FC2ブログ
 
  

ウィーンのオットー・ワーグナー畢生の大作アム・シュタインホフ教会

今日も・・・晴れてます!

まず、コンサートのチケットのピックアップの用事は完了。ここは国立歌劇場の裏手でまわりを見ると、ちょうどアルベルティーナ美術館の高台が見えます。いつも気になってはいましたが、上がったことがありません。ちょっと上がってみましょう。ちょっと小高いだけですが意外に高い目線でこの付近の眺めが違いました。裏手のほうから見下ろす感じの国立歌劇場もなかなか面白い。


kc2iKAmHP8ef06.jpg



アルベルティーナ美術館のほうを見ると美術展の案内ポスターが目に着きました。何と青騎士展をやっているではありませんか。今回の旅のテーマの一つは青騎士です。青騎士というのはミュンヘンでカンジンスキー、マルク等が始めた美術運動のグループのことです。ミュンヘンでは青騎士が誕生するきっかけになった美しい街ムルナウ、コッヘルを訪問することにしています。その青騎士の美術展ですから、これからの旅のはずみにもなります。早速、美術館にはいってみます。青騎士はカンジンスキー、マルク、ミュンター、クレーなど盛り沢山な展示です。大作こそありませんでしたが、充実した展示で大満足。
思わぬ美術鑑賞でもう昼時になりました。すぐ近くには王宮庭園(ブルクガルテン)があり、そこの温室植物園がカフェになっています。このパルメンハウスでランチでもいただきましょう。


YA79_IuVndb32d.jpg



暑さに負けずに料理を完食し、時計を見ると、もう2時半。今日は建築家オットー・ワーグナーの代表作のアム・シュタインホフ教会を見に行かなければなりません。少し焦ります。48A系統のバス乗り場はフォルクスシアターにあります。20数個先の停留所まで20分ほど乗って、ぎりぎりの時間に精神病院前のバス停に到着。目的の教会はこの精神病院に付属した教会で病院の門をはいり、長い坂道の先の丘の上に黄金の丸いドームの美しい教会はありました。


o7EO8U5NMy7019.jpg



息を切らせながら、教会にはいると、3時からの説明(ドイツ語)がまだ続いており、それが終わるまでははいれないとのことで教会を外から眺めながらしばらく待ちます。説明が終わり、教会内部が開放され、見放題、写真撮り放題で無料です。あまりに申し訳けないので少しですがお布施をさせてもらいました。で、教会内部ですが、こんなに美しい教会はめったにありません。アールヌーヴァオー様式のモダンな意匠で統一され、美しさの限りです。


cu5I6lfrZl90a3.jpg



ステンドグラスは同じ時期のアーティストのモーザーの傑作で素晴らしいものです。教会の内外の素晴らしさにすっかり魅了されました。


K1nNSY__ON5f0d.jpg



で、また、急いでバスに乗り、ホテルに戻り、今夜のコンサートに出かけました。
先ほど偵察したコンツェルトハウスです。初めて中にはいります。
コンサートの様子は別稿で報告します。

満足して、ホテルで夜食のお持ち帰り寿司をつまみながら、記事を書きました。
では、これでオヤスミナサイ。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

マーラーの響きを実感:ウィーン・トーンキュストラー管弦楽団@ウィーン楽友協会 2011.4.10

ウィーン楽友協会でのウィーン・トーンキュストラー管弦楽団の演奏会です。曲目はマーラーの交響曲第6番《悲劇的》です。
平土間の9列目のど真ん中での鑑賞になりました。楽友協会と言えば、作曲家マーラーがウィーンフィルを指揮していたところで、マーラーのメッカです。彼はこの素晴らしい響きを持つホールを念頭に置いて作曲していたのではないかと思います。
で、このホールでのマーラーの響きを実感し、マーラーの音楽の本質の一端を新しく感じ取れたような気がします。ともかく、弦も管も打も豊潤な響きがホールに満ち渡ります。ほかのホールでは決して感じなかった響きで、もちろん、自分の知る限り日本にはこんなホールはありません。マーラーの音楽の響きはこんなに豊かな響きを前提に作曲されたので、あのような木管楽器のフレーズが意味を持ったのを初めて理解しました。
演奏自体も若い指揮者ゴンザレスの熱い指揮で非常に密度の高い演奏です。ウィーンのオーケストラの実力の高さも思い知らされました。
第1楽章の力強く、熱い表現。第2楽章の優しくデリケートな表現から、一転して、苦悩と葛藤に揺れる思い、そしてまた静かで優しさに満ちた表現。第3楽章は諧謔的で激しい表現。そして、第4楽章はまさに嵐のような音楽を濃密に熱く表現し、そのまま、救いのないフィナーレ。
体をゆすらされるほどの強い響きから、静寂でデリケートでいて明瞭に耳に伝わってくる響きまで、マーラーの音楽の響きに酔いしれたコンサートでした。この響きは実演を聴かなければ絶対に体感できないもので、感動的な体験でした。


Dxrz0N_jPQ5bbe.jpg



これが実質的にウィーン楽友協会での本格的に聴く初めてのコンサートでした。今度はここでウィーンフィルを聴いてみたいと思いました。それもプレートルかハイティンクの指揮でといったら贅沢すぎますね。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR