fc2ブログ
 
  

記事アップをミス^_^

手違いで昨日の記事をアップしていません。今、出先てす。今日から1週間、怒涛のコンサート。6回も聴きます。自宅に戻り次第、昨日の記事をアップします。悪しからず!
 

軽井沢を歩く:人気のフレンチレストラン、ドメイヌ・ドゥ・ミクニで豪華ディナー

2021年4月11日日曜日@軽井沢/10回目

軽井沢の4日目は北軽井沢を歩きました。夜は人気のフレンチレストラン「Domaine de mikuni(ドメイヌ・ドゥ・ミクニ)」でディナーをいただきます。既にレストランの下見も終えました。

さあ、時間になったので、一眠り中だったsaraiも起き出して、ディナーに出かけましょう。既に下見を終えています。旧中山道に出て、今度は夜なので、御影用水温水路沿いの道は危険なので歩かずに、旧中山道から周り込みます。旧中山道にはレストランへの案内板があります。その案内に従って、路地に入ります。

2021051501.jpg



古民家を移築したレストランに迷わずに到着です。夜は前庭にライトが点灯されて、とっても雰囲気があります。

2021051502.jpg



入口で名前を告げると、お庭を眺められる入口脇の個室に案内されます。お客は・・・我々だけのようです。コロナ恐るべし! いつもは予約を取るのも難しいお店なんだそうです。
既に美しいテーブルセッティングもできています。

2021051503.jpg



ナプキンを膝に置いて、料理をいただく準備を完了。

2021051504.jpg



ていねいにお料理の説明をしながら次から次へとお料理が運ばれてきます。その間には、スタッフの方との楽しい会話も弾みます。一流のお店は接客も素晴らしいです。

まずは白ワインをいただきます。ここでもフランスのブルゴーニュのワインです。さすがに美味しいですね。

2021051505.jpg



料理はまず、熊本産・新玉葱のヴルーテとそのアイスクリーム、フランス産キャビア添え。最初にそこからくるのかって驚きます。

2021051506.jpg



次は富山湾ホタルイカ、オホーツク産・帆立貝、日向夏とタンポポのプランタニエ、辛子酢味噌風味。ここで日向夏を使うのかって感じです。それが美味しいです。

2021051507.jpg



次はブルターニュ産リ・ド・ヴォー(仔牛の胸腺、生まれて初めて食べました)とフレッシュ・モリーユ(編笠茸)のフリカッセ、ヴァンジョーヌ風味。こんな食材、料理があるんですね(感嘆!)。

2021051508.jpg



次はフランス産・幻の淡水魚“オンブル シュヴァリエ”のグリエ、山菜とトマト味噌マスタード風味、天然芹合え。この魚が絶品です。

2021051509.jpg



オンブル シュヴァリエ(Omble chevalier)は「アルプスイワナ」と呼ばれ、アルプスの湖、アヌシー湖やレマン湖で獲れるのだそうです。これも初めて食べました。

2021051510.jpg



次はフランス産・ミディ・ピレネー地方で育ったアニョー・ド・レ(乳飲み仔羊)のロティ、ソース・ビガラード。この仔羊はくせもなく、柔らかくて、とっても美味しいです。信州の豊かな自然の恵と共にという副題が添えられていて、信州産の野菜が盛られています。

2021051511.jpg



さて、ここから、デザートに入ります。
まず、本日のフランス産フロマージュ“ブリア・サヴァラン”。

2021051512.jpg



次はノルマンディー産フロマージュブランのクレームダンジュ、キウイとパパイヤ風味。

2021051513.jpg



最後はドメイヌ流・焙じ茶のティラミスと地産ルバーブのアイスクリーム。ん? この丸い棒状のものがティラミス?

2021051514.jpg



割ってみると、中に凝ったティラミスがあります。ティラミスの上にはチョコレートなどが並んでいます。ドメイヌ流というのは、ドメイヌ・ドゥ・ミクニ特有の棒状の筒でくるんでいることのようですね。

2021051515.jpg



これで終わりだと思っていたら、おまけがあります。あれっ、カヌレですね。カヌレと言えば、ボルドー名物ですね。一昨年の旅でボルドーのカヌレ専門店で食べたことが懐かしいです。
ところで、これはおまけではなく、ミニャルディーズというコーヒーに添える焼き菓子でした。フレンチに疎いとこういうところで馬脚を現してしまいます。

2021051516.jpg



コーヒーで〆です。

2021051517.jpg



すべて美味でした。決して安くはありませんが、納得の内容でした。建物も雰囲気もサービスも。軽井沢に来ることがあれば、また来たいですね。ちなみにこの建物はル・コルビジェの直弟子、坂倉準三が設計し、戦時中の1941年に東京都世田谷区等々力に建てられた「旧飯箸邸」を2007年に軽井沢に移設したものだそうです。和風の住宅でありながら、モダンな作りが印象的でした。


真っ暗な道を帰ります。大丈夫かなと不安になりますが、なんとそれぞれの家の前を通り過ぎるときには街灯が自動的に灯り、照らしてくれます。お家のセキュリティ対策なんでしょうが、通行人の我々も助かります。空を見上げると、都会とは違って、星空が美しいです。久しぶりに、空いっぱいに星が瞬くのを見ます。
贅沢な日々ですが、明日は自宅に戻ります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

 

軽井沢を歩く:旧中山道の追分宿

2021年4月12日月曜日@軽井沢/1回目

軽井沢の5日目です。今日も、いいお天気です。結局、軽井沢滞在の5日間は、すべて晴れ。
今日は引き上げるので、荷物をまとめます。リゾートマンションのチェックアウトをして、荷物をプリウスに積んで出発です。

2021051701.jpg



今日は近場の信濃追分を歩きましょう。心配なことは、観光案内などでは信濃追分に駐車場が見当たらないことです。現地で探してみるしかありませんね。公的な施設としては追分宿郷土館があるので、そこには駐車場があるのではないかと期待して、追分宿郷土館をナビに入れて出発です。国道18号線から、追分宿の信号で旧中山道に入ります。古い趣のある家並が続きます。家並の間には空き地がありますが、そこに停めるわけにはいきません。そろそろ追分宿郷土館かなと思うところまで来ます。追分宿郷土館の案内板があります。

2021051702.jpg



その案内板の前には、何ととっても立派で広々とした駐車場があります。最近できたのでしょうか。安心して、車を停めて散策できます。

2021051703.jpg



さあ、歩きましょう。追分宿郷土館がありますが、そこはさほど興味がないので、パスします。ところで正面に見えている立派な建物はトイレです。早速、saraiが借用します。とても綺麗なトイレでした。

2021051704.jpg



トイレの前にシャーロックホームズ像の案内が出ています。信濃追分にシャーロックホームズって、何でしょうね。

2021051705.jpg



旧中山道を歩きます。舗装されていますが、何か古い雰囲気があります。周りの建物も古い造りです。

2021051706.jpg



中山道六十九次の宿場町、追分宿のマップがあります。追分宿(おいわけしゅく)は、中山道六十九次のうち江戸から数えて二十番目の宿場でした。北国街道(北陸道)との分岐点でもあり「追分」の名はこれに由来するものです。

2021051707.jpg



右手には追分公園があります。子供たちの遊び場になっているようです。

2021051708.jpg



案内板があります。追分宿のほうに向かいます。途中、堀辰雄文学記念館もあるようです。堀辰雄は最初に室生犀星と共に軽井沢を訪れて以来、芥川龍之介との交友や代表作『風立ちぬ』のもととなった矢野綾子との出会いなど、軽井沢は第2の故郷といえる場所になりました。そして、この信濃追分で晩年を過ごし、この地で亡くなりました。堀辰雄文学記念館は彼が晩年を過ごした旧居跡に作られました。

2021051709.jpg



追分宿の旧中山道は単なる舗装道路ではなく、石畳風に綺麗な道になっています。こういう配慮は嬉しいですね。

2021051710.jpg



昇進橋に差し掛かります。昇進川(しょうじんがわ)に架かる橋です。この橋の先が宿場町になっています。

2021051711.jpg



橋から川を見下ろすと、水もほとんどなくて、川らしい川ではありません。

2021051712.jpg



この昇進橋は平成7年にできた新しい橋ですが、宿場町にふさわしい雰囲気にしてあります。

2021051713.jpg



町内循環バスの追分昇進橋のバス停があります。しなの鉄道の追分駅を経由して、中軽井沢駅とバスルートでつながっています。ミニミニ図書館も併設しているのがほほえましいですね。

2021051714.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2021051715.jpg



この先、追分宿の宿場町を歩きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

 

軽井沢を歩く:堀辰雄文学記念館~旧油屋旅館

2021年4月12日月曜日@軽井沢/2回目

軽井沢の5日目は最終日で、近場の信濃追分を歩くことにします。追分宿郷土館の駐車場に車を置いて、旧中山道を歩いています。
昔の宿場町は自然があふれています。道沿いの木では小鳥が鳴いています。ありふれたスズメのようですが、軽井沢で見ると可愛さが増します。

2021051901.jpg



旧宿場町の中に入っていきます。

2021051902.jpg



堀辰雄文学記念館の前に立ちます。

2021051903.jpg



文学記念館の前には無料駐車場もあります。

2021051904.jpg



堀辰雄文学記念館の入り口の門を抜けると、木々に挟まれた路地が続いています。

2021051905.jpg



案内板があります。それを読むと、堀辰雄文学記念館の入り口の門と思ったのは、そうではなくて、追分宿本陣門(裏門)だということです。本陣そのものは現存しないようですが、門だけは別の場所に移築されていたものを再度、この地に移築したとのことです。

2021051906.jpg



ということで、もう一度、ちゃんと、この追分宿本陣門を眺めてみましょう。江戸時代の宿場町の繁栄が偲ばれます。当時の旧街道はさぞや、人の行き来が多かったのですね。

2021051907.jpg



さて、路地の先に進んでみましょう。

2021051908.jpg



路地の先の右手に堀辰雄文学記念館がありました。どうやら、休館のようです。

2021051909.jpg



元来た路地を戻ります。

2021051910.jpg



路地を出て、また、旧中山道を歩きます。すぐに旧油屋旅館が右手奥に見えます。堀辰雄や立原道造が滞在し、文学作品を執筆していた旧油屋旅館です。古き面影の漂う佇まいです。

2021051911.jpg



旧油屋旅館には信濃追分文化磁場油やというアートギャラリーやカフェが併設されていますが、まだ、シーズン前で4月末にならないとオープンしないようです。軽井沢はまだ、冬のシーズンなんですね。

2021051912.jpg



旧油屋旅館の由来を書いた看板があります。ともかく、軽井沢は何故か、文人などの文化人に好まれた地だったのですね。その中心には常に堀辰雄がいたようです。先輩は室生犀星や芥川龍之介、後輩は立原道造といった具合です。川端康成の存在も忘れてはいけませんね。

2021051913.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2021051914.jpg



追分宿の宿場町跡の中心地を歩いています。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

 

軽井沢を歩く:高札場~泉洞寺

2021年4月12日月曜日@軽井沢/3回目

軽井沢の5日目は最終日で、近場の信濃追分に行き、旧中山道にある旧宿場町を歩いています。
由緒のある旧油屋旅館の先は昔、本陣があったところ。その先には高札場が再現されています。

2021052401.jpg



説明板によると、高札場とは、法度、掟書きなどを記したところだそうです。また、さらし首、重罪人の罪状なども記し、高く掲げた板札を高札と言ったそうです。何か、恐ろし気なものなんですね。現代社会では考えられないものです。一応、民主主義の中に身を置けることに感謝せねばなりません。

2021052402.jpg



中山道、20番の宿、追分宿の看板があります。一つ前は沓掛宿(現中軽井沢)、一つ先は小田井宿(おたいしゅく、現在の長野県北佐久郡御代田町中心部で北国街道との分岐点)と書かれています。

2021052403.jpg



右に分岐する浅間山道路への石標がありますね。

2021052404.jpg



実際はこの道の先は石尊山の登山口に続きます。

2021052405.jpg



まあ、そちらへは進まずにまっすぐ、旧中山道を歩きます。消防団の分団があります。これも宿場町らしい雰囲気ですね。

2021052406.jpg



消防団の分団の隣には石の鳥居が立っています。この鳥居に続く参道の先に諏訪神社があるようです。

2021052407.jpg



やがて、曹洞宗の禅寺、泉洞寺の前です。

2021052408.jpg



立派な仏閣です。ちょっと覗いていきましょう。

2021052409.jpg



参道沿いには石仏が並びます。

2021052410.jpg



ひなびた山門です。境内に入ってみましょう。

2021052411.jpg



境内にも石仏が並んでいます。どれかが堀辰雄が愛した石仏かと思いましたが、実際は、後で調べると、本堂裏の墓地内の小径にその歯痛地蔵尊はあったのだそうです。残念ながら、半跏思惟のポーズのミステリアスな石仏を見損ないました。

2021052412.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2021052413.jpg



また、旧中山道に戻り、追分宿の散策を続けます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

 

軽井沢を歩く:追分宿の外れ~分去れ~シャーロック・ホームズ像~雑木林

2021年4月12日月曜日@軽井沢/4回目

軽井沢の5日目は最終日で、近場の信濃追分に行き、旧中山道にある旧宿場町を歩いています。
遂に宿場町の外れまでやってきました。旧中山道は国道18号線(中山道)に合流します。国道から旧中山道に入る分かれ道には、追分宿と大きく書いた櫓のような建物があります。そして、左手前に見えているのが桝形の茶屋、津軽屋です。

2021052501.jpg



この桝形の茶屋の先に国道18号線を少し歩くと、追分宿の分去れに出ます。左が中山道(国道18号線)、右が北国街道です。

2021052502.jpg



分去れには多くの石碑や石仏がまつられています。

2021052503.jpg



分去れに関する説明が書かれた看板が立っています。古来、多くの旅人たちがこの分かれ道で感懐を込めて、2つの道に分かれ去っていったそうです。我々はここで北国街道に足を踏み入れます。

2021052504.jpg



北国街道に入るとすぐ、右手に木々が生い茂る庚申塚公園が広がります。と、シャーロック・ホームズ像の案内板があります。何故、こんなところにシャーロック・ホームズ?

2021052505.jpg



訝しく思いながらも庚申塚公園内に入り、庚申塚の先にあるシャーロック・ホームズ像らしきものに歩み寄ります。

2021052506.jpg



確かにシャーロック・ホームズ像です。驚きますね。何故、こんなところにあるのでしょう。後で調べると、アーサー・コナン・ドイルの小説「シャーロック・ホームズ」のシリーズを翻訳した翻訳家・延原謙氏の別荘が追分にあったことから、作品の100周年を記念して、ここにシャーロック・ホームズ像が建造されたそうです。別の説では、翻訳家・延原謙が追分油屋旅館の離れを仕事場に、『シャーロック・ホームズ』シリーズの翻訳を手がけたことから、ホームズ生誕100周年を記念して昭和63年(1988)に作られたともあります。きっと、どちらも正しいのでしょう。いきなり、別荘がある筈もないので、まずは油屋旅館で翻訳を手がけ、そのうちに別荘を建てたと思われます。なお、シャーロック・ホームズの生年は1854年頃とする説が有力なので、生誕100周年は間違い。アーサー・コナン・ドイルは1884年にシャーロック・ホームズシリーズの第一作である長編小説『緋色の研究』を発表しているので、それから100年をちょっと過ぎた頃にこの像を建造したのでしょう。ちなみに翻訳家・延原謙がシャーロック・ホームズの翻訳を手掛け始めたのは1926年頃から以降です。ということはシャーロック・ホームズが我が国に登場してから、今年で95年くらいですね。少年時代にシャーロック・ホームズやアルセーヌ・ルパンに夢中になっていたことを思い出します。

2021052507.jpg



庚申塚公園から出て、ちょっと歩くと、鉄柵があります。何だろうと思うと、東洋英和女学院の軽井沢追分寮の入口です。建物は全然見えませんから、庚申塚公園の奥のほうにあるんでしょう。

2021052508.jpg



この先、分かれ道で北国街道から離れて右手の道を進みます。右側に私有地という看板が立ち、奥にシャーロック・ホームズ像がまた、見えます。その先にお屋敷が見えます。あれが東洋英和女学院の軽井沢追分寮でしょうか。

2021052509.jpg



周りは鬱蒼とした雑木林の道を進みます。

2021052510.jpg



林の中には別荘らしき建物が点在しています。

2021052511.jpg



やがて、綺麗な舗装道路に出ます。浅間サンラインです。しかし、自動車道路は歩きたくないので、その少し手前の雑木林の中の道を歩きます。

2021052512.jpg



やがて、金網で囲まれたグラウンドにぶつかり、その金網のグラウンド沿いの道を歩きます。

2021052513.jpg



このグラウンドは青山学院高等部グラウンドでした。青山学院高等部の追分寮に付属するグラウンドです。高校生のサマーキャンプなどに利用されているようです。

2021052514.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2021052515.jpg



追分宿の北側の林の中の道を散策していきます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

 

軽井沢を歩く:追分の雑木林~軽井沢駅 ・・・旅は完了!

2021年4月12日月曜日@軽井沢/5回目

軽井沢の5日目は最終日で、近場の信濃追分を歩いています。
旧宿場町、追分宿から、旧中山道、旧北国街道を経て、追分宿の北側の林の中の道を散策しているところです。
ぶらぶら歩いていくと、建築工事が進むエリアに入ります。新しく住宅地として開拓されたのでしょうか。かなり立派な建物が続きます。

2021052601.jpg



こちらのお宅も素敵ですね。

2021052602.jpg



小高いところにひっそりと佇む豪華な別荘も見えます。

2021052603.jpg



この千メートル林道を歩いていくと、左手に石尊山の登山口の道標があります。

2021052604.jpg



ここで右に折れると、追分宿に戻れるようです。予定ではぐるっと追分宿の北側の雑木林を大回りすることにしていましたが、ほぼ、様子も分かったので、ここで右に折れて、ショートカットします。

2021052605.jpg



ここからはずっと下り道が続きます。

2021052606.jpg



途中、都立八潮高校の追分寮があります。贅沢なものを持つ高校があるものですね。

2021052607.jpg



どんどん、雑木林の中の道を下っていきます。

2021052608.jpg



やがて、追分宿の旧中山道に着きます。浅間山道路への分かれ道だったところです。高札場のすぐ近くです。

2021052609.jpg



ショートカットした結果、予定よりちょっと早く駐車場に到着。
ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2021052610.jpg



帰りの新幹線の時間までは少し時間があります。では、千ヶ滝の方に行ってみましょう。目的地近くの駐車場をナビに入れ出発。が、千ヶ滝に向かう道がなかなか見つかりません。うろうろしているうちに、時間切れ。諦めて、軽井沢駅に向かいます。駅前でレンタカーを返して、駅前のショッピングプラザでものぞいてみましょう。駅に着き、問題もなく、簡単にレンタカーを返却します。レンタカー店で荷物を預かってもらって、ショッピングプラザに向かいます。今までは軽井沢のアウトレットにはマイカーで直接行っていたので、こんなに軽井沢駅に隣接しているとは思いませんでした。駅からエレベーターを降りると、もう高級ブランドのお店が目の前に並んでいます。今まで過ごしていた同じ軽井沢とは思えないほど、ここは人がいます。とはいえ、密!というほどのことはありません。

2021052611.jpg



さあ、お買い物でも楽しみましょう!というエリアですが、こういうものには全く興味のない配偶者は、広い芝生公園を散歩して、早々に退散します。(それでも、プラダやグッチの店内で目の保養はしましたよ。)

2021052612.jpg



予約していた峠の釜めしをゲットして、待合室で頂くことにしましょう。駅に向かいます。駅構内のおぎのやの売店に行くと、ちゃんと、峠の釜めしは用意されています。広いきれいな待合室で頂くことにします。

2021052613.jpg



峠の釜めしはホカホカで美味しい!

2021052614.jpg



釜めしを食べ終えて、最後は、お土産探し。
レンタカー店に預けてあった荷物を引き取って、新幹線のホームに出ます。帰りましょう。
お天気にも恵まれ、人も少なく、大いに歩きまわり、すっかりリフレッシュ出来ました。

これにて、軽井沢の5日間の旅は完了。ご読了、ありがとうございました。次はしばらく中断していたフランスの旅に戻ります。ボルドーでワイナリーツアーに出かけているところから再開します。まあ、その前に2回ほど、コンサート記事が続きます。悪しからず。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR