FC2ブログ
 
  

ヨーロッパの旅のお土産を大公開:オーストリア編

ヨーロッパの旅のお土産、フランス編、イタリア編に続いて、オーストリア編です。

まずはインスブルックです。ここではスワロフスキーのクリスタルワールドで長年の夢だったワイングラスを購入。実はシャンパングラス(フルート)にするか相当に悩みましたが、シャンパングラスはかなり背が高く、我が家のカップボードにはいるか不安だったのと普段は白ワインを飲む機会が多いので、より使うことの多いワイングラスにしました。シャンパングラスもワイングラスも形状の違い以外は価格も同じです。グラスの持ち手の部分のきらきら感も同じで、このきらきら感が素敵で以前から気になっていたんです。


JwpPOShTGY8a1f.jpg



このワイングラスの清算と免税書類の作成をしているとどこかに消えた配偶者が手に持ってきたのがこれです。孫の女の子へのお土産です。クリスタルのタトゥーです。


GfC9iT8DIa6c84.jpg



次にウィーンに移動して、ここでは目的は音楽。オペラの殿堂、ウィーン国立歌劇場でのネトレプコ+ガランチャのプラチナコンビのオペラ《アンナ・ボレーナ》に感動しましたが、これぞというオペラを見るときには必ず、そのオペラの公演ポスターを入手することにしています。オペラハウスの開館とともに2階にある「アルカディア」のショップに直行します。ここには必ずその日の公演ポスターが置いてあります。この日もショップの見えるところにはポスターはまだ置いてありませんでしたが、「今日のポスターは?」とショップのおばさんに聞くと、下の方からごそごそと取り出してきました。これはsaraiにとって宝物みたいなものです。


ufDeLRKQFM952a.jpg



今、saraiのオーディオルーム(防音室)の正面の壁に飾ってあります。ちなみにその額の中にはウィーン国立歌劇場で観たネトレプコの《椿姫》やグルベローヴァの《ルチア》なども入っていますが、残念ながら、それらのポスターは《アンナ・ボレーナ》のポスターの裏側にあり、もう見えません。見られるのは最新の1枚だけ。

次は今回のテーマのひとつ、オットー・ワーグナーです。代表作の郵便貯金局のなかを見ていると奥の方に彼のミュージアムがあり、その入口がミュージアムショップのようになっています。そこに彼のデザインをもとにしたと思われる3種類のグラスがあります。とてもお洒落で、一緒に日本に連れてってという感じなので、3ペア購入します。長男、長女、そしてsaraiで分け合いましょう。


H9y_1XHTsK4c2b.jpg




H1dn4BZJ1389fe.jpg




wA0eaL510N464d.jpg



次はいわば衝動買いです。たまたまウィーンの日本人向けショップのワルツの1割引優待券が手に入り、ふらふらっと別に購買意欲なしにお店に入ります。それで、目に付いたのが今回の旅のために購入した超軽量スーツケースのRIMOWAのSALSA AIRです。購入済のものは61ℓの中型ケース。ここには84ℓの大型ケースが置いてあります。で、価格を見ると安い! しかもその価格から1割引でさらに免税20%弱が付きます。実はこの旅では配偶者がそのRIMOWAを使い、saraiは婿殿から借りた大型ケースを使っていて、saraiは荷物の重さに閉口していました。RIMOWAの超軽量ケースはほかのケースの半分以下の重さですからね。それは欲しくなるのは肉体的本能でもあります。ただ、スーツケースの場合、どうしても旅行中に使用する必要がありますが、免税を受ける購入品は税関スタンプをもらうまでは一切使ってはならず、使えば免税でなくなると思っていました。お店の人によるとスーツケースは使っても免税になるそうです。ただ、スーツケースは空港で預けるのでチェックイン後、出国審査前に外側にある税関でスタンプをもらって、そのまま税関にスーツケースを預かってもらいます。また別の問題として新しいスーツケースを購入すると、持っていったスーツケースの処分が問題です。で、お店の人の話によると、不要になったものは何でもホテルの部屋に放置しておくとホテル側が処分してくれるそうです。ただ、そのスーツケースは借り物なので勝手に処分できないので、日本の長女にEメールで了解を取った上で、新しいRIMOWAのケースを購入。ただ、これはホテルの人の了解がないと変なことになるのがいやなので、しかるべく人にホテル側に状況を説明しておいてもらいます。今のところ、トラブルはありません。
なんだかんだ配慮して、ようやく憧れのRIMOWAのSALSA AIRの2個目をゲットできました。


cSYeiwWKxxf081.jpg



で、結果として、ずい分カバンが軽くなり、また、キャスターの滑りもすこぶるよくて、この後の旅が楽になり、大正解の買い物です。ちなみにRIMOWAはドイツ製。ドイツのミュンヘンのRIMOWAショップでも同一価格でした。もちろん、正規代理店での購入ですから、全世界で5年間保証も付きます。

次はショッテントーアの青空市で物色していたら、シュパーゲルの皮むきを発見。即購入です。


qNet5BeiuRfe7b.jpg



帰国後、配偶者が生の白アスパラガスを買ってきて、早速利用しています。本当はシュパーゲル専用の鍋も欲しかったんですが、とても持ち帰れる大きさではありませんね。

次はスーパーでのお買い物。配偶者お好みのクノールのスープです。日本ではなさそうなものをゲットしてます。


RE1lmrtuHO7c33.jpg



ついでに安いチョコレートもゲット。


Dbv6RQmnL9e5a9.jpg



ウィーン最後のお土産はお気に入りのカフェのL.ハイナーでミニチョコレートを購入。とても美味しそうです。


927HINZuvUd905.jpg



こうしてみると、オーストリアでは、実に雑多なお土産を買いました。結構、いい買い物だったとは思いますが・・・


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR