FC2ブログ
 
  

リューベック散策:トラヴェ川クルーズに出発

2018年8月20日月曜日@リューベック

旅の8日目、リューベックLübeckの2日目です。

今朝のリューベックの空は雲が広がっています。寒そうにジャンパーなどの外套を羽織っている人が多いです。北ドイツの夏の終わりはこんなものなのでしょうか。天気予報も、雨40%となっています。今日は覚悟して出かけましょう。その前に、朝ごはんです。朝食レストランに行くと、あまりの人の多さにびっくりです。このホテルは思った以上に部屋数もあり、人気のホテルのようですね。朝食は一般的な内容ですが、充実した品々です。茹で卵があります。カフェラテをお願いすると、ポットにたっぷりのコーヒーとホットミルクを持ってきてくれます。スイカは旬なのか、どこでも甘くて美味しいです。しっかり頂きます。

ホテルのチェックアウトをし、レセプションに荷物を預けて、昨夕に引き続き、リューベックの旧市街の散策に出かけます。ホテルを出ると、目の前はトラヴェ川Traveです。早速、トラヴェ川クルーズ船乗り場へ直行します。
まずはチケットを購入。

2019062701.jpg



クルーズ開始は10時からなのですが、今ちょうど10時です。第1便に間に合います。10人ほどのクルーズ客ですが、クルーズ船は定時にちゃんと出発です。チケット売り場の表示は既に次の10時半の第2便になっていますね。

2019062702.jpg



クルーズ客全員が後部のデッキに陣取り、なんだか家族的な雰囲気です。

2019062703.jpg



saraiの後ろには煉瓦造りの塩倉庫Salzspeicherが見えています。

2019062704.jpg



クルーズ船はクルーズ船乗り場から離れていきます。この後、グルリと川の中洲にあるリューベックの町の周りを一周するコースを航行する筈です。

2019062705.jpg



クルーズ船乗り場に停泊している僚船の横を通り過ぎていきます。因みにこのクルーズ船はクヴァント・リーニエ・リューベックQuandt-Linie-Lübeckという遊覧船会社が運行しています。このクルーズ船乗り場はホルステン門テラスHolstentor-Terrassenという乗り場です。説明はドイツ語のみ。残念ですが、ほとんど分かりません。まあ、風景を楽しむことに専念しましょう。

2019062706.jpg



すぐにホルステン門と旧市街を繋ぐホルステン橋Holstenbrückeの下をくぐります。ぎりぎりの幅ですね。

2019062707.jpg



無事にくぐり抜けました。

2019062708.jpg



くぐり抜けたホルステン橋の向こうに塩倉庫がかろうじて見えています。

2019062709.jpg



橋が次第に遠ざかっていきます。

2019062710.jpg



橋がずい分遠くになります。

2019062711.jpg



このあたりは昨夜、レストランからの帰りに歩いたところです。船の上からだと、随分、印象が変わります。

2019062712.jpg



ちょうど、マリエン教会Marienkircheの2本の尖塔がフィッシュ通りFischstraßeの先に見えます。後で訪れる予定です。

2019062713.jpg



左手に見える大きな建物は5つ星ホテルのラディソン ブルー セナター ホテル リューベックRadisson Blu Senator Hotel。

2019062714.jpg


マリエン教会は建物の陰に隠れ、尖塔の先だけが見えています。

2019062715.jpg



再び、樹木が邪魔していますが、マリエン教会がアルフ通りAlfstraßeの先に見えます。

2019062716.jpg



再び、マリエン教会の2本の尖塔は建物の向こうに見えます。

2019062717.jpg



またまた、マリエン教会がメング通りMengstraßeの先に見えます。右手には、聖ペトリ教会St. Petri Kircheの尖塔も見えています。

2019062718.jpg



教会の尖塔がいくつも見えています。左がマリエン教会、真ん中が聖ペトリ教会、右に遠く見えているのは大聖堂Dom zu Lübeckの2本の尖塔でしょうか。壮観ですね。

2019062719.jpg



左手はコンサートホール、ムジーク&コングレス・ハレMusik- und Kongresshalle Lübeckの前に差し掛かります。

2019062720.jpg



目の前に歩行者専用の橋、ムジーク&コングレス・ハレ橋Muk-brückeが迫ります。

2019062721.jpg



この橋をくぐると、その先の川岸にはずらっとクルーザーが係留されています。昨夜もこのあたりを歩きました

2019062722.jpg



このムジーク&コングレス・ハレ橋のたもとでクルーズ船がいったん停泊します。2番目の乗り場、ムジーク&コングレス・ハレ/ブスパルク広場MuK/Busparkplatzです。

2019062723.jpg



この乗り場で数名のクルーズ客が乗り込みます。

2019062724.jpg



ここまでのクルーズ船の航行ルートを地図で確認しておきましょう。

2019062725.jpg



リバークルーズはまだ、始まったばかりですが、昨夕散策した風景を船の上からあたかも復習するかのごとくです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

リューベック散策:トラヴェ川クルーズの行く手はどこなの?

2018年8月20日月曜日@リューベック/2回目

トラヴェ川Traveのクルーズ船遊覧を楽しんでいるところです。2番目のクルーズ船乗り場で残りの乗客を乗せて、いよいよ、後はノンストップのクルーズ遊覧が始まります。
地図で場所を確認しておきましょう。今はムジーク&コングレス・ハレ/ブスパルク広場MuK/Busparkplatzで停泊したところです。

2019062801.jpg



このクルーズ船乗り場を出航しました。後ろに見えているのはコンサートホール、ムジーク&コングレス・ハレMusik- und Kongresshalle Lübeckです。

2019062802.jpg



川岸には美しい帆船が停泊しています。在りし日のハンザ同盟を思い浮かべます。

2019062803.jpg



その先の川岸にも帆船がずらりと係留されています。ハンザ同盟の商船隊ですね。

2019062804.jpg



傍らの川岸の遊歩道をベビーカーを押す家族が散策しています。長閑な光景です。これが現在のリューベックの町の日常ですね。

2019062805.jpg



やがて、ドレー橋Drehbrückeを過ぎます。橋のたもとには綺麗な煉瓦造りの建物があります。

2019062806.jpg



クルーズ船の行く手には川幅が広がったトラヴェ川が続きます。

2019062807.jpg



このあたりはハンザ同盟時代の商船港なんでしょうか。

2019062808.jpg



川岸に沿って、ファサードの綺麗な建物が並んでいます。

2019062809.jpg



グローセ・アルテフェーレ通りGroße Altefähreのあたりのようです。建物の上にちょこんと見えている尖塔はヤコビ教会St. Jakobi Kirche zu Lübeckのようです。

2019062810.jpg



もう旧市街のある中洲の外れ近くまでやってきたようです。

2019062811.jpg



今度は先ほどよりもはっきりとヤコビ教会の尖塔が見えます。右のほうにはマリエン教会Marienkircheの2本の尖塔が小さくなって見えます。

2019062812.jpg



なかなか立派な帆船が停泊していますね。

2019062813.jpg



中洲の北端にあるフープ橋Hubbrücke Lübeckが見えてきます。この橋をくぐると、中洲の東側を流れるトラヴェ運河Kanal Traveに入れる筈です。そちらを通って、リューベックの町をぐるり一周できますね。

2019062814.jpg



右のほうに広がる旧市街を眺めると、ヤコビ教会の建物が見通せます。その右にはマリエン教会の建物も見えます。

2019062815.jpg



ええーっ!! 何とクルーズ船はトラヴェ運河に向かわずにどんどん離れていきます。どうなってるの?

2019062816.jpg



クルーズ船は中洲にある旧市街を離れて、トラヴェ川を海のほうに向かって遡っていきます。

2019062817.jpg



この遊覧クルーズは旧市街一周だと思っていたのでびっくりです。みるみるうちに旧市街が遠ざかっていきます。

2019062818.jpg



大きな港湾施設の横を凄い勢いで通り過ぎていきます。

2019062819.jpg



ここまでの航行ルートを地図で確認しておきましょう。

2019062820.jpg



もしかしたら、トラヴェ川の河口まで行って、バルト海を見せてくれるんでしょうか。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

リューベック散策:トラヴェ川クルーズは旧市街に戻り、トラヴェ運河へ

2018年8月20日月曜日@リューベック/3回目

トラヴェ川Traveのクルーズ船遊覧を楽しんでいるところです。クルーズ船は中洲にある旧市街を離れて、トラヴェ川を海のほうに向かって遡っていきます。一体、この後、クルーズ船はどこを遊覧するのか、期待と不安がないまぜになります。
トラヴェ川を快調に走るクルーズ船からは旧市街はずい分遠くに離れて眺められます。

2019062901.jpg



前方に大きな橋が見えてきます。トラヴェ川もこのあたりでは川幅が広くなっています。この橋はエリック・ヴァルブルク橋Eric-Warburg-Brückeです。

2019062902.jpg



おっと、この橋が見えるのが合図なのか、ここでクルーズ船は転回を始めます。

2019062903.jpg



クルーズ船はどんどん向きを変えていきます。

2019062904.jpg



完全に針路をリューベックLübeckの旧市街に定めます。さあ、戻りましょう。

2019062905.jpg



ここでリューベックに戻ることになって、ちょっと残念な気もします。バルト海も見たかったですね。でも、ここから河口までは少なくとも10Kmはありそうです。

針路を旧市街に定めたクルーズ船はぐんぐん、走っていきます。ヤコビ教会St. Jakobi Kirche zu Lübeck、マリエン教会Marienkirche、聖ペトリ教会St. Petri Kircheの尖塔群がはっきりと視界に入ってきます。

2019062906.jpg



トラヴェ川の港湾施設の中を抜けて、旧市街に向かっていきます。

2019062907.jpg



ますます、旧市街が近づいてきます。

2019062908.jpg



旧市街のある中洲まで戻ってきました。

2019062909.jpg



さて、元来たトラヴェ川の前です。先ほどの航路に戻るのでしょうか。

2019062910.jpg



目の前には旧市街の絶景が広がります。ヤコビ教会とマリエン教会が並び立つ眺めは素晴らしい。各地での取引を終えて戻ってきたハンザ同盟の商人たちはこの風景を見て、自分たちの町に戻ってきた実感で胸がいっぱいになったことでしょう。

2019062911.jpg



おおっ、中洲の北端にあるフープ橋Hubbrücke Lübeckに向かっていきます。この橋をくぐって、中洲の東側を流れるトラヴェ運河Kanal Traveに入るようです。

2019062912.jpg



クルーズ船の舷側からは中洲の西側を流れるトラヴェ川が見えます。先ほど航行してきたルートです。

2019062913.jpg



フープ橋をくぐります。

2019062914.jpg



フープ橋をくぐるとすぐに次の橋、ブルク門橋Burgtorbrückeがあります。橋の前に立つ大きな塔はブルク門Burgtorです。

2019062915.jpg



後ろを振り向くと、今くぐってきたフープ橋があります。

2019062916.jpg



すっかり、トラヴェ運河に入りました。

2019062917.jpg



続いて、ブルク門橋もくぐりました。

2019062918.jpg



ブルク門が後ろに離れていきます。ブルク門はその名の通り、北側から旧市街に入る城門です。リューベックの旧市街は周りを水で囲まれた鉄壁の城塞都市でもあったのですね。

2019062919.jpg



ここまでの航行ルートを地図で確認しておきましょう。

2019062920.jpg



ここからは旧市街を東側のトラヴェ運河から眺めましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

リューベック散策:トラヴェ川クルーズはトラヴェ運河を行く

2018年8月20日月曜日@リューベック/4回目

トラヴェ川Traveのクルーズ船遊覧を楽しんでいるところです。クルーズ船は中洲にある旧市街に戻り、フープ橋Hubbrücke Lübeckから、中洲の東側を流れるトラヴェ運河Kanal Traveに入りました。

運河沿いのカナル通りKanalstraßeに立ち並ぶファサードの綺麗な建物群が見えてきます。

2019070701.jpg



この建物群の右手には通り過ぎたブルク門Burgtorもまだ見えています。

2019070702.jpg



さらに後ろを振り返ると、ブルク門橋Burgtorbrückeとフープ橋Hubbrücke Lübeckも見えています。

2019070703.jpg



カナル通り沿いには色とりどりの建物が建ち並んでいます。

2019070704.jpg



その建物群と立体駐車場の間から、ヤコビ教会St. Jakobi Kirche zu Lübeckの尖塔が顔を覗かせます。

2019070705.jpg



その立体駐車場の前の桟橋には白い鳥がずらりと並んでいます。我々のお出迎えと言いたいところですが、みな、そっぽを向いていますね。

2019070706.jpg



立体駐車場の前を通り過ぎると、ヤコビ教会の姿がすっきりと見通せるようになります。

2019070707.jpg



ヤコビ教会の姿を見ながら、クルーズ船は走っていきます。

2019070708.jpg



後ろを見ると、ブルク門が建物の陰に隠れようとしています。ブルク門橋もずい分遠くに離れました。

2019070709.jpg



ヤコビ教会の姿が樹木の陰に隠れると、今度はかなり遠くにマリエン教会Marienkircheの2本の尖塔、そして、その横に聖ペトリ教会St. Petri Kircheの尖塔も見えてきます。

2019070710.jpg



後ろを振り返ると、運河が湾曲していて、もはや、ブルク門橋も見えなくなりそうです。それに運河はこのあたりになると、随分、川幅が広くなってきました。

2019070711.jpg



木々の間から、時折、ヤコビ教会の尖塔が顔を覗かせます。

2019070712.jpg



クルークハーフェン橋Klughafenbrückeをくぐり抜けました。

2019070713.jpg



このクルークハーフェン橋は特異な姿をしています。川岸の両端にある大きなクレーンのようなもので橋を持ち上げています。多分、このクレーンが可動式になっていて、橋の高さを変えられるようになっているのでしょう。大きな船が通過するときには橋が高く持ち上げられるような構造です。橋のたもとに停泊している船はイタリア料理のレストランです。

2019070714.jpg



そのクルークハーフェン橋もたちまち離れていきます。クルーズ船は快調に走っていきます。

2019070715.jpg



またまた、レストラン船です。運河沿いでの食事には最高の立地ですね。

2019070716.jpg



中洲の対岸には、緑が多く、新しいモダンな建物が建っています。旧市街とは好対照です。

2019070717.jpg



ヒュクスター橋Hüxtertorbrückeをくぐり抜けました。

2019070718.jpg



ここからは川幅も狭くなり、運河の両側の岸辺は樹木に覆われて、緑あふれる雰囲気です。行く手にはまた橋が見えてきます。

2019070719.jpg



ここまでの航行ルートを地図で確認しておきましょう。

2019070720.jpg



ちょうどホルステン門の中洲の反対側のあたりまでやってきました。トラヴェ運河も中洲の半分ほど来たことになります。中洲の周りを半周したんですね。
まだまだ、トラヴェ川クルーズは続きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

リューベック散策:クルーズ船からの大聖堂の眺め

2018年8月20日月曜日@リューベック/5回目

トラヴェ川Traveのクルーズ船遊覧を楽しんでいるところです。クルーズ船は中洲の東側を流れるトラヴェ運河Kanal Traveの半ばを過ぎたところです。先ほどのトラヴェ川とは逆サイドから中洲の旧市街を眺めながら、クルーズ船は進みます。

運河沿いの緑の中を進んでいます。

2019070801.jpg



次の橋、レーダー橋Rehderbrückeもくぐり抜けて、既に遠く後ろに離れました。

2019070802.jpg



また、ミューレントーア橋Mühlentorbrückeをくぐり抜けました。運河の両岸は緑の樹木に覆われています。

2019070803.jpg



後ろを振り返ると、そのミューレントーア橋がどんどん遠ざかります。

2019070804.jpg



運河は緩やかなカーブを描いています。

2019070805.jpg



ここでクルーズ船はぐんぐん回頭していきます。

2019070806.jpg



右手の水路に進入していきます。

2019070807.jpg



この狭い水路は実はトラヴェ川Traveなんです。行く手には大聖堂Dom zu Lübeckの尖塔も見えてきます。

2019070808.jpg



樹木の陰から大聖堂の尖塔が1本だけ見えています。

2019070809.jpg



目の前に橋が見えてきます。これは橋と言うよりもヴァル通りWallstraßeの一部なんです。

2019070810.jpg



橋をくぐり抜けて、かなり狭くなった運河のような川をぎりぎりに進んでいきます。川岸のすぐ近くに大聖堂が見えています。

2019070811.jpg



大聖堂の対岸には川遊び用なのか、ボートが並んでいます。長閑な雰囲気の場所です。

2019070812.jpg



ようやく大聖堂の尖塔が2本とも見えます。これまでは角度的に2本が重なっていました。

2019070813.jpg



大聖堂を間近に見るあたりで、急に日が差してきて、川の水面も輝いています。気持ちのよいクルーズになります。

2019070814.jpg



大聖堂の正面近くまでクルーズ船は進んできます。

2019070815.jpg



遂に大聖堂の真正面に出ます。この眺めは昨日の地上の散策でも見なかったものです。最高の大聖堂の眺めです。

2019070816.jpg



明るい陽光に輝く大聖堂を眺めながら、クルーズは終盤に差し掛かります。

2019070817.jpg



ここまでの航行ルートを地図で確認しておきましょう。

2019070818.jpg



あと少しだけ、クルーズを楽しみます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

リューベック散策:聖ペトリ教会の前でクルーズ旅は完了

2018年8月20日月曜日@リューベック/6回目

トラヴェ川Traveのクルーズ船遊覧を楽しんでいるところです。ホルステン門Holstentor近くから出発したクルーズ船はトラヴェ川をしばらく走った後、中洲の東側を流れるトラヴェ運河Kanal Traveを走り、再び、トラヴェ川に戻って、中洲の旧市街の周りをぐるりと一周して、大聖堂Dom zu Lübeckの前を通り過ぎました。

大聖堂の姿が少しずつ離れていきます。

2019070901.jpg



川岸沿いの通り、アン・デア・オーバートラヴェ通りAn der Obertraveの前には美しい建物が並んでいます。

2019070902.jpg



トラヴェ川はここから右に大きく湾曲していきます。

2019070903.jpg



その湾曲したトラヴェ川の行く手にダンクヴァルツ橋Dankwartsbrückeが見えてきます。

2019070904.jpg



そのダンクヴァルツ橋にどんどん近づいていきます。とても橋と水面の間が狭いように見えますが大丈夫なのでしょうか。

2019070905.jpg



どうやら、このダンクヴァルツ橋は歩行者専用の橋のようです。橋に差し掛かると、急に視界が開け、マリエン教会Marienkirche、聖ペトリ教会St. Petri Kircheの尖塔が見えてきます。

2019070906.jpg



何とかぎりぎりでダンクヴァルツ橋をくぐり抜けました。

2019070907.jpg



朝方はどんよりと曇っていた空も今では少し青空も見えています。もう、最初の乗船場所のあたりまで戻ってきました。聖ペトリ教会の尖塔、マリエン教会の2本の尖塔が見えて、美しい風景が広がっています。

2019070908.jpg



手前が聖ペトリ教会、その向こうの2本の尖塔がマリエン教会です。そのいずれにもこれから訪れる予定です。

2019070909.jpg



トラヴェ川沿いには旧市街の綺麗な建物が建ち並び、美しい町並みを形作っています。

2019070910.jpg



オーバートラヴェン橋Obertravenbrückeに差し掛かります。この橋も歩行者専用の橋です。この橋を過ぎるともう、クルーズ船乗り場です。

2019070911.jpg



オーバートラヴェン橋の下をくぐります。聖ペトリ教会の姿が一段と大きく見えてきます。

2019070912.jpg



橋をくぐり抜けて、聖ペトリ教会の前に出ます。トラヴェ川からの美しい眺めです。

2019070913.jpg



クルーズ船は航海を終えて、クルーズ船乗り場に着岸していきます。

2019070914.jpg



クルーズ船乗り場のチケット売り場の小屋が近づきます。その向こうには聖ペトリ教会の姿が見えています。

2019070915.jpg



クルーズ船のスタッフが岸に飛び移り、船をロープで引っ張ります。

2019070916.jpg



そして、船をロープで固定。

2019070917.jpg



さて、立ち上がって、下船しましょう。

2019070918.jpg



配偶者がクルーズ船から岸に上陸します。

2019070919.jpg



上陸してチケット売り場を見ると、次のクルーズは11時半という表示になっています。我々のクルーズはきっかり1時間でした。3隻のクルーズ船が1時間のクルーズと30分の休憩というサイクルで30分おきにリバークルーズを実施しているようです。ご苦労様です。

2019070920.jpg



なかなか見ごたえのある楽しいリバークルージングでした。その途中、乗り合わせた女性が、我々二人の写真を撮ってくれました。二人は幸福そうな絵顔で写真に収まっていました。ダンケ。

2019070921.jpg



このクルーズ旅の航行ルートを地図で確認しておきましょう。

2019070922.jpg



船を降りた後は、目の前に見えている聖ペトリ教会に向かいます。尖塔の上に上がって、リューベックの美しい町の景色を上から眺めます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

リューベック散策:聖ペトリ教会の塔の上からの絶景

2018年8月20日月曜日@リューベック/7回目

トラヴェ川Traveのクルーズ船遊覧を終えて、今度は地上でのリューベックLübeck散策に移ります。遊覧船乗り場の目の前に見えている聖ペトリ教会St. Petri Kircheに向かいます。

2019071401.jpg



狭い路地のパゲニエン通りPagönnienstraßeを抜けていくと、聖ペトリ教会の尖塔の姿がだんだん大きくなります。

2019071402.jpg



すぐに煉瓦塀に突き当たります。煉瓦塀に沿って、コルク小路Kolkが続いています。

2019071403.jpg



そのコルク小路を進みます。右手には人形劇博物館TheaterFigurenMuseumと人形劇劇場があります。これは昨日も見ました。

2019071404.jpg



路地をぐるっと周り込むと、聖ペトリ教会の真ん前に出ます。

2019071405.jpg



教会の尖塔が空を突く差すように聳え立っています。これから、あの尖塔に上って、リューベックの町の風景を眺めてみましょう。

2019071406.jpg



入り口から教会の内部にはいりましょう。

2019071407.jpg



内部は白が基調となったゴシック風の空間が広がっています、

2019071408.jpg



聖ペトリ教会の塔の上まではエレベーターで昇れるので楽ちんです。大人一人4ユーロですが、楽できるから仕方ありません。

2019071409.jpg



行列に並んで、ショップでチケットを買い求めます。

2019071410.jpg



エレベーターで早速、塔の上に上がります。そして、塔の上からのリューベックの絶景に歓声を上げます。リューベックの旧市街すべてが視界に収められます。赤い三角屋根の家々の連なりはとても美しいです。先ほど、クルーズしたトラヴェ川の川面も美しく輝いています。

2019071411.jpg



視線を左に移すと、大聖堂Dom zu Lübeckも見えています。

2019071412.jpg



じっくりと腰を据えて、リューベックの町の景観を楽しむことにしましょう。


(今日はちょっとショートバージョンで失礼します。ウィンブルドンテニスの男子シングルス決勝に釘付けになっていました。フェデラーもジョコヴィッチも素晴らしいプレーを展開しましたね。東京オリンピックのテニス決勝戦のチケットが落選して残念です。)



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

リューベック散策:聖ペトリ教会の塔の上から、旧市街の眺めを満喫

2018年8月20日月曜日@リューベック/8回目

トラヴェ川Traveのクルーズ船遊覧を終えて、地上でリューベックLübeck散策しています。現在、聖ペトリ教会St. Petri Kircheの塔の上からの眺めを楽しんでいるところです。360度、リューベックの旧市街すべてが見渡せます。西のほうには町のシンボルとも言えるホルステン門Museum Holstentorが見えています。オレンジ色の三角屋根の町並みとマッチして、まるでおとぎの国のようです。

2019071501.jpg



そのホルステン門の右手には、トラヴェ川沿いに5つ星ホテルのラディソン ブルー セナター ホテル リューベックRadisson Blu Senator Hotel、大きなコンサートホールの建物であるムジーク&コングレス・ハレMusik- und Kongresshalle Lübeckが並んで見えています。

2019071502.jpg



トラヴェ川沿いには旧市街の町並みがずっと続いています。

2019071503.jpg



さらに右に視線を転じると、北のほうには、これまた、町のシンボルのマリエン教会Marienkircheの2本の尖塔が見えます。その右手奥には、カタリーネン教会Katharinenkircheも見えています。

2019071504.jpg



マリエン教会の右手前には、旧市庁舎Historische Rathaustreppe Lübeckとその手前のマルクト広場Markt Lübeckが見えます。このあたりが旧市街の中心で、リューベックがハンザ同盟Hanzaの盟主だったころの重厚な雰囲気が感じられます。

2019071505.jpg



再び、北の方角のトラヴェ川とマリエン教会に挟まれた町並みを眺めます。立派な町並みが続いています。ハンザ同盟の商人たちの豪壮な館が夢の跡のように建ち並んでいます。

2019071506.jpg



その旧市街の向こうには緑が広がっています。その先は見えませんが、ハンザ同盟の商人たちが活躍したバルト海(読者の方からのご指摘で訂正)はすぐ近くにあります。

2019071507.jpg



聖ペトリ教会の真下を見下ろします。ホルステン門からマルクト広場へ続くホルステン通りHolstenstraßeには人が豆粒のように見えています。

2019071508.jpg



東のほうを眺めると、聖エギディエン教会Ägidienkircheの尖塔が見えます。本当にこの町には大きな教会が林立しています。

2019071509.jpg



再び、マリエン教会の美しい姿に視線が吸い寄せられます。手前の旧市庁舎と合わせて、やはり、旧市街の華とも言える存在です。

2019071510.jpg



旧市街の眺めもぐるっと一周して、南に見える大聖堂Dom zu Lübeckに戻ります。

2019071511.jpg



南の大聖堂と東の聖エギディエン教会を眺めます。昨日、散策したコースの教会を今日は上から眺めています。復習しているようなものです。

2019071512.jpg



先ほどまでクルーズしていたトラヴェ川を見下ろします。最後にくぐり抜けた歩行者専用のオーバートラヴェン橋Obertravenbrückeが見えています。川面には周りの風景が映り込んでいます。

2019071513.jpg



オーバートラヴェン橋の周りの水辺の風景はとても美しいですね。

2019071514.jpg



再び、大聖堂の姿を眺めます。大聖堂の周りは緑に覆われています。大聖堂の手前に見える教会の塔は聖心教会Propsteikirche Herz Jesuです。

2019071515.jpg



今度は西のほう。ホルステン門の先のリューベック中央駅Lübeck Hbfの近くを眺めます。ここにも大きな教会が見えています。聖ローレンツ教会Kirchengemeinde St. Lorenzです。

2019071516.jpg



ホルステン門も子細に眺めます。大勢の観光客で賑わっています。後で行ってみましょう。

2019071517.jpg



ホルステン門とそれに隣接する塩倉庫Salzspeicherです。

2019071518.jpg



聖ペトリ教会の塔の上からの眺めは絶景でした。グルリと地球の丸ささえも感じられました。リューベックの町の向こうはどこまでも続く大平原です。じっくりと眺めさせてもらいました。

地図で旧市街の様子を確認しておきましょう。

2019071519.jpg



さあ、また、地上に降りてきました。聖ペトリ教会の塔を見上げます。

2019071520.jpg



トラヴェ川・運河からの眺め、聖ペトリ教会の塔の上からの眺めを楽しんだ後は、実際に地上を歩いて、美しい旧市街を散策しましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

リューベック散策:マルクト広場と雰囲気のある旧市庁舎

2018年8月20日月曜日@リューベック/9回目

リューベックLübeckの旧市街を散策しています。聖ペトリ教会St. Petri Kircheの塔の上からの眺めを楽しんだ後、次は旧市街の中心にあるマルクト広場Markt Lübeckに向かいます。マルクト広場の前の通り、コールマルクトKohlmarktに出ると、大きな花屋が配偶者の目を惹きます。

2019071701.jpg



おーっ、エリカの花がありますね。北ドイツはエリカの季節です。明日はいよいよリューネブルガー・ハイデLüneburger Heideにエリカの大群落を見に出かけます。ここでエリカの花を見かけるのは幸先よいですね。

2019071702.jpg



どうです。ここにもちょっとしたエリカの群落があります。

2019071703.jpg



エリカの花をじっくりと眺めたところでマルクト広場に入ります。

2019071704.jpg



マルクト広場に入ると、そこには旧市庁舎Historische Rathaustreppe Lübeckの建物とその先にマリエン教会Marienkircheの2本の尖塔が見えます。

2019071705.jpg



広場には名産品のお店も出ています。

2019071706.jpg



特有の色彩の市庁舎の建物に感嘆します。

2019071707.jpg



何ともかっての繁栄の時代の雰囲気が充満しています。

2019071708.jpg



ここには多くの観光客が詰めかけています。

2019071709.jpg



アーチの柱の連なる建物は美しさにあふれています。

2019071710.jpg



再び、旧市庁舎の建物を見上げます。その磁力のような魅力に惹き付けられます。

2019071711.jpg



配偶者は広場に出ている露店市場のほうが気になるようです。

2019071712.jpg



美味しそうなリンゴが並んでいます。

2019071713.jpg



saraiはまだ、こだわって、旧市庁舎の建物を離れたところから眺めます。実に美しいですね。

2019071714.jpg



古い雰囲気の旧市庁舎とその前の広場の露店は面白い組み合わせです。

2019071715.jpg



なまめかしい美女の絵が描かれた車に積まれた現代的なコーヒーマシンのお店が印象的です。

2019071716.jpg



このあたりの露店はさほど賑わっていませんね。

2019071717.jpg



旧市庁舎の建物の下を抜けて、マルクト広場から外の通りに出ます。商店街の立ち並ぶブライテ通りBreite Straßeです。目の前には、名物菓子のマルチパン(マジパン)の有名店、ニーダーエッガーNiedereggerがあります。後で寄ってみましょう。

2019071718.jpg



ニーダーエッガーのお店の通りを挟んだ反対側は今、マルクト広場から眺めていた旧市庁舎の裏側が見えます。こちら側も素晴らしい出窓風の建物になっています。

2019071719.jpg



ブライテ通りをちょっと進んで、見かけた大きな本屋さん、Pressezentrum Lübeckに入ってみます。

2019071720.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2019071721.jpg



お店に入ると、まずは漫画コーナーに目がいきます。もちろん、並んでいるのは日本の漫画です。この漫画コーナーは日本が占拠しています。日本の漫画はすごい文化ですね。と、saraiが大ピンチ。お腹が緩くなってきます。いつものことですが、困ったもんだと配偶者が呆れていますが、saraiはそれどころじゃありません。こちらには日本のようにやたらとトイレはありません。トイレのあるカフェにでも駆け込むしかありません。うー、焦る!!



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

リューベック散策:美味しいマジパン、そして、マリエン教会の巨大なパイプオルガン

2018年8月20日月曜日@リューベック/10回目

リューベックLübeckの旧市街を散策しています。本屋さんの中でsaraiのお腹が緩くなり、大ピンチ。予定を早めて、名物のマジパンのカフェに駆け込みます。ニーダーエッガーNiedereggerの旧市庁舎の建物の1階のアーケードにあるカフェArcades Cafeです。

2019071801.jpg



とるものもとりあえず、カフェのスタッフのお姉さんにトイレの場所を訊き、ようやく、用を足します。これで落ち着きます。さあ、マジパン入りのトルテをいただきます。アーモンドの粉を練りあげたマジパンはこのリューベックの名物です。紅茶で頂きましょう。マジパンのほんのりとした香ばしさを引き立たせる優しい甘さのケーキで大満足です。

2019071802.jpg



とても美味しいので、マジパンをお土産にしましょう。と、いきなり雨が降り出し、大騒ぎです。私たちはカフェの店内にいるので、なんの問題もありません。ゆったりとお茶を楽しんでいるうちに、雨は上がります。人騒がせな通り雨ですね。日差しも出てきたので、街歩き再開です。まずは、すぐ目の前のマジパンのショップ、ニーダーエッガーNiedereggerに行きます。

2019071803.jpg



観光客でいっぱいです。人をかき分けて、店内に入ります。

2019071804.jpg



美味しそうなマジパンが並んでいます。お土産にマジパン各種を購入。

2019071805.jpg



可愛い動物の形をしたマジパンは孫たちのお土産に購入します。

さあ、お店を出て、散策を再開します。

2019071806.jpg



お店の前には賑やかな通り、ヒュシ通りHüxstraßeがあります。ちょっと気を引かれますが、次はマリエン教会に行くので、この通りはパス。

2019071807.jpg



ブライテ通りBreite Straßeを進みます。すると、素晴らしいアーチの通廊があります。

2019071808.jpg



この通廊を歩いていきます。何とも言えない、昔を思わせる雰囲気です。

2019071809.jpg



通廊の先には、町一番の教会、マリエン教会Marienkircheが見えてきます。

2019071810.jpg



これは教会の後ろからの眺めですが、ゴシック様式の美しい教会ですね。

2019071811.jpg



これが今まで歩いていたアーチの柱の連なる通廊です。

2019071812.jpg



マリエン教会の側面に入り口が見えます。早速、中に入りましょう。

2019071813.jpg


ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2019071813A.jpg



教会の内部に入ると、まずはお目当てのパイプオルガンが目に入ります。

2019071814.jpg



この教会のパイプオルガンを弾くブクステフーデに感銘を受けて、毎日、バッハが通い詰めたという昔話にsaraiはとても興味を惹かれていたんです。とりあえず、パイプオルガンを目にしたので、安心して、次は主祭壇のほうを眺めます。ゴシック様式の素晴らしい空間です。外からの光が燦燦と差し込んでいます。

2019071815.jpg



しかし、主祭壇自体はさっぱりしたものです。やはり、第二次世界大戦の戦禍で破壊されて後に再建されたせいでしょうか。あるいはドイツのプロテスタント的な質素さなんでしょうか。

2019071816.jpg



もう一度、パイプオルガンを主祭壇の前からしっかりと眺めます。

2019071817.jpg



8512本のパイプを持つ、世界最大級のパイプオルガンです。そして、何よりもこのオルガンを弾いていたのは、偉大なオルガニスト・作曲家のブクステフーデです。

2019071818.jpg



さあ、しばらく、この教会の重厚な内部空間を見て回ります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

リューベック散策:マリエン教会の美しい内部空間

2018年8月20日月曜日@リューベック/11回目

リューベックLübeckの旧市街を散策しています。
現在、リューベックの町一番の教会、マリエン教会Marienkircheの内部空間を眺めています。天井を見上げると、身廊のヴォールトの連なりが美しいです。

2019071901.jpg



その天井の先にはパイプオルガンが見えます。

2019071902.jpg



側廊の窓が見えますが、この教会の窓にはステンドグラスがありませんね。教会の修復で最も難しいのはステンドグラスなんでしょう。戦災を受けたヨーロッパの教会はいずれもステンドグラスの修復では苦戦しています。修復と言うよりも新しく作成することしかできないようです。

2019071903.jpg



ゴシック様式の巨大な内部空間を支える頑強な柱です。

2019071904.jpg



その柱にこの教会の守護聖人である聖母マリアと幼子イエスの聖母子像があります。清楚な美しさです。

2019071905.jpg



身廊と側廊の間に林立する柱はそのスケールも装飾も素晴らしいです。

2019071906.jpg



身廊の一番後ろに立って、内部空間全体を見渡します。荘厳なゴシック空間です。よくこんなに立派に修復しましたね。

2019071907.jpg



側廊の床面は煉瓦が敷き詰められています。これが北ドイツ風なのでしょうか。

2019071908.jpg



キリストの十字架像のある礼拝堂です。

2019071909.jpg



北側の側廊から身廊を眺めています。美しい3廊式の空間です。

2019071910.jpg



北側の側廊の主祭壇に近いところに天文時計があります。教会の内部には珍しいですね。ちなみにこの天文時計も戦禍に合い、破壊されたそうですが、ほぼ、一から修復したそうです。ドイツ人の熱意に脱帽。

2019071911.jpg



内陣との仕切りの柵は美しい装飾が施されています。

2019071912.jpg



その仕切りの柵の下にはレリーフが彫られています。左は最後の晩餐、右は香油の女でしょうか。聖書の物語ですね。

2019071913.jpg



これが主祭壇です。小さいけれども凝った彫刻です。近づけないので内容は分かりません。きっと聖母マリアに関するものなのでしょう。

2019071914.jpg



また、キリストの磔刑像があります。これも戦禍で痛んでいますが、ここまで修復したようです。腕の先が欠けているのはむしろメッセージ性を感じます。

2019071915.jpg



最後に柵越しにブクステフーデゆかりのパイプオルガンを眺めます。生の音が聴けなかったのが残念です。

2019071916.jpg



きっと教会のショップにこの教会のパイプオルガンのCDがあるだろうと期待していたら、やはり膨大に置いてあります。ブクステフーデのオルガン全集は7枚シリーズです。決して安くはないので、記念にその中の1枚をゲット。これで満足です。

マリエン教会を出て、リューベックの散策を続けます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

リューベック散策:美しい通りや路地を抜けて、トラヴェ川へ

2018年8月20日月曜日@リューベック/12回目

リューベックLübeckの旧市街を散策しています。
現在、リューベックの町一番の教会、マリエン教会Marienkircheの美しい内部空間を眺め終えて、教会を出ると、旧市議会場Stadtverwaltung Hansestadt Lübeckの重厚な建物が目の前です。これはマルクト広場Markt Lübeckの反対側から眺めたものです。

2019072201.jpg



おや、教会の前に可愛い悪魔の像がありますね。なにやら、教会建設時に逸話の残る有名な悪魔だそうです。建設の邪魔をしたそうですが、教会の近くに酒場を作ると約束すると、無事、和解したそうです。じゃあ、悪魔というより、ただの酒飲み親父みたい。ともあれ、有名な悪魔とめでたくツーショット。

2019072202.jpg



旧市議会場を眺めながら、ブライテ通りBreite Straße沿いの美しいアーチの通廊に移動。

2019072203.jpg



アーチの通廊を歩いて、メンク通りMengstraßeのほうに移動します。すると、緑の樹木の先に白亜の館が見えてきます。

2019072204.jpg



トーマス・マンゆかりのブッデンブロークハウスBuddenbrookhausです。トーマス・マンの祖父母の家でマンも頻繁に訪れたそうです。現在はトーマス・マン兄弟の記念館になっています。小説《ブッデンブローク家の人々》の舞台にもなっています。

2019072205.jpg



ブッデンブロークハウスは外から拝見するだけにします。

2019072206.jpg



このメンク通りにはファサードの美しい建物が並んでいます。それらの多くはかってのハンザ商人の館だったそうです。

2019072207.jpg



また、先ほどのアーチの通廊の前に戻ります。アーチの通廊の端のファサードは時計塔のような美しい佇まいです。

2019072208.jpg



ここから、また、ブライテ通りを北に進みます。通りの先にはヤコビ教会St. Jakobi Kirche zu Lübeckの尖塔が見えています。

2019072209.jpg



ブライテ通りを進むと、だんだん、ヤコビ教会の姿が大きくなります。

2019072210.jpg



途中で右に曲がり、カタリーネン教会Katharinenkircheに向かいます。
と、花屋さんがあり、配偶者の観察が始まります。

2019072211.jpg



この花屋さんにもエリカの花が並んでいます。

2019072212.jpg



カタリーネン教会の前に到着。

2019072213.jpg



残念ながら、ここは今日は休館でした。今日は月曜ですからね。ティントレットの絵を見られずに残念。

2019072214.jpg



昨日は見つからなかったギュンター・グラス・ハウスGünter Grass Houseを探してみましょう。グロッケンギーサー通りGlockengießerstraßeに入ります。

2019072215.jpg



今日は首尾よく、発見します。グロッケンギーサー通り21番地です。

2019072216.jpg



ショーウィンドウを覗き込みます。フォトカードがたくさんぶら下がっています。

2019072217.jpg



が、これも外から拝見しただけ。このリューベックはトーマス・マンとギュンター・グラスという二人のノーベル文学賞受賞者を輩出しています。
グロッケンギーサー通りには美しいファサードの家々が建ち並んでいます。見物している人たちもいます。

2019072218.jpg



グロッケンギーサー通りを少しうろつきますが、そろそろ、戻りましょう。美しい通りでした。

2019072219.jpg



また、ブライテ通りに戻り、そこを突っ切って、ベッカーグルーベ通りBeckergrubeに入ります。大きな劇場があります。テアター・リューベックです。

2019072220.jpg



フュンフハウゼン通りFünfhausenを横切るとき、通りの先を見ると、マリエン教会Marienkircheの塔が見えます。

2019072221.jpg



次の路地を左に入ります。ブロックスクアー通りBlocksquerstraßeです。アーチ風の支え柱が路地の上に架かっていて、なかなかの風情です。

2019072222.jpg



路地を抜けると、ブッデンブロークハウスのあったメンク通りに出ます。また、マリエン教会の尖塔が見えます。

2019072223.jpg



これが今、抜けてきた路地、ブロックスクアー通りです。

2019072224.jpg



メンク通りはトラヴェ川Traveの岸辺に続いています。さっと見渡しますが、さほどの魅力がないので、さらに真っ直ぐに向かいの路地を抜けていきます。

2019072225.jpg



路地を抜けると、アルフ通りAlfstraßeに突き当たります。今度はほぼ正面にマリエン教会が見えます。

2019072226.jpg



このあたりは再開発中らしく、工事現場になっています。美しい町が再建されるのでしょう。

2019072227.jpg



アルフ通りを歩いて、トラヴェ川に出ます。

2019072228.jpg



トラヴェ川沿いのアン・デア・ウンタートラヴェ通りAn der Untertraveには、重厚な建物が並んでいます。

2019072229.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2019072230.jpg



この後は最後にホルステン門を見ておきましょう。リューベック散策も終わりが近づきます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

リューベック散策:重厚で美しいホルステン門

2018年8月20日月曜日@リューベック/13回目

リューベックLübeckの旧市街を散策しています。
リューベックの町界隈を歩き回った末に、たどり着いたのは、やはり、トラヴェ川Traveの岸辺。対岸には、有名なコンサートホール、ムジーク&コングレス・ハレMusik- und Kongresshalle Lübeckが見えています。前にも書きましたが、巨匠ギュンター・ヴァント指揮、北ドイツ放送響によるライヴ映像のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭(2001年)でのブルックナーの交響曲第9番の素晴らしい演奏が思い出されます。ちなみにシュレースヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭の会場は大聖堂Dom zu Lübeckも使われています。ヴァントの大聖堂でのライヴ映像も残されています。

2019072301.jpg



少し遅れて付いて来た配偶者が車の往来の多いアン・デア・ウンタートラヴェ通りAn der Untertraveを渡ろうとしています。配偶者の後ろには通り沿いに北ドイツらしい色彩の建物が並んでいます。いずれの建物もファサードが大きくて立派です。

2019072302.jpg



ここからトラヴェ川沿いにホルステン門Museum Holstentorに向かいます。まだ、間近で見物していませんでしたからね。すぐに旧市街のある中洲とホルステン門を繋ぐホルステン通りHolstenstraßeに着き、トラヴェ川に架かる短い橋、ホルステン橋Holstenbrückeを渡ります。橋の上から、トラヴェ川を眺めます。すぐ左手には、5つ星ホテルのラディソン ブルー セナター ホテル リューベックRadisson Blu Senator Hotelが見えています。

2019072303.jpg



ホルステン門の前に出ます。ホルステン門は明るい光の中で堂々としています。

2019072304.jpg



ホルステン門に近づいていきます。実にどっしりしています。saraiがドイツ音楽で感じる重心の低い重厚さを建築物で表現したかのようです。

2019072305.jpg



間近でホルステン門を見上げます。雄大です。

2019072306.jpg



ホルステン門のアーチの上には、金文字で《1477 S.P.Q.L. 1871》と書かれています。ホルステン門は1469年から1477年にかけて建造されました。最初の《1477》はホルステン門の完成した年を表します。次の《S.P.Q.L.》はラテン語で《Senatus Populusque Lubecensis》の略で、《参事会およびリューベック市民》という意味です。元々は古代ローマ帝国が用いていたラテン語の《S.P.Q.R.》:《Senatus Populusque Romanus》(元老院とローマの市民)をもじって、リューベックの誇りと栄光を表したものです。最後の《1871》はドイツ帝国Deutsches Kaiserreichの成立した年です。プロイセン王国によるドイツの統一が成った年とも言えます。プロイセン国王ヴィルヘルム1世をドイツ皇帝に戴きました。なお、ドイツ帝国はプロイセン、バイエルン、ヴュルテンベルク、ザクセンの4王国を中心とした連邦国家であり、リューベックは自由都市として、連邦の一翼を担っていました。因みにリューベックのほかの自由都市はハンブルクとブレーメンの2つでした。これから訪問予定の北ドイツの町です。

2019072307.jpg



ホルステン門をくぐると、広大な緑の広場が続いています。ここからがリューベックの城門外になります。

2019072308.jpg



ホルステン門を振り返ると、アーチの上にラテン語で《CONCORDIA DOMI FORIS PAX》と書かれています。《(門の)内(リューベック)は結束、(門の)外には平和を》という意味です。いかにもハンザ同盟盟主のリューベックらしい言葉ですね。いずれにせよ、古代ローマ帝国、神聖ローマ帝国の栄光を継承する気概が見えます。

2019072309.jpg



城門外から、ホルステン門の威容を眺めます。

2019072310.jpg



ホルステン門の右手には、塩倉庫Salzspeicherが並び、絶景を成しています。

2019072311.jpg



さて、このあたりでホルステン門鑑賞を切り上げましょう。リューベック散策もここで完了。じっとホルステン門を見つめます。

2019072312.jpg



頑強で分厚い城門を抜けていきます。

2019072313.jpg



ホルステン門の城門を抜けると、尖塔が青空の中に聳えている聖ペトリ教会St. Petri Kircheが見えてきます。

2019072314.jpg



右横を見ると、塩倉庫が存在感を発揮しています。リューベックの美しさが心に沁みてきます。

2019072315.jpg



塩倉庫を横目に旧市街に再び、足を踏み入れようとします。

2019072316.jpg



トラヴェ川を再び渡り、中洲の旧市街に入ります。

2019072317.jpg



トラヴェ川を渡ると、荷物を預けているホテル、リングホテル イェンゼンRinghotel Jensenです。

2019072318.jpg



これにて、リューベックの2日に渡る散策は完全終了。素晴らしい町歩きでした。

ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2019072319.jpg



町歩きも終了したので、午後2時過ぎとまだちょっと早いですがハンブルクに移動しましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

リューベックを発って、ハンブルクへ

2018年8月20日月曜日@リューベック/14回目

リューベックLübeckの旧市街を散策しました。美しい町を歩けて、大満足です。これからリューベック中央駅からハンブルク中央駅まで鉄道移動です。
ホテルで荷物を受け取り、駅に向かいます。再び、トラヴェ川Traveを渡り、中洲の旧市街にお別れします。トラヴェ川は明るい陽光に輝いています。

2019072401.jpg



ホルステン門Museum Holstentorの横を通り過ぎます。振り返ると、ホルステン門、塩倉庫Salzspeicher、さらには、旧市街のマリエン教会Marienkircheや聖ペトリ教会St. Petri Kircheの尖塔も見えています。

2019072402.jpg



振り返りながら、ゆっくりと歩いていきます。後ろ髪を引かれる思いです。塩倉庫の後ろには聖ペトリ教会の塔が突き出ています。

2019072403.jpg



最後にホルステン門とマリエン教会の姿を眺め、美しいリューベックの町の思い出を脳裏に刻み付けます。

2019072404.jpg



やがて、トラヴェ川から分岐して並行して流れる運河、シュタットグラーベンStadtgrabenを渡ります。これでホルステン門のある中洲ともお別れします。

2019072405.jpg



運河に架かる橋を渡り終えて、後ろを振り返ると、ホルステン門と聖ペトリ教会がまだ、大きく見えています。で、これがリューベックの町との最後のお別れになりました。

2019072406.jpg



橋の前のロータリーのあるリンデン広場Lindenplatzの先には綺麗な並木道が駅前まで続いています。その途中に銅像があります。なんとビスマルク像Bismarckdenkmalです。写真を撮ろうとすると台座に座っていたおじさんがどいてくれて、パチリ。

2019072407.jpg



そのおじさんが、反対側にも銅像があるよと教えてくれるので、その騎馬像をパチリ。でも、これは誰だか分かりません。(後で調べると、初代のドイツ皇帝になったプロイセン国王ヴィルヘルム1世の騎馬像Kaiser Wilhelm I. Denkmalでした。)

2019072408.jpg



並木道の先にリューベック中央駅が見えてきます。

2019072409.jpg



ごみごみした駅前に近づきます。

2019072410.jpg



リューベック中央駅の堂々たる建物です。考えてみれば、昨日の夕方、この駅に降り立ってから、まだ、20時間ほどしか経っていません。夢のような20時間を過ごしました。

2019072411.jpg



駅の正面に立ちます。

2019072412.jpg



素晴らしい駅ですね。信号の変わるのを待って、道路を横断して、駅舎に向かいます。

2019072413.jpg



駅舎に入ると、次のハンブルク行きの2時43分電車は5分ほどで発車です。saraiはスーツケースを引っ張って、急いで移動します。

2019072414.jpg



あと5分を切りました。ダッシュ。

2019072415.jpg



エーと、このホームじゃありませんね。もっと奥のホーム(右の方)に電車が既に停車中です。

2019072416.jpg



無事、2階建て車両の電車に乗り込めました。2階席に落ち着いたのは発車1分前。セーフ。飲み物を買う余裕もありませんでした。

2019072417.jpg



チケットはネットで購入済。予定した電車の2時間半前の電車です。このチケットは通常チケットですから、別の電車に乗るのはOKです。張り込んでファーストクラスのチケットです。

2019072418.jpg



電車はすぐに発車します。

2019072419.jpg



さあ、北ドイツの次の町、ハンブルクに向かいましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR