FC2ブログ
 
  

シャーフベルク頂上からの大パノラマ

2010年7月12日月曜日@ザルツブルク/3回目

順調にシャーフベルク山頂駅Shalfbergspitzeに到着したところです。目にも鮮やかな真っ赤なSLが駅に停車しています。

2010120801.jpg



駅のホームの先にはヴォルフガング湖が顔を覗かせています。

2010120802.jpg



と、一緒に出発したディーゼルカーがホームに入ってきます。あふれた乗客を運ぶために急遽用意された増便の登山列車です。

2010120803.jpg



駅からはシャーフベルクShalfbergの頂上が見えています。少し、歩いて登らないといけないようですね。頑張ろうっと。

2010120804.jpg



おっと、その前に帰りの列車の整理券をゲットします。約2時間半後の列車を確保します。

2010120805.jpg



標高1783mの山頂のカフェ・レストランの案内があります。毎日営業しています。そこでランチをいただきましょう。

2010120806.jpg



SLを降りた人達が一足早く登っていきます。saraiも負けずに健脚で頂上を目指します。

2010120807.jpg



少し登ったところで駅に停車中の登山列車を眺めます。

2010120808.jpg



だんだん、駅が下のほうに遠くなっていきます。フーフー・・・。

2010120809.jpg



山頂が近くなると、下方に絶景が広がります。ワオー!

2010120810.jpg



草原には可愛い山草が花を咲かせています。気分は最高です。

2010120811.jpg



草原の中の小道をゆっくりと登り、頂上に到着。丁度、列車でずっと同席していた家族が記念撮影中。saraiが、撮影担当だったお母さんも一緒に入れて、写真を撮ってあげます。よい記念写真になったかな・・・。

2010120812.jpg



頂上からは360度見渡せられる大パノラマが広がっています。ゆっくり眼下の湖や遠くの山々を眺めながらグルリと頂上の周遊散策道を一周します。かわいい草花も一面に咲いています。

今日は暑いほどの超快晴。眼下にザルツカンマーグートSalzkammergutの景観がくっきりと見えます。

ヴォルフガング湖の反対側には、クリムトやマーラーが夏を過ごしたアッター湖Atterseeが見えます。

2010120813.jpg



その左手にはモンド湖Mondsee。

2010120814.jpg



眺めているところの木柵のすぐ先は切り立った断崖がずっと下方まで垂直に落ち込んでいます。高所恐怖症でなくても、恐ろしくなります。

2010120815.jpg



これが山頂の周遊散策道です。下に見えているのはヴォルフガング湖です。

2010120816.jpg



山頂の上には夏の青空がギラギラと輝いています。いやはや、暑い!!

2010120817.jpg



足元に目を落とすと、草原は今花盛りです。岩場にはキンポウゲの黄色い花も見えます。

2010120818.jpg



こちらの崖の間際にキンポウゲの黄色い花が咲いています。その先に見えるザルツカンマーグートの湖と素晴らしい対照です。

2010120819.jpg



また、アッター湖の眺めに見入ります。ザルツカンマーグートはこういう美しい湖が点在しています。

2010120820.jpg



モンド湖の奥のほうをズームアップします。湖畔には家々が見えます。その奥に見える湖はイラー湖Irrseeでしょうか。

2010120821.jpg



ちょっとした草原のお花畑もあります。とても綺麗です。

2010120822.jpg



山頂の散策道の周りには木の柵が巡らせてあって、安全対策は万全です。

2010120823.jpg



遠くにはアルプス(正確にはチロル?)の白い連なりも見えています。

2010120824.jpg



そして、頂上の一端は鋭く切り立った剃刀のような岩の壁が立っています。驚きます。

2010120825.jpg



登山鉄道の駅も見えています。そのずっと下にはヴォルフガング湖。絶景です。

2010120826.jpg



観光客のみなさんはsaraiと同様に絶景に見入っています。そして、カメラをパチリ、パチリ。

2010120827.jpg


眺望を堪能したところで、山頂レストランでランチをすることにします。
レストランの横にはお馴染みのアルペンホルンもおいてありますが、残念ながらもう演奏は終わったようです。

2010120828.jpg



眺望を楽しめるレストランのパラソル席はとっても少なく、当然のことながら賑わっています。ざっと見わたしましたが、空き席はありません。

2010120829.jpg



パラソル席からの眺めはとてもよいので、何とか空き席をゲットしたいですね。

2010120830.jpg



配偶者がそろそろ食事を終えそうな席を狙って、ピンポイントで粘りのアタック。

2010120831.jpg



確かに狙いを絞らないと、席をゲットできそうにもありません。ここは配偶者の力にすべてを託しましょう。

2010120832.jpg



そして、たった数分で配偶者は見事に素晴らしい景色を眺めながら食事のできる席を確保しました。やったね!

2010120833.jpg



眼下はヴォルフガング湖です。遠くにはアルプスも薄くみえています。

2010120834.jpg



とりあえず、冷たい清涼飲料を飲んで一息つきましょう。

2010120835.jpg



このテーブルで料理を待つ間、遠くに望めるアルプス(チロルかな)をぱちり。

2010120836.jpg



眼下にはヴォルフガング湖の対岸の村もよく見えています。

2010120837.jpg



このカフェ・レストランはベルクホテル・シャーフベルクシュピッツBergHotel Schafbergspitzeです。

2010120838.jpg



大変混み合っていて、オーダーした料理がなかなか出てきませんでしたが、待った甲斐あってスープもメインも美味でした。
コンソメスープです。

2010120839.jpg



これはあっと言う間に飲み尽くします。

2010120840.jpg



魚のフライです。

2010120841.jpg



ターフェルスピッツです。

2010120842.jpg



ランチも終えます。また、眺めを楽しみながら、山頂の草原を散策しましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR