FC2ブログ
 
  

ミュンヘン郊外の美しいお城と庭園

久しぶりに、雨の心配のない青空が広がっています。ミュンヘン郊外のお城に出かけるには最適のお天気ですね。ちゃっちゃと朝食をすませて出かけたいところですが、saraiはまたまた寝坊しました。でも、なんとか、朝食の時間に間に合いました。

で、早速出かけますが、マリエンプラッツ駅からオーバーシュライスハイム駅までは24分のSバーンでの移動で市内の密集した建物のあるところから緑あふれるところに脱出です。ここに今日の訪問先のお城があります。シュライスハイム城とルストハイム城です。シュライスハイム城には古い城のアルテス・シュロスと新しい城のノイエス・シュロスの2つがあります。主たるお城はノイエス・シュロスでマックス・エマヌエル選帝侯の美しいバロックのお城です。
駅からお城へはバスも出ていますが、お天気もよく、歩いて15分という表示が出ていたのでぶらぶら歩くことに。駅からお城までは1本道で、道沿いはきれいな住宅街です。どの家もとてもよくお庭が手入れされていて、花々が美しい。イースターも近いので、色とりどりの卵が吊り下げられている木もあります。


jLiRWRpPlT3193.jpg



配偶者は大喜びで、パチパチ写真を撮っていると、あっという間にお城に着きました。アルテス・シュロスとノイエス・シュロスは向かい合って立っていて、アルテス・シュロスは可愛いお城で前庭は花々が植えられており、ノイエス・シュロスは巨大なお館です。まずはこのノイエス・シュロスを見学。内部はだだっ広い空間が広がっています。そこは美術館にもなっていて膨大な絵が展示されていました。見ものは2階への巨大な階段です。大理石と白い漆喰の彫刻で飾られた空間に1歩足を踏み入れると、思わず驚嘆の叫びが口を出ます。大きくて美しく圧倒される・・・そうとしか表現できません。はるか上方のドームには美しい天井画も描かれています。


HQaswtfk5_66f6.jpg



選帝侯というのは国王にも匹敵する権力と財力を持っていたんでしょう。あとはお城につきものの執務室や天蓋付のベッドが並ぶ回廊が続きます。
お城の裏庭はまるでベルサイユ宮殿を思わせる延々と続く水路がどこまでもどこまでも伸びていて、その遥か彼方にまたお城が見えます。これがルストハイム城でしょう。お天気も良いので、ピクニック気分でこの水路脇の森の中の小道を歩きルストハイム城を目指します。水路には鴨や白鳥が浮かび、長閑です。それに何と言っても観光客がすくなく、森林浴の気分です。やがて、ルストハイム城に到着します。ここから後ろを振り向くと水路の向こうのはるか先にさきほどのノイエス・シュロスが美しく見えています。


LS9HwBHe6jeae5.jpg



さてルストハイム城は、とっても小さなお城で内部ではマイセン陶磁器コレクションを展示していました。美しい陶磁器に目を奪われます。
で、また、別の水路沿いの道を散歩しながら戻ります。

また、駅からSバーンでマリエンプラッツ駅に戻ります。夜食のお弁当(モロ日本のコンビニ弁当です!)を買って、ホテルに帰着です。1時間ほど仮眠して、またオペラ。バイエルン国立歌劇場です。コロラトゥーラソプラノの第1人者グルベローヴァの出演するベルリーニのオペラ《ノルマ》です。尻上がりに調子を上げた彼女の思いのこもった歌声にsaraiは感動の涙。これが彼女のオペラの聴き納めになることでしょう。引退ももうすぐでしょうからね。このオペラは別稿で記事を書いていますので詳細はそちらをご覧くださいね。
ホテルに戻って(歩いて5分もかからないほど)、夜食とブログ書きの毎日になりました。
早く寝ましょう。明日はいよいよヨーロッパ最後のコンサートです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

 

会心のティーレマン!ミュンヘンフィル《オールR・シュトラウス》@ミュンヘン・ガスタイク 2011.4.16

今日のコンサートで今回の旅のオペラ・コンサートの締めくくりです。計10回の音楽体験はいずれも素晴らしく、またまたヨーロッパ文化の奥深さを感じさせられました。
今日は今回の旅のきっかけになったコンサートです。このコンサートを知り、今回の日程をそれにあわせて組んでいきました。今ヨーロッパでとても人気のあるクリチティアン・ティーレマンがメゾソプラノのクリスティーネ・シェーファーと一緒にオールR・シュトラウスのプログラムをやるというのでいてもたってもいられなくなったわけです。

今回のコンサートはミュンヘンフィルの本拠地ガスタイクです。1度聴いたことがありますが、このホールの巨大で現代的なデザインには本当に驚かされます。とても広い客席がすべて傾斜状になって、ステージから放射状に伸びています。そして、その傾斜状の客席の下は休憩時間にドリンクを楽しむ巨大なスペース。日本のプロ野球の球場も思い起こさせますが、モダンで上品な空間です。

さて、今夜のプログラムは以下です。

 R・シュトラウス:祝典前奏曲
 R・シュトラウス:管弦楽伴奏の歌曲(8曲) シェーファー
  1.あなたの歌が心に響くとき
  2.私の眼
  3.解き放たれた心
  4.東方から訪れた三博士
  5.憩え、わが魂
  6.森の幸せ
  7.愛の讃歌
  8.春の饗宴
 《休憩》
 R・シュトラウス:交響詩《英雄の生涯》

特に前半の歌曲に一番期待しました。
さて、まずは祝典前奏曲です。あまり、聴かない曲ですが、いきなりパイプオルガンの独奏でエネルギーに満ちたダイナミックな演奏で度肝を抜かれます。オーケストラとオルガンが交互に演奏するスタイルで曲は進み、題名のとおり、祝典的な楽想が続きます。最後は全楽器が大音響でホールを満たし、派手にフィナーレを迎えます。まあ、どうのこうのという曲ではありませんが、コンサートの出だしとしてはいいし、滅多に聴けない曲を聴けたのが嬉しいですね。それにしてもこのホールは巨大なのによく音が響くホールです。最後の強奏はうるさいくらいでしたからね。

で、いよいよシェーファーが登場して、歌曲です。これは残念ながら少し期待外れ。saraiの席がかなり後ろの上方でステージ遠く、シェーファーの細かい歌いまわしが把握できませんでした。そもそもこのホールでは難しい選曲だったかもしれません。2曲目の《私の眼》とか3曲目の《解き放たれた心》とか7曲目の《愛の讃歌》などはシェーファーの中音域の声の響きが弱音で抒情的に歌われ、とてもよかったのですが、全体で言えば、高音域の声の響きの通りが悪く、オーケストラの音響に飲み込まれていました。
最前列で聴けば、印象は全然変わっていたでしょう。また、シェーファーはオペラのほうで聴かせてもらいましょう。

休憩後、《英雄の生涯》です。これは最初の有名な主題から、その後の演奏を暗示するかのように全く颯爽とした演奏です。これはもうティーレマンの面目躍如ですね。激しい部分も静かな部分も実に推進力に満ちた魅力的な演奏です。ミュンヘンフィルの弦楽合奏力もなかなかのものでティーレマンの要求に応えます。第1ヴァイオリンのソロも終始美しく響いていました。
個々の部分がどうだという演奏ではなく、全体の構成が実に流れるように耳に自然にはいってくるようなR・シュトラウスの模範的な演奏です。瑞々しく若々しい演奏はティーレマンの指揮に帰するところが大であると感じました。これからも動向に目を離せない指揮者の一人であることは間違いありません。

今回のヨーロッパシリーズを締めくくるにふさわしい《英雄の生涯》であったことが何とも嬉しい夜でした。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ティーレマン,
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR