fc2ブログ
 
  

ウィーンの森からのドナウの眺め

2010年7月18日日曜日@ウィーン~メルビッシュ

旅も14日目です。

今日はウィーンWien。
むむむっ・・・曇ってます。
そして、涼しい! 私達が思い描いていたヨーロッパの夏です。
今までの暑さは何だったのでしょう。

さて、今日は昨日に引き続きHさんに案内してもらいながら、音楽談義を楽しむ予定です。約束の10時までに朝食を済ませましょう。

このホテルの朝食はすっかり食べ慣れましたが、なかなか充実しています。とはいえ、いつもどおりの食事内容です。

2011021501.jpg



さて、朝食を済ませて部屋に戻ると、カードキーを差してもドアが開きません。アレ?と何回か試してみますが開きません。仕方なくレセプションに行って事情を話すと、カードキーを書き直してくれます。

で、再度部屋に戻りカードキーを差しますが、やはり開きません。仕方なくまたまたレセプションに行き、やはり開かないことを伝えると、我々の部屋の近くにいるメイドさんに指示をしてくれます。で、再再度部屋に戻ると、今度はメイドさんがメイドさんのマスターキーでもダメだとフロントに連絡しています。

そして、メイドさんがボーイを呼ぶから待っててねというので、しばし待っていると大柄のボーイさんがやってきます。彼もいったんマスターキーを差してみますが、もちろん開くわけはありません。
それではどうするのかと思って見ていると、彼が持ってきた大型ノートPCほどの機械を操作して、キーの差し込み口に向かって電波を送っているようです。すると、緑色のランプが点灯し、キーロックは解除。

ようやく部屋には入れますが、まだキー操作は無効のようです。さらに作業は続き、部屋の内部からキー開閉装置を修理して、ようやくOKになります。ボーイさん、ご苦労様! でも、これはホテル側のトラブルだから、チップは不要ですよね。それでよかったかな?(チップって本当に難しい)

ようやく部屋に入れて、ホッとして時計を見ると、えっ、もう10時! Hさんとの約束の時間です。あわてて出かける準備して部屋を出ようとすると、ロビーからHさんの電話。3分ほど遅れましたと言われましたが、遅れたのはこちらです。すぐにロビーに降りて、謝罪よりも言い訳モード。だって、ホテルのドアロックシステムが悪い!!

さて、今日もHさんの車で案内してもらいます。行き先はクロスター・ノイブルク修道院Stift Kloster Neuburg。
修道院へは、遠回りしてウィーンの森Wienerwaldあたりを通りながら行ってくださるそうです。
ウィーンの森への途中に、Hさんが住んでいるところのそばを通りますが、大きな公園のある一角で高級住宅地帯です。すごいですね。

ドライブの途中で、ウィーンの森の中腹で眺めを楽しみます。

2011021502.jpg



ここではドナウ川Donauは見えません。

2011021503.jpg



このあたりは車でないとなかなか来られない所ですね。それに、ウィーンの森を散策する起点としては、なかなかよさそうなところです。でも、のんびり散策するほどの時間はないので、車からは降りずにもっと山を上ってもらいます。
そして、ついにカレンベルクの丘Kahlenbergに到着です。ここは昔(20年前のツアーの折に)来たはずなのですが、まったく覚えていません。Hさんによると、ここも随分変わったそうです。
しかし、ここの展望台からの眺めは大変素晴らしい。ドナウ川が一望できます。

2011021504.jpg



こちらはウィーンの街です。大きく広がっていますね。

2011021505.jpg



展望台の建物はこんな感じです。

2011021506.jpg



ところでドナウ川は見えますが、ドナウ運河Donau Kanalは見えません。
Hさんに伺うと、ドナウ運河は小さくて、ここからは運河自体は見えず、運河の周りの緑が見えるだけとのこと。そう言われると、運河沿いのフンデルトヴァッサーのデザインしたウィーン市ゴミ焼却場Fernwaerme Wienの煙突の横に、緑地帯がずっと続いていますね。なるほどね。

2011021507.jpg



カレンベルクの丘からの眺めはすこぶる素晴らしいですね。
次は今日の目的地のクロスター・ノイブルク修道院に向かいます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR