FC2ブログ
 
  

カプリ島で青の洞窟へ再挑戦:青の洞窟への船は出るのかな?

2011年10月13日木曜日@カプリ島~アマルフィ/1回目

旅は8日目です。

カプリ島Capriの朝です。部屋のテラスに出ると青空も見えていますが、なんだか怪しげな雲も空を覆っています。昨日はあんなに晴れていたのにね。


dy8GAFE60p6be2.jpg



今日は、10年前のリベンジで「青の洞窟」Grotta Azzurraに出かける予定です。船が出るかどうかは、9時に決定するとのことです。
運を天にまかせて、ゆっくり朝食を頂きながら決定を待ちましょう。

朝食は充実した内容です。飲み物には、真っ赤なオレンジジュースもあります。配偶者は、15年ほど前の旅で始めて真っ赤なオレンジジュースに出会った時の衝撃が忘れられないらしいのです。ようやく、真っ赤なオレンジジュースが心置きなく飲めますね。期待通り美味しいです。希望の卵料理も作ってくれるとのこと。ハムとチーズ入りのオムレツをお願いします。暖かい料理は本当に美味しいですね。


_koBqcBgWK216b.jpg



他には、定番のハムやチーズの類は種々あります。新鮮な果物サラダも瑞々しい。


i7cJ4Fpc0sa5b0.jpg



ホテルのスタッフも気さくに話しかけてくれ、楽しい朝食です。そのうちに、昨日一緒になった新婚さんも現れます。その新婚さんと挨拶を交わし、楽しいおしゃべりです。新婦は色白の新潟美人。お2人といろんなおしゃべりをしながら、船が出るかどうかの決定を待ちます。若い人達との会話は楽しく、こちらも青春の日々を思い起こします。


KvqY_5E_0Wf98a.jpg



9時になり、レセプションの人に青の洞窟の確認をお願いします。どきどきです。すると、その結果は・・・船は出ます。やったね!

少々お天気は心配ですが、2度目の正直で「青の洞窟」観光に行けるようです。急いで出かけましょう。チェックアウトは、「青の洞窟」観光の後で良いとのことです。
マリーナ・グランデMarina Grandeの船乗り場までホテルの車で送ってもらい、チケット売り場と乗船場所も教えてもらいます。

チケットを購入して、船の出発を待ちます。クルーズ船は1人15ユーロです。
クルーズ船は既にスタンバイ状態ですが、乗船はまだまだのようです。


CLfKI78xBr80fa.jpg



乗船時間まで港をぶらつきます。港には小さな船がたくさん停泊しています。


CPpNfAbZWo7d21.jpg



15分ほど待って、ようやく乗船です。


3mJWVxeusmfc1c.jpg



でも出航はまだまだのようで、操舵室もがらんとして誰もいません。


lDF3LvS79K9051.jpg



乗船後30分近く待ちました。多分、ナポリからの高速船の乗客の到着を待っていたのでしょう。かなり大きなクルーズ船で多くの船客を乗せられるので、船客がいっぱいになるまで待ったようです。さすがに「青の洞窟」観光は日本人が多いですね。何組かの日本人も一緒になって、いざ出発です。


BLkY7K4cpP64f4.jpg



港を出るとクルーズ船はぐーんとスピードを上げ、島の沿岸を走り始めました。


wK8o_NvPup4417.jpg



「青の洞窟」に行くクルーズ船は何隻もありますが、ホテルの人が教えてくれたクルーズ船は群を抜いて大きく、そして早い。先発した他の船をどんどん追い抜いて、速い、速い。大きいので波の揺れ具合も小さく、船酔いに弱い我々にはありがたいことです。クルーズ船が走っているうちに空は晴れて、綺麗な青空になりました。地中海の陽光がとても気持ちよく感じられます。


SD406MNcYze3e4.jpg



波を蹴立てての地中海のクルーズは爽快です。


HCz3bZGgoiccd3.jpg



あっと言う間に「青の洞窟」Grotta Azzurra前に到着。マリーナ・グランデから7分ほどでした。


ATc7VR46f09cf8.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012010401.jpg



「青の洞窟」の近くまでクルーズ船が近づき、既に到着していたほかのクルーズ船に仲間入りです。


rBDVSZDM2w9404.jpg



先に到着していたクルーズ船の乗客たちが手漕ぎ船に乗り換えて、次々と「青の洞窟」に入っていくのを待ちます。


kwkdkCeg4Abfb0.jpg



見ていると、この手漕ぎ船に乗り換えるのはかなり大変そうです。揺れる海の上で、船の縁をまたいで乗り移るのですからね。「青の洞窟」観光をした友人から落ちそうになったという話も聞いたことがあります。ちょっと不安になってきました。
それほど待つ間もなく我々のクルーズ船に手漕ぎ船が寄ってきて、いよいよsarai達の番です。一艘の手漕ぎ船には4人ほどが乗り込めます。我々は2艘目の手漕ぎ船に乗りますが、ほかの日本人の若い夫婦と仲間を作り4人で手漕ぎ船に乗り移ります。ちゃんと乗り移れるかと心配しましたが、何と言うことはありませんでした。我々の大きなクルーズ船からは、船側に取り付けられた階段をつたって、上の方から手漕ぎ船に降りるだけでいいのです。ホテルの人から紹介された大きなクルーズ船にして本当によかったです。大小様々なクルーズ船が港には泊まっていて激しい客引きをしていたので、ホテルの人のアドバイスがなかったらどれを選んでよいのか迷ったことでしょう。料金も特に高かったようには思えません。
さあ、いよいよ「青の洞窟」です。


VXABvzn_rU1b1a.jpg



遂に「青の洞窟」の初体験です。10数年来の思いがかないます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



この記事へのコメント

1, あやさん 2011/11/12 23:47
再登場させてもらってありがとぅございますっ(^o^)♪

とっても詳しく書いてあって、新婚旅行がすごくよく思い出されます!

あの日は楽しかったです(^^)ありがとうございました!
Saraiさんのブログに載っていた青の洞窟の写真を見て、なんで2日連続で行かなかったんだろぅとものすごく後悔しました(>_<)。。
きっとあの時間に見える光は格別でしょうね!私達はついでに島1周もしたので結局見たのは3時頃になってしまいました〜泣。
いつかまた再チャレンジできたらぃぃなp(^^)q

2, saraiさん 2011/11/13 18:01
あやさん、saraiです。

またまた、登場していただきました。日の経つのは早いもので懐かしく思い出されます。あのときは楽しくおしゃべりさせてもらいました。

何度でも再訪問してください。ただし、ナポリは鬼門ですよ(笑い)。
その前に横浜へもお出かけください。配偶者ともども大歓迎します。

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

カプリ島で青の洞窟へ再挑戦:コバルトブルーの光で満たされた幻想の世界

2011年10月13日木曜日@カプリ島~アマルフィ/2回目

手漕ぎ船に乗り込んで、いよいよ「青の洞窟」Grotta Azzurraに入場です。が、その前に船頭さんに「青の洞窟」の入場料と手漕ぎ船の代金を払います。1人12.5ユーロです。クルーズ船とは別料金です。クルーズ船に乗る前に、このような料金が必要だとは明確には説明されてません。もしも、ここまで来てお金がなかったらどうするんでしょうね。手漕ぎ船の船頭さんは、入場料を「青の洞窟」の番人に支払うために、船を寄せていきます。


_73yTja2s6480a.jpg



「青の洞窟」の前の海上は手漕ぎ船やクルーズ船がうようよ。大盛況です。


U7vmEbTrdN6dd1.jpg



「青の洞窟」の狭い入口の岩間の近くに手漕ぎ船を寄せて、「青の洞窟」から次々と出てくる手漕ぎ船が一段落するのを待ちます。


LSeDDdSPD3ed17.jpg



だんだん、我々の順番が近くなってきました。


GVabb4Wjab0f03.jpg



saraiと配偶者も船に寝そべって頭を低くして、「青の洞窟」にはいる準備完了です。その様子を船頭さんがパチリと撮影してくれました。


qRVxhSPjiid865.jpg



遂に我々の順番になり、「青の洞窟」に突入です。


vO2gzYVFi54bae.jpg



船頭さんも頭を低くして、岩間に近づきます。いよいよ「青の洞窟」に入ります。我々もさらにぐっと頭を引っ込めます。でないと、頭を岩にぶつけてしまうほど、岩間の天井は低いんです。


oMETaSvUq163aa.jpg



岩間はオールで漕ぐスペースもないので、船頭さんは天井に取り付けられた鉄の鎖を手繰りよせて、一気に「青の洞窟」に突入です。


THcfEg1n__8669.jpg



一瞬、真っ暗な空間で何も見えません。


uRPR4E6nAv1e5e.jpg



後ろを振り返ると、岩間から光が差し込み、コバルトブルーに染まった海水が美しく輝いています。オ~、これが「青の洞窟」なんですね。


WKV3EpZMCZa13e.jpg



後ろから続けて入ってきた手漕ぎ船が岩間からの明かりを少し遮っていましたが、その手漕ぎ船が視界から離れると岩間からの光がさらに明るくなり、美しい光で洞窟内が満たされ光の饗宴です。


GzpUZIn5R84ed9.jpg



手漕ぎ船はさらに奥の方に入り、洞窟内は落ち着いたコバルトブルーの光になります。とても美しいです。TVでは何度も飽きるほど見た光景ですが、生の迫力は違います。


1o18qxJHrPf620.jpg



向きを変えながら、洞窟内を周り始めると「青の洞窟」の海面全体が光を放っています。本当に美しい光景です。


7jmR6o_pVd7442.jpg



船頭さんがカンツォーネを歌い始めました。とてもよく響きます。こちらも一緒に声を合わせて歌います。一気にテンションがあがり、楽しくってたまりません。人間って単純なものです。船頭さんは日本語で、「素晴らしいね」と「ゆっくりと青の洞窟にいるよ」って言ってます。混雑すると5分ほどで出てしまうそうですから、大歓迎です。

まだまだコバルトブルーに輝く「青の洞窟」を堪能します。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

カプリ島で青の洞窟へ再挑戦:洞窟を3周し、大満足・・・特別料金?

2011年10月13日木曜日@カプリ島~アマルフィ/3回目

「青の洞窟」の中を我々の乗った手漕ぎ船は1周目を周り終えました。
2周目にはいるところで、船頭さんが我々のカメラで2人の写真を撮ってくれました。出来はどうでしょう。


XJkmqlR_wMbc14.jpg



フラッシュを光らせているので、海面のコバルトブルーの光が見えませんね。ノーフラッシュだと人間は写らないし、難しいものです。

2周目が終わり、3周目にはいるよって船頭さんが言います。船頭さんから見ても、今日はよほど美しいのでしょう。洞窟内は手漕ぎ船がいっぱいです。


AOqVdQNe7xc536.jpg



洞窟の壁の様子を見るためにフラッシュ撮影してみました。


4nroPFCReibca8.jpg



ノーフラッシュだと海面はとても美しく光っています。その海面にオールがはいり、3周目を周ります。


dHnfgd2keO2795.jpg



3周目が終わり、あの岩間から一気に外に脱出。外は明るい陽光です。


_J4IlN5Mck1acf.jpg



外でも写真。大サービスですね。もちろん、彼も商売。スペシャルサービスだったから、追加の料金をはずめと言ってます。いいですよ。昨日のナポリの不愉快なお金に比べたら、気持ち良く払いましょう。結局、彼の要求で1人10ユーロずつ払いました。お金持ちの日本人に特別サービスで彼はいい商売になりましたが、こちらも不愉快な気持ちはなく、楽しい体験をさせてもらいました。

特別料金を払い終えて、クルーズ船に乗り込みました。「青の洞窟」から他の人たちもクルーズ船に戻ってくるのを待ちます。


J7GFRQyXQL02fe.jpg



みんな上機嫌で戻ってきて、クルーズ船が出発しました。これでマリーナ・グランデMarina Grandeに帰還するかと思っていたら、何と逆方向に進みます。


YfuA7SuHE3cf88.jpg



エッと驚きましたが、どうやらクルーズ船は「青の洞窟」観光だけでなく、カプリ島を一周ぐるっとクルーズしてくれるようです。これは楽しいですね。青空の下、楽しいクルーズです。もちろん「青の洞窟」に2度目の挑戦でようやく入れた達成感もあり、楽しさ倍増です。近くに座っていた若い日本人の2組の男女とも仲良しになり、会話もはずみます。これぞ、リゾートライフって感じです。
近くに見えてきた海岸の岩肌と岩山も綺麗です。


wynmhDNVhMff54.jpg



やがて、断崖の上に砦が見えてきました。古いもののようです。


6XqS7E9H086a1d.jpg



クルーズ船は岬を回って、快調にスピードアップします。


WN8TvhjsEr3711.jpg



近くに岩の狭間が見えてきました。カプリ島には「青の洞窟」だけでなく、洞窟が多いようです。


ypRh0kfkjRb0d3.jpg



クルーズ船がこの洞窟に近寄っていきます。近くで見せてくれるんでしょう。


gmV1w5N04y3b79.jpg



何と、クルーズ船は巧みな操船でこの洞窟に入りこみました。小さな洞窟ですが、結構大きなクルーズ船がすっぽりと収まりました。見事です。


JwzqRli69C9016.jpg



洞窟内の水面も綺麗です。


vCH0eNCHmp17eb.jpg



それにも増して、洞窟から見上げた青空の美しさは目に染みます。


iSqioiL4_gbc45.jpg



まだまだ、カプリ島一周クルーズは始まったばかりです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

カプリ島で青の洞窟へ再挑戦:青空の下、気持ちのいいカプリ島一周クルーズ

2011年10月13日木曜日@カプリ島~アマルフィ/4回目

カプリ島一周クルーズが続きます。小さな洞窟にいったんすっぽりと収まったクルーズ船は、洞窟から出て洞窟そばの入り江に近づきました。この辺りは、陸路からも下りてきて海の眺めを楽しめるようです。階段や見晴らし台になっています。


Z5bViWL8at4b28.jpg



クルーズ船はまたスピードアップして、次の目的地をめざします。


Vxjam6G3gc51cd.jpg



やがて、遠くに灯台のようなものが見えてきました。


3t6kfAQZGTdc06.jpg



なかなか綺麗な灯台です。プンタ・カレーナの灯台Faro di Punta Carenaです。


iyLIke_1d_b169.jpg



ここから岬を回って、クルーズ船が岸辺に近寄っていきます。この辺りは海の色が変わって、美しいコバルトブルーです。船の先には、また別の洞窟が見えます。「青の洞窟」ならぬ、「緑の洞窟」Grotta Verdeです。


IJFykNkqzf1091.jpg



船尾をこの「緑の洞窟」に最接近させてくれました。ここは陽光の下でとても明るいのですが、海面は「青の洞窟」と同じようなコバルトブルーに染まっています。


jlR9mNcgsI0cbb.jpg



海面はこんなに美しいんです。感動的ですね。


XyOxMd7iBRc69e.jpg



この「緑の洞窟」を離れ、次のポイントをめざします。行く手には、何やら海上に大きな奇岩が見えています。何でしょう。


Ji3qg2WCcc9152.jpg



その奇岩の手前に街が見えてきました。マリーナ・グランデMarina Grandeに帰ってきたのかと思いましたが、どうもここはマリーナ・ピッコラMarina Piccolaのようです。マリーナ・グランデのちょうど反対側にある街で、海水浴場があります。今はシーズンオフなので静かですが、きっとシーズンには賑わうのでしょうね。


AEWvvKkKXsfd5a.jpg



マリーナ・ピッコラの右手には切り立った高台があります。トラガラの見晴らし台Belvedere di Tragaraです。でも、この時点ではそこに見晴らし台があるなんて、知らなかったんです。それは乞うご期待・・・。


agPobgMlxc58d1.jpg



マリーナ・ピッコラの左手にも大きな岩山があります。この岩山が島一番の高台モンテ・ソラーロMonte Solaroのようです。アナカプリAnacapriの街からはリフトで上れます。10年ほど前にカプリ島を訪れた際にアナカプリに行きましたが、そのときは残念ながらリフトは休止中でした。


PQQBiWpLy84a57.jpg



さて、マリーナ・ピッコラを過ぎ、トラガラ岬のすぐ先に3本柱の奇岩が海中からにょっきりと顔を出しています。ファラリオーニFaraglioniです。


n2TqlN1VS2529f.jpg



と、クルーズ船はまっしぐらに真ん中の岩メッゾMezzoに向かって突進していきます。あぶない!!


JgfIDajuDw7d6d.jpg



次の瞬間、風化と浸食でぽっかりと開いた穴にクルーズ船は吸い込まれていきます。なーんだ・・・ホッ。


c72DdrAIvZ69a6.jpg



それにしてもぎりぎりの隙間しかありません。操船の巧みさにまたまた驚嘆。
岩のトンネルをくぐり抜けて、青空が見えてきました。


gHhCw9WEhl2b97.jpg



カプリ島一周クルーズも残りわずかになってきました。

青の洞窟からここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012010701.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

カプリ島で青の洞窟へ再挑戦:2時間のカプリ島一周クルーズも終了

2011年10月13日木曜日@カプリ島~アマルフィ/5回目

カプリ島一周クルーズ、3本柱の奇岩ファラリオーニFaraglioniの真ん中の岩メッゾMezzoの穴をクルーズ船は見事にくぐり抜けました。船尾の方向を振り返ると今くぐり抜けてきた岩穴が見えています。


iR3W1ZPRoGb4b8.jpg



これがその穴のある奇岩メッゾの全体です。海が荒れていると、くぐり抜けるのは危険そうですね。


EF7gGIFeB14b19.jpg



3本柱の奇岩ファラリオーニ全体が見渡せるところまできました。


tJxruFNQGmf486.jpg



クルーズ船はこの奇岩ファラリオーニからスピードを上げて、遠ざかっていきます。


kOy6Esnv4Fe6bc.jpg



次に近寄って行ったのは島の断崖です。断崖の上の方に変わった形のアーチ状の岩があります。その形から、「象の鼻:アルコ・ナトゥラーレArco Naturale」と呼ばれています。ありがちのパターンですね。


IPXZ7LNvNd6405.jpg



次の洞窟です。今度の洞窟は「白の洞窟」Grotta Biancaです。確かに洞窟の岩が真っ白です。


KTYOhCL3FP1746.jpg



そして、やはり洞窟内の海面は美しいコバルトブルーです。


fMvld_YmYY7f67.jpg



やがて見えてきたのは海岸から突き出た岩場の上に危なっかしく乗っかっている岩です。いかにも転げ落ちそうです。この岩の上をよく見ると、何やら人と思しき姿が見えます。


UxQyD8FY4192e7.jpg



船がもう少し近づくと、その正体が分かりました。誰かの作った彫像(少年漁師の像?)です。ということはこの如何にも不安定な岩はずっとこの場所に落ち着いているということでしょうね。


M_ollKjRW9fe29.jpg



いよいよ、マリーナ・グランデMarina Grandeが見えてきます。


6tFaeBzfmY8f1b.jpg



クルーズ船は港にはいっていきます。


6eDiCK5c6X3240.jpg



このカプリ島一周クルーズはカプリ島の要所すべてを見せてくれました。
結局2時間近いクルーズになり、12時ころにマリーナ・グランデの港に帰着。15ユーロではとてもお得感のあるクルーズでした。

クルーズのここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012010801.jpg



一緒に楽しんだ若い日本人の彼らともここでお別れです。彼らは名古屋の人たちで、スペイン~フランス~ナポリと地中海クルーズを楽しみ、ナポリからカプリ島に観光に来たそうです。我々がまだ今月末まで旅を続けることを知り、彼らは羨ましがっています。
彼らには昨日のナポリの美味しいピザのレストラン『ディ・マッテオ』を推薦。
最後に彼らを記念撮影させてもらいます。ブログ掲載もOKと許可をいただけました。


ykXiqr5q6T6a08.jpg



港に上陸して、いったんホテルに戻ります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

カプリ島で青の洞窟へ再挑戦:カプリ島の高台を散策

2011年10月13日木曜日@カプリ島~アマルフィ/6回目

カプリ島一周クルーズを終え、マリーナ・グランデMarina Grandeの港に上陸。ホテルから車で迎えに来てもらい、ホテルに戻りチェックアウトします。次の目的地アマルフィへ向かう船の出航時間まではまだ3時間ほどあります。カプリ島を散策することにし、荷物をホテルに預け、ホテルの車で高台にあるウンベルト1世広場Piazza Umberto Iに送ってもらいます。広場の少し手前で車を降りて、広場の方に歩きます。通りにはお店が立ち並んでいます。カプリ島と言えば、名物はレモンで造ったお酒リーモンチェッロですね。店先にはそのリーモンチェッロがずらっと並べられています。


NszA_TAaVVf47c.jpg



やがて、ウンベルト1世広場に到着。ここはカプリ島観光の中心地で、観光客がぞろぞろと歩いています。


hHKlpBXm6Kd6c7.jpg



ケーブルカー乗り場の前が展望台になっていて、マリーナ・グランデがはるか下の方に見えます。マリーナ・グランデからケーブルカーが上ってきています。


E3ed88_P_Cf5d5.jpg



ここから島の反対側の方に歩いて、そこにあるトラガラの見晴らし台Belvedere di Tragaraから海を眺めて楽しむことにします。ツーリストインフォメーションで道を聞いて、まずはアウグスト庭園Giardini di Augustoに向かいます。狭い通りを進みます。通りにはアウグスト庭園への道標がありました。道は間違えていないようです。


0Emb_BHCcb6067.jpg



ブランドショップの立ち並ぶ道を歩きます。薔薇の咲く美しい庭もあります。


Xqjxcl5zjg38b0.jpg



やがて、緑豊かなアウグスト庭園に到着。海も見えてきます。これで島をほぼ横断したわけですから、小さな島ですね。


fYSMFl4ew24178.jpg



この公園の前の通りにも多くの観光客がひしめいています。


Bgcn1z80P8bf2c.jpg



この通りをぶらぶらしているとソフトドリンクの屋台のお店があります。ここで、凍らせたレモネードのようなドリンクを調達。歩いて喉が渇いたのでとても冷たく美味しく感じます。


doMbRhbklla5df.jpg



この屋台のお店でトラガラの見晴らし台への道を聞き直し、教えてもらった道を進みます。通りには美しい花が咲いています。


6fFbbBthiEc9ce.jpg



やがて、通りは狭い路地に変わります。道を聞いていなければ、とてもこんなくねくねした路地を進む気になりません。


Q3940eKVpI4dab.jpg



木々で囲まれた美しい路地を進みます。


p0ylHNNGkQb467.jpg



向こうから狭い路地を車がやってきました。この狭い路地の多いカプリ島に合わせた車幅の狭い車です。ごみ収集車のようです。


QNi2vT4ZRr3fb0.jpg



この道でよいのかと半信半疑で路地を進んでいくと、トラガラ通りVia Tragaraという表示がありました。トラガラの見晴らし台への道はこれで間違っていないようですね。


RjcVbtp2icabd6.jpg



さらに進むと、道の片側が開けてきます。高台の道からの眺めはすこぶる綺麗で気持ちがなごみます。下に見えているのはマリーナ・ピッコラMarina Piccolaの家並みでしょう。先程のカプリ島クルーズで海側から見た街です。


7DIZkCE_3Oa887.jpg



見晴らし台ももう遠くなさそうです。

ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012010901.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

カプリ島で青の洞窟へ再挑戦:トラガラの見晴らし台、そしてケーブルカーでマリーナ・グランデへ

2011年10月13日木曜日@カプリ島~アマルフィ/7回目

カプリ島の高台を散策中です。首尾よく、めざしていたトラガラの見晴らし台Belvedere di Tragaraに出ます。


tNr3uDNpc3e60f.jpg



大海原が視界にひろがる気持ちのよい場所です。


4DgmVX8Fklff3a.jpg



左の方には3本柱の奇岩も見下ろせます。先ほどクルーズ船でくぐり抜けた岩のトンネルをちょうどまた船がくぐり抜けています。どの船もやるんですね。


ktS_RwlPVRf8a7.jpg



今いる見晴らし台は、先程クルーズ船から見上げていた岩山の上です。
右の方に目を転じると、マリーナ・グランデMarina Grandeのちょうど真裏にあるマリーナ・ピッコラMarina Piccolaとその向こうに島一番の高台モンテ・ソラーロMonte Solaroが見えます。これもクルーズ船から見えました。これで海からも山からもカプリ島を堪能できたことになります。


fiWhOMoc8p378c.jpg



トラガラの見晴らし台からの帰り道、カフェで一休みしお茶します。


kjOkyDv2oKe25b.jpg



カフェの向かいにあるオープンテラスが気持ちよさそうなので、そこのテーブルを確保します。


ZAifJfNK5m76bd.jpg



ケーキとカプチーノをいただきます。


pPnk6GzX9116ff.jpg



一息ついたところで、またウンベルト1世広場Piazza Umberto Iに戻ります。ここからはケーブルカー(フニクラーレ)でマリーナ・グランデの港に下ります。ケーブルカーは賑わっており、満員すし詰めです。何故満員であるが分かるかというと、入場口を人が通るたびに電光掲示板が乗車できる人数をカウントダウンしており、それが0になるからです。なかなか合理的で有効な情報開示ですね。


ibulPX7oHSf7e0.jpg



出発前にケーブルカーの運転席から前方を見ると、レールの先に海が見えます。


TChhTA7r4Afdd8.jpg



ケーブルカーが出発し、ゆっくりと斜面を下っていきます。


CLFeWBRj0v233f.jpg



中間地点はトンネルになっていて、下から上がってくる車両と交差します。


WIo8uhlI7Qa241.jpg



やがて港が近くなってきました。下の駅に間もなく到着です。


gyOgwv3ptJ34d0.jpg



ケーブルカーから下りると、満員の乗客がぞろぞろと続いてきます。


tsaNUk64EYf5b4.jpg



既に我々の降りた車両は満員になったようで、改札口の前は次の車両を待つ人達でごったがえしています。観光客の数が半端ではありませんね。


F6ppCDvW2y03f2.jpg



駅を出たところでホテルに電話して、車で我々を迎えに来てくれるか、できれば我々の荷物を運んできて欲しいとお願いするとOKとのこと。しばらく待つと車でスーツケース2個を運んできてくれました。お蔭で、荷物を取りにホテルに戻るという無駄な時間が省略できました。

トラガラの見晴らし台からここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012011001.jpg



このカプリ島のホテルは少々予算オーバーではありましたが、シーズンオフ料金でまあまあ安価(2人で1泊120ユーロ)で、とてもゴージャスな気持ちになり癒されました。ホテルのスタッフはとっても気さくで親切で、客のいろんな要望にこたえてくれます。お勧めのホテルです。

ここから次の目的地アマルフィAmalfiに向かいます。




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR