FC2ブログ
 
  

バーデンのゆったりした朝

2010年7月17日土曜日@バーデン~ウィーン

旅も13日目です。

バーデンBadenは今日も晴れてます。
保養地の朝はのんびりしましょう・・・ということで、8時に起床し、9時前に宿泊していたホテル シュロス ヴァイカースドルフ レジデンツ & スパHotel Schloss Weikersdorf Residenz & Spaの別館の建物を出て朝食レストランに向かいます。

2011020401.jpg



朝食レストランのあるホテルの本館に向かいます。すぐに本館に出ますが大きな建物。もともとはお城です。

2011020402.jpg



この大きな建物に沿って歩いていきます。

2011020403.jpg



歩いて2分ほどで本館の入り口の前に着きます。

2011020404.jpg



さあ、本館に入りましょう。

2011020405.jpg



本館内にある朝食レストランに向かいます。本館(お城)の中庭は、ガラスの大きな天井で覆われていて明るくモダンです。

2011020406.jpg



中庭には美しくテーブルが並べられていますが、残念ながら、このテーブルは朝食用ではありません。

2011020407.jpg



この朝食レストランはお城をリノベーションしているので、壁にはへら鹿の角が飾られています。狩猟の館だったんですね。

2011020408.jpg



今朝は遅めに朝食レストランに行ったのに、皆さん考えることは同じらしくものすごく賑わっています。家族やお友達グループで来ている人が多く、1テーブルの人数が多いですね。空いた席もなく、まだ片付いていないテーブルに、とりあえず案内されます。
メニューは非常に一般的なもので、大したことはありません。

2011020409.jpg



絶品は、フレッシュなオレンジジュース。それと、ホットチョコレート!

2011020410.jpg



配偶者は相変わらず、毎朝ホットチョコレートをお願いしています。今回の旅では、すべてのホテルでチョコレートは頂けました。が、ここのチョコレートはガラスのグラスに入れて供され、泡立てミルクがトッピングされています。見た目は冷たい?という感じですが、しっかり暖かいんです。甘さといい、濃さといい、ああ美味しい!というもので、配偶者はお土産にしたかったくらいだそうです。

さて、食事も終わり、じっくりホテルを見渡してみると、saraiは大きな間違いをしていました。古城を改装したのはレストラン部分です。もちろん、私たちが朝食を頂いたのも古城を改装した部分です。
その古城に継ぎ足す形で、レセプションと何室かのお部屋があります。そのほかに別棟として私たちのお部屋とスパがあったのです。
古城内はクラシックな面とモダンな面が混在していて、なかなかの美しさです。

2011020411.jpg



こちらは古城内のバーです。なかなか立派です。

2011020412.jpg



それにしても、古城内は光が燦々と降り注ぎ、薔薇も飾られていて美しい!

2011020413.jpg



この古城の中庭を見下ろす2階のテラスで寛いでいる人たちがいます。いかにも優雅そうですね。

2011020414.jpg



これが本館内のお部屋の入り口。きっと料金が高いのでしょう。

2011020415.jpg



中庭に並べられているテーブルの前に出ます。ランチか、ディナーに使われるのかな。それともパーティー?

2011020416.jpg



食事の後、まだ時間はたっぷりあるので、もう一度ヨーロッパ一広大なバラ園、ドブルホフパーク / ローザリウムDoblhoffpark / Rosariumをじっくり散策します。薔薇が綺麗に咲いています。

2011020417.jpg



昨日と違って、朝の庭園散策は、まだ涼しくて気持ちがよいですね。

2011020418.jpg



緑豊かな公園内を、お年寄りの夫婦や家族がお散歩してまいます。ジョギングしている人もいます。

2011020419.jpg



公園内は美しく整備されています。

2011020420.jpg



昨日も歩いた池の端に出ます。涼しい風がそよいでいます。

2011020421.jpg



今朝も鴨さんたちが気持ちよさそうに水面を泳いでいます。

2011020422.jpg



小川のミュール川Mühlbachも流れており、その脇の散策路兼サイクリングロードを通って、ホテルに戻るべく歩いていきます。

2011020423.jpg



バラ園のある公園とはこれでお別れです。

2011020424.jpg



緑に包まれたミュール川沿いの道をぶらぶら歩いていきます。

2011020425.jpg



いつしか、道は住宅地の中に入っていきます。

2011020426.jpg



ホテルの前には住宅地が広がっており、どの家も広い庭に花々が咲いていて美しいです。このあたりは、ウィーンへの通勤圏内の高級住宅地だそうです。

2011020427.jpg


ちょうど、緑の生垣の手入れに余念のない女性がいらっしゃいます。お話をしたいところですが、お邪魔になってもなんですから声をかけずに通り過ぎます。

2011020428.jpg



やがて、ホテルの前に出ます。

2011020429.jpg



別棟にある部屋に戻ります。いよいよウィーンのお友達のHさんにお会いするときが近づきます。彼女は車でここまで来てくれる予定です。それまでホテルの部屋で待つことしばしです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR