FC2ブログ
 
  

TGVはカルカソンヌへ地中海沿岸を疾走

2019年9月18日水曜日@リヨン~カルカソンヌ/8回目

リヨンLyonの街歩きを終えて、リヨンから直通のTGVに乗ってカルカソンヌCarcassonneに向かっているところです。
2時間ほど走り、3つめの停車駅、モンペリエ・サン・ロック駅Gare de Montpellier Saint-Rochに着きました。

2021010701.jpg



モンペリエを出て、また、大平原の中を走ります。

2021010702.jpg



やがて、車窓にちらっと海が見えてきます。地中海です。

2021010703.jpg



だんだん、その姿が大きくなってきます。

2021010704.jpg



4つ目の停車駅、セート駅Gare de Sèteに到着。

2021010705.jpg



セートを出ると、すぐ水路を渡ります。トー湖Étang de Thauと地中海を結ぶ水路です。

2021010706.jpg



トー湖と地中海の間の狭い陸地を走っていきます。トー湖はsaraiたちが座っている席とは反対側の車窓に見えています。

2021010707.jpg



延々とトー湖に沿って走っていきます。トー湖は地中海とつながる汽水の湖です。

2021010708.jpg



やがて、トー湖の西端までやってきます。ミディ運河はこのあたりから始まっています。カルカソンヌではミディ運河クルーズを予定しています。

2021010709.jpg



トー湖を過ぎて、アグドAgdeの町に入り、エロー川Héraultを渡ります。

2021010710.jpg



TGVは地中海沿いを離れて、内陸部を走ります。

2021010711.jpg



次の停車駅です。

2021010712.jpg



ベジエBéziersです。

2021010713.jpg



ベジエを出て、また、車窓に畑が広がります。

2021010714.jpg



果てしない農耕地が続きます。

2021010715.jpg



最後の停車駅に到着。

2021010716.jpg



ナルボンヌNarbonneです。次はカルカソンヌです。

2021010717.jpg



ここまでの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。

2021010718.jpg



目的地のカルカソンヌまで30分ほどです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

カルカソンヌに着くも、それからが試練の時

2019年9月18日水曜日@リヨン~カルカソンヌ/9回目

リヨンLyonの街歩きを終えて、リヨンから直通のTGVに乗ってカルカソンヌCarcassonneに向かっているところです。
3時間ほど走り、最後の停車駅、ナルボンヌNarbonneを過ぎ、次はカルカソンヌです。ナルボンヌ駅を出て、町の中を走っていきます。

2021010801.jpg



郊外に出ると、また、広大な畑地が続きます。その中に風力発電ユニットが立ち並びます。今や見慣れた風景です。

2021010802.jpg



3時間半の鉄道旅でTGVはカルカソンヌに到着。ホームに降り立ちます。

2021010803.jpg



ここまでの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。

2021010804.jpg



多くの人がホームを歩きます。ともかく、ホームから駅舎に移動しましょう。

2021010805.jpg



隣のホームにカルカソンヌの名前の駅名が見えています。

2021010806.jpg



エ~、ホームにはエレベータもエスカレータも見当たりません。ここまでは楽ちんだったのにショックです。近くのおじさんもクレイジーと叫んでいます。ま、頑張るしかありませんね。階段を下って上って、ようやく駅舎を出ます。ホテルは駅から離れた城塞都市ラ・シテla Citeの中にあります。事前にホテルに問い合わせたところ、駅前にタクシーがいるから、それに乗ってきてくれとのこと。でも、ネットの情報ではタクシーがいなかったという話が多く、かなり心配です。心配しながら、駅舎を出ます。これがカルカソンヌの駅舎です。

2021010807.jpg



この心配は現実のものとなります。駅前には全然、タクシーの影さえありません。駅のスタッフに訊いて、あそこがタクシーというところに行くと確かにタクシー乗り場になっており、数人がタクシーを待っている気配。我々もその待ち人に加わります。

2021010808.jpg



皆、印刷物を手にホテルに電話したり、掲示板を見てタクシー会社に電話したりしています。全く来ないようです。そのうちに、あきらめて歩くことにしたのか、何人かが抜けていきます。saraiも仕方がないので携帯でホテルに連絡しようとしますが、一向に通じません。まあ、待つしか手がありません。タクシー乗り場のすぐ向こうにミディ運河canal du Midiが見えています。明日予定している運河クルーズが楽しみです。てな余裕はないんですけどね。

2021010809.jpg



ミディ運河に架かる橋の向こうにカルカソンヌの下町が見えています。その下町、バスティッド・サン・ルイBastide Saint Louisのずっと先に目的の城塞都市ラ・シテがあります。

2021010810.jpg



やがて、1台のタクシーがやってきて、客を乗せます。それに乗り込む人とうらやましそうに見送る人。そのドライバーにsaraiはこんなに客が待っているから、ほかのタクシーを呼んでくれと依頼します。どうやら通じたようで連絡しています。saraiはさらにタクシー会社にも電話して、駅前で待っていると依頼。さらにホテルにもようやく携帯が通じ、駅前はノータクシーだよって叫ぶと先方は絶句しただけ。またしばらくしてタクシーがやってきます。と、それは先程の運転手。この町にはたった1台のタクシーしかいないのか・・・。

2021010811.jpg



さらに待つことしばし。ようやくやってきたタクシーは先ほどのタクシーとは違う車です。

2021010812.jpg



このタクシーにsaraiたちが乗ることをタクシー待ちの皆が認めます。暗黙の順番が出来ていて、誰が呼んだタクシーかなんて誰も分かりません。結局、3台目のタクシーに乗車できましたが、これが依頼したものかどうかは不明。しかし、あとで気が付くと、ホテルからショートメイルでタクシーを手配したとのことでした。多分、saraiが乗ったタクシーはホテルが手配したものよりも先に来たタクシーのようです。まだ、タクシー乗り場にはタクシー待ちの長い行列ができています。その後はタクシー待ちの人たちはどうなったのでしょうか。
タクシーはカルカソンヌの街中を走り始めます。

2021010813.jpg



街中は意外に空いていて、タクシーは順調に走ります。

2021010814.jpg



タクシーの中から再度、ホテルに電話して、タクシーでラ・シテに向かっているので、ピックアップしに来てほしいと連絡。OKとのこと。城塞都市ラ・シテの中には車が乗り入れられないので、城門の前で降りて、ホテルに向かうしかありませんが、荷物が重いので城塞都市の中の石畳みの道を歩くのは大変です。で、ホテルにピックアップをお願いしました。
やがて、タクシーはオード川を渡って、ラ・シテのある地区に入っていきます。

2021010815.jpg



前方に城塞の姿が見えてきます。もう少しでラ・シテの城門前に着きそうです。

2021010816.jpg



まだ、夕方の4時過ぎです。ホテルに着いたら早速、城塞都市ラ・シテの中を散策しましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

カルカソンヌの城塞都市ラ・シテのホテルにようやく投宿

2019年9月18日水曜日@リヨン~カルカソンヌ/10回目

リヨンLyonから直通のTGVに乗ってカルカソンヌCarcassonneにやってきました。
カルカソンヌ駅から今夜泊まるホテルのある城塞都市ラ・シテla Citeに行くためのタクシーがいないので難渋していましたが、ようやく、タクシーに乗ることができて、タクシーは無事、ラ・シテの城門、ナルボンヌ門Porte Narbonnaiseの前に到着。

2021010901.jpg



ナルボンヌ門前にタクシーが着くと同時にタクシーの後ろにホテルのカート(ゴルフカートかな)がぴったりと停められます。ホテルの女主人が迎えに来てくれました。彼女と強い握手。実際、ほっとしました。彼女はちょっと派手めですが、親切そうでよさそうな人柄に思えます。早速、タクシーからカートに荷物を載せ換えます。

2021010902.jpg



saraiは荷物番でカートの後ろに乗ります。

2021010903.jpg



荷物と我々を乗せたカートは石畳みの狭い道を観光客をよけながら進んでいきます。観光客は奇異の目で我々を眺めています。saraiは荷物がカートから落ちないように抑えながら、自分も落ちないように、まるで乗馬している気分です。配偶者はご婦人なので、カートを運転するホテルの女主人の横で楽ちんです。一大アトラクションが終わり、7~8分でホテルに到着。ホテルの女主人がホテルの扉を開けてくれます。

2021010904.jpg



とっても家庭的なホテルです。まるでリビングルームのような寛げるスペースがあります。このホテルはラ ドミュール ド ラ シテLa Demeure De La Citeです。

2021010905.jpg



朝食用の長テーブルがありますね。宿泊者が一堂に会して朝食をいただくようです。

2021010906.jpg



ほーら、何と快適でゴージャスな空間なんでしょう!

2021010907.jpg



さあ、チェックインしましょう。

2021010908.jpg



ここで災難。バスタブのある最高の部屋を用意したけど、2階よというつたないご託宣。細い螺旋階段しかないホテルです。配偶者は決断。開ける必要がないカバンは持って上がらない。ということで、2人で1つのカバンだけを部屋まで運び上げます。開けないカバンはレセプションで預かってもらいます。
さて、部屋に入ると、大きなベッドが心地よさそうです。

2021010909.jpg



少しデスクが小さいですが、まあ、PCは開けるでしょう。

2021010910.jpg



窓の外には城塞都市が広がります。

2021010911.jpg



窓を開けて、身を乗り出して、瓦の海を眺めます。右手には城塞がちらっと見えています。

2021010912.jpg



肝心のバスタブもちゃんとありました。

2021010913.jpg



部屋に落ち着くとまだ5時。今日のうちにコンタル城Château Comtalを見ておきましょう。部屋を出て、超狭い螺旋階段を下ります。

2021010914.jpg



ホテル前の路地、サン・ジャン通りRue Saint-Jeanに出て、城塞都市ラ・シテの散策を始めます。

2021010915.jpg



城塞都市ラ・シテの地図を見ておきましょう。

2021010916.jpg



コンタル城に向けて歩いていきます。クローズ時間が迫っているので急ぎましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

カルカソンヌの城塞都市ラ・シテのコンタル城へ

2019年9月18日水曜日@リヨン~カルカソンヌ/11回目

リヨンLyonから直通のTGVに乗ってカルカソンヌCarcassonneにやってきました。
カルカソンヌの城塞都市ラ・シテla Citeのホテルに投宿後、急いで、散策に出発。目的地はコンタル城Château Comtalです。ホテルからコンタル城はすぐ近くの筈です。まずは城壁沿いの道に出ます。

2021011001.jpg



城壁を見上げると、ピンクの花が咲いています。ライラックかな。

2021011002.jpg



石壁に挟まれた道を歩いていきます。

2021011003.jpg



石壁の先にお店が見えてきます。

2021011004.jpg



賑やかな一角に出ます。

2021011005.jpg



あれっ、ここって、また、ホテルの近くです。結局、ぐるっと周っただけでした。

2021011006.jpg



何と、ホテルの女主人が女友達と談笑しているのに出くわします。右手に写っている二人の女性がホテルの女主人とお友達です。城塞都市ラ・シテで暮らす人はわずか40人ほどですから、このお二人は貴重な人たちと言えますね。ホテルの女主人は何とここでお酒のショップもやっているそうです。

2021011007.jpg



だから、彼女はホテルには常駐していないので、電話が通じなかった模様。彼女にコンタル城の方向を訊いて、そちらの方向に進みます。お店が立ち並ぶ賑やかな通りです。

2021011008.jpg



通りにあるアイスクリームのお店が人気です。

2021011009.jpg



無事、迷わずにコンタル城の入り口に到着。

2021011010.jpg



門を抜けると、コンタル城の城郭が姿を現します。城塞都市ラ・シテの2重の城壁の中にあるお城ですから、3重の城壁になっている鉄壁の城ですね。

2021011011.jpg



柵で仕切られている城内に入場するためには右手にあるチケット売り場で入場チケットを購入しないといけません。

2021011012.jpg



門を振り返ると、まだ、続々と人が入ってきます。

2021011013.jpg



配偶者がのんびりと城郭を撮影しています。チケット売り場兼入場口のほうに来るように促します。

2021011014.jpg



チケットを購入して入場します。チケットは一人6ユーロ。まずまずの料金です。

2021011015.jpg



チケット売り場ではクローズ時間が迫っていることを確認させられた上でチケットを売ってもらえました。まずは濠を渡ってコンタル城へ入る橋に近づきます。向こうに見えているのは出口のようです。

2021011016.jpg



さあ、濠に架かる橋を渡って、コンタル城に入門しましょう。

2021011017.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2021011018.jpg



今、夕方5時半近くです。クローズ時間は6時半ですから、1時間ほどでさっと城内を巡ってきましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

カルカソンヌ:城塞都市の城壁の上へ

2019年9月18日水曜日@リヨン~カルカソンヌ/12回目

カルカソンヌの城塞都市ラ・シテla Citeのホテルに投宿後、クローズ時間が間近に迫るコンタル城Château Comtalを訪れています。今から濠に架かる橋を渡って城内に入ろうとしています

2021011101.jpg



右手には先ほどチケットを購入したコンタル城のエントランス受付が見えています。

2021011102.jpg



ところで、コンタル城に来た主な目的はその城自体を見学するためではなく、城塞都市を取り囲む城壁の上に出るためなんです。お城から城壁に上がれるそうです。
橋の上からは濠が眺められます。濠の前に建つ城壁はいかにも頑強そうです。

2021011103.jpg



コンタル城の入り口に近づいていきます。

2021011104.jpg



城内に入ると、そこは前庭になっています。

2021011105.jpg



お城の建物内に入ると、階上にあがる階段があります。目的は城壁に上ることです。

2021011106.jpg



階段を上っていきます。1階には城塞都市ラ・シテの模型が置いてありますね。

2021011107.jpg



階上から、カルカソンヌの町が眺められます。

2021011108.jpg



まだ、お城の建物の中です。

2021011109.jpg



お城の中の通路を抜けて、城壁の上を目指します。

2021011110.jpg



城壁に上るという目的は達せられます。カルカソンヌの町はおろか、地平線まで雄大な風景が見渡せます。

2021011111.jpg



これが城壁の上です。素晴らしいですね。

2021011112.jpg



城塞都市ラ・シテの城壁の内部も見渡せます。ずっと先にはサン・ナゼール大聖堂Basilique Saint Nazaireが見えています。

2021011113.jpg



城壁はカルカソンヌの高い丘の上に巡らせてあります。かってはスペインとの国境線上にあったため、この城塞の軍事的な意味は大きかったんです。17世紀にはスペインとの国境が西に遠ざかって、この城塞都市はその価値を失い、衰退していくことになりました。しかし、今や、その歴史的な価値から大観光地に浮上しています。

2021011114.jpg



城内の通路を通って、別の城壁に移動します。

2021011115.jpg



城壁の上を移動しながら、絶景を楽しみましょう。クローズ時間まで、たっぷり1時間ほどあります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

カルカソンヌ:コンタル城の城郭の上の通路をうろうろ

2019年9月18日水曜日@リヨン~カルカソンヌ/13回目

カルカソンヌの城塞都市ラ・シテla Citeのホテルに投宿後、クローズ時間が間近に迫るコンタル城Château Comtalを訪れています。城壁の上に上って、眺めを楽しもうとしています。お城の城郭の上の通路を通って、別の城壁を巡ろうとしています。

2021011201.jpg



城郭の通路は複雑に入り組んでいます。

2021011202.jpg



通路のところどころからは城塞都市内の街並みが眺められます。

2021011203.jpg



城塞都市の街並みの向こうにサン・ナゼール大聖堂Basilique Saint Nazaireが見えています。

2021011204.jpg



城郭の通路を巡ります。

2021011205.jpg



城内の中庭が見下ろせます。

2021011206.jpg



濠の向こうにコンタル城の外側の入り口が見えています。さすがにもう入場してくる人はいませんね。

2021011207.jpg



城塞都市の街並みを眺めます。赤茶色の屋根が連なっています。

2021011208.jpg



城郭の塔から通路が続いています。

2021011209.jpg



その通路を移動していきます。

2021011210.jpg



屋根付きの通路を城郭の塔に向かっていきます。

2021011211.jpg



城壁に近づいていきます。

2021011212.jpg



通路は木の柵で囲われています。

2021011213.jpg



城塞都市の賑やかな一角、サン・ジャン広場Place Saint-Jeanが見えます。

2021011214.jpg



濠を渡ってすぐのお城の前庭を見下ろします。

2021011215.jpg



城郭の塔に近づきます。

2021011216.jpg



城郭の塔の見晴らし台からは城壁の上の通路を見下ろせます。その向こうにはカルカソンヌの街並みが広がっています。

2021011217.jpg



まだまだ、城郭・城壁の上の散策は続きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

カルカソンヌ:コンタル城から城壁の上へ、そして、城壁散歩を開始

2019年9月18日水曜日@リヨン~カルカソンヌ/14回目

カルカソンヌの城塞都市ラ・シテla Citeのコンタル城Château Comtalを訪れ、城壁の上に上って、眺めを楽しんでいます。
今は城郭の塔の見晴らし台から城壁越しにカルカソンヌの町の風景を見下ろしています。

2021011401.jpg



これが城郭の塔の上の様子です。

2021011402.jpg



音が響いてくるので上空を見上げると、ジェット旅客機が飛んでいます。トゥールーズ空港に向かっているようです。古いお城とジェット機の組み合わせは妙な違和感があります。

2021011403.jpg



城郭の内部の通路を通って、城壁近くに出ます。

2021011404.jpg



城壁は2重になっていて、外側の城壁の先に丘の下に続く通路が見えます。城門があるのでしょう。通路の先には、サン・ジメ教会l'Église Saint-Gimerが見えます。

2021011405.jpg



2重の城壁の間には道があり、城門もあります。

2021011406.jpg



再び、サン・ジメ教会とその先のカルカソンヌの街並みを眺めます。

2021011407.jpg



城郭内には大砲が置いてあります。

2021011408.jpg



この丸い石は砲弾でしょうか。

2021011409.jpg



何やら彫像も展示されています。

2021011410.jpg



城郭から直接、城壁に移動できないので、いったん、中庭に下りて、再度、別のルートから城壁に上ります。

2021011411.jpg



再び、城壁の上に上がります。2重の城壁の内側の城壁です。このあたりはコンタル城の外部、北側の城壁です。

2021011412.jpg



城壁の上からコンタル城の堅固な塔と石壁を眺めます。先ほどはあの塔の上からこの城壁を眺めていました。

2021011413.jpg



城壁の塔の中に入ります。

2021011414.jpg



この塔を抜けると、城壁はさらに続きます。

2021011415.jpg



これが今、抜けてきた塔です。

2021011416.jpg



ここから、本格的に城壁の上を歩いて、城塞都市ラ・シテの周りを廻ります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

カルカソンヌ:城壁の上を往く

2019年9月18日水曜日@リヨン~カルカソンヌ/15回目

カルカソンヌの城塞都市ラ・シテla Citeのコンタル城Château Comtalを訪れ、城壁の上に上って、眺めを楽しんでいます。
コンタル城を後にして、城壁の上を歩いて、城塞都市の周りを廻ります。
城壁の上からは雄大な眺めが望めます。カルカソンヌの町、その向こうにはスペインへと続く平原。そして、遠くに山並みが見えます。あの山の向こうはスペインでしょうか。

2021011501.jpg



一方、城塞都市の内側を眺めると、目の前がサン・ジャン広場Place Saint-Jeanです。

2021011502.jpg



saraiは城壁の外の景色に見入っています。丘の上からの絶景ですからね。

2021011503.jpg



さあ、城壁を歩きます。城壁は城塔が立ち並びながら、延々と続いています。

2021011504.jpg



城壁の上を少し歩くと城塔の中に入ります。

2021011505.jpg



城塞都市を囲む2重の城壁の内側の城壁の上を歩いています。外側の城壁は眼下に見下ろせます。その先は丘の斜面が切り立って、下っています。その先はカルカソンヌの町並みと大平原です。

2021011506.jpg



次々と城塔が現れます。

2021011507.jpg



城塔を抜けて、振り返って眺めます。頑強であり、かつ、美しさも感じます。

2021011508.jpg



また、城塔を抜けます。

2021011509.jpg



頑強で分厚い城壁には狭いスリットが開いて、外部が垣間見れます。

2021011510.jpg



城塞都市内は緑の多い長閑な風景です。

2021011511.jpg



長閑な町並みの遠くにコンタル城が見えます。

2021011512.jpg



城壁をぐるりと巡り、城塞都市をほぼ半周すると、大きな城門、ナルボンヌ門Porte Narbonnaiseが見えてきます。

2021011513.jpg



ナルボンヌ門の一つ手前の大きな城塔までやってきました。

2021011514.jpg



そこから後ろを振り返ると、巨大な城壁がまっすぐ続いています。

2021011515.jpg



すぐ先にナルボンヌ門が見えてきます。

2021011516.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2021011517.jpg



城壁散歩も最終段階です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

カルカソンヌ:ナルボンヌ門で城壁の上の散策を終了

2019年9月18日水曜日@リヨン~カルカソンヌ/16回目

カルカソンヌの城塞都市ラ・シテla Citeのコンタル城Château Comtalを訪れ、城壁の上に上って、眺めを楽しんでいます。
今はコンタル城を後にして、城壁の上を歩いて、城塞都市の周りを廻っています。
雄大な城壁が続いています。

2021011801.jpg



城壁の上の散策も目の前に大きな城門、ナルボンヌ門Porte Narbonnaiseが見えています。ちょうど、コンタル城の反対側です。城塞都市を囲む城壁をほぼ半周したことになります。

2021011802.jpg



町並みの甍の波の向こうにコンタル城の姿が見えています。

2021011803.jpg



ナルボンヌ門の前に立ちます。実に頑強な城門です。

2021011804.jpg



後ろを振り返ります。ナルボンヌ門の一つ手前の巨大な城塔が聳え立っています。

2021011805.jpg



入り組んだ城壁や塔の景観は世界遺産にふさわしいものです。たっぷりと城壁の上の散策を楽しみました。
ナルボンヌ門で城壁の上から下ります。下にはラ・シテの目抜き通り、クロ・メルヴィエイユ通りRue Cros Mayrevieilleが見えます。

2021011806.jpg



城壁を下りてきた階段を見上げます。

2021011807.jpg



その階段があったナルボンヌ門です。

2021011808.jpg



ナルボンヌ門の下を抜けるアーチです。城門の分厚さが分かります。アーチを抜けると、2重の城壁の間に出ます。

2021011809.jpg



ナルボンヌ門から続く城壁を下の路地から眺めます。ヨーロッパでもこれほどの城壁が残っている町はほとんどありません。

2021011810.jpg



ナルボンヌ門を抜けて、2重の城壁の間に出ます。この城壁は凄いですね。ラ・シテは2重の城壁に囲まれて、その城壁は3㎞に及びます。ヨーロッパ最大規模の城塞です。その2重の城壁に囲まれた道に立っています。

2021011811.jpg



ナルボンヌ門の先の濠に架かる橋を渡って、2重の城壁の外に出ました。

2021011812.jpg



プラド広場Place du Pradoに出て、ナルボンヌ門を城壁の外から眺めます。

2021011813.jpg



門の前に奇妙な胸像があります。カルカス婦人Buste de Dame Carcasの胸像です。これは伝説に過ぎないようですが、カルカソンヌの町を支配していたサラセン人の王バラクがカール大帝との戦いに敗れて、部下の兵士たちと共に戦死した後、バラクの妻、カルカス婦人が数少ない兵士を率いて、5年もの間、カール大帝のフランク軍からカルカソンヌの町を守りました。部下の戦士はすべて戦死し、カルカス婦人のみが残ります。町にあるのは豚1匹と小麦一袋だけです。カルカス婦人はその小麦を豚に食わせて、町の城塔の上から、フランク軍に投げ落とします。豚の腹が裂けて、小麦が流れ出ます。それを見て、フランク軍は町にまだ十分な食料があると信じて、町の囲みを解いて、引き上げていきます。それを見たカルカス婦人はフランク軍に向けて、和平を呼びかけるラッパを吹かせました。「カルカスが鳴らす」 フランス語で、「カルカス ソンヌ« Carcas sonne ! »」 カルカソンヌの町の名前の由来だそうです。カール大帝は引き返してカルカス婦人の忠誠を受けられたとのことです。

2021011814.jpg



ナルボンヌ門の左に続く城壁です。素晴らしい城壁ですね。

2021011815.jpg



再び、ナルボンヌ門に戻ります。濠に架かる橋を渡ります。

2021011816.jpg



橋の上から見た、右手に続く城壁とその前の濠です。

2021011817.jpg



左手にも同じように城壁と濠が続きます。

2021011818.jpg



橋を渡って、外側の城壁を抜けると、内側の城壁の守りを固めるナルボンヌ門が聳え立っています。城塞都市ラ・シテの東側の入口に位置するナルボンヌ門はフランス国王フィリップ3世治世下、1280年に建造されました。2つの巨大な搭から成っています。ナルボンヌの町の方角にあたることからこの名がつけられました。門の入口の上には聖母マリア像が飾られ、我々を優しく迎え入れてくれます。

2021011819.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2021011820.jpg



この後は城塞都市ラ・シテの束の間の路地歩きを楽しみます。既に夕方の6時を過ぎています。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

カルカソンヌ:路地散策して、サン・ナゼール大聖堂へ

2019年9月18日水曜日@リヨン~カルカソンヌ/17回目

カルカソンヌの城塞都市ラ・シテla Citeのコンタル城Château Comtalを訪れ、城壁の上の散策を楽しみました。
ナルボンヌ門Porte Narbonnaiseから城塞都市ラ・シテの中に入り、今度は路地歩きを楽しみます。町一番の繁華街、クロ・メルヴィエイユ通りRue Cros Mayrevieilleをコンタル城に向かって歩いていきます。

2021011901.jpg



暑いので、ジェラートでもいただきましょう。

2021011902.jpg



ピスタチオをいただきます。冷たくて美味しい!

2021011903.jpg



また、コンタル城の前まで戻ってきました。

2021011904.jpg



そろそろ、夕食にしましょう。ホテルの女主人に紹介してもらったレストランに向かいます。コンタル城から小さな路地、サン・ルイ通りRue Saint-Louisに入ると、路地の先に目的のレストランが見えてきます。

2021011905.jpg



そのレストラン、オ・フール・サン・ルイRestaurant Au Four Saint Louisを訪れます。レストランに入ると、もう少し後に来てねと言われます。まだオープン前で、レストランのスタッフが食事中です。まだ、6時半で早過ぎたようです。

2021011906.jpg



気さくで家庭的な雰囲気のレストランです。

2021011907.jpg



近くをぶらぶらして、時間をつぶしましょう。レストランの前の路地、サン・ルイ通りRue Saint-Louisを進むと小さな広場に出ます。オーギュスト・ピエール・ポン広場Place Auguste Pierre Pontです。

2021011908.jpg



広場にはラ・シテ一番の高級ホテル、オテル・ド・ラ・シテHôtel de la Cité Carcassonneがあります。旧司教館跡に建てられた5つ星ホテルです。1つ星のレストランも併設しているようですが、ここでは贅沢はやめときましょう。

2021011909.jpg



広場の向かい側には、サン・ナゼール大聖堂Basilique Saint Nazaireが聳え立っています。11世紀からの歴史を持つ教会です。

2021011910.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2021011911.jpg



ちょっと教会の中を覗いてみましょう。中に入ると、この小さな町には似つかわしくないような立派な空間が広がっています。

2021011912.jpg



身廊を主祭壇に向かって歩いていきます。

2021011913.jpg



後ろを振り返ると、立派なパイプオルガンが見えます。

2021011914.jpg



説教壇も凝った造りです。

2021011915.jpg



主祭壇の後方のステンドグラスが素晴らしいです。

2021011916.jpg



右手の翼廊にあるバラ窓も美しいです。

2021011917.jpg



もう少し、教会の中を見ていきましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

カルカソンヌ:サン・ナゼール大聖堂を見た後は名物料理カスレに舌鼓

2019年9月18日水曜日@リヨン~カルカソンヌ/18回目

カルカソンヌの城塞都市ラ・シテla Citeで城壁の上の散策を楽しんだ後、路地散策をしています。
城塞都市ラ・シテの宗教の中心であるサン・ナゼール大聖堂Basilique Saint Nazaireの中を見学しています。
主祭壇の前に立ち、左手の翼廊の美しいバラ窓を眺めています。この大聖堂はステンドグラスが素晴らしいです。

2021012001.jpg



大聖堂内の見事なステンドグラスに魅了されます。

2021012002.jpg



側廊のステンドグラスも素晴らしいです。

2021012003.jpg



側廊に立ち並ぶ柱の連なりも綺麗です。

2021012004.jpg



ステンドグラスの美しい小礼拝堂があります。

2021012005.jpg



キリスト像がぽつんと置いてあります。

2021012006.jpg



入口近くに戻り、再び、主祭壇のステンドグラスに目をやり、大聖堂から出ます。

2021012007.jpg



大聖堂の翼廊の前に出ます。奇妙なことにこの大聖堂は翼廊から出入りします。

2021012008.jpg



大聖堂の北側面です。北側面に面して、オーギュスト・ピエール・ポン広場Place Auguste Pierre Pontがあります。今、その広場から大聖堂を眺めています。

2021012009.jpg



北側廊にも入口があります。

2021012010.jpg



広場は小さいので、大聖堂全体を見渡すことは難しいです。大聖堂を北から眺めた姿です。

2021012011.jpg



なんだか、空模様が怪しいので、傘を取りにホテルに戻ります。ホテル近くのグラン・ピュイ広場Place du Grand Puitsにある古井戸です。グラン・ピュイとはフランス語で大きな井戸のことです。

2021012012.jpg



傘を持って、再びレストランへ行くと、今度はもちろん営業中です。既にお客さんで賑わっています。このレストラン、オ・フール・サン・ルイRestaurant Au Four Saint Louisは郷土料理で結構、有名なお店のようです。まずは白ワインとエヴィアンをいただきます。

2021012013.jpg



カルカソンヌ名物の煮込み料理、カスレを楽しみます。シンプルな塩味で美味しいです。

2021012014.jpg



ピザ・マルゲリータもいただきます。

2021012015.jpg



食べるのはこの2つだけです。

2021012016.jpg



それでも、量が多く、ピザは残してしまいます。ごめんなさい。
このお店は家族経営のようです。テーブルに料理を運んでくれる女の子はよく働く娘でした。
夕食を終え、路地に出ると、すっかり、暗くなっています。

2021012017.jpg



夜道をホテルに戻ります。

2021012018.jpg



ホテル近くのグラン・ピュイ広場まで戻ってきました。まだまだ、このあたりは賑わっています。

2021012019.jpg



ホテルの部屋に戻り、ワインの酔いも回り、一寝入り。目が覚めると、外は雨音に雷光。久しぶりの雨ですが、今のところ、何の影響もありません。雨音をききながら、ブログの記事を書いています。明日の天気はどうなるかな。明日は天気さえよければ、ミディ運河クルーズに出かけ、その後、聖地ルルドに向かいます。ところで夜中にブログ記事をアップするためにレセプション前に下りていったら(このホテルは部屋ではネットがつながらない)、思わぬ珍事が起こったのですが、それは後で書きますね。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR