FC2ブログ
 
  

ザルツカンマーグートへ小旅行:アッター湖の快晴の朝、裏山を散策

2013年4月24日水曜日@アッター湖~ウィーン/1回目

旅の21日目です。

アッター湖畔の朝は快晴。湖面がさざなみ、美しい絵になっています。


JV_pjI8NG33096.jpg



昨日、《クリムトの道Klimt Themenweg》を散策したので、今日は何も予定がありません。お昼頃まで、ここでのんびり過ごしましょう。朝寝坊をして朝食に行くと、もう既に我々2人だけです。愛想の良いオーナーの女性の甲斐甲斐しいサービスで朝食を頂きます。もちろん、テラスでアッター湖Atterseeを眺めながらです。


kcqIINxoPIc3da.jpg



湖畔を眺めると、《クリムトの道》の標識が目に入ります。ここは《クリムトの道》の最終地点かもしれません。


CmEyoSzbLHb155.jpg



湖岸にはクリムトゆかりの船着き場も見えています。


bvOZz9DOuY4366.jpg



朝食は新鮮な食材で美味しく感じます。


BwB6Mit1D8f264.jpg



アッター湖の湖岸は弧を描きながら、カンマーKammerの方に伸びています。


NCGOvMzrCV4fe1.jpg



テラスは裏山が迫ったところにあります。緑に囲まれた気持ちの良いところです。


MFsEWyqYqS8d89.jpg



建物の白壁も綺麗です。


G3cUcaV9W1ffbd.jpg



今日も快晴で寒くもありません。朝食を食べながら周りを見ていると、テラス横に裏山に通じる道を発見。


N6emMkFNAb62af.jpg



行ってもいいのかと聞くと、もちろんOKとのことで、いろいろ裏山の説明をしてくれました。朝食後、裏山に上ります。


qscRmbn2Iq70ef.jpg



木々の間からアッター湖を見下ろす景色は、また一味違います。


9viqAuVuF9c616.jpg



ホテルの屋根を見下ろすところまで上ってきました。


UFozzXOY582fbb.jpg



山道にはホテル、リッツルベルガー・ケラーLitzlberger Kellerの標識も立っています。


gjpcrjggom2450.jpg



裏山の尾根辺りまで上ると、記念碑が建っています。これが先ほど宿の女性オーナーが説明してくれたもののようです。


FA64T97gQdbbe8.jpg



フランツ・カール・ギンツカイFranz Karl Ginzkey(1871-1963)というこの地方の名誉市民だった偉大な詩人の記念碑でした。


9Z6gZzuzdub922.jpg



尾根からのアッター湖の眺めです。


T3WCdVM27y4b03.jpg



裏山の尾根は真っ直ぐ天に向かって伸びる樹木が美しく、小鳥の鳴き声がうるさいほどです。


1ionU8Q9kcf413.jpg



林の中に尾根道が続いており、これは散策せねばと思わせられます。


7ccRmH8pBnc32c.jpg



東の方に進んでいくと、やがて林が切れて集落に達しました。


CBd806RG3K48ac.jpg



ここでは視界を遮る林の木々もなく、眼下に美しいアッター湖の眺めが広がり、おおーっと歓声を上げてしまうほどです。


473hfmBHpYd2bd.jpg



裏山の尾根の散策は続きます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ザルツカンマーグートへ小旅行:ホテルの裏山を散策後、アッターゼー駅に出発

2013年4月24日水曜日@アッター湖~ウィーン/2回目

アッター湖畔のクリムトゆかりの宿、リッツルベルガー・ケラーLitzlberger Kellerの裏山を散策しています。尾根道の外れにある住宅地からはアッター湖Atterseeの素晴らしい眺めが見渡せます。


2c74ncW7fi439f.jpg



裏山の住宅は綺麗な緑に包まれています。こういう家に住める人は幸せですね。


5AN_mUq83j03b4.jpg



犬の散歩をさせる地元親子もおり、住民の方たちは静かな空間を楽しんでいるようです。


hvjD_xc3ZW5e0d.jpg



裏山の尾根道には、湖の眺めを楽しみながらゆっくり休息できるベンチもあります。


EF44xvhuLMc45f.jpg



また宿の屋根が見えてきます。ここから階段を降りてもいいのですが、このまま裏道を西の方に進み、さらに初めての道を体験してみましょう。


2qDuyyDQ0w4fea.jpg



木々の間を抜けて裏山を下りていきます。


z5auvmelru93f4.jpg



裏山を西側に下りてきました。綺麗な野原です。公園になっています。緑が目に染みます。


kMr4W9lXn745b1.jpg



広大な緑が広がっています。とても気持ちの良い公園です。青空も綺麗です。


kr94XfKCRa9120.jpg



緑の野原は湖畔の道まで続いています。緑の野原とアッター湖の湖面の調和が美しいです。


mZLgDOPMiBaabc.jpg



湖畔の道を左手に進んでいくと宿に至ります。


3q7CRsJDMlde2f.jpg



宿の入り口に戻ってきました。ドアの向こうには明るいレセプションがあります。


bZ_KYF0Fvd88ce.jpg



宿の入り口を入って、階段の途中からレセプションを眺めたところです。白壁が綺麗ですね。


5PRAXN1F0d4825.jpg



部屋に戻って休息しながら、チェックアウトぎりぎりの時間までアッター湖の眺めを楽しむことにします。昨日と違って、快晴の下の美しい景色が窓の外に広がります。


RSGxFHmJ35eb3b.jpg



宿の船着き場も美しく見えています。


VUG9Ytfabh59e1.jpg



部屋からの眺めも満喫し、荷物を持って部屋を出ます。階下のレセプション横の壁に貴重なポスターが張られているのを発見!
アッター湖の観光ポスターですが、問題はその写真の内容です。再三書いたグスタフ・クリムトとエミーリエ・フレーゲが、この宿リッツルベルガー・ケラーの船着き場から船に乗ろうとしている写真です。当時のリッツルベルガー・ケラーのご主人も写真に写っています。当時の船着き場は現在の船着き場に比べると、かなり粗末だったんですね。この写真は以前、レオポルド美術館でのクリムト展で展示されていたものです。


NDQliXsvGq43c0.jpg



チェックアウトをしてタクシーをお願いしようと、オーナーの女性を探しますが見つかりません。


0zHv0bTRQ463de.jpg



メイドさんにも探してもらいますが、オーナーの女性はどこかに出かけているようで見当たりません。もう時間もないので、メイドさんがチェックアウトの対応をやってくれます。オーナーとのお別れの挨拶が出来ず残念です。タクシーを呼んでもらっている間、湖畔の眺めをたっぷりと楽しみます。


3PDtqjtvYP770e.jpg



ほどなくタクシーがやってきて、問題なく宿を出発します。タクシーは湖畔の道を走ります。楽しい車窓です。


2h8sdOXN9v7147.jpg



アッターゼー駅Atteresee Bahnhofに向かいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ザルツカンマーグートへ小旅行:アッターゼー駅のまわりを散策

2013年4月24日水曜日@アッター湖~ウィーン/3回目

今日はアッター湖Atterseeを後にして、ウィーンに戻ります。昨日はカンマー鉄道Kammer Bahnの電車に乗ってカンマー・シェルフリンク駅Kammer-Schörflingに着きました。今日はアッター湖の西の方のアッターゼー駅Atteresee Bahnhofから電車に乗ります。私鉄のアッターガウ鉄道Attergau Bahnです。saraiの、この辺りの鉄道を乗り尽くしたいというバカな拘りから、無理無理このアッターガウ鉄道に乗ることになったんです。タクシーは美しい湖畔の道をスイスイ走り、10分ほどでアッターゼー駅に到着です。アッターガウ鉄道は、このアッターゼー駅からフェックラマルクトVöcklamarktまでの短い区間のローカル鉄道です。
このあたりの交通ネットワークを地図で確認しておきましょう。


2014021901.jpg



アッターガウ鉄道の車両は1両のみの可愛い車両です。


w5SfhjA7Ilb77b.jpg



2両連結の客車もあるようですね。


SaXlt7IzZjf05b.jpg



クリームイエロー色の駅舎も可愛いです。


R5yUg17DYUb157.jpg



1人いた駅員さんからチケットを買うと、何もお願いしていないのに、駅員さんの方から荷物は駅舎に置いておけばという嬉しいお申し出。発車までに1時間近くあるので、そこらを楽しんで来いよということでしょう。ご親切に感謝しながら散策に出かけます。


B8R9TcRGzad4e7.jpg



駅のすぐそばにバス停があります。昨夜泊ったリッツルベルガー・ケラーLitzlberger Keller前のバス停からこのバス停まで路線バスで移動するつもりでした。が、ちょうどよい時間のバスがなかったので、やむなくタクシーを利用しました。


3BquOAdfFM3317.jpg



大きな建物があります。これはアッター湖のツーリストインフォメーションです。今日はシーズンオフのせいか、開いていません。


0y3yO9hEdKa312.jpg



同じアッター湖でも場所が変わると、また眺めも違います。ここは山が近くなり、快晴の青空に真っ白な雪をいただいた峰が美しいです。3年前にシャーフベルク鉄道Schafbergbahnで登ったシャーフベルクSchafbergを探しますがどうもよく分かりません。
湖畔に近づくとレジャー施設があります。シーズンオフなので観光客は誰もいなくて静かです。施設はまだ営業していないようです。


mda3v4GS77a0ac.jpg



施設内ではプールを掃除する人やボートを運んでくる人など、シーズンに向けて皆さん忙しそうです。人間も自然も、寒い冬から目覚めた春の活気はウキウキしますね。


t2tAj0MSvc2248.jpg



施設内に立ち入っても咎められないようなので、施設内を見学します。施設内の桟橋に出てみます。湖の中に水に飛び込む滑り台が見えます。夏には賑わうのでしょう。


z4qJ3YHFj40b3d.jpg



空は晴れ渡り、アッター湖の対岸がくっきりと見えます。


7EW2nrBPdJ3d95.jpg



高く聳える雪山はグラースベルクGrasbergでしょうか。


bzOj9b322R5eb2.jpg



湖畔からレジャー施設を眺めます。緑に囲まれた素晴らしい環境ですね。


aO9Isb3DAB9bca.jpg



アッター湖の南の方を眺めますが、遠く霞んでいます。あの辺りが昨日訪問したマーラーの作曲小屋のあるシュタインバッハSteinbachでしょう。


WtZcZgdbM45f37.jpg



アッター湖の湖面は今日もさざ波が立って、美しい風景になっています。


dgpuTg4MU32724.jpg



レジャー施設前の湖岸の風景です。


aiORJmYFeQe286.jpg



アッター湖の湖水は透き通っていて、素晴らしく綺麗です。


_vuhSuVvH032c2.jpg



レジャー施設を出て、湖岸道路沿いに歩いてみます。


Y0NdzSNqj1e4c2.jpg



少し歩くと、建物が立ち並んでいるところに出ました。この辺りの中心地のようです。船着き場の案内板が出ています。船着き場に行ってみます。


NBfcfCXhoh61cc.jpg



船着き場が見えました。実は、カンマーKammerの船着き場からここまでクルーズするのが当初の計画だったんです。


sHd6Bs25VL3ddc.jpg



しかしながら、アッター湖のクルーズ船は今週末からの運航で乗ることはできませんでした。船着き場にも4月27日(土)から運航という張り紙があります。


JgaxM8oAhZ2f50.jpg



この船着き場は見晴らしがよいので、しばらくここでアッター湖の風景を楽しみます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ザルツカンマーグートへ小旅行:アッターゼー駅でアッターガウ鉄道の電車に乗車、間もなく発車

2013年4月24日水曜日@アッター湖~ウィーン/4回目

アッターゼー駅Atteresee Bahnhof近くの船着き場は、今週末からの運航の準備中です。既に今シーズンの時刻表も掲示されています。


jQsJv5JyKz2a07.jpg



今週末からの運航を待つ船着き場は閑散としています。今は格好のアッター湖の見晴らし場です。船着き場からのアッター湖の眺めは、湖面、周囲の山、遠くの雪山が美しい風景を作っています。


QmWTZ7qPFj81cb.jpg



船着き場の桟橋から湖岸を振り返ると、綺麗な街の風景です。この辺りは観光の中心地のようです。


j7GHIHVZiXc5b1.jpg



無人のボートがあります。ここでボートを漕ぐと楽しそうです。向こうには、先ほどのレジャー施設の滑り台も見えています。


rUkoCpq5y114be.jpg



湖面の先遠くには、カンマー城Schloss Kammerも垣間見えます。


F1eDO_mVzW7999.jpg



ボート乗り場でボートの手入れをしている人がいます。時間があればボートを借りられたかも・・・残念。


SKoavIcB9va741.jpg



しばらく桟橋の突端でアッター湖の眺めに見とれていましたが、そろそろ撤退します。


dxzX2SNeGSf224.jpg



これが船着き場の広場。小屋はチケット売り場でしょうか。


idw7OKNQgmb045.jpg



そろそろ時間ですから、アッターゼー駅に戻りましょう。


Zgn50BAPTs6406.jpg



湖畔は綺麗な緑が広がります。


kaIFLazA0Qc498.jpg



駅前のバス停にちょうどバスがやってきました。このバスはカンマー方面行です。


Heg6yc4XSOe9cf.jpg



アッターゼー駅に行くと、ちょうど電車が入ってきたところでした。この電車が折り返していくのでしょう。


x2W_USzC4af032.jpg



学校帰りの子供たちが下りてきます。


I8RtzGb7e73412.jpg



自転車野郎たちも下りてきます。ヨーロッパならではですね。


fb3Vcfe5P5c531.jpg



預かっていてもらった荷物を引き取り、電車に乗り込みます。学校帰りの子供達の他には、ほとんど乗客はいません。子供達はみんな車両の前部に固まって座っています。近づいて「グリュス・ゴット!」と声を掛けますが、うさん臭いおじさんと無言で無視されただけでした。それともここの子供たちはシャイなんでしょうか。


JRDm3H3oh50553.jpg



電車の後方の座席は誰も乗っていません。


tbEHWCH0wp0f3d.jpg



最後部にある運転席です。先ほどまではこちらが先頭だったので運転士が座っていたところです。


Q003in2k6Ra300.jpg



後方のガラガラ席に余裕で座ります。


wpy35DGC8va6f3.jpg



まもなく出発です。もう誰も乗ってくる様子はありません。駅舎の反対側の方を眺めます。駅に隣り合った建物は農業用車両の車軸を作っている工場のようです。


x1x1wxsE_v9f26.jpg



アッターガウ鉄道Attergau Bahnの電車はそろそろ出発です。初めて乗る路線なので、なにかワクワク感があります。十分に楽しみましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ザルツカンマーグートへ小旅行:アッターガウ鉄道の美しい風景を堪能

2013年4月24日水曜日@アッター湖~ウィーン/5回目

アッターガウ鉄道Attergau Bahnに初体験乗車です。いよいよ、始発駅のアッターゼー駅Atteresee Bahnhofを発車して終点のフェックラマルクト駅Vöcklamarktに向かいます。たかだか13.4kmの短い区間のローカル鉄道です。乗車時間は25分。フェックラマルクト駅で乗り換えてウィーンに向かいます。
アッターガウ鉄道のルートを地図で確認しておきましょう。


2014021901.jpg



この鉄道は緑の野原の中を走る風光明媚な路線です。発車してすぐに美しい緑の中を走りだします。抜けるような青空も綺麗です。


oATbTyakFf7fcd.jpg



沿線近くの木々が視界を遮っていましたが、いきなり視界が開きました。美しい野原が続き、その向こうには丘陵が連なっています。とても綺麗な風景です。


p24BELymqI6e63.jpg



野原の中に時折、綺麗な住宅が点在しています。


ItargEDyP87341.jpg



3分ほどで最初の停車駅パルムスドルフPalmsdorf。乗客が電車を待つための小屋があるだけの無人駅です。


I17LmRGpNG2381.jpg



すぐに発車して、また緑の野原の中を走ります。


VBPdHnBib3695f.jpg



発車してすぐに1分くらいでまた停車。シュテトハム駅Stötthamです。駅と駅の間の距離はたった600m。のんびりしたものです。若い女の子が1人降りました。


wo3LxlsGLWc872.jpg



発車するとまた美しい野原です。


OyOiiDKz2Bc008.jpg



途中の駅は乗降客がいないと停まらないようです。運転手がすべての乗客のことを把握しているんですね。1駅飛ばし、次の駅に近づくと住宅が増えてきました。


54OYtd9qYBabec.jpg



今度の駅ザンクト・ゲオルゲン・イム・アッターガウSt.Georgen im Attergauは大きな駅舎があります。アッターガウ鉄道の途中駅では1番大きな駅です。始発駅アッターゼー駅から8分ほどで到着しました。


Rc8udwpdimfee4.jpg



ザンクト・ゲオルゲンSt.Georgenを発車するとすぐに小川を渡ります。緑の樹木に覆われた清流です。


mGvKSrV24o48ec.jpg



野原には住宅が点在しています。


Ohy0JnAJ5Zcecf.jpg



3分ほどでまた次の駅コーグルKoglに停車。駅と言っても、周りには何もありません。


ObQp8mX4_se24d.jpg



この駅を出ると、広大な野原の中を走ります。見渡す限り、何もありません。日本人には想像できない風景です。いやはや美しい!


h82gdLzsMH47b0.jpg



電車の最後部から線路の様子を眺めると、人の気配の少ないところを線路だけが続いています。やはり、ヨーロッパは平坦な土地がありあまるほどあります。人口密度も低いから、こういう景色になりますね。


L86rPh5aW829d3.jpg



どうです・・・この広大な平野の雄大な風景は。素晴らしいですね。


RPrIQR3vEDebce.jpg



ヒッピング駅Hippingに停車。無人駅が続きます。


4QeVjWR3K403a6.jpg



相変わらず緑の大平原が続きます。


dXSmBi5a5Ofd7c.jpg



野原の無人駅ヴァルスベルクWalsbergに停車。小学生の女の子が1人降ります。


PtlEGZqUSc42d8.jpg



女の子はとぼとぼと野原を歩いていきます。どこまで行くんでしょう。


vduYhOU6W46299.jpg



快晴の空の下、素晴らしい緑の野原が続いています。


exj5MtwvIcfa40.jpg



アッターガウ鉄道も半ば以上過ぎました。美しい景色を楽しみます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ザルツカンマーグートへ小旅行:アッターガウ鉄道を満喫し、フェックラマルクトで乗り換えて、アットナンク-プフハイムへ

2013年4月24日水曜日@アッター湖~ウィーン/6回目

アッターガウ鉄道Attergau Bahnの旅は続きます。どこまでも美しい緑の野原が広がります。本当に気持ちの良い景色です。


804YiJ1LmC7ab8.jpg



時折、野原のなかにポツンと建物があらわれるだけです。大いなる自然の中に人々の生活が溶け込んでいます。


e2rkUGE5TE7f6a.jpg



最後の停車駅ハイトHaidです。もちろん無人駅で、駅に接して家が一軒建っています。この家の専用駅みたいですね。終点フェックラマルクトVöcklamarktまでは3分ほどです。


XZ8cRbkvHq1ee7.jpg



終点のフェックラマルクトに到着。のんびりした鉄道の旅でした。1時間に1本しか走らない不便な路線ですが、saraiの一押しの鉄道です。周囲の景色が夢のように美しい素晴らしい鉄道です。
これはフェックラマルクトに到着したアッターガウ鉄道の1両電車です。


SCaIUPckhKcc1f.jpg



ホームから離れたところにアッターガウ鉄道の小さな駅舎が建っています。


BtgZ2hQsg5aa26.jpg



反対側の方に目を向けると、オーストリア国鉄ÖBBの立派な駅舎が見えます。この駅はアッターガウ鉄道とオーストリア国鉄の乗換駅です。この駅はウィーンとザルツブルグを結ぶオーストリア国鉄の幹線上に位置しています。


VETT3zbHbice63.jpg



ホームを移動中、アッターガウ鉄道の電車の運転席に運転士さんが見えます。


eA62A2f27S2101.jpg



アッターガウ鉄道の電車の先頭部分です。この駅で折り返し運転ですから、行先はもちろんアッターゼーAtterseeになっています。


8xmBnx_kDz656f.jpg



オーストリア国鉄のプラットホームに移動しました。この駅には特急列車は停車しません。この駅からいったん特急列車停車駅まで移動して、そこからウィーン行の電車に乗り換えます。電車の発車時刻表を見ると、3分弱でリンツLinz行の急行(REX)が出ます。


9xhFITEoRN0dc9.jpg



定刻から2分ほど遅れてリンツ行の電車が近づいてきました。


4XdUTwXwIb2bc2.jpg



電車がホームに滑り込んできます。


bFCBwuoyXZd502.jpg



電車に乗り込むとすぐに発車。この電車もがらがらです。


RpAfJ4Xmxk779d.jpg



緑の中を、乗換駅アットナンク-プフハイムAttnang-Puchheimまで走っていきます。


uZp4EME0847387.jpg



フェックラマルクトVöcklamarktからアットナンク-プフハイムへのチケット(オーストリア国鉄ÖBB)はネットで購入してあります。


vTpAvJbtrwec8f.jpg



最初の駅Redl-Zipfに到着。


1ewTB5RoyQ42c0.jpg



また美しい緑の中を走ります。


WBXqVRDoAr0aa5.jpg



次の停車駅ティメルカムTimelkamに到着。


fNpHXuTNeR05db.jpg



次の停車駅はフェックラブルックVöcklabruckです。昨日、アッター湖畔のカンマーに向かうために慌てて乗り換えた駅です。ちょうど24時間ほど前のことでしたが、もうかなり前のことだったようにも思えます。


qwDSWfYrpjeb6c.jpg



次の駅は乗換駅のアットナンク-プフハイムAttnang-Puchheimです。アットナンク-プフハイム駅は、昨日間違った電車に乗ってしまい大騒ぎをした駅です。ホームに降り立つと、ちょうど真ん前に昨日電車に乗り込んだしょぼいホームが見えます。地下道からの出入り口も見えます。


wcnl5SmMYc1821.jpg



今、午後1時。なんと、偶然にもちょうど昨日と同じ時間帯です。乗り換え時間の30分を利用して、昨日のトラブルの原因を解明しましょう。

ここまでの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。


2014022201.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ザルツカンマーグートへ小旅行:前日アットナンク-プフハイムで電車を乗り間違えた謎を解明

2013年4月24日水曜日@アッター湖~ウィーン/7回目

昨日、アットナンク-プフハイムAttnang-Puchheimで何故間違った電車に乗り込むことになってしまったのか・・・その謎を今日こそ解き明かしましょう。

そわそわして待っていると、来ました、来ました。昨日私達が何の疑いもなく乗り込んだオンボロ電車がしょぼいホームに入ってきました。


WIw7LBxNv5ff1e.jpg



この電車は、隣のフェックラブルック駅Vöcklabruckが終点の電車のようです。だから、乗客がいなかったんですね。昨日と同様にこの電車はホームをすぐに出ていきました。ホームは空っぽです。今日は電車を待つ乗客もいません。


XDgdoHvgpD4f3c.jpg



10分ほど経つと、本来我々が乗るはずだった2両連結の綺麗な電車がホームに入ってきました。


S7Q6jkP9YMf07f.jpg



電車には誰も乗客は乗っていません。この電車はこの駅が始発のようです。


X5i20dA8Uu7c1d.jpg



なんだかタイムマシーンで、昨日の出来事を再現しているみたいです。
ホームに張ってあった時刻表で確認してみました。すると、アッター湖畔のカンマー・シェルフリンク駅Kammer-Schörflingに行く電車は1日に4本しかなく、そのうちのたった1本がこのアットナンク-プフハイム駅始発で、残りの3本は隣のフェックラブルック駅発のようです。


BsCvE47BKyd1b8.jpg



この時刻表を昨日しっかりと見ていれば慌てることにはならなかったというお話でした。

アットナンク-プフハイム~フェックラブルック~カンマー・シェルフリンクの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。


2014022301.jpg



それにしても負け惜しみになりますが、カンマー・シェルフリンク駅行きの電車は4本すべてがフェックラブルック駅発でいいのにね。
それに、このアットナンク-プフハイム駅が大工事中だったのも一因でした。工事中の様子を見てください。


YAeUWS0MlQ5616.jpg



この工事のせいで、あのしょぼいホームが使われたのでしょう。しょぼいホームには時刻表はおろか、出発電車の表示板もありませんでしたから、初めて訪れた異国の旅人には正しい電車を選択することは困難でした。
そうこう考えているうちに我々がこの駅で本来乗るべきだった電車が出発していきました。これも今となっては、楽しい思い出です。
以上、昨日の失敗の反省会は終わり。

アットナンク-プフハイムからウィーンへは、初めて乗るヴェストバーンWestbahnという私鉄を利用します。私鉄と言っても、実際はウィーンとザルツブルグ間のオーストリア国鉄(ÖBB)の線路を走ります。料金が安く設定されているのが魅力です。ネットで事前にウィーン西駅Wien Westbahnhofまでのチケットを購入しておきました。


xOAJNZuO5U4f2b.jpg



始発のザルツブルグ駅からではなく、途中駅のこのアットナンク-プフハイム駅から乗車するので、念のため座席指定チケットも合わせて購入しておきました。


_JGh0XPast5d3b.jpg



この座席指定チケットには100号車の2階席としか表示されていないので、座席指定のシステムがよく分かりません。ともかく、ヴェストバーンの電車の到着をホームで待ちます。


bOwnZSM52Gb564.jpg



やがて、初めて乗車することになるヴェストバーンの電車が定刻にホームに滑り込んできました。


jyM4ru_BQHb7d6.jpg



到着した電車の100号車に乗り込みます。ピカピカの車両ですね。


h_Abp8pCO27bb1.jpg



100号車の2階席に上がると、結構混み合っていて空いた座席はあまりありません。よくよく探すと、4人席がぽっかり空いているところがあります。その座席を見ると、テーブルに予約席Reserviertという布が巻かれています。カフェやレストランのテーブルに予約席と表示されているのと同じです。どうやら、これが我々の指定席のようです。


c5ptTwQCmR1337.jpg



座席は革張り風のシートでなかなか豪華です。


XfL9Y43aJ61b7e.jpg



そこに座っていると、発車してすぐに若い女性の車掌さんがやってきて、検札です。


at5KeiStnB7271.jpg



検札といっても、乗車券はチェックせずに指定券のみのチェックです。指定席券を渡すとチェックOK。この席でよさそうです。それに2人分の指定で4人分の席を確保して構わないようです。これはお得ですね。1人分の指定料は5ユーロでした。
紅茶とサンドイッチを頂きながら、快適な鉄道の旅を楽しみます。紅茶とサンドイッチは車内でゲットしました。


KTETC2GHaT0a1c.jpg



2時間ほどでウィーン西駅に到着です。


ulKH2On8Bc60d4.jpg



ヴェストバーンは車両も綺麗だし、接客も丁寧で気に入りました。また利用しましょう。


1gSMT1vNX67af2.jpg



ただし、オーストリア国鉄の線路を借りているせいか線路利用の優先度が低そうで、ウィーン近くでかなり速度が落ちて到着時刻は少し遅れました。まあ、オーストリア国鉄のレールジェットもよく遅れるので、同じことかも知れません。

ウィーン西駅に降り立ちましたが、澄み切った青空と、穏やかな湖面と、白い頂の峰と、小鳥のさえずりと、目にまぶしいどこまでも広がる緑の草原と、美味しい空気のアッター湖にすぐさま舞い戻りたくなりました。そんな思いを振り払いながら、ホームを歩いていきます。


LWUs3145XE6d28.jpg



西駅のご贔屓のお店で夕食用に、お寿司を購入して(しかし、マグロがひどくて評価が大暴落)、ウィーンの定宿に向かいます。24時間チケットを購入して、地下鉄利用です。


96bJoSdxUTe79c.jpg



今夜はこの旅で最後のコンサート。
ホテルで正装に着替えて、マリス・ヤンソンス指揮のウィーン・フィルのコンサートを楽友協会で聴きました。


Q6gAuIl_vm5c2a.jpg



プログラム後半のハイドンの《V字》とバルトークの《中国の不思議な役人》は素晴らしい演奏でした。このコンサートの感想はここです。

コンサートの後は、1年ぶりのウィーン音楽愛好会のオフ会です。楽友協会、国立歌劇場、フォルクスオーパーで、それぞれ音楽を楽しんだ5人がカフェ・ムゼウムに集まって気炎を上げました。主要メンバーの一人が所用で参加できなかったのはとても残念でしたが、大いに盛り上がり、閉店時間で追い出されるまで楽しく過ごしました。
次のオフ会は6月(2013年)に場所をドレスデンに変えて開催することを決定。いやはや、皆さん音楽にのめり込んでいますね。何故ドレスデンなのかと言うと、ティーレマン指揮でガランチャがオクタヴィアンを歌う楽劇《薔薇の騎士》の公演に皆が駆けつけるからです。

かくして、長かった4月の旅もこれで実質的におしまい。いよいよ明日の夜の便で帰国です。実り多い旅でした。旅物語はまだ明日に続きます。



次回を読む:22日目:ウィーン最後の日 (2)

前回を読む:20日目-3:クリムト@アッター湖 (5)



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico

kicoさん、初めまして。saraiです。

心配ですね。私はそのまま、沈静化するのを待っています。シュターツオーパーのチケットも購入しました。何としても行こうとは思って

03/09 22:12 sarai

はじめまして。私も同じ時期にウィーン滞在の計画をしており、楽友協会でのベルリンフィルのチケットを購入しました。が、新型コロナの件で、そもそも旅行に出られるのかど

03/09 16:59 kico

お役に立てて、なによりです。我が家では今でもメインのCDプレーヤーとして活躍しています。ただ、最近はCDはいったんリッピングしてHDDに格納し、USBオーディオでオーディ

01/18 15:18 sarai

父からアンプとセットで譲り受けたもののトレイが動かず困っていましたが、
ブログを見て自分で購入・修理することができました。
利益目的でもなくまた素人でも分かる記事

01/18 13:50 hisa

のりしんさん

saraiです。コメントお寄せいただき、ありがとうございました。
同じ追っかけ仲間、今後ともよろしくお願いいたします。
彼女の声は素晴らしいですね。

12/01 12:07 sarai

私も中村さんの追っかけやっております。昨日の演奏も圧倒的でしたね。中村さんの歌を聴いていると、なぜか涙腺が緩んで来ます。

12/01 09:39 のりしん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR