FC2ブログ
 
  

コートダジュールを鉄道大移動でジェノヴァへ

美しい青空です。
プロヴァンス、マルセイユの朝は抜けるような青空です。
ちょっと朝寝をして、ホテルのテラスで朝食です。陽射しが痛いほどです。正面には真っ青な空を背に「良き母」が見えます。朝食も終え、さぁ、マルセイユの街を散歩しましょう。ホテルの前は港です。マルセイユ名物の魚屋さんが市を並べています。


XqQfy3NaVGe96a.jpg



マルセイユはフランスではパリに次ぐ大きな街です。
せめて「良き母」だけは行ってみようと、60番のバスに飛び乗りました。15分ほどで到着。素晴らしい眺めです。マルセイユの街が一望できます。ここノートルダム・ド・ラ・ギャルド大聖堂はマルセイユ1の高台にさらに高い塔を建て、さらにその上に大きな金色のマリア像(これがよき母)を載せているので、マルセイユの街のどこからも見えます。大聖堂自体は2層式で祭壇も上下2つあります。特に上の祭壇は金色の装飾でビザンチン様式の影響も感じさせる豪華な内装でびっくりです。


v_NjNL4x1eee27.jpg



また、上の祭壇の外はテラスになっていて、素晴らしい展望です。マルセイユの湾内の2つの港、新港と旧港、湾内に浮かぶ島々、地中海、古い家並み、まさに大パノラマです。


8OT9onmqwh7f62.jpg



この後、いったんホテルに戻り、荷物を持ってメトロで、マルセイユ・サン・シャルル駅に移動。これから乗るTGVは一階だけのノーマルなタイプ。やはり、車内はファーストクラスの豪華な内装。
さぁ、地中海に沿って移動しますよ。カンヌに近づく頃いきなり地中海に出ます。コートダジュールの海岸です。快晴の真っ青な空のもとの地中海はとてもビューティフル!やがて、ニースに到着。懐かしい駅です。
時間通りに乗り継ぎ電車が到着しました。ニースからモナコの間はとても地中海が綺麗に見える区間です。


OyOLNZazsZ22ca.jpg



モナコも過ぎ、そろそろフランスとイタリアの国境の街マントンです。相変わらず美しい地中海は続きます。
で、今日の最後の乗り継ぎ駅ヴァンティミョーラに到着。
次の電車に乗り込みます。コンパートメントタイプです。この電車は特急タイプのIC(インターシティ)で事前の予約が義務付けられています。指定席に行くとまだがらがらです。
ここからはいよいよイタリアです。1週間のフランス滞在もあっという間に過ぎました。これから2日はイタリアです。車内放送のイタリア語がイタリアを感じさせます。
2時間ほどで定刻でジェノヴァ・ピアッツァ・プリンチペ駅に到着です。
駅からはタクシーで移動し、無事にホテルにチェックイン。ここは街の中心地で便利なところです。事前にホテルにお願いしてあったレストランの予約もちゃんとしてくれてました。
時間になったので、レストランに向かいます。
料理は2人それぞれパスタと魚料理、それに白ワインを頼みましたが、やはり、イタリアでしか味わえない料理で本格イタリアンを堪能しました。
ホテルに戻り、立派なバスタブでゆったりとお風呂につかり、気持ちよく就寝です。
お休みなさい。

明日は午前中、ジェノヴァ見物をして、午後、パルマに向かいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

ジェノヴァの底力、パルマの美味しい料理

今日も気持ちよく晴れています。

さぁ、ジェノバ散策に出かけましょう。一番の旧跡の残るガリバルディ通りに向かいます。
白の宮殿、ドーリア・トゥルシ宮殿、赤の宮殿にはいりましたが、いずれも1級の美術品や天井画、調度品に彩られ、豪華で重厚です。最後の赤の宮殿で屋上にあがると360度のパノラマが楽しめ、ジェノヴァ中の景色がよく見えます。港までよく見え壮観でした。


ah9mHftNH_54e0.jpg



ところで時間のない中、これらの宮殿にはいった目的はドーリア・トゥルシ宮殿(今は市庁舎)に展示してある伝説の大ヴァイオリニストのパガニーニのヴァイオリンが見たかったからです。パガニーニが生前愛用していたガルネリ作成の名器です。実はこの後に向かうパルマにパガニーニのお墓があるというのは偶然にしてはできすぎかも・・・


2JyGfkeZDUfaeb.jpg



さて、次はサン・マッテオ広場の教会を見て、今度はフェッラーリ広場に移動。ここのは規模の大きい噴水が噴出していてびっくりです。ここからはもうホテルも近いはずですが、少し行くと見慣れた場所に出ました。ホテルのあるフォンターネ・マローゼ広場です。まだ、駅に向かうには少し時間があったので、昨夜のレストランに行き、昨夜は満腹で食べられなかったデザートを食べ、2日間でコースを完成させました。
ホテルで荷物を受取り、広場にいたタクシーで駅に向かいます。駅では駅前の広場にあるコロンブス像とご対面。コロンブスはジェノヴァ出身なんです。


QxGwplQ7099efa.jpg



短時間でしたが、ジェノヴァを見て歩き、その底力というか歴史を感じて、圧倒されるものがありました。恐るべしジェノバです。
さて、パルマまでの列車に乗ります。定刻にミラノ中央駅の2つ手前のミラノの乗換駅に到着。パルマ行に乗り換えます。
ようやくパルマに到着です。ホテルまで10分ほどを歩きます。なかなかおしゃれなホテルです。どんどんホテルがよくなりますね。というかパリがあまりにも狭かった・・・。
ホテルに荷物を置くと、すぐに出かけます。だって、パルマを明日10時過ぎには出発するので、観光は今日の内に済ませておかないといけません。ここにはコレッジョが天井画を描いた教会があるのです。
パルマ大聖堂はファサードが古古しく年輪を感じさせますがどっしりとした素朴な印象です。


gv5VG5YAmz9f20.jpg



大聖堂に閉まる前に早くはいろうと気がせきます。でも、まだ1時間以上開いているようです。内部にはいって、横手の階段を上がり、見ると、天井の中央がよく見え、昇天するマリアの有名な絵がありました。この大聖堂のかなりの部分がコレッジョの手になるものと見ました。だまし絵の手法に基づき、平面的な絵で凹凸感を見事に表現しています。かのミケランジェロのシスティーナ礼拝堂も真っ青の出来でした。コレッジョ恐るべし!
この大聖堂の隣の8角形の洗礼堂も見学します。こちらは閉館5分前でしたが、滑り込みセーフ。またしても最後の観客になりました。我々の出たのと同時に閉館になりました。
さらに大聖堂の奥手には隣接した聖ジョヴァンニ教会があり、ここにもコレッジョの作品があります。恐る恐る教会にはいると聖職者の夕べの祈祷中でした。その美しい歌声に心を洗われながら、そっと教会を出ました。
あとはパルマのオペラハウスの建物の外観だけでも見ておきましょう。テアトロ・レージョです。なかなか立派な外観です。オペラが見られないのが残念ですね。

時間になり、レストランに向かいます。レストランではもちろん、この地の名物のパルミジャーノ・レッジャーノ、クラテッロをお願いし、合わせて、唐辛子のきいた辛いパスタとグリーンアスパラガスをパルミジャーノ・レッジャーノで味付けしクラテッロで巻いて焼いたメインをそれぞれ1人前だけ注文。
パルマの美味しい料理に満足して、夜道をホテルまで帰りました。

明日は1日かけて、一気にパルマからオーストリアのインスブルックまで鉄道で移動です。インスブルックの少し手前ではブレンナー峠でアルプス越えです。明日はイタリア語からドイツ語に変わります。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR