FC2ブログ
 
  

sarai流パリ散策:凱旋門からの絶景

2011年4月2日土曜日@パリ/4回目

さて、美味しいランチで身も心も元気になり、観光モードにはいります。

昨日行けなかった凱旋門Étoileに上ってみることにします。レストランから、セーヌ川Seine沿いに最寄のメトロの駅・シャトレChâteletに向かいます。その途中に、道沿いにペットショップと花屋がずらっと軒を連ねているところがあります。いよいよ春ですね。


PD7ZLwQApU63af.jpg



どこまでもどこまでも花屋さんが続き、驚きです。
花の種類は日本と変わりがありませんが、実に豊富な花々です。


2011071321.jpg



どこを見ても見慣れた花々ですが、花の色や葉っぱの色合いが綺麗ですね。

シャトレ広場Place du Châteletに着きます。広場の中央には立派な柱が立っています。これはナポレオンの勝利を記念して建てられたもので、柱の上には金色の天使像がのっています。下にはスフィンクス像があります。


2011071322.jpg



この広場に面して、オペラ公演なども行われるシャトレ座Théâtre du Châteletがあります。この劇場は、19世紀後半のナポレオン3世のパリ改造計画で造られた由緒あるものです。20年近く前に、saraiが親子4人でパリ旅行をしたときに、この劇場でドビュッシーのオペラ《ペレアスとメリザンド》を見たことが懐かしいです。


2011071323.jpg



ここからメトロに乗って、凱旋門に向かいます。
メトロで凱旋門の最寄駅シャルル・ド・ゴール・エトワールCharles de Gaulle Étoileに降り立ち、シャンゼリゼ通りAvenue des Champs-Élyséesから間近に凱旋門を眺めます。凱旋門はやはりエッフェル塔と並んでパリの象徴ですね。


2011071324.jpg



前から一度は凱旋門に上りたいと思っていたので、いよいよ、それを実現しましょう。

凱旋門の周りは巨大なロータリーになっているため、地下通路を通らないと凱旋門に近づけません。複雑な通路を通って、凱旋門の下に出ます。
凱旋門に上るチケット売り場は行列になっていますが、ここもカルト・ミュゼが有効なので、チケットの行列に並ばずにすっと凱旋門の内部にはいれます。そこからぐるぐる螺旋階段を上り、展望台を目指します。いやはや、心臓ばくばくで疲れ果てます。それでも屋上からは360度パリの市内が見渡せ、景色が素晴らしいです!

モンマルトルMontmartreの丘の上のサクレクール寺院Basilique du Sacré-Cœurが見えます。


2011071325.jpg



シャンゼリゼ通りもまっすぐに伸びているのが見渡せ、コンコルド広場Place de la Concordeのオベリスク、その向こうにはチェイリュリー公園Jardin des Tuileriesとルーブル美術館Musée du Louvreの巨大な建物が見えます。


2011071326.jpg



シャンゼリゼ通りをズームアップしてパチリ。


2011071327.jpg



エッフェル塔Tour Eiffelはいやでも目にはいってきますね。が、結構、遠くに見えます。


2011071328.jpg



エッフェル塔を思いっきりズームアップしてパチリ。


2011071329.jpg



シャンゼリゼ通りの反対のほうにまわると、新凱旋門l'Arche de la Défenseとそのまわりの高層建築が見えますが、モダンな建物はパリの風景の中では異様に感じられます。


2011071330.jpg



かなり長い間、凱旋門からの眺めを楽しみます。ぐるぐる周りながら、パリの名所を探し、パリ・オペラ座L'Opera Garnierや金色に輝くアンバリッドInvalidesなど、次々に探しあてて喜びます。満足したところでようやく凱旋門の下に降ります。今度は下から凱旋門を見上げます。
大変な迫力ですね。


2011071331.jpg



別の方向に廻って、見てみます。同じようにも見えますが、デザインが違っています。


2011071332.jpg



これで凱旋門は上も下も十分楽しみました。

ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2011071301.jpg



さらにパリ散策は続きます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR