FC2ブログ
 
  

ザルツカンマーグートへ小旅行:ハルシュタットのホテルにチェックイン・・・塩抗へのケーブルカー乗り場へ

2013年4月21日日曜日@ウィーン~ゼメリング鉄道~ハルシュタット/11回目

ホテルのオーナーに船着き場まで出迎えてもらい、車であっという間にホテルに到着です。ホテルはハルシュタットの街の外れにありますが、ハルシュタットの街は1キロ足らずの細長い街ですから、街中みたいなもんです。車で迎えに来てもらうほどのことはありませんが、初めて訪れる街は土地勘がないので、ホテルまで案内してもらえば楽ちんですね。
ホテルはGasthof Pension Grüner Angerです。これが外観。ホテルのパンフレットからの画像です。


rjMW8k9Trzaf3e.jpg



このホテルは比較的料金が高いザルツカンマーグートのホテルの中ではリーズナブルな料金で泊まれるので、選択しました。
ホテルのレストランです。落ち着いた感じです。


28LJx72w8M2ba2.jpg



ホテルのレセプションでチェックインします。レセプションの奥には、厨房が見えています。


i7JZVFysYo23ae.jpg



ホテルでチェックイン後、部屋に向かいます。部屋は2階ですがエレベーターなんてありませんから、荷物を持って階段を上がらないといけません。ただ、ウィーンからの小旅行なので、荷物は最小限で大したことはありません。
部屋に入って窓から外を覗くと、野原が広がっています。いい環境ですね。


5TQZCmQCWacb81.jpg



部屋には気持ちのよさそうな清潔なベッドが置いてあります。


6hPzO7e_yKc443.jpg



バスルームも清潔そのものですが、残念ながらバスタブはありません。


IvRAXfOnOL533b.jpg



部屋には小さなバルコニーが付いていて、そこからは街から続いている家並みも見えます。うーん・・・可愛い家々ですね。


Ou5TrC0Tamd280.jpg



山肌もホテル近くまで迫っています。


JEwnai01SU26e0.jpg



可愛い家を発見。こういう家に住んでみたいものです。後ろに見えている山の上のほうが少し靄っていますね。眺望が悪くならなければ、いいのですが・・・。


ayQ43iw4Xfc1fd.jpg



さて、いつまでもぐずぐずせずに塩抗に向かいます。ザルツカンマーグートは、名前の《ザルツ》の通り昔から岩塩の産地で有名です。実はそれほど塩抗に興味があるわけではありませんが、塩抗がある山の上からの絶景に期待しているんです。それに何と、この塩抗は冬の間はお休みで春になるとオープンするのですが、それが昨日(4月20日)からなんです。グッドタイミングでのハルシュタット訪問になりました。
塩抗は4時までにケーブルカーに乗らないとツアーに参加できないので、急がないといけないんです。後、1時間でクローズです。
ケーブルカーの駅はホテルのすぐ近くで、オーナーが割引券をくれました。ラッキー! ダンケ・シェーン!
ホテルを出ると、良いお天気で、綺麗な小川も流れています。


telP1HSompb75d.jpg



周りの山の美しさ、草花の美しさ、これぞザルツカンマーグートです。


NxU90s3lVKdb58.jpg



すぐに、急な山の斜面に敷設されたケーブルカーの軌道が見えてきます。つい、saraiは足が早まります。


a50diq2RDU9334.jpg



塩抗に上るケーブルカー乗り場に到着。


lpEvDm7Ujqf02d.jpg



塩抗に上るケーブルカー乗り場で振り返ると、周りは美しい雪山が見えます。ケーブルカーで上った山の上からは綺麗に見渡せるでしょう。


CoZ2t85iv93af1.jpg



窓口でケーブルカーと塩抗ツアーのセット券を購入。1人26ユーロです。ホテルのオーナーから貰った割引券を出すと、2ユーロの割引で24ユーロになりました。ちょっとだけ、得した気持ち。


PKnNyFzCS564b1.jpg



塩抗の説明パンフレットもゲット。ドイツ語の他に英語でも書かれています。助かります。


H0BV5sidPI57d9.jpg



ケーブルカー乗り場の建物に入ります。次の発車は3時15分と表示されています。15分おきの発車のようで、後5分ほどです。最終便の4時には余裕で間に合いました。


kw2n8Ti8PE8a19.jpg



チケットのバーコードをかざすと、入場ゲートのバーが開きます。


SPan5mrHbo5796.jpg



奥のドアの先がケーブルカーのホームのようです。


spgNIIjXps1590.jpg



壁にケーブルカーのデータが掲示されています。24人乗りの車両で300m以上の高さを上るようです。できたのは1980年ですから、そんなに昔からあるわけではありませんね。


e6Y0ICHAf_c492.jpg



この後、ケーブルカーで山に上り絶景を楽しみます。

船着き場~ホテル~ケーブルカー乗り場のルートを地図で確認しておきましょう。


2014011301.jpg





↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ザルツカンマーグートへ小旅行:ハルシュタットの塩抗へのケーブルカーで山上へ・・・そして、絶景!

2013年4月21日日曜日@ウィーン~ゼメリング鉄道~ハルシュタット/12回目

ハルシュタットでの最初のお楽しみは、ケーブルカーで山に登って山の上からの眺望と塩抗ツアーです。
ホームに出ると、ケーブルカーの車両が既に停車中。かなりの急坂を上っていくようです。


lNYyiU1oZY92ab.jpg



今のところ、乗客は我々二人だけです。昨日から本年度の営業を開始したばかりですからね。


j0WKUpTrIp043b.jpg



独占状態の車両に乗り込み、上機嫌のsaraiです。


Mq_sfnmwDp8ddb.jpg



ケーブルカーが上り始めると、みるみるうちに眺めが素晴らしくなっていきます。箱庭のような景色が広がっていきます。


bGgqgBgm5X4275.jpg



ケーブルカーはもうこんなに上ってきました。高速なシステムです。麓駅もよく見えています。


2YUD25442D8126.jpg



ますますハルシュタット湖の眺めが綺麗になってきました。


jrrIzKERLgd744.jpg



ケーブルカーは中間点を過ぎ、山上駅から下りて来た車両とすれ違いました。


5_RYD4LpDq9f72.jpg



ほぼ山の上に到着。これが下界の風景です。


nOHeHXFxKhbb6a.jpg



ハルシュタット付近の湖の風景が見渡せます。


4MF1g_oBH34c0a.jpg



ケーブルカーの終点辺りは、山の木々が邪魔してハルシュタット湖の眺望が妨げられます。


pVhbdYkukk6cd3.jpg



ケーブルカーの山上駅の前には、塩抗の抗夫たちのレリーフが飾られています。


wzMpv3lY0J707c.jpg



駅前の広場にエレベーターがあり、それに乗ってさらに高台の通路に上がります。まるで空中回廊のようです。この空中回廊に上がると、ぐっとまわりの視界がよくなります。


GRcAiA9isVe87f.jpg



ハルシュタット湖の南側がすべて見渡せます。絶景です。本当によいお天気でラッキーです。曇り空や雨だったら、ハルシュタットの良さは全く分かりませんね。


ofTkp48p_xa4f6.jpg



空中回廊は山上のレストランに通じています。そこでゆっくりとお茶したいところですが、塩抗ツアーの最終時間も迫っているので、パスします。


RjiTdyOg9Xe53b.jpg



これが空中回廊の全景です。駅前に建つエレベーター塔を上がったところの回廊は二手に分かれ、一方は展望レストラン、一方は塩抗に続く山道につながっています。


briJefEUTf4279.jpg



この空中回廊からは山道を塩抗に向かいます。


36S2IFvvf1dde9.jpg



山道脇には、可愛い草花が咲いています。スノーフレークでしょうね。


6LpMLtdBO0e365.jpg



山道を歩き始めると、すぐに左手に真っ黒い建物があります。何でしょう。


ZgWFy4q5k038ed.jpg



黒い建物の前に来ると、展示の墓(schaugrab)と書かれています。ますます、謎?


TDtXRpRUf8601e.jpg



建物に入ると、布にくるまれた遺体と副葬品の壺などが置かれています。これは19世紀にヨハン・ゲオルク・ラムザウアー(Johann Georg Ramsauer)が発見した先史時代の埋葬場の再現シーンです。およそ3000年前の埋葬シーンと考えられているそうです。


Ck2BCovgmsb144.jpg



さらに山道を歩いて塩抗に向かいます。

ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2014011401.jpg





↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ザルツカンマーグートへ小旅行:ハルシュタットの塩抗ツアー・・・いよいよ出発

2013年4月21日日曜日@ウィーン~ゼメリング鉄道~ハルシュタット/13回目

ハルシュタットの塩抗に向かって山道を歩いていきます。
ケーブルカーの山上駅から空中回廊を通って、山道に出ました。山道沿いには、展示物もいくつかあるようです。展示の墓が右後方に見えています。


u3jpdcKoP2b2ed.jpg



山道脇に石碑があります。この石碑にもハルシュタットのこの高い谷に古い時代の埋葬場があったことが記されています。石碑の前には、まだ雪が残っています。おおーっ、寒っ!


2eStCGJUiva8e1.jpg



さらに山道を歩いていきます。まわりは美しい風景が広がっています。


lwEcuCLJfKf8a8.jpg



日陰になっている山道の周りは雪・・・春まだ浅き。


gzy48LoQ0e6f0d.jpg



山道脇に聖バルバラを祭った祠。道標に従って塩抗の方へ進みます。


usYQNk26Ymbf99.jpg



山道の傍らに可愛い白い花が咲いています。何と言う名前の花でしょう?


wc9pyPNNVR8994.jpg



岩山の下に塩抗の建物が見えてきました。ようやく目的地に到着です。およそ10分ほどの気持ちのよい山道散策でした。


9dM6irREzd45ee.jpg



この辺りからの眺望も美しいです。


FewUG2V6lL5fe1.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2014011501.jpg



この建物が《塩ワールド》(Salzwelten)という塩抗レジャー施設です。


1JXcIQh8ac8d12.jpg



塩抗の見取り図です。なかなか大きな坑道のようですね。


Wt_LlhJyRi1c13.jpg



これは、冬季のまわりの山々の説明パネル。一番高い山はシュパイクベルクSpeikbergの2125m。


irKl1Tl3pqde9e.jpg



塩抗施設と思われる建物が並び、その向こうにはハルシュタットの周りの雪山が見えます。


ojjWYDMY6N413b.jpg



塩抗ツアーの入口は普通の建物でショップなどもあります。この建物の中で塩抗ツアーの準備。荷物を預け、ツアー用のユニフォームを着用します。エッ、似合っていないって・・・!!


Vi2h5MGCVK66e1.jpg



塩抗の展示室を通って、ツアーの出発点に向かいます。


XpDWEAowE4fc76.jpg



ツアーの仲間が待っていました。待ちくたびれたのか・・・大あくび。


3kqH2nqm618eb9.jpg



さて、ツアー出発です。木造の屋根付き回廊を歩いて塩抗に向かいます。


szhbCu3oBN834b.jpg



回廊は丘の斜面を上っていくので、階段になっています。夕方になって、山の中は冷え込んできました。


89EHXBLjH0e988.jpg



ツアーガイドのお兄さんが気を利かせて、saraiと配偶者の仲良しツーショットを撮ってくれました。ダンケ・シェーン!


P31o8gP7Mv00e9.jpg



塩抗の入り口に着きました。かなり回廊を上りました。やれやれ。


8L40NCXP1O407b.jpg



これから、いよいよ塩抗に突入です。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ザルツカンマーグートへ小旅行:ハルシュタットの塩抗ツアー・・・面白いアトラクションを満喫!

2013年4月21日日曜日@ウィーン~ゼメリング鉄道~ハルシュタット/14回目

ハルシュタットの塩抗ツアーは、回廊を三々五々歩いてきたツアーメンバーが塩抗のトンネル前で集合します。


vs8DkYLm9K5ac5.jpg



この塩抗前からはハルシュタット湖が見下ろせます。


6T6ehmbzFt2e9e.jpg



ツアーガイドのお兄さんも、ツアー客が揃うのを待ちながらこの風景を見やっています。毎日見てる筈なのにね。


VN2lKgK_8iabfa.jpg



メンバーも揃い、いよいよ塩抗内に突入します。ガイドのお兄さんと10数人の仲間が防護服を着て探検隊結成。


jh_KfEOpDQ730a.jpg



塩抗の入り口の上にプレートが貼ってあります。この坑道はクリスティーナ・トンネル(Christina Stollen)で、1719年に掘削されたようです。ローマ時代以前から続いている岩塩採掘の歴史の中では、この坑道は比較的新しいですね。それでも、ここは世界最古の岩塩抗で、しかも今でも現役だそうです。


MvxzN76Lqweebf.jpg



入り口を入ったところは広いトンネルです。


0FECJJ1fbY5c0c.jpg



途中から、木で囲われたトンネルに変わります。配偶者は落ち着いた足取り。saraiもその後に続きます。


OwjjR22gZA0ac6.jpg



次第にトンネルは狭く暗くなり、足元も悪くなってきます。


Y1Q9B1MPNg9220.jpg



急に、平らだったトンネルが下の方に滑り降りる滑り台になります。この滑り台で地下の坑道に下るようです。久しぶりの滑り台です。勇気を出して、えいっ!


ttmD5GJiim86a3.jpg



saraiに続いて、配偶者が無事に滑り降りてきました。


ofIraTF5rN83cf.jpg



子供の頃を思い出しながら無事に滑り下りて安心していたら、何と今の滑り台は練習台のようなものだと分かり、ビックリです。次はメガ滑り台(Mega-Rutsche)に挑戦です。


JClONJr7Voefd5.jpg



これは、冗談じゃなく長~いです。まあ、やればできるものですね。思いっ切り滑りました。成功して下に到着すると、他のメンバーの外国人にも拍手で祝福されました。滑る途中で写真が撮影されます。記念ですから、購入。写真に個人別のスピードが表示されています。スピードはあまり出てませんでしたが、そんなものに挑戦する年齢ではありません。速い人は、時速30キロを超えてます。配偶者は時速9キロ、saraiは時速16キロです。年寄りは無理をしてはいけませんからね。


fOSx8tZ8_qb214.jpg



こんなふうに、塩抗内のツアーを楽しみます。まるでインディー・ジョーンズみたいな体験です。
この後、地底湖探検や塩抗の歴史やシステムの展示を見ながら塩抗内をさまよいますが、あまりに暗くて、ほとんど写真は撮れてません。それでも、坑内の様子を直接見たり、映像でいろいろ勉強させられます。なかなかよく考えられたアトラクションです。
これは坑道内の地底湖付近だと思いますが、ぼけぼけですね。


xDzcRFrvyMfcb8.jpg



無事に探検を終えて、出口に向かうトロッコ(みたいなもの)の前にやってきました。


i9Wfs5a0iq24b6.jpg



この縦に伸びる板の上に順番にまたがります。木馬に乗るようなものです。


Zs4aefEwN7403e.jpg



全員乗ると、猛烈なスピードで走り出します。がたがた揺れながら、カーブを曲がっていくので、ふりおとされないように必死でしがみつきます。ようやくぽっと明るいトンネルの出口が見えたときには正直、ほっとしました。トンネルを出たところでトロッコは停車。こういうものが苦手な配偶者も、ようやく安心してにっこりです。


49ns3E94_h339b.jpg



暗いトンネルを出ると、下界は明るく、美しい景色が広がります。


iXsAj0hIh1dd1f.jpg



これがトンネルの出口の建物です。出口のトンネルはマリア・テレジア・トンネル(Maria Theresia Stollen)と呼ばれています。1782年に掘削されたようです。入り口のトンネルよりもかなり下にある坑道です。


LIJcY6bGXfce45.jpg



これで塩抗ツアーは完了。流れ解散です。防護着を脱いで、ショップでお買い物。記念にここで採掘された岩塩を購入。実用品で役に立ちますしね。
また山道を歩いてケーブルカーで下に降ります。


次回を読む:18日目-4:ハルシュタット散策 (4)

前回を読む:18日目-2:ハルシュタットへの鉄道の旅 (5)




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR