FC2ブログ
 
  

ロワール古城巡り:パリを出発、ブロワ城に到着

2011年3月31日木曜日@パリ~ロワール地方/1回目

今日は旅の2日目(実質、1日目)ですが、早速、今回の旅のメインイベントの一つのロワール渓谷Val de Loireの古城巡りです。

パリParisからロワールLoireへは結構行きにくく時間もかかるので、早朝出発です。5時半に目覚ましをかけますが、時差の関係で早くからまどろんでいたので目覚ましと同時に気持ち良く起床。が、土砂降りです。かなりがっかりですが、長旅ですから雨の日もあるでしょう。雨の支度で出かけます。ホテルを6時20分に出るので残念ながらホテルの朝食はパスです。
少々の雨なら傘をささずにメトロの駅まで行きたいところですが、かなり降ってます。で、傘をさして駅まで歩きますが、なんとこんな雨の中を、傘もささず合羽も着ずに、犬の散歩をしているおじさんがいます。負けた!もちろん犬だって合羽も着せてもらえずずぶ濡れです。

メトロ7号線の駅ル・プルティエ(Le Peletier)駅に到着。
方向も確認し、ちゃんと電車に乗れました。結構混んでます。街はまだまだ寝静まっている感じでしたが、やはりお仕事の人はお出かけですね。10分ほどで乗り換えです。乗り換え駅はジュシュー駅Jussieuで次はメトロ10号線に乗ります。乗り換えは降りたホームの反対側のホームなので楽々。


4TR87MbB4L7044.jpg



すぐに電車がやってきます。


L4Py3ihk33d1fe.jpg



この電車はがらんとしてます。
さて、5分ほどでようやくロワールへの電車の出るオーステルリッツ駅Gare d'Austerlitzに到着。この駅はさすがに大きいターミナル駅です。


vpFVTNXKusaf16.jpg



ル・プルティエ(Le Peletier)駅からオーステルリッツ駅Gare d'Austerlitzまでの移動ルートを地図で確認しておきましょう。


2011052501.jpg



もちろん、ロワールへはTGVで行くのが早いのですが、残念ながら、ユーレイルパスでは直前のTGVの予約はほとんど不可能です。で、ユーレイルパスで在来線の電車を利用することにしました。在来線でも、まずは一番近いブロワ駅Bloisに行くので、さほど時間がかかるわけではありません。もし、TGVを利用するなら、オーステルリッツ駅ではなく、モンパルナス駅Gare Montparnasseからの出発になります。

さて、朝ごはんを仕入れましょう。う~んどれも美味しそうですね。


EJcdKUIbAnad7d.jpg



朝ごはんを仕入れて、出発ホームに移動です。お天気の悪いせいもあるでしょうが、それにしても照明が超暗い! そんな中を、機関銃を持った迷彩服の兵士が何人もウロウロしています。なんだかね・・・。
今日はユーレイルパスを使うので1等車です。


CqHGVt73oOaa1d.jpg



なかなか贅沢な造りですよ。席に着くなり、saraiは書類(ユーレイル・セレクトパス)の書き込みに専念します。これをしておかないと違反になりますからね。利用日付と利用電車の書き込み完了。これでいつチェックされても大丈夫です。
さあ、朝ごはんを頂きましょう。ほんとにこちらのパンは美味しいですよね。何が違うのかしらね。


3vR8sItAkhb237.jpg



と、音もなく電車は定刻7時26分に出発。郊外の住宅街、工場街を抜け、美しい緑の芽吹き出した田園を走ります。緑の中に風力発電の風車が目立つのは時代ですね。


3StLtaDY1G22d3.jpg



発車後30分くらいすると車掌さんが検札にやってきます。ユーレイルパスの車掌さんのチェックは無事合格です。早めに書き込みをしておいて正解でした。


kVhZkoOYoJ875f.jpg



1時間ほどでオルレアンOrléans近くの駅に到着。隣のホームにはオルレアン行きの電車がはいってきます。ここで乗り換えれば、ジャンヌ・ダルクがフランスを救ったオルレアンの戦いのあった古戦場に行けますね。

ここから30分ほどで最初の目的地のブロワ駅Gare de Bloisに到着。オーステルリッツ駅からはちょうど1時間半後の8時59分。

ブロワの町の位置を地図で確認しておきましょう。


2011052502.jpg



駅舎を出ると、駅前は広場Place de la Gareになっています。


LYnI9UU4KB4009.jpg



広場の先の道路を渡って、振り返って見ると、ブロワ駅が見えます。


d6FebZRD8h6756.jpg



この駅からは広い並木道、ドクター・ジャン・レグレ通りAvenue du Docteur Jean Laigretが真っ直ぐにのびています。


okiKkVw5V81c49.jpg



並木道を5分ほど歩いて並木道の終わるあたりからは古めかしい建物が道両側に見えてきます。もう雨もあがって、曇り空ではありますが、お城巡りが楽にできます。このまま、晴れてくれればいいですね。


T8PnzHjT74762d.jpg



道は右のほうに曲がり、その曲がり始めるところには古い教会風の建物が建っています。サン・ヴァンサン教会Église Saint-Vincentです。まだ、お城はまったく見えてきません。


PIvEESl1b6b10c.jpg



が、道を曲がったとたんに急に、この日の一つ目のお城のブロワ城Château royal de Bloisの巨大な姿があらわれます。


c3JKjoUK6ebdcd.jpg



いったん、まっすぐに進み、お城の下に着き、左手のほうに上っていくゆるやかな坂を上がっていきます。坂の上からは木立越しに先程の教会風の建物が美しく見えています。


4qV83MthJu2058.jpg



この坂道、ヴート・デュ・シャトー通りRue de la Voûte du Châteauは車のはいれない道でお城の入口のほうに続いています。すぐにブロワ城前の大きなシャトー広場Place du Châteauに出ます。

ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2011052503.jpg



いよいよブロワ城を見学します。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ロワール古城巡り:ブロワ城

2011年3月31日木曜日@パリ~ロワール地方/2回目

さて、ロワール古城Château de la Loire巡りもいよいよ最初のお城、ブロワ城Château royal de Bloisです。

お城前の大きなシャトー広場Place du Châteauの正面にはブロワ城が堂々とした姿で建っています。この正面の建物はフランボワイヤン・ゴシック様式のルイ12世棟です。


zDyccOcyA803ad.jpg



この建物の右手の小さな入口を入るとブロワ城のチケットオフィスがあり、チケットを買って入場です。チケットは一人8ユーロです。
入ったところはちょうどお城の中庭になっていて、四方がお城の建物に囲まれています。そのお城の威容に圧倒されます。凄いスケールです。中庭の正面はクラシック様式のオルレアン公ガストン棟です。


0aHhDtvlqS78cd.jpg



中庭の手前が先程、正面に見えたルイ12世棟の裏側になります。中庭の左手にはサン・カレー礼拝堂が建っています。


vaYTu_V4fDdceb.jpg



そして、右手の建物はルネッサンス様式のフランソワ1世棟ですが、何といっても特に目立つのは外側に大きく張り出した八角形の螺旋階段で、これはとても美しいものです。


vS7XVAE31g24bc.jpg



それではお城の中を見て歩きましょう。まず、最初に入るのは中庭の右手手前のゴシック様式の城塞建築の建物にある三身分ホールです。このホールは歴代のブロワ伯爵が法廷として使っていたそうです。大変、内部装飾の美しいホールです。ゴシック様式の非宗教建築ではフランスで最も古いと言われています。


bbKACqWtpA3067.jpg



このホールの先には石彫美術館があり、この城にあった彫刻作品が集められています。


4BVEgCb1EH960d.jpg



まあ、そこそこに彫刻を見学し、お目当ての八角形の螺旋階段に向かいます。この階段はフランソワ1世の階段と呼ばれています。どうです、なかなかの美しさでしょう。


Gt2xdJi2u046d1.jpg



近寄って見ると、実に繊細で見事な装飾が施されているのが分かります。ヨーロッパの王侯貴族の階段への思い入れにはいつも驚かされます。


9oODqPSC1F554c.jpg



この階段を上っていくと、張り出された階段室の窓からは中庭の向こうの美しい建物が空の中に見え、大変に美しいです。このあたりまで計算され尽くした設計なんですね。


OgJ2ming3j9529.jpg



階段はフランソワ1世棟の2階に続きます。ここにはフランソワ1世の居室とフランソワ1世の次男アンリ2世の王妃カトリーヌ・ド・メディシスの居室があります。王妃の居室の手前には美しいチェンバロが飾ってあります。いつごろのものでしょうか。なお、王妃カトリーヌ・ド・メディシスはフィレンツェのメディチ家出身で、同じくメディチ家出身のローマ法王クレメンス7世の肝いりでフランス王フランソワ1世の次男オルレアン公アンリに嫁ぎました。その後、フランソワ1世の長男の王太子フランソワの突然の病死により、夫のオルレアン公アンリが王太子になり、父フランソワ1世の死後、フランス王妃になるというドラマチックな運命を辿ります。


re7GroHgeQ00db.jpg



王妃カトリーヌ・ド・メディシスの居室です。床のタイルが素晴らしいですが、残念ながら、これは修復されたもののようです。ここで王妃カトリーヌは亡くなったそうです。69年の生涯でした。


NnK_Sl0kIlba32.jpg



壁の美しい装飾にも注目です。この壁の文様はアンリHenri2世とカトリーヌCatherineの頭文字のHとCを組み合わせたものです。


MnblNjfSqz0aa4.jpg



奥には王妃の書斎があります。イタリア風羽目板でぐるりと部屋の壁を内装したものです。隠し戸棚もあります。藤本ひとみの「ノストラダムスと王妃」では、この書斎でカトリーヌが預言者ノストラダムスを謁見したとなっています。藤本ひとみを愛読してやまない配偶者は興味津々です。ここには歴史が刻まれていますね。


TXOceXQjcyeb5e.jpg



こんな感じでフランスの王や王妃の寝室や居室などは豪華な内装ですが、こじんまりともしており、お城としては住みやすそうな感じです。美術品も展示されており、延々と見学は続きますが、内部の紹介は次の彫刻をご覧いただいて、お終いにしましょう。きりがありませんからね。この彫刻はなかなか気に入りました。テーマは《愛》ですね。


vnN92i32SC3378.jpg



この後はお城の外に出て、ブロワの街の眺めを楽しみます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ロワール古城巡り:ブロワの街とロワール川

2011年3月31日木曜日@パリ~ロワール地方/3回目

さて、一通り、ブロワ城Château royal de Bloisは見て回りましたので、いったん、お城を出ます。

お城の中を出て、お城に付属しているサン・カレー礼拝堂に向かいます。礼拝堂の前から振り返るとフランソワ1世の階段が正面に見えます。中から見ても外から見ても実に美しい階段です。


BgrL0NUSprcee7.jpg



礼拝堂にはいると、ステンドグラスがとても綺麗で心が洗われます。しばらくの間、たたずんでしまいます。


_9LFOiRuUL0e19.jpg



礼拝堂を出て、テラスと呼ばれる展望のよいところに行くと、下にはブロワBloisの古い街並みが美しく広がり、その向こうにはロワール川Loireの流れが見えます。絶景です。お城自体より、この景色のほうが素晴らしいくらいです。


sLjbq3nzug8f86.jpg



もっと右手のほうを眺めてみます。


SCMfo1hmcrf4c9.jpg



目をお城のすぐ下のほうに転じるとブロワの街の路地が魅力的です。


MJUDvFACYV460c.jpg



まだ、電車の時間には一時間弱ありますので、どうしても、下のブロワの街に下りて、街の路地を歩いてみたくなります。急いで歩いて行きましょう。途中のお城前公園には綺麗な花壇があり、その向こうにはお城が見え、とてもよい風情です。


D45BZqyeGc6956.jpg



公園からの大きな石段グラン・ドゥグレ・デュ・シャトーGrands Degrés du Châteauを下りていくと、下のブロワの街に出ます。


yvRWrMTzQM3c26.jpg



何とかブロワの街も歩くことができ、嬉しくなります。下に下りてみると、思ったほどの街並みではありませんが、それでもロワールの古い街並みの雰囲気を味わえて満足です。


LqdLVjZJiBf905.jpg



で、ロワール川の河畔にも急いで出て、さっと鑑賞。とりあえず、しっかりとロワール川も見ることができ、またまた満足です。


V9bzmtBHXJ9014.jpg



それから慌てて、ブロワの街の路地を抜けて駅の方角に向けて歩きます。この路地も雰囲気のよい路地ですね。


NAnVmZoOYxb93a.jpg



また、お城の下に戻り、その横の道を通り抜けます。下から見上げるとやはりブロワ城は巨大で重圧感があります。


uIT4kZHi5j954b.jpg



ブロワ駅Gare de Bloisに向かう並木道、ドクター・ジャン・レグレ通りAvenue du Docteur Jean Laigretに出て、一安心です。このあたりは土地勘のないところを行き当たりばったりに歩いていたので、道に迷わなかったのはラッキーでした。


7JjUyn_zlr3bd7.jpg



ここまでの散策のルートを地図で確認しておきましょう。


2011052701.jpg



ブロワの駅に戻るとまだ次の電車までは30分弱あり、結果的には楽勝でよかったのですが、何分にも急いで歩き続けたので疲れ果てました。時間が読めないので仕方がないですが、こんなに早く駅に戻れたのはブロワの街は思った以上に小さな街ということでしょう。

駅の売店で美味しいアップルパイとジュースを買って休憩です。


PE7WTjGwrU64ea.jpg



休憩して落ち着いたところで早めに駅のプラットホームに出て電車を待ちます。ホームの大屋根の骨組みはなかなか立派です。とても地方の小都市の駅には思えませんね。


NfY_VykJzm7b93.jpg



ようやく、待っていた電車(ブロワ11時01分発⇒アンボワーズ11時20分着)が来ます。この電車を逃すと、次の電車は1時間半以上も後の12時44分になってしまうので、焦って、この電車を目指していたわけです。


gKWvc4I6aR9600.jpg



この電車に乗って、次は2駅先のアンボワーズAmboiseまで移動です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico

kicoさん、初めまして。saraiです。

心配ですね。私はそのまま、沈静化するのを待っています。シュターツオーパーのチケットも購入しました。何としても行こうとは思って

03/09 22:12 sarai

はじめまして。私も同じ時期にウィーン滞在の計画をしており、楽友協会でのベルリンフィルのチケットを購入しました。が、新型コロナの件で、そもそも旅行に出られるのかど

03/09 16:59 kico

お役に立てて、なによりです。我が家では今でもメインのCDプレーヤーとして活躍しています。ただ、最近はCDはいったんリッピングしてHDDに格納し、USBオーディオでオーディ

01/18 15:18 sarai

父からアンプとセットで譲り受けたもののトレイが動かず困っていましたが、
ブログを見て自分で購入・修理することができました。
利益目的でもなくまた素人でも分かる記事

01/18 13:50 hisa

のりしんさん

saraiです。コメントお寄せいただき、ありがとうございました。
同じ追っかけ仲間、今後ともよろしくお願いいたします。
彼女の声は素晴らしいですね。

12/01 12:07 sarai

私も中村さんの追っかけやっております。昨日の演奏も圧倒的でしたね。中村さんの歌を聴いていると、なぜか涙腺が緩んで来ます。

12/01 09:39 のりしん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR