FC2ブログ
 
  

ザルツカンマーグートへ小旅行:小雨模様のバート・イシュルを出発

2013年4月23日火曜日@バート・イシュル~グムンデン~アッター湖/1回目

旅の20日目です。

バート・イシュルBad Ischlではことごとく施設がクローズしており残念続きでしたが、何と今朝も雨にたたられます。雨に煙って周りの山並みは全く見えません。天気予報では、今日は回復している筈だったのに・・・。こんなお天気のバート・イシュルでゆっくりしていても仕方がないし、昨日はたっぷり休養したので、予定よりも2つ早い電車で出発して、グムンデンGmundenの街に立ち寄ってみることにします。最終目的地はマーラーとクリムトゆかりのアッター湖Atterseeです。

ホテルの朝食ルームで早目に朝食をいただきます。やはりオフシーズンなのでしょう。朝食ルームはガラガラです。


IYUCu51VhMe71e.jpg



手早く定番の朝食を摂ります。


EcHx5DZA_b69d7.jpg



ここで嬉しい発見。なんとフルーツの生しぼりマシーンがあります。生オレンジジュースをたっぷり頂きましょう。
が、このマシーンを使ったことのない配偶者は、使い方が分からず、マシーンを前にして固まります。と、近くで朝食を食べていた女性が助けてくれて、美味しいジュースが完成。が、ここで問題発生。saraiの分を作った時点で、オレンジが無くなってしまったのです。と、またまた例の女性がスタッフに声をかけてくれて、たっぷりオレンジが補充されました。感謝!


aHkR2McwRx3b19.jpg



これはとても美味しいジュースで、大満足。バート・イシュルでの一番の収穫だったかも(笑い)。


I61e8jiCFO73fa.jpg



朝食を楽しく済ませ、チェックアウト。

雨も大分小雨になったので雨も何のその、傘もささずにバート・イシュル駅に向かいます。途中でカイザーテルメの建物が目に入ります。今日もクローズです。少し恨めしい気持ちです。


C15uDFr2Jf5ce9.jpg



気を取り直してカイザーテルメの横を通り過ぎ、駅に一目散で向かいます。


EC_46IqFT6c909.jpg



駅前のバスターミナルに到着。


qgMu9igS00b1e8.jpg



駅に9時10分に到着です。


JJ9fyKBHa5b45c.jpg



最後に駅前からバート・イシュルの街を一瞥。小雨に街は沈んでいます。


mnvJBEpXVSaca6.jpg



この駅にはちゃんとコインロッカーがありますね。この先の駅でも、コインロッカーがあるといいのですが・・・。


8nJfH80ALK31d8.jpg



駅のホームに出て、面白いプレートを発見。ここは海抜468mだそうです。そこそこ高い土地なんですね。


mUoFfIe4AQc499.jpg



ホームで電車を待つグループは、またしてもアジア系の人たち。この辺りはアジア人に人気のスポットなのかしら。


UQOrC0U4A22cec.jpg



ローカル電車が到着です。各駅停車でゆっくり鉄道旅を楽しみます。


Tz11icao9U16c0.jpg



鉄道チケットはこのバート・イシュルからアットナンク・プフハイムAttnang-Puchheim経由でカンマー・シェルフリンクKammer-Schörflingまでをネットで購入済です。もちろんセカンドクラスです。ローカル電車にはそもそもファーストクラスの車両はついていません。


t7fojR0wKxc3c9.jpg



電車が出る頃には、嬉しいことに雨は上がりました。すぐに次の駅Mitterweißenbachに到着。


Ux2LY1mCzE19ec.jpg



雨に濡れしっとりと美しい緑の中を電車が進みます。山の木々には霧がまとわりついています。


Y4INcP6mVNe483.jpg



牛の放牧場があり、配偶者が大喜び。和みますね。


KyP6dzIO0g7c8b.jpg



次の駅はLangwies。


fk81cONi5fbaf1.jpg



さらに次の駅のSteinkogl。


jw82ox6BQge07a.jpg



曇ってはいますが、沿線の景色はとても綺麗です。


b6ZOqepJz25fde.jpg



電車は目的地に向かって、順調にひた走ります。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ザルツカンマーグートへ小旅行:グムンデン駅で途中下車し、レトロなトラムに乗車

2013年4月23日火曜日@バート・イシュル~グムンデン~アッター湖/2回目

バート・イシュル駅Bad Ischlを出発し、アットナンク・プフハイム駅Attnang-Puchheim経由でアッター湖畔のカンマー・シェルフリンク駅Kammer-Schörflingに向かうという事前の予定を変更して、グムンデンGmundenで途中下車することにしました。トラウン湖Traunseeの湖上に建つオルト城Schloss Ortを訪れるためです。グムンデンのローカル電車(トラム)に乗るのも楽しみの一つです。今回のザルツカンマーグートSalzkammergutの小旅行では、ローカル線を巡る予定にしています。今乗っている電車はシュタイナッハ・イルドニング駅Stainach-Irdningとアットナンク・プフハイム駅Attnang-Puchheimを結ぶローカル線を走っています。このローカル線を、一昨日はシュタイナッハ・イルドニング駅からハルシュタット駅Hallstattまで乗り、昨日はハルシュタット駅からバート・イシュル駅まで乗り、今日はバート・イシュル駅からアットナンク・プフハイム駅まで乗り、3日間かけて全線を乗り尽します。

この鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。


2014020101.jpg



バート・イシュル駅を出て25分程で、Ebensee Landungsplatz駅に到着。トラウン湖Traunseeの南端のエーベン湖Ebenseeの畔です。


xOmhTa9Wk2db55.jpg



トラウン湖の北端にある街がグムンデンGmundenですから、トラウン湖の端から端まで走るとグムンデンに到着です。もうすぐですね。
Ebensee Landungsplatz駅を出ると、エーベン湖すなわち、トラウン湖の南端辺りが見えてきました。


IcmtrLNu1A3b60.jpg



ザルツカンマーグートの湖は美しいです。エーベン湖の湖面が鏡のように輝いています。


G7KgtAMt_4720b.jpg



エーベン湖を過ぎてトラウン湖にさしかかります。と言ってもエーベン湖はトラウン湖の南端部の名称に過ぎませんから、どこかに境界があるわけではありません。


ccSqH7yJrwf6f0.jpg



鉄道はトラウン湖を望む高台を走ります。木々の間からトラウン湖が見えます。湖畔の教会も見えています。


SvQi2G17uG0d6c.jpg



トラウンキルヒェ・オルト駅Traunkirche Ortに到着。何もないところです。


OMjt52OFox5410.jpg



高台からの眺めのよいところを電車が走ります。


wvz1Y5of6o2b3e.jpg



やがて、トラウンキルヒェン駅Traunkirchenに到着。これでトラウン湖も中程まで来たことになります。


sVIRAREV5V0d99.jpg



駅を出て、さらに眺めのよいところを走ります。


2JFx3Sk8ju36c7.jpg



アルトミュンスター・アム・トラウンゼー駅Altmünster am Traunseeです。グムンデンはもうすぐでしょう。


WaIrAhCgEX4099.jpg



ここから電車は湖を離れていきます。


Goezttee1Ke335.jpg



ようやくグムンデン駅Gmundenに到着。ここで途中下車。


_mbmTCcXYne83f.jpg



グムンデン駅から、古風なトラムに乗ってグムンデンの街に行きます。鉄道駅とグムンデンの街は離れているので、その間をトラムが結んでいるんです。荷物は邪魔になるので駅に置いていきたいものです。乗り換え時間7分の間に小さな駅の中を必死で探し回りますが、コインロッカーはありません。仕方なく荷物を持って、トラムに乗ることにします。1両のみのレトロな電車です。


OcLPDdTNEf0313.jpg



このトラムの雰囲気はたまりませんね。ゆっくり観察した後、乗り込みます。


rywCl07gFh32c0.jpg



1人の運転手さんが、鉄道駅と街の間を往復しているようです。ファミリー用のお得な1日チケットを3.9ユーロで購入。


Y8qnxEq4vJ27dc.jpg



貴重な時刻表も入手。


FFoq8tqHP_8e31.jpg



さて、トラムはグムンデン駅を出発進行。一路、グムンデンの街の中心地フランツ・ヨーゼフ・プラッツFranz-Josef-Platzに向かいます。10分程の短い旅です。


d9DajqC2mEd549.jpg



いよいよグムンデンの街が間近に迫ってきました。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ザルツカンマーグートへ小旅行:グムンデンの街に到着・・・オルト城に向かって出発

2013年4月23日火曜日@バート・イシュル~グムンデン~アッター湖/3回目

バート・イシュルBad Ischlからアッター湖Atterseeに向かう途中、グムンデン駅Gmundenで途中下車し、レトロなトラムに乗ってグムンデンの街を目指します。このローカル電車はとても乗客が少なく、たった1両の車内はガラガラです。


SMM9XSBayr1f92.jpg



微笑ましいのは、このトラムの車内に掃除用の箒が積み込まれていることです。それもドアの脇に堂々と立て掛けられています。モップもありますね。


PJfCpkjTpLb9ca.jpg



緑の木々の向こうに家並みが見えてきました。木々は春の芽吹きです。


5aJ_hDPiJ2df28.jpg



白壁の美しい家々です。


5C00NOamlb43e1.jpg



1分おきの短い間隔で次々と停留所を通り過ぎていきます。4番目の停留所の名前を見て、びっくり! 何とテニス広場Tennisplatz。もちろん、テニスコートがあるんでしょうね。


1cs65Q6O1vb707.jpg



停留所はこんな感じ。バス停よりは立派ですね。しかし、電車の駅というレベルではありません。


bDelrByVHbc5f3.jpg



トラムは道沿いに建っている家の軒をかすめるように細い道を走り、やがて坂道を下り終えるとトラウン湖Traunseeにぶつかります。ここで左に折れて、トラウン湖沿いに走ります。美しい並木道が湖畔に続いています。


cLi97Jgoy61860.jpg



終点のフランツ・ヨーゼフ・プラッツFranz-Josef-Platzに到着。目の前は湖畔の公園になっています。


yDYbPqAc30d1ab.jpg



グムンデンの鉄道駅Gmunden Bahnhof (ÖBB)からフランツ・ヨーゼフ・プラッツまでのトラムの経路を地図で確認しておきましょう。


2014020301.jpg



トラムを降りて、まずはツーリストインフォメーションに行ってみましょう。運転手さんや通りかかった男性に教えてもらいながら、探します。トラムの走っていたハウプト通りHauptstraßeを進み、アム・グラーベン通りAm Grabenとの交差点に出ます。


gGdf8CXwT4d10c.jpg



ここで道が分からなくなります。うろうろと迷った挙句、まっすぐにテアターガッセTheatergasseを進んでラートハウスプラッツRathausplatzに出ました。この湖畔の広場は市場になっていて、大きな花屋さんがあります。


0XLBh776OQ28f5.jpg



花屋さん以外にも果物屋さんとか多くの店があり、人混みになっています。


vMP9qS8PScaaa4.jpg



市場も気になりますが、ようやく見つけた市庁舎の横のツーリストインフォメーションに行きます。


OAq5k5ca6F6dad.jpg



ツーリストインフォメーションのお姉さんに荷物預かり所を聞きますが、残念ながらないとのこと。もちろん、ツーリストインフォメーションでは預かれないとキッパリ。街の地図だけもらって、オルト城Schloss Ortへの道を教えてもらいます。湖畔沿いにまっすぐ歩けばいいそうです。


lSKfmeNCwwbb9f.jpg



荷物をガラガラ引っ張りながらトラウン湖Traunseeの湖上に建つオルト城に向かうことにします。まあ仕方ありませんね。市庁舎前の広場ラートハウスプラッツRathausplatzには市がたち賑わっていますが、その市場を抜けて湖畔に出ます。すると、湖面の向こう遠くにオルト城が見えています。頑張って歩いていきましょう。


9o_iGznaS76129.jpg



ここは、船着き場グムンデン・ラートハウスプラッツ・シフスタツィオンGmunden Rathausplatz Schiffstationです。ここから船でオルト城に行けるといいのですが、残念ながらそういう航路はなさそうです。


lHOYxFdSA3f4fa.jpg



遥かかなたのオルト城をズームアップして眺めます。美しい姿です。元気を出して行きましょう。


KivOOWEN4Ne978.jpg



湖畔の整備された遊歩道エスプラナーデEsplanadeをブラブラ歩いて、オルト城に向かいます。ちょっと歩いたところで振り返ってみます。エスプラナーデは綺麗な並木道ですが、並行して湖岸沿いの石畳の道も続いています。saraiは湖岸の道を歩きます。


hJ0yTEw1hl5d12.jpg



やがて、湖岸の道は湖を眺めるベンチが並ぶ道に変わります。遊歩道からはだんだん近づくオルト城がずっと見えています。目的地が見えているのは安心だし、眺めも素晴らしいので満足です。


IyblHm7TI973f7.jpg



遊歩道エスプラナーデはまっすぐに続いています。


Xi3iWmZ6Y660fc.jpg



ひたすらオルト城を目指して、荷物をがらがら引っ張りながら歩きます。

ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2014020302.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ザルツカンマーグートへ小旅行:オルト城に到着、しかし、城への木橋が工事中・・・万事休すか??

2013年4月23日火曜日@バート・イシュル~グムンデン~アッター湖/4回目

グムンデンGmundenの街の中心からトラウン湖Traunsee沿いに歩いて、湖上のオルト城Seeschloss Orthを目指します。
湖畔沿いの道のエスプラナーデEsplanadeからオルト城を眺めながら、ひたすら歩きます。


w4k_a2cZMfc4ad.jpg



美しいトラウン湖の湖面が広がっています。


etMPRPUjfuab24.jpg



オルト城がじわじわと近づいてきます。


X5q4XDUyQm64a5.jpg



オルト城は湖面のすぐ先に見えていますが、ぐるりと湖岸を回り込まないといけません。


FQog87pXPw9e2c.jpg



エスプラナーデの並木の間からオルト城が見えています。湖畔の緑が美しいです。


cOm3_RSAfva424.jpg



ヨットハーバーの先にオルト城。もうすぐです。


R3vP1t7KdOaa4e.jpg



ヨットハーバーを通り過ぎます。オルト城に渡る木橋も見えてきました。


LWqu2OGx9gcf10.jpg



エスプラナーデも終わり、並行しているハウプト通りHauptstraßeを少し進むと、左手にあるトスカーナパルクToscanaparkに到達します。トスカーナパルクはトラウン湖に張り出した緑濃い公園です。ここにオルト城があります。左折してトスカーナパルクの中を貫くヨハン・オルト通りJohann Orth Alleeに入っていきます。木々に囲まれた森の中の道です。


Bh3AER618m501f.jpg



トスカーナパルクは緑の多い自然豊かな公園です。


SSVz5YYB3F1b1f.jpg



道の傍らには、キリストの祠もあります。


IZS5rlu3K277f3.jpg



オルト城の建物の前に到着。この建物は陸地側の建物です。目指すのは湖上の城です。


oz6cSSmg_w663d.jpg



オルト城は湖水の上に建っているので橋を渡って行くことになります。


axcVeyzSLr4f4c.jpg



ところが、なんと木橋は工事中! 冬から目覚め、夏の観光に向けての整備真っ最中という感じです。


rgFqM6Ehv99f5d.jpg



もう木橋の途中まで渡ったので、ここから振り返ると陸地側の建物も綺麗に見えます。ここまで来て引き返すのかなと思うとがっくりです。


zSzB3xRk366fee.jpg



木橋の上からのトラウン湖の眺めもなかなかです。


Nyx6UpX__Ee871.jpg



と、工事の合間をみて橋を通してもらえそうです。やったね! さすがに、観光客は通れるように配慮してありました。これで一安心。工事中の木橋を渡ります。


4BjpGv2BMi1e5d.jpg



観光客の邪魔にならないところで木橋の工事は継続中です。


N4LFZizZAx4654.jpg



木橋のこの辺りからのトラウン湖の眺めは格別です。


aEmoBOq764eec3.jpg



木橋の残りの部分を渡って、オルト城に入りましょう。


YDpFtpi_wc01e2.jpg



これからオルト城を見物します。

オルト城までのルートを地図で確認しておきましょう。


2014020401.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ザルツカンマーグートへ小旅行:グムンデンの湖上の城、オルト城

2013年4月23日火曜日@バート・イシュル~グムンデン~アッター湖/5回目

木橋を無事に渡り終えて、トラウン湖Traunseeの湖上に浮かぶオルト城Seeschloss Orthに入城します。


Vj048r8xv1dcc5.jpg



お城の入り口の横には小路が湖畔に沿って続いています。お城の周りをぐるりと1周できるのかもしれません。後で歩いてみましょう。


Idwxub5tfy78b7.jpg



お城の入り口で振り返ってみます。陸地につながる木橋が続いています。


htj198JOsad836.jpg



入り口を抜けると、お城の建物に入るのではなく、お城の中庭に出ます。お城の建物はこの中庭を取り囲むように造られているようです。


0jYG3XPf57cc13.jpg



中庭の奥から城の入り口の上に建つ塔を眺めます。塔は時計塔にもなっています。


XUVWPLUOdr1a46.jpg



時計塔をズームアップして見てみましょう。


j_cgfudnlI6496.jpg



お城には小さな礼拝堂もありました。


XoaiXWPdXU15ed.jpg



お城の外側に出てみます。お城の周りにはトラウン湖の眺めが広がります。工事中の木橋、湖岸側のオルト城の建物が目に入ります。


TmnktBFdvH89d0.jpg



こちらはトラウン湖の沖合の方です。対岸には小高い丘が見えます。


tfdMnNd6_t8fbd.jpg



お城の外側の散策路を回ってみましょう。湖岸には木々が茂り、並木道のようです。


l0b_ff6_EA2600.jpg



木々の間から湖面を望むのは気持ちのよいものです。


dmeYbVEMh8228b.jpg



トラウン湖を望む展望スペースには大きな木の周りがベンチになっています。ここでゆったりと湖を見ながら休息をするのもいいでしょうね。しかし、残念ながら、sarai達にはもう残り時間はあまりありません。


PdC7l_lIcr375b.jpg



再び、お城の中庭に戻ります。


24cAyZj3mid190.jpg



お城は2層構造になっていて、2階部分には回廊が巡らせてあります。


xvpkZRtItR9dc3.jpg



この辺りでオルト城訪問はおしまいにします。木橋を渡って湖岸に戻ります。工事中の部分は、ちょうど通れそうです。


fKKV4ztGdyf2d9.jpg



景色を楽しみながら、木橋を渡ります。


RDdN1X9SkYbe18.jpg



木橋の袂のあたりには船着き場があります。定期的に走る船がないのが残念です。


wKnQB4Y_QLef8f.jpg



袂の反対側を見ると、こちらにも船着き場があります。湖岸には木々が生い茂り、緑濃い風景になっています。


VciScPxKcQ92d7.jpg



湖岸に渡り終え、オルト城に別れを告げます。


0waTBATr4d0642.jpg



トスカーナパルクの中のヨハン・オルト通りを歩いて、グムンデンの街に戻ります。


aSS3mnCHlUb14d.jpg



そろそろグムンデン駅行のトラムの出発時間です。急ぎましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ザルツカンマーグートへ小旅行:また、レトロなトラムに乗車。グムンデンの鉄道駅へ。

2013年4月23日火曜日@バート・イシュル~グムンデン~アッター湖/6回目

グムンデンGmundenの湖上の城、オルト城Seeschloss Orthの訪問を終え、湖岸に続く遊歩道エスプラナーデEsplanadeに戻ってきました。ここからのオルト城の眺めは格別です。


f_lJ1aynVKdd95.jpg



エスプラナーデの並木道をグムンデン市電ATO Gmundenのフランツ・ヨーゼフ・プラッツ駅Franz-Josef-Platzに向かって急ぎます。時計を見ながらの急ぎ足です。


EcCJiAujiSd421.jpg



フランツ・ヨーゼフ・プラッツ前の公園に到着。何とか間に合いました。


axJdNmnuOo826b.jpg



グムンデン駅行のトラムの出発時刻まで後5分程です。待っている人は少ないですね。


ltaTAHbzi88168.jpg



出発時刻まで5分を切ったところでトラムがやってきました。トラムはグムンデン駅とこのフランツ・ヨーゼフ・プラッツ駅の間を折り返し運転しています。


net6NylchG7684.jpg



目の前でトラムが停車。


T5ExihzAqxb363.jpg



トラムに乗り込みます。1日チケットを購入済です。


QvHlvhFnV62c1f.jpg



定刻にトラムは発車。湖岸沿いのハウプト通りHauptstraßeを進みます。


fq9SLJQzhQ7a9b.jpg



湖畔には遊歩道エスプラナーデEsplanadeが続いています。並木の間にオルト城が見え隠れしています。


Bu1ZvbLWbC1174.jpg



トラウン湖Traunseeが見えるのはこの辺りまでです。この先で道は右の方に向きを変え、湖畔から遠ざかっていきます。慌ただしい訪問で、天気も曇りでしたが、トラウン湖の美しさに触れることができました。


92W8_dxj_ba8df.jpg



このトラムの車内もガラガラです。こんなに乗客が少なくても経営は大丈夫なんでしょうか?


FoiK_Ekn79ee44.jpg



トラムは周りの建物の軒先をかすめながら狭い通りを走ります。


reT0zgtKLZa9ee.jpg



狭い通りの片側は車がずらっと隙間なく縦列駐車しています。これはまるでウィーンの街なみですね。


dyKOdYWM0T55ee.jpg



クーファーツァイレKuferzeileの停留所で道なりに右の方に折れて、広い通りアロイス・カルテンブルナー通りAlois-Kaltenbruner-Straßeを走ります。


BKXYh1kCHted23.jpg



坂道をトラムはぐんぐん上っていきます。通りの周りは綺麗な緑の中に住宅が並びます。


Vf_8xwcX8X1be7.jpg



環境に恵まれた住宅地です。


TocP6U2OO46ec5.jpg



綺麗なピンク色の花も咲いています。


4G7dZMYCs044dd.jpg



黄色い壁、三角屋根のてっぺんには風見鶏。美しい家ですね。


gMuBzo61948de3.jpg



テニス広場Tennisplatz停留所を通過。やはり、テニスコートがありました。


w9Vu3pfkzf5263.jpg



坂道をなおも上り、高台の住宅地を過ぎていきます。


0OXAvbfwqXf181.jpg



トラムは出発してから5分程走りました。ちょうど半分程走ったことになります。トラムはグムンデンの鉄道駅に向かって走っていきます。

トラムの走行ルートを地図で確認しておきましょう。


2014020601.jpg




次回を読む:20日目-2:マーラー@アッター湖 (4)

前回を読む:19日目:バート・イシュル (6)




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR