウプト広場を見下ろすと、よい眺めで石段を登った疲れがふーっと安らぎます。

2010092730.jpg



目の前には、お城の塔が聳え立っています。

2010092731.jpg



お城へ続く通路がアーチを抜けて続いています。

2010092732.jpg



さあ、丘の上の散策しましょう。

ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2010092733.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ラッパーズヴィルの丘の上を散策

2010年7月8日木曜日@チューリッヒ/2回目

ラッパーズヴィルRapperswilの丘の上まで登ってきたところです。
ハウプト広場Hauptplatzの石段の上です。

2010092901.jpg



丘の上には、教会とお城があります。
お城は、ラッパーズヴィル家のお城、ラッパーズヴィル城Schloss Rapperswilでその創建は12世紀にさかのぼるようです。お城には陶磁器の博物館や眺めの良いレストランもあるようですが、時間もないので、パス。

2010092902.jpg



お城の右手には小さな教会もあります。

2010092903.jpg



このあたりの景色も綺麗なので、少しぶらぶらしていると、ちょっと下の方に綺麗な花畑があります。そこに降りていくと、なんと墓地です。

2010092904.jpg



墓地の前は花園のようになっています。

2010092905.jpg



墓地の中を少し歩いてみます。

2010092906.jpg



日本のように墓前に切り花を供えるのではなく、お墓の周りにお花を植えるんですね。本当にかわいくて綺麗です。寂しい墓地という雰囲気はありません。同行の姉は、自分のお墓もこのようにして欲しいと、姪っ子に指示したほどです。

2010092907.jpg



続いて、教会です。聖ヨハネ巡礼教会Pfarrkirche St. Johannです。これも13世紀に創建されたそうですが、18世紀末に焼失・再建されたそうです。

2010092908.jpg



この教会の内部にも入ってみます。小さな空間ですが、なかなか立派ですね。

2010092909.jpg



主祭壇に近づきます。祭壇画は十字架のキリストですね。

2010092910.jpg



側面は簡素です。説教壇があります。

2010092911.jpg



内陣の手前の祭壇画は聖ヨハネの洗礼ですね。(この教会の名は聖ヨハネ巡礼教会)

2010092912.jpg



後方の2階にはバラ窓の前にパイプオルガンがあります。

2010092913.jpg



教会の前から見たお城も美しいですね。教会を出て、お城のほうに向かいましょう。

2010092914.jpg




教会を出てお城の前に出ます。アーチの先に散策路が続いています。

2010092915.jpg



お城の横のアーチをくぐって散策路を歩きます。

2010092916.jpg



アーチの先から振り返ると教会前の広場が見えます。
なかなかいい雰囲気!

2010092917.jpg



お城と城壁の間の通路を進んでいきます。

2010092918.jpg



城壁を抜けると、展望が開けてきます。

2010092919.jpg



散策路を5分ほど歩き、丘の上の湖に突き出した展望台、カスティーリョ広場Plaza Del Castilloに行くと、素晴らしい景色が広がっています。
湖岸の修道院の屋根越しにチューリッヒ湖Zürichseeの青い輝きがずーっと広がり、のびています。

2010092920.jpg



ラッパーズヴィルの街では、ちょうどチューリッヒ湖の対岸との間が狭くなっていて、砂州のようなものが対岸まで伸びています。その砂州の上に鉄道の線路と道路がチューリッヒ湖を横断しています。

2010092921.jpg



砂州の根っこのところは港になっています。

2010092922.jpg



砂州の向こうには湖に突き出るような木橋も見えます。木橋がチューリッヒ湖を横断しているのかもしれません。あとで時間があれば、行ってみましょう。

2010092923.jpg



と、チューリッヒ湖を横切って走るSバーンが目に飛び込んできます。
あせって、カメラを向けてパチリ。

2010092924.jpg



しばし、丘の上からのチューリッヒ湖の見晴らしを楽しみます。
近くの湖岸には湖水浴のためのデッキが湖の中に浮かんでいます。そこで日光浴したり、泳いだりしている人たちが見えます。あっ、飛び込み台も見えます。夏の湖の楽しみですね。

2010092925.jpg



展望台から散策道を戻りましょう。美しい並木道です。

2010092926.jpg



少し、散策道を戻ります。オ~、下の方にバラ園Rosengartenも見えます。やっとバラ園を発見です!

2010092927.jpg



バラ園を楽しんでいる人も見えますね。

2010092928.jpg



そろそろ、丘を下って、当初の目的だったバラを見に行きましょう。

ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2010092929.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ラッパーズヴィルのバラ園

2010年7月8日木曜日@チューリッヒ/3回目

ラッパーズヴィルRapperswilの丘の上からの景観を十分に楽しみました。

で、いよいよ、バラ園Rosengartenのほうに向かって、狭い急な石段を下りていきます。

2010100101.jpg



石段の途中からはバラ園がよく見えてきます。

2010100102.jpg



急な石段を慎重に降りていきます。大勢の人たちも一緒に付いてきますね。

2010100103.jpg



石段を下りたところには、石壁が張り巡らされて、石畳の広場になっています。ローマ水道もどきの水が流れ落ちる蛇口が目を惹きます。

2010100104.jpg



バラ園を示す石のプレートも素敵です。

2010100105.jpg



石壁沿いの可憐な花も綺麗です。フクシャですね。

2010100106.jpg



この先に、決して大きくはありませんが、綺麗に整備された立派なバラ園があります。

2010100107.jpg



バラ園の横はワイン畑。いかにもヨーロッパですね。その先の石壁の上には、先ほどの展望台が見えています。

2010100108.jpg



ワイン畑の境界にもバラが咲き誇っています。

2010100109.jpg



バラ園には色とりどりのバラがびっしりと咲いています。

2010100110.jpg



バラ園の向こうには、青空が広がっています。青空の下のチューリッヒ湖は石塀で遮られています。

2010100111.jpg



バラ園は近接する住宅街の中にとけこんでいます。

2010100112.jpg



このバラ園はもともとはカプツィーナー修道院Kapuzinerklosterに付属したバラ園のようです。ですから、キリスト像もバラ園を見ています。

2010100113.jpg



キリスト像はカプツィーナー修道院の壁に張り付いています。

2010100114.jpg



バラ園の中央には水盤が見えます。

2010100115.jpg



これが水盤。

2010100116.jpg



バラ園は本当に手入れが行き届き、花がらもありません。バラ園には、小さな水飲み場があったり、ベンチが置かれていて、人も小鳥ものんびり時を過ごすようにできています。ヨーロッパの薔薇と人との関わり方を感じますね。

2010100117.jpg



薔薇好きの姉は、非常に喜んでくれ、アチコチで写真を撮りまくっています。
姉のご推奨のバラです。

2010100118.jpg



これはsaraiが自分の感性で選んだバラです。

2010100119.jpg



真紅のバラも綺麗です。

2010100120.jpg



ピンクのバラや赤紫のバラなど様々なバラが咲いています。

2010100121.jpg



2010100122.jpg



このほか、姉がセレクトしたバラの数々です。本当にバラは色とりどりですね。

2010100123.jpg



2010100124.jpg



2010100125.jpg



2010100126.jpg



バラの間に可愛い噴水があります。鳥の嘴から水を吐いています。

2010100127.jpg



バラを十分に堪能しました。最後にバラ園とワイン畑と展望台の全景を眺めます。

2010100128.jpg



このバラ園からまた街の中心に向かって、今度は丘の下の道を通って、ラッパーズヴィルのスイス風の街並みを散策します。

2010100129.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2010100130.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ラッパーズヴィルの町並み散策

2010年7月8日木曜日@チューリッヒ/4回目

ラッパーズヴィルRapperswilの丘の麓のバラ園Rosengartenでたっぷり、バラを堪能しました。

ラッパーズヴィルの町並みを見ながら、ぶらぶらと散策しましょう。
エンディンガー通りEndingerstrasseを歩いて、バラ園の外れまでやってきます。

2010100151.jpg



ここで振り返ると、エンディンガー通りの突き当りにカプツィーナー修道院Kapuzinerklosterの建物が見えています。

2010100152.jpg



通りの右側、バラ園の向かいですが、壁にフレスコ画が描かれている綺麗な建物があります。ウンタレス・カーティハウスUnteres Curtihausというタウンハウスです。こんな家に住んでいる人がいるんですね。

2010100153.jpg



この先、道が二手に分かれています。左の丘際の道を歩きます。ヒンターガッセHintergasseという路地です。路地の入口には蔓バラのある綺麗な建物があります。

2010100154.jpg



路地沿いには小さなバラ園が続きます。

2010100155.jpg



小さなバラ園が街中に点在しています。本当にバラの街ですね。

2010100156.jpg



木造りの建物にも蔓バラが絡まっています。ちょっと時期が遅かったようで、盛りを過ぎていますが、満開の頃はそれは素晴らしいことでしょうね。残念です!

2010100157.jpg



その蔓バラの絡まる建物の前に金髪の少女たちが立ちます。可愛いですね。

2010100158.jpg



この木造りの建物は3階建て。窓辺には花が飾られています。

2010100159.jpg



お隣の建物は木骨造です。もちろん、蔓バラが絡んでいます。

2010100160.jpg



ここでこの路地を離れて、ゼー通りSeestrasseを歩いて、駅のほうに向かいます。レストランが建ち並ぶ賑やかな通りです。

2010100161.jpg



チューリッヒ湖Zürichseeの港の前に出ます。

2010100162.jpg



港の前の広場、フィッシュマルクトプラッツFischmarktplatzに出ると、ツーリストインフォメーションが今度は開いており、この街の観光マップをゲット。

2010100163.jpg



ツーリストインフォメーションを出ると、フィッシュマルクトプラッツの石畳の間から噴水が上がっています。夏らしい風景です。

2010100164.jpg



このラッパーズヴィルはチューリッヒ湖Zürichseeの両岸が狭まったところにあり、自動車道路と鉄道線路で両岸がつながっています。

2010100165.jpg



この道路と線路の下をくぐる通路を抜けて、反対側に出ます。その先はチューリッヒ湖の湖岸です。

2010100166.jpg



チューリッヒ湖の中に木橋が見えています。あちらに向かいましょう。

2010100167.jpg



ここで後ろを振り返ると、ラッパーズヴィルの駅の向こう、町並みの先に丘の上のお城が見えています。

2010100168.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2010100169.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ラッパーズヴィルの木橋

2010年7月8日木曜日@チューリッヒ/5回目

ラッパーズヴィルRapperswilの丘の上から、麓のバラ園Rosengartenを経由し、町並みを抜けて、チューリッヒ湖ürichseeの湖岸にやってきました。

チューリッヒ湖Zürichseeで唯一、橋があるのがこのラッパーズヴィルで、その橋の上に自動車道路と鉄道線路があります。この橋の下の地下通路を抜けて、反対側に出たところです。線路と湖岸の間の狭い道を歩いて、ラッパーズヴィルの駅の裏のほうに向かいます。(両岸を繋ぐのは正確には橋ではなく、ダムSeedammなんだそうです。)

2010100171.jpg



駅裏に出て、駅と町並みを眺めます。市庁舎Rathausやお城Schloss Rapperswilが見えています。

2010100172.jpg



駅裏の人気のない通り、シュトランドヴェーグStrandwegを歩いていきます。

2010100173.jpg



すぐに木橋の前に出ます。丘の上からも見えていたチューリッヒ湖の中に突き出した木橋、ホルツ橋Holzbrücke Rapperswil-Jonaです。

2010100174.jpg



この木橋の上からチューリッヒ湖を見渡すと、非常に透明度の高い水に驚かされます。

2010100175.jpg



その透明度の高い湖水を通して、湖底の綺麗な文様が眺められます。

2010100176.jpg



木橋の上からは、ラッパーズヴィルの先のほうのチューリッヒ湖の景色が見渡せます。チューリッヒ湖はチューリッヒから、このラッパーズヴィルまでもとても長大でしたが、この先の湖の東端も遥か彼方にあります。チューリッヒ湖は幅は3km前後と狭いのですが、長さは約40kmもあります。

2010100178.jpg



そのチューリッヒ湖の先の東の彼方には雪を抱いたアルプスの峰々も見えています。

2010100179.jpg



木橋を歩いて、湖の真ん中のほうに行けます。その先は対岸まで通じているようです。木橋の上では地元の子供たちが釣りに興じています。何が釣れるのかな。

2010100180.jpg



と、木橋と並行している線路の上をSバーンの電車が走ってきます。

2010100181.jpg



このあたりには、鴨の親子がいるので、手持ちのおせんべいをあげます。日本の味も大丈夫のようですよ。

2010100182.jpg



透明な湖水の上の鴨はまるで空中に浮かんでいるようにみえます。

2010100183.jpg



おやっ、餌につられたのか、鴨たちが集まってきます。

2010100184.jpg



木橋の途中にベンチがあるので、一休み。

2010100185.jpg



木橋はどこまでもまっすぐと続いています。

2010100186.jpg



もう少し先まで歩いてみましょう。

2010100187.jpg



湖に突き出した木橋を歩いていると、まるで、湖上散歩をしているようにチューリッヒ湖を歩くことができます。
でも、切りがないので、いい加減のところで引き返します。
で、明るい陽光の中、この木橋をぶらぶらします。

2010100188.jpg



橋の上は人もまばらです。まるで自分達だけが湖のなかにいるような気持にさせてくれる木橋です。

2010100189.jpg



さて、木橋を湖岸に向かって戻っていきます。

2010100190.jpg



木橋の傍らに小さな礼拝堂が立っています。美しいですね。

2010100191.jpg



この小さな礼拝堂の横からは丘の上のお城とラッパーズヴィルの古い街並みが見え、絶好の景観ポイントになっています。

2010100192.jpg



木橋の上を歩いていると、また、目の前をSバーンの電車が通り過ぎます。結構、頻繁に走っていますね。

2010100193.jpg



木橋を歩き終え、お城と街並みを眺めながら、線路に沿って駅の方に向かいます。駅裏に出ると、プラットホームに出る表口との連絡通路があります。
と、ちょうど電車の来る時間。連絡通路を抜けて、ホームに向かいます。

2010100194.jpg



街中でお茶ができなかったのが残念ですが、ラッパーズヴィルも十分に堪能したのでチューリッヒに戻ることにします。

ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2010100195.jpg



チューリッヒに戻って、今度はチューリッヒ散策です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR