FC2ブログ
 
  

アマルフィでリゾートライフ:アマルフィ海岸をクルーズし、ポジターノへ寄港

2011年10月13日木曜日@カプリ島~アマルフィ/8回目

たった1泊しかしなかったとは思えないほど、カプリ島Capriの滞在を目一杯楽しみました。次はアマルフィAmalfiへ向かいます。ホテルの方が港までスーツケースを運んできてくれたので、出発まで1時間ほど余裕ができました。とりあえずはアマルフィ行きのチケットを購入しましょう。カプリ島からアマルフィ行きの船は便数は少ないのですが、高速船が運行しており、わずか1時間で我々をアマルフィまで運んでくれます。午後最初の便は3時30分です。マリーナ・グランデMarina Grandeの港の左手にあるチケットオフィスで首尾よくチケットを購入できました。1人19ユーロでした。アマルフィ海岸のクルーズを楽しめそうです。
アマルフィ行きの高速船が出航する埠頭に移動します。ちょうど別の目的地に向かうフェリーが着いていて、そのフェリーに乗り込む車がずらっと埠頭に並んでいて混み合っています。


wMeCBd_Ntvf8d6.jpg



その車の脇をすり抜けて、アマルフィ行きの船の着く場所に到着。出航まで30分以上もゆっくりと埠頭に座って、次々に発着する色んな船を眺めながら、アマルフィ行きの船を待ちます。


IjEAk7EIl46263.jpg



アマルフィ行きの高速船は、出航時間ギリギリに到着です。


QsdqfWtzrt3162.jpg



旅客が乗り込むと、すぐに出航。「青の洞窟」再挑戦で美しいコバルトブルーの光が見られて大満足のカプリ島に別れを告げます。


pdUZB61bKJ6ada.jpg



もう、カプリ島を訪れることもないでしょう。目的は果たしました。

船の内部はこんな船室で清潔です。


JID7IFMQGU0aba.jpg



さすがに高速船だけあって、とても速いです。気持ち良くクルーズを楽しみますが、残念ながら時折日は差しますが空は雲で覆われています。ソレント半島のアマルフィ海岸を船は進みます。


w8nUrHK4Fka93a.jpg



やがて、30分ほどで寄港地のポジターノPositanoが見えてきます。


eL4utIS8dH5bca.jpg



saraiはまだ船が着岸する前にデッキに真っ先に飛び出し、ポジターノの白い家々が立ち並ぶ急斜面の街を撮影し喜んでいますが、船員さんからは白い目で睨まれてしまいます(デッキに船員さん以外で出ているのはsaraiだけ。船客はみなまだ船室内で待機中です。)。


rxMKI9ZU76195d.jpg



そんなに迷惑かけたわけでもないし、2度と目にすることもないと思われる街の美しい光景を楽しませてもらいましょうね。本当にポジターノの街は急斜面に家々が張りつくように建っています。


EjPOvaczrd3ad6.jpg



もうすぐ、着岸です。


6uDihBkunE1c4a.jpg



着岸です。ポジターノの海岸は多くの人で賑わっています。


5Qw0kRE_0l96cc.jpg



ポジターノまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012011101.jpg



岸壁では釣りを楽しんでいる人達がいます。


7zzdHAJBQ41327.jpg



ポジターノでの乗客の下船が始まりsaraiが邪魔そうなので、慌てて船室に引っ込みます。


AeI6s5Iqdwc883.jpg



ポジターノからの乗客の乗船も終わったので、改めてデッキに出てポジターノの海岸の様子を楽しみます。


7yqZbBNVvia78a.jpg



ポジターノから出航し、ポジターノの街が遠ざかっていきます。


GwA1qSOa9i06c3.jpg



いよいよ、アマルフィに向かいます。




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アマルフィでリゾートライフ:アマルフィに到着し、早速、散策開始

2011年10月13日木曜日@カプリ島~アマルフィ/9回目

高速船は寄港地ポジターノPositanoを出航し、アマルフィAmalfiに向けてアマルフィ海岸をひた走ります。ポジターノの先の岬に向かいます。まだ、雲の多い空です。


8um2eqNgKca127.jpg



岬をまわると急に青空が目立ち始めます。


E8xBSuR94E7cfd.jpg



次の岬を過ぎると、もうすぐアマルフィでしょう。そちらの方は青空です。


78Ko7jEXOV537d.jpg



ポジターノからは30分も経たずにアマルフィの街が見えてきます。海から美しい街が眺められます。こんな風にして、海からアマルフィの街を訪れたかったので、saraiはウルウルです。アマルフィに近づくに連れて、空は雲一つない青空に晴れ上がっていきます。夕日が眩しく感じます。ついに、アマルフィの港に到着です。目の前には青空のアマルフィの街です。


_d9ZLYyww6f6ab.jpg



アマルフィまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012011201.jpg



アマルフィの街は断崖に囲まれた狭い土地にあります。


m74N9mjiMW2151.jpg



まずはホテルに向かいましょう。すぐ近くのはずですが、道がよく分かりません。港の前のレストランの男の人に聞くと、ホテルのことは知らないようで、他の人たちに聞いて親切に道を教えてくれました。ところがその教えられた道を行くと広場の突き当たりに出てしまいます。困っていると、今度は広場のレストランの女性が助け舟。スマートフォンを操作し、ホテルに電話をかけて場所を確認すると、我々をホテルのすぐ近くまで連れて行ってくれます。この先のトンネルのような階段を上って、上の道路(マッテオ・カメラ通りVia Matteo Camera)に出ればよかったようです。


uKZuJ4wXqye162.jpg



アマルフィの人達はなんて親切なんでしょう。感激です。

ようやくたどり着いたアマルフィのホテルは『ホリデー バイア ダマルフィ ホテル(Holidays Baia D'Amalfi Hotel)』。ここでは1泊のみの予定です。

ホテルまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012011202.jpg



カプリ島からシチリアに向かうのなら、アマルフィに寄って行くのもいいかなと思い、海の眺めのよいホテルに泊まることにしたんです。また、荷物があるので、港の近くのこのホテルを選択しました。ただし、予約の時点でこのホテルは古い建物なのでエレベーターがないことは分かっていたので、階段を荷物を持って上がることは覚悟していました。価格と眺めのよさを優先したので、仕方ないですね。

ということで、ここからが最大の試練です。ホテルは古い時代(17世紀?)の建物の4階のフロアにあります。そして、事前の情報通りエレベーターはありません。当然スーツケースを持って、階段を4階まで上がらないといけません。2人で意を決して上り始めると、若い女性が駆け下りてきます。ホテルのレセプションの女性です。先ほどの問い合わせの電話で我々の到着を察知し、降りてきてくれたようです。まずは、配偶者のスーツケースを軽々と持って上がってくれます。さらに、一生懸命スーツケースを持って階段を上がるsaraiのところに戻ってきて、最後の0.5階分を持って上がってくれました。さすがにsaraiのスーツケースは重そうにしていましたけどね。

やっとホテルに行き着きほっとしていると、その女性はちょっと待っててねと言い置き、奥のほうに急ぎ足で去って行きます。そして直ぐに、よく冷えたミネラルウォーターの大きなボトルを持ってきてくれました。


sUD9yj27YK5dd3.jpg



そして、コップに注ぎ、saraiに渡してくれます。とてもよく気の利く女性ですね。それに若くて美人。saraiはこのタイプにはとても弱く、すっかり気に入ってしまいました。


2yu5UokUGecf05.jpg



後で名前も聞きだしました。エステルです。エステルは、アマルフィの街について、詳細な地図で明快でかつ事細かい説明をしてくれます。ついでに今日予定しているレストランの場所を聞くと、そのレストランはピザは美味しいわよって意味ありげな発言。それってピザ以外は美味しくないってことなの?と重ねて聞くと、シーフードは美味しくないとのこと。じゃあ、どこのレストランが美味しいかレコメンドしてよって頼むと、1軒のレストランの名前を上げてくれます。よし、今日はそこで決まりです。

チェックインも終わり、部屋に案内してもらいます。海の眺めのよい朝食レストランを抜けた一番奥の部屋です。広々とした部屋には窓があります。海に面した眺めのよい部屋をお願いしてあったんです。窓の外は広い専用テラスになっていて、海や港や海沿いの街が一望できます。


UwFaYLcjFY402f.jpg



思わず、うわっと歓声。カプリ島のホテルよりもさらに素晴らしい景色です。苦労して階段を上った甲斐がありました。
この専用テラスにはデッキチェアーが置いてあり、ゆっくりと夕陽を楽しめそうです。


BhnbgLjxNl0896.jpg



部屋には大きなベッド。建物は古いのですが、家具調度は新しく清潔なものが装備されています。


moQVcBzeJiaa5d.jpg



バスルームの水回りも清潔ですが、ここにもバスタブがなくシャワーのみです。


f8BBXdj3hu882f.jpg



ひとしきり部屋の居心地を楽しみ、海に面した眺めのよい部屋の専用テラスからの港の風景にまた見とれます。


mRd3HVoF4w18b1.jpg



夕陽もよく見えてますが、もうすぐ沈みそうです。絶景です。


2hYKuFNwT_ce5d.jpg



夕陽が山陰に落ち、街の家々が夕陽に輝いています。そろそろ、街の散策に出かけましょう。


oDufEZRPNM059c.jpg



ホテルから出て、海岸に出ます。夕刻の海岸は寂しいですね。昼間の賑わいはありません。


yMU_B0penK86f3.jpg



アマルフィの街はさんざんテレビの旅番組で見ていたので、初めて来た気がしないほど頭にはいっています。港から、街の中心に向かいます。


KwznqQ8U104a95.jpg



ドゥオーモの前の広場の泉です。


DcuXOoMkffe179.jpg



アマルフィの街のシンボル、ドゥオーモDuomoです。広い階段では新婚のカップルのフォトツアーの真っ最中。おめでとう!


X7fvjYHXhk8766.jpg



階段の上でもフォトツアーが続いています。


O5cLJhf7xibee4.jpg



もう一度ドゥオーモの全景を眺めて、街のメインストリートを進むことにします。


HR1q9saoTF70a9.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012011203.jpg



アマルフィ散策は続きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アマルフィでリゾートライフ:アマルフィの小さな街を散策

2011年10月13日木曜日@カプリ島~アマルフィ/10回目

ドゥオーモDuomoの前の広場からアマルフィ散策を続けましょう。アマルフィAmalfiの街は両側を山に囲まれた狭いところに発達していて、真ん中に1本のメインストリートが貫いています。実に分かりやすい街です。このメインストリートを奥に進みます。オープンカフェや土産物店が軒を並べ、観光客で賑わっています。


55y57cBvz46ae3.jpg



通りはずっと続き、人通りも絶えません。通りの先には、通りを跨ぐ建物が見えます。よく紹介される有名な建物です。


3dle3T4HPf3e7b.jpg



通りをさらに進むと、だんだん通りの幅も狭くなってきます。でも、どこまでも賑やかです。というよりも、このメインストリートしか観光客が歩くところがないような・・・。


sT_rvAGsdO23cd.jpg



山と山に挟まれたアマルフィの狭い街は、古い建物が風情を感じさせます。心の落ち着く街です。

お店に面白いものを発見。唐がらしです。飾り物に使うのか食用に使うのか、何だろうと思っていると奇妙な文字が・・・。


sZCrOtwNJy451d.jpg



VIAGRA NATURAREという表示があります。冗談なのか本気なのか、よく分かりません。ご存じの方は教えてください。
この唐がらしを売っているお店は普通の青果店で、横では植物のタネなども販売しています。


RbDdEX_sBSe4fa.jpg



これはお土産屋さんです。この土地の名物を販売しています。


Smoe9n3C4I0fd9.jpg



こんなものも路傍にあります。泉の中にミニチュアの人形がレイアウトされていて、水の中には金魚が泳いでいます。


_RRQhrmnvV2429.jpg



これはまるっきり普通の青果店です。この唐がらしは食用ですね。どの野菜もつやつやしていて美味しそうです。


Mka_yDLDRQ0407.jpg



もう通りも町外れまで来ました。といっても10分少し歩いただけです。向かいには岩山が聳えています。


Tvxz8ptzwz6847.jpg



引き返そうと思ったところで、面白いものを見付けました。建物の壁の一部がジオラマのようになっています。誰かの趣味なんでしょうね。


elVTPv0rw2829e.jpg



メインストリートからは横に何本も狭い路地があり、その路地は急斜面の階段になっています。戻り道の途中、その路地の1本に入ってみます。


07mAGQCjQx7083.jpg



路地の奥は建物がトンネルのようになっていて、狭い路地が続いています。


jk6qZLD1nkfabd.jpg



路地の奥にもレストランがあります。狭い土地を有効に利用しています。


XPoorLGHmUf772.jpg



路地から下りてくると、ちょっとした広場があり、オープンテラスのレストランが賑わっています。


3etkItJZzv90a8.jpg



このオープンテラスの脇を通り抜けさせてもらって、また建物のトンネルを抜けます。正面の壁には聖母の絵がかかっています。


iKca7QxUCo2e82.jpg



またメインストリートに戻り、ドゥオーモの前までやってきました。

ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012011301.jpg



アマルフィ散策は続きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アマルフィでリゾートライフ:アマルフィのドゥオーモと路地裏

2011年10月13日木曜日@カプリ島~アマルフィ/11回目

アマルフィ散策は続きます。ドゥオーモDuomoの前に戻ってきました。時間は6時過ぎです。


IFNwCsMTbs52f9.jpg



広く高い階段の先にあるドゥオーモに上ります。


RlcITd3p4A6042.jpg



階段を上ると、視界が広がり街を見下ろせます。


vwBPGRNKg478fe.jpg



ドゥオーモの内部の中は薄暗く、心が平静になります。


EnGktov0g23c92.jpg



内陣はどこの教会も立派ですね。


MpuXNj6jZU5ae4.jpg



外に出ると、まだ青空が見えます。アマルフィは明日には出発してしまうので、もう少し街歩きを続けましょう。


uIYKSmKSUF3bbe.jpg



ドゥオーモの左手には路地が続いていて散策できると、ホテルのレセプションの女性エステルから説明を受けていたので、そちらの方に向かいます。狭い階段を下ります。


D5OvgLLRI4b641.jpg



そこからは右手に折れて、上りの階段が続いています。


igo5HSKDw_2e9d.jpg



教会の鐘楼の横に出てきました。薄暮の青空を背景にくっきりした模様の鐘楼が映えています。


r0D0oeJ5cM276f.jpg



街の人々の生活を感じさせられる鄙びた路地裏です。


eJyoLdou2m0f16.jpg



建物の隙間を狭い路地が抜けています。


h8bLM4yDQz5cb1.jpg



路地の階段を上っていきます。上に登ると明るい光が戻ってきます。


C1lQVRSvCr02d2.jpg



斜面に建つ住居を見上げると高く聳え立っています。これも狭い土地故でしょうね。


bA4dESwYvg5741.jpg



ずい分高台に上り、アマルフィの街の家々の連なりが見通せます。


FsI99Mqfj1a52b.jpg



まだ、路地の階段は上へ上へと続きます。山の上の方まで続いているのでしょう。


v9y09bOFQ27c6e.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012011401.jpg



もう、6時半近くになってきました。エステルに教えてもらった海鮮の美味しいレストランの開店時間も迫ってきました。このあたりで路地裏探索も終了しましょう。これから路地を戻り、レストランに向かいます。




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

アマルフィでリゾートライフ:アマルフィの美味しい魚介料理とワイン

2011年10月13日木曜日@カプリ島~アマルフィ/12回目

アマルフィの路地裏探索も終了です。さぁ、迷路のような路地から抜け出しましょう。といってもそう難しいことではなく、下へ下へと向かえば、メインストリートに戻れる筈です。狭い路地の階段を下ります。


r4j_TVNShwe664.jpg



どんどん下って小さな広場に出ました。ここにもレストランのオープンテラスがあります。


5YRbOGym4a9ed5.jpg



無事にメインストリートが見えてきました。階段もあと少し下るだけです。


M4EFESjpUu4d2f.jpg



メインストリートに戻り、夕食のレストランへ向かいます。レストランはメインストリート沿いにあります。


ad_un4UCdO51d4.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012011501.jpg



6時半開店のレストランの1番客になりました。レストランはトラットリア "IL TARI"です。ホテルの女性エステルのリコメンドしたレストランで、魚介料理が美味しいそうです。彼女によるとこの日(木曜日)は別に予約は不要とのことで、予約なしです。実際、問題なくテーブルに案内されます。


u8gpJ_anVa7e90.jpg



まずはワインをお願いします。ソレント産の白ワイン、ラクリマ・クリスティLacryma Christi(「キリストの涙」と直訳されるワインですね。)、とても美味しい!!


z4cgjf46Dt4f9a.jpg



前菜にパルマの生ハム(もちろん、クラテッロではありません。ただのプロシュート)と水牛のモッツァレラチーズ(ブッファーラ)です。ナポリのピザ屋さんで食べたブッファーラが忘れられずに注文しましたが、やはり美味い!


arqj9NMywl80c8.jpg



これは突き出しのブルスケッタです。


juxZbeE5vib060.jpg



次はメインのシーフードです。
魚介たっぷりのスープ。


defxsvot8P1a48.jpg



これも魚のスープ。


iuOKyL49PN781f.jpg



今日の昼はお茶だけなので、夕食はこれくらい食べてもいいでしょう。すっかり満足です。
この日は地元の団体のパーティーのようで、隣の大テーブルは大盛り上がり。ですから、木曜日とは言えレストランは混み合っていて、予約なしはあぶないところだったかもしれません。


gMf0MK722e9743.jpg



宵闇のアマルフィの街をホテルに戻ります。ドゥオーモはライトアップされて夜空に浮かび上がっています。綺麗ですね。


WL_rphFhfO1058.jpg



道の先にホテルの古い建物が見えてきます。トンネルの手前の左手が階上にあるホテルの入口です。


tmBgdnz40vcf4e.jpg



ホテルに向かって歩いていると、横の建物から明るい光が漏れてきます。覗き込むと、アーチ形の天井の大きな部屋に帆船がずらっと展示されています。海の博物館でしょうか。さすがに海の交易や海軍で栄えたアマルフィですね。


BiLiwxf7rHbfbf.jpg



ホテルに戻り、レセプションにいたエステルにボナセーラ。彼女はsaraiのお気に入りなんです。

部屋に戻ると配偶者はすぐにぐっすりです。saraiはこの日の記事を書くのに余念なしです。
それにしても悪夢のようなナポリとはうって変って、天国にいるようなカプリ・アマルフィの1日でした。記事をまとめるのも上機嫌です。

そうそう、このホテルも無線LANは無料ですが、残念なことに部屋では接続できません。レセプション前のロビーか、朝食レストランでしか接続できないそうです。部屋で記事を書いて、ロビーでネット接続しました。部屋からは近いので、そう問題はありませんけどね。

明日は午前中アマルフィで過ごし、お昼に高速船でサレルノまで出て、そこからイタリア国鉄のIC(インターシティ)で延々とシチリア島のメッシーナまで大移動です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR