FC2ブログ
 
  

ロワール古城巡り:クロ・リュセの館に到着

2011年3月31日木曜日@パリ~ロワール地方/4回目

電車がブロワBloisの駅を出発すると、ロワール川Loire沿いにブロワの新市街が芽吹いたばかりの柔らかい緑色に映え、とっても美しく感動的な眺めです。どこまでも続く大地の広がりも美しいです。ロワール川が車窓から見られるのはブロワ駅を出た直後だけですから、決して見逃してはなりませんよ。

そんな眺めにうっとりしていると、20分足らずでアンボワーズ駅Gare de Amboiseに到着です。


HSHSPJQfYR9622.jpg



ブロワからアンボワーズへの移動を地図で確認しておきましょう。


2011052801.jpg



アンボワーズ駅はブロワ駅と違い、とてもコンパクトな地方駅です。


gSkIJifj97e7ee.jpg



アンボワーズ駅から10分ほど住宅街の間を歩くと、ロワール川に出ます。川の対岸には、アンボワーズ城Château d'Amboiseが見えてきます。


9Cpc1mVfXA9b68.jpg



お城は川向こうなので、ロワール川にかかるマレシャル・ルクレール橋Pont du Maréchal Leclercのほうに向かいます。


2IMVrkSb0rb0b9.jpg



川の流れは意外に早そうです。橋の上に立つと川沿いの高台に立つ大きな城、アンボワーズ城が正面に見えます。


a_kdZl4G5h3b9d.jpg



お城が見えているので、それを目指して橋を渡り、コンコルド通りRue de la Concordeを歩いて、お城の下に近づきます。しかし、ここからは直接、お城へ上がる入口はなさそうです。高台に建っているので、お城の威容に圧倒されますね。


DTg7_GaXQ79673.jpg



もう一度橋のたもとに戻り、そこから、路地のようなフランソワ1世通りRue François 1erを進みます。このフランソワ1世通りがお城の前に続いているようです。まわりにはお店も立ち並び、だんだん賑やかになってきます。


cQJOa_le964836.jpg



お城の前の大きなミッシェル・ドブレ広場Place Michel Debréに出ます。この広場からの坂道を上ってお城の方に向かいます。坂道の先は石段です。


9T1ElyojGn04d7.jpg



お城の下を抜けるトンネルを歩いていくとお城の入口に到着です。


sXg3ImeSHP1d4d.jpg



ここのチケット売り場で、アンボワーズ城Château d'Amboiseとクロ・リュセの館Château du Clos Lucéのコンビネーションチケットを欲しいと言うと、それは下の通りのチケットオフィスで取り扱っているとのこと。下の通りを歩き探し回りますがそれらしいところは見つかりません。歩き回るうちにクロ・リュセの館の方に進んでしまったので、先にクロ・リュセの館を目指すことにして歩きます。クロ・リュセの館はロワール川からのフランソワ1世通りをまっすぐに、アンボワーズ城の下のミッシェル・ドブレ広場を通り越して、狭いヴィクトル・ユゴー通りRue Victor Hugoを進むと10分弱で到着です。が、そこでもコンビネーションチケットはないとのことで、流石にあきらめて、単独チケットを購入します。


l7j5GmdjHOed08.jpg



チケットは1人9.5ユーロ。


aOURzvTvNf0f67.jpg



日本人かと聞かれ、そうだと言うと、日本語のパンフレットが貰えました。日本人観光客が多いんでしょうね。


RrS7HqX814a111.jpg



さぁ、クロ・リュセの館に入場です。これがクロ・リュセの館です。この日は大勢の子供達が来ていて、写生をしています。


qr8zYEX3Y3ce9f.jpg



クロ・リュセの館の前はレオナルド・ダ・ヴィンチ・パークLe Parc Leonardo da Vinciという広い庭園になっていて、散歩コースが整備されています。レオナルド・ダ・ヴィンチに関する展示がその散歩道に沿って、色々あるようです。


9Ussx07SPXb8aa.jpg



折角ですが、この散歩道には行きません。レオナルド・ダ・ヴィンチが最後の日々を過ごしたクロ・リュセの館にこそ興味があったからです。レオナルド・ダ・ヴィンチはここで晩年を過ごし、ここで亡くなりました。

ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2011052802.jpg



この後はいよいよクロ・リュセの館の内部にはいります。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR