FC2ブログ
 
  

スイス・オーストリアの旅、スタート

2010年7月5日月曜日~7月21日水曜日@スイス~ウィーン~ザルツブルク~ミュンヘン~ウィーン

スイス・オーストリアの旅、既に現地からほぼリアルタイムで速報済ですが、これから長期間にわたって、内容を再整理し、詳細編として連載します。
よろしく、みなさん、お付き合いくださいね。

さて、今回は会社をリタイアしたこともあり、17日間の長旅となります。これまでのヨーロッパの旅で最長期間になります。

もちろん、例年通り、航空券はANAのマイルを使った特典航空券で無料。ただし、空港使用料と燃料代で結構な金額は取られました!
ANAマイルはお店や税金・公共料金やもろもろの払いをほとんどクレジットカード(ANAカード)を使用し、キャッシュは基本的に使わないという涙ぐましい努力で貯めこんだものです。今後はいろいろなマイル改悪があったので、今までのようには貯まりそうにありません。そういう意味では、マイル楽園もこのあたりで終焉かという感じです。そういう意味で、折角の特典航空券ですから、今回の旅は大事に楽しみましょう。

ところで今回は出発前、帰国後すぐに技能試験のある電気工事士2級の試験勉強や、さらにはもちろん旅の最終準備で大忙し。
オペラ・オペレッタも8つ見るので、予習も大変です。

意外に手間取ったのが、新たに購入したモバイルPCのセットアップ。
データや各種ソフトのインストール・設定がなかなか大変。
OSが初めて利用するウィンドウ7になったのも一因です。
新モバイルPCはこれまで使っていたものに比べ、軽量で小型、かつバッテリーが長時間(10時間近く)持つものです。
もちろん、高速無線LAN内蔵。ただし、モデム未搭載のため、別途、USB接続のモデムを購入する羽目になりました。
でも、この新PC導入のお蔭で今回の旅からは旅の間、常にPCを携行できます。鉄道などの移動中にも旅の記事を執筆することができそうです。

それに今回はヨーロッパ専用にGSM携帯も購入しました。
これは通話だけできればいいので、ノキアの一番低価格の携帯にしました。
もちろん、SIMフリーの携帯で、とりあえずは日頃使っているAUのICカードをさして使うことにします。
必要があれば、現地でプリペードSIMカードを買ってもいいなとは考えています。
で、この携帯のセットアップや使用法の研究にも時間を割かないといけません。

まず、今回の旅の概要を押さえておきましょう。
旅のメインテーマはスイスで好きな絵画を見ること。バーゼル美術館でココシュカの最高傑作《風の花嫁》を見るのが一番の目的です。saraiが最も愛する絵です。ココシュカが仮想的に愛するアルマ・マーラーを自分の花嫁にする姿を絵画で実現した幻想的な作品です。およそ芸術が愛を主題とするものであれば、その頂点とも思える素晴らしい作品です。ベルンではクレーの作品の多くを所蔵するクレーセンターを訪れます。さらにはsaraiがヨーロッパを旅する主目的であるオペラ・オペレッタもスイス、オーストリア、ミュンヘンで8公演見ます。シャーフベルク鉄道で山に登り、ザルツカンマーグートの湖の大パノラマとアルプスを見渡してみること、ルードヴィヒ2世の第3のお城のヘレンキームゼー城を訪れて、ルードヴィヒを巡る旅を完結することも目的のひとつです。盛りだくさんな内容の旅になります。計画段階から気分はウキウキでした。

まずは旅のルートとスケジュールを地図で確認しておきましょう。

成田空港から出発して、まずはウィーン経由でチューリッヒに到着。チューリッヒを起点に、ベルン、バーゼルを巡ります。チューリッヒ歌劇場でオペラ3公演も見ます。
次に空路ウィーンに向かいます。ウィーン経由でチューリッヒに飛ぶので、戻るようなものですね。ウィーンで同行するsaraiの姉と姪っこを観光ガイドして、ここで姉と姪っこは日本に帰国。ここからはsaraiと配偶者の二人旅になります。
ザルツブルクまで鉄道で移動して、シャーフベルク鉄道とヘレンキームゼー城を訪れます。
ミュンヘンに鉄道で移動して、バイエルン国立歌劇場でオペラ鑑賞。
ミュンヘンからウィーンに移動して、オペラやオペレッタを鑑賞。途中、バーデンにも一泊して、オペレッタ鑑賞。
最後はウィーンから直行便で成田空港に戻ります。

2010080301.jpg



さて、いよいよ、自宅から旅立ちます。まずは成田空港からウィーン経由チューリッヒに向かうことになります。

旅立ちの朝は早いです。あれやこれやでばたばたし、出発日は若干寝不足気味。
今回の旅は、saraiと配偶者、saraiの姉と姪っ子の4人連れです。
1時間の余裕をみて5時30分に起床。身繕いをして戸締りを確認して出発です。まだ少しラッシュには早い電車で横浜へ!
最新型の成田エクスプレスに乗り込み、朝食のサンドイッチをぱくつきながら、列車の設備のチェック。

PC関連の設備では、WIMAXまたはWIFIでインターネットアクセス可能。
で、WIMAXで接続OK!また、各座席には電源コンセントも装備しているのでPCの電源アダプタを接続。
なかなかPCも使いやすくなりましたね。

2010080302.jpg



インターネットでWEBサイトをチェックしたり、メールしたりしているうちに、今日のフライトのWEBチェックインを忘れていたことに気づき、早速、 WEBチェックインを開始。しかし、気づくのが遅過ぎ、未完了のうちに成田空港に到着。いやはや、横浜から成田空港への1時間半もこうやってインターネットしているとあっという間です。

今までの旅は、ほとんどがGWを利用してのもの。7月の平日出発は初体験です。空港はひどくは混雑してないけど、思った以上に賑わっています。夏休み前の、旅には絶好の季節なのでしょう。

もろもろの手続きを済ませ、出国です。今回の同行者の姪っ子は免税店エリアで早速お買いものモード。彼女を置いて、先にゲートに向かいます。オ~、我々を運んでくれるオーストリア航空の機材を発見。記念撮影です。

2010080303.jpg



そうそう、両替をしたお金を整理しておかねばと、作業を始めると、「オーストリア航空52便ご利用のお客様はいらっしゃいませんか?」との声。あれ、sarai達だなと思って、ハァ~イと手を挙げると、「他のお客様が全員お揃いですので、お急ぎください」とのこと。エェェェェ!つい、のんびりしてました。

イカン、イカン、もっと緊張していなければねっ!

最後の乗客として乗り込むと、席に落ち着くと、すぐに飛行機は動きだします。まわりには大型機がずらりと駐機しています。さすがに成田空港は日本の空の玄関です。

2010080304.jpg



ジェット機は轟音を響かせながら飛び立ちます。離陸の瞬間です。

2010080305.jpg



機内はほぼ満席。中年女性のツアー客が多いようです。
で、sarai達の席は、窓際三人掛けを二人で占拠!ラッキー!
こんなことは初めてで、ものすごく得した気分です。
ジェット機は上昇を続け、離陸後5分ほどで下界の風景がどんどん小さくなっていきます。

2010080306.jpg



やがて、雲を突き抜けて、青空の中に吸い込まれていきます。

2010080307.jpg



1年ぶりのヨーロッパへの旅が始まったという実感が心に湧いてきます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ウィーンでトランジット

2010年7月5日月曜日@成田~ウィーン~チューリッヒ

チューリッヒZürichに向けて旅立ったところです。乗り込んだオーストリア航空のジェット機はウィーンWienに向けて、日本の領空を順調に飛行し、日本海に抜けようとしています。

で、早速に供された機内食。なかなか美味しいですよ。
まずはお馴染みのスナック菓子とスパークリングワイン、オレンジジュース。

2010080501.jpg



でも、ワインもボトルからコップに注がれたものでビンごとはもらえないし、最近の空のサービスは明らかに縮小されてますね。

次はいよいよメインの食事です。パスタとチキンカツを1つずつもらい、配偶者とシェアして楽しみます。

2010080502.jpg



2010080503.jpg



食事も終えて、窓の外を眺めますが、日本海は雲だらけだし、タフな出発準備でお疲れ気味で、思わずウトウト。もちろん、三人掛けを使用してるので、足を上げて、伸び伸びとお休みです。リッチな睡眠です。目が覚めると、おにぎりとカップ麺の軽食の時間です。

2010080504.jpg



7月のシベリヤの上空を飛ぶのは初めて。大地は黒々としています。窓からの日差しもキラキラと熱い。

2010080505.jpg



ここでやっと12時間のウィーンへのフライトの半分少し過ぎたところ。それでも今日は順調なフライトでウィーンには予定より1時間ほど早く到着するとのこと。でも、ウィーンはチューリッヒへのトランジットだから、待ち時間が1時間半から2時間半に伸びるだけのこと。まあ、空港の免税店でもチェックしましょうか。

この辺りから雲も晴れて、上天気。配偶者は大好きな窓の外を眺めて過ごしています。広大な平原が、シベリヤ大陸からヨーロッパ大陸まで延々と続いています。

配偶者が窓外をボーっと眺めているうちに、いよいよ最後の軽い食事。

2010080506.jpg



これが終わると、皆さん、いそいそと降りる準備で荷物の整理にとりかかります。
窓外を見ると、眼下にヨーロッパの大地が広がっています。ようやく、1年ぶりのヨーロッパに戻ってきました。

2010080507.jpg



やがて、ウィーンが近くなり、飛行機も高度を下げて、オーストリアの美しい農地が間近に見えてきます。農地の間には風力発電ユニットが点々と並んでいます。

2010080508.jpg



ますます高度が下がり、最終的な侵入体勢に入ります。

2010080509.jpg



小さな村の上をすれすれの高さで飛び越していきます。もうすぐウィーンの空港に着陸します。

2010080510.jpg



いかにも豊かそうな青々とした畑が広がる大平原の中、飛行機は無事着陸します。ウィーンのシュヴェヒャート空港Flughafen Wien-Schwechatです。雲間に青空が見えています。

2010080511.jpg



空港ビルにゆっくりと近づいていきます。

2010080512.jpg



ボーディングブリッジに接近していきます。お隣のゲートにはエミレーツ航空の旅客機が駐機していますね。

2010080513.jpg



さて、早く到着した分も含めて、チューリッヒ行の出発まで、空港で2時間半のトランジット待ちです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

まだ明るいチューリッヒ空港に到着

2010年7月5日月曜日@成田~ウィーン~チューリッヒ/2回目

ウィーンWienの空港でトランジットのため、チューリッヒZürich行のジェット機の出発時間を待っているところです。

姪っ子はすっかりお買いものモードで楽しんでいます。ウィーンの空港は乗降客で賑わっています。

2010080701.jpg



saraiと配偶者は椅子に腰かけて時間を過ごします。
saraiは、ヨーロッパに到着し、ようやくノキアのGSM携帯を使える地域になったので、その使い勝手を研究したり、チューリッヒ到着後のホテルへの移動の確認に没頭。

2010080702.jpg



ウィーンの空港は毎年のように来ている懐かしい空港です。多くの人達が通路を行きかっています。

2010080703.jpg



暇を持て余した配偶者は赤ん坊に愛想をしています。

2010080704.jpg



と、そうこうするうちに、やっと搭乗時間になり、最終目的地チューリッヒに向かって、オーストリア航空の小型ジェット旅客機B737に乗り込みます。座席に着き、窓から外を見ると、ウィーンの空港らしく、ずらりとオーストリア航空の旅客機が並んでいます。

2010080705.jpg



やがて、オーストリア航空機はチューリッヒに向かって、飛び立ちます。
ところでジェット機がボーディングブリッジを離れて、離陸するまでに、異常に長い時間、待たされて、若干心配でした。アナウンスなしでしたから、特別なトラブルではなかったんでしょう。目的地に到着するまでは航空機のトラブルが心配ですね。
まあ、このウィーンで翌日待機になっても、土地勘もある街なので、そんなに問題はないですけどね。

チューリッヒまではたった1時間半の飛行ですが、それでも国際線のジェット機です。しっかりと軽い食事が配られます。

2010080706.jpg



飛び立つのは遅れましたが、チューリッヒの空港に着いたのは予定通り7時過ぎです。この時間は、まだまだお昼のような明るさです。

無事、スーツケースもターンテーブルから受け取ることができます。

2010080707.jpg



みんなの荷物をタクシーに積み込んで、今宵の宿に向かいます。

2010080708.jpg



タクシー乗り場には、タクシーがずらっと並んでいましたが、saraiたちは4人連れで大型スーツケースも3個。これを運べるタクシーはなかなか見つかりませんでしたが、しばらく待つと大型タクシーが到着。見た目には、そんなに大きくは見えませんでしたが(普通のベンツ)、実際、荷物はすべて積めました。

最初、ホテルの名前をドライバーに言っても分かりませんでしたが、GOOGLEマップに記載している住所(通りの名前)を見せると、自分の地図帳を取り出して、さんざん悩んだ挙句、最終的には見事にホテルの前に横付けしてくれました。後で分かりましたが、そのあたりの通りは一方通行になっているので、ホテルに横付けするのは至難の業みたいですね。

なお、最初にドライバーに言われたのは後部座席も含めて、ちゃんとシートベルトをしてねってことです。結構、スイスでは取り締まりがうるさいそうです。
タクシー代はおよそ60スイスフランでした。4人乗って、荷物も多かったので、タクシーが1台で済んで、この価格はリーズナブルですね。所要時間も30分足らず。空港からチューリッヒの街は結構、近いですね。いつもは公共交通機関を利用するsaraiですが、姉たちが一緒で、しかも初めてのチューリッヒ訪問なので、土地勘もないので、タクシーを利用することにしました。
また、若いタクシードライバーは陽気で話が弾み、街の説明とか親切にしてくれたのも、初スイスの好印象につながりました。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



この記事へのコメント

1, Feriさん 2010/08/09 07:55
こんにちは、Feriです。楽しい内容なので、Austria-fan.comさんんでも紹介してもらおうと思っています。
もし、ご迷惑ならば、ご一報ください。

2, saraiさん 2010/08/10 20:03
Feriさん、saraiです。

もちろん、了解です。
旅行しており、ネットにアクセスできず、お返事が遅れました。
ちなみに国内です。蓼科とか白川郷あたりです。
今は配偶者の実家です。

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

チューリッヒのプチホテルSEEHOF

2010年7月5日月曜日@チューリッヒ

チューリッヒZürichで宿泊するホテルに到着します。空港で乗ったタクシーがホテルに横づけしてくれたので、らくちんで道に迷うこともありません。

チューリッヒで3泊するホテルはチューリッヒ湖Zürichseeの湖畔近くのプチホテルのゼーホフSEEHOFです。
翌日から連日、チューリッヒ歌劇場でオペラを見るので、歌劇場近くのホテルにしました。
チューリッヒ中央駅Zürich Hauptbahnhof近くのバーンホフ通りBahnhofstrasseあたりのホテルのほうが少し安そうですが、オペラハウスへの近さはもちろんのこと、チューリッヒ湖畔というのも気持がいいですよね。

また、このホテルはSバーンの電車駅のシュタデルホーフェン駅Zürich Stadelhofenまで徒歩5分くらいで、トラムも近くにたくさん走っていて、交通の便も大変いいというのもポイントです。
Sバーンに乗ると、チューリッヒ中央駅までたった1駅、5分足らずで行けます。
トラムはいろんな路線がありますが、繁華街のバーンホフ通りに乗り換えなしで行けるのも便利です。

このホテルに着いてみると、入口はとても狭く、なおかつロックされています。が、呼び出しのボタンを押すと、ロック解除になります。
ドアを開けて、一段高い通路に重いスーツケースを順番に持ち上げます。

2010080901.jpg



ドアを入ると、すぐ横に小さなレセプション。奥からお姉さんがにこやかに出てきます。
宿帳を書き、パスポートを提示して、チェックイン完了。
ただ、saraiたちと姉たちの部屋が1階と4階に分かれたのは何ですが、そんなに支障があるわけではありませんね。

宿泊する部屋の大きなキーを渡されて、その後、レセプションのお姉さんがレセプション横のボードを示しながら、何やら説明を始めます。
ボードにはキーがいくつもぶら下がっており、横にルームナンバーも書いてあります。
ホテルから外出するときには、このボードにあるキーとルームキーを交換するとのこと。
ルームキーを差しこむと、ボードにあるキーが抜けます。このキーが先ほどのホテルの玄関のドアのキーだそうです。
で、外部から戻ったら、このキーでホテルのドアを自分で開けて、次にフレセプション横のボードからルームキーを取り出すとのこと。
宿泊者は呼び出しボタンを押さなくても玄関ドアを開けられるようです。
面白いシステムですね。このようなシステムは初体験です。

さて、各々の部屋に向かいます。
各自、自分の重い荷物を持って、レセプション前の狭い通路を奥に進むと、旧式のエレベータがあります。ヨーロッパはみな、この手の旧式のエレベータですね。
ともかく、このエレベータで無事上階に上がり、キーをガチャガチャして何とか部屋にはいることができました。この手の古くて、大きなキーはいまだに苦手です。

やっと、部屋で落ち着いたところで、まずは一番の関心事であるインターネット接続にとりかかります。
このホテルは無料で無線LAN接続が可能という事前情報をもらっています。
PCを立ち上げると、確かに強い無線LANの電波を感知できます。
で、ネット接続にはセキュリティコード(パスワード)が必要です。
部屋に置いてある無線LANの説明書き(1枚の紙)には、それらしいものが見当たりません。
誰かがそこに手書きで文字列を書き込んでいます。これがセキュリティコードかとも思い、PCに打ち込んでみますが、エラー。
もう、お手上げで、レセプションに電話して、訊くことにします。
レセプションのお姉さんの話では、その説明書きにセキュリティコードが書いてある筈だとのこと。
一体、どこに書いてあるのかと訊くと、なかなか的を得た返答がありません。
よくよく訊くと、とてもセキュリティコードとは思えない@を含む文字列がそれだと分かります。
これでようやく接続完了し、インターネットアクセスも成功!
ほっとしました。

で、部屋を見渡すと・・・扇風機?!
ヨーロッパにはエアコンのないホテルも多いと聞いたことはありましたが、これか~って感じです。
また、バスタブのある部屋を指定したのですが、姉達の部屋はシャワーのみでした(sarai達の部屋にはちゃんとバスタブがありました)。部屋の変更をホテル側にお願いすることも考えましたが、姪っ子がシャワーだけでも構わないというので、そのままということにします。
部屋はまあ普通です。もう少しかわいいお部屋を期待していたんですけどね・・・

2010080902.jpg



ちなみに、これでも今回の旅ではこのホテルの宿泊料が一番高いんです。
これはスイスの物価高を考えると仕方ないかも知れませんね。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

夕暮れのチューリッヒ湖

2010年7月5日月曜日@チューリッヒ/2回目

チューリッヒZürichのプチホテルのゼーホフSEEHOFにチェックインし、部屋でインターネット接続も終えたところです。気分的に余裕の出たので、ホテルを出て、初めてのチューリッヒを歩いてみます。

チューリッヒは昨日の日曜までが年に一度のお祭りだったようで今日もまだその名残で賑わった雰囲気があります。
お祭りを体験できなかったのは残念ですが、きっと随分騒々しかったでしょう。
静かな街のほうがどちらかというと好みです。

静かなチューリッヒ湖Zürichseeの周りをみんなで少し散策します。
チューリッヒ湖畔はまだ、夜8時ごろでも日が残っています。そろそろ夕暮れです。

2010081101.jpg



スイスらしい美しい風景にうっとり。恋人たちと思われるカップルも湖畔の夕景を楽しんでいます。

2010081102.jpg



湖上には、まだ遊覧船も走っています。

2010081103.jpg



遠く対岸では湖上に噴水も吹き上がっています。

2010081104.jpg



それにしても、湖岸には大勢の人たちが夕涼み?に出ています。日本ではあまり見かけない光景に感じます。

2010081105.jpg



夕日に輝く湖畔は美しいですね。

2010081106.jpg



少し湖岸の道を歩くと、チューリッヒ歌劇場Opernhaus Zürichと思われる建物が見えてきます。

2010081107.jpg



なかなか壮麗な建物ですね。夕日に照らされて輝く建物上部の彫刻が美しい!!
明日からのオペラがますます楽しみになります。

2010081108.jpg



チューリッヒ湖の旧市街寄りのところにかかっている橋、クヴァイ橋Quaibrückeまで行ったところで今日の散策はおしまい。
もう落日です。夕陽のチューリッヒ湖は異国の情緒を感じさせます。

2010081109.jpg



帰りは湖畔を離れて、トラムの走る大通り、ゼーフェルト通りSeefeldstrasseを通って、ホテルに戻ります。

2010081110.jpg



すると、姪っ子が何やら大声。
スイーツ好きの姪っ子がアイスクリームの有名店メーヴェンピックMövenpick Ice Cream Galleryを発見したようです。
ここは彼女に付き合って、みなで初スイーツ!
なかなか美味しかったですよ。とても暑かったしね。

2010081111.jpg



というところで、今日はオシマイ。いつもながら、ヨーロッパ初日は疲れます。

明日は、ベルンでクレーセンターとばら公園を楽しみ、夜はチューリッヒ歌劇場でオペラ、ウェーバーの「魔弾の射手」鑑賞。

旅も明日からはいよいよ本番です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ベルンヘ まずはチューリッヒ中央駅

2010年7月6日火曜日@チューリッヒ~ベルン

ヨーロッパの旅は、到着日は長~い一日の疲れで倒れこむように寝るけど、次の日はどうも早く目覚めてしまう。旅の2日目です。

やはり目が覚めて時計を見ると、まだ4時過ぎ。
まだ薄暗い窓の外を眺めながら、体を休め、今日のスケジュールを考えてみるなどして、うつらうつらし5時過ぎには結局起き出すことになります。チューリッヒZürichの朝です。

で、早速天気予報チェック。ア~、今日行くベルンBernは雨・・・。
そのうちにここでも雨がポツポツ降り出します。
テンションが下がるけど、それも仕方なしと、ぼつぼつ荷物の整理をしながら、お出かけの準備をします。

7時を待って朝食。宿泊者も少ないのか、私達4人だけの朝食です。
まあ、朝食タイムは7時からなので、当然かも。
朝食ルームは外のテラス席もありますが、今日は雨です。中でおとなしく食べましょう。

2010081901.jpg



レストランのお姉さんからの定番の「ティー オア コーヒー?」の問に、
配偶者はもちろん、チョコレートをお願いしますが、もちろんOK!
saraiはカプチーノをお願いします。
配偶者はチョコレート好きのはずの姪っ子に、ヨーロッパのホテルではほとんどの場合、チョコレートがお願いできることを伝授してます。
姪っ子は大喜びで配偶者のアドバイスに従い、チョコレートをお願いしてます。

ビュッフェスタイルの綺麗な朝食ルームで各々が好きなものを取りに行きます。

2010081902.jpg



ここの朝食は、実に美味しいです!
定番のハムと生ハムとサラミとチーズとスクランブルエッグ。
種類豊富なパン。
フレッシュなジュース。
いずれも変わり映えしないのだけど、どこか一味違うのよね。残りの2日間が楽しみです。

2010081903.jpg



ところで、フレッシュジュースですが、ピンク色のジュース、saraiは勘違いして、ピンクグレープフルーツのジュースだと公言して飲みます。
が、事実は、ブラッドオレンジジュースの間違い。久々に飲んだので、思わぬ勘違いです。
ここがイタリアだったら、勘違いしなかったのにね。
saraiは勘違いしたまま、とても美味しく毎日飲み続けたんです。
配偶者は、本来、ブラッドオレンジが大好きなのに、ずっとsaraiの言葉を信じていていたようです・・・で、飲み損ね。ゴメンナサイ!

2010081904.jpg



朝食を食べ終わる頃には、雨がやんでます!
勇んで出かけます。まずはホテルの最寄り駅のシュタデルハーフェン駅Zürich StadelhofenからSバーンの電車に乗って、チューリッヒ中央駅Zürich Hauptbahnhofまで一駅の移動。
ホテルからはシュタデルハーフェン駅まで歩いて、たったの5分です。駅に着くと、美味しそうなパン屋さんがあります。

2010081905.jpg



何と、このパン屋さんは店内でパンを焼いています。でも、朝食をたらふく食べたばかりなので、素通りするしかありませんね。

2010081906.jpg



駅の自動発券機でSバーンのチケットを買うのにてこずります。
コインをいくら入れてもすぐ戻ってきます。故障でしょうか? それとも操作ミス?
困っていたら、隣りの発券機ではクレジットカードが使えることを発見。これで問題解決。
1dayチケットを4枚ゲット、ただし、1枚ずつの購入。ドイツでも同じ体験をしました。まとめ買いの方法がいまだに分かりません。(後日、ひょんなことで判明します。何てことはありません。必要なチケットを必要な枚数分、選択すればいいんです。旧式のマシンではヨーロッパ共通の方法です。)
ただ、これで、今日1日(正確には、これから24時間)はチケット購入に悩む必要がありません。
チューリッヒ市内の公共交通機関のSバーン、トラム、バスはすべてこれ1枚でOKです。

さあ、2階建て車両のSバーンに乗って、チューリッヒ中央駅に移動します。

2010081907.jpg



もたもたしながらも今日の旅はスタートします。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

チューリッヒからベルン中央駅に到着

2010年7月6日火曜日@チューリッヒ~ベルン/2回目

チューリッヒ中央駅Zürich Hauptbahnhofに着き、ベルンBernまでのチケットを買おうと自動発券機に向かうもののやはり操作が難しくて、窓口へすごすごと移動することにします。
でも、チューリッヒ中央駅は初めての駅なのでチケット窓口の場所が分かりません。
すると、すぐ近くにインフォメーションがあります。
先に何かを訊いている人が粘って、なかなか担当者がつかまりません。

2010082101.jpg




いらいらしていますが、ようやく、フリーになった担当者にsaraiが窓口の場所を訊くと、なんと、チケット販売窓口はすぐ隣でした。そんなものですね。

2010082102.jpg



もたついていますが、まだ、時間には若干の余裕があります。これは駅の構内の様子。大きくて重厚な雰囲気です。

2010082103.jpg



ようやく、ベルンまでの往復チケットを購入し、ホームに急いで向かいます。

2010082104.jpg



無事予定の電車に乗り込みます。滑り込みセーフです。

2010082105.jpg



8時発でベルンに8時57分に着くIC(インターシティ)です。
チケット購入で戸惑うこともあろうかと、少し、早目に出かけたのが功を奏し、予定通りの電車に乗ることができたわけです。

出発!
フムフム、これがチューリッヒねと車窓を眺めていると、真っ青な青空と明るい太陽の陽射しが顔を出します!

緑豊かな美しい景色を眺めながらの1時間の旅。あっという間に過ぎます。
ベルンの町に入っていきます。美しいアーレ川Aareの流れです。

2010082106.jpg



ベルンの古都の町並みに入ります。

2010082107.jpg



ベルン中央駅Bern Hauptbahnhofに到着です。

2010082108.jpg



ベルン中央駅は近代的な総ガラス張りの駅です。
スイスの首都ですから当たり前かも知れませんが、古都ベルンというイメージとはギャップがあります。

2010082109.jpg



まずは駅の中で、ツーリストインフォメーションを探します。
これはいつも初めての街に着いたときの習慣・儀式のようなもので、とりあえず、街のマップをいただくことにしています。
すぐには分かりにくいところでしたが、なんとかたどり着き、まずはベルンの市内マップをゲット。
パウル・クレー・センターZentrum Paul Kleeに行くバス乗り場も教えてもらい、そちらに向かいます。
途中、花の好きな姉と配偶者はしっかりと花屋さんをチェックしています。

2010082110.jpg



駅前広場は実にだだっ広いですね!

2010082111.jpg



目指すバス乗り場は教会の横にあるようです。大きな通りを渡って、そちらに向かいます。

2010082112.jpg



すぐに、パウル・クレー・センター行きバス乗り場に着きます。
パウル・クレー・センター行きのバスは12番のバスです。

2010082113.jpg



ところが、バスのチケットは自動販売機でコインで買う(バス停には必ず自動販売機があるけど、コインがないとどうにもなりません)のですが、コインが足りません。これは困った!

2010082114.jpg



すぐ横には立派な教会、 聖霊教会 Heiliggeistkircheがあり、それを見上げますが、救いの手は差し伸べてくれません。

2010082115.jpg



このバスターミナルはトラムも出入りするガラスの大屋根のある立派なターミナルですが、見渡しても、コインを両替してくれそうなところはありません。

2010082116.jpg



近くにスーパーを見つけ、水を買ってコインをゲットすることに成功。
で、これが水を買ったスーパーマーケットの果物売り場。

2010082117.jpg



また、バス乗り場に取って返し、ようやくチケットを購入。その間に2台ほどバスは行きました…。
配偶者は2台もバスが行ってしまったとsaraiを揶揄しますが、まあ、それほど、頻繁にパウル・クレー・センター行きバスが走っているということですね。
実際、すぐに12番のバスはやってくるようです。

2010082118.jpg



これがようやく到着した12番のバス。

2010082119.jpg



いよいよパウル・クレー・センターに向かって出発です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ベルンのパウル・クレー・センターに到着

2010年7月6日火曜日@チューリッヒ~ベルン/3回目

パウル・クレー・センターZentrum Paul Kleeに向けて、バスが出発。

ベルンBernの旧市街の狭い石畳の道の上をバスは走っていきます。トラムの線路の上を走ります。

2010082301.jpg



石畳の道には噴水が点在し、トラムも走ってきます。それらを避けながら、バスは走っていきます。

2010082302.jpg



アーレ川Aareにかかる橋を渡り、旧市街を過ぎると住宅街の中の坂道をぐんぐん登っていきます。

2010082303.jpg



やがて、バスの車窓から右のほうにパウル・クレー・センターらしき建物が見えてきます。

2010082304.jpg



駅から15分ほどでパウル・クレー・センターのバス停に到着。バスの終点なので、降りそこなう恐れはありません。
この高台の地からは美しい野原が広がっています。この野原の中の散歩道のようなところを歩いて、パウル・クレー・センターに向かいます。

2010082305.jpg



レンゾ・ピアノRenzo Piano(関空を設計した建築家)の設計した近代的な建物は、美しい丘の中に映えています。

2010082306.jpg



草原のような気持のよい小道を進みます。

2010082307.jpg



と、何か妙な花壇があります。
説明を読むと、ピカソと書いてあります。

2010082308.jpg



なんと、ピカソのサインを花壇で表現してあります。

2010082309.jpg



何で、パウル・クレー・センターでピカソなのか、訝りますが、まあ、画家仲間だからかなとか思いつつ、不思議・・・。

ともかく、saraiと配偶者は連れ立って、パウル・クレー・センターに歩み寄ります。

2010082310.jpg



パウル・クレー・センターは大きな波がうねるようなデザインの建物です。

2010082311.jpg



その現代的なデザインの建物が建っているのは丘の上の野原の真っ只中です。

2010082312.jpg



大波のような建物が3つ並んでいます。

2010082313.jpg



パウル・クレー・センターの前には、クレーの絵画からデザインした巨大なオブジェがあります。
クレーらしくて、とてもオシャレですね。

2010082314.jpg



大波のような建物と建物の間に入口に見えないけど、ここが入口なのかしらというところがあります。

2010082315.jpg



恐る恐る近づくと、やはり、ここが入口です。これもオシャレ。

2010082316.jpg



この入口をはいると、広々としたすっきりとした雰囲気の美術館のロビー空間が広がっています。

2010082317.jpg



ロビー空間の上部には大きなガラスがはめ込まれ、明るい光が空間を満たしています。

2010082318.jpg



入館チケットはクレジットカードは使わずにあえて現金で買い、バスやトラムのチケットを買うためのコインを作ります。
朝からずっと、コインで苦労してきたので、対策を考えたんです。それにしても、こちらの人の、財布はコインだらけなんでしょうか?
これが購入したチケットです。一人25スイスフラン。

2010082319.jpg



展示エリアのゲートで荷物をチェックされ、ハンドバッグの持ち込みもダメとのことで、全員が荷物を預けさせられます!(地下のロッカーに預けますが、ここでもコインが必要! 後で戻ってきますけどね。)
さあ、クレーの絵を見に行きましょう。

遂にクレーの超名作とご対面の筈だったんですが・・・。意外な展開に驚くことになります。

ベルン中央駅からパウル・クレー・センターまでのバスのルートを地図で確認しておきましょう。

2010082320.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ベルンのパウル・クレー・センター クレーの名画・・・しかし??

2010年7月6日火曜日@チューリッヒ~ベルン/4回目

パウル・クレー・センターZentrum Paul Kleeに入場して、クレーの絵画の鑑賞を始めます。

ん?ピカソが並んでいます。ここは、パウル・クレー・センターなのに・・・。

どうも特別展のようです。道理で入場券が事前情報以上に高かったはずです。
ピカソとクレー展という特別展です。

2010082501.jpg



だから、さっき、ピカソの花壇があったのかな。
ま、いずれにせよ、ピカソとクレーとの比較を楽しむ展示の仕方が面白いです。楽しみながら、その特別展を鑑賞。
クレーとピカソとの比較を楽しみつつ、これはどっちの絵?みたいなクイズをしながら、まわります。
そのお楽しみのおすそわけです。
パッと見て、次の絵画がどっちの作品か、分りますか?


2010082502.jpg



2010082503.jpg



2010082504.jpg



2010082505.jpg



このクイズの答えは各絵画の下にある説明をご覧くださいね。
(すべて、左がクレー、右がピカソですよ。分かりましたか?)

とはいえ、最大の目的のクレーの「パルナッソス山へ」を早くみたい。
で、ここはそこそこで切り上げ、クレーの展示会場に向かいます。
まずは、目的の絵との対面を果たして落ち着きたいので、探しますが・・・。
ない!!!!!
なんで?????

美術館の人に「パルナッソス山へは?」と訊くと・・・。

「ここにはありません」
「!!!!!」

貸し出してるなんて言わないでよと思いながら、気を落ち着けて「ベルンにはあるの?」と訊くと
「はい、中央駅近くの市立美術館にありますよ」
怒りよりほっとする気持の方が大きいです。

気持ははやりますが、ここのクレーはどれも実に素晴らしい。とりあえずもう一度、落ち着いて鑑賞します。

やはり、クレーの代表作の一つである「ドゥルカマラ島」はとても大きな絵で素晴らしい絵です。

2010082506.jpg



また、音楽にも造詣が深かったクレーは音楽を主題とした絵画もありますが、そのなかで最も有名な絵画がこれですね。
「赤のフーガ」です。リズムというか、フーガというか、音楽の響きを感じさせられる傑作です。

2010082507.jpg



さらにクレーと言えば、線画による天使が知られています。
このパウル・クレー・センターにも大量のコレクションがある筈ですが、展示されていたのはほんの少し。
でも、クレーの天使といえば、やっぱり、これでしょう。
「忘れっぽい天使」です。

2010082508.jpg



この単純な表現で、なんとほのぼのとした優しさを描ききったものでしょうね。
クレーは天才画家であると同時に、人間としても尊敬できる人に思えます。

ナチスにドイツを追われて、故国のスイスに亡命を余儀なくされたクレー。
晩年は難病にも苦しみつつ、こういう素晴らしい絵画を描いたクレー。
このパウル・クレー・センターは2005年にできたわけですが、故郷のベルンに多くの名画が残され、展示されることになったことに胸が熱くなります。
人間の暴力では、決して、こうした芸術は破壊できないという事実がここにはあります。

最後に売店で美術館お決まりのお土産を購入し、美術館を後にします。
このときは素晴らしいクレーのポスターをゲットでき、sarai宅の壁が美しく飾られることを確信していたのですが・・・。

次回はバラ園からの素晴らしいベルンの街の眺めを楽しみます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

バラ園からの世界遺産ベルンの眺め

2010年7月6日火曜日@チューリッヒ~ベルン/5回目

パウル・クレー・センターZentrum Paul Kleeを後にして、ベルン美術館Kunstmuseum Bernに展示してあるというクレーの最高傑作「パルナッソス山へ」は気にかかりますが、とりあえず、予定通り、バラ園Rosengartenに向かいます。

ベルンBernの街に戻る12番のバスをアーレ川Aareにかかる橋、ニーデック橋Nydeggbrückeの袂で途中下車し、バラ園のある丘に上ります。

このあたりにはベルンの街のシンボルである熊の公園、ベーレングラーベンBärengrabenもありますが、それは興味がないのでパス。
10分ほど息を切らしながら急坂を上ると、途中から、旧市街の眺めが見えてきます。ご機嫌のsaraiと配偶者です。saraiの手元にパウル・クレー・センターで買い求めたクレーのポスターの入った段ボール箱があるのをご注目! この後の悲劇的な展開の序章です。

2010082701.jpg



・・・アチャ~!!! これがベルンの街なのね。実に美しい眺めです。
蛇行するアーレ川に挟まれたベルンの旧市街の美しい佇まいがパノラマで広がっています。

2010082702.jpg



ベルンの旧市街の中心もよく見えます。
絶好の日和ですね。

2010082703.jpg



この丘の上には美しい芝生広場のなかに色とりどりの花々が咲いています。

2010082704.jpg



芝生広場の周囲には美しいバラが咲き誇っています。

2010082705.jpg



バラ愛好家の姉のためにsaraiが準備したバラ巡りの第1弾です。早速、姉は熱心にバラに見入っています。

2010082706.jpg
g


とてもよく咲いているバラを姉は嬉しそうに眺めています。

2010082707.jpg



芝生広場の奥の方には、素晴らしいバラ園があります。

2010082708.jpg



バラ園の中に歩み入ります。

2010082709.jpg



満開のバラが美しく咲いています。美しいバラの数々をしばし、ご覧あれ。

2010082710.jpg



2010082711.jpg



2010082712.jpg



2010082713.jpg



2010082714.jpg



2010082715.jpg



バラ園のカフェでバラとベルンの眺望を楽しみながら、紅茶でゆっくりします。

2010082716.jpg



ソファーで寛ぐsaraiと配偶者・・・saraiの横にはクレーのポスターの入った段ボール箱がソファーの上に置かれていることにご注目。

2010082717.jpg



そろそろ、カフェのソファーを立って、丘を下りましょう。最後にバラ園からのベルンの町の美しい眺めを脳裏に刻み付けます。

2010082718.jpg



先ほど上ってきた坂道をまた、たどります。下りは足も軽く進みます。

2010082719.jpg



saraiと配偶者は仲良しで道を下り終えます。(saraiの手には何かが欠けていると思いませんか?)

2010082720.jpg



そして、坂道を下りて、旧市街まで行ったときです。大変な失敗をしたことに気づきます。
実は、saraiは、パウル・クレー・センターで購入したポスターをこの丘の上のバラ園のカフェに置き忘れたんです!
あれ(ポスターの入った段ボールケース)は今でもカフェのソファの上に鎮座しているんでしょうか?

2010082721.jpg



恨めし気に丘の上のバラ公園を見上げますが、今更、取りに戻るような体力も気力もありません。あるのは残念な思いだけです。

2010082722.jpg



丘を下ると、アーレ川にかかる橋、ニーデック橋です。橋の上からは美しいアーレ川の青い水の流れが目に焼き付けられます。アーレ川にかかる小さな石橋はウンタートーア橋Untertorbrückeです。

2010082723.jpg



これはまさに絶景ですね!

さあ、橋を渡り、旧市街に向かいましょう。

2010082724.jpg



ニーデック橋の石畳はまっすぐに旧市街の通りに続いています。

2010082725.jpg



橋を渡り終えて振り返ると、そこからのアーレ川の眺めも美しいです。川の向こうの丘の上が先ほどのバラ園です。

2010082726.jpg



アーレ川に沿って立ち並ぶ家々と石畳の通りも実にきれいですね。

2010082727.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。

2010082728.jpg



旧市街を散策しながら、ベルン美術館をめざします。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ベルンの噴水

2010年7月6日火曜日@チューリッヒ~ベルン/6回目

丘の上のバラ園Rosengartenから下りてきて、アーレ川Aareにかかる橋、ニーデック橋Nydeggbrückeを渡って、旧市街に入ったところです。
ニーデック橋に続く通り、ニーデックガッセNydeggasseをぶらぶら歩き始めます。

2010082901.jpg



右手の階段を上ってくるおばさんがいます。アーレ川の川岸から上ってくる道がここで合流するポイントです。

2010082902.jpg



合流ポイントを過ぎると、旧市街の石畳の通り、ゲレヒティクカイツガッセGerechtigkeitsgasseに入ります。先ほど、パウル・クレー・センターZentrum Paul Kleeに向かうバスで通った通りです。
通りには、オープンカフェもあり、観光客の方でしょうか、ゆったりと休んでいます。

2010082903.jpg



向こうからバスがやってきます。パウル・クレー・センター行の12番のバスですね。

2010082904.jpg



噴水brunnenや時計塔Zytgloggeなどを眺めて旧市街を観光しながら、ベルン美術館Kunstmuseum Bernを目指します。気持が逸るのは致し方ありませんね。
それでも、次々に出現する噴水もしっかりと鑑賞します。
噴水といっても、通常の水を噴き上げるタイプのものではなく、彫像がある小さな塔の根本からパイプが4方に出ていて、そこから水が流れ落ちる形式のものです。ローマ水道を思い起こさせるような感じです。

2010082905.jpg



彫像が噴水ごとに様々ですが、かわいい感じのものが多いのが面白いですね。
噴水のいくつかをご紹介しましょう。

まずは「正義の女神の噴水」Gerechtigkeitsbrunnen。
美しい衣装で目隠しされた女神は、先入観でものを見ないという寓意があり、公平・正義の象徴です。

2010082906.jpg



次は「クロイツガスの噴水」Kreuzgassbrunnen。
これは例外的に彫像がなく、オベリスクのようなものが立っているだけ。クロイツガスと言う名称なのはクロイツガッセKreuzgasseの通りの角にあるからかな。
通りはゲレヒティクカイツガッセからクラムガッセKramgasseに名前を変えています。

2010082907.jpg



すると、すぐ近くの建物の壁に彫像が取り付けられています。まるで、「クロイツガスの噴水」に彫像がなかったことのお詫びみたいに思えます。ターバンを巻いた少年が投げ槍を構えている彫像です。

2010082908.jpg



次は「サムソンの噴水」Samsonbrunnen。
ライオンの口をこじ開けている勇者は、戦争で活躍した男たちを称える力強さの象徴です。

2010082909.jpg



これらの噴水が通りの中央にあるために、まるでバリケードみたいになっており、車が通りの幅、ぎりぎりで走っていて、歩行者の通行はそれなりに危険が伴う状況です。
と思っていたら、通りの歩道際の横に上り階段がところどころあり、この階段を上ると、石造りの立派なアーケードがあります。
北イタリアのポルティコみたいです。アーケードの上は建物が張り出しています。
アーケードに沿って、いろんなお店やレストランが続いています。
実は、通りの真ん中を歩いていたので、このアーケードの存在にはしばらく気が付きませんでした。このアーケードを歩けば、安全に通行できます。
もっとも、アーケードを歩くと、通りの真ん中にある噴水がよく見えないので、どこを歩くかは悩みどころです。

2010082910.jpg



次は「ツェーリンガーの噴水」Zähringerbrunnen。
ベルンの創始者ツェーリンゲンの記念碑ですが、実はベルンのシンボルである熊が甲冑を身に纏って、旗を掲げています。
この噴水の先には、有名な時計塔Zytgloggeが見えています。通りをふさぐ形で立っており、意外に存在感があります。

2010082911.jpg



この噴水のそばには、いわば、花の噴水とでも呼べばよいものもあります。綺麗ですね。

2010082912.jpg



次は「射撃手の噴水」Schützenbrunnen。
甲冑を見に着けた男性と足元に銃を持つ熊は、かってのベルン王国の勢いを反映しています。
通りはマルクトガッセMarktgasseに名前を変えています。

2010082913.jpg



次は「アンナ・ザイラーの噴水」Anna-Seiler-Brunnen。
全財産を病院に寄付した女性を称えており、「抑制」の寓意があります。

2010082914.jpg



次は「バグパイプ吹きの噴水」Pfeiferbrunnen。
穴の開いた靴を履いた男がバグパイプを演奏しており、貧しい音楽家たちを称えたものです。
通りはシュピタルガッセSpitalgasseに名前を変えています。

2010082915.jpg



次は「オッペンハイムの噴水」Oppenheimbrunnen。
これは最も変わった噴水でこれまでも賛否両論があったそうです。ベルンに住み、亡くなったシュールレアリスムのアーティスト、メレット・オッペンハイムが1983年に建造した噴水です。当初はコンクリートの円柱だったそうですが、チューブを横に切った形の水路が、円柱の周りをらせん状に取り囲み、水がこの水路をゆっくりと伝って降りてくるという構造だったため、年月ととも変貌を遂げました。水路に土がたまり、空中を飛んできた植物に種が発芽して、苔や藻なども含む100種類の植物がコンクリートの円柱を覆い隠すようになったそうです。この変貌(メタモルフォーゼン)をシュールレアリストのメレット・オッペンハイムが最初から意図していたかどうかは定かではないようです。ベルン美術館近くの広場にあります。

2010082916.jpg



次は「モーゼの噴水」Mosesbrunnen。
旧約聖書で重要な役割を果たす預言者モーゼの彫像です。神に与えられた「十戒」を掲げています。ベルン大聖堂Berner Münster前のミュンスター広場Münsterplatzの一角にあります。(ここは後で行ったところです。))

2010082917.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2010082918.jpg



旧市街散策はまだ続きますが、気持ちはクレーの大傑作に飛んでいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ベルンでクレーの畢生の名作と遂にご対面!!

2010年7月6日火曜日@チューリッヒ~ベルン/7回目

ベルンBernの旧市街散策はまだまだ続きます。

実は前回の記事はベルンの噴水をご紹介するために実際の散策に先行したところの噴水までを記事に掲載しました。
実際はクラムガッセKramgasseにある「サムソンの噴水」Samsonbrunnenの前を通り過ぎたところです。

と、また妙なものを発見!
クラムガッセの通りに面した建物にアインシュタインの写真が大きく張り出されています。

2010083101.jpg



そうでした、ベルンではアインシュタインが特許局の職員として若いころを過ごしており、ここで特殊相対性理論の論文を書いたんでした。
saraiも大学の専攻は物理。
アインシュタインに始まる素粒子物理を勉強したこともありました。
ここはアインシュタインハウスEinsteinhaus Bernです。アインシュタインが1903年~1905年まで住んだ家です。現在は博物館になっています。

2010083102.jpg



感無量といえば言い過ぎですが、若かりし頃の思い出がよぎります。
で、つい、連れの3人に特殊相対性理論とは何ぞやという講釈を長々とたれてしまいます。
アインシュタインハウスのある建物の前を通り過ぎていきます。さすがにアインシュタインハウスを見学するよりはクレーの傑作を早く見たいという気持ちが先立ちます。

2010083103.jpg



ベルン名物の時計塔Zytgloggeが近づいてきます。クラム通りの両脇の建物も古びていて、情緒があります。

2010083104.jpg



時計塔が視界を大きく占めます。当初はベルン旧市街で最初につくられた西門でしたが、1405年の大火のあとに天文時計を持つ時計塔になりました。ところで、時計塔はドイツ語で正確にはツァイトグロッケントゥルム Zeitglockenturmといいますが、地元では「ツィットグロッゲZytgrogge」と愛称で呼ばれています。

2010083105.jpg



時計塔のすぐ前まで来ます。
なかなか立派なものですね。大時計は現役で動いている時計としては世界でも最大級のもののひとつです。450キロの石の重さによって5つのメイン歯車が24時間動き続ける仕組みです。大時計の下にある天文時計と1時間置きに動く仕掛け人形がとても有名です。残念ながら、仕掛け人形はまだ20分ほど経たないと動かないようです。

2010083106.jpg



時計塔の横を通り過ぎた後、振り返って、時計塔の裏側を眺めます。こちらにも大時計がありますが、シンプルなデザインですね。

2010083107.jpg



ここからはベルン美術館Kunstmuseum Bernもそう遠くはありません。
マルクトガッセMarktgasseの通りを進み、ヴァイゼンハウスプラッツWaisenhausplatzにぶつかったところで右に折れて、ヴァイゼンハウスプラッツの広い通りを進みます。前回の記事でもご紹介した「オッペンハイムの噴水」Oppenheimbrunnenの異様な姿に出会います。

2010083108.jpg



ここで左奥の通り、ホドラー通りHodlerstrasseに入ります。
と、何やら見慣れた車があります。
そうです。我が愛車プリウスですね。

2010083109.jpg



この後、今回の旅では多くのプリウスを見かけることになります。ヨーロッパでもプリウスはたくさん走っていますね。

そうこうしているうちに、いよいよベルン美術館です。
美術館の手前には、アートっぽい塀が立っています。なかなか渋いですね。

2010083110.jpg



配偶者が一人先行して、通りを渡って、急いで歩いていきます。
配偶者はsarai以上にクレーのファンで、何より、「パルナッソス山へ」を楽しみにしていたんです。

2010083111.jpg



saraiは配偶者の勢いに気おされたようについていきます。その先にはベルン美術館の古典的なスタイルの建物があります。

2010083112.jpg



ベルン美術館に心を静めながら入館します。

ご対面!
「パルナッソス山へ」です。
この絵はもともとパウル・クレー・センターZentrum Paul Kleeができる前はここにあったので、ここに戻したのでしょうか。
それは想像していた絵とは違います。想像以上の存在感です。

文字通り、光り輝くような光沢に満ちており、この色彩感は天才芸術家クレーにしかなしえないものです!
しばし、その光輝に包まれて、慄然としていました。
まさにクレーの代表作に相応しい超傑作です。

2010083113.jpg



ここには、素晴らしいクレーがほかにもあります。鑑賞、また鑑賞。

ベックマン、マルク、ホドラー、・・・  どれも素晴らしい!!
特にホドラーはベルン出身の画家、印象的な作品が展示されています。

また、思いがけず、青騎士の絵画にも出会えたのが、収穫です。
配偶者はもともとマルクの馬の絵が好きでしたが、ここにも馬のお尻の方からの絵があり、大満足のようです。

クレーの「パルナッソス山へ」に導かれて、予定外の美術館を訪れ、収穫も大きかった!!

ベルン美術館が写真撮影が不可なので、クレーの「パルナッソス山へ」以外はご紹介できませんでした。実はこの3年後に再訪することになります。そのときの記事もご覧ください。若干の作品をご紹介しています。

 ベルン美術館再訪

ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2010083114.jpg



また、ベルンの旧市街の散策に戻ります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR