FC2ブログ
 
  

ザルツカンマーグートへ小旅行:クリムトゆかりのアッター湖・・・カンマ―城の並木道とクリムトの道

2013年4月23日火曜日@バート・イシュル~グムンデン~アッター湖/11回目

相変わらず、どこにも預けられなかった荷物を引きながら、カンマー城Schloss Kammerの正面にやってきました。


eidX0jykBq1791.jpg



ところが、正面の扉は閉まっているような感じです。saraiが近くまで行って確認しますが、やはり開いていないようです。


RKTMBKq_eqc7cd.jpg



これがカンマ―城の銘板です。1249年からの歴史が刻まれています。750年以上の長い歴史です。


nbb_yvvzeZ16ed.jpg



扉の鉄柵の間から手を差し込んで、門内のカンマ―城の様子を写真に収めました。


AlmrfDKEp_a6f5.jpg



城内の見学はあきらめましょう。正門の前から続く美しい並木道です。


H_soTdeIK00e48.jpg



美しい並木道をぶらぶらと歩いていきます。途中でカンマ―城を振り返ります。このカンマー城前の並木道はクリムトの絵画を彷彿とさせます。この風景を題材にしてクリムトは有名な風景画を描いています。


6rFQXrckld94c1.jpg



もう少し離れたところから並木道を眺めます。こちらの方がクリムトの風景画のイメージに近いでしょうか。カンマ―城には入れませんでしたが、並木道からカンマー城が見れれば十分です。


6h2MoRfX4r9374.jpg



並木道の端からカンマ―城の方を眺めます。カンマ―城はあまりよく見えませんが、並木道の美しさは格別です。


5JCXYvzkLcd5de.jpg



すぐ近くにクリムトセンターを発見。探す手間が省けました。


88tnQxzykLa850.jpg



クリムトセンターの案内板も立っています。


yGLZBxKsla0869.jpg



クリムトセンターは今日の月曜日は休館なので明日行くつもりなのですが、クリムトセンターの建物を偵察しましょう。クリムトセンターの建物の1階はカフェになっていて、このカフェは今日も営業中です。クリムトセンター自体はカフェの2階にあり、小さなオフィスという感じです。ウィーンのレオポルド美術館と提携しているそうなので期待していましたが、少しがっかりの感じです。とりあえず、クリムトセンターの1階にあるカフェで休みましょう。暖かい陽射しを浴びて、多くの人がお茶しています。カンマー城や並木道、アッター湖を眺めながら配偶者はアイスコーヒー。


XFFcNZZpN53eb8.jpg



saraiはコーラを飲み、アッター湖とカンマ―城に乾杯。


KLc3alK2b02cf4.jpg



現在は朝のお天気が信じられないぐらい晴れ渡り、とても暑く、冷たい飲み物が喉を潤してくれます。ついでにクリムトセンターにもコーラで乾杯! クリムトセンターの壁にはクリムトの姿が大きく描かれています。アッター湖で寛ぐクリムトですね。


DrTh2gHOybd37c.jpg



お茶しながら、これからの行動を検討します。今日の宿はここから2キロ程先で、ここからバスかタクシーか、または歩いてくるようにと案内されてます。ちょっと歩くには遠いのですが、その道は《クリムトの道Klimt Themenweg》として整備されているアッター湖畔の道です。明日出直して、クリムトセンターと《クリムトの道》を楽しむ予定だったのですが、クリムトセンターはそれほどの魅力はなさそうだし、今湖畔の道をブラブラ歩きたい気分です。絶好のお天気ですからね。荷物を引きながらになりますが、アッター湖畔を散策しながら宿に向かうことに決定です。

《クリムトの道》を示す標識が立っています。ここから《クリムトの道》の散策をスタートします。


JHF1HDnJaO22e5.jpg



《クリムトの道》の右側は瀟洒な建物です。


DDPHiYyRgE0268.jpg



左側は公園(シュロスパルク)の緑に挟まれています。


_MvtW_0OOFb271.jpg



この道を湖畔の方に向かって歩いていきます。


JAJZI0aFRC25c2.jpg



道の傍らに児童公園が見えます。平日の午後ですが、家族の憩う様子に気持ちが和みます。


GgkUFVuB0Be598.jpg



湖畔に出ましたが、湖畔にも家族の憩う姿が見られます。平安を感じさせる風景に海外にいることを忘れ、人間の原点に帰ったような優しい気持ちに包まれます。


Q4FFV7OBRMdf0f.jpg



湖岸からはさきほどのカンマ―城が湖上に浮かんで見えています。


tWsyBjI8Y0363a.jpg



《クリムトの道》は歩き始めたばかり。《クリムトの道》を歩き、今夜の宿に向かいます。

散策のルートを地図で確認しておきましょう。


2014021201.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ザルツカンマーグートへ小旅行:美しきクリムトの道を往く

2013年4月23日火曜日@バート・イシュル~グムンデン~アッター湖/12回目

《クリムトの道Klimt Themenweg》を歩き始め、アッター湖畔を散策します。湖岸の先にはカンマ―城Schloss Kammerの姿が美しく見えています。


HxVniqvG3N0f56.jpg



この辺りはアッター湖Atterseeの北東端になります。ここから眺める湖面は素晴らしく綺麗なのですが、何よりもクリムトの風景画の景色そのものに感じます。


lzMjdcPBSIfa0e.jpg



クリムトは50枚ほどの風景画(カンバスが真四角なことが特徴ですね)を描いていますが、ほとんどはこのアッター湖で描きました。彼は湖面にボートを浮かべ、そこからの景色を好んで描いています。したがって、絵にはアッター湖の水面がよく登場します。実際のアッター湖の湖面を見て、まさにクリムトの絵の世界そのものだと感じました。緑色がかった湖面、少し水蒸気が上がり靄った湖面、軽いさざ波の立った湖面、すべてにクリムトの筆の跡を感じます。それらを楽しむべく、《クリムトの道》をゆっくり歩きます。


3GLyjAuR44a19f.jpg



カンマ―城もクリムトの風景画の世界の一つです。


gcMR1tqvk_9ddc.jpg



湖面の美しさにカンマ―城の姿がアクセントになり、ロマンティックな風景を醸し出しています。


pmJyvGsQkOeca5.jpg



雲の下のアッター湖は幽玄な光の世界です。芸術家の心をインスパイアするに十分な力を持っていると感じます。


Lg0CJp0PVd4aa1.jpg



アッター湖の北東端は狭い水路のようになっていて、対岸の小さな街もすぐ近くに見えます。


3ZXRChErbPe579.jpg



遠くの方の湖面を見ると、まるでクリムトの風景画そのものの姿を呈していることに驚きます。


L9IE1g7JwHa9b9.jpg



湖畔沿いの《クリムトの道》はプロムナーデPromenadeとも呼ばれ、道の先には湖を渡る橋が架かっています。橋を渡って、対岸の湖畔に周り込めるようです。


tHyptlVFHcc261.jpg



これが今まで歩いてきた湖岸のプロムナーデです。美しい湖畔です。


HIsndWKw1ae4bb.jpg



湖畔に銅像があります。湖に浮かぶ舟を漕ぐ人の姿でしょうか。


kddhF8IhcQ9e28.jpg



橋の上からの湖面の眺めです。顔を覗かせた太陽が湖面に反射しています。


y3f7MpoLj0ef42.jpg



橋を渡り切り、対岸に出て、その湖畔からの美しい眺めです。


4MSXl4qZcR87d8.jpg



《クリムトの道》はポイント毎に案内板が立っています。案内板には、その辺りから描かれたクリムトの風景画が紹介されています。


RBjZQe3jFc0cf4.jpg



対岸から見たカンマー城です。白鳥の群れがその眺めを飾っていますね。


PJw2SxQJmc9dc7.jpg



白鳥が近くに寄ってきます。何故か白鳥はこのあたりだけに集まっています。


Op2TCS91yA6f8c.jpg



また《クリムトの道》の案内板です。この案内板はデラックス版で、クリムトの風景画がほぼ網羅されて紹介されています。


mwafvJPV0Z0fe7.jpg



全部で46枚の風景画が紹介されています。何枚かをご覧ください。

これは花咲く野原と湖からのカンマー城の眺めです。


qU1CicHhnwe734.jpg



これはいずれもアッター湖の湖面と湖畔の建物です。


D9FPyEDKQ9048a.jpg



これはカンマー城の並木道と野原の中の美しい建物です。


RZBYCRHsmBd87c.jpg



いずれも名作ぞろいです。これらのクリムト作品を脳裏に焼き付けて、さらに《クリムトの道》を進みましょう。

散策のルートを地図で確認しておきましょう。


2014021301.jpg





↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ザルツカンマーグートへ小旅行:クリムトの道を堪能し、さらに湖畔を歩き、今夜の宿リッツルベルガー・ケラーへ

2013年4月23日火曜日@バート・イシュル~グムンデン~アッター湖/13回目

《クリムトの道Klimt Themenweg》からの美しい風景に魅了されます。アッター湖Atterseeに浮かぶ白鳥、対岸のカンマー城Schloss Kammer、絵になる絶景です。


_z9n7xmyRP6ffd.jpg



アッター湖の美しい湖面を眺めながら湖畔の散策を続けます。


p43WY1PfQc7c27.jpg



半分ほど歩いた所で《クリムトの道》は湖畔から外れます。垣根に挟まれた小路です。


8vjreQJzM798a2.jpg



《クリムトの道》が湖畔から外れるのは理由があります。湖畔はずっとプライベートの船着き場なんです。そのため、湖畔には公道はありません。垣根の向こうにアッター湖が見えています。


hGXi8SSBLyca58.jpg



湖畔を外れた《クリムトの道》を歩いていると美しい建物があらわれます。


C6Gp1K2A6Rfc16.jpg



また《クリムトの道》の看板がありました。


lGPR1KbuVP5214.jpg



この辺りで再び《クリムトの道》は湖畔に出ました。


r8oBlIwVD026e0.jpg



美しい湖面です。


VGsjdPPv69b4b4.jpg



この後は湖畔から離れていくようなので、湖面をゆっくりと鑑賞します。


hprSf1x_Mh4c4b.jpg



何とも素晴らしい景観です。


ZGwtnkVDXHba05.jpg



対岸のカンマー城も今や遠く離れて見えます。その手前の湖面の美しさは格別です。


8OjH5f6Csv5414.jpg



船着き場の先から湖畔を眺めます。


zEHuRAz6Kjb55f.jpg



ここで《クリムトの道》はお終いのようです。ここからは今日の宿に向かって、湖畔に沿った自動車道路の歩道を歩くことになります。


XbJSwhUBZn74a8.jpg



これが湖畔から自動車道路まで歩いてきた道です。


f1McaW4CgO664c.jpg



自動車道路、アッターゼー通りAttersee Strasseは高台にあり、湖畔を見下ろす感じになっています。途中遮る建物や樹木がなければ、すこぶる眺めがよいです。


mJemgzaSzm825e.jpg



湖岸と反対の方向には教会の建物が見えます。


LEBBYg1ELv6cb4.jpg



湖畔にはリッチな人たちの別荘が続きます。いずれもプライヴェートな船着き場があります。夏場の湖水浴をしたりボート遊びをする人たちの楽しげな様子を思い浮かべながら、それらを見下ろす感じでブラブラ歩いていきます。10分ほど歩くと、アッター湖が見渡せるところに来ました。アッターゼー通りは起伏が大きくて歩くにはかなりハードですが、この素晴らしい眺めで疲れが吹っ飛びます。


TzOb41MrDE0309.jpg



羨ましい別荘を見ながら、さらに10分ほど歩きます。また見晴らしがよいところに出ました。


Z90gAjNEYvd466.jpg



と、今日の宿のリッツルベルガー・ケラーLitzlberger Kellerの看板を発見。ようやく宿に到着です。


ih8GnLtg3pdea8.jpg



散策のルートを地図で確認しておきましょう。


2014021401.jpg



この辺りからのアッター湖の眺めは最高です。この宿を選んだのは大正解。


23o0nBSkNb6f8e.jpg



湖畔に見えるのは宿の船着き場のようです。できれば船着き場を歩いてみたいものです。


9uLuqRNdSZ75cf.jpg



ところでこの宿を選んだのは特別な理由があります。それは後でご説明しましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ザルツカンマーグートへ小旅行:クリムトゆかりの宿リッツルベルガー・ケラーと船着き場

2013年4月23日火曜日@バート・イシュル~グムンデン~アッター湖/14回目

《クリムトの道Klimt Themenweg》を通ってアッター湖畔を今夜の宿に向かってきましたが、これはとっても気持ちの良い散策でした。歩いてきて大正解です。夕陽の輝く中、今夜の宿リッツルベルガー・ケラーLitzlberger Kellerに入りましょう。


F5UdPkjrHPa095.jpg



この宿リッツルベルガー・ケラーは、クリムトも滞在し、この宿を絵に描いています。最近、サザビーズのオークションでこの宿を描いた絵は高額で売れたそうです。そういうクリムトゆかりの宿だから、今回宿泊してみることにしたんです。

宿のオーナーの女性に暖かく迎えられ、チェックインします。とても気持ちのよい女性です。宿泊にあたり、宿へのアクセス方法やクリムトセンターの休館日などの貴重な情報を丁寧にEメールで教えてくれたのも彼女でした。

チェックインを済ませ、宿泊する部屋に入りました。広々としたベッドに満足。


lvX6EROymcbd58.jpg



家具調度は一般的なレベルですね。


TJpeA8miZy6528.jpg



部屋の隅にはソファが置かれ、窓が開いています。


W89KLPx4wc84b0.jpg



窓辺に近づくと、窓の向こうにはアッター湖の眺めが広がっています。レイクビューの部屋です。


ZMrnNlLdqw172c.jpg



これが窓からの眺めです。ちょうど正面の対岸にはカンマー城が小さく見えています。


bcHlctn1fU2c16.jpg



窓から身を乗り出して、撮影してみました。ホテルのテラス席も下に見えています。夕陽に輝くアッター湖の湖面も美しさの限りです。


5FzseEt5Mze599.jpg



まだ時間が早いので、夕食前にホテルの周りを散策しましよう。部屋を出て、階段を下ります。壁には鹿の角が飾られています。いかにもザルツカンマーグートらしいですね。


HG8TGPvlaX1f9c.jpg



ロビー階には、卓球台が置いてあります。海外のホテルで卓球台とは珍しいですね。まるで日本の温泉旅館みたいです。


4VSMvk172f6829.jpg



ホテルのテラスに出ました。この展望のよいテラスでの食事は気持ちがよさそうです。今日はここで夕食を食べることに決定。


6FDCFB4AbZ626f.jpg



この地方の民族衣装を着た女性がテーブルの準備中です。


E1DLOz3Z7i094f.jpg



夕食を予約しましょう。屋内にもテーブルがあります。が、少しくらい寒くてもテラス席で夕食をいただきましょう。


51dHjTexp73587.jpg



ところで、この宿の船着き場からクリムトが恋人のエミリー・フレーゲとともにボートに乗り込む写真が、レオポルド美術館に展示されていました。以前のクリムト展を見た時の記憶です。そういうわけで是非、この宿の船着き場を見ておきたいものです。宿のオーナーの女性のご厚意で、宿の船着き場に入れてもらうことになりました。湖畔の自動車道路アッターゼー通りを渡り、鉄柵を開けて階段を下ります。


BRRZy43S59214a.jpg



階段の上からはアッター湖の絶景。


kQT_5ja5fs8efc.jpg



眼下に綺麗な木製の船着き場が見えます。


m_tBfeCbso4e98.jpg



階段を下りて、まっすぐに船着き場に進みます。


74GLilgbt33013.jpg



船着き場にはいります。周りの湖面が綺麗です。


4sP2sUvUKM9d8f.jpg



船着き場では男性が作業中でした。年のころ、風体から、宿のオーナーの女性のご主人のように見えます。彼の言うことには、今はシーズンに向けての塗装中なので、椅子には座らないでねとのことです。ボートに乗れるか聞いてみると、まだボートも準備中だし、泳ぐのにも早いねと笑っていました。クリムトが遊んだ当時の船着き場とは異なるでしょうが、雰囲気たっぷりです。

周囲のアッター湖を背景に配偶者をパチリ。


n33Yucuv2313f6.jpg



対岸には、カンマー城が夕日を受けて、白く輝いています。


LGHF7QgAm1042f.jpg



船着き場からは湖畔の高くなったところに、宿のリッツルベルガー・ケラーがどっしりと落ち着いています。


cqIZoIddLx9a20.jpg



まわりにも同じような船着き場が並んでいます。夏場の舟遊びは壮観でしょう。


QkVKPhpKYz9a9f.jpg



船着き場の見学に満足し、船着き場を後にします。


6SrU8TXHqBc194.jpg



これからホテルの周辺を散策します。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ザルツカンマーグートへ小旅行:リッツルベルガー・ケラーでザルツカンマーグート料理を満喫

2013年4月23日火曜日@バート・イシュル~グムンデン~アッター湖/15回目

クリムトもこのリッツルベルガー・ケラーLitzlberger Kellerで舟遊びに興じていたそうです。そのリッツルベルガー・ケラーの現在の船着き場を見学して満足し、リッツルベルガー・ケラーの建物の前に戻ります。


FEH923SYPPe320.jpg



リッツルベルガー・ケラーの前を通り過ぎて、アッター湖の湖畔を散策します。


A6m1FIH7XU8afb.jpg



近くに村落があり、数軒の店舗が並んでいます。これは魚屋さんですね。アッター湖の魚を取り扱っているのかな。お店の前にテーブルもあるので、レストランにもなっているのでしょう。


NwZe5Khc5vb1c2.jpg



こちらは正真正銘、魚料理レストランです。アッター湖の魚料理も魅力ですが、これからホテルのレストランで夕食なので残念ですがパス。


HKs0C4IAOEbb0c.jpg



散策もこの辺りで切り上げて、ホテルに戻ります。少し歩くとまた、ホテルが見えてきました。


ebjyjPCGQF4dd3.jpg



ホテル近くに戻ってきました。ザルツカンマーグートらしい綺麗な建物です。


JuKSNGtfSTc25c.jpg



ホテルのロビーの壁にクリムトの描いたこの宿(リッツルベルガー・ケラー)の絵の複製画がかかっていました。


AgQfmLF5fQ2526.jpg



クリムトは1900年から1916年にかけて定期的にアッター湖をエミリー・フレーゲとともに訪れて、数多くの風景画を描きました。1900年というと、マーラーがアッター湖を訪れていた4年後です。と言うことは、マーラーとクリムトがアッター湖畔でばったりという夢のような機会はなかったようですね。しかし、ほぼ同じ時期にウィーンを代表する大芸術家の2人がこのアッター湖を訪れていたのは偶然ではないでしょう。ザルツカンマーグートでも、あまり観光客の入り込まない閑静な地で落ち着いた芸術活動を展開したのでしょうし、鋭い感性の2人が選択した地はそれなりに芸術創造の糧になる何かがあったのでしょう。

宿のレストランで夕食をいただきましょう。


7ajrqB7PtRaa5c.jpg



まずはオーストリアのドナウ河畔、クレムス産の白ワインをいただきます。とても美味しいワインです。


7pCJqrzmZj35e9.jpg



素晴らしく眺めの良いテラスには、地元の人がたくさん食事を楽しみに来てます。


n830z8kuAp01ec.jpg



大人数で会食している人達もいます。アジア系の人と現地の方が会食しているようで、大声で英語で会話していました。


dJJlWlDDIf21d0.jpg



テラスの中央には緑豊かな大木があり、とてもよい雰囲気です。


EUGhrqRTHKf1e1.jpg



料理が運ばれてきました。
まずはトマトスープ。


NjhljEp5SO0d89.jpg



これはオーストリア名物のクリアスープ。


VHKRTDkDW7c7c1.jpg



次第に夜が更けて、お客さんが減っていきます。温度も下がり、寒くなっていきます。毛布を借りて暖をとります。


DkL_8zGWIica4c.jpg



メインはアッター湖のお魚のグリルです。ようやく食べることができます。美味しくないはずがありません。


iNjauM8jsoa7d7.jpg



もう一品は、saraiの大好きなシュパーゲル。シュパーゲルをメニューに発見し、即シュパーゲルをお願いしたのです。これまた美味しい。


__iA7HbMIUeace.jpg



ますます冷え込んできて室内に移動するお客もいますが、私達は毛布で体を暖めながらテラスで頑張ります。ご馳走様・・・。


tL1RIOALM28404.jpg



夕食後、saraiは宿の窓から見える真っ暗なアッター湖をじっと眺めながら、敬愛する2人の芸術家に思いを馳せていました。


X3w96f47R13c9c.jpg



無理してもアッター湖を訪れてよかったと心底思いました。生涯、このアッター湖の夜景を忘れることはないでしょう。


cJCJuCKXqy7bb7.jpg



明日はまたウィーンに戻って、ウィーン・フィルのコンサートです。この旅も大詰めになりました。



次回を読む:21日目:美しきアッターガウ鉄道~ウィーン (7)

前回を読む:20日目-2:マーラー@アッター湖 (4)




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR