FC2ブログ
 
  

ヘレンキームゼー島にクルージング

2010年7月13日火曜日@ザルツブルク/2回目

プリーン・アム・キームゼーPrien am Chiemseeの鉄道駅から歩いてキーム湖Chiemseeの船着場Chiemsee Schifffahrtに着きます。

バスに乗れなかったので、その結果として、予定の船には乗れず、25分後の船になります。まずは窓口でヘレンキームゼー島Herrenchiemseeまでの往復チケットを購入します。結構、人が並んでいます。

2010121701.jpg



船の出るのはまだ時間がありますが、船は桟橋に既に停泊中です。いかに湖の連絡船という風情ですね。

2010121702.jpg



船着場には桟橋がずらっと並び、船の往来も多そうです。このキーム湖はドイツ・バイエルン州で最大の湖でプリーン・アム・キームゼーの船着場はその湖観光の起点みたいです。

2010121703.jpg



船に乗る人達が続々と詰めかけます。

2010121704.jpg



saraiたちが乗る船も夏のバカンスモードで大勢の人たちが乗り込みます。

2010121705.jpg



デッキ上の席を確保して、出航を待ちます。

2010121706.jpg



さあ、出航は間近です。

2010121707.jpg



他の桟橋にも船がずらっと並んでいます。

2010121708.jpg



やがて、船はゆっくりと桟橋を離れていきます。

2010121709.jpg



強い陽射しですが、昨日のクルージングと違い、船が走り出すと、湖上の爽やかな風が心地よく、とてもいい気分。湖から見える山並みも綺麗です。

2010121710.jpg



桟橋がたちまち、遠ざかっていきます。

2010121711.jpg



遠くなったプリーン・アム・キームゼーの船着場の全景が見えます。船が4艘ほど停泊しているのが見えます。

2010121712.jpg



船は岸辺近くを進んでいきます。岸辺の木々も水面に映えて美しいです。

2010121713.jpg



ヨットのマリーナには凄い数のヨットのマストが林立しています。本当にバカンスの拠点なんですね。

2010121714.jpg



向こうから、プリーン・アム・キームゼーの方に向かう観光船がやってきます。まだ午前中も早い時間ですから、乗っている人はまばらです。やはり、プリーン・アム・キームゼーを観光の起点とする人のほうが多いんですね。

2010121715.jpg



船のデッキは大勢の乗客で混み合っています。行く手に船着き場が見えてきます。

2010121716.jpg



あたりの景色に見とれているうちに、20分ほどで湖上の島ヘレンキームゼーに到着です。皆さんに混じって、船を降りて桟橋を進みます。

2010121717.jpg



船はまた次の寄港地に向かって出航します。船に乗ったまま、さらに先の寄港地に進む人が多いですね。

2010121718.jpg



さて、船着き場のすぐ先には、ヘレンキームゼー城Schloss Herrenchiemseeのチケット売り場があります。まずはここでお城の入場券を購入します。

2010121719.jpg



これが購入したチケット。一人7ユーロとリーズナブルな料金です。お城内部のガイドツアーの時間は10時45分と印字されています。ガイドツアーはEnglishでの案内です。

2010121720.jpg



ここでヘレンキームゼー島の中の様子を地図で確認しておきましょう。船着き場から、島の中央にあるヘレンキームゼー城まで、少し歩くようです。

2010121721.jpg



いよいよ、ヘレンキームゼー城です。




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR