FC2ブログ
 
  

ゴールデン・パスライン:インターラーケン・オストを出発

2019年9月16日月曜日@ルツェルン~インターラーケン~ヴヴェイ/24回目

インターラーケン・オストInterlaken Ost経由でメンリッヒェンMännlichenに登り、クライネシャイデックKleine Scheideggまで、ベルナーオーバーラントBerner Oberlandの三山、アイガーEiger、メンヒMönch、ユングフラウJungfrauに向かうパノラマヴェークPanoramawegというハイキング路を歩きました。

クライネシャイデックから、グリンデルワルトGrindelwald経由でインターラーケン・オストに向かっているところです。BOB鉄道の登山電車の車窓にはアイガーが見えています。ただし、北壁は見えていません。

2020120201.jpg



アイガーの左にはメッテンベルクMättenbergが見えています。

2020120202.jpg



メッテンベルクの左にはさらにヴェッターホルンWetterhornが見えています。

2020120203.jpg



グリンデルワルトからのアイガーの眺めを楽しみながら、BOB鉄道の登山電車は走っていきます。

2020120204.jpg



晴天下、アイガーの姿はくっきりと見えています。アルプスの登山電車からの眺めは素晴らしいです。

2020120205.jpg



アイガー、メッテンベルクの眺めを後にグリンデルワルトの野を走り去ります。

2020120206.jpg



アイガーの姿は既に背後に過ぎ去ろうとしています。

2020120207.jpg



ヴァイッセ・リュートシーネ川Weisse Lütschineの清冽な流れの向こうにアイガーが遠ざかっていきます。

2020120208.jpg



アイガーは見えなくなり、メッテンベルクも遠くに見えています。

2020120209.jpg



グリンデルワルトを出発して10分以上過ぎ、既にアルプスの峰々は見えなくなり、草原の中を走っていきます。リュートシェンタールLütschentalのU字谷の中です。

2020120210.jpg



清流の流れるU字谷の向こうにちらっとメンヒとユングフラウが見えています。

2020120211.jpg



もうすぐ、インターラーケン・オストに到着します。

2020120212.jpg



やがて、インターラーケン・オストに到着します。
ここまでの登山電車のルートを地図で確認しておきましょう。

2020120213.jpg



インターラーケン・オストでコインロッカーから荷物を取り出し、いよいよ、ゴールデン・パスライン GoldenPass Lineの鉄道旅の開始です。乗車券はセイバーデイパス(スイス1日乗り放題チケット)が有効ですが、ゴールデン・パスラインの電車に乗るためには指定席券が必要です。これがネットで購入済の指定席券です。インターラーケン・オストからツヴァイジンメンZweisimmenまではBLS鉄道(ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道:Bern-Lötschberg–Simplon Bahn)の急行RE、そして、ツヴァイジンメンからモントルーMontreuxまではMOB鉄道(モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道:Montreux–Berner Oberland-Bahn)の特別車両です。とりわけ、MOB鉄道のノスタルジックなクラシック車両を連結するゴールデンパス・クラシックの特別車両に乗車するのが楽しみです。

2020120214.jpg



まずは第1区間のインターラーケン・オストからツヴァイジンメンまでのBLS鉄道の電車に乗ります。インターラーケン・オストを出て、アーレ川沿いに走っていきます。

2020120215.jpg



インターラーケン・ヴェストInterlaken-Westを過ぎて、トゥーン湖Thunerseeの湖畔沿いの素晴らしい景色の中を走ります。

2020120216.jpg



ゴールデン・パスラインのルートを確認しておきましょう。

2020120217.jpg



ツヴァイジンメンまでは1時間ちょっとの鉄道旅です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ゴールデン・パスライン:インターラーケン・オスト~ツヴァイジンメン(BLS鉄道)

2019年9月16日月曜日@ルツェルン~インターラーケン~ヴヴェイ/25回目

インターラーケン・オストInterlaken Ost経由でメンリッヒェンMännlichenからクライネシャイデックKleine Scheideggまでハイキングを楽しみました。また、インターラーケン・オストまで戻り、そこから、
ゴールデン・パスライン GoldenPass Lineの鉄道旅の開始したところです。

まず、最初の区間、インターラーケン・オストからツヴァイジンメンZweisimmenまでのBLS鉄道の電車に乗っています。電車はトゥーン湖Thunerseeの湖畔沿いを走ります。

2020120301.jpg



湖畔で日光浴を楽しんでいる人もいます。

2020120302.jpg



トゥーン湖の湖面はほとんどさざ波も立たずに静謐な雰囲気に包まれています。

2020120303.jpg



マリーナがあります。しかし、何故か、湖に出ているヨットは見えませんね。

2020120304.jpg



トゥーン湖は大きくて、どこまでも続きます。

2020120305.jpg



素晴らしい湖の風景が続きます。

2020120306.jpg



ここであたりも船は係留されているだけです。

2020120307.jpg



水面から湖底が見通せるほど、水が透き通っています。

2020120308.jpg



線路と湖岸の間に自動車道路が割り込んできます。興がそがれますね。

2020120309.jpg



自動車道路との並走は続きます。

2020120310.jpg



やがて、トゥーン湖の湖岸から離れていきます。湖岸にはファウレンゼー教会Kirche Faulenseeが見えています。

2020120311.jpg



次の停車駅、シュピーツSpiezに向かいます。

2020120312.jpg



シュピーツを過ぎて、ジンメンタールSimmentalの谷あいの中を走っていきます。

2020120313.jpg



アルプスの美しい谷の風景の中を走っていきます。

2020120314.jpg



谷間は緑に満ちています。

2020120315.jpg



そして、乗換駅のツヴァイジンメンに到着。ホームには、モントルーMontreuxまで走るMOB鉄道(モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道:Montreux–Berner Oberland-Bahn)の特別車両が停車しています。オリエント急行風のノスタルジックなクラシック車両を連結するゴールデンパス・クラシックの特別車両です。

2020120316.jpg



ゴールデンパスラインのルートを確認しておきましょう。

2020120317.jpg



豪華車両での鉄道旅を楽しみながら、レマン湖Lac Lémanに向かいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ゴールデン・パスライン:MOB鉄道の豪華列車に乗って、シャンパンで乾杯!

2019年9月16日月曜日@ルツェルン~インターラーケン~ヴヴェイ/26回目

メンリッヒェンMännlichenからクライネシャイデックKleine Scheideggまで、アルプスのハイキングを楽しんだ後、インターラーケン・オストInterlaken Ostからレマン湖畔のモントルーMontreuxまで、
ゴールデン・パスライン GoldenPass Lineの鉄道旅をしているところです。

最初の区間、インターラーケン・オストからツヴァイジンメンZweisimmenまでのBLS鉄道の旅を終え、いよいよ、モントルーMontreuxまで走るMOB鉄道(モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道:Montreux–Berner Oberland-Bahn)のオリエント急行風のノスタルジックなクラシック車両に乗り込みます。予約を入れていたので、難なく指定席に座れます。指定されていることを示す赤い布がかけられています。

2020120401.jpg



乗り込んだ車両はまるでオリエントエキスプレスのようなゴージャスな雰囲気です。まずは乗車前に買ったコカ・コーラで喉を潤しましょう。

2020120402.jpg



車両内は空いていて、静かな雰囲気であることを予想していましたが、とても混み合っています。ロシア人の若い女性がたくさん乗っていますが、まさか昨日のオペラの合唱団ではないでしょうね。彼女たちは皆、大きなスーツケースを持っていて、車内は人と荷物でいっぱいになっています。リッチな鉄道旅の雰囲気ではなく、残念な思いです。しかし、発車後、10分を過ぎた頃に車内に動きがあり、ロシア人の女性たちは席を立ちます。通路を挟んだ向かいの4人掛けの席も空きます。

2020120403.jpg



次の駅、ザーネンメサーSaanenmöserに到着します。

2020120404.jpg



この駅でロシア人女性たちはどっと下車していきます。一気に車内は空きます。我々も今まで座っていた二人掛けの予約席から4人掛けの席に移動して、ゆったりとします。予約席以外は自由に座っても構いません。これが今まで座っていた席です。

2020120405.jpg



電車は美しい風景の中を走ります。豪華内装の席にゆったりと座り、その風景を楽しみます。

2020120406.jpg



山に挟まれた草原の中を豪華列車は走っていきます。

2020120407.jpg



山の間の狭い平地を電車はカーブを描き、縫うように進んでいきます。

2020120408.jpg



せっかくの豪華列車ですから、祝杯も挙げたくなります。車内メニューをチェックします。

2020120409.jpg



これがおつまみのメニューです。

2020120410.jpg



豪華にシャンパンとそのおつまみセット(チーズ、生ハム、燻製の肉など)をオーダーします。
車窓の美しい風景を眺めながら、オーダーした品が運ばれてくるのを待ちます。

2020120411.jpg



車内は今や、ガラガラに空いています。

2020120412.jpg



この豪華列車のファーストクラスの車両には数人が乗っているだけです。

2020120413.jpg



やがて、可愛い女性が料理とシャンパンを持ってきてくれます。

2020120414.jpg



清算をカードでお願いすると、キャッシュだけなんだけど持ってる?と、とっても心配そうにします。お腹に巻きつけているセキュリティポーチからキャッシュを取り出して、あったよというと「フ~、よかった」と身振りも大袈裟にほっとしたようです。さあ、にわかの祝宴です。今日の素晴らしい一日に乾杯です。

2020120415.jpg



これがおつまみ。チーズに生ハムというお決まりのものですが、美しい風景の中を走る豪華列車の中でいただくと気分が違います。

2020120416.jpg



シャンパンはテタンジェ(TAITTINGER)です。アルプスにふさわしい爽やかな味をスイスの風景の中で楽しみます。

2020120417.jpg



ゴールデンパスラインのルートを確認しておきましょう。

2020120418.jpg



レマン湖畔のモントルーまで、あと1時間ほどです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ゴールデン・パスライン:MOB鉄道の豪華列車を満喫し、モントルーに到着

2019年9月16日月曜日@ルツェルン~インターラーケン~ヴヴェイ/27回目

メンリッヒェンMännlichenからクライネシャイデックKleine Scheideggまで、アルプスのハイキングを楽しんだ後、インターラーケン・オストInterlaken Ostからレマン湖畔のモントルーMontreuxまで、
ゴールデン・パスライン GoldenPass Lineの鉄道旅をしているところです。

ツヴァイジンメンZweisimmenからモントルーMontreuxまではMOB鉄道(モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道:Montreux–Berner Oberland-Bahn)のオリエント急行風のノスタルジックなクラシック車両に乗っています。そして、シャンパンを注文して、アルプスの旅を祝して、乾杯です。

2020120601.jpg



晴れ渡る青空を眺めながら、シャンパンをいただきます。

2020120602.jpg



電車は谷あいの草原を走っていきます。

2020120603.jpg



おつまみはチーズや生ハム。それに日本から持参したおかきとピーナッツ。パラダイスのような鉄道旅です。

2020120604.jpg



時折、谷に点在する村を通過します。ここはロシニエールRossinièreのあたりです。

2020120605.jpg



すぐに村を過ぎて、山間の景色に移ります。

2020120606.jpg



鉄道の沿線には美しい緑の風景が広がっています。その風景が車窓に流れていきます。

2020120607.jpg



ファーストクラスの豪華な車内は乗客も少なくて、長閑な雰囲気に満ちています。

2020120608.jpg



山の間の狭い平坦地を電車は抜けていきます。その緑の風景を眺めながら、ゆっくりとシャンパンをいただきます。

2020120609.jpg



やがて、saraiはハイキングの疲れとシャンパンの心地よい酔いで気持ちよく寝込みます。今日の歩数計はここまで24000歩です。モントルーまであと40分ほどでしょうか。
配偶者は美しい車窓の風景を眺めています。レ シエルヌLes Sciernesの駅を通過します。

2020120610.jpg



最後の停車駅、シャンビーChambyを過ぎ、電車は山間を抜けだしていきます。

2020120611.jpg



眺望が開け、レマン湖Lac Lémanが姿を現し始めます。

2020120612.jpg



レマン湖です。

2020120613.jpg



レマン湖が見えてきたところでぐっすりと寝込んでいたsaraiも配偶者に起こされます。美しい景色が広がっています。saraiは突然のレマン湖にびっくり!

2020120614.jpg



落日にレマン湖が輝いています。

2020120615.jpg



湖畔に広がるモントルーに近づいていきます。

2020120616.jpg



モントルーが目前に迫ります。夕陽を浴びて、町が燃え上がっているかのようです。

2020120617.jpg



あと数分でモントルーの駅に到着します。

2020120618.jpg



定刻にモントルーに到着。ゴールデンパスラインの鉄道旅はこれで完了です。ゴールデンパスラインの第1区間、ルツェルン~インターラーケン・オストは早朝に乗りましたから、今日、2回に分けて、ルツェルン~モントルーの全区間を走ったことになります。
ここまでのゴールデンパスラインのルートを確認しておきましょう。

2020120619.jpg



ただちにジュネーヴ方面行のIR(InterRegio:インターレギオ)に乗り換えて、今日の最終目的地のヴヴェイVeveyに向かいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

レマン湖畔の町、ヴヴェイに到着

2019年9月16日月曜日@ルツェルン~インターラーケン~ヴヴェイ/28回目

今日は早朝、ルツェルン音楽祭で滞在したルツェルンLuzernを出発し、ゴールデン・パスライン GoldenPass Lineの鉄道旅を楽しみながら、レマン湖畔のモントルーMontreuxに到着したところです。
ゴールデンパスラインは3社の鉄道会社の3区間をつないだものです。第1区間はルツェルンからブリューニック峠を経由してインターラーケン・オストInterlaken Ostにいたるツェントラル鉄道(ZB:Zentralbahn)の路線。第2区間はインターラーケン・オストからツヴァイジンメンZweisimmenにいたるBLS鉄道(ベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道:Bern-Lötschberg–Simplon Bahn)の路線。第3区間はツヴァイジンメンからモントルーにいたるMOB鉄道(モントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道:Montreux–Berner Oberland-Bahn)の路線です。

インターラーケン・オストで途中下車し、貴重な7時間を利用して、メンリッヒェンMännlichenからクライネシャイデックKleine Scheideggまで、ベルナーオーバーラントBerner Oberlandの三山、アイガーEiger、メンヒMönch、ユングフラウJungfrauを望むパノラマヴェークPanoramawegというハイキング路を歩きました。

さて、モントルーMontreuxまで乗ってきたMOB鉄道のオリエント急行風のノスタルジックなクラシック車両を降りて、ジュネーヴ方面行のIR(InterRegio:インターレギオ)に乗り換えて、今日の最終目的地のヴヴェイVeveyに向かいます。モントルーを出ると、たったの7分で次の停車駅がヴヴェイです。ヴヴェイ近くのレマン湖畔を走っています。

2020120701.jpg



どんどん、ヴヴェイの町に近づきます。

2020120702.jpg



夕陽に輝くヴヴェイの町に入っていきます。

2020120703.jpg



ヴヴェイに着き、ホームに降り立ちます。これが乗ってきたIRです。この電車はローザンヌ経由でジュネーヴ空港に走っていきます。

2020120704.jpg



ヴヴェイの駅舎の前に出ます。

2020120705.jpg



これがヴヴェイの駅舎の全体を眺めたところです。可愛いローカル駅ですね。

2020120706.jpg



駅前の広場の向こうにはバス通りが走っています。ヴヴェイは今日の宿泊地です。ホテルは歩いても行ける距離です。バス通りのほうを見ながら、さあ、どうしよう。

2020120707.jpg



駅の前に松の木があるのはあまり、ヨーロッパらしくないですね。

2020120708.jpg



ともあれ、今日はアルプスのハイキングで歩き疲れたので駅前から市内バスに乗って、ホテルに向かうことにします。駅前のバス停はすぐに見つかります。

2020120709.jpg



街角にはスターバックスコーヒーのお店が見えます。

2020120710.jpg



バスの到着を待ちます。

2020120711.jpg



バス停でバスのチケットを買おうとしますが、何と自動販売機が壊れています。そうこうするうちにバスが来てしまいます。運転手から買おうとすると、車内の機械で買ってくれとの指示されます。なんだ車内にあるのかと買おうとすると、小銭のみの対応。saraiが小銭を探していると、車内の行先表示板を見ていた配偶者はビックリ。もう降車するバス停が表示されています。降ります! 降車ボタンを押します。結局、購入は間に合わず。悪気はないのですが、無賃乗車になってしまいました。ごめんなさい。
ちょっと迷いましたが、ホテルに到着。ホテルはバス停のすぐ近くだったのですが、ウロウロしてホテルを探しているsaraiに、ホテルのご主人が声をかけてくれたんです。saraiが今日の最後の到着客だったようです。まだ、7時ちょっと前なんですけどね。早速、チェックインします。

2020120712.jpg



エレベーターで(入り口からは階段しか見えないので、心配してたのですが、あってホッとしました。カバンは階段で持ってあがれるレベルの重さではありません。)、上階に上がろうとしますが、エレベーターの電源が入りません。ホテルのご主人に言うと、地下の機械室まで行って、動くようにしてくれます。大丈夫かな? 部屋の前で、またまた鍵と大格闘。どうしても開かないので、配偶者が開け方をご主人に訊きに行くうちに、何とか開きます。なかなかこちらの鍵は難しい。
これが今日、一晩お世話になる部屋です。シンプルですが、清潔そうです。スイスの夏のお宿は高い料金設定になっているので、なるべく、リーズナブルな料金のホテルを選びます。

2020120713.jpg



簡単なキッチンと食卓もありますが、今回は利用する予定はありません。

2020120714.jpg



もちろん、バスタブはなくて、シャワーのみです。仕方ありません。

2020120715.jpg



部屋の窓からの景色です。レマン湖Lac Lémanはすぐ近くですが、周りの建物しか見えませんね。

2020120716.jpg



まだ7時過ぎで十分、明るいです。部屋に荷物を放り込んでおいて、ヴヴェイ散策に出かけます。saraiの最愛のピアニスト、クララ・ハスキルが最後に住んでいた家を見たいんです。このヴヴェイに泊まることにしたのは、それが目的だったんです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

レマン湖畔の町、ヴヴェイはクララ・ハスキルの終の棲家

2019年9月16日月曜日@ルツェルン~インターラーケン~ヴヴェイ/29回目

ゴールデン・パスライン GoldenPass Lineの鉄道旅とアルプスのハイキングを楽しんだ後、レマン湖畔のヴヴェイVeveyにやってきました。まだ、夕陽が残るヴヴェイの町散策に出かけます。目的地はsaraiの最愛のピアニスト、クララ・ハスキルが最後に住んでいた家です。

チェックインしたホテル、オステルリー ドゥ ルホテル ドゥ ヴィルHostellerie de L'Hôtel de Villeを出て、ルホテル ドゥ ヴィル通りRue de l'Hôtel-de-Villeをレマン湖Lac Lémanのほうに歩いていきます。レマン湖畔に出ますが、まさに夕日が沈むところ。素敵です。

2020120801.jpg



若者たちがロマンティックな日暮れを思い思いに過ごしています。

2020120802.jpg



湖畔の小さな広場には、チャップリンの銅像があります。チャップリンの周りにはバラの花が美しく咲いています。チャップリンは第2次世界大戦後、マッカーシー旋風により、アメリカを追放になり、スイスのヴヴェイに居を構えていました。

2020120803.jpg



チャップリンとクララ・ハスキルは親しく交遊していました。チャップリンの言葉「自分は人生で3人の天才に会った。ウィンストン・チャーチル、アインシュタイン教授、クララ・ハスキルの3人である。正規の教育を受けた音楽家ではない私だがこれだけはいえる。彼女のタッチは絶妙で、表現は素晴らしく、テクニックは並外れていたと」は有名です。ハスキルはよくチャップリン宅を訪れて、ピアノ演奏を聴かせていました。天才は天才を知るということでしょう。

チャップリンの銅像の眼差しの先には、レマン湖の湖面に突き刺さる巨大なフォークがあります。レマン湖にフォークを突き刺したのは、世界的食品メーカーのネスレNestléです。ヴヴェイにはネスレ本社のほか、ネスレが運営する“食”がテーマのミュージアム「アリマンタリウム(Alimentarium)」があります。

2020120804.jpg



湖畔の道をクララ・ハスキルの家に向かって歩いていきます。遠くにネスレのフォークが夕日の中で浮かび上がっています。

2020120805.jpg



saraiはPCにヘッドフォンをつなぎ、クララ・ハスキルが亡くなる直前(1960年9月14日-20日)にこのヴヴェイでセッション録音したベートーヴェンのピアノ・ソナタ(第17番ニ短調《テンペスト》、第18番変ホ長調)を聴きながら歩きます。ハスキルも当時見たであろうレマン湖の風景はとても美しいです。遠くにはアルプスの山々が霞んでいます。

2020120806.jpg



レマン湖畔を歩いて、クララ・ハスキルが晩年を過ごしたアパートメントに向かいます。すぐに建物は見つかります。

2020120807.jpg



アパートメントのすぐ前に立ちます。感慨深いものがあります。

2020120808.jpg



建物の壁にはクララ・ハスキルの記念の銘板が飾られています。1951年からヴヴェイに居を構えたクララは人生の最後の10年間をここヴヴェイで過ごしました。その10年間に残した名演奏の数々はCDになっています。saraiはほぼすべての録音をコレクションしています。クララは1960年12月に亡くなりました。このヴヴェイではなく、演奏旅行先のブリュッセルで不慮の事故(駅の階段で転落)で亡くなりました。享年65歳でした。まだまだ、ピアニストとして絶頂期だったので、とても残念な死でした。せめて、モーツァルトのピアノ協奏曲全集の録音を残してほしかったところです。

2020120809.jpg



お墓はパリのモンパルナス墓地にあります。この旅で墓参りもできればと思っています。
このアパートメントのある通りの名前はクララ・ハスキル通りRue Clara-Haskilです。

2020120810.jpg



クララ・ハスキル通りからレマン湖のほうを眺めます。湖面は見えませんね。ハスキルの部屋からはレマン湖が見えたんでしょう。

2020120811.jpg



バス通りのイタリー通りRue d'Italieに出ます。ヴヴェイ駅からの市内バスのバス停があります。バス停の名称もクララ・ハスキルClara Haskilです。

2020120812.jpg



バス停の前には綺麗な時計塔Tour de l'Horlogeがありますね。

2020120813.jpg



ハスキルがここヴヴェイの自宅で録音したベートーヴェンを聴き終えました。録音の際はこのあたりが交通遮断されて、車の雑音が録音の妨げにならないようにヴヴェイの町当局が全面協力したそうです。クララはこの町で大事にされていたんですね。そうやって録音されたハスキルのベートーヴェンは演奏はもちろん、音質も素晴らしいものです。故吉田秀和氏がハスキルはシューマンはよいが、ベートーヴェンは女性だから力強さに欠けると書いていましたが、彼は一体何を聴いていたのかと不思議になります。まあ、好みの問題かもしれませんが、saraiのような素人と違って、評論家は影響力がありますから、よくよく聴き込んだうえでの意見を発してもらいたいものです。そう言えば、彼はハスキルのモーツァルトはあまり聴き込んでいないようでした。PHILIPSの正規録音しか聴いていないようでした。そのレベルでの迂闊な発言だったと受け止めています。ともかく、力強さはもとより、深い音楽性を湛えた演奏でした。それを聴いていて、最近、誰か、似たような演奏をしていた記憶が戻ります。ああ、そうです。河村尚子のベートーヴェン。彼女はクララ・ハスキル・ピアノ・コンクールで優勝していますね。もしかして、ハスキルの録音も聴いたのかしらね。そんなことをつらつら思いつつ、夕暮れの美しいレマン湖畔を散策しました。

2020120814.jpg



クララ・ハスキルの終の棲家になったアパートメントの前のレマン湖畔は今はフェリーターミナルになっていて、遊覧船が発着するようです。

2020120815.jpg



クララ・ハスキルのアパートメントの写真を記念に撮り終え、レマン湖畔をホテルまで歩いて戻り、夕闇のヴヴェイ散策は終了です。

明日はローザンヌLausanneをちょっと訪問した後、スイスを電車で走り抜けて、フランスのリヨンに入ります。スイスの旅も終えて、いよいよ、長いフランスの旅の開始です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

       ハスキル,
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR