FC2ブログ
 
  

ウィーンの定番、シェーンブルン宮殿

2010年7月10日土曜日@ウィーン

今日は旅も6日目。ウィーンの2日目です。

ウィーンWienは今日も雲ひとつない晴天で、ギラギラしています。日本のように湿気はないので、日陰は比較的過ごしやすいのですが、陽射しはたまらなく暑いです。
今朝は早めに起きて、ホテルで朝食をいただきます。綺麗で広い朝食ルームです。

2010101801.jpg



食事も朝食とは思えないほどの充実度です。

2010101802.jpg



配偶者はいつものようにホットチョコレートがいただけて、満足しています。

2010101803.jpg



さて、今日もウィーン観光案内モードです。まずは定番中の定番、シェーンブルン宮殿Schloß Schönbrunnは欠かせませんね。トラムと地下鉄を乗り継いで、朝一番で宮殿へ向かいましょう。
途中、カールスプラッツKarlsplatzを通るので、オットー・ワーグナーのカールスプラッツ駅舎Otto-Wagner-Pavillon Karlsplatzもしっかり見物です。

2010101804.jpg



近くにはカールス教会Karlskircheも見えています。

2010101805.jpg



地下鉄(Uバーン)のカールスプラッツ駅には、数日後に見る予定のアン・デア・ウィーン劇場Theater an der Wienの「こうもり」のポスターが張ってあります。
このポスターは、ここだけではなく、ウィーンの街中のアチコチにいっぱい張ってあります。楽しみですね~。

2010101806.jpg



地下鉄U4に乗って10分程でシェーンブルン駅Schönbrunnに到着。

2010101807.jpg



シェーンブルナー・オランジェリーSchönbrunner Orangerieの建物に沿ったシェーンブルナー・シュロス通りSchönbrunner Schloßstraßeを歩いて、シェーンブルン宮殿に向かいます。

2010101808.jpg



オランジェリーの垣根には綺麗なバラが咲いています。

2010101809.jpg



駅から歩くこと10分ほどでシェーンブルン宮殿の正門の前に着きます。

2010101810.jpg



シェーンブルン宮殿の正門の前には、シュロスアレーSchloßalleeの通りがまっすぐに続いています。

2010101811.jpg



門を抜けると、雲一つない夏の青空の下、宮殿前広場は日陰もなく、朝とは思えない暑さです。

2010101812.jpg



宮殿前広場には、左右に泉が配置されています。これは左側の泉です。美しい彫像があります。

2010101813.jpg



宮殿前広場の中央から入り口の門を振り返ります。広場の広大さが分かります。

2010101814.jpg


宮殿内部も楽しみたいところですが、じっくり見る時間はないし、saraiとしては宮殿内部より庭園の方がお奨めなので、宮殿内部の観光はパスして庭園をタダで見せてもらいます。
正面の宮殿を迂回して、右手の方から宮殿の裏手にある庭園に向かうことにします。

2010101815.jpg



宮殿の側面を左に見ながら、庭園のほうに向かいます。

2010101816.jpg



宮殿の横手には、バラ園があり、ツル薔薇のトンネルもあります。が、もう薔薇の季節は終わり、薔薇の花もいくつか残っているのみで、残念です。

2010101817.jpg



ツル薔薇のトンネルの中に入ります。

2010101818.jpg



ツル薔薇はほとんど咲いていません。

2010101819.jpg



宮殿の横手を抜けると、広大なシェーンブルンの庭園Bundesgärten Wienが目の前に広がります。

2010101820.jpg



ずっと向うの先には、丘の上のグロリエッテSchönbrunn Glorietteが見えます。いつ見ても美しいですね。

2010101821.jpg



ズームアップしてみましょう。

2010101822.jpg



このグロリエッテに行くにはかなりの時間がかかるので、ツアーでは添乗員さんが絶対に行かないでねと念を押すのですが、saraiとしては、是非グロリエッテに上り眺望を楽しんで欲しいところ・・・。強い日差しの中で気弱になっている姉達を誘って、元気よくグロリエッテを目指します。花が綺麗な庭園の中を進みます。

2010101823.jpg



庭園の両脇の樹木は綺麗に刈り込まれて、美しい並木道になっています。

2010101824.jpg



少し進んだところで、宮殿のほうを振り返ると、まさに真っ青な青空のもとにマリア・テレジアン・イエローの宮殿が輝いています。が、実際は暑い!暑い! 遮るものが何もありませんからね。広大な庭園が恨めしくも思えます。

2010101825.jpg



猛暑の中を、ようやく庭園の端のグロリエッテの丘の麓の立派な噴水のところまで来ました。
一服しながら、写真撮影タイム。

2010101826.jpg



振り返ると宮殿はずいぶん遠くに見えています。

2010101827.jpg



みんなで励まし合いながら、ふーふー言いながら、丘を一気に上ります。宮殿がかなり下のほうに見えています。

2010101828.jpg



やっと、上まで登り切りました。丘の上からは宮殿の向うにウィーンの街が見えます。

2010101829.jpg




大きな教会の塔も見えていますが、聖シュテファン大聖堂Domkirche St. Stephanではなさそうです。ウィーンの旧市街はもっと右のほうですね。しかし、いい眺めです。やっぱり、登ってきてよかったなあと疲れも吹っ飛びます。

2010101830.jpg



もう、グロリエッテもすぐそこです。

2010101831.jpg



グロリエッテは上部に美しい彫刻のある素晴らしいバロック建築物です。

2010101832.jpg



とても凝った彫刻ですね。

2010101833.jpg



やっとグロリエッテに辿り着きます。目の前には素晴らしく精緻な白亜の像があります。

2010101834.jpg



グロリエッテ全体はこんな感じです。まあ、少し横手からの眺めですが。

2010101835.jpg



グロリエッテの建物はカフェになっています。さすがに暑かったので、この丘の上のカフェで絶景を眺めながらゆっくりお茶することにします。が、誰しも考えることは同じで、既に屋内は満席。テラスにも日陰の席はなく、暑い日差しの席しか空いていないので、お茶は断念。残念!
お茶なしでグロリエッテからの眺めを鑑賞。

2010101836.jpg



ここまでのシェーンブルン宮殿での散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2010101837.jpg



これから、丘を下って、次のベルヴェデーレ宮殿Schloss Belvedereに向かいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

シェーンブルン宮殿からベルヴェデーレ宮殿へ

2010年7月10日土曜日@ウィーン/2回目

ウィーンWienのシェーンブルン宮殿Schloß Schönbrunnの庭園の丘の上のグロリエッテSchönbrunn Glorietteに来たところです。

丁度、丘の上にはプチトラン(ここでもそう言うかは知りませんが、南仏ではそういう名前でした。)が到着しています。
いつからこんな乗り物が庭園内を走るようになったのでしょうか。saraiは知りませんでした。これに乗って上がってくれば楽ちんだったでしょうね。同行者は乗ればよかったと少々不満気味です。申し訳ない!!でも、このプチトランは庭園横の木立の中を走るので、眺望はよくないはずです。歩いて上ったからこそ、ゆっくり景色を楽しめたのですよ。

2010101901.jpg



プチトランで丘を下りるのは今更なので、歩いて下ります。プチトランとお別れです。

2010101902.jpg



下りは、陽射しを避けて林の中を抜けますが、かわいいリス君たちと遭遇し、ほのぼの・・・。歩いたからこその出会いですね。

2010101903.jpg



すぐにグロリエッテの丘を下りて、庭園に出てきます。

2010101904.jpg



ちょうど、大噴水の前です。

2010101905.jpg



庭園は太陽の光が照り付けていて、樹木の間の道ですら、とても暑そうです。

2010101906.jpg



庭園の林の陰を選んで歩きますが、やはり暑いことには変わりがありません。気分だけは変わりますけどね。

2010101907.jpg



庭園の中には綺麗な花々が咲いています。少しは暑さを忘れさせてくれます。

2010101908.jpg



ようやく、宮殿の建物まで戻ってきました。

2010101909.jpg



あれれ、既にプチトランが先に着いています。そりゃ、そうですね。

2010101910.jpg



宮殿の出口にはちょうどぴったりの茶店?があるので、冷たい飲み物で喉を潤し、ようやく少し暑さを凌ぎます。

2010101911.jpg



さあ、次はベルヴェデーレ宮殿Schloss Belvedereに向かいましょう。トラム・地下鉄・トラムと乗り継いで、30分ほどで到着。
この宮殿の建物も立派ですね。

2010101912.jpg



到着して、まずsaraiがするべき恒例行事は・・・スフィンクスのお胸「タッチ!」。
saraiは、久しぶりにお胸に「タッチ!」出来、上機嫌です。

2010101913.jpg



と、これを見ていた少年が、ちょっと恥じらいながら「タッチ!」・・・配偶者曰く、「困ったものです!」。

さて、チケットオフィスで上宮Oberes Belvedereの入場チケットを購入します。

2010101914.jpg



ここには、上宮と下宮Unteres Belvedereがありますが、上宮にあるオーストリアギャラリーÖsterreichische Galerie Belvedereでの絵画鑑賞が目的ですから、上宮のみのチケットを購入です。ウィーンカードで割引があります。

2010101915.jpg



まずは久しぶりにクリムトの『接吻』とご対面です。クリムトは姉からのリクエストでもありました。
やはり、今日も光り輝いています。傑作ですね。

2010101916.jpg



と、配偶者が「この絵もすごいね!」と小さな絵を指さします。クリムトの「水蛇Ⅰ」という絵。『接吻』と似た作風の素晴らしい絵です。今回の新たな発見です。

2010101917.jpg



ここではシーレの「家族」も見逃せない傑作です。なんと暖かい情感の漂う絵なんでしょう!!

2010101918.jpg



さて、ウィーン世紀末美術を堪能したところで宮殿を出ます。
この上宮からは、下宮までの広大な庭園とさらにその向うにウィーンの街が見渡せます。

2010101919.jpg



ズームアップすると、ここからも聖シュテファン大聖堂Domkirche St. Stephanが見えます。
やはり、ウィーンのランドマークですね。

2010101920.jpg



これから、インペリアルホテルでの贅沢なランチに向かいます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



この記事へのコメント

1, 田岡組 紀和さん 2010/10/24 09:07
ご無沙汰しています。

人格高邁なsaraiさんも、フツーのおっさんのようで安心しました。
昨年の秋プラハへの列車に乗るため、ウイーン南駅へ行く途中でトラムを下車し、ベルヴェデーレ宮殿に立ち寄り、実に小生も!スフィンクスのお胸「タッチ!」をしたことでした。
同行者に「いやらしいんだから!」と言われながら、写真を撮ったことを思い出します。
また、出かけたくなりますね。

(旅行中はネットも見ないので、気の抜けた時期のコメントになりました。悪しからず。)

2, saraiさん 2010/10/24 23:16
お久しぶりですね。

あれは大人から子供まで、男性はみんな万国共通で好きですよ。
女性もあれくらいは許してくれるようです。
何せ、スフィンクスですかからね。

ウィーンはあれも含めて、何度も行きたくなる街です。
また、来年の計画を練っているところです。

また、当ブログにお立ち寄りください。

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ウィーン、インペリアルホテルで昼食を!

2010年7月10日土曜日@ウィーン/3回目

ベルヴェデーレ宮殿Schloss Belvedereでクリムトに感激してもらったところで午前中の観光はオシマイ。
お昼時になります。

今日はsaraiの姉がsaraiの退職記念に特別なランチをご馳走してくれるとのことなので、ウィーン随一(saraiの思い込み?)のホテルであるインペリアルホテルHotel Imperialに向かいます。シュロス・ベルヴェデーレSchloss Belvedereの停留所から路線Dのトラムに乗ります。

2010102001.jpg



少しだけ乗って、シュヴァルツェンベルクプラッツSchwarzenbergplatzの停留所で降車。ウィーン楽友協会Musikverein Wienの前を通って、インペリアルホテルに向かいます。

2010102002.jpg



ベーゼンドルファー通りBösendorferstraßeを挟んで、ウィーン楽友協会の隣の建物がインペリアルホテルです。

2010102003.jpg



インペリアルホテルで記念のランチということでしたが、ランチということで、形式ばらないカフェ・インペリアルCafé Imperialでご馳走してもらうことにします。
もちろん、リング通りRingstraßeに面したテラス席です。

2010102004.jpg



テラス席とはいえ、食事ということで、ウェイトレスのお姉さんが手際よく、テーブルセッティング。さすがに一流ホテルらしく美しいテーブルセッティングですね。

2010102005.jpg



料理を待つ間も、雰囲気も景色もすこぶるよくて、気分は最高です。

2010102006.jpg



まずは記念の食事ということでワインをオーダー。美味しいクレムスの白ワインです。

2010102007.jpg



パンはパン籠でどっさり届きます。

2010102008.jpg



次はコンソメスープ。日本でいうところの錦糸玉子のような浮身がはいっていますが、当地ではスライスパンケーキといわれるものです。なかなか美味です。

2010102009.jpg



次はお馴染みのシュニッツェルですが、少し皮が膨らんでフリッターみたい。で、お味はいま一つかな・・・。天下のインペリアルホテルに文句をつける気はないのですが、これでいいんでしょうか?saraiとしては、巷の「牛カツ」という感じのシュニッツェルの方が好きです。

2010102010.jpg



付け合わせの野菜サラダ。新鮮でシャキッとしています。

2010102011.jpg



次はターフェル・シュピッツ。3種類のソースが付いています。これは美味しい!

2010102012.jpg



これはハムとチーズのホットサンド。

2010102013.jpg



デザートはインペリアル・トルテ、コーヒーはメランジェ。

2010102014.jpg



ここでうっかり、ホイップクリームを頼むのを忘れ、あわてて追加でお願いします。

2010102015.jpg



インペリアル・トルテはザッハ・トルテと同じチョコレート・トルテですが、形は立方体。コーティングのチョコレートの下にあるジャム系のものがかなり特徴のある味で、ちょっと好き嫌いがあるかもしれませんね。
ウィーンが初めての姉達のために企画したホテル・ザッハーとカフェ・デーメルのザッハ・トルテとの食べ比べの一環で注文してみましたが、さてどのような結論になるのでしょうか。残りはカフェ・デーメルです。

何はともあれ、記念のご馳走をいただき満足です。

このあとは、明日、日本に出発する姉たちのばら撒きお土産ショッピングで、グランドホテル・ウィーンGrand Hotel Wienの地下にあるスーパーマーケットに繰り出します。やはり、定番のモーツァルトチョコレートも考えられないくらい安く、ルンルンでスーパーの棚に並んでいたものを買い占めています。
そのあとは、さらに精力的にブランドショップ巡りでこの日は終了。

暑さに体力を消耗したので、早めにホテルに戻ります。

2010102016.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2010102018.jpg



ホテルでは、帰り道の途中で仕入れたお寿司をつまみながら、姉弟で暫しの語らいをゆったりと楽しみます。

2010102017.jpg



明日は帰国する姉達を空港で見送り、そのあと、saraiと配偶者は鉄道でザルツブルグSalzburgに移動します。いよいよ、旅も後半戦です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico

kicoさん、初めまして。saraiです。

心配ですね。私はそのまま、沈静化するのを待っています。シュターツオーパーのチケットも購入しました。何としても行こうとは思って

03/09 22:12 sarai

はじめまして。私も同じ時期にウィーン滞在の計画をしており、楽友協会でのベルリンフィルのチケットを購入しました。が、新型コロナの件で、そもそも旅行に出られるのかど

03/09 16:59 kico

お役に立てて、なによりです。我が家では今でもメインのCDプレーヤーとして活躍しています。ただ、最近はCDはいったんリッピングしてHDDに格納し、USBオーディオでオーディ

01/18 15:18 sarai

父からアンプとセットで譲り受けたもののトレイが動かず困っていましたが、
ブログを見て自分で購入・修理することができました。
利益目的でもなくまた素人でも分かる記事

01/18 13:50 hisa

のりしんさん

saraiです。コメントお寄せいただき、ありがとうございました。
同じ追っかけ仲間、今後ともよろしくお願いいたします。
彼女の声は素晴らしいですね。

12/01 12:07 sarai

私も中村さんの追っかけやっております。昨日の演奏も圧倒的でしたね。中村さんの歌を聴いていると、なぜか涙腺が緩んで来ます。

12/01 09:39 のりしん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR