FC2ブログ
 
  

サン・ジミニャーノの朝、チステルナ広場とドゥオーモ広場

2009年5月5日火曜日@サン・ジミニャーノ

今日は旅の5日目。サン・ジミニャーノSan Gimignanoの2日目です。

昨日はアッシジAssisiからの移動で長距離バスに乗り損ねるという大変なトラブルに見舞われましたが、今朝はまたまたぐっすり眠り、気持ちよくお目覚めです。サン・ジミニャーノで迎える初めての朝です。ホテルの部屋から見えるの空は少々雲はあるものの、美しい青空です。窓を開けて、朝の空気を入れ、小鳥の声を聞きながら、しばしベッドの上でまどろみます。それはそれは美しいトスカーナの緑の丘が広がる風景に穏やかな気分になります。

2009080301.jpg



今日は昼過ぎにはフィレンツェFirenzeに戻ろうというだけで特に予定はなし。ちょっとのんびり朝寝です。
それでも、8時過ぎには食堂へ。さほどに代わり映えのしないパン、ハム、チーズ等のメニューです。

2009080302.jpg



ヨーロッパは、どこも朝は火を使わないということらしいです。日本の、ご飯の炊ける匂いとお味噌汁の匂いで目が覚めるというのは、なんとも贅沢な気がします。日本のお母さんに感謝!です。それでも何か美味しそうなものを探すsaraiです。

2009080303.jpg



さすがイタリアは果物が充実しています。

2009080304.jpg



食堂は空いていて、ゆったりと朝食を摂れます。

2009080305.jpg



食堂の窓にはトスカーナの美しい風景が広がっています。

2009080306.jpg



窓からは“塔”も見えています。

2009080307.jpg



部屋に戻ってもまだ、窓からの眺めを楽しみます。サン・ジミニャーノの小さな町は緑に囲まれています。

2009080308.jpg



部屋を出る前に最後にトスカーナ平原の眺めに目をやります。

2009080309.jpg



荷物をまとめて、チェックアウトし、荷物をホテルに預けて、街歩きに出かけます。

サン・ジミニャーノは、塔の街と言われています。それぞれの家が塔の高さで競い合い、どんどん高い塔を造り、最盛時は70塔以上もあったそうで、今でもそのうち14塔ほど残っています。その塔の中に中世の雰囲気を漂わせる路が走っていますが、街全体が城壁に囲まれた小さな街で、昨日のアッシジよりもさらにコンパクトなものです。ゼッフィレッリが監督した映画「ブラザーサン・シスタームーン」は本来、アッシジが舞台の映画ですが、より中世の雰囲気が残っているということで、このサン・ジミニャーノでロケしたそうです。確かに落ち着いた雰囲気の街です。

ホテルがあるのは街の中心のチステルナ広場Piazza della Cisternaですが、隣のドゥオーモ広場Piazza del Duomoとつながっています。チステルナ広場の中央には古い石造りの井戸があり、そのあたりからはドゥオーモDuomo di San Gimignanoや塔のいくつかも見え、とてもいい雰囲気です。

2009080310.jpg



井戸の柱の隙間から、広場の前に建つ塔を覗いてみます。

2009080311.jpg



方向を変えて、覗き込むと、saraiの泊まった(蔦のからまった)ホテル ラ チステルナHotel la Cisternaも見えます。これは誰でも俄かカメラマンになれそうですね。

2009080312.jpg



広場では、どの方向を見ても必ず塔が見えます。

2009080313.jpg



この広場からはドゥオーモ広場Piazza del Duomoがつながっています。ドゥオーモ広場に抜けると、どっしりしていますが素朴な佇まいのドゥオーモDuomo di San Gimignanoが存在感を持って現れます。

2009080314.jpg



もちろん、この広場の周りにも塔が林立しています。

2009080315.jpg



ドゥオーモの左手には、市庁舎Plazzo Comunaleであるポポロ宮殿Palazzo Del Popoloと付属するトーレ・グロッサTorre Grossaがあります。このトーレ・グロッサは現存する塔の中で一番大きく54mの高さがあります。

2009080316.jpg



このあたりの位置関係を地図で確認しておきましょう。

2009080317.jpg



トーレ・グロッサに上るのは後回しにして、先に街の高台の城砦跡に登って、眺望を楽しむことにします。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

サン・ジミニャーノ、城砦からの美しい眺め

2009年5月5日火曜日@サン・ジミニャーノ/2回目

ドゥオーモ広場Piazza del Duomoは周りをドゥオーモDuomo di San Gimignano、数本の塔、ポポロ宮殿Palazzo Del Popoloに囲まれた重厚な広場でサン・ジミニャーノSan Gimignano観光の中心地ですが、まだ朝早いため、観光客もほとんど居ません。イタリア観光は朝が一番ですね。昨日のアッシジAssisiもそうでした。
さて、ドゥオーモ広場からドゥオーモの右側の道を抜けると、ドゥオーモの裏側に出られます。

2009080501.jpg



ドゥオーモの裏側に出ると、街の一番の高台にあるロッカの城砦跡Roccaに向かう道にぶつかります。道標に従って、左のほうに行きます。

2009080502.jpg



石塀に挟まれた路地を抜けて、進んでいきます。

2009080503.jpg



城砦跡に近づくとそこは緑の多い公園、ロッカ公園Parco di Roccaになっています。

2009080504.jpg



町はずれのロッカ公園からはサン・ジミニャーノの周りに広がる美しい緑の風景が眺められます。

2009080505.jpg



城砦跡は周りの城壁のみが残っていて、内部は草花の咲く公園のようになっています。城壁には、いくつかの出入り口が開いています。

2009080506.jpg



ここは地元のかたの憩いの場所でもあるらしく、小さな子供を連れたお年寄りも来ています。城壁の一部は登れる様になっており、展望台になっています。その城砦の展望台からはサン・ジミニャーノの街の塔の半分くらいと丘の上に建つサン・ジミニャーノのまわりの広大な緑のトスカーナ平原や丘陵が360度見渡すことができます。その場に居合わせた異国の人達と思わず、ベリー・ビューティフル!ベッラ・ビスタ!と感動を共有します。

2009080507.jpg



別の方に目を転ずると・・・

2009080508.jpg



街の方に目を向けると、街に建つ塔が7~8本見えますね。

2009080509.jpg



城壁に囲まれたロッカ公園を見下ろします。

2009080510.jpg



城砦内部の公園越しにサン・ジミニャーノの塔やトスカーナ平原も見渡せます。展望台の向かい側の城壁も見えますね。

2009080511.jpg



城砦内には美しい花が咲いています。麗しい5月ですね。

2009080512.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2009080513.jpg



しばらく、この美しい眺めにうっとりしていましたが、そろそろ城砦の丘を下って、街のほうに戻ります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




この記事へのコメント

1, ハルくんさん 2009/08/08 11:13
saraiさん、こんにちは。

いやー素晴らしい街並みですね。
僕はフランコ・ゼフィレッリの映画「ロミオとジュリエット」が大好きなのですが、まるでその舞台のようですね。
今にもロミオ達が登場しそうです。一度訪れてみたいなぁ。

2, saraiさん 2009/08/08 16:45
ハルくんさん、saraiです。コメントありがとうございます。
「ロミオとジュリエット」のロケ地は知りませんが、「ブラザーサン・シスタームーン」のロケ地はここなので、ゼッフィレッリもお気に入りだったのでしょうね。ともかく素晴らしいところです。saraiもこんな美しい場所はほかに知りません。
イタリア1のオススメです。是非、行ってみてください。
saraiとしてはここでしばらく暮らしてみたいと思うほどですよ。

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

サン・ジミニャーノ、塔の上から素晴らしい眺望

2009年5月5日火曜日@サン・ジミニャーノ/3回目

サン・ジミニャーノSan Gimignanoのロッカの城砦跡Roccaからの美しい眺めを満喫し、また、このロッカ公園Parco di Roccaを下って、綺麗な石畳の坂道を歩いてドゥオーモDuomo di San Gimignanoのある広場に戻ります。

2009080701.jpg



すぐにドゥオーモ広場Piazza del Duomoが見えてきます。

2009080702.jpg



ドゥオーモ広場Piazza del Duomoのまわりには7本の塔が建っており、どんな方向でも塔が目にはいってきます。この2本の塔はサルヴィッチの双塔Torri dei Salvucciでその2つの塔の間にペッティーニの塔Torre Pettiniも見えています。

2009080703.jpg



で、今度は広場の前に立つ街一番の塔トーレ・グロッサTorre Grossaに登ります。広場から建物の階段を上ったところが受付になります。

2009080704.jpg



まずはチケットを買います。一人7.5ユーロです。

2009080705.jpg



ここのロビーで荷物をロッカーにしまい、身軽になって、塔に登ります。塔はもともと権威と富の象徴として建てられた非実用のものですから、中は空洞で上に登る階段はありません。今は観光用に少なくともこの塔には内部に鉄製の階段が作られていて、それをひたすら天辺まで登っていきます。54mの高さの塔です。ヒーヒー!! 

おーっ、素晴らしい!! 苦労して登った甲斐があり、素晴らしい眺望です。昨日のシエナの眺望も素晴らしかったのですが、ここの眺望はすぐ眼下の街の眺めと周りの平原・丘陵が一体化して、心が爽やかになる眺望です。
saraiはもう感動もので、ここの街だったら、住んでみたいともうウルウル大感動です。世界にこんな美しいところがあるんですね!
ともかく、色んな方向・角度でシャッターを切ります。どうぞ、この素晴らしい眺望を楽しんでくださいね。

真下に見えるチステルナ広場Piazza della Cisternaです。

2009080706.jpg



細長く続く小さなサン・ジミニャーノの町並みの先にはトスカーナ平原が広がります。手前に見える塔はクニャネージの塔Torre dei Cugnanesiです。その左にちらっと見えているのがカンパテッリの塔Torre Campatelliです。通りの先に見える小さな塔がフィチェレッリの塔Torre Ficherelliです。

2009080707.jpg



塔と緑の平原が一体化した絶景です。この塔はベッチの塔Torre dei Becciです。

2009080708.jpg



チステルナ広場に立つディアヴォロの塔Torre del Diavoloの向こうにカステッロCastello di San Gimignanoの大きな建物が見えています。

2009080709.jpg



ロニョーザの塔Torre Rognosaとその向こうの風景です。ロニョーザの塔の左に小さなキージの塔Torre Chigiの先端が見えています。

2009080710.jpg



ロニョーザの塔とディアヴォロの塔とカステッロの風景です。

2009080711.jpg



チステルナ広場の手前にはアルディンゲッリの双塔Torri degli Ardinghelli、奥にはディアヴォロの塔が見えています。

2009080712.jpg



サルヴィッチの双塔Torri dei Salvucciとその裏にペッティーニの塔Torre Pettini、右にはキージの塔Torre Chigiが見えています。

2009080713.jpg



参事会教会の鐘楼Campanile della Collegiataの向こうにはロッカの城砦跡(ロッカ公園)が見えています。

2009080714.jpg



最後にトスカーナの平原や丘陵の美しい風景を眺めます。

2009080715.jpg



しばらく、この美しい景色を見ながら、爽やかなトスカーナの5月の陽光のなかで幸福なひとときを過ごします。しばらく眺めを楽しんだ後、名残を残しつつ、塔を下ります。結局、トーレ・グロッサからは分かっただけでも11本の塔を見ることができました。トーレ・グロッサ自身を含めると、現存する14本の塔のうち、12本は見たことになります。ロッカ公園でも10本ほどは見えたので、ほとんどの塔は見たことになるでしょう。
これから街の散策に移ります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

サン・ジミニャーノの街散策

2009年5月5日火曜日@サン・ジミニャーノ/4回目

サン・ジミニャーノSan Gimignanoのトーレ・グロッサTorre Grossaの塔の上からの眺めにすっかり魅了されました。やがて、塔を下りて、外に出ます。

2009081001.jpg



塔を下りたところから、上を見上げると、回廊越しに塔が見えます。参事会教会の鐘楼Campanile della Collegiataです。

2009081002.jpg



回廊を進み、見上げると、トーレ・グロッサが見えます。

2009081003.jpg



もう少し移動すると、トーレ・グロッサのほぼ全景が見えます。美しい風景です。

2009081004.jpg



回廊を下りて、また、ドゥオーモ広場のほうに向かいます。

2009081005.jpg



大きなアーチのトンネルの先にはドゥオーモDuomo di San Gimignanoの前の石段が見えてきます。

2009081006.jpg



ドゥオーモのファサード前の石段です。サルヴィッチの双塔Torri dei Salvucciとその右にペッティーニの塔Torre Pettiniが見えています。

2009081007.jpg



充足した気持ちで、街を散策します。ドゥオーモ広場からサン・マッテオ通りVia S. Matteoを北に進みます。通りの先にはペショリーニの塔の家Casa-torre Pescioliniが見えています。トーレ・グロッサの上からは見えなかった2つの塔のうちの一つです。

2009081008.jpg



石のアーチの先にペショリーニの塔の家が半分ほど見えています。

2009081009.jpg



通り沿いの鉄柵の中に綺麗なお庭があります。

2009081010.jpg



素敵な通り抜けのアーチの路地があります。

2009081011.jpg



とても気持ちのよい路が続く街です。
サン・ジミニャーノはとても小さな街なので、すぐに街の端のサンタゴスティーノ教会Chiesa di Sant'Agostinoにたどりつきます。教会の中庭に入ってみると、回廊で囲まれた美しい庭です。中央には古い石造りの井戸があります。

2009081012.jpg



井戸の周りには綺麗な花々が咲いています。

2009081013.jpg



これでほぼ街全体を見たことになります。南仏の鷲ノ巣村と同じようにとてもかわいい街ですね。通りの外れには、トラックに魚の陳列台を組み込んだ魚屋さんが来ています。内陸部の街でも、新鮮な魚が手に入るのですね。

2009081014.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2009081015.jpg



さて、街をひととおり見て歩きましたが、saraiのこの街でのお目当てはもう一つ。この街の名産の白ワインのヴェルナッチャVernaccia di San Gimignanoです。トスカーナワインと言えば、赤ワインが有名ですが、このサン・ジミニャーノにだけは白ワインがあるんです。これからワイン屋さんに直行します。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

サン・ジミニャーノでお買い物、そして、お別れ

2009年5月5日火曜日@サン・ジミニャーノ/5回目

サン・ジミニャーノSan Gimignanoの散策で目をつけていたワイン屋さん(la fiaschetteria di boboli)に直行です。サン・ジミニャーノ名物の白ワインであるヴェルナッチャVernaccia di San Gimignanoは昨夜のディナーでも既に体験済で美味しいワインです。ワイン屋さんでは、試飲もさせてくれるので、saraiは迷わず、ヴェルナッチャの試飲を希望。この周辺はキャンティワインの産地なので、それも魅力ですが、キャンティは赤ワイン。白ワイン好きのsaraiはヴェルナッチャに惹かれて、この街に泊まることにしたくらいです。

2009081201.jpg



じっくりと試飲した結果、配偶者の意見も合わせて、2本購入。また、こんな重たいものをどうするんだよ!(自分へ)

2009081202.jpg



帰国後に飲んだ白ワイン、ヴェルナッチャのボトルから剥がしたラベルです。美味しかった!!

2009081203.jpg



この店はチーズやハムなども扱っています。

2009081204.jpg



パルミジャーノ・レッジャーノ(パルマ産の美味しいチーズ)みたいなチーズはあるかって、店のお姉さんに訊くと、即座にチーズの大きな塊を取り出し、少し、試食用にスライスしてくれます。食べてみて、2人とも納得の味です。パルミジャーノ・レッジャーノをさらにクリーミーにしたような味でとても美味しい。別のチーズも試食させてくれますが、やはり、最初のチーズが最高。カットして真空パックしてもらいます。値段を訊くととても安いのに驚き、思わず、最初の3パックにさらに5パック追加。お店のお姉さんも「えっ」と訊き返すほど、呆れています。結局、ほとんど、チーズの塊ひとつを全部買い込んでしまうことになります。
ますます、この街が気に入ります。この店では生ハムも置いてあり、別のお客さんがスライスしてもらっています。ずい分、生ハムもそそられるものもありますが、買い物していると切りがありませんね。
そうそう、このお店での買い物の前に、通りすがりのかばん屋さん(Cuoieria Fiorentina S.R.L.)にふらっとはいり、実はsaraiの皮のショルダーバックも購入済。結構、物価が安いんです。この皮のカバンは今でも毎日便利に使っています。

2009081205.jpg



街歩きは実に楽しいのですが、そろそろ、フィレンツェFirenzeに戻る頃合です。

ホテルにとってかえし、預けてあった荷物を受け取ります。

2009081206.jpg



配偶者は買い物したものをロビーの椅子でせっせと整理します。

2009081207.jpg



荷物の整理も終わり、ホテルを出て、バス停のあるポルタ・サン・ジョヴァンニPorta San Giovanniのほうに向かいます。
まず、チステルナ広場Piazza della Cisternaのタバッキでフィレンツェまでのバスチケットを購入しようとしたら、何と品切れ! 仕方がないので、途中でタバッキを見つけて購入しましょう。
こんなときに限って、タバッキが見つかりません。もう、ポルタ・サン・ジョバンニが近くに見えてきます。あー、やっと、タバッキがあった。それっとばかりに店に入ると、先客が並んでいます。いらいらしながら待って、ようやくチケットをゲット。

2009081208.jpg



不思議にチケットを入手したら、また、気持ちが落ち着いて(何のこっちゃ・・・)、またまた、近くにあったチョコレート屋さんに立ち寄って、買い物モード・・・

2009081209.jpg



美味しそうなものが多くて、色々と目移りします。

2009081210.jpg



本当はお昼前のバスに乗るつもりでしたが、あまりの街の居心地の良さに時を忘れ、もう次のバスは午後1時です。まだ、乗車まで少し時間があります。そういえば、まだ、お昼ご飯をいただいていません。どこかでせめてお茶でもしようとバス停の近くを見回すと、すぐそばにセルフ式ですが、小奇麗なカフェレストランがあります。ラ・タベルナ・デル・グランドゥカートLa Taverna del Granducatoというレストランです。中にはいると、お客も居なくてガランとしていますが、ショーケースには美味しそうなケーキがあります。

2009081211.jpg



つかの間のお茶をお店の前のテラス席で楽しみます。やはり、こんなところでも、本場のパンナコッタ、ティラミスは美味しい!!

2009081212.jpg



saraiはこの街では大変寛げます。

2009081213.jpg



結局、かなりの間、このテラス席に腰を落ち着けます。

2009081214.jpg



テラス席からは、街の城門ポルタ・サン・ジョヴァンニのあたりが見えています。

2009081215.jpg




お腹も落ちついたところで、再び、バス停、モンテマッジョ広場Piazzale Montemaggioへ。再度、バスの時間を確認します。

2009081216.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2009081217.jpg



バスは少し遅れてやってきます。バス乗車時に運転手さんにフィレンツェに直通かと訊くと、途中の街ポッジボンジPoggibonsiで乗り換えだとのこと。ちょっと不安ではありますが、ともかく乗り込みましょう。バスが少し走ると、ふいに後方にサン・ジミニャーノの街が遠くに小さく見えます。ほんの一瞬のことです。

2009081218.jpg



数秒後にはまったく見えなくなります。

2009081219.jpg



たった1日にもならない滞在でしたが、サン・ジミニャーノの町は深く心に刻み込まれました。が、もうバスからはまったく見えません。また、いつか来ることがあるのか・・・もしまた、来ることがあれば、この街の姿が見えた瞬間にきっと懐かしい思いにかられることは間違いありません。そんな素晴らしい街に出会えて、大変幸福でした。

バスは山道を一路、ポッジボンジに向かいます。

2009081220.jpg



色々なことがあった小旅行を終えて、フィレンツェに戻ろうとしています。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

フィレンツェに帰還し、美味しいジェラート

2009年5月5日火曜日@フィレンツェ/6回目

我が懐かしのサン・ジミニャーノSan Gimignanoからバスはひた走り、やがて、ポッジポンジPoggibonsiの駅前にバスが到着です。不安ながらもとりあえず下車。
しばらくすると、下車した乗り場にフィレンツェFireze行きのバスがやってきます。早速、乗り込みます。

2009081401.jpg



これで無事に乗り換えもうまくいき、乗り換え後のバスはすぐに高速道路にはいり、順調に走ります。
途中の景色はもうイタリア、イタリアです。ワイン畑や樹々の花が咲きほこり、飽きることがありません。運転席のすぐ後ろに乗りましたが、運転手は若く綺麗なお嬢さんで、ずっと、運転の間中、誰かと電話しており、日本との文化の違いを感じるところとなります。交通安全モラルとしてはダメでしょう。それでも、こちらのバスは乗るときは運転手にボン・ジョールノ、下りるときはアドヴェデールチで、コミュニケーションを図ります。もちろん、saraiも配偶者もすぐこの文化に融け込んだことは言うまでもありません。予定時刻通りにフィレンツェの駅前に到着し、アドヴェデールチ。
アッシジ~シエナ~サン・ジミニャーノ~フィレンツェの移動ルートを地図で確認しておきましょう。

2009081402.jpg



駅近くのホテル(ホテル・アルバーニHotel Albani Firenze)に再度チェックイン。ホテルのレセプションのスタッフはすぐに再チェックインの客だと分かったようです。預けてあった荷物も既に部屋に運び込まれていました。グラッチェ!!

お部屋で一服。
さあ、小旅行の荷物を部屋に置いて、身軽になって出かけましょう。
イタリアといえばジェラートです。これまで通りすがりのお店で食べたことはありますが、まだ一度もちゃんとお店を選んで食べたことがありません。というわけで、いつも行列の出来ているという有名店、ジェラテリーア カラベGelateria Carabèへ。あれっ、今日は全然行列ができていない!

2009081403.jpg



まあ、ラッキーということで早速店内へ。まず、カップかコーンでその大きさを選びます。我々2人は中くらいのコーンをまず選びます。

2009081404.jpg



1つのコーンにジェラート2種類が定番。ショーウィンドウには色鮮やかなジェラートが並び、選択に迷います。

2009081405.jpg



あれこれ迷った挙句に決定! シチリア風なので、ピスタチオは欠かせませんね。

2009081406.jpg



コーンには、そんなに入るのかしら?というほどジェラートをたっぷり入れてくれます。お店には小さなテーブルと椅子が2セットほどあり、たまたま空いていたので、そこに座り込んでペロリ・・・・美味しい!

2009081407.jpg



ものすごく甘いと思っていたのですが、予想外に甘さ控えめ。それでいてしっかりした深みのある味。さすが人気のお店ですね。(この「ジェラテリーア カラベ」はシチリア風ジェラートのお店で、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂Cattedrale di Santa Maria del Fioreからアカデミア美術館Galleria dell'Accademia di Firenzeに続く道「リカーソリ通りVia Ricasoli」の右側にあります。サンタ・マリア・デル・フィオーレから歩いて5分程度。)

さて次は、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のクーポラCupola di Brunelleschiに登ってみようということで、大聖堂へ。一昨日は、ものすごい行列で登るのを断念したのですが、今日は平日のせいかそこそこの入り口渋滞という程度です。

2009081408.jpg



待っている間、クーポラを見上げるとやはり巨大です。これに登るのは大変そうですね。

2009081409.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2009081410.jpg



10分ほど待ってようやくチケット購入です。1人8ユーロ(千円くらい)払います。

2009081411.jpg



チケットを購入すると、いきなり登り階段です。これは、さっきのサン・ジミニャーノの塔登りとは比較にならない大変な登りです。サン・ジミニャーノのトーレ・グロッサは高さ54m、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のクーポラの高さは107mですから、倍ほどの高さです。途中、クーポラの内部の天井を周遊する通路に出ます。

2009081412.jpg



しばしの休憩で天井部分から大聖堂内部を見下ろすという体験をします。

2009081413.jpg



ジョルジョ・ヴァザーリの描いた天井画もえらく近くに見え、絵もくっきりと見えます。

2009081414.jpg



これから、さらにクーポラの屋上に登ります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

フィレンツェ、クーポラからの絶景

2009年5月5日火曜日@フィレンツェ/7回目

フィレンツェFirezeのサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂Cattedrale di Santa Maria del FioreのクーポラCupola di Brunelleschiを上っているところです。途中の内部の天蓋近くまで上り、一休み。ヴァザーリの天蓋フレスコ画『最後の審判』を間近に眺めます。

2009081801.jpg



ここからクーポラの屋上を目指して、さらに上に登ります。ここからは螺旋階段になり、目が回りそうです。遂に上からの光が見えてきます。最後に梯子のような急階段を登り、クーポラの屋上テラスに出ます。
やったね!! フィレンツェの街中がすべて眼下に見えます。それもその筈。このクーポラはフィレンツェで最も高い建物ですからね。クーポラの高さは107mです。八角形の大クーポラの内径は43mです。クーポラを作り上げたのはフィリッポ・ブルネレスキです。ブルネレスキは一応、当時世界最大のクーポラを完成させましたが、これですべてが完成していたわけではありません。クーポラ頭頂部にのせるランターン(明り取りの先端部)は未完で、完成するのはブルネレスキの死後で、27年の時を要し、1461年のことでした。

ともあれ、上り終えたクーポラ頭頂部から、眼下にはジョットの鐘楼Campanile di Giotto、その右に頭だけが見えるサン・ジョヴァンニ洗礼堂Battistero di San Giovanni、

2009081802.jpg



サン・ロレンツォ教会Basilica di San Lorenzo、その向こうにはサンタ・マリア・ノヴェッラ教会Basilica di Santa Maria Novellaとサンタ・マリア・ノヴェッラ駅Stazione Santa Maria Novella、

2009081803.jpg



ヴェッキオ宮殿Palazzo Vecchioとウフィツィ美術館Galleria degli Uffizi、右手のオルサンミケーレ教会Chiesa e Museo di Orsanmichele、アルノ川の先にはピッティ宮殿Palazzo Pitti、

2009081804.jpg



サンタ・クローチェ教会Basilica di Santa Croce di Firenze、その向こうの山の中腹にミケランジェロ広場Piazzale Michelangelo、その上にはサン ミニアート アル モンテ教会Abbazia di San Miniato al Monte、手前の右手にはバルジェロ美術館Museo Nazionale del Bargelloとバディア フィオレンティーナ教会Badia Fiorentina(ダン・ブラウンのラングドン教授シリーズの4作目の小説『インフェルノ』の冒頭の場面で有名)、

2009081805.jpg



左端にサン・マルコ修道院Museo di San Marco、その右手前の小さなドームのアカデミア美術館Galleria dell'Accademia di Firenze、遠くに見えるフィエーゾレFiesoleの丘、


2009081806.jpg



・・・・・すべてが360度の視界で見渡せます。

クーポラ自体は屋根がこんなに急な傾斜で下に下って見えますね。ブルネレスキもよくこんなもの作りましたね。

2009081807.jpg



この眺望も凄い! この旅はまさに眺望シリーズのようです。フィエーゾレの丘から眺めたフィレンツェ、アッシジの街から見渡したウンブリア平原、シエナのドゥオーモ付属美術館屋上テラスから見たシエナの町並みとトスカーナ平原、サン・ジミニャーノでの数々の眺望。でも、ツカレタ・・・

フィレンツェの素晴らしい眺望を満喫した後、螺旋階段を下りて、また、クーポラの天蓋の下に出ます。もう一度、ヴァザーリの天蓋フレスコ画『最後の審判』を間近にじっくりと眺めます。ミケランジェロの最後の審判をずい分、研究したようです。物凄い数の人が描き込まれています。

2009081808.jpg



最後の審判を下すキリストの下には聖母子が描かれています。

2009081809.jpg



次は下から見るサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の姿も満喫しましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

美しきサンタ・マリア・デル・フィオーレ

2009年5月5日火曜日@フィレンツェ/8回目

フィレンツェFirezeのサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂Cattedrale di Santa Maria del FioreのクーポラCupola di Brunelleschiの頭頂部からの絶景を楽しみました。
クーポラからまた階段をぐるぐる下りて、地上に戻ります。今度はサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂をまわりからゆっくりと眺めて鑑賞しましょう。何度見てもとても美しい聖堂です。ヨーロッパの教会は立派なものだらけですが、それでも、この大聖堂の美しさに比肩するものはないでしょう。
まずはクーポラです。これはクーポラの基部。

2009082001.jpg



上部を見上げると・・・ぎりぎり、頭頂部が見えます。

2009082002.jpg



これがクーポラの全景です。イタリアの青空の美しさも目に沁みます。

2009082003.jpg



サン・ジョヴァンニ洗礼堂です。

2009082004.jpg



壮麗なファサードです。このファサードは1876年から1887年にかけて、再建されたものです。

2009082005.jpg



ファサードの彫像群をじっくりと鑑賞します。

2009082006.jpg



ファサードのフレスコ画もじっくりと鑑賞します。

2009082007.jpg



ジョットの鐘楼Campanile di Giottoです。ジョット自身が制作したのは鐘楼の基底部分のみです。この写真で見えている部分はジョットの死後に作られたものです。ただ、全体の様式感はジョットの基底部分に合わせて、統一感のあるものです。高さは84.7mです。大聖堂のクーポラよりも20mほど低いですね。

2009082008.jpg



この素晴らしいフィレンツェともそろそろお別れです。最後の晩餐にしましょう。先日saraiの腹痛でキャンセルしたシーフードのお店、ゴールデン ビュー オープン バーGolden View Open Barをリターンマッチで再度予約してあります。

その前にアルノ川沿いをブラブラ辿ります。途中、オニサンティ教会Chiesa di San Salvatore in Ognissantiの前を通り、ちょっと入ります。ここにはボッティチェリのお墓があります。ここも、素晴らしい教会です。ところが、ボッティチェリのお墓がなかなか見つかりません。最後に入口近くの案内図に落書きのように手書きでお墓の位置が示してあるのに気が付いて、ようやく発見。床に小さな円形の飾りが描いてあるのがお墓です。それも隅っこ。おかしなことですが、つい手を合わせてしまいます。
その後、礼拝者席に腰掛けてパイプオルガンの響きに心癒される思いで、美しさにうっとりしていると、聖職者の夕べの祈りが始まります。僧侶が4名、尼僧が2名、オルガン奏者の尼僧の演奏で祈祷や合唱のお勤めです。しばし、その優しい響きに聴き入って、疲れも忘れます。
でも、時間です。そろそろ、レストランに向かいましょう。途中のアルノ川の眺めも美しいものです。
対岸に見えてるのはサン・フレディアノ教会Chiesa di San Frediano in Cestelloです。

2009082009.jpg



レストランのあるのは、ヴェッキオ橋Ponte Vecchioの袂です。そちらに向かいます。今、見えている橋はカッライア橋Ponte Alla Carraiaです。

2009082010.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2009082011.jpg



フィレンツェ最後のディナーに向かいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

フィレンツェ、アルノ川沿いのシーフードレストラン

2009年5月5日火曜日@フィレンツェ/9回目

オニサンティ教会Chiesa di San Salvatore in Ognissantiから、夕景の美しいアルノ川に沿って歩き、予約したレストラン、ゴールデン ビュー オープン バーGolden View Open Barに予約時間きっかりに到着。レストランではもちろんリバーサイドの席が用意されていました(正確に言えば、予約の電話でリバーサイドの席の希望を伝えるのを忘れていましたが、予約客なので、唯一空いていたリバーサイドの席を確保してもらいました)。流れる川を見ているとクルージングしているような気分になります。
まずはウェルカム・スパークリングワイン。

2009082401.jpg



ヴェッキオ橋Ponte Vecchioも近くによく見えます。眺めが最高!

2009082402.jpg



アルノ川の対岸には、ウフィツィ美術館Galleria degli Uffiziからヴェッキオ橋に繋がるヴァザーリの回廊Vasari Corridorが見えます。

2009082403.jpg



さて、オーダーした白ワインが注がれ、蝋燭に灯も点ります。

2009082404.jpg



丁度、横の席の客が早くも引き上げたので、店内の様子をパチリ。

2009082405.jpg



さてさて、このレストランはシーフードを食べさせてくれることで有名なお店なので、是非ともそれなりのものを選ばなくっちゃね。メニューとにらっめこをして・・・シーフードのスープ、スモークしたカジキのカルパッチョ、シーフードスパゲッティ、お魚(かれい)のソテー。そして、白ワイン。なかなか良い選択でしょ!
なかなか気の利いてるお店で、シェアーするのか?と訊くので、そうだというと、スープやスパゲッティは、二人のお皿に分けて持ってきてくれます。
スープは、文句のつけようがありません。スープといっても日本のイメージとは違います。えび、たこ、いか、あさり、ムール貝などなどの魚介をたっぷり盛り付けて、それらから出た濃厚なスープがちょっぴり入ってると感じで、それはもう美味です。

2009082406.jpg



カジキのカルパッチョは、カジキを燻製にした塩味がちょっときつく、今一と配偶者。でも、saraiは結構お好みの味です。

2009082407.jpg



シーフードスパゲッティは、スープと同様の魚介の他に手長えびも入っていて、スパゲティの茹で方といいこれも文句なし。麺が見えないくらい、シーフードがいっぱいですね。

2009082408.jpg



お魚のソテーも美味。ただし、何の魚なのか未だに不明。さっぱりした白身の身のしっかりした魚です(後で調べたら「かれい」でした)。一緒にソテーされたっぷり添えられてたチェリートマトが甘くてとっても美味しかったと配偶者。このトマトの利用法は我が家のメニューに採用しようと配偶者は思ったみたいですが、saraiは拒否。saraiは大きなトマトが好きなんです。

2009082409.jpg



食事が終わる頃にはお店はお客さんで一杯。待ち行列が出来ています。それも当然の美味しいお店です。

お店を出ると、もう外は真っ暗。ライトアップでも楽しみながら、ホテルに戻りましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

フィレンツェの壮麗な夜景

2009年5月5日火曜日@フィレンツェ/10回目

アルノ川の流れを眺めながら、美味しいシーフードをいただきました。清算を済ませ、店を出ると、すっかり夜も更けています。
店を後にして、ヴェッキオ橋Ponte Vecchioを渡ります。この橋から眺める夜のアルノ川もとってもロマンチック!

2009082601.jpg



橋の中ほどには、宵闇の中に彫金師・彫刻家のベンヴィヌート・チェッリーニの胸像が浮かび上がっています。この名前を聞くと、音楽ファンはベルリオーズの序曲「ベンヴィヌート・チェッリーニ」のあの歯切れのよい曲を思い出しますね。

2009082602.jpg



シニョリーア広場Piazza della Signoriaもライトアップされています。
何だか、黒々と不気味な印象のヴェッキオ宮殿Palazzo Vecchioです。

2009082603.jpg



おなじみのサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂Cattedrale di Santa Maria del Fioreも先程の青空に映えていた姿とはずい分、違って見えます。

2009082604.jpg



ファサードもお昼よりもかえって壮麗に見えますね。

2009082605.jpg



これらのフィレンツェを象徴するものに別れを告げながらブラブラとホテルに戻ります。
我がホテルも明るく闇に浮かび上がっていました。

2009082606.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2009082607.jpg



ふーっ・・・今日は長い1日だった!

いよいよ、明日はウィーンです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ウィーン着、果たして、オペラのチケットは?

2009年5月6日水曜日@フィレンツェ~ウィーン

今日は旅の6日目。フィレンツェFirezeの通算5日目です。

今日はミュンヘンMünchen経由でウィーンWienに向かいます。今日でイタリアともお別れです。

6時前に起床、そのままタクシーでフィレンツェ空港に向かいます。
手続きも簡単に終わり、出発を待ちます。来たときと同じくミュンヘン経由・・・ということは、やはりプロペラ機です。二度目ともなると驚きもなし。慣れとは怖いものですね。
これがミュンヘンまでの搭乗券。

2009082801.jpg



アルプス越えの飛行です。
今度は朝のアルプスが間近に見えます。

2009082802.jpg



アルプスの上の飛行は続きます。

2009082803.jpg



窓際好きの配偶者は窓に張り付いて、写真を撮りまくっています。

2009082804.jpg



やがて、あまり高高度を飛べないプロペラ機はアルプスの峰に間近に迫ります。大迫力です。

2009082805.jpg



しばらくすると、アルプスは雲で覆われていきます。

2009082806.jpg



そうこうしているうちに、ミュンヘンに到着。ミュンヘン空港も5日前にも通過してるので、目新しいこともありません。そうそう、ウィーンはキッチン付きのアパートなので、缶詰のソーセージでも買って行きましょう。普通のも、白いのも缶詰で販売されています。しかも格安!
これがウィーンまでの搭乗券。

2009082807.jpg



ウィーン行のジェット機に乗り込んで、出発です。窓の外には、フィレンツェから乗ってきたのと同じような小型機が見えています。ただし、これはジェット機。

2009082808.jpg



順調にウィーン到着です。これでウィーンも6回目の訪問。天候は・・・怪しい。晴れ間もあるけど、時々さぁ~っと雨が降ります。ま、傘をさすほどではないのですが。
空港でとりあえず、ウィーンカードを2枚購入。

2009082809.jpg



これでウィーンにいる3日間は公共交通機関は乗り放題です。ウィーンカードの裏は72時間チケットになっています。

2009082810.jpg



いちいち、トラムや地下鉄のチケットを買うのは面倒ですからね。でも、署名と日付記入は忘れてはなりません。とはいえ、まずは購入したウィーンカードは活用せずに、とりあえずは楽をして、タクシーでホテルへ直行(※この後は基本的に公共交通機関を利用するようになりますが、この頃はまだ贅沢をしていましたね。)。
今回泊まるホテルは、一昨年泊まるはずだったホテルですが、そのときはオーバーブッキングで、同じ系列の別のホテル(もっと高級なホテルでしたが・・・)に変更になってしまったので、そのホテルへリベンジします。というわけで、まだまだ記憶にあるホテルに到着です。(ホテルはホテル・レヴァンテ・ロードンThe Levante Laudon Hotelです。今回はアップルワールドさんで割安な予約ができました。ありがとうございました。)
可愛いお姉さんとチェックインの手続きをします。

2009082811.jpg



すると、お姉さんから、そうそうあなたへの手紙が届いてるわよと封筒を渡されます。saraiは思わずニッコリ! 急いで封を開け中身を確認すると、明日のオペラのチケットが入っています。

2009082812.jpg



正規のルートで明日のチケット(アンナ・ネトレプコが歌う《椿姫》)が入手できなかったので、プレミア付きの高価なチケットをチケット屋さん(といってもオランダにある、世界中のチケットを扱っているところ)に発注しており、入手できたら、ウィーンのホテルにFEDEXで急送してくれることになっていました。一種の賭けみたいなものでした。もし、チケットが入手できなかったら、saraiの旅の楽しさは半減していたことでしょう。これで一安心です。レセプションのお姉さんにも、中身のチケットを見せて、一緒に盛り上がります。

さらにチェックインの手続きをしていると、レセプションに何かが届きます。

2009082813.jpg



何だと思います?《お寿司》ですっ!寿司の出前だったのです。びっくりですねぇ。ところで、我々も出前してもらえるかしら?と訊いたら、もちろん出来るから必要なときは言ってねとのこと。皆で大笑いです。

2009082814.jpg



ちなみに、後で歩いていると、ホテルの近くに、回転寿司屋がありました。恐るべし!ウィーンの寿司文化です。
チェックインを終え、部屋に行くとまだ掃除中。10分待ってねということで、ロビーで待っていると、コーヒーを入れてくれます。なかなか美味しいコーヒーです。なかなかサービスがいいですね。

2009082815.jpg



しばらくロビーで待っています。

2009082816.jpg



やっと部屋の準備ができたとのことで、お部屋に荷物を置いてすぐに出かけます。だって、今日はまだ1度もまともに食事を食べてないんです。朝食なしでフィレンツェのホテルを出発。ずっと飛行機での移動でした。近頃は、経費節減なのか、飛行機の中ではお菓子と飲み物程度のサービスしかないんです。もう2時過ぎです。そして今夜はオペラですから、まともに夕食を食べる時間もない筈です。で、これまでまだ行った事のないウィーン料理の超有名店に地下鉄を乗り継いで向かいます。歴史のあるお店ですから、古くはモーツァルト、ベートーヴェンも通ったお店です。
地下鉄Uバーンに乗る前に72H乗り放題チケットに日付・時刻の打刻をしておきます。

2009082817.jpg



これから、ウィーン料理店での昼食兼夕食です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ランチは有名ウィーン料理店で

2009年5月6日水曜日@ウィーン/2回目

ホテルにチェックイン後、まずはお昼ご飯ということで、ウィーン料理を食べに出ます。お目当てのウィーン料理屋さん(グリーヒェンバイスルGriechenbeisl)はラートハウス駅Rathausから地下鉄U2に乗り、カールスプラッツ駅Karlsplatzで地下鉄U1に乗り継いで、シュヴェーデンプラッツ駅Schwedenplatzまで行き、そこから歩いてすぐのところです。若干、場所は分りにくいのですが、何とか見つけます。

2009083101.jpg



入口もここでいいのかという感じで、分かりにくいです。

2009083102.jpg



入ってみると、もう昼時を過ぎたあたりなので、空いています。でも、このときはまだ何組かの先客はいます。

2009083103.jpg



まずはメニューをお願いすると、さすがにここは日の丸印のメニューが出てきます。ワーイ!日本語だ。日本人の客が多いらしく、日本語のパンフレットもおいてあります。

2009083104.jpg



配偶者はおとといあたりから、お汁っ気のあるものが食べたいと騒いでいました。日本なら、なんでもあるのにね。で、メニューを見るとまず目に飛び込んできたのが、季節の料理、シュパーゲル(白アスパラガス)です。この季節はいつもシュパーゲルは見逃せません。だって、日本のものとはそもそも太さ・やわらかさが違います。ということで、まずはシュパーゲルのクリームスープ、もちろん2人前、それから、ウィーン料理でウィーナー・シュニッツェル(仔牛のカツレツ)、ターフェルシュピッツ(牛肉のスープで煮あげたものをスピナッチソース、タルタルソース、ホースラディッシュソースの3種のソースをお好みでかけていただきます)を注文。
まずはパンが運ばれてきます。これは注文しなくても付いてきます。

2009083105.jpg



シュパーゲルのクリームスープは感動ものです。

2009083106.jpg



美味しいクリームスープをいただいたところで、saraiがそわそわし、おもむろに言い出します・・・。シュパーゲルそのものを食べたい!で、追加注文。出てきたのは、それはそれはぶっといシュパーゲルのオランデーズソース掛け。もちろん筋なんてありませんよ。でも、シャキシャキです。満足!

2009083107.jpg



この店は量が多いので、これでも満腹なのですが、もちろんメインの肉料理も完食です。お店の人が、よく食べたね!と驚いてました。かなりの量はsaraiが食べまくりました。もう、今や、お腹は絶好調!
ウィーナー・シュニッツェルです。

2009083108.jpg



ターフェルシュピッツです。

2009083109.jpg



もちろん、3種類のソースが付いてきます。

2009083110.jpg



食べ終わって、帰る頃には、もうお店もがらがら。

2009083111.jpg



ところで、この店には歴史に残る有名人が壁や天井にサインした部屋があるんです。もうお店も空いていることですし、帰りに、店の担当のおじさんにその部屋、マーク・トゥエインの間を見せてくれないかとお願いすると、気持ちよく案内してくれます。案内役は若い男の子。モーツァルト、ベートーベン、ヨハン・シュトラウス、ワーグナー、シーレ、ジョニー・キャッシュ、マーク・トゥエイン、ビスマルク、・・・・等々、多士済々です。一つ一つ、丁寧にながい棒で指し示しながら説明してくれます。ついでにsaraiがふと思いついて、シューベルトはどれだいって訊くと、その若い子は困ったような顔して、一生懸命、探しますが、見つかりません。彼がこの店を愛用していたことは有名なのにね! まだまだ、勉強が必要だよっ! ともあれ、ダンケ・シェーン!

ところで、このお店はドナウ運河近くにあります。店を出て、まわりの様子を見ながら、配偶者と顔を見合わせて、「ねっ・・・」。そうです。このレストラン、グリーフェンバイスルは初めてのお店ではありませんでした。1992年ですから、遡ること、17年前になりますが、その頃利用していたオペラツアーで案内されたお店でした。おぼろげな記憶が蘇ってきます。自分で選んで行ったお店は忘れませんが、人に連れて行ってもらったところはどうしても記憶が希薄になりますね。
ともあれ、まあいいでしょう。美味しかったし、気持ちは初めてのお店だったしね。
このお店の場所を地図で確認しておきましょう。

2009083112.jpg



この後、少し、街をぶらつき、いよいよこの旅で最初のオペラ(実際はオペレッタ)に出かけます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




この記事へのコメント

1, APPLE STAFFさん 2009/09/01 10:16
こんにちは。
ウィーン料理は初めて見ました。お写真を見て食べてみたくなりました。上品なお料理に見えますが、結構ボリュームありそうですね。お店もかわいらしいくてステキですね。

2, saraiさん 2009/09/01 11:16
コメント、ありがとうございます。
ウィーン料理はハプスブルグ家のお膝元で醸成された料理ですから、近隣のドイツ料理などと比べると格段に上品です。ですが、それなりにボリュームはありますよ。同行者とシェアして食べることをお勧めします。お店は上品でありながら親しみやすく、お店の人もとっても親切でにこやかです。価格はそこそこってところです(安くはないが、そんなに高額ってわけでもありません)。
また、ホテル・ザッハーでのウィーン料理のランチもアップしますので、写真だけですが、ウィーン料理を満喫してくださいね。

3, APPLE STAFFさん 2009/09/01 18:55
興味深いウィーンのお話ありがとうございます。
ホテル・ザッハーのランチブログも楽しみにしてます。

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR