FC2ブログ
 
  

シャーフベルク登山鉄道へ出発

2010年7月12日月曜日@ザルツブルク

今日は旅も8日目。

今日は、あの《サウンド・オブ・ミュージック》でマリアとトラップ家の子供たちがピクニックに出かけたシャーフベルク鉄道Schafbergbahnに乗って、ザルツカンマーグートSalzkammergutの絶景を楽しみに出かけます。
今日はこの旅で一番晴れて欲しい日です。ここまで異常なほどの暑い晴天が続いているので、そろそろ天候も崩れるかと思いきや・・・部屋の窓から外の景色を見ると、今日も素晴らしい快晴です。青空の下、大聖堂のドームが見えています。

2010120601.jpg



別の窓からは青空とメンヒスベルクMönchsbergの丘が見渡せます。

2010120602.jpg



それにしても、暑い!

ともかく、さっさと朝食を済ませます。朝食は美味しいです。

2010120603.jpg



昨日は夜到着したので、朝食後ホテルを出たところで、改めてホテルの正面を眺めます。ホテルとレストランが一体化しているんですね。

2010120604.jpg



ホテルの建物の上部を見上げると、確かにホテル・エレファントBest Western Hotel Elephantの名前通りに象さんの飾りが付いています。

2010120605.jpg



ホテルの前の路地、ジークムント・ハーフナー・ガッセSigmund-Haffner-Gasseの先には、ザルツブルグ市庁舎Altes Rathausの塔が聳えています。

2010120606.jpg



路地を進んで、市庁舎に近づきます。なかなか美しい塔です。

2010120607.jpg



塔の前で塔を見上げます。

2010120608.jpg



この市庁舎の前の通り、ゲトライデ通りGetreidegasseに出ると、すぐ先にはモーツァルトの生家Mozarts Geburtshausが目にはいります。それにしても、モーツァルトに関係した建物は何故みんな黄色なんでしょう?

2010120609.jpg



まずはこのザルツブルグ旧市街から、市内バスでザルツブルグ中央駅Salzburg Hbfまで出ます。ホテル近くのバス停でバス待ちをしていると、現地風の人が「どうしたんだい?」と話しかけてきます。中央駅までバスで出たいと言うと、何番のバスが一番いいとか、アドバイスしてくれます。バス待ちの間中、世間話で盛り上がります。ザルツブルグについての話題が中心です。
が、最後に彼は「俺はもともとここの人間じゃない。ドイツ人だよ。」と言って、大笑いして、去っていきました。唖然・・・。

無事、市内バスに乗って、予定通りの時間に中央駅に到着。郊外へのバスの出る乗り場に移動します。まだ、朝早いので、人はまばらです。

2010120610.jpg



中央駅からはザンクト・ギルゲンSt.Gilgenに行くためにまず150番のポストバスに乗ります。このバスはザンクト・ギルゲンを経由して、バート・イシュルBad Ischlまで行きます。観光シーズンでバスが混雑するのではないかと心配しましたが、待っている人もそう多くはなく、満員にはなりそうにありません。

2010120611.jpg



時間通りにバスが着き、ゆっくりと並びの席を確保できます。
バスはミラベル庭園Mirabellgartenあたりで左に折れ、狭い市街地の道を抜けて、郊外に出ます。
が、途中からいろんな人が乗ってきて、バスの中はそれなりに混み合ってきます。
で、一人で座っていた人の横の席もほとんど埋まり、知らない人同士が隣り合うような形でバスは満員になってきます。と、アレェ~、なんだかとっても賑やかというより、バスの中は騒がしいくらいです。驚いたことに、たぶん初対面の人達のはずの隣り合った人たちが、男女の区別なく、老若の区別なく、おしゃべりに夢中になっているんですっ!! そういえば、見ず知らずの人達が隣り合わせになったとき、お互いに不信感をいだかないように、しっかりおしゃべりをしなければいけないというようなことを、聞いたことがあるような・・・。
バスはザルツカンマーグートの村々を抜けていきます。

2010120612.jpg



このバスで1時間ほどでザンクト・ギルゲンの町のバス停まで行き、下車。
バス道路から、10分近く歩いて、ヴォルフガング湖Wolfgangseeの船着場ATS St.Gilgen Schiffstationに向かいます。
船着場の近くには、モーツァルトの母親の生家Kulturverein Mozartdorf St. Gilgenがあります。ここは以前に、ザルツカンマーグートのバスツアーでも立ち寄ったところで、懐かしい思いになります。博物館になっていて、見物もできます。

2010120613.jpg



湖畔近くの賑やかな場所に出ます。夏の陽光が燦燦と降り注いでいます。このあたりに船着き場があるようです。

2010120614.jpg



公園の広場もある綺麗なところです。

2010120615.jpg



花壇には色とりどりの花々が咲いています。

2010120616.jpg



で、ようやくヴォルフガング湖の船着場に到着します。

2010120617.jpg



船着場に着くと、次の船の乗船時間には1時間ありますが、とりあえず、船とシャーフベルク鉄道の往復コンビチケットを窓口で購入します。ここで、シャーフベルク鉄道のチケットも購入できるのは便利ですが、とっても人気のあるシャーフベルク鉄道の予約がここで出来てしまうので安心でもあるのです。鉄道の駅まで行って購入しようとすると、かなり遅い電車になってしまうことも多いそうです。

2010120618.jpg



これが購入したコンビチケットです。シャーフベルク登山鉄道の11時発の列車の予約が印字されています。

2010120619.jpg



登山鉄道の復路は、シャーフベルク鉄道の山頂駅に着いたときに時間予約するとのことです。
順調にチケットが購入でき、落ち着いたところで、船着場前にある公園のトイレに行きますが、番人が座っていて、しっかり使用料を取られます。
トイレは下の写真の公園の奥の方にある公衆トイレみたいなもので、本当にあの番人が管理していたのか(お仕事?)不明です。

2010120620.jpg



ところで、公園の様子からも猛暑っぽいのがお分かりでしょう!

まだ、時間はたっぷりあるので、近くの土産物のショップをのぞき、冷たい飲み物だけをゲット。「冷た~い飲み物」という表示はあったけど、とっても冷えているなんていえる代物ではありません。冷たいという感覚は、日本人とはかなり差がありますね。
何せ暑くて暑くて・・・日陰を探し喉を潤しながら、乗船までの時間をつぶします。
それでも、公園から眺めるヴォルフガング湖の景色は綺麗です。

2010120621.jpg



これが湖岸の様子です。

2010120622.jpg



船の乗船場には少し人がうろうろしているだけで、船はまだまだです。

2010120623.jpg



でも、この頃になると、チケット売り場に人の列ができています。早々とチケットを購入しておいて正解でした。

2010120624.jpg



ようやく、船が到着し乗船します。ここからヴォルフガング湖を渡り、シャーフベルク鉄道の駅があるザンクト・ヴォルフガングSt. Wolfgangまで行きます。湖を行くといっても今日もとにかく暑いし、船のデッキって太陽サンサンです。

2010120625.jpg



配偶者の指示で、ほんのわずかにあった船上デッキの物陰の日陰に席を取ります。
さあ、出航です。船が湖面に滑り出すと美しい風景が広がります。暑さを我慢しても、船室よりデッキですよね。

2010120626.jpg



こうして順調に船出しました。ヴォルフガング湖の美しい湖面を船は滑るように進んでいきます。

2010120627.jpg



いよいよシャーフベルク登山鉄道に向かっての短い船旅が始まります。。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

シャーフベルク登山鉄道で山頂へ

2010年7月12日月曜日@ザルツブルク/2回目

シャーフベルク鉄道Schafbergbahnに向かって、ザンクト・ギルゲンSt.Gilgenの船着場ATS St.Gilgen Schiffstationをクルーズ船が出航しました。

ヴォルフガング湖Wolfgangseeの周りの山はなだらかで緑が綺麗です。

2010120701.jpg



湖畔には贅沢なヴィラが建ち、夏のバカンスを楽しむ人たちが寛いでいます。別荘、あるいはホテルでしょうか。

2010120702.jpg



このヴィラの前には最初の停泊地、フュルベルクの船着き場ATS Fürberg/Wolfgangsee Schiffstationがあります。ザンクト・ギルゲンの対岸で、ここまで10分ほどのクルーズでした。
ゲートは既に閉じられていますが、ここから乗船してくる人が急いでやってきていますね。

2010120704.jpg



乗船者のためにゲートが開けられます。さらに乗船者の連れもやってきます。彼らの乗船が終わり次第、フュルベルクの船着き場を出港するようです。


2010120703.jpg



ようやく、フュルベルクの船着き場を出港。のんびりしたもんです。
岸辺には、湖水浴や日光浴を楽しむ水着の男女がいっぱいです。水遊びの子供たちもいます。まさに夏のバカンスですね。

2010120705.jpg



湖面を泳いでいる人達もいます。

2010120706.jpg



saraiはクルーズ船のデッキの日陰の席に陣取って、ヴォルフガング湖の景色を満喫。楽しいクルーズ旅です。

2010120707.jpg



大きな建物の前を通り過ぎます。大勢の観光客がいますね。ここは経済専門職のための高等連邦教育機関Höhere Bundeslehranstalt für wirtschaftliche Berufe Wolfgangseeのようです。インターナショナルな学校で色んな国の若者が学んでいるようです。

2010120708.jpg



次の停泊地、リート/ファルケンシュタインの船着き場Ried/Wolfgangsee Falkenstein (Schiffstation)に到着。ここでも少数の乗降客が入れ替わります。

2010120709.jpg



最終目的地のザンクト・ヴォルフガングに向けて、出航。
山と湖の岸辺の間の緑の平地には、コテージ風の別荘が点々と立ち並びます。こういうところに別荘が持てるのは羨ましい限りですね。

2010120710.jpg



クルーズ船のデッキは物凄い日差しですが、みなさん、その暑さにめげず、一心にヴォルフガング湖の景色を楽しんでいます。もちろん、船室で暑さを凌いでいる人も多いです。

2010120711.jpg



湖畔の風景です。緑の野原に点在するヴィラ、湖上の舟遊び・・・まさに夏の湖。

2010120712.jpg



湖畔の瀟洒なリゾートホテルの前を通り過ぎます。ホテル・ガルニHotel Garni Haus Arndtです。こういう風光明媚なホテルに泊まるのもいいですね。夏期料金は恐ろしく高いでしょうけどね。

2010120713.jpg



美しい湖・風景に見とれているうちに船はザンクト・ヴォルフガングSt. Wolfgangに近づいてきます。

2010120714.jpg



シャーフベルク鉄道の船着き場Schafbergbf (Schiffstation)に到着。下船します。

2010120715.jpg



すぐ近くのシャーフベルク鉄道の駅Schafbergbahnに着くと、大勢の人が次の列車待ちをしています。saraiにとっても期待以上の快晴の日ですが、地元の人にとっても願ってもない天候の日だったようで、どっと出かけてきたようです。しかも、1時間に1本の列車ですからね。

2010120716.jpg



駅前からヴォルフガング湖の景色を眺めます。

2010120717.jpg



ぼーっとしていないで、我々もさっさと列に並び、しばらく列車待ちです。ところで、この大勢の中に、日本人はsarai達だけみたいです。
行列は日本人の専売特許かと思っていたので、この行列を体験してビックリです。

2010120718.jpg



行列に加わらず、日陰のベンチでゆっくりしている人もいますね。彼らは大丈夫か、心配になります。誰かに並んでもらっているのかな。

2010120719.jpg



炎天下の行列でひたすら列車を待ちます。これも修行です。

2010120720.jpg



そうこうするうちに(10分ちょっと)、列車が到着し、みんなぞろぞろと乗車します。かわいい真っ赤なSLです。

2010120721.jpg



連結されている車両はわずか2両。急いで、空いた席を探します。

2010120722.jpg



saraiたち2人はなぜか首尾よく、並び席でSLの車両に乗り込こむとが出来ます。空いていた最後の並び席です。ラッキー!!
車両内は観光客でいっぱいです。

2010120723.jpg



が、ホームには、まだまだ人があふれています。無理やり、太ったおばさんが乗り込んだりして、ぎゅうぎゅう詰めになります。もう、車両は満席ですよ。

2010120724.jpg



どうするのかと思っていると、さらに別の列車、SLではなくて、ディーゼルカーが用意されます。

2010120725.jpg



何とか全員乗れたようです。が、この準備にかなりの時間がかかり、最初に乗り込んだ我々はジッと我慢の子です。列車内は満席で暑いったらありゃしない。もちろん、登山電車ですし、冷房なんて入ってるわけがありません。

皆が乗るための大騒動で出発が遅れましたが、ようやく発車です。かなりの急坂をガッガッガッガッとアプト式のSLが進みます。しばらくは麓の村の中を進みますが、急に視界が開けると、美しい草原です。まさにサウンド・オブ・ミュージックの世界の始まりです。

2010120726.jpg



また、狭い山道を登っていきます。

2010120727.jpg



木々の間から、ヴォルフガング湖の景色が見えてきます。

2010120728.jpg



少しずつ湖の風景が広がってきます。

2010120729.jpg



また、風景は木々に遮られます。

2010120730.jpg



さらにSLがぐんぐんと力強く山間を登り、眼下には湖と草原が広がってきます。素晴らしい!

2010120731.jpg



写真は傾いているように見えますが、そうではなく、それほど列車は急傾斜を登っているんです。
どんどん列車は山を登っていきます。
saraiはここぞとばかりに写真を撮るのに夢中です。
おおっ、歩いて登っている猛者がいますね。それともこのあたりでハイキングかな。

2010120732.jpg



途中駅に停車。シャーフベルクアルペ駅Schafbergalpe Bahnhofです。

2010120733.jpg



と、ここで単線のため、下りのSLがやってきます。この駅ですれ違いができるようになっています。

2010120734.jpg



慎重に運転士が確認しながら、そろそろと動いています。

2010120735.jpg



どうやら、うまく、すれ違えたようです。

2010120736.jpg



下りの車両とすれ違っていきます。乗客がお互いの車両を見合っています。

2010120737.jpg



また、登り始めて、山の上のほうの野原を走っていきます。周りの山々も見渡せます。

2010120738.jpg



ごつごつした岩山を登っていきます。

2010120739.jpg



やがて、美しい野原の向こうにヴォルフガング湖が見えてきます。

2010120740.jpg



シャーフベルクの山頂も近づいてきます。

2010120741.jpg



約1200メートルの標高差を45分かけてSLは登りきります。無事、シャーフベルク頂上駅Shalfbergspitzeに到着です。

2010120742.jpg



この列車は1893年に開通した登山列車で、現在走っているSLの6台は当時のままだそうです。我々の乗ったのもその1台。1台のSLで2両の客車を押し上げます。
お隣には、緑色の別のタイプのSLが停車中。運転士が作業しています。

2010120743.jpg



いよいよ山頂からのパノラマを楽しみましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

シャーフベルク頂上からの大パノラマ

2010年7月12日月曜日@ザルツブルク/3回目

順調にシャーフベルク山頂駅Shalfbergspitzeに到着したところです。目にも鮮やかな真っ赤なSLが駅に停車しています。

2010120801.jpg



駅のホームの先にはヴォルフガング湖が顔を覗かせています。

2010120802.jpg



と、一緒に出発したディーゼルカーがホームに入ってきます。あふれた乗客を運ぶために急遽用意された増便の登山列車です。

2010120803.jpg



駅からはシャーフベルクShalfbergの頂上が見えています。少し、歩いて登らないといけないようですね。頑張ろうっと。

2010120804.jpg



おっと、その前に帰りの列車の整理券をゲットします。約2時間半後の列車を確保します。

2010120805.jpg



標高1783mの山頂のカフェ・レストランの案内があります。毎日営業しています。そこでランチをいただきましょう。

2010120806.jpg



SLを降りた人達が一足早く登っていきます。saraiも負けずに健脚で頂上を目指します。

2010120807.jpg



少し登ったところで駅に停車中の登山列車を眺めます。

2010120808.jpg



だんだん、駅が下のほうに遠くなっていきます。フーフー・・・。

2010120809.jpg



山頂が近くなると、下方に絶景が広がります。ワオー!

2010120810.jpg



草原には可愛い山草が花を咲かせています。気分は最高です。

2010120811.jpg



草原の中の小道をゆっくりと登り、頂上に到着。丁度、列車でずっと同席していた家族が記念撮影中。saraiが、撮影担当だったお母さんも一緒に入れて、写真を撮ってあげます。よい記念写真になったかな・・・。

2010120812.jpg



頂上からは360度見渡せられる大パノラマが広がっています。ゆっくり眼下の湖や遠くの山々を眺めながらグルリと頂上の周遊散策道を一周します。かわいい草花も一面に咲いています。

今日は暑いほどの超快晴。眼下にザルツカンマーグートSalzkammergutの景観がくっきりと見えます。

ヴォルフガング湖の反対側には、クリムトやマーラーが夏を過ごしたアッター湖Atterseeが見えます。

2010120813.jpg



その左手にはモンド湖Mondsee。

2010120814.jpg



眺めているところの木柵のすぐ先は切り立った断崖がずっと下方まで垂直に落ち込んでいます。高所恐怖症でなくても、恐ろしくなります。

2010120815.jpg



これが山頂の周遊散策道です。下に見えているのはヴォルフガング湖です。

2010120816.jpg



山頂の上には夏の青空がギラギラと輝いています。いやはや、暑い!!

2010120817.jpg



足元に目を落とすと、草原は今花盛りです。岩場にはキンポウゲの黄色い花も見えます。

2010120818.jpg



こちらの崖の間際にキンポウゲの黄色い花が咲いています。その先に見えるザルツカンマーグートの湖と素晴らしい対照です。

2010120819.jpg



また、アッター湖の眺めに見入ります。ザルツカンマーグートはこういう美しい湖が点在しています。

2010120820.jpg



モンド湖の奥のほうをズームアップします。湖畔には家々が見えます。その奥に見える湖はイラー湖Irrseeでしょうか。

2010120821.jpg



ちょっとした草原のお花畑もあります。とても綺麗です。

2010120822.jpg



山頂の散策道の周りには木の柵が巡らせてあって、安全対策は万全です。

2010120823.jpg



遠くにはアルプス(正確にはチロル?)の白い連なりも見えています。

2010120824.jpg



そして、頂上の一端は鋭く切り立った剃刀のような岩の壁が立っています。驚きます。

2010120825.jpg



登山鉄道の駅も見えています。そのずっと下にはヴォルフガング湖。絶景です。

2010120826.jpg



観光客のみなさんはsaraiと同様に絶景に見入っています。そして、カメラをパチリ、パチリ。

2010120827.jpg


眺望を堪能したところで、山頂レストランでランチをすることにします。
レストランの横にはお馴染みのアルペンホルンもおいてありますが、残念ながらもう演奏は終わったようです。

2010120828.jpg



眺望を楽しめるレストランのパラソル席はとっても少なく、当然のことながら賑わっています。ざっと見わたしましたが、空き席はありません。

2010120829.jpg



パラソル席からの眺めはとてもよいので、何とか空き席をゲットしたいですね。

2010120830.jpg



配偶者がそろそろ食事を終えそうな席を狙って、ピンポイントで粘りのアタック。

2010120831.jpg



確かに狙いを絞らないと、席をゲットできそうにもありません。ここは配偶者の力にすべてを託しましょう。

2010120832.jpg



そして、たった数分で配偶者は見事に素晴らしい景色を眺めながら食事のできる席を確保しました。やったね!

2010120833.jpg



眼下はヴォルフガング湖です。遠くにはアルプスも薄くみえています。

2010120834.jpg



とりあえず、冷たい清涼飲料を飲んで一息つきましょう。

2010120835.jpg



このテーブルで料理を待つ間、遠くに望めるアルプス(チロルかな)をぱちり。

2010120836.jpg



眼下にはヴォルフガング湖の対岸の村もよく見えています。

2010120837.jpg



このカフェ・レストランはベルクホテル・シャーフベルクシュピッツBergHotel Schafbergspitzeです。

2010120838.jpg



大変混み合っていて、オーダーした料理がなかなか出てきませんでしたが、待った甲斐あってスープもメインも美味でした。
コンソメスープです。

2010120839.jpg



これはあっと言う間に飲み尽くします。

2010120840.jpg



魚のフライです。

2010120841.jpg



ターフェルスピッツです。

2010120842.jpg



ランチも終えます。また、眺めを楽しみながら、山頂の草原を散策しましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

シャーフベルク山頂のお散歩、そして、下山

2010年7月12日月曜日@ザルツブルク/4回目

シャーフベルクShalfbergの山頂のレストランで絶景を楽しみながらのランチ。

お腹も満足したところでもう少し山頂を楽しみましょう。
が、1780メートルの山頂にもかかわらず、太陽に近い分暑いのかと思うくらい涼しくない!
しっかり用意してきたウインドブレーカーも出番なし。
冷たい風の吹く心地よさを期待していたのに、この快晴の素晴らしいお天気が恨めしいほどです。
いえいえ、そんな贅沢なことを言ってはいけませんね。素晴らしいお天気に感謝!です。

ランチの後は、草原の中を散歩します。頂上から少し草原に下りてきます。気持ちがいいですね。

2010121101.jpg



草原は今花盛りです。とても綺麗です。草原のすぐ先には登山鉄道の駅。その下方にはヴォルフガング湖Wolfgangseeが見えています。

2010121102.jpg



遠く、アルプス(チロル)の峰々も見えています。雪があります。

2010121103.jpg



山頂の滞在約2時間半はあっという間に過ぎていきます。
暑くはありましたが、絶景を堪能できて、2人ともとっても幸せな気分になります。

帰りは、来た道を逆に辿ります。
SLの牽引する登山列車には早めに乗り込み、よい席を確保。

2010121104.jpg



登山列車の中で出発を待ちながら、窓外の景色を楽しみます。

2010121105.jpg



窓からは、ヴォルフガング湖Wolfgangseeの上の方にパラグライダーで気持ちよく飛んで行く若者達が見えます。

2010121106.jpg



やがて、上りの登山列車がホームに入ってきます。

2010121107.jpg



やがて、SLが出発し、草原の中を走っていきます。

2010121108.jpg



かなり下りたところで、湖が見えてきます。

2010121109.jpg



はっきりとヴォルフガング湖の姿が見えてきます。

2010121110.jpg



SLはアプト式鉄道特有のがっがっという音を立てながら、急斜面を湖に向けて下りていきます。

2010121111.jpg



木々の間から、ヴォルフガング湖がちらちら見えています。

2010121112.jpg



森を抜けて、草原に出ると後続のSLが走って来る姿も見えます。いい感じですね。

2010121113.jpg



SLがヴォルフガング湖の湖岸の駅に到着します。列車から降りて、アプト式鉄道の線路をチェック。やはり、歯車のギザギザです。

2010121114.jpg



駅にはこれから登山列車に乗って、シャーフベルク山頂に登る人たちの行列ができています。ご苦労様!

2010121115.jpg



saraiは暑いので、とりあえず、アイスを食べます。

2010121116.jpg



駅のチケット売り場にはチケットを購入中の人以外にはもう並んでいる人はいませんね。もう午後3時過ぎです。

2010121117.jpg



さあ、クルーズ船の船着き場に向かいましょう。

2010121118.jpg



また、ヴォルフガング湖をクルーズ船でザンクト・ギルゲンSt.Gilgenに戻ります。船着き場でクルーズ船がやってくるのを待ちます。

2010121119.jpg



クルーズ船に乗り込んで、ザンクト・ギルゲンに戻ります。湖ではヨットを楽しんでいる人もいます。優雅ですね。

2010121120.jpg



湖岸では日光浴を楽しむ人たちの姿が見えます。

2010121121.jpg



やがて、ザンクト・ギルゲンの船着場に到着。ヴォルフガング湖のクルーズ船のルートを地図で確認しておきましょう。

2010121122.jpg



ザンクト・ギルゲンの船着場からは来たときとは別の道を通って、バス停に向かいます。
途中、ザンクト・ギルゲンの村役場Rathausに出ます。ローカルな雰囲気で可愛いくていいですね。

2010121123.jpg




バス停に着く直前には、近くの山、ツヴェルファーホルンZwölferhornへのロープウェイが見えてきます。実はシャーフベルク登山鉄道Schafbergbahnの混雑状況によってはこのロープウェイで山に登り、ザルツカンマーグートSalzkammergutの景観を楽しもうとも検討していました。結果的にそうならなくてラッキーでしたが、シャーフベルク登山鉄道はそれくらい超人気の観光スポットらしいです。

2010121124.jpg



バス停でバスを待ち、ほどなく来たザルツブルグ中央駅Salzburg Hbf行きのバスに乗車。
登山列車もクルーズ船も冷房はありませんでしたが、バスはあまり汗をかかない程度の冷房をしているので、それに救われながらホテルに帰ります。

ホテルでお風呂に入り強い冷房を入れて一服。元気を取り戻して、ザルツブルクSalzburgの街を散策しながら、夕食に向かいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ザルツブルグで美味しいディナー:シュティフツケラー・ザンクト・ペーター

2010年7月12日月曜日@ザルツブルク/5回目

シャーフベルク登山鉄道Schafbergbahnで絶景を楽しみ、疲れた体をザルツブルグSalzburgのホテルで安め、夕食に出かけます。

ザルツブルグの目抜き通り、ゲトライデ通りGetreidegasseは、まだ、この時間は観光客で賑やかです。

2010121201.jpg



ザルツブルグと言えば、お店の前に掲げられた鉄飾りSchmiedeeisen Ladenschildが有名です。どのお店にもお店特有の鉄飾りがあり、それを見て歩くだけでも散策を楽しめます。

2010121202.jpg



通り抜けの狭い小径のパッサージュがあります。シュムックパッサージュSchmuckpassageです。このパッサージュを抜けると、大学広場Universitätsplatzに出ます。こういう通り抜けが何本もあります。

2010121203.jpg



ぶらぶら歩いていくと、すぐに通りの端にまで来てしまいます。ザルツブルグは小さな可愛い町です。

2010121204.jpg



また、反対方向に歩き始めます。お店の装飾を見ているだけで楽しいですね。

2010121205.jpg



で、やはり、今やザルツブルグといえばモーツァルトを外すことはできません。通りにも、カフェ・モーツァルトCafé Mozartというお店を見かけます。

2010121206.jpg



敬意を示すためにモーツァルト広場Mozartplatzを訪れます。モーツァルトの像Mozart-Denkmalにご挨拶。

2010121207.jpg



モーツァルト広場の一角にはカフェ・デーメルDemelもあります。ウィーンのデーメルの支店です。今日はこれから夕食ですから、駄目ですが、是非、寄ってみましょう。

2010121208.jpg



広場の別の一角にはザルツブルク博物館Salzburg Museumがあります。ノイエ・レジデンツNeue Residenzの建物の中にあります。

2010121209.jpg



モーツァルト広場のお隣はレジデンツ広場Residenzplatzです。ザルツブルグ大聖堂Dom zu Salzburgの側面と尖塔が見えます。

2010121210.jpg



このレジデンツ広場にもノイエ・レジデンツ、すなわち、ザルツブルク博物館が面しています。

2010121211.jpg



で、このあたりで目立ったのがこれ。

2010121212.jpg



セグウェイです。ウィーンでもここでも観光用に流行っていますね。

少し足を伸ばしてザルツブルグ音楽祭Salzburger Festspieleの会場を見物に行きます。ずい分、新しく改装されていたのでびっくり。
旧ザルツブルク祝祭小劇場Kleines Festspielhausがモーツァルト劇場Haus für Mozartと改称になっているのですね。

2010121213.jpg



そろそろ腹ごなしもできたところで、本日のレストランに行きましょう。丘の上にはホーエンザルツブルク城Festung Hohensalzburgが見えています。

2010121214.jpg



聖フランシスコ教会Franziskanerkircheとその修道院Franciscan Closterに挟まれた路地、フランツィスカナーガッセFranziskanergasseを進んでいきます。静かな路地です。

2010121215.jpg



やがて、右手にザンクト・ペーター教会St.Petersstiftskircheに続く路地があります。その路地をザンクト・ペーター教会に向かいます。教会の尖塔が見えていますね。

2010121216.jpg



ザンクト・ペーター教会の前に出ます。尖塔が聳え立っています。

2010121217.jpg



今日の夕食をいただくレストランは、ザルツブルグで、多分1番有名なシュティフツケラー・ザンクト・ペーターStiftskeller St. Peterです。修道院が経営しているレストランです。このレストランでは以前にも1度食事したことがあります。再度、訪問することにしたのは、前回果たせなかった夢を実現するためです。
ここにはザルツブルク名物のデザートのお菓子ザルツブルガー・ノッケルンSalzburger Nockerlnがあり、そのあまりにもボリュームがあることから、前回は食べることを途中で断念し、半分以上残してしまいました。今回はその再挑戦です。

ザンクト・ペーター教会の右手にそのシュティフツケラー・ザンクト・ペーターStiftskeller St. Peterがあります。

2010121218.jpg



さて、レストランの入口をはいりましょう。

2010121219.jpg



明るい中庭を抜けるとほの暗い石壁に囲まれたテーブルがあります。雰囲気がいいのでこのあたりのテーブルをお願いします。なお、今回は事前のテーブル予約は入れていませんでしたが、がらがらです。

2010121220.jpg



saraiの座ったテーブルから中庭を望むと明るくモダンですが、何かこのレストランの雰囲気とは違和感を感じます。伝統的な修道院の雰囲気が売りだと思うのですが・・・。

2010121221.jpg



saraiの座ったテーブルは石壁のなかの一番外側です。奥のほうにずっとテーブルが並んでいます。こちらはいかにも修道院の建物という雰囲気です。

2010121222.jpg



石壁はうっすらと苔むしたような感じです。実際にはそんなことはないでしょうけどね。

2010121223.jpg



中庭のテラス席と違って、石壁の中はほの暗いので、テーブルにローソクを置いてくれます。ロマンチックですね。

2010121224.jpg



石壁にはレリーフのようなものが飾ってあります。

2010121225.jpg



レストランの雰囲気を味わっているうちに、まずは注文した白ワイン(ここの自家製)が運ばれてきます。早速、いただきます。なかなかフルーティーで美味しいです。

2010121226.jpg



オードブルはチーズの3種盛り(これはオーダーしなくても自動的に出てくる突き出しみたいなもの)で見た目も味も、なかなかです。パンと一緒にいただきます。

2010121227.jpg



今回はオーダーする料理をメイン2品(七面鳥のシュニッツェル、グーラッシュ)に絞り、ザルツブルガー・ノッケルンに備えます。
初めて食べた七面鳥のシュニッツェルは絶品です。子牛のシュニッツェルよりも美味しい!!

2010121228.jpg



そして、グーラッシュです。

2010121229.jpg



で、デザートのザルツブルガー・ノッケルンですが、巨大なスフレであるザルツブルガー・ノッケルは甘過ぎるほど甘いのですが、甘酸っぱいいちごジャムと一緒に食べるとなかなか美味しいものです。わざわざ食べにきただけのことはあるオリジナリティーのある美味しいお菓子です。

2010121230.jpg



上の写真は、2人で食べるために料理人が取り分けてくれた(わざわざ料理人が運んでくる!)後なので、もう一つ巨大さが分かりにくくて、ゴメンナサイ・・・

今度も完食こそできませんでしたが、まあまあ2人で何とか半分くらいは食べられました。まあ、こんなものでしょう。

2010121231.jpg



もうこれ以上食べられないという満腹状態で二人はこの老舗のレストランを後にします。
少し薄暗くなった街を散策して、お腹を休めましょう。

レストランを出るとすぐ横にあるザンクト・ペーター教会St.Petersstiftskircheに入ってみます。
ほの暗い内部はとても小振りな教会ですが、立派な装飾で驚かされます。

2010121232.jpg



天井の装飾、パイプオルガン、バロック様式らしい豪華さです。

2010121233.jpg



外に出て教会を見ると、堂々とした尖塔に圧倒されます。

2010121234.jpg



教会の前の広場の中央には、噴水があります。ペーターの噴水Petersbrunnenです。

2010121235.jpg



ザンクト・ペーター教会の前の広場から抜け出ると、また、大きな教会の尖塔に突き当たります。聖フランシスコ教会です。

2010121236.jpg



聖フランシスコ教会の前の路地、フランツィスカナーガッセFranziskanergasseを右手に少し進むと、ドーム広場Domplatzに出ます。正面にザルツブルグ大聖堂の威容が見えます。広場の中央にはマリア像Mariensäuleが立っています。そのマリア像を取り囲むように仮設の客席が造られています。ザルツブルク音楽祭の重要な演目である演劇《イェーダーマン》が演じられるための準備です。

2010121237.jpg



ふらふら歩いていると見慣れた一角に出ます。
ホテルはすぐ近くです。路地を進むと、無事、ホテルの前にたどり着きます。

2010121238.jpg



今日の散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2010121239.jpg



今日は早めに休んで疲れを癒しましょう。
好天に恵まれて収穫の多い1日でした。

明日も好天は続きそうです。
明日はルードヴィッヒ2世Ludwig IIの3番目のお城、ヘレンキームゼー城Schloss Herrenchiemseeに行きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

お役に立てて、なによりです。我が家では今でもメインのCDプレーヤーとして活躍しています。ただ、最近はCDはいったんリッピングしてHDDに格納し、USBオーディオでオーディ

01/18 15:18 sarai

父からアンプとセットで譲り受けたもののトレイが動かず困っていましたが、
ブログを見て自分で購入・修理することができました。
利益目的でもなくまた素人でも分かる記事

01/18 13:50 hisa

のりしんさん

saraiです。コメントお寄せいただき、ありがとうございました。
同じ追っかけ仲間、今後ともよろしくお願いいたします。
彼女の声は素晴らしいですね。

12/01 12:07 sarai

私も中村さんの追っかけやっております。昨日の演奏も圧倒的でしたね。中村さんの歌を聴いていると、なぜか涙腺が緩んで来ます。

12/01 09:39 のりしん

Steppkeさん

saraiです。ティーレマン信奉者にとって、《あまり好きでない》=《嫌い》に思えてしまうのです。まあ、夜道でうんぬんはいかにティーレマン信奉者でもやりま

11/15 10:39 sarai

sarai さん。
そんな..Thielemann が「嫌い」などと、夜道で後ろから刺されるようなことは言わないで下さい。
別に「嫌い」ということはないですよ。
今年は既に4回も聴

11/15 09:39 Steppke

Steppkeさん

saraiです。最前列で聴いたので、ほとんど弦セクションの音が響きました。それが狙いなので、満足しました。本文にも書きましたが、ウィーン・フィルのブルッ

11/14 13:15 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR