FC2ブログ
 
  

閑話休題:北陸であれこれ

2014年10月@福井

配偶者の実家のある北陸・福井を訪ね、定番の楽しみや意外な面白体験を味わいました。

まずは、贔屓にしているお餅屋さんでの体験。
愛車プリウスを駐車場に置いてお餅屋さんの店舗に向かおうとすると、後ろから声を掛けられます。お餅屋さんのお姉さんです。挨拶を交わしながらお店に入ります。すると、お店の一画に飾ってある面白いものが目に入ります。ススキの葉っぱにバッタがいっぱいとまっています。よく見ると、バッタは動きません。どうやら作り物のようですが、あまりにも本物そっくりなのに驚かされます。saraiと配偶者の様子を見たお餅屋さんのお姉さんが、そのススキとバッタをプレゼントしてくれました。
これがいただいたススキとバッタ。


lTarrPNeVh9bc3.jpg



ちょっと拡大して見てみましょう。凄いでしょう。


9NalKtEGXbcc13.jpg



さらにもう一枚。リアルですね。


BCtDM4pMAJ5b7b.jpg



バッタはこんな感じ。ススキの葉っぱで作ってあります。


slcWiz0MzQefa6.jpg



もう一匹、見てください。面白いでしょ。


te4wr71mmA2160.jpg



ところで、お餅屋さんに行ったのは、もちろんお餅を買うのが目的。このお店のお餅がsaraiの好物で、福井に行くたびに求めています。それを配偶者にお雑煮にしてもらっています。我が家では、お正月だけでなく1年中お雑煮を食べています。これがそのお餅。左側のお餅がお雑煮用です。


5Vv2QmUH6Ubd07.jpg



saraiはこのお餅屋さんの関係者ではありませんが、このお餅屋さん(林餅店@福井市)のホームページはここです。

次は、温泉。北陸と言えば温泉ですね。久しぶりに芦原温泉でゆったり、ほっこりしてきました。泊まったのは《べにや》です。芦原温泉を代表する格式ある旅館です。旅館に着くと、玄関で綺麗な仲居さんたちがずらっと並んで、お出迎え。いやー、なかなか気持ちのいいものですね。通された部屋は広々とした落ち着きある和室。お部屋にはもちろん、宿のあちこちに活けられた花々のおもてなしも素晴らしい。


v4gK75s0wBb723.jpg



部屋は日本庭園に面しています。とても気持ちが寛ぎます。


4PhN8e9_su6b07.jpg



部屋から直接、庭園に出られます。この庭園は池泉回遊式の庭園です。綺麗に手入れが行き届いています。


gulxJQHjeUc62d.jpg



露天風呂でほっこりして、美味しい懐石料理をいただきました。とても優しい味付けで格別の美味しさでした。
翌朝、ロビーでコーヒーをいただきながら、朝日に照らされた美しい庭園を眺めます。見事なお庭です。


GSEnZvnExib0ea.jpg



芦原温泉の帰りは松島水族館。ここはペンギンのお散歩で有名なので、ちょっと見ていきます。
いきなり、空中水槽を遊泳中のペンギンに遭遇。面白いですね。


WokI9N42Fq584b.jpg



続いて、呼び物のペンギンのお散歩タイム。ペンギンたちが隊列を組んで、よちよちと歩いてきます。


44hO20yR1xe65a.jpg



目の前を通り過ぎます。なかなか可愛いですね。


3mMWkbukJX52f8.jpg



ペンギンたちは周りの見物人をさほど気にしないで、歩き去っていきました。


fvAw8QvMqO5356.jpg



これはアザラシとのふれあいタイム。お姉さんのグーに口をくっつけて、とっても大人しくしています。


rM7idkXsl0673c.jpg



ほら、こんなに甘えた表情です。


rk7zq2venK11c1.jpg



定番のいるかショーを見て、水族館見学は終了。童心に帰りました。

最後は、福井のお土産ものを紹介しましょう。sarai厳選の美味しいものばかりです。
これは大好物の《竹田の厚揚げ》。なかでも谷口屋は今やブランド店です。


peq9pNYBc66002.jpg



配偶者が調理したのがこれ。福井でも毎日食べ、さらに自宅にも持ち帰って食べました。本当に美味しい!


Hvo7hFMIxcc3da.jpg



これは《小鯛のささ漬》。小さな樽にびっしりと詰まっています。配偶者に押し寿司にしてもらい、美味しくいただきました。


75CiHAyTXGb6d7.jpg



これは羽二重餅。なんだかんだと言っても、福井のお菓子ではこれが一番。


2K1fseRp3k992d.jpg



これは花らっきょう。このらっきょうを食べたら、ほかのらっきょうは食べられません。


mZQbNXfmWG0c3f.jpg



これは福井の清酒。有名なのは何と言っても《黒龍》ですが、芦原温泉の《べにや》でいただいた冷酒が美味しかったので、今回は《ときしらず》を購入しました。少し高価です。


lnmKX6qRtkeacb.jpg



あとは、大野市は上庄の里芋が揃えば完全なのですが、まだ1ヵ月ほど経たないと出てきません。何とか手に入れないと、美味しいお雑煮が食べられません。

ということで、今回は福井の紹介編でした。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

 

ちょこっと箱根:ナイトミュージアム@彫刻の森美術館

冬の気配が深まってきましたが、saraiと配偶者は一泊二日で箱根の温泉を楽しむことにしました。東海道線で小田原まで行き、そこから箱根登山鉄道で箱根湯本駅。そこから先はまだ鉄道が復旧していないので、代行バス(実際に乗ったのは路線バスですが、料金は鉄道料金で可)で強羅。そうなんです。箱根に電車で行くなんて、以前のsaraiではありえない話ですが、今年、愛車を手放しましたから、公共交通機関族になったんです。電車で行くのは意外に楽ちんでかつ、車よりも早いですね。ただ、強羅駅から急な坂道を歩いてホテルに行くのは疲れました。2時半頃にはホテルに着いたので、荷物を預かってもらって、今回のちょこっと旅の一番の目的である彫刻の森美術館に向かいます。近いので歩いていきます。
早川の支流は紅葉に包まれて、穏やかな表情です。大雨の災害がなかったような風情です。

201912160.jpg



しかし、休止中の箱根登山鉄道は急ピッチで復旧中です。作業中のみなさん、ご苦労さまです。

2019121602.jpg



やがて、彫刻の森美術館に到着。

2019121603.jpg



ゲートを抜けて、長い下りのエスカレーターを下りました。

2019121604.jpg



早速、彫刻がお迎えです。

2019121605.jpg



その彫刻を鑑賞する前に新館1階に再度上がって、小腹を満たします。眺めのよいレストランです。

2019121606.jpg



軽くお茶するつもりが、カレーの匂いに負けて、孤独のグルメのように・・・お腹がへった!
海鮮カレーをいただきます。

2019121607.jpg



さて、再び、下に下りて、入り口前の円形広場に出ます。

2019121608.jpg



空中高くにペガサスと人間の彫刻が青空に映えます。カール・ミレス作の《人とペガサス》です。

2019121609.jpg



箱根の自然の中に点在する彫刻を眺めながら散策。
この彫刻のアーチは流政之の《風の刻印》。

2019121610.jpg



ピカソ館の前を通過。ここは後で鑑賞予定です。

2019121611.jpg



で、今日の目的の《幸せをよぶシンフォニー彫刻》の前に立ちます。18mのステンドグラスの塔です。

2019121612.jpg



塔の内部に入ると、中心の螺旋階段(2重螺旋)の周りの塔の壁面はステンドグラスが輝いています。期待通りの美しさです。

2019121613.jpg



ステンドグラスはヨーロッパの教会でいっぱい見ましたが、このステンドグラスも見事です。

2019121614.jpg



ぐるりと360度巡るステンドグラスの壁に見入ります。

2019121615.jpg



いやはや、素晴らしいものですね。ただ、夕方の弱い光のせいか、内部空間がそれほどの光に満たされていなかったのがちょっと残念。

2019121616.jpg



ステンドグラスの細部まで美しいデザインに魅了されます。

2019121617.jpg



このステンドグラスの塔の上は展望台になっています。塔の前に広がる緑陰広場には彫刻が点在しています。向こうに見える白い建物の最上階がさきほどのレストランです。

2019121618.jpg



真下には足湯を楽しんでいる人たちが見えます。saraiは後でホテルの本格的な温泉にはいるので、足湯はパス。

2019121620.jpg



螺旋階段を下りますが、周りのステンドグラスが絶景です。

2019121621.jpg



ステンドグラスに魅了されつつ、階段を下ります。

2019121622.jpg



素晴らしいステンドグラスです。

2019121623.jpg



幸せをよぶシンフォニー彫刻を出て、緑陰広場の彫刻を鑑賞。ヘンリー・ムーアの彫刻の向こうにあのステンドグラスの塔が見えています。手前の彫刻が《ふたつに分けられた横たわる像:ポインツ》。向こうに見えている彫刻が《ふたつに分けられた横たわる像:カット》。

2019121624.jpg



ヘンリー・ムーアの《ファミリー・グループ》です。量感たっぷりの幸せ感がとてもいいですね。

2019121625.jpg



でっかいおばさんが佇立しています。大変な存在感です。これが芸術かどうかは分かりませんが、圧倒的ではあります。ニキ・ド・サン・ファールの《ミス・ブラック・パワー》です。〈ナナ〉というハリボテで作られた巨大な女性像のシリーズのひとつだそうです。

2019121626.jpg



本館で彫刻や絵画を鑑賞(撮影禁止)し、あたりを散策するうちにライトアップがスタート。箱根ナイトミュージアムです。saraiたちも提灯を受け取って、ナイトミュージアムに参加します。提灯は説明だと無線の電波を受けて、変幻自在に色が変化するそうです。提灯を持つ人とライトアップされた彫刻が美しく輝きます。彫刻の光も刻々と色が変化します。

2019121627.jpg



再び、幸せをよぶシンフォニー彫刻、すなわち、ステンドグラスの塔の前に出ます。ステンドグラスは内部で発光する光で今度は外側の壁が明るく輝いています。さっきまでは外光を受けて、内部の壁が輝いていましたが、逆転しました。こういうステンドグラスは生まれて初めて見ます。素晴らしいですね。

2019121628.jpg



しかも内部の光の色が変化するので、ステンドグラスの色も変化していきます。呆然とその美しさに魅了されます。

2019121629.jpg



2019121630.jpg



2019121631.jpg



塔の内部に入ってみました。予想通り、今度は内部はモノトーンの世界です。うーん、凄いね。配偶者はヨーロッパの教会でもやればいいのにねって言いますが、宗教施設の教会ではこういうことはやはり、不可能でしょう。やっちゃいけませんよね。非宗教施設のこのステンドグラスの塔だからこそできることです。

2019121632.jpg



再び、外から、ステンドグラスの塔を眺めます。背景の雲にも光が映り込んで、素晴らしい絶景です。

2019121633.jpg



ピカソ館で素晴らしいピカソのコレクションを鑑賞(撮影禁止)して、彫刻の森美術館のすべての鑑賞を完了。ピカソ館の内部にはピカソの作品のほかに、ピカソの素晴らしいメッセージが書かれていました。その中の一番、印象的な言葉がこれです。


私があの子供たちの年齢のときには、
ラファエロと同じように素描できた。
けれどもあの子供たちのように
素描することを覚えるのに、
私は一生かかった。

─── ピカソ


こんな言葉が似合うのは抜群に絵がうまかった画家だけです。思い当たるのはこのピカソとパウル・クレーの二人です。

また、歩いて、ホテルに戻ります。今度は急坂を上って、ダウン。疲れた体を温泉でほっこりして、美味しい日本料理のコースを頂きます。

2019121634.jpg



これで、ちょこっと箱根の1日目は終了。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

 

ちょこっと箱根:ポーラ美術館賛

ちょこっと箱根の2日目。昨日とは一転して、雨模様。雨でも問題のないポーラ美術館に行きましょう。ポーラ美術館はsaraiにとって、箱根の定番。海外の美術館にも負けない日本有数の美術館です。印象派以降の素晴らしいコレクションがあります。日本人画家の傑作も数多く所蔵しています。もう、10回くらいは行ったでしょうか。最近は日本の美術館では珍しく、ほとんどの作品が写真撮影可になりました。

強羅駅から直通のバスで20分足らずで行けます。箱根の美しい自然の中にあります。いつもは車で行くので、バスで訪問するのは初めてです。エントランスへのアプローチも美しいです。

2019121701.jpg



現在開催中のテーマ展は《シュルレアリスムと絵画》。珍しいテーマです。基本的にこの美術館は自分が所蔵する作品でテーマ展を開くので、ここにはシュルレアリスムの作品も多く所蔵しているということです。それって凄いですね。
早速、展示室に向かいます。

2019121702.jpg



テーマ展に限って、残念ながら写真撮影不可だそうです。入り口付近だけが撮影可。そこの丸い穴から、中に展示されているキリコの絵が見えます。

2019121703.jpg



フランスの詩人アンドレ・ブルトンのシュルレアリスム宣言から展示が始まり、キリコ、エルンスト、ダリ、マグリット、デルヴォーらの作品が並ぶ、本格的なシュルレアリスムの展示でした。

最後は常設展です。ここは完全に写真撮影可です。ここですべて、ご紹介してもいいのですが、昨年、主要な作品はご紹介済なので、やめときます。
展示の雰囲気だけをご紹介しておきます。モネ2枚とスーラの作品が並んでいます。

2019121704.jpg



次は左から、ゴッホ、ルノワール、マネの作品が並んでいます。

2019121705.jpg



次は2枚の傑作。カンディンスキーとピカソです。

2019121706.jpg



前回訪問時はピカソはすべて撮影不可だったので、このピカソの青の時代の傑作は初めての紹介です。

ピカソの《海辺の母子像》。1902年、ピカソ、21歳頃の作品です。聖母子を連想させますが、モデルはサン・ラザール監獄に収監されていた娼婦であると考えれています。若きピカソが青の色調で静謐で宗教的な画面を描き出しています。このポーラ美術館の顔とも言える超名作です。

2019121707.jpg



このほか、今回特に印象的だったのはヴラマンクの作品。

ヴラマンクの《雪》。1920-22年、ヴラマンク、34-36歳頃の作品です。ヴラマンクはマティス、ドランとともにフォーヴィズム(野獣派)の作家と称されています。この作品は何ともダイナミックでもあり、美しくもある鬼気迫るような風景画です。ゴッホとはまた異なるアプローチで迫力ある画面を構成しています。もっともっと評価されて然るべき画家の一人であることを再認識しました。

2019121708.jpg



このほかにも素晴らしい絵画が並んでいます。是非、読者のかたも足を運ぶことをお勧めします。

絵画の鑑賞を終えた後は美術館の周りの自然の美を楽しみます。さらに整備が進んだ森の中の散策道をゆったりと歩きます。
赤い木肌のヒメシャラの大木が見事に並びます。

2019121709.jpg



この2本のヒメシャラの美しく、勢いのある姿はまさに芸術的でさえあります。

2019121710.jpg



いつもはこのポーラ美術館のお洒落なレストランで贅沢なランチをいただくんですが、今朝はホテルでたっぷりと朝食をいただきました。いったん、ポーラ美術館を離れて、小田原の町に下りて、そこで美味しいお鮨をいただきましょうと言う配偶者の甘言に乗り、また、バスと電車を乗り継いで、小田原に向かいます。途中、箱根湯本の町でお土産物を物色しますが、異常にこの町が観光客で賑わっています。どうしたんでしょうね。
小田原の町に着く前にスマホのアプリYelpでお鮨の店をチェック。そこで気になったお店、魚がしに直行。ここでまぐろすし、あじ生すし、上寿司をsaraiと配偶者でいただきます。リーズナブルな料金で贅沢なお鮨をたっぷりいただきました。ちょこっと旅の最後を飾るのにふさわしいグルメでした。

2019121711.jpg



となりのテーブルのお兄さん二人がアジフライ三昧をしていたのもとても気になりました。新鮮なアジが売り物のお店ですね。

かくして、ちょこっと旅は満足のうちに終了。小田原のお土産に守谷製パン店の名物、アンパンを買い求めました。10年以上も食べていませんでしたが、餡子いっぱいのアンパンの美味しさは昔よりも美味しいくらい。よいお土産になりました。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

 

冬は伊豆の温泉でほっこり、「ミクニ伊豆高原」の豪華ランチにも舌鼓

温泉好きのsaraiは久々に温泉三昧に出かけることにしました。目指すは伊豆高原です。伊豆に行くとなれば、これまでは車でしたが、昨年、車を手放したので、今回は電車を利用します。伊豆への電車と言えば、やはり、普通電車ではなく、豪華にスーパービュー踊り子号に乗りましょう。横浜駅で乗ります。ホームで待つことしばし。スーパービュー踊り子号がホームに滑り込んできます。

2020020501.jpg



乗車するためには、1両置きのドアに立つ駅員さんに特急券を示して乗り込みます。みなさん、このシステムをご存知のようで、何の混乱もなく、整列乗車。なるほどね。配偶者には、そんなことは誰でも知ってるわよと言われます。そーですか・・・。

2020020502.jpg



スーパービュー踊り子号はその名のごとく、スイスのパノラマ列車と同じように、見晴らしがよく、明るいパノラマ車両です。

2020020503.jpg



もちろん、左側の席に陣取り、海岸線の眺めを楽しんでいるうちに熱海、伊東と停車して、あっという間に伊豆高原に到着。友人夫婦と合流して、駅前に新たに開店したレストラン「ミクニ伊豆高原」で豪華ランチをいただきます。このレストランは「オテル・ドゥ・ミクニ」オーナーシェフ・三國清三氏がプロデュースするレストランとして、昨年の10月に開店したばかり。レストランの建物は木材をふんだんに活かした設計。そうです、あの隈研吾氏の設計です。

2020020504.jpg



総ガラス張りのレストランは異彩を放っています。

2020020505.jpg



レストランの中に入っても、まるで屋外のように明るい陽光が差し込んでいます。もっとも、これはすぐ外にあるテラス席ですが、内部の席もテラス席と同様に明るくて、屋外と同じ雰囲気なんです。

2020020506.jpg



《海の輝き》という一番リーズナブルなコースランチをいただきます。とは言え、saraiにとって、法外なほど、高価な料理です。これがそのメニュー。

2020020507.jpg



まず、アミューズ。小海老、ワカサギ、メヒカリがお皿に並びます。

2020020508.jpg



次はポークバラ肉のヴァプール。ヴァプールとは蒸し焼きした肉を最後に軽くあぶったものだそうです。ベーコンのような食感で、添えられた野菜がその辛さを和らげてくれます。黒酢のヴィネグレットをつけていただきます。

2020020509.jpg



次は目鯛のポワレ。アオリイカとタコのセトワーズと共にいただきます。セトワーズとは、セート風煮込みの意味で、セートSèteというのはフランスのモンペリエ近くの地中海に面した町です。結構なボリュームがあります。

2020020510.jpg



最後はデザート。日本酒を沁み込ませたコーヒーのババ、柑橘類と酒粕のアイスです。なかなか、凝った味で日本酒好きにはたまらないですね。

2020020511.jpg



シメはコーヒーと小菓子。美味しい白ワインもいただき、満腹です。素晴らしい地中海料理でした。
厨房の様子も撮影。開放的な厨房は新しくて清潔感にあふれています。

2020020512.jpg



ゆっくりとランチを堪能して、この新しくて贅沢なレストランを去るときには、もう、お客さんは残っていません。sarai夫婦と友人夫婦の4人が最後のランチ客でした。

2020020513.jpg



今日のお宿は伊豆高原のリゾートマンション。伊豆大島が真ん前に見える美しい眺望です。

2020020514.jpg



夕食は現地調達の金目鯛をしゃぶしゃぶでいただき、伊豆を満喫。
最後は温泉でほっこりして、伊豆の初日を終えます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

 

伊豆からの富士山と南アルプスの絶景

昨日から伊豆高原に来て、温泉三昧しています。
今日は大室山に登ります、昨日は強風のためにリフトが止まっていましたが、幸いにも今日はリフトの運行が再開。そのかわり、昨日に比べて気温がぐーんと下がり、大室山山頂は寒さ修行しているようなものです。寒いときに見えるのは富士山。記憶の限り、大室山から富士山を眺められるのは初めてのことで、一同、興奮します。山頂に少し雲がかかっていますが、まぎれもない富士山の雄姿です。かなり、雪を被っています。そして、その雪は北の方に伸びています。

2020020601jpg.jpg



さらに富士山の左方の南側には、南アルプスの白根三山(北岳、間ノ岳、農鳥岳)から塩見岳、荒川岳、赤石岳などの白い雪を抱いた峰々が遠望できます。

2020020602jpg.jpg



大室山から車で10分ほどで一碧湖近くにある池田20世紀美術館があります。昔はよく行ったものです。およそ30年ぶりで訪れてみます。何と館内の絵画は撮影可能になっています。が、著作権上、ブログにアップできるのは、ルノアールくらいでしょうか。ピカソやシャガール、レジェ、ダリあたりの20世紀作品は著作権違反になる公算が高いので、お見せできません。

唯一、ピエール・オーギュスト・ルノアールの《半裸の少女》(1913年)をご覧くださいね。

2020020603.jpg



ついでに一碧湖をさっと眺めてました。久しぶりです。懐かしい思いに駆られました。夕日が輝き、鴨が長閑に水面に浮かんでいます。

2020020604.jpg



夜は温泉を楽しみ、伊豆の産品に舌鼓を打ち、友人たちとシュンポシオン的会話に花を咲かせました。今日も楽しい1日でした。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

 

河津桜は満開なり

伊豆高原で温泉三昧しています。
今日は河津桜を見物に出かけました。まだ、桜まつりには時期が早いのですが、既に満開です。桜のトンネルの中を歩きます。

2020020701.jpg



途中、橋の上からも堤に咲き誇る桜を満喫しました。

2020020702.jpg



時期が早く、平日ということで、それほどの人出ではなく、ゆっくりと桜を楽しめました。

深夜まで、友人夫妻2組と様々な話で盛り上がったため、ブログを書く時間がなくなりました。今日は簡単な記事になってしまって、ごめんなさい。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

 

冬の伊豆で温泉・グルメ・絶景・・・総集編

伊豆高原で温泉三昧しました。
ふりかえりつつ、総まとめしましょう。

まず、一昨日の大室山散策です。大室山付近で桜が満開です。河津桜ならぬ小室桜だそうです。珍しいものを見ました。

2020020801.jpg



大室山の山頂からの風景です。遠く富士山が見えました。

2020020802.jpg



そして、昨日は河津で満開の河津桜を見物。青空に美しく映える河津桜です。

2020020803.jpg



河津には、この河津桜の原木が残っていて、今も満開の花を咲かせています。

2020020804.jpg



民家の庭にこの原木は一本桜として、毎年、花を咲かせています。これがその全景です。

2020020805.jpg



この近くに川津来宮神社(杉桙別命神社)の大クスがあります。樹齢千年以上と言われる楠の巨木です。大変なパワーを感じます。

2020020806.jpg



近くに寄ると、その太い幹に驚かされます。外周が14mもあるそうです。ちなみに高さは24m。大切に守っていきたい大クスです。

2020020807.jpg



お昼時になったので、河津駅前のお店、吉丸でランチをいただきます。
現在は河津桜限定メニューになっています。
いただいたのは金目鯛の煮付け定食。

2020020808.jpg



マグロ尽くし丼。

2020020809.jpg



夫婦でシェアして食べました。最高に美味しい料理で大満足です。

河津から下田に移動。ペリーの足跡を巡ります。
下田の町を歩いていると、いかにも下田らしいマンホールの蓋が目に留まります。

2020020810.jpg



下田の漁港です。この先にあるペリーロードを目指します。ところでここで調達した黒むつは新鮮で美味しいお刺身でした。

2020020811.jpg



ペリー艦隊来航記念碑です。見慣れたペリーの顔です。

2020020812.jpg



ペリーロードです。古い町並みが残り、鄙びた雰囲気です。

2020020813.jpg



これはペリーロードにある長楽寺。1854年、ここでロシア使節プチャーチンとの日露和親条約が調印され、翌年、日米和親条約の批書交換が行われたお寺です。

2020020814.jpg



これはペリーロードの終着点にある了仙寺。日米下田条約締結がされた場所です。1854年5月に締結されました。

2020020815.jpg



これが昨日までの総括です。

今日は城ケ崎海岸を訪れました。この海岸は約4000年前に大室山が噴火した時に流れ出した溶岩によってできました。
海岸には素晴らしい景観が広がっています。

2020020816.jpg



入り組んだ岩場が連なっています。

2020020817.jpg



岩場の向こうには美しい海が輝いています。

2020020818.jpg



この景観は1960年に造られた門脇埼灯台の展望台からの眺めでした。その灯台がこれです。

2020020819.jpg



灯台の先には断崖絶壁に掛かる「門脇つり橋」があります。

2020020820.jpg



つり橋の上からの眺めです。

2020020821.jpg



海岸にはピクニカルコースが整備されていて、溶岩が作り出した海岸の絶景を楽しめます。

2020020822.jpg



幕末の黒船来航後に整備された砲台跡もあります。この砲台は徳川幕府が韮山の代官・江川英龍に命じて作らせました。

2020020823.jpg



美しい松の風景を見ながら、一休み。

2020020824.jpg



ピクニカルコースの先には《ぼら納屋》という海鮮料理のお店があります。今日はここでランチ。みんなで金目鯛の漬け丼をいただきます。

2020020825.jpg



結局、4日間、毎日、金目鯛をいただきました。伊豆ではやっぱり、1日1金目です。地金目鯛の美味しさは最高でした。

これで伊豆の温泉とグルメを堪能する旅はおしまい。3組の夫婦で和気あいあいの旅でした。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

 

伊豆山でグランピング

巷でコロナ・ウィルス騒ぎになる、ずっと前に冬の温泉に行かんとして、選んだのがグランピング。もちろん、初体験です。考えてみれば、コロナ・ウィルスを避けて、楽しみを求めるにはこんな恰好のものはありません。野外で人との距離を取っての活動ですから、感染するわけありません。もちろん、どんなときも細心の注意が必要なことは言うまでもありません。

アクティに乗って、熱海駅に到着。

2020031501.jpg



考えてみれば、電車で熱海に来たことは記憶にありません。いつも車でした。その愛車プリウスは昨年、処分しました。今日は駅から歩いて、熱海の海岸に出てみましょう。仲見世商店街を抜けて、坂道を歩いていると、和菓子の名店、石舟庵が目に入ります。ちょっと寄ってみましょう。配偶者は苺大福、saraiは抹茶の皮で粒あんをくるんだお菓子を店内でいただきます。

2020031502.jpg



お店の窓からは熱海の海が見下ろせます。

2020031503.jpg



熱海の町歩きの途中で立ち寄るにはよいお店です。接客も親切です。
さて、また、坂道を下りて、海岸に着きます。意外なことにマリーナがあるんですね。

2020031504.jpg



マリーナの左にはビーチがあります。いわゆる、熱海の海岸ですね。熱海の海岸と言えば、貫一・お宮。後でお宮の松を見に行きましょう。

2020031505.jpg



海岸から熱海の町を一望します。大きな温泉町ですね。すっかりさびれているかと思いきや、何と若い人たちで町は賑わっていました。若者たちは熱海プリンや海鮮料理のお店に大行列。後で知り合った若い女性によると、熱海プリンを買うために20分も並んだそうです。熱海プリンって何? 彼女も知らないでSNSの情報だけで並んだそうです。そうなんだ。ともかく、大きな町です。それに賑っている。

2020031506.jpg



町はずれには、有名なホテル・ニューアカオが見えます。その背後の山の上には熱海城が見えます。

2020031507.jpg



と、けたたましい音を響かせて、熱海港に船が突入してきます。船体のほとんどが海上に浮き上がっています。高速船ですね。

2020031508.jpg



さて、お宮の松を探しましょう。これかな。

2020031509.jpg



違いますね。松ではなくて、熱海さくら。釜鳴屋平七の像です。誰でしょう。なにやら、板に説明が書いてありますね。

2020031510.jpg



砂浜沿いを歩きます。

2020031511.jpg



ありました! 貫一・お宮の像です。尾崎紅葉の金色夜叉でしたっけ。

2020031512.jpg



その横にお宮の松。

2020031513.jpg



でも、この松は当初の松ではないようです。これが初代の松の太い幹の断片。

2020031514.jpg



さて、そろそろ、グランピングのお宿の車が迎えに来る頃なので、駅前に戻ります。途中、平和商店街で蛸棒なるものをつまみます。なかなか美味です。

2020031515.jpg



駅前で待つこと暫し。予定の時間に送迎車がやってきます。7人乗りの小さな車は満席。狭い山道を10分ほど走り、お宿に到着。《ゆとりろ 熱海伊豆山》というお宿です。まずは本館でチェックイン。美しいしつらいのロビーには足湯もあります。その足湯の大きなウィンドウ越しに海も遠望できます。

2020031515a.jpg



さて、今日、泊るのはこのお宿に付属する《ゆとりろグランピングガーデン》。このお宿の本館の地下一階の通路を抜けていきます。本館を出ます。

2020031516.jpg



散策路の先にグランピングガーデンがあるようです。

2020031517.jpg



散策路への階段を下りていきます。

2020031518.jpg



散策路の先は竹林です。

2020031519.jpg



そちらに行かずに右手に下りる階段の下にはグランピングガーデンが見えています。

2020031520.jpg



階段を下りると、グランピングの宿、わずか6棟だけが並んでいます。木製の四角い箱がグランピング棟です。

2020031521.jpg



グランピング棟以外は共用のトイレ、シャワー、自動販売機だがあります。この一見、質素さがグランピングのありかたを示しています。グランピング棟には、トイレもお風呂も、さらにはテレビもWIFIもありません。これが現代の贅沢さの極みなんです。

2020031522.jpg



これが今日、我々が滞在するグランピング棟。住箱と呼ばれる細長い木製の宿泊棟とその前にウッドデッキがあります。ここであっと気が付いた、あなたは偉い。そうです。これは現代の日本の建築界を担う隈研吾がデザインに関与したものです。木材の建築と言えば、隈研吾ですからね。

2020031523.jpg



ウッドデッキの中央には、バーベキュー設備が鎮座しています。今日はここでバーベキュー料理をいただくんです。

2020031524.jpg



ともあれ、住箱の中を拝見しましょう。住箱は実はトレーラーハウスなんです。階段を上がった端に入り口があります。

2020031525.jpg



細長い住箱の中はソファーの置いてあるリビングスペースとクイーンサイズのベッドです。配偶者によれば、ソファーはベッドにもなるようです。室内が仄暗いのはまだ、窓のロールカーテンが閉まっているからです。

2020031526.jpg



奥は一面、ベッドだけ。潔いですね。

2020031527.jpg



高級ホテルにもない広さのベッドは安眠を約束してくれます。

2020031528.jpg



ベッドから入り口を眺めて様子です。滞在に最低限必要なものだけですが、それにしては大きなソファーは無駄は排除するけれども、ある意味、贅沢さとは何かを考えさせます。

2020031529.jpg



窓のロールカーテンを開けると、ウッドデッキ上に張られた天蓋用のテントだけが見えます。

2020031530.jpg



ベッドの奥の窓からは周りの樹木だけが見えます。何にもない幸せです。

2020031531.jpg



今、ブログを書いているのは住箱の中。深夜です。PCから流れる田部京子の演奏する吉松隆の《真夜中のノエル》が静かな闇の中に響きます。テレビもネットもない。あるのはノートPCだけ・・・。それで十分かもしれません。

時間を戻します。ソファーに座って、室内の小さなテーブルと外のウッドデッキを眺めています。だんだんと充実感に浸ります。

2020031532.jpg



やがて、お宿のスタッフがクーラーボックスを持ってきてくれます。

2020031533.jpg



中には水とハイネケンのビールとカルピスウォーター。無論、無料です。

2020031534.jpg



冷蔵庫はないのでこのクーラーボックスを冷蔵庫の代わりに使います。持参したカヴァを早速、入れます。

2020031535.jpg



配偶者が共用設備を偵察に出かけます。自動販売機とシャワールームが2つあります。もちろん、温泉はありませんが、それは本館にある大浴場が利用できます。

2020031536.jpg



シャワールームの中です。簡素ですが、清潔です。もっとも温泉に入るので使いません。

2020031537.jpg



やがて、スタッフの方がバーベキュー台に熾した炭を入れてくれます。

2020031538.jpg



食材も並べてくれます。食事の準備がOKのようです。

2020031539.jpg



すべての準備ができました。バーベキューのコンロの上にはダッチオーヴンが置いてあります。ダッチオーヴンの中身はお楽しみ。奥のお皿の上はバーベキューで焼く食材。手前の皿はシーザーズサラダ。

2020031540.jpg



さあ、カヴァをクーラーボックスから出して、食事を始めましょう。グランピングの楽しみは何と言っても野外でいただく食事です。

2020031541.jpg



たっぷりとチキン、ビーフ、ソーセージ、ハム、野菜を炭火で焼いていただきました。
で、最後にダッチオーヴンの中身をいただきます。
これがダッチオーヴンの中身、その1です。豪華な魚介と野菜のブイヤベースです。

2020031542.jpg



ダッチオーヴンの中身、その2.シラスのピザです。

2020031543.jpg



最後のシメはダッチオーヴンに残したブイヤベースのスープにご飯を投入。もうもうたる湯気が立ち上ります。

2020031544.jpg



ウッドデッキから明るく輝く住箱の光を眺めます。

2020031545.jpg



また、スタッフの方が来て、ウッドデッキの端で焚火を焚いてくれます。これは暖かくていいですね。

2020031546.jpg



ブイヤベースのおじやは生卵を投入して完成。お腹いっぱいですが、いただきます。

2020031547.jpg


焚火の中にはお約束のサツマイモを仕込んで、焼きいもがデザートです。その前にマシュマロを焚火であぶっていただきます。

2020031548.jpg



焚火で暖まりながら、グランピングも終了。

2020031549.jpg



何が贅沢で何が質素なのか、グランピングとは奇妙なものです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

 

グランピングの朝

グランピングで静かな一夜を過ごした後、朝は晴れ上がり、暖かな空気に包まれます。

2020031601.jpg



saraiは昨夜書いたブログの記事をアップするためにお宿の本館のロビーに行きます。Wifiを繋ぎ、足湯に浸りつつ、作業を進めます。が、写真50枚をアップするのに時間を要し、朝食開始の8時に大幅に遅れて、グランピング棟に戻ります。既にテーブルの上には朝食が並んでいます。

2020031602.jpg



折角、温めてあった味噌汁は少し冷めていますが、仕方ありませんね。でも、たっぷりの朝食は美味しくいただきます。

2020031603.jpg



ウッドデッキの傍らの草原にはつくしんぼが伸びています。もう、自然は春を迎えています。

2020031604.jpg



朝食を終えて、グランピングガーデンから、海を眺めます。水面が朝陽で輝いています。

2020031605.jpg



朝の光の中のグランピング棟を色んな角度から眺めます。木製の住箱は隈研吾氏がデザインに関与しています。

2020031606.jpg



住箱はトレーラーハウスですから、車で牽引されるようになっています。モバイル形式で簡単にどこにでも移設できます。

2020031607.jpg



住箱の下を覗き込むと、車輪が見えます。

2020031608.jpg



グランピングガーデンの様子を概観します。お宿の本館と少し離れた場所に位置しています。キャンプ場の雰囲気を醸し出しています。

2020031609.jpg



グランピングガーデンへは直接、車で乗り入れるためのアプローチ道路があります。実際、saraiたち以外はみなさん、車で来ています。オートキャンプ場みたいです。

2020031610.jpg



saraiのグランピング棟はこのグランピングガーデンの端にあり、周りは棒杭と縄で囲われています。

2020031611.jpg



朝食の後はやっぱり温泉でしょう。ゆったりと本館の大浴場で温泉を楽しみます。温泉の後はグランピングガーデンのまわりを散策。散策道からグランピングガーデンを見下ろします。全6棟が間隔を置いて、設置されています。このゆったり感がいいですね。

2020031612.jpg



散策道を巡って、本館の前に出ます。

2020031613.jpg



ゆとりろ熱海というお宿です。

2020031614.jpg



お宿の前には路線バスのバス停がり、アクセスはいいです。もっとも熱海駅からの送迎サービスがあるので、バスを利用する必要はありません。

2020031615.jpg



お隣のニトリの保養施設の斜面には梅が咲いています。もう咲き終わりですね。

2020031616.jpg



ぐるっと周って、外周道路からまた、無事、グランピングガーデンに入り込めました。

2020031617.jpg



また、グランピング棟に戻ります。ところで、昨日から不明の物体がありました。

2020031618.jpg



これって、正体はこれでした。スタッフのかたがセットしてくれました。昨日は風が強かったので、セットしなかったそうです。

2020031619.jpg



グランピングの最後の体験はハンモックと相成りました。

2020031620.jpg



これにて、グランピング初体験は終了。

次は熱海近辺の観光に移ります。伊豆山神社に行ってみましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

 

伊豆山神社~走り湯

グランピングを楽しんだ後、お宿の送迎車で伊豆山神社に送ってもらいます。源頼朝のゆかりの地ですね。バス停に案内板があります。ここから本殿へはかなり石段を上るようです。

2020031701.jpg



石段を見上げます。頑張ろう!

2020031702.jpg



ゆっくりと石段を踏みしめながら上っていきます。

2020031703.jpg



このあたりが中間点くらいでしょうか。まだまだ、石段は続きます。

2020031704.jpg



本殿前の境内に到着。それほどの苦行ではありません。

2020031705.jpg



ここからの眺めは見事です。

2020031706.jpg



これは境内にある光り石。ご利益があるそうです。

2020031707.jpg



この本殿からさらに上にある本宮までの参拝路があります。が、1時間程上るようです。

2020031708.jpg



ちょっと無理かなと思い、参拝路の入り口にある楠の巨木に手を合わせ、上ったことにしてもらいます。

2020031709.jpg



境内には巨木がほかにもあります。さすがに古くからの由緒ある神社ですね。

2020031710.jpg



そして、境内には、もちろん、頼朝ゆかりのものがあります。腰掛石です。この石に腰掛けて、頼朝と北条政子が愛を語り合ったのだそうです。あくまでも言い伝えです。

2020031711.jpg



もう一度、本殿を眺めます。まあ、見るべきものは見て、感じるべきものは感じました。

2020031712.jpg



伊豆山神社の本殿を去ることにします。本宮に上るのは止めたので、その代わり、海岸近くにある走り湯に行ってみます。走り湯は伊豆山神社の神域の一部です。上るのは無理でも、下るのは大丈夫だろうということです。案内の看板を見ると、825段の階段を下るようです。膝ががくがくしそうですね。

2020031713.jpg



順調に長い階段を下りていきます。

2020031714.jpg



階段沿いには見事な古木が立ち並びます。桜でしょうか。

2020031715.jpg



かなり下りてきたところで下の方で音が響いてきます。東海道線の電車が走ってきます。これは上り電車ですが、同時に下り電車もやってきます。

2020031716.jpg



国道135号線の参道入り口まで下りてきました。

2020031717.jpg



この国道からの階段からは既に海辺が見えてきます。

2020031718.jpg



走り湯前の階段が工事中で大きく迂回させられますが、ようやく走り湯前に到着。日本三大古泉という看板が立っています。

2020031719.jpg



走り湯の説明プレートです。この源泉は古来より神格化されて信仰の対象だったそうです。

2020031720.jpg



さあ、いよいよ、走り湯です。

2020031721.jpg



洞窟の中から、もうもうたる湯気が噴出しています。この洞窟内に走り湯の源泉があります。

2020031722.jpg



物凄い湯気の立ち込める洞窟内に入ります。そろそろと進むと、意外にすぐに奥に突き当たります。そこにこんこんと湧き出る源泉がありました。写真ではほとんど湯気で曇って見えませんね。

2020031723.jpg



その後も洞窟内でカメラのレンズを拭いながら撮影しますが、何も撮れません。洞窟の入り口のほうを撮ると、入り口のぽーっとした明るさだけが撮れます。

2020031724.jpg



足元に流れる源泉からのお湯の様子は少し分るでしょうか。一部、溝が露出している部分です。

2020031725.jpg



さて、走り湯を出て、熱海駅に出る路線バスのバス停を探しましょう。海岸沿いにはビーチラインがあります。バス停はどこかな。

2020031726.jpg



大きなホテルがあります。そちらに向かうと、伊能忠敬の測量隊一行も宿泊したとされる、歴史と伝統ある温泉宿、中田屋さんという老舗旅館です。

2020031727.jpg



このホテルの前で作業中の方が一服しています。バス停がどこか、訊くと、なんとこのあたりにはないそうです。自動車専用道路のビーチラインですからね。また、さっきの国道135号線まで戻らないといけないようです。仕方ありませんね。もう一度、階段を上りましょう。やがて、国道への階段の下にたどり着きます。

2020031728.jpg



国道を少し左に進むとバス停があり、時刻表を見ると、バスは1時間に2本です。で、次のバスの時間を見ると、何とぴったしの時間です。1分ほどで熱海駅行のバスが到着。バスに乗ると、奇遇です。ホテルの送迎車で一緒だった若い女性の二人が乗っています。伊豆山神社のバス停から乗ってきたようです。さっき、伊豆山神社の階段ですれちがったんです。彼女たちはコロナ・ウィリス騒ぎで予定していた韓国旅行がキャンセルになり、代わりに熱海に来たそうです。彼女たちと楽しい会話をしているうちに熱海駅に到着。さて、まだ、時間が早いので、次は初島でも行ってみたいと配偶者に持ちかけると、OKが出ます。初島には行ったことがないんです。駅に観光案内所で行き方を相談してみましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

 

初島は海鮮料理の島

グランピングの後、伊豆山神社~走り湯を見物し、熱海の駅前に移動。この後は初島に渡ってみようと思います。
駅の中にある観光案内所のお姉さんに相談してみます。すると、さっと初島のパンフレットを渡してくれます。

2020031801.jpg



初島では何が面白いのかと尋ねると、逆にお昼ご飯はどうしますかって言われます。どうやら、初島は海鮮料理が美味しいそうです。で、初島に渡る船の時間を調べてもらうと、次は午後1時ですが、時間が迫っています。その次は2時なので、それでもいいかなって言ってると、お姉さんがもしお昼ご飯を食べるつもりなら、島の食堂は3時には閉まるので、急いだほうがいいとアドバイス。今から熱海港にバスで移動すると1時の船に間に合わないので、タクシーでの移動を勧められます。それならとお姉さんにお礼を言いつつ、駅前のタクシー乗り場に急行。幸い、客待ちのタクシーがいます。タクシーで初島行の定期船乗り場に移動し、出航10分前に到着。窓口でチケットを購入。往復2640円とほどほどの料金です。
チケットを手に停泊中の定期船に向かいます。

2020031802.jpg



なかなか美しい船体ですね。

2020031803.jpg



タラップを上る人の列の最後尾に着きます。

2020031804.jpg



船室の中はつまらないので、デッキの最前部に行きます。熱海の町がよく見渡せます。

2020031805.jpg



しかし、よく考えてみたら、船が海上に出ると、強い風を受けそうな気がします。すごすごと船室に撤退。まだ、窓際の席が空いていました。

2020031806.jpg



すぐに船が出航。

2020031807.jpg



やがて、舳先を初島のほうに回頭します。遠くにぽつんと初島が見えます。

2020031808.jpg



船室からは窓も汚いし、眺めが楽しめません。再び、意を決して、デッキに上がることにします。やはり、デッキの上からはよい眺めです。舳先の向こうに初島がくっきりと見えています。

2020031809.jpg



ズームアップすると初島がこんなによく見えます。

2020031810.jpg



熱海がどんどん遠ざかっていきます。

2020031811.jpg



これは熱海の右側のほうです。湯河原のあたりでしょうか。

2020031812.jpg



左手には、ホテル・ニューアカオと熱海城が小さく見えています。

2020031813.jpg



また、初島を眺めます。初島の右奥に見える大島は黒雲に覆われています。天気が悪そうですね。初島のほうに黒雲が移動してこないといいのですが・・・。

2020031814.jpg



伊豆半島の先のほうも黒雲が覆っています。

2020031815.jpg



上空を見上げると、青空です。船の上のデッキは風もさほど強くなく、寒くもありません。しばらく、デッキで耐えられそうです。

2020031816.jpg



初島まで、ちょうど半分ほど来たところです。少しずつ島影が大きくなります。

2020031817.jpg



定期船とすれ違います。定期航路の姉妹船のプレミア号です。

2020031818.jpg



熱海の町もだいぶ小さくなってきました。

2020031819.jpg



おおっ、初島はともかく、大島の上の黒雲は強烈に立ち込めています。非現実な風景です。実はこの日、大島では大きな竜巻が2本も同時に発生したそうです。珍しい気象だったようです。

2020031820.jpg



初島が間近に迫ります。その向こうの大島あたりの空は恐ろしい雰囲気です。

2020031821.jpg



そろそろ、デッキから下ります。操舵室の後ろから中を覗き込みます。初島の港の岩壁が迫っています。

2020031822.jpg



見事に防波堤の間をくぐり抜けていきます。操船って難しそうです。

2020031823.jpg



皆との防波堤の上では多くの人が釣りに興じています。

2020031824.jpg



港のタラップに近づいていきます。

2020031825.jpg



着岸です。

2020031826.jpg



タラップが近づきます。

2020031827.jpg



真っ先にタラップを降りました。皆さん、続々と降りてきます。結構、多くの乗客がいましたね。

2020031828.jpg



これが今降りた定期船の舳先です。イル・ド・バカンス3世号です。

2020031829.jpg



小さな港を歩み出ます。

2020031830.jpg



初島のマップがあります。港の左手に海鮮料理の食堂が並んでいるようです。そちらに向かいましょう。

2020031831.jpg



港を出て、ちょっと歩くと、食堂がずらっと並んでいます。壮観です。

2020031832.jpg



メニューを確認しながら、食堂街を進みます。どれもすべて海鮮料理のお店です。

2020031833.jpg



もう、残り3軒ほどになります。まだ、お店を決め兼ねています。

2020031834.jpg



遂に最後のお店、さかやです。

2020031835.jpg



このお店のメニューにかさごの唐揚げの単品があったのが決め手になり、入店します。
その、かさごの唐揚げとお刺身のおまかせ定食、海鮮丼という豪華献立。かさごの唐揚げが絶品でした。

2020031836.jpg



船賃を払っても食べる価値のある海鮮料理でした。
美味しいお昼ご飯をいただき、お店の外に出ると、本土の雪を抱いた山が見えます。お店の人の話では、大山だそうです。

2020031837.jpg



熱海のほうを見ると、後ろに山が見えています。箱根でしょうか。

2020031838.jpg



港のほうに向かうとちょうど定期船が出ていきます。その次の船で帰りましょうか。

2020031839.jpg



港に戻ってきました。

2020031840.jpg



港の周りでお店を覗いたり、初島海洋資料館(入館無料)を見学していると、次の船の時間が迫ります。港を見ると、ちょうど定期船が入港してきます。慌てて、港に向かいます。港では既に多くの乗船客が列を作っています。

2020031841.jpg



帰りも順調な船旅でした。熱海港からは熱海駅へのバスがちょうど出るところ。急いで飛び乗ります。熱海の町を走るバスの経路もようやく頭に入りました。車なしでも結構、楽しめるものですね。
熱海駅に着くと、強風で少し遅れていた電車にうまく乗れて、ぐっすり眠っているうちに横浜に帰り着きます。
1泊2日のミニ旅でグランピングの初体験。楽しい旅もこれにて終了。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR